現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
下山 和也弁護士

( しもやま かずや ) 下山 和也

現在営業中 09:00 - 17:30

借金・債務整理

分野を変更する
《初回相談30分無料》《弁護士歴20年》《分割払いあり》《プライバシーが守られる相談室》
◆借金、倒産、破産、民事再生、個人再生、任意整理等◆
最善の解決に向けた選択肢をご提案いたします。
アステル法律事務所
アステル法律事務所
アステル法律事務所

借金・債務整理の詳細分野

依頼内容

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • ヤミ金対応
  • 任意整理
  • 個人再生

対応体制

  • 女性スタッフ在籍

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

《借金問題は当事務所にお任せを》
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
借金の返済が困難な場合には、ご相談ください。
借金に関する問題をいくつも担当してきました。これまでの経験で培った知識を活かし、サポートします。
ご依頼者様の置かれている状況の中で最善の解決に向けた選択肢をご提案します。

<ご相談例>
・業績不振を理由とし、給料の減額をされて支払いができない。
・自己破産をしたいが、自己破産のデメリットがわからないので一度相談したい。
・消費者金融からの借り入れを返済できずにいたら、裁判所から通知がきた。
・借金が多額で返済できないため自己破産したいが、住宅ローン付きのマイホームがあり、これだけは手放したくない。
・経営が悪化しているが、何とか事業を再生させたい。
・会社をたたむことになった。破産の手続きや清算をお願いしたい。
・事業のいい部分だけでも残すことはできないか。法的整理・私的整理の選択がわからない。

<スムーズに解決>
◎任意整理、個人再生、自己破産などの解決策のうち、あなたに合った解決策をご提案いたします。
◎当事務所に債務整理手続きをご依頼されることで、サラ金などの債権者からの取り立てがストップします。

【強み】
弁護士歴20年の間、数多くの破産案件を取り扱ってまいりました。
裁判所の用いる基準には地域差がありますが、これまでの経験を生かし、熊本の裁判所における再生・破産実務を踏まえ、適切に任務に当たります。
また、当事務所には事業承継に強い弁護士がおり、事業者の方には、再生・破産といった裁判所の手続きだけではなく、経営者保証ガイドラインに基づく債務整理など私的整理の活用による早期再生を提示することも可能です。

【従業員を守る】
再生手続とは負債を整理することにより、現在の企業の価値を残し、従業員を守る手段です。
他方、破産手続きを選択する場合、従業員は失業することになってしまいますが、給料・解雇予告手当などの労働債権を確保するなど、従業員に最低限の配慮をする必要があります。また、未払いの定期賃金や退職手当の8割が独立行政法人労働者健康福祉機構により支払われる、未払賃金立替払制度もありますが、この利用には迅速な申立てが不可欠です。

当事務所では、複数の弁護士とスタッフがチームを組むことで迅速な事件処理が可能です。
従業員の方々の生活を守るため、少しでも迷われたらご相談ください。

《対応体制のご案内》
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆完全個室の相談室で安心のご相談◆
当事務所は、各相談室が完全に独立しており、ご依頼いただく方のプライバシーに配慮した設計となっています。また、セキュリティー設備も万全です。

◆初回相談30分無料◆
初回相談は30分無料です。
費用が不明確とならないよう、契約前に見積書の提示と、十分な説明を心掛けております。

◆法テラスのご利用可能◆
収入などの条件があえば、法テラスの民事法律扶助制度(相談料を無料にしたり、依頼費用を分割にできる制度)をご利用いただけます。

◆分かりやすい説明でサポート◆
法律の専門用語もできるだけ分かりやすくご説明いたします。
納得いただける解決を迎えるためにもご不明な点は、お気軽にご質問ください。

《重点取扱い案件》
・自己破産
・過払い金請求
・任意整理
・個人再生
・民事再生
・法人破産

ーーーーーーーーーーーーーー
◆アクセス
・熊本市電:熊本城・市役所前から徒歩1分
・バス:市役所前から徒歩1分

借金・債務整理

解決事例をみる

下山弁護士への感謝の声

1

50代 男性

依頼 交通事故 2016年8月に解決

相手保険会社担当者の対応が最悪の状況かつ解決が見えない状況で弁護士の先生に依頼し引き受けて頂いた為、
ご苦労お掛けしたと考えます。
解決に向け努力して頂き感謝しております。
初めて弁護士に依頼する案件で不安を感じながらお訪問したのですが、事務所の職員様の対億やオフィスの清潔感で安心感を持てたのを覚えています。
また、今後の弁護士利用におけるアドバイス等もフォローして頂き弁護士先生の利用するのが身近に感じられました。

相談した出来事
事故責任比率9.5対0.5の被害者でした。
当初は保険会社の担当者を交えて解決に向けて話を続けていたのですが、相手の保険会社担当者の対応(態度・言葉遣い)が最悪で話が進まず、弁護士を間に入れて話を進めました。
二か月程で決着しました。
解決方法
交渉・示談

借金・債務整理の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回 30分無料/以降30分ごとに5,000円(税別)
その他 弁護士費用はご相談に応じますので、お気軽にお問い合わせください。

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理の解決事例(1件)

