お気に入りに追加
松尾 耕太郎弁護士

( まつお こうたろう ) 松尾 耕太郎

F&J法律事務所

現在営業中 09:30 - 22:00

離婚・男女問題

分野を変更する
◆初回相談無料◆およそ500件を超える相談実績◆離婚・不倫/不貞・養育費・慰謝料請求など積極的に取り組んでおります。今までのノウハウを生かし迅速解決・よりよいアドバイスをご提案いたします。
F&J法律事務所
F&J法律事務所
F&J法律事務所

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

慰謝料、財産分与、養育費、子供の親権争いなどお悩みではありませんか?

これらのお悩みに強みを持つ当事務所へご相談ください。

当事務所の特徴 

【1】初回相談は、1時間程度無料
【2】ご相談日時は、営業時間にかかわらず柔軟対応
【3】離婚・男女問題の相談実績のべ500件以上!
【4】女性側・男性側いずれも対応実績あり
【5】依頼者に寄り添った丁寧な対応

安心してお任せください

離婚、男女問題については、これまでのべ500件を超える数のご相談を受けて参りました。
色々な事案を経験をしてきましたので、どのようなご相談であっても適切な見通しをたてることが可能です。また、男性側、女性側いずれも経験してきましたので、立場を気にせずどなた様もご相談ください。

最良の解決方法を考えていきましょう。

夫婦関係や男女関係についての考え方は千差万別です。
同じような問題でも、人によって、最良な解決方法は違ってきます。お話をよく聞き、考え方やご希望をきちんと把握した上で、対応するよう心がけております。
あなたにとって最良な解決方法を一緒に考え、サポートいたします。

お客様の声

「子供との面会が続けられるか不安があったが、きちんと条件を整えてもらえたので、面会を実現していくことができた。」

ご相談例

  • 配偶者が浮気をしたので、親権をとって、離婚をしたい。
  • 離婚をしたいが、経済的に不安があるので、慰謝料や財産分与など今後の生活の不安を少しでもなくしたい。
  • 離婚したいが、何から始めていいかわからない。
  • 離婚をしたいが、ローンを組んだ自宅があり、それの処分方法がわからない。
  • 夫が浮気をしたので、浮気相手からは慰謝料をとりたいが、夫との夫婦関係は続けていきたい。

相談受付日時

お仕事やご家庭の事情でご相談できない方もいらっしゃるかと思います。
みなさまにご相談いただけるよう、当日、夜間、休日も柔軟に対応しています。
まずはご予約をお願いいたします。

最寄駅

京阪線・大阪メトロ「淀屋橋駅」より徒歩3分
京阪線・大阪メトロ「堺筋線北浜駅」より徒歩3分

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回相談は無料(1時間程度)、2回目以降は30分5,000円(税別)
備考 日弁連の基準をもとに、依頼者の経済状況に応じ、ご相談に応じています。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(5件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

【子の引渡し】【即時抗告】即時抗告で、結果が逆転して、ご相談者が監護権者と指定され、子の引渡しが認められた事例

  • 親権
  • 別居
  • 離婚請求
  • 面会交流
依頼主 30代

相談前

夫が子供を連れていって別居をしたことから、子供と離れ離れになっていたご相談者様からの相談です。
ご相談者様は、前任の弁護士に依頼をし、子供の監護権者の指定、引渡の審判及び仮処分を申し立てました。しかし、ご相談者様の有責性を主張され、審判では、ご相談者様の有責性を主な理由として、夫が監護権者として指定され、引渡は認められませんでした。
しかし、上記審判に納得できないご相談者様が、相談に来られましたので、ご依頼を受けて、上記審判に即時抗告をすることとなりました。

相談後

審判では、ご相談者様の有責性だけに焦点が当てられ、それまでのご相談者様の子供の監護状況等が十分に考慮されていませんでしたので、生まれてからそれまでの子供の監護状況を時系列をおって、丁寧に主張をしました。また、併せて、ご相談者様の有責性には理由があったこと、有責性と監護者としての適性とは無関係であることなど、有責性だけで判断すべきでない点も主張しました。
そうした丁寧な主張等が認められ、即時抗告では、ご相談者様が監護権者と指定され、子供の引渡しが認められ、最終的に子供はご相談者様のもとで一緒に暮らせるようになりました。

