現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
片山 裕之弁護士

( かたやま ひろゆき ) 片山 裕之

かたやま総合法律事務所

現在営業中 08:30 - 20:00

犯罪・刑事事件

分野を変更する
【無罪判決通算6件獲得】【岡山県の刑事事件で圧倒的な実績】【夜間休日も相談可】早期釈放、不起訴、執行猶予、無罪など、当事務所は刑事事件で大きな実績をあげています
かたやま総合法律事務所
かたやま総合法律事務所
かたやま総合法律事務所

初回法律相談料は無料の敷居の低い明るい事務所です。お気軽にご相談ください。

犯罪・刑事事件の詳細分野

タイプ

  • 加害者

事件内容

  • 少年事件
  • 児童買春・児童ポルノ
  • 詐欺
  • 痴漢
  • 盗撮
  • 強制性交(強姦)・わいせつ
  • 暴行・傷害
  • 窃盗・万引き
  • 強盗
  • 横領
  • 交通犯罪
  • 覚せい剤・大麻・麻薬

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料

当事務所は、通算数百件の刑事事件を担当し、岡山県で無罪判決を6件獲得しています。

また、岡山県で逮捕・勾留された方を釈放する活動を得意としています。

不起訴処分、保釈、執行猶予判決、無罪判決など当事務所は、岡山県内の刑事弁護で大きな実績をあげています。

刑事事件は1分1秒を争うものであり、迅速に活動をするためにも、岡山県内の刑事事件のみ対応させていただきます。

「家族が逮捕された」「警察から呼ばれている」「早期に接見してほしい」など緊急のご相談にも対応しています。

できるだけ早期に専門家からアドバイスを受けることで全く違った結果になります。

初回相談料は、無料です。お気軽にご相談いただければと思います。

【実 績】
岡山地方裁判所 詐欺(無銭飲食・宿泊)の事案で無罪判決(2014年9月)

岡山地方裁判所 覚せい剤取締法違反の事案で警察官の捜査につき違法性を認定(2015年12月)

広島高等裁判所岡山支部 強盗致傷の事案で心神喪失を認定し、裁判員裁判逆転無罪判決(2016年4月)

岡山地方裁判所 現住建造物等放火の事案で心神喪失を認定し、裁判員裁判無罪判決(
2017年11月)

岡山簡易裁判所 暴行の事案で可罰的違法性がないとして、無罪判決 (2019年1月)

広島高等裁判所岡山支部 暴行の事案で、暴行行為が認定できないとして、検察官控訴棄却(無罪判決維持(2019年9月)

岡山地方裁判所 詐欺の事案で、詐欺行為が認定できないとして、無罪判決(2020年3月)

岡山地方裁判所 傷害等の事案で、傷害行為(過失も含む)が認定できないとして、無罪判決(2020年3月)

【刑事事件相談ホームページ】http://www.okayama-keijibengosi.com/
【事務所ホームページ】http://katayama-law-office.jp/

この分野の法律相談

息子が傷害事件にあいました。 相手は今拘置所に、います。今月15日には出てくるようで相手の弁護士より示談を話されました。示談金10万 これには納得はしてません。このまま示談をしなければ加害者はどうなるのでしょうか?示談金を上げ接近禁止を約束させるべきなのか示談をせず裁判官に判決をまかせるのか迷っ...

示談をしなければ、当然裁判所の量刑としては、重い方向に傾きます。 一方で、裁判所による判断が下されてしまうと、刑事弁護人としての仕事が終了し弁護士が窓口でなくなる可能性があること、示談に向けての相手方のモチベーションが下がってしまうことなどから示談金の支払いや接見禁止を約束させることが困難になってしまうことがよくあります。 したがって、裁判前に示談に応じ...

片山 裕之弁護士

小学5年生の息子が、所属するバレーボールチーム(スポーツ少年団)の監督に、暴行を受けました。 練習中によそ見をしていた息子に平手打ち→首根っこを掴み引きずって投げ飛ばす→戻ってきた息子の頭を叩く 息子は頸椎捻挫の怪我を負いました。 一部始終を見ていた保護者の方と、息子自身の話を聞き、監督と話...