分野を変更する

借金・債務整理の解決事例 1

飲食業等を営む法人が、会社代表者の病気及び後継者不在のため、事業継続が不可能となった。事業資金としての4,000万円の借り入れが主な債務であった。

  • 自己破産

相談前

飲食業等を営む法人が、会社代表者の病気及び後継者不在のため、事業継続が不可能となった。事業資金としての4,000万円の借り入れが主な債務であった。

相談後

選択した手続き / 私的整理

残すことができた資産等
自宅
預貯金(500万円程度)

下山 和也弁護士からのコメント

下山 和也弁護士

会社の資産を全て処分して弁済に充てたとしても、約2,000万円の負債が残り、保証人である代表者の個人資産による弁済が問題となった。個人破産も検討しなくてはならない状況ではあったが、経営者保証ガイドラインに沿った形で私的整理により解決に至った事案である。破産の場合に比して、経営者の手元に多くの預貯金及び自宅を残すことができた。

借金・債務整理

特徴をみる

離婚・男女問題

分野を変更する
《初回相談30分無料》当事務所では、電話受付からご相談・ご依頼が終了するまで、安心・信頼いただけるよう努めておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。
アステル法律事務所
アステル法律事務所
アステル法律事務所

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 女性スタッフ在籍

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

《離婚・男女問題の解決にかける想い》
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆ご依頼者様にとって適切な解決方法を◆
これまで、多数の離婚事件を取り扱い、交渉から裁判まで、事案ごとに様々な解決を行ってまいりました。
離婚問題は、その経緯や原因、子どもの有無や年齢、財産の有無や種別等、ご相談者の状況に応じて適時・適切な措置が必要となります。また、離婚問題で、何を優先してどのような解決を図りたいかは百人百様です。

だからこそ、法的知識、ノウハウ、立地、設備、サービスのあらゆる面で、ご依頼くださる方それぞれに寄り添いたいと考えています。ご依頼いただいた方からは、これまでの法律事務所のイメージが覆されたというお褒めの声を頂いております。

<下記のようなご相談はお任せください>
・離婚するにあたって何からすればいいのかわからない。
・慰謝料が請求できるのかどうか知りたい。
・生活費(婚姻費用)を渡してもらえない。
・相手の財産と自分の財産をどのように分ければいいのか、ローンはどうなるのか、わからない。
上記以外でも、離婚・男女問題に関するご相談であれば、どのようなご相談もお受けいたします。


《対応体制のご案内》
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆完全個室の相談室で安心のご相談◆
夫婦間あるいは親子間の繊細な問題についてのお話を伺いますので、安心して、少しでもリラックスしてお過ごしいただきたいと考えています。
当事務所は、各相談室が完全に独立しており、ご依頼いただく方のプライバシーに配慮した設計となっています。また、セキュリティー設備も万全です。熊本城を一望できる明るい相談室で、どうぞ安心してご相談ください。

◆初回相談30分無料◆
お気軽にご相談いただきたく、初回相談は30分無料です。
ご依頼時に生活の見通しが立っていない方も少なくないため、着手金を低額に設定しております。また、費用が不明確とならないよう、契約前に見積書の提示と、十分な説明を心掛けております。


《重点取扱い案件》
・財産分与
・慰謝料請求
・婚姻費用請求
・養育費請求
・親権

ーーーーーーーーーーーーーー
◆アクセス
・熊本市電:熊本城・市役所前から徒歩1分
・バス:市役所前から徒歩1分

◆離婚・男女問題に関する特設サイトをご用意しております。よろしければご覧ください。
https://aster-rikon.net/

離婚・男女問題

解決事例をみる

下山弁護士への感謝の声

1

50代 男性

依頼 交通事故 2016年8月に解決

相手保険会社担当者の対応が最悪の状況かつ解決が見えない状況で弁護士の先生に依頼し引き受けて頂いた為、
ご苦労お掛けしたと考えます。
解決に向け努力して頂き感謝しております。
初めて弁護士に依頼する案件で不安を感じながらお訪問したのですが、事務所の職員様の対億やオフィスの清潔感で安心感を持てたのを覚えています。
また、今後の弁護士利用におけるアドバイス等もフォローして頂き弁護士先生の利用するのが身近に感じられました。

相談した出来事
事故責任比率9.5対0.5の被害者でした。
当初は保険会社の担当者を交えて解決に向けて話を続けていたのですが、相手の保険会社担当者の対応(態度・言葉遣い)が最悪で話が進まず、弁護士を間に入れて話を進めました。
二か月程で決着しました。
解決方法
交渉・示談

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回30分無料/以降30分ごとに5,000円(税別)
着手金 ■協議・調停
18万円(税別)
※その後に裁判に移行する場合には、追加着手金として10万円(税別)を頂戴いたします。

■裁判
28万円(税別)
報酬金 30万円(税別)+得られる利益の10%
追加料金 ■婚姻費用
+5万円(税別)

■未成年の子がいる場合
+10万円(税別)
備考欄 その他個別の手続についての詳細は
https://aster-rikon.net/fee/

旅費・日当(弁護士が事務所を出発してから帰所するまで1万円(税別)/時間)を含む実費については別途頂戴いたします。

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(3件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