松尾 耕太郎弁護士からのコメント

松尾 耕太郎弁護士

ご相談者様に一定の有責性が認められることは仕方がなく、それを理由として、夫が監護権者として指定される審判が既に下されていましたので、ご相談時は、即時抗告をしても難しい事案であるとも考えていました。
しかし、ご相談者様と一緒に、それまでの監護状況を振り返り、何度も打ち合わせを重ねて、書面を作成し、証拠を集めたことが、ご相談者様の望む結果に結びついたと思います。最終的には、書面等はかなりの分量になりました。
即時抗告の結果に基づき、ご相談者様が子供と一緒に住めるようになったのは、離れ離れになってから1年以上が経っていました。ご相談者様のもとに、子供が戻ってくるときには、立ち会いましたが、その時の光景は今も忘れられないです。

離婚・男女問題の解決事例 2

【慰謝料200万円】【裁判】【夫の不倫】不倫相手の女性に慰謝料請求をした事例

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 40代 女性

相談前

夫の不倫が発覚し、夫は明確に不倫を認めていました。当初は、ご相談者様が相手方と交渉をしていましたが、最終的な合意には至らなかったことからご相談に来られました。

相談後

ご相談者様と相手方との交渉の経緯を踏まえて、当初から裁判で請求することとしました。
相手方も不貞関係を認めて、最終的には、裁判上の和解で解決しました。相手方の交渉経緯が不誠実で、支払いがされるかが心配でしたので、和解の席上で200万円を受け取り、和解を成立させて解決することができました。

松尾 耕太郎弁護士からのコメント

松尾 耕太郎弁護士

交渉経緯を踏まえて、当初から裁判を選択したことが、早期の解決や相談者様も納得できる慰謝料金額につながり、良い解決ができたと思います。

離婚・男女問題の解決事例 3

【内縁解消】【不貞】【解決金】【調停】長年の内縁関係を一方的に解消された女性から慰謝料等の請求をした事例

  • 不倫・浮気
  • 財産分与
  • 慰謝料
依頼主 50代 女性

相談前

ご相談者様は、長年相手方男性と内縁関係にありましたが、相手方が突然、内縁を解消したいと同居をしていた住居から出て行きました。相手方を問い詰めたところ、不貞関係にある女性がいるようでしたが、納得できる説明もなく、協議が進まなかったことから、ご相談に来られました。

相談後

それまでの経緯から、交渉での解決は難しいと判断し、調停を申し立てました。
調停では、相手方にも代理人がついて、内縁関係がなかったことや慰謝料が発生しないことなど反論をしてきました。しかし、当方からは、二人の関係性を証拠に基づいて丁寧に主張をして、最終的にはご相談者様が納得できる金額の解決金を支払ってもらう内容で調停が成立しました。

松尾 耕太郎弁護士からのコメント

松尾 耕太郎弁護士

内縁関係は証明が難しいですが、ご相談者様とも打ち合わせを繰り返して、できる限りの証拠を集めて、提出するなどしたことで、結果的には納得できる金額の解決金を支払ってもらうことができました。

離婚・男女問題の解決事例 4

【慰謝料減額】【不倫】【交渉・裁判】不倫相手の夫から高額の慰謝料を請求された事例

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 40代 男性

相談前

既婚女性と不倫関係が発覚したことから、不倫相手の夫から慰謝料請求をされたご相談者様からの相談でした。ご相談者様自身、不倫関係は認めていて、慰謝料を支払う必要は理解していましたが、請求されていた慰謝料額が高額であったことから、困り果ててご相談に来られました。

相談後

相手方にも代理人が就いていましたので、まずは交渉からご依頼を受けましたが、相手方本人が高額な慰謝料の主張を頑なに継続されましたので、交渉では解決できず、最終的には裁判になりました。
裁判では、慰謝料の減額につながる事情を集めて、主張立証することで、最終的には当初の請求額の3分の1以下の慰謝料額で和解をすることができました。