息子様がお怪我をなされ心中お察しいたします。 監督は暴行の態様を否認しておりますので、民事であれ、刑事であれ暴行を裏付ける証拠の保全が必要となります。 目撃者である保護者の方に、今後の協力を取り付けておくべきです。 目撃者である保護者の方の協力によって刑事処分が下るようなことがあれば、民事においても大変有利に交渉を行うことができます。 また刑事処分が...

片山 裕之弁護士

以前も相談したんですが、風俗店摘発で半年前警察に事情聴取され検事にも呼ばれました。近々お店の裁判があるんですが、当時摘発された日に警察がきて事情聴取され検事さんにも呼ばれてと行きなり来たのとびっくりで動揺・パニックになりながら話をしたのですが最近検事さんには裁判前の確認で検察庁に行きました。 ...

記憶のありのままをお話しすべきです。 断定できることや記憶が曖昧なことなどしっかり区別してお話しすべきです。 過去警察や検事に話したことに引きずられる必要はありません。 公正な裁判になるよう法廷では真実をお話しすべきです。 確かに裁判において検察官から「過去と言っていることが違う」といわれることもあるかもしれませんが、影響されることなく、現在のご記憶...

片山 裕之弁護士

犯罪・刑事事件の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回45分の相談は無料で承ります。
事前予約いただければ、夜間休日も初回45分無料です。
2回目以降は、45分5500円(税込)です。
着手金 33万円~55万円(税込)
成功報酬 不起訴の場合    22万円~33万円(税込)
略式命令の場合   11万円~22万円(税込)
無罪の場合     110万円(税込)
執行猶予の場合   22万円~55万円(税込)
求刑の7割以下に減刑22万円~55万円(税込)
その他 裁判員裁判事件や少年事件にも対応しています。お気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

犯罪・刑事事件の解決事例(4件)

分野を変更する

犯罪・刑事事件の解決事例 1

強制わいせつの罪で不起訴処分を獲得しました。

  • 強制性交(強姦)・わいせつ
  • 加害者
依頼主 女性

相談前

夫が強制わいせつの罪で逮捕された。早期の釈放をお願いしたい。また、起訴処分も免れたい。

相談後

弁護人として選任後、早期に被害者の方と示談を行い、不起訴処分を獲得しました。

片山 裕之弁護士からのコメント

片山 裕之弁護士

刑事事件は、スピードが命です。早期にお近くの弁護士に相談されることをお勧めします。

犯罪・刑事事件の解決事例 2

公務執行妨害の罪で、準抗告の結果、勾留が取り消され、釈放となりました。

  • 加害者
依頼主 男性

相談前

公務執行妨害罪で逮捕された。その後、勾留が決定し、身柄拘束が10日間の延長となった。早くここから出たい。

相談後

弁護人として選任後、家族の方にもご協力いただき、罪証隠滅のおそれがないことを重点に置いた準抗告を行った結果、勾留が取り消され、早期に釈放となりました。

片山 裕之弁護士からのコメント

片山 裕之弁護士

刑事事件は、一日でも早く弁護活動に着手することが大切です。
突然の出来事にあわてることなく、まずは、お近くの弁護士に相談し、状況に応じた最善のアドバイスを受けるべきです。