不倫した夫から慰謝料等400万円以上を獲得した事例

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
  • 生活費を入れない
依頼主 30代 女性

相談前

双方離婚には合意しているが離婚の際の条件に争いがあった

相談後

不貞行為等に対する慰謝料として300万円を獲得した。
相手方名義の財産の資料を提示させ適切な財産分与を実現した。
適切な養育費を獲得するとともに、夫名義の賃借物件への継続居住を実現した。

下山 和也弁護士からのコメント

下山 和也弁護士

相手方は、依頼者による不貞相手への接触を避けたいという強い要望を持っていました。
これを逆手にとり、慰謝料等について、依頼者に有利に交渉を進めることができました。離婚後のお子様方の精神安定面に最大限配慮した解決ができたと考えています。

離婚・男女問題

特徴をみる

離婚・男女問題の解決事例 2

受任から5か月以内に離婚成立し慰謝料等を獲得した事例

  • 別居
  • 慰謝料
  • 生活費を入れない
依頼主 30代 女性

相談前

相手方が適切な婚姻費用を支払わない。

相談後

調停では、相手方の賞与の支払時期や金額にも配慮し、相手方が受け入れやすい条件で交渉を行った。

下山 和也弁護士からのコメント

下山 和也弁護士

依頼者は、早期に離婚を成立させて新たな生活をスタートさせたいとのお気持ちでしたが、他方、子に対する責任として、適切な養育費と一定の慰謝料の支払いを求めておられました。
慰謝料は100万円未満の金額に譲歩しつつも、未払の婚姻費用の全額約50万円と年間約70万円の養育費(相手方主張の2倍の金額)を支払う内容で、早期に調停を成立させることができました。

離婚・男女問題

特徴をみる

離婚・男女問題の解決事例 3

相手方請求額から、慰謝料を約10分の1、養育費を約8分の1に減額した事案

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
  • 生活費を入れない
依頼主 20代 男性

相談前

相手方は、依頼人に対し、過大な養育費及び慰謝料を請求し、調停での話し合いがまとまらなかったことから訴訟に至りました。

相談後

離婚訴訟を提起したところ、相手方は、多額の慰謝料を求める反訴を提起しましたが、依頼人に責任がないことを丁寧に主張しました。訴訟でも和解に至らず、結果的に判決となりましたが、裁判所は相手方の請求が過大であったことを認め、慰謝料を約10分の1、養育費を約8分の1に減額した判決を言い渡しました。

下山 和也弁護士からのコメント

下山 和也弁護士

相手方の非常識な請求には毅然とした態度で臨むことも必要かと思います。

離婚・男女問題

特徴をみる

遺産相続

分野を変更する
《初回相談30分無料》《分割払いあり》電話受付からご相談・ご依頼が終了するまで、安心・信頼いただけるよう努めておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。
アステル法律事務所
アステル法律事務所
アステル法律事務所

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 女性スタッフ在籍

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

《相続問題は当事務所にお任せを》
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆相続問題を総合的にサポート◆

平成12年より地元密着型の弁護士として様々な相続案件を解決してきました。また、裁判所から成年後見人にも多数選任され、多くの高齢者の財産管理を行ってきた実績があります。さらに同様に裁判所からは、破産管財人に選任され、破産者(個人・法人)の財産(資産)の管理・処分・売却等業務も多数手がけております。

これらの経験が、単なる紛争解決にとどまらない、相続財産の適切な管理等の総合的なサポートに生きております。

<下記のようなご相談はお任せください>
・遺産分割の話し合いをしてみたが、うまくまとまらない・まとまりそうにない。
・相続人の一人が亡くなった家族の資産を使い込んでいる。
・亡くなった家族の資産・負債について、どこに何があるかわからない。
・自分に不利な遺言が残されていた。
・いざというときに財産や身の回りのこと(施設入所契約等)を任せる人がいない。
・自分に何かあっても家族が困らないよう、備えておきたい。
・残された家族がもめない・困らないよう、遺言を残したい。

上記以外でも、相続に関するご相談であれば、どのようなご相談もお受けいたします。

《対応体制のご案内》
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆完全個室の相談室で安心のご相談◆
ご自身の老後・死後のことや、ご家族・ご親族間の繊細な問題についてのお話を伺いますので、安心して、少しでもリラックスしてお過ごしいただきたいと考えています。
当事務所は、各相談室が完全に独立しており、ご依頼いただく方のプライバシーに配慮した設計となっています。また、セキュリティー設備も万全です。熊本城を一望できる明るい相談室で、どうぞ安心してご相談ください。

◆初回相談30分無料◆
お気軽にご相談いただきたく、初回相談は30分無料です。
費用が不明確とならないよう、契約前に見積書の提示と、十分な説明を心掛けております。
相続案件は、ご依頼時に相続財産を受け取っていないことが多いため、契約時のご負担が軽くなるよう設定しております。