松尾 耕太郎弁護士からのコメント

松尾 耕太郎弁護士

慰謝料の減額につながる事情を丁寧に主張立証することで、減額をすることができました。和解できた金額は、ご相談者様も一括で支払うことが可能な金額でしたので、支払いが長引くこともなく、早期の最終的な解決を図ることもできました。

離婚・男女問題の解決事例 5

【認知】【養育費】【公正証書】認知を拒否していた父親に、任意認知をしてもらい、養育費の支払い約束をする公正証書を作成した事例

  • 養育費
  • 親族関係
依頼主 30代 女性

相談前

一人のお子様の母親である女性からの相談です。ある男性と交際し、妊娠をしたが、男性からは結婚はできないと言われました。相談者は悩んだ末、一人で出産し、子育てをする道を選ばれました。出産をすることを決めた時点では、相手方の男性は生まれたら認知をすると約束をしていましたが、いざ、子供が生まれると認知を拒否しました。そして、養育費も支払われることなく、そのまま2年間が経過しましたが、経済的にも苦しくなりご相談に来られました。

相談後

調停も視野に入れつつ、交渉から開始しました。

相手方との間で、文書と電話での協議を繰り返しました。協議を繰り返す中で、相手方が認知をしないのはご依頼者への悪感情等ではなく、子供が本当に自分の子供かどうかが不安があり、認知を拒否していることが明らかになってきました。
そこで、DNA鑑定を行うことを提案しました。また、相手方にもDNA鑑定で、客観的に親子関係が明らかになれば、認知をし、養育費も支払うと約束をしてもらいました。

そして、私的にDNA鑑定をしてもらえる機関を探し、DNA鑑定を実施しました。
DNA鑑定の結果、親子関係があることが客観的に確認することができましたので、その後任意認知をしてもらいました。
その上で、生まれてから支払われていなかった未払い分も含めて、養育費を支払ってもらうことの合意もでき、紙の上の約束にならないように、実効性を持たすために公正証書も作成しました。

松尾 耕太郎弁護士からのコメント

松尾 耕太郎弁護士

当初は、調停も視野に入れていましたが、相手方との協議の中で交渉のポイントをつかめたことで、調停にすることもなく、スムーズに解決をすることができました。
ご依頼者も、過去のことを思い出すのは辛そうでしたので、調停等ではなく、未来に向けて事項に絞って交渉で解決できたのは、よかったです。

遺産相続

分野を変更する
◆初回相談料無料◆当日休日夜間相談可◆相続問題に精通◆親族間のトラブルだからこそ話し合いでの解決が難しい場合も少なくありません。相手方との交渉は弁護士にお任せください。
F&J法律事務所
F&J法律事務所
F&J法律事務所

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり

遺産分割、遺留分減殺請求(侵害額請求)、遺言書作成などのお悩みではありませんか?
これらのお悩みに強みを持つ当事務所へご相談ください。

** 当事務所の特徴 **
【1】初回相談は、1時間程度無料
【2】ご相談日時は、営業時間にかかわらず柔軟対応
【3】相続問題に精通(著書あり)
【4】依頼者に寄り添った丁寧な対応

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
安心してお任せください
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
相続問題は、相手方が親族であることがほとんどです。
相手が親族であることにより、感情的になりやすく、心理的負担も大きな問題となることが多いものですので、お気持ちの面でのサポートも含め、問題解決を図っていきたいと考えています。
ご依頼いただきましたら、事実関係やお考えを、より丁寧にお聞きし、あなたにとって最良な解決方法を一緒に考えます。

▽著書
 遺言実務入門、三共法規、共著

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ご相談例
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・親が亡くなったが、何からしたらいいかわからない。
・兄弟がいるが、親の遺産分割を適正に行いたい。
・父が多額の借金を残して亡くなったので、相続放棄をしたい。
・母の遺言で妹だけが財産を取得したのが納得ができない。
・自分の思うように、子供に財産を取得させるような遺言を作りたい。