犯罪・刑事事件の解決事例 3

迷惑防止条例違反(盗撮)の罪で不起訴処分を獲得しました

  • 盗撮
  • 加害者
依頼主 30代 男性

相談前

盗撮を行い、迷惑防止条例違反の罪で警察に検挙されました。今後どのように対応したらいいでしょうか。

相談後

捜査機関の取調べに対する対応をアドバイスしました。また弁護人として早期に被害者の方と示談交渉に着手することになりました。

片山 裕之弁護士からのコメント

片山 裕之弁護士

被害者の方と直ちに示談交渉を行い、本人作成の謝罪文を閲読いただき、何度も交渉した結果、無事示談が成立し、不起訴処分となりました。

犯罪・刑事事件の解決事例 4

迷惑防止条例違反(盗撮)の罪で不起訴処分を獲得しました。

  • 盗撮
  • 加害者
依頼主 20代 男性

相談前

盗撮を行い、犯行が発覚し警察から呼び出しをされています。今後どのように対応したらよいでしょうか。

相談後

弁護人として早期に被害者の方との示談交渉に着手しました。また併せて取調べごとに事前に打ち合わせを行い、対応のアドバイスを行いました。

片山 裕之弁護士からのコメント

片山 裕之弁護士

被害者の方と無事示談が成立しました。また、ご両親とも打ち合わせを重ね、今後の監督についてご協力いただけることを書面化し、検察庁に提出した結果,不起訴処分となりました。

交通事故

分野を変更する
【保険会社からの示談書にサインする前に弁護士のチェックを】【後遺症事案にも対応】【初回法律相談45分無料】【休日夜間相談も45分無料】
かたやま総合法律事務所
かたやま総合法律事務所
かたやま総合法律事務所

初回法律相談料は無料の敷居の低い明るい事務所です。お気軽にご相談ください。

交通事故の詳細分野

事件内容

  • 死亡事故
  • 物損事故
  • 人身事故

争点

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料

保険会社から提示される賠償金額は,裁判で通常認められるはずの賠償金額を下回る場合が多くあります。被害者側の落ち度(過失)も,実際のものより,過大に設定されている場合もあります。示談書にサインする前に,一度当事務所までご相談ください。
 当事務所では,ご依頼者様が,正当な賠償額を獲得できるよう,現場にも足を運び,証拠を丁寧に分析し、保険会社と粘り強く交渉することを方針としています。
初回相談料(45分)は無料です。平日お仕事等で差支えがある場合,事前にご予約いただければ,休日,夜間相談にも対応しています。お気軽にご相談いただければと思います。
また,弁護士費用特約にも対応しています。利用可能の有無を確認されたい方は,相談の際,保険証書をご持参ください。
【事務所ホームページ】http://katayama-law-office.jp/

この分野の法律相談

単純な過失致死の場合は50万以下の罰金とありますが懲役刑はないのですか? 単純な過失致死で2名死亡したとしても50万以下の罰金?という事ですか?

単純過失の場合理屈上はそうですが、重過失や業務上過失、自動車運転過失の場合には、当然懲役刑(禁固刑)の対象となります。事案にもよりますが、二名も亡くなられるほどの過失となると重過失が適用される可能性も十分考えられます。

片山 裕之弁護士

駐車場に車を停めていたところ、隣に別の車が停まりました。中から人が出てくる際、ドアが私の車がぶつかり、私の車に傷ができました。私は社内にいたので直ぐに話をしました。(明らかに塗装が剥がれる位の傷。走行には影響なし)先方は見積をもらえば支払うとの意志を示したので、連絡先を交換し、警察も呼びまし...

通常は、修理代相当額のみが賠償の対象となります。 裁判になり、判決までいくと、損害額の1割程度が弁護士費用相当額として損害に含められることがあります。

片山 裕之弁護士

信号を見誤り直進してしまい、左折した車とぶつかりました。被害者の方は小さいお子様二人をのせたお母様で、幸い当日はお怪我などないと言われていました。後日謝罪のお電話をして旦那様が出られお詫びに伺いたいと伝えると、「それは大丈夫です」とお断りされてしましたが、怒っておられる様子は全くありませんで...

示談状況のほかに、事故発生の経緯や態様の確認があるものと思われます。 過失の程度、けがの大きさによっても異なってきますが、上記の事情を前提としますと、正式な裁判にならず、不起訴もしくは罰金刑の可能性が高いと思われます。

片山 裕之弁護士

交通事故の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回45分の相談は無料で承ります。
事前予約いただければ、夜間休日も初回45分無料です。
2回目以降の相談は、45分あたり5500円(税込)です。
着手金 22万円~44万円(税込)
成功報酬 回収した金額の11%(税込)
その他 弁護士費用特約にも対応しています。お気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

交通事故の解決事例(2件)