《重点取扱い案件》
・生前の財産管理
・遺言作成
・相続財産調査
・遺産分割協議
・遺言執行

ーーーーーーーーーーーーーー
◆アクセス
・熊本市電:熊本城・市役所前から徒歩1分
・バス:市役所前から徒歩1分

◆高齢者見守りリーガルサポートサイトをご用意しております。よろしければご覧ください。
https://aster-mimamori.net/

下山弁護士への感謝の声

1

50代 男性

依頼 交通事故 2016年8月に解決

相手保険会社担当者の対応が最悪の状況かつ解決が見えない状況で弁護士の先生に依頼し引き受けて頂いた為、
ご苦労お掛けしたと考えます。
解決に向け努力して頂き感謝しております。
初めて弁護士に依頼する案件で不安を感じながらお訪問したのですが、事務所の職員様の対億やオフィスの清潔感で安心感を持てたのを覚えています。
また、今後の弁護士利用におけるアドバイス等もフォローして頂き弁護士先生の利用するのが身近に感じられました。

相談した出来事
事故責任比率9.5対0.5の被害者でした。
当初は保険会社の担当者を交えて解決に向けて話を続けていたのですが、相手の保険会社担当者の対応(態度・言葉遣い)が最悪で話が進まず、弁護士を間に入れて話を進めました。
二か月程で決着しました。
解決方法
交渉・示談

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回30分無料です。
お気軽にご相談ください。
その他 着手金、報酬金その他手数料の詳細については下記参照。
https://aster-mimamori.net/fee/

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(3件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

東京‐熊本で離れて暮らしており、被相続人の財産を把握していなかった事例

  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 財産目録・調査
依頼主 40代 女性

相談前

本件は、依頼者が、被相続人の生前、遠方に住んでいたことから、ほとんど交流を持っておらず、財産を把握していなかったため、財産調査から実施した事例です。

相談後

依頼者は、東京に住んでおられ、被相続人がお亡くなりになったのは熊本でしたので、当事務所が事件処理をさせて頂くことで、依頼者が熊本に来なければいけない場合を最小化できたと思います。

下山 和也弁護士からのコメント

下山 和也弁護士

当事務所においては、東京と熊本にオフィスがあり、打ち合わせを熊本と東京オフィスをテレビ会議システムでつないだうえで打ち合わせを行い、各弁護士が協働して事件を進めることができます。そのため、本件のような事例では、依頼者が移動される時間と費用を節約することができます。

遺産相続

特徴をみる

遺産相続の解決事例 2

祭祀費用の負担が問題となった事案

  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 財産目録・調査
依頼主 60代 男性

相談前

本件は、共同相続人間で、遺産分割の大要については合意に達したものの、法要費用を分担するかどうかが争いになった事案です。法要費用の一部を当事務所の依頼者が出費しており、共同相続人間で法定相続分どおりに分担するか、当事務所の依頼者が単独で負担するかが争いになりました。

相談後

依頼者が遺産に含まれない債権(葬祭費、埋葬料、未支給年金)を取得し、代わりに依頼者の出費分について共同相続人に分担を求めないこととし、遺産分割協議を成立させました。
依頼者の、はやく事案を解決したいという思いと1人で法要費用を負担するのはおかしいという思いを両立することができました。

下山 和也弁護士からのコメント

下山 和也弁護士

法律上は、葬儀等の法要費用は被相続人の死亡後に生じた債務なので遺産には含まれません。また、祖先の祭祀に関する費用として、法定相続分での分担ではなく、祭祀主宰者が単独で負担するものとされます。
この祭祀主宰者は、①被相続人が指定する、②慣習により定める、③家庭裁判所が定める、の3つの順番で決められます。
本件では、①②の方法によって祭祀主宰者を決めることができませんでした。したがって、共同相続人間で協議が成立しなければ、③家庭裁判所に祭祀主宰者指定の調停を申し立てなければなりませんでした。

遺産相続

特徴をみる

遺産相続の解決事例 3

東京の子が窓口となりながら熊本の親の遺言書作成を進めた事例

  • 相続人調査
依頼主 70代 女性

相談前

本件は、東京の子が熊本の親の相続について、親からの相談を受けて当事務所への相談につながった事例です。

相談後

被相続人(親・ご本人)は日中家を不在にしていることが多く、当事務所の営業時間内に連絡を取ることが困難でした。
一方、子は遠方にいるものの、メール等により連絡をとることが容易でした。このため、ご依頼後も東京の子を窓口にして被相続人との調整や必要書類の準備を進め、スムーズな事件処理を行いました。
また、公正証書の作成は、被相続人の住所地にて行う必要がありますが、熊本オフィスの弁護士が熊本の公証人との調整を行い、作成日当日の立会人として出頭することで、東京の子が熊本に出向くことなく公正証書を作成することができました。

下山 和也弁護士からのコメント

下山 和也弁護士

遺言書の作成など生前の整理は、ご高齢のご本人(親)自身ですべて進めるにはハードルがあったり、つい面倒に感じて二の足を踏んでしまったりしがちです。このためご子息を介して相談に来られる場合も少なくありません。
当事務所においては、東京と熊本にオフィスがあるため、東京など遠方のご子息とも連携しながら事件を進めることができます。

遺産相続

特徴をみる

交通事故

分野を変更する
◆初回相談30分無料◆年間100件を超える受任◆事案に応じて複数の弁護士で対応可能◆弁護士歴20年豊富な実績◆女性弁護士担当可◆様々な事件を経験し、法的知識はもちろん、事件を解決するための、豊富な経験・知識があります。弁護士が交渉すれば慰謝料など賠償金の増額が出来るかもしれません
アステル法律事務所
アステル法律事務所
アステル法律事務所