【相談受付日時】
お仕事やご家庭の事情でご相談できない方もいらっしゃるかと思います。
みなさまにご相談いただけるよう、当日、夜間、休日も柔軟に対応しています。
まずはご予約をお願いいたします。

【最寄駅】
京阪線・大阪メトロ「淀屋橋駅」より徒歩3分
京阪線・大阪メトロ「堺筋線北浜駅」より徒歩3分

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回相談は無料(1時間程度)、2回目以降は30分5000円(税別)
備考 日弁連の基準をもとに、依頼者の経済状況に応じ、ご相談に応じています。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(2件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

【遺産分割】【調停】【葬儀費用】【墓地】葬儀費用や先祖のお墓の管理等も含めて、遺産分割調停が成立した事例

  • 遺産分割
依頼主 60代 男性

相談前

母親が他界したことから、二人の兄弟間で遺産分割をすることとなりました。相手方は、ことあるごとにご相談者様に対して怒鳴り散らすなどして冷静に話すらできない方でしたので、困り果ててご相談に来られました。ご相談者様は、遺産分割だけでなく、葬儀費用や先祖のお墓の管理も含めて協議をすることを望んでおられました。

相談後

ご依頼を受けて、当初は直接相手方と交渉を試みましたが、相手方の様子から、協議での解決は難しいと判断しましたので、遺産分割調停を申し立てました。
調停では、葬儀費用、お墓の従前の管理費や今後の管理なども含めて、協議を進め、細かな点も含めて丁寧に調整をしたことで、最終的には双方が納得する内容で調整ができ、長期化せずに調停を成立させることができました。

松尾 耕太郎弁護士からのコメント

松尾 耕太郎弁護士

交渉の際の相手方の様子から、早期に調停申立に方針を切り替えたことで、早期の解決につながりました。
調停でも、細かな点も含めて丁寧に協議をしたことでかえって、お互いの合意点を早期に見つけることができ、良い解決につながったと思います。

遺産相続の解決事例 2

【遺言】【遺留分請求(相続分侵害額請求)】【養子縁組無効】遺留分請求をして、遺留分を支払ってもらった事案

  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
依頼主 70代 女性

相談前

ご相談者様の親御様が亡くなられ、もともとの相続人は、ご相談者様と弟の2人でした。
もっとも、親御様が、もう一人の相続人である弟に全ての財産を相続させるとの遺言を残していたことから、遺留分請求(相続分侵害額請求)をしたいということでご相談に来られました。

また、親御様は、亡くなられる前に、弟の子供と養子縁組をしたことから、弟の子供も相続人となっていました。ご相談者様としては、養子縁組は自分の相続分を減らすために行われたもので納得できないし、養子縁組したときに既に親御様は高齢でしたので、本当に親御様の意思かどうかも疑いがあるとのご相談でした。

そこで、時効がありますので、まずは遺留分請求だけは内容証明郵便で行ったうえで、遺留分の割合に関わりますので、養子縁組無効の調停・裁判をすることとしました。そして、養子縁組無効についての決着後、具体的な遺留分請求を行うということでご依頼を受けました。

相談後

養子縁組無効の裁判では、当初は無効とする証拠が乏しかったので、親御様の病院や施設での記録などを取り寄せ、養子縁組当時の意思能力を争いました。

養子縁組無効の裁判の後に、遺留分請求を控えていましたので、双方とも遺留分請求も含めて、早期の最終的な解決を希望していましたので、裁判上で和解協議を行うこととなりました。
そして、当方の主張立証が功を奏したこともあり、最終的には、養子縁組を一定程度無効とし、それを金銭的に算出した遺留分を支払ってもらう内容で和解が成立しました。

松尾 耕太郎弁護士からのコメント

松尾 耕太郎弁護士

当初は、養子縁組を無効とする証拠が乏しかったこともあり、養子縁組裁判等で時間をかけるよりも、養子縁組が有効との前提で、遺留分請求を早期に決着したほうがいいとの考えもありました。
もっとも、養子縁組が納得できないというご依頼者様の強いお気持ちがありましたので、養子縁組無効も請求することとしました。