分野を変更する

交通事故の解決事例 1

後遺症等級認定結果を覆すことができました。

  • 後遺障害等級認定
  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 女性

相談前

交通事故で負傷された女性の方が相談に来られました。
後遺症に悩まされており、自賠責による後遺症等級結果に納得いかないということで、弁護士費用特約を使い、異議申立手続から当職が受任することになりました。

相談後

異議申立により、自賠責の後遺症等級認定結果が覆り、依頼者様の満足のいく結果となりました。それを前提に保険会社と交渉を行い、依頼者様の納得のいく金額で和解を成立させることができました。

片山 裕之弁護士からのコメント

片山 裕之弁護士

記録を読み込み、依頼者様からも事故時の状況を詳細に調査しました。
そのうえで、事故前にはなかった具体的な身体への症状、その症状による生活や仕事への具体的な影響を書面化し、異議申立手続において積極的にアピールしました。

交通事故の解決事例 2

交通事故で死亡した女性のご遺族の代理人として損害賠償交渉を成立させた事例

  • 慰謝料・損害賠償
  • 死亡事故
依頼主 男性

相談前

交通事故によりお母様をなくされたご遺族の方から相談を受けました。
保険会社の提示された示談案が適正かどうかの相談でした。

相談後

ご遺族の方の代理人として、保険会社と交渉を行いました。
刑事確定記録の開示を受け、事故態様の状況を把握し、過失割合なども踏まえながら、慰謝料や死亡逸失利益の増額を求めて保険会社と交渉と行いました。
最終的に当初の示談案から賠償金が増額した形で示談を成立させることができました。

片山 裕之弁護士からのコメント

片山 裕之弁護士

保険会社の当初の示談案を鵜呑みにするのではなく、まずは一度示談案の妥当性について弁護士に相談されることをお勧めします。

遺産相続

分野を変更する
【初回法律相談無料】【遺言の作成、遺産分割協議、遺産分割調停、相続放棄、遺留分減殺請求など遺言・相続に関するご相談は、かたやま総合法律事務所へ】
かたやま総合法律事務所
かたやま総合法律事務所
かたやま総合法律事務所

初回法律相談料は無料の敷居の低い明るい事務所です。お気軽にご相談ください。

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料

【事務所ホームページ】http://katayama-law-office.jp/
遺言の作成、遺産分割協議、遺産分割調停、相続放棄、遺留分減殺請求など遺言・相続に関するご相談は、かたやま総合法律事務所へ

【弁護士の方針】
① 徹底した調査と公平な相続分の主張
人が亡くなると、その方の財産は相続人全員で分配することになります。これを決定するのが遺産分割協議です。適切で公平な分割のためには、漏れのない遺産の調査が不可欠です。当事務所では、豊富な経験を踏まえ、徹底した調査に努めます。
 また、ご依頼者様の寄与分を積極的に主張し、他の相続人の生前贈与等の特別受益を指摘することで、ご依頼者様の相続分の増加を目指します。
 
② 紛争防止のために遺言作成をアドバイス
生前に遺言書を作成することで、対策を取っておけば、死後の多くの争いを予防することができます。そのために必要な遺言書の作成をアドバイスします。

③ 相続放棄や遺留分減殺請求についても迅速に対応
 被相続人の遺産(特に借金)を放棄する手続きである相続放棄には、期限があります。
 また、遺言・贈与によっても奪うことができない遺産に対する権利を遺留分と言い、遺留分を獲得する請求権を遺留分減殺請求といいます。遺留分減殺請求権の行使にも期限があります。当事務所では、これらの手続きにも迅速に対応します。
 
初回相談料(45分)は無料です。平日お仕事等で差支えがある場合,事前にご予約いただければ,休日,夜間相談にも対応しています(初回無料)。お気軽にご相談いただければと思います。

この分野の法律相談

相手が元彼女で借用書が有るのですけど、それ以外もメールのやり取り残ってるお金と振り込んだお金ですけど、たふ。ん以前に残りのお金は良いからその分貯金しときとメールしたとお思うので、相手が贈与と言って借金を返してくれないです。この場合、借用書があるのに贈与になりますか?弁護士を立てて裁判しないと...