交通事故の詳細分野

事件内容

  • 死亡事故
  • 物損事故
  • 人身事故

争点

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償

対応体制

  • 女性スタッフ在籍

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

【交渉は弁護士にお任せください】
―――――――――――――――――――
交通事故にあうと通院・入院をしながら保険会社と交渉をしなければなりません。
交通事故は、相手の保険会社とのやり取りが多く、相手の保険会社が提示してくる賠償額は多くの場合、適正な額より低い場合があります。
法律の知識がないと、そのまま示談となり、適正な金額を受け取れない事も少なくありません。

この金額は妥当なのか?など疑問を持たれた方は、早めに弁護士にご相談ください。
本来受け取れる額を受け取れるよう、ご依頼者様に有利な結果となるよう尽力いたします。

◆メッセージ◆
弁護士登録以降、約20年に渡って交通事故事案の解決に取り組み、数百件を超える豊富な交通事故案件処理の経験があります。
不安なお気持ちの被害者の方にとって、精神的にも寄り添うことが出来る弁護士のサポートが真の被害者救済に必要です。
ぜひ、お問い合わせください。

【ご相談例】
・物損の評価額に納得がいかない。
・保険会社の基準と弁護士基準(裁判基準)が違うと聞いた。
・後遺障害の認定が決まったが、等級が妥当かどうか分からない。
・後遺症の認定を受けたいがやり方がわからない。
・事故後、頭痛や腰痛で悩まされているが、相手方(損害保険会社)から「事故とは無関係」といわれ、治療費を支払ってもらえない。
・保険会社の担当者とのやりとりが面倒だ。
・交通事故で、治療のために仕事を休まざるを得ないが、その間の給料をどうするか?
・自転車で交通事故を起こしてしまったが保険に入っておらず多額の慰謝料を請求されて困っている。
※上記以外のご相談も承っております。

【強み】
◆豊富な実績に裏付けられた等級認定サポート
◆死亡案件に関する遺族サポートも充実
◆熊本に密着した事件処理
◆複数弁護士の連携による充実・柔軟な対応が可能
◆豊富な実績/年間100件を超える依頼!

【取り扱い案件】
・示談交渉
・後遺障害等級認定異議申立
・自賠責被害者請求
・交通事故裁判 など

————————————-
【アクセス】
熊本市電「熊本城・市役所前」徒歩1分
バス  「市役所前」    徒歩1分

下山弁護士への感謝の声

1

50代 男性

依頼 交通事故 2016年8月に解決

相手保険会社担当者の対応が最悪の状況かつ解決が見えない状況で弁護士の先生に依頼し引き受けて頂いた為、
ご苦労お掛けしたと考えます。
解決に向け努力して頂き感謝しております。
初めて弁護士に依頼する案件で不安を感じながらお訪問したのですが、事務所の職員様の対億やオフィスの清潔感で安心感を持てたのを覚えています。
また、今後の弁護士利用におけるアドバイス等もフォローして頂き弁護士先生の利用するのが身近に感じられました。

相談した出来事
事故責任比率9.5対0.5の被害者でした。
当初は保険会社の担当者を交えて解決に向けて話を続けていたのですが、相手の保険会社担当者の対応(態度・言葉遣い)が最悪で話が進まず、弁護士を間に入れて話を進めました。
二か月程で決着しました。
解決方法
交渉・示談

交通事故の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
【弁護士費用特約に加入されている場合】 ▼相談料
0円
※ご加入の保険会社より支払われます。

▼着手金
0円
※ご加入の保険会社より支払われます。

▼報酬金
基本料金0円+成功報酬0円
※弁護士費用の上限300万円までをご契約の保険会社が負担します。
但し場合によっては、ご依頼者様に一部経済的負担が生じる場合がございます。ご負担が生じる場合はご契約前に必ずご説明いたします。
【弁護士費用特約に加入されていない場合】 ▼相談料
0円
※初回30分無料、以降30分ごとに5,000円(税別)

▼着手金
0円
※ご依頼時に生じる着手金無料(報酬精算型)

▼報酬金
基本料金20万円+成功報酬
※相談料金・着手金は無料です。
訴訟の場合は、上記報酬金の基本料金が10万円ずつ加算されます。
また、表示の料金には消費税が別途加算されます。

【成功報酬の算定方法】
(1)契約時に相手方から賠償提案を受けていた場合
相手方提示金額から上乗せした金額の20%

(2)契約時に相手方から賠償提案を受けていない場合
実際の賠償額の10%

(3)3,000万円を超える部分(上記(1)(2)共通)
5%

※このほか、旅費・日当および業務に必要な実費がかかります。

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

交通事故の解決事例(6件)

分野を変更する

交通事故の解決事例 1

右足関節外果骨折と右足関節果部骨折により12級の後遺障害等級の認定を受けた上で、1,150万円の賠償金を獲得した事例

  • 後遺障害等級認定
  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 50代 男性

相談前

依頼者は,自動二輪車で直進進行中に,路外右折をしようとした相手方車両と衝突し,右足関節外果骨折,右足関節果部骨折の傷害を負いました。
依頼者は,治療中から後遺障害について相談にみえて,お話をお聞きしていました。