最終的には、裁判上での立証が功を奏して、養子縁組を一定程度無効とする内容で、裁判上の和解が成立しましたので、ご依頼者様のお気持ちを優先して養子縁組無効の調停・裁判を行ったことが良い結果につながりました。また、期間も、養子縁組の裁判で遺留分も含めて決着できましたので、かえって短期間に解決をすることができました。

不動産・建築

分野を変更する
◆初回相談料無料◆当日休日夜間相談可◆立ち退き・明渡し請求をお考えのオーナー様に向けて適切なアドバイスを行っています。
損失を最小限に抑え、解決へと導きます。
F&J法律事務所
F&J法律事務所
F&J法律事務所

不動産・建築の詳細分野

賃貸トラブル

  • 賃料・家賃交渉
  • 建物明け渡し・立ち退き
  • 借地権

売買トラブル

  • 欠陥住宅
  • 任意売却

近隣トラブル

  • 騒音・振動
  • 土地の境界線

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

立ち退き・明渡し請求をお考えのオーナー様に向けて適切なアドバイスを行っています。交渉・仮処分・訴訟・強制執行など、ケースに合わせて適切な手段をとります。

これらのお悩みに強みを持つ当事務所へご相談ください。

** 当事務所の特徴 **

  • 【1】初回相談は、1時間程度無料
  • 【2】ご相談日時は、営業時間にかかわらず柔軟対応
  • 【3】不動産問題に精通
  • 【4】依頼者に寄り添った丁寧な対応

安心してお任せください

不動産問題は豊富なノウハウと粘り強い交渉力を持つ弁護士にご相談ください。
建物明け渡し請求、未払賃料回収、境界確定、共有不動産分割、地代・家賃交渉など幅広く取り扱っております。
あなたにとって最良な解決方法を一緒に考えます。

ご相談例

  • 賃料不払いのため賃借人を退去させたい。
  • アパートの建替えを理由に入居者に建物から退去してもらうことはできるか。
  • 契約違反をしていないのに、賃貸人から立ち退きを求められた。
  • 滞納している賃料を請求したい。
  • 建築瑕疵・欠陥住宅トラブルの対応について助言が欲しい。
  • 土地の売買、活用を行いたいが適切な方法がわからない。

クレーム対応もお任せください

管理物件の入居者や取引先とのクレーム対応もお任せください。
弁護士が代理人として相手方と交渉し、スムーズな解決を図ります。

【相談受付日時】

お仕事やご家庭の事情でご相談できない方もいらっしゃるかと思います。
みなさまにご相談いただけるよう、当日、夜間、休日も柔軟に対応しています。
まずはご予約をお願いいたします。

【最寄駅】

  • 京阪線・大阪メトロ「淀屋橋駅」より徒歩3分
  • 京阪線・大阪メトロ「堺筋線北浜駅」より徒歩3分

不動産・建築の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回相談は無料(1時間程度)、2回目以降は30分5000円(税別)
備考 日弁連の基準をもとに、依頼者の経済状況に応じ、ご相談に応じています。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

不動産・建築の解決事例(2件)

分野を変更する

不動産・建築の解決事例 1

【家賃未払】【建物明渡し】【早期解決】期限を区切りながらの交渉を行うことで、早期に建物の明け渡しを実現できた事例

  • 建物明け渡し・立ち退き
依頼主 50代 男性

相談前

マンション(アパート)を所有されているご相談者様から、借主の家賃滞納が繰り返されていることから、退去を求めたいとのご相談でした。
これまでにも、家主であるご相談者様から、家賃の督促をすれば、遅れて支払われたり、一部だけが支払われたりするが、そのような状態が長期間続いているので、できれば退去をさせて、次の人に貸したいとのご希望でした。

内容をお聞きし、支払い状況を確認しますと、遅れての支払いなどで全く支払いが無いわけではありませんでしたが、集計すると家賃の3か月分以上は未払でした。
できるだけ、早期に解決を望まれていましたので、裁判ではなく、まずは内容証明を発送して、交渉するところから、始めることとしました。