法的にいうと、贈与というよりも債務免除(残りの債務を免除した旨の意思表示)ととられるおそれがあります。裁判において、そのメールから債務免除がなされたものと認定されると、借用書があっても請求が認められません。

片山 裕之弁護士

父が昨年末に亡くなりました。相続人は、母、私、弟、あと亡くなった妹の子の4人です。 弟と母は、なにかと結託する仲です。案の定母から、突然印鑑証明を送れと私と甥に電話があり、何に使うか聞くと、わからないの一点張り。突然司法書士から電話があり、父の財産すべてを母名義にする依頼なのでと言われました...

遺言がない以上、相続人全員の合意がなければ、お母様単独名義にすることはできません。 司法書士の方から書類が送られてきたときは、慎重に書類を確認すべきです。 ただし、法定相続分(母1/2、相談者様6分の1、弟6分の1、甥6分の1)に応じて共有とする相続登記をすることは防ぐことは困難であると思われます。

片山 裕之弁護士

父の遺産を私と妹の2人で相続することになりました。 妹が遺言を書いてもらっており、そこには不動産は全て私に、それ以外(ほとんど現金)は全て妹にとなっていました。 価値としては妹の方が2倍程多いと思います。 ただ、遺言は父の筆跡に似ていませんし、封筒のあて名と署名は、明らかに妹の字とそっくりで...

二つの問題があると思います。 一つは、遺言が有効かどうか 二つは、相続人である妹さんが、遺言を偽造し、相続の欠格事由に該当するかどうかです(民法891条5項)。 妹さんが遺言を偽造しているのであれば、遺言は無効であり、相続の欠格事由に該当し、相続人から排除される可能性が認められます。 ただし、妹さんは全面的に争ってくるでしょうから、①遺言無効確認訴訟、②相続...

片山 裕之弁護士

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回45分の相談は無料で承ります。
事前予約いただければ、夜間休日も初回は無料です。
2回目以降の相談は、45分5500円(税込)です。
着手金 22万~55万円(税込)
成功報酬 回収した金額が基準です。
300万円以下      17.6%(税込)
300万円~3000万円 11%+19.8万円(税込)
3000万円以上     6.6%+151.8万円(税込)
手数料 遺言作成手数料 5万5千円~11万円(税別)
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続

特徴をみる

企業法務・顧問弁護士

分野を変更する
【初回法律相談料無料】岡山で希少な中小企業診断士兼弁護士が、中小企業の皆様をサポートします。現在、不動産業、サービス業、塗装業等の法律顧問を務めています。
かたやま総合法律事務所
かたやま総合法律事務所
かたやま総合法律事務所

初回法律相談料は無料の敷居の低い明るい事務所です。お気軽にご相談ください。

企業法務・顧問弁護士の詳細分野

依頼内容

  • M&A・事業承継
  • 人事・労務
  • 知的財産・特許
  • 倒産・事業再生
  • 渉外法務

業種別

  • エンタテインメント
  • 医療・ヘルスケア
  • IT・通信
  • 金融
  • 人材・教育
  • 環境・エネルギー
  • 運送・貿易
  • 飲食・FC関連
  • 製造・販売
  • 不動産・建設

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料

■□中小企業診断士兼弁護士がサポート!□■
当事務所の弁護士は、中小企業診断士兼弁護士です。
弁護士は、法律の専門家ではありますが、経営や会計の専門家ではありません。企業の皆様が、弁護士に相談した際に、どうも話がうまく伝わらないと違和感を感じた方もいらっしゃるかもしれません。
一方、中小企業診断士は、企業経営や会計の知識に精通しており、皆様の現状を踏まえた最適なアドバイスが可能です。
このダブルライセンスにより、当事務所では、弁護士の弱点を補い、「法」、「経営」、「会計」の観点から、平時から紛争発生時にかけて、企業の皆様を全面的にサポートすること可能となります。
そこが他事務所には見られない当事務所の強みです。

