現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
宮川 孝広弁護士

( みやかわ たかひろ ) 宮川 孝広

いつわ法律事務所

現在営業中 09:00 - 17:00

不動産・建築

分野を変更する
【まずは共通理解から】
不動産や建築のトラブルは、誰にとっても大きな問題です。まずは「法律上はどういう問題だと位置付けられるのか」共通理解を築きましょう。

不動産・建築の詳細分野

賃貸トラブル

  • 賃料・家賃交渉
  • 建物明け渡し・立ち退き
  • 借地権

売買トラブル

  • 欠陥住宅
  • 任意売却

近隣トラブル

  • 騒音・振動
  • 土地の境界線

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

不動産や建築の問題は、どの立場から紛争・経験を元に見るかで見方がガラッと変わります。
この分野では、法律と実務に常に乖離があるのですが、ひとたびトラブルが表面化した以上、法律が前面に出てきます。

実務への理解も持ちつつ、それでもやはり程度問題もあるし譲れない法規範もある、という考がなければ争いを拡大する恐れさえあります。
私がこれまで様々な立場でこの分野に関与してきたことは、紛争の正しい位置付けを間違わないための、大きな支えになっていると思います。
依頼者のお話を十分にお聞きし、解決までの手引きをいたします。お気軽にご相談下さい。

【対応体制】
・スマホでできるWeb相談実施中です。
・当日相談可…(スケジュールに空きがある際は、柔軟に対応します。)
・休日、夜間相談可…(事前にご予約頂ければ対応可能です。)
・電話相談可…(まずは電話かメールで簡単に概要を教えて下さい。)

【法律相談について】
当事務所は、法律相談だけのご依頼を積極的にお受けしております。
1時間1万円(消費税別、30分延長ごとに5,000円(消費税別))の相談費用がかかりますが、20年以上の実務経験を活かし、中身の濃い対応をさせて頂きます。
(来所相談の前に、無料電話相談やメールにて来所相談の必要性も判断しますので、まずはお電話かメールを下さい。)

【費用面でお悩みのある方】
正式にご依頼いただくまでは、ご相談料以外は発生しませんので、お気軽にご相談下さい。

【法律相談の方法と流れ】
お電話かメールにて概略をヒアリング→ご相談日の設定→Web相談又は事務所内での法律相談

【依頼者例】
建設業者,不動産業者 ,建築士,賃貸人,賃借人

【相談事例】
・せっかく購入した自宅に欠陥があった
・売ろうと思ったら建て替えが困難だと判明した
・何年も経ってから家が傾いてきた
・購入契約をしたけどやっぱり後悔している
・建築士の設計が悪く責任を取って欲しいと言われている
・慣例的に代願申請した物件で大きな賠償を請求されている
・掘削工事によって隣家に支障が出た
・建築確認を取り消された
など

【これまでの依頼者の声】
「問題が深刻化する前に、先生に解決していただけてとても助かりました。」と喜びの声を頂いております。

【アクセス】
・電車でお越しの方へ
【阪急電車】
烏丸駅下車、21番出口より徒歩2分。
【京都市営地下鉄烏丸線】
四条駅下車、21番出口より徒歩2分。

不動産・建築

解決事例をみる

不動産・建築の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分5,500円(税込)です。
概要を把握して相談の必要性を判断するための最初の電話相談やメールのやり取りは無料で承ります。
着手金 交渉、調停、ADR、訴訟等、いずれも事件の経済的利益の額300万円までは8%(税別)、300万円を超え3,000万円以下の部分の5%(税別)、3,000万円を超える部分の3%(税別)の範囲でご相談させて頂きます。
上記計算にかかわらず、最低着手金額は、10万8,000円(税込)となります。
成功報酬 得た経済的利益が300万円までは16%(税別)、300万を超え3,000万円以下の部分の10%(税別)、3,000万円を超える部分の6%(税別)の範囲でご相談させて頂きます。
その他 依頼者の状況にあわせ、必要な範囲で柔軟に対応します。特に,新型コロナウイルスで経済的にお困りの方には一層配慮させて頂きます。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

不動産・建築の解決事例(1件)

分野を変更する

不動産・建築の解決事例 1

隣家からの執拗な土地境界越境主張等を排除した事案

  • 土地の境界線
依頼主 60代 男性

相談前

建物を建て替え後,ブロック塀等が土地境界を越境して建てられているとして,その撤去とその部分の土地所有権を主張された案件です。調停不調のあと,訴訟を提起されました。相談者は,建替時に,きちんと隣家家人に境界ラインも確認してもらい,そのラインに従って工事をしました。途中でクレームがあり,納得はできなかったものの,トラブルを避け,相手の望む工務店に塀を再設置させたにもかかわらず,それでも工事完了後,隣家から境界ラインを越境していると主張がありました。相談者は,当然,これを受け入れなかったところ,隣家に調停を起こされ,それが不調となった後,本裁判を提起してこられました。

相談後

相談者は,きちんと確認し,しかも途中で相手の言うとおり塀を作りなおさせたのに,まだ越境だと言ってくることに相当ご立腹でした。裁判では,当方が越境していないことを,丁寧に主張立証し,全面的に相手の主張が退けられました(請求棄却)。やっと終わったと喜んで頂きましたが,何と,その数年後,またも蒸し返し的に,今度は境界確認を論点として,法務局での筆界特定を申し立てて来られたのです。これについては,周辺隣家も巻き込まれておりました。この手続きについても代理人を務め,当方主張に沿った筆界特定がなされました。相談者には,裁判の仕組みや主張と立証の峻別など,今行われていることの意味をよく理解してもらうよう努め,感情を抑えて冷静な対応をしてもらうようにしました。相談者は,ときに理不尽とも思える相手主張に接しても,切れることなく,事実を大切にして冷静に対応してくれましたので,良い結果が得られました。

宮川 孝広弁護士からのコメント

宮川 孝広弁護士

隣家を選ぶことはできません。残念ですが,正当性を欠くと思われる無理筋の主張を執拗に繰り返す人が確かに居られます。このような事案では,和解の余地がほとんどなく,フルコースの法的紛争を避けられないことが多いです。合理的な和解を目指して活動していましたが,途中からは,訴訟をやり尽くすしかないと思い,何度も現場に足を運んで主張立証を重ねた事件でした。最終的には,すべて勝訴し満足して頂きましたが,相談者も私も疲れ果てた感が漂う事件でした。

不動産・建築

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
いつわ法律事務所
所在地
〒604-8152
京都府 京都市中京区烏丸通錦小路上ル手洗水町670 京都フクトクビル3階
最寄り駅
地下鉄四条駅、21番出口より徒歩2分
交通アクセス
駐車場近く
受付時間
  • 平日09:00 - 17:00
定休日
土,日,祝
備考
メールフォームは24時間受付
対応地域

関西

  • 大阪
  • 兵庫
  • 京都
  • 奈良
  • 滋賀
  • 和歌山
設備
  • 完全個室で相談
事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 交通事故
  • 債権回収
  • 不動産・建築
  • 企業法務
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 医療
  • 消費者被害
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 税務訴訟
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • インターネット
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 行政事件
  • 近隣トラブル

電話で問い合わせ
050-5257-3950

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

現在営業中 09:00 - 17:00

宮川 孝広弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5257-3950
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 17:00
定休日
土,日,祝
備考
メールフォームは24時間受付
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談