相談後

受任前に,後遺障害診断書を見せて頂いたところ,可動域制限の後遺障害がありましたが,記載内容に不明な点があり,その点を医師に説明を求めることになり,診断書をより明快な記載にしていただきました。

その上で,後遺障害認定の申請を行ったところ,予定通り12級の認定を得ることができました。
12級の認定を得た後は,相手方保険会社と賠償額の交渉を行い,過失相殺を経た上で,当方の請求額に近い額での示談となりました。

下山 和也弁護士からのコメント

下山 和也弁護士

【解決のポイント】 
後遺障害の申請前に相談・依頼いただけたことで,後遺障害診断書の検討を行うことができ,狙い通りの12級認定を得ることができたため,早期・十分な額での解決が可能となりました。
【弁護士から】
本件は,治療中にご相談にみえて,最終解決までお手伝いをさせていただいた事案になります。
 相談者は,事故により右足首の可動域が制限され,ご相談にみえた際も,歩行に制約がある状況でした。
 治療を継続され,歩行の制約もある程度は改善されたものの,治癒には至らず,可動域制限が残ることになりました。
 主治医の後遺障害診断書では,計測値に不明な点があったため,主治医に計測値について説明を求めたところ,診断書の記載をより明快な記載にしていただくことになりました。
 後遺障害の認定では,相談者の可動域制限の状況から想定していた12級の認定を無事に得ることができ,早期・十分な額での解決が可能となりました。

当事務所の交通事故専門ホームページには,他の解決事例も掲載しております。

           http://www.aster-kotsujiko.net/160/

交通事故は,被害者の職業・家族環境,事故態様,受傷内容等様々な要因が絡みあい,その要因と関連する法令・裁判例をふまえた解決が必要となります。
当事務所は,交通事故事案に注力し,日々研鑽に励み,関係者向けのセミナーも積極的に実施しています。

交通事故

特徴をみる

交通事故の解決事例 2

10代学生がバイク事故で高次脳機能障害による後遺障害3級を残す事案において約6,300万円を増額した事例

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 10代 男性

相談前

依頼者はバイクを運転中に相手方車両との事故に遭い,長期の入院後に学校に復学しましたが,高次脳機能障害による後遺障害3級の障害が残りました。

相手方からは,約7700万円の賠償案の提示がありましたが,その金額が妥当かとの相談を受けました。

相談後

依頼者・ご両親から学校生活・日常生活の詳しい事情を伺い,後遺障害が日常生活・学校生活に与える影響について詳細に検討し,依頼者には将来にわたって介護・介助が必要であり,その費用も賠償されるべきとの主張を行いました。

相手方からは,依頼者が復学していること等から将来の介護費用は認められないとの主張がなされ,最終的に判決となりました。

判決では,将来の介護費用も認められ,約1億4000万円の賠償を受けることになりました。

下山 和也弁護士からのコメント

下山 和也弁護士

【解決のポイント】

本件は,成績も優秀でご家族も期待をかけておられた被害者が事故で重傷を負い,重度の後遺障害を負うという痛ましい事件でした。
 被害者・ご家族の懸命なリハビリにより,復学を果たしましたが,相手方からは,復学していることから将来の介護費用は認めないという主張がなされたものです。
復学の背景にあるご家族・関係者の努力・協力を詳細に主張した結果,将来の介護費用が認められることになりました。

当事務所の交通事故専門ホームページには,他の解決事例も掲載しております。

           http://www.aster-kotsujiko.net/160/

交通事故は,被害者の職業・家族環境,事故態様,受傷内容等様々な要因が絡みあい,その要因と関連する法令・裁判例をふまえた解決が必要となります。
当事務所は,交通事故事案に注力し,日々研鑽に励み,関係者向けのセミナーも積極的に実施しています。

交通事故

特徴をみる

交通事故の解決事例 3

原付自転車での接触事故により両腕を骨折等した40代会社員女性の賠償額を約2.7倍に増額し解決した事例

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 40代 女性

相談前

依頼者は,黄色点滅の交差点を直進進行しようとしたところ,右方から赤信号点滅で直進進行してきた相手方車両と衝突し,頚椎捻挫等の傷害を負いました。

依頼者は,相手方加入の保険会社との交渉を任せたいとのことで弁護士費用特約を利用されて当事務所に依頼されました。

相談後

相手方からの提示額は,休業損害及び慰謝料の算定を自賠責保険(過失相殺はしない)の基準でされており,不十分でした。

休業損害については女性の平均賃金をもとに計算し,過失相殺には応じましたが,過失相殺後の賠償額で約2倍の増額を実現しました。
交渉の結果,弁護士介入前の提案額478万円から約2倍の1209万円に増額して解決しました。