■□このようなご相談に対応します□■
・顧問弁護士を探している
・未払いの売掛金を回収したい
・従業員に残業代の請求をされている
・会社が倒産しそうだが、なんとかできないか
・会社を設立するので、就業規則などを作成したい

■□費用のご案内□■
【顧問契約の内容】
◆優先的に連絡を取りやすい体制に
顧問契約を締結いただきますと、弁護士のメールアドレス・携帯電話番号をお客様にお知らせいたします。原則即日相談、迅速かつ最適な回答をこころがけています。
◆法律相談何度相談しても無料
法律相談は、何度相談しても無料です。簡易な相談であれば、電話やメールでの相談も可能です。
◆弁護士費用は2割引に
費用を別途いただく案件につきましても、弁護士費用をすべて2割引とさせていただきます。
◆従業員の方の相談も2回まで無料
従業員の方の相談(相続や交通事故など)も、同一相談につき2回まで無料とさせていだきます。福利厚生にご利用いただければと思います。
◆契約書等文章チェックも無料
契約者や請求書などの法律関係の書類のチェックも無料とさせていただきます。

■□特に力を入れている内容□■
・岡山の中小企業の皆様の顧問契約に基づく全面的なバックアップ

■□ホームページ□■
http://katayama-law-office.jp/

■□アクセス□■
城下駅より徒歩1分

企業法務・顧問弁護士

料金表をみる

この分野の法律相談

インターネット上で約束をした場合、契約したことになるのですか? 裁判などになった場合、メールで証拠の力はありますか?

メールの内容や、メールをした経緯、前後のメール、合意の内容等にもよりますが、裁判において契約書が存在しなくても、メールが証拠となり契約の事実が認定されることはあります。

片山 裕之弁護士

数年前ですが知人に2500万円ほど貸しました。その時に契約書を2枚作成して自分と相手の双方が保管していました。 数日前に金庫を整理しているところ契約書が無いことに気づきました。まだ相手には言っていませんが、相手が借金の返済を拒否した場合どうなるのでしょうか? 貸した証拠となるものは銀行振込の履歴...

裁判で、相手方が貸付の事実を否認した場合(贈与されたと主張するなど)、証拠が重要な意味を持ちます。 貸付を前提とした会話をいろんな場面で録音しておくなど、相手に契約書がないことを把握される前に証拠を確保しておくことが重要です。

片山 裕之弁護士

企業法務・顧問弁護士の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回相談料(45分)無料
顧問契約 月額3万3000円~(税込)
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

企業法務・顧問弁護士

特徴をみる

離婚・男女問題

分野を変更する
【初回法律相談料(45分)無料】【夜間・休日も相談可能】依頼者様の気持ちに寄り添い、最善の解決法を提案することを心がけています。
かたやま総合法律事務所
かたやま総合法律事務所
かたやま総合法律事務所

初回法律相談料は無料の敷居の低い明るい事務所です。お気軽にご相談ください。

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • 借金・浪費

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料

■□丁寧な聞き取りで最善の解決案をご提案□■
離婚・男女の問題は、家庭それぞれに事情が異なり、感情も複雑に絡まっているため、事案ごとにきめ細やかな対応が必要となります。
そこで、当事務所では、依頼者様の気持ちに寄り添い、じかんをかけて丁寧に事情の聞き取りを行い、多数の受任経験をもとに最善の解決法を提案することを心がけています。
また、お仕事があり、平日が差し支えるご依頼者様のために、夜間や休日の打ち合わせにも対応しています。

■□このようなご相談に対応します□■
・配偶者が離婚に応じてくれない
・養育費・慰謝料を請求したい
・配偶者の浮気相手にも慰謝料を請求できるのか
・財産分与としてどれくらいの金額をもらうことができるか
・突然配偶者(代理人弁護士)から慰謝料を請求された

■□費用のご案内□■
◎初回相談45分無料◎
お金の心配をせずに気兼ねなくお話しいただけるよう、初回相談は無料です。(45分間)
◎法テラスの利用可能◎
民事法律扶助という制度を利用し、弁護士費用の分割払いにも対応しております。費用が心配な方も、お気軽にご相談ください。