相談後

そして、家賃の未払い等を理由として、賃貸借契約を解除し、明け渡しを求めることなどを内容とした内容証明郵便を発送しました。
借主からは、連絡があり、家賃の未払い等は認めるとのことでしたが、次の引っ越し先が見つからないや、引っ越し費用がない等の理由をつけて、明け渡しに速やかに応じようとしませんでした。

そこで、一つ一つのやり取りを、書面で、期限を区切って、交渉を行うようにしました。そうすることで、借主にも一つ一つのやり取りに期限を明確に意識してもらえたようで、最終的には、裁判もすることなく、早期に、任意で立ち退いてもらうことができました。

松尾 耕太郎弁護士からのコメント

松尾 耕太郎弁護士

相手方が、当初は、明け渡しまでの期日を引き延ばそうとしてか、交渉にも誠実な対応ではありませんでしたが、期限を区切って行うことが功を奏して、最終的は早期の解決につながったと思います。

不動産・建築の解決事例 2

【別れた交際相手】【立ち退き】【裁判】出て行ってくれない別れた交際相手に対して、明け渡しが認められた事例

  • 建物明け渡し・立ち退き
依頼主 30代 女性

相談前

ご相談者様は自宅を所有されていましたが、交際を終了した後も、別れた交際相手がは内縁関係を主張するなどして、自宅から出て行ってくれず困っているということで、相談に来られました。

また、相手方は、その自宅で仕事も行っていたことから、仕事に損失がでれば損害賠償をすると言ってくるなどして、ご相談者様が強引に立ち退かせようとすることもできない状況で、困り果てていました。

相手方は家賃等を支払っていたわけでもありませんでしたので、ご依頼を受けて、立ち退きを求める内容証明郵便をだして、交渉を開始しました。

相談後

交渉を開始しましたが、相手方の主張は変わらず、妥協点の協議もできませんでしたので、早々に明け渡しの裁判を提起しました。

そして、最終的には、和解が成立して、任意で立ち退いてもらうことができました。
併せて、それまでの交際関係や仕事関係等も和解で解決することができましたので、相手方との問題を一挙に解決することができました。

松尾 耕太郎弁護士からのコメント

松尾 耕太郎弁護士

裁判をしたことで一定期間はかかりましたが、確実に明け渡しまで完了することができましたし、交際関係等も一挙に解決ができました。交渉を引き延ばされることを考えますと、早期に裁判を提起したことが、かえって早期の解決につながりました。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
F&J法律事務所
所在地
〒541-0043
大阪府 大阪市中央区高麗橋2-5-10 アイケイビル6階
最寄り駅
京阪線・大阪メトロ淀屋橋駅より徒歩3分
京阪線大阪メトロ堺筋線北浜駅より徒歩3分
受付時間
  • 平日09:30 - 22:00
  • 土日祝09:30 - 20:00
定休日
なし
備考
当日、土日祝、夜間相談をご希望の方も、ご相談ください。
不在の場合は「090」または「06」から始まる番号で折り返しさせていただきます。万が一お電話がつながらない場合には、「メールでお問い合わせ」からご連絡をいただければと存じます。後ほどご対応させていただきます。
対応地域

東海

  • 三重

関西

  • 滋賀
  • 京都
  • 大阪
  • 兵庫
  • 奈良
  • 和歌山
設備
  • 完全個室で相談
  • バリアフリー
事務所URL

電話で問い合わせ
050-5259-1906

Webで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

現在営業中 09:30 - 22:00

松尾 耕太郎弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5259-1906
Webで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:30 - 22:00
  • 土日祝09:30 - 20:00
定休日
なし
備考
当日、土日祝、夜間相談をご希望の方も、ご相談ください。
不在の場合は「090」または「06」から始まる番号で折り返しさせていただきます。万が一お電話がつながらない場合には、「メールでお問い合わせ」からご連絡をいただければと存じます。後ほどご対応させていただきます。
設備
完全個室で相談
バリアフリー
「事務所建物入口から相談スペースまで車椅子で移動でき、トイレも車椅子のまま利用できる」を定義としています。