下山 和也弁護士からのコメント

下山 和也弁護士

【解決のポイント】
依頼者の受傷部位から慰謝料の増額を求めると共に,後遺障害に基づく損害についても残存する後遺症状をもとに算定し,賠償額の増額を達成しました。
過失割合については刑事記録を検討し,依頼者も納得できる割合での解決となり,当方提示額のほぼ満額で示談成立となりました。
【弁護士から】
本件では,相談前では過失相殺なしの提案がされている一方で,相談後では過失相殺ありの解決となっています。一見,相談者に不利な解決となっているかのようにも思えますが,実は違います。
賠償金額の基準の低い自賠責保険においては,被害者に重大な過失がない限り過失相殺はされません。相談前の提示では,自賠責保険の基準にそった提示であるため,相手方は過失相殺を主張する必要がなかったのです。
相談後には,賠償額の基準が自賠責保険の基準を大きく上回ったため,本来争点となるはずだった過失相殺が問題になったに過ぎません。
過失相殺が問題となる場合は,当事務所では,刑事事件の記録を取寄せた上で過失の有無・割合を検討するよう心がけています。本件でも,取寄せた刑事記録をもとに裁判になった場合を想定した過失割合にて解決を図り,結果的に依頼者に早期・十分な賠償を実現したものです。

当事務所の交通事故専門ホームページには,他の解決事例も掲載しております。

           http://www.aster-kotsujiko.net/160/

交通事故は,被害者の職業・家族環境,事故態様,受傷内容等様々な要因が絡みあい,その要因と関連する法令・裁判例をふまえた解決が必要となります。
当事務所は,交通事故事案に注力し,日々研鑽に励み,関係者向けのセミナーも積極的に実施しています。

交通事故

特徴をみる

交通事故の解決事例 4

提示額から465万円の増額

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 10代 女性

相談前

受傷部位:頭部
事故態様:車VS自転車
弁護士介入前提示額:3035万円
頭部に強い衝撃を受けていることから脳への後遺障害の可能性

相談後

後遺障害等級9級10号認定
相手方提示の過失5%を0に
事前提示より465万円の増額

下山 和也弁護士からのコメント

下山 和也弁護士

実況見分調書等の刑事記録を取寄せ、かかる客観的資料を元に、相手方には、当方の過失がゼロであることを交渉で認めてもらいました。また、各種裁判例やその後の依頼者の進路等から、当方主張の基礎収入額が妥当であることを粘り強く主張し、結果的に弁護士介入時の提示額から465万円の増額に成功しました。

当事務所の交通事故専門ホームページには,他の解決事例も掲載しております。

           http://www.aster-kotsujiko.net/160/

交通事故は,被害者の職業・家族環境,事故態様,受傷内容等様々な要因が絡みあい,その要因と関連する法令・裁判例をふまえた解決が必要となります。
当事務所は,交通事故事案に注力し,日々研鑽に励み,関係者向けのセミナーも積極的に実施しています。

交通事故

特徴をみる

交通事故の解決事例 5

後遺障害「非該当」から、異議申立後「12級」認定

  • 後遺障害等級認定
  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 60代 男性

相談前

受傷部位:頚椎、腰椎、右肩
事故態様:車VS歩行者
夜間、横断歩道を歩行中に右折してきた車と接触
事故後右肩痛を訴えており、後遺障害の申請をしたが結果は非該当

相談後

医師の所見資料とともに異議申立をし、申立時点でのMRIの再撮影を経て、12級13号の等級認定がなされた。

下山 和也弁護士からのコメント

下山 和也弁護士

依頼者は、事故直後のMRI撮影時にも主治医から腱板損傷の所見を指摘されていましたが、自賠責はそのような器質的損傷が認められないと結論付けて後遺障害非該当としました。
改めて医療調査を行い、放射線科医に改めて読影していただいたところ、やはり腱板損傷が認められること、外傷性変性であることのご指摘をいただきました。これらを意見書にまとめてもらい、異議申立ての資料として提出しました。
後遺障害認定においては、交通事故によって生じた器質的損傷の有無は結論を大きく左右します。
従来の医師の所見と異なる結論となった場合は、なぜそのような結論になったのか、きちんと弁護士に分析を依頼されることをお勧めします。

当事務所の交通事故専門ホームページには,他の解決事例も掲載しております。

           http://www.aster-kotsujiko.net/160/

交通事故は,被害者の職業・家族環境,事故態様,受傷内容等様々な要因が絡みあい,その要因と関連する法令・裁判例をふまえた解決が必要となります。
当事務所は,交通事故事案に注力し,日々研鑽に励み,関係者向けのセミナーも積極的に実施しています。

交通事故

特徴をみる

交通事故の解決事例 6

【死亡案件】相手方保険会社の対応が遅かったため訴訟提起

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 50代 男性

相談前

事故態様:歩行者VS車
相手方保険会社の対応が遅かったため訴訟提起

相談後

裁判により1500万円の和解案
訴訟前に速やかな提示がなされなかったことに値して遅延損害金等として約100万円上乗せし、合計1600万円で和解

下山 和也弁護士からのコメント

下山 和也弁護士

突然の事故でご主人を亡くされ、残された奥さんとお子さんは、今後の生活に不安を募らせておられました。
ところが、加害者加入の保険会社からは、損害賠償についての具体的な話がないまま数か月が経過しました。そこで、自賠責保険の被害者請求を行った上で、訴訟を提起することになりました。訴訟提起前に受領した自賠責保険の保険金について、充当には複数の方法があるのですが、被害者側に一番有利になるよう計算方法を工夫しました。
訴訟においては、相手方は逸失利益や慰謝料額について争いましたが、訴訟提起後比較的早い段階において1500万円を支払うという裁判所和解案が提示されました。通常は、裁判所和解案が一度提示されると、そこから賠償額を上積むことは困難な場合が多いのですが、本件においては、訴訟提起前に速やかな提示がなされなかったことなどを理由に遅延損害金相当額等として約100万円の増額を交渉し、合計1600万円の支払いを受けることで解決しました。