■□特に力を入れている内容□■
・離婚
・不貞行為による慰謝料請求
・親権
・財産分与
・養育費

■□ホームページ□■
http://katayama-law-office.jp/

■□アクセス□■
城下駅より徒歩1分

離婚・男女問題

料金表をみる

この分野の法律相談

妻から離婚したいと言われました その理由は金銭的に将来が不安、昔にあった浮気で気持ちが付いてこないというものです 私はお金の管理がうまくできなくてつい無駄遣いしてしまうことが多々ありました。 なので妻にお金の管理を頼んだこともありました でも、それは自分自身のことだからと断られてしまいました...

奥様からの離婚の申し出を受けるかどうかは、相談者様のご意向次第です。 離婚の申し出を拒否し,裁判となった場合、離婚事由(民法770条)が認められるかどうかが判断されます。 浮気は、不貞行為として離婚事由になりえますが、、奥様が過去の浮気を宥恕して一度やり直しているのであれば、夫婦関係が破綻しているとはいえず、離婚を裁判所は認めないでしょう。ただ金銭管理の問題...

片山 裕之弁護士

一年前に夫のダブル不倫が発覚。 発覚後、半年別居。婚姻費用調停を二回しましたが、反省した不倫相手とは別れるのでやり直したいと言われたため、今再同居しています。 調停を取り下げ同居している中、再び不倫相手との交際をしているところを見かけてしまいました。 見ただけで、写真等は取れませんでした...

大変な許しがたい状況ですね。相談者様の心中お察しいたします。 相談者様がおっしゃるように再度の不貞が立証できるならば、慰謝料の増額事由となります。 また、有責配偶者からの離婚請求は、判例上も非常に制限されておりますので、再度の不倫が裁判上立証できるならば、ご主人からの請求も難しいことになります。

片山 裕之弁護士

現在、離婚訴訟中であり、裁判官は一審は私が提出している、証拠を「無視、読み飛ばし」を行い、相手方の主張を一方的に認め、多額な慰謝料を支払えと判決されました。 私は、直ぐに控訴しましたが、控訴理由書に「裁判官の証拠の無視、読み飛ばしがある」との文言を記載しても良いですか?原判決には、事実誤認が...

「証拠の無視、読み飛ばし」という抽象的な表現ではなく、1審の裁判官が①どの証拠を評価していないのか、②裁判官が読み飛ばした証拠によってどのような事実が認定できるのか、③②の事実が認められれば、原審の判断にどのような影響があるのか具体的に記載したほうが説得力が増すと思います。 たとえば、「原判決は、Aという証拠を評価していない。Aという証拠があれば、Bという事...

片山 裕之弁護士

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回45分無料
着手金 22万円~44万円(税込)
報酬金 ・離婚のみが争点:33万円(税込)
・その他の離婚条件も争点:33万円から(税込)
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
かたやま総合法律事務所
所在地
〒700-0821
岡山県 岡山市北区中山下1−2−3 太陽生命岡山ビル5階
最寄り駅
岡山駅
受付時間
  • 平日08:30 - 20:00
  • 土日祝08:30 - 20:00
定休日
なし
備考
初回の法律相談はどんなご相談も無料です。土日夜間も対応しています(土日祝日夜間も初回は無料)。事前にお気軽にご予約いただければと思います。
対応地域

関西

  • 兵庫

中国

  • 広島
  • 岡山
  • 鳥取

四国

  • 香川
  • 愛媛
設備
  • 完全個室で相談
事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪被害
  • 犯罪・刑事事件
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 債権回収
  • 知的財産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪被害
  • 犯罪・刑事事件
  • 企業法務

電話で問い合わせ
050-5285-5857

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

現在営業中 08:30 - 20:00

かたやま総合法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5285-5857

※かたやま総合法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日08:30 - 20:00
  • 土日祝08:30 - 20:00
定休日
なし
備考
初回の法律相談はどんなご相談も無料です。土日夜間も対応しています(土日祝日夜間も初回は無料)。事前にお気軽にご予約いただければと思います。
設備
完全個室で相談