当事務所の交通事故専門ホームページには,他の解決事例も掲載しております。

           http://www.aster-kotsujiko.net/160/

交通事故は,被害者の職業・家族環境,事故態様,受傷内容等様々な要因が絡みあい,その要因と関連する法令・裁判例をふまえた解決が必要となります。
当事務所は,交通事故事案に注力し,日々研鑽に励み,関係者向けのセミナーも積極的に実施しています。

交通事故

特徴をみる

不動産・建築

分野を変更する
《弁護士歴20年》《多数の不動産業者様からのご依頼いただいております》不動産賃貸業や不動産管理業のサポートに精通。
賃料・管理費回収・建物明け渡し請求・不動産管理・不動産売買時の事前相談などお任せください。
アステル法律事務所
アステル法律事務所
アステル法律事務所

不動産・建築の詳細分野

賃貸トラブル

  • 賃料・家賃交渉
  • 建物明け渡し・立ち退き
  • 借地権

売買トラブル

  • 欠陥住宅
  • 任意売却

近隣トラブル

  • 騒音・振動
  • 土地の境界線

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

《不動産問題は当事務所にお任せを》
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆不動産問題を総合的にサポート◆
平成12年より地元密着型の弁護士として様々な不動産案件を解決してきました。
多数の不動産業者様からのご依頼を受け、賃貸不動産オーナー様のトラブル解決に尽力して参りました。
不動産問題に関してお困り事がございましたら、ぜひ一度ご相談ください。

<下記のようなご相談はお任せください>
※大家様・不動産オーナー様のご相談に特化しております。
・所有している不動産について定期的にアドバイスが欲しい。
・引き渡しを受けた新築住宅に不具合がある。
・不動産売買、不動産賃貸で、トラブルが発生している。
・不動産登記手続について、サポートしてほしい。
・マンション管理組合の顧問弁護士を探したい。
・滞納している賃料を請求したい。
・賃料の滞納が続いており、建物の明け渡しを請求したい。
・問題のある入居者を退去させたい。
・不動産業者だが、仲介物件の仲介料が支払われず困っている。
上記以外でも、不動産に関するご相談であれば、どのようなご相談もお受けいたします。


《強み》
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆様々な不動産トラブルに対応◆
契約締結時の売買又は賃貸借契約書の作成・契約締結手続、契約更新、賃料増減問題、未払い賃料請求問題、契約終了時の明渡しや敷金返還問題など、様々な不動産トラブルに対応します。

◆豊富な経験◆
不動産の明渡しや賃料回収に関する法律相談や、不動産の相続に関するご相談も多数経験しております。

《対応体制のご案内》
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◆完全個室の相談室で安心のご相談◆
当事務所は、各相談室が完全に独立しており、ご依頼いただく方のプライバシーに配慮した設計となっています。また、セキュリティー設備も万全です。熊本城を一望できる明るい相談室で、どうぞ安心してご相談ください。

◆相談料について◆
お気軽にご相談いただきたく、相談料は30分ごと5000円(税別)です。
費用が不明確とならないよう、契約前に見積書の提示と、十分な説明を心掛けております。

《重点取扱い案件》
・賃料・管理費回収
・建物明け渡し請求
・不動産管理
・不動産売買時の事前相談
・天災による破損時の対応
・不動産業者の労務トラブル

ーーーーーーーーーーーーーー
◆アクセス
・熊本市電:熊本城・市役所前から徒歩1分
・バス:市役所前から徒歩1分

下山弁護士への感謝の声

1

50代 男性

依頼 交通事故 2016年8月に解決

相手保険会社担当者の対応が最悪の状況かつ解決が見えない状況で弁護士の先生に依頼し引き受けて頂いた為、
ご苦労お掛けしたと考えます。
解決に向け努力して頂き感謝しております。
初めて弁護士に依頼する案件で不安を感じながらお訪問したのですが、事務所の職員様の対億やオフィスの清潔感で安心感を持てたのを覚えています。
また、今後の弁護士利用におけるアドバイス等もフォローして頂き弁護士先生の利用するのが身近に感じられました。

相談した出来事
事故責任比率9.5対0.5の被害者でした。
当初は保険会社の担当者を交えて解決に向けて話を続けていたのですが、相手の保険会社担当者の対応(態度・言葉遣い)が最悪で話が進まず、弁護士を間に入れて話を進めました。
二か月程で決着しました。
解決方法
交渉・示談

不動産・建築の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごと5,000円(税別)
着手金 着手金:10万円(税別)~
※仕事をお受けする際には明瞭な費用をお伝えしますので、まずはお気軽にお問合せ、ご相談くださいませ。
その他 弁護士費用はご相談に応じますので、お気軽にお問い合わせください。

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

不動産・建築

特徴をみる

所属事務所情報

所属事務所
アステル法律事務所
所在地
〒860-0806
熊本県 熊本市中央区花畑町1-1 大樹生命熊本ビル7階
最寄り駅
熊本市電:熊本城・市役所前(徒歩1分)
バス:市役所前(徒歩1分)
交通アクセス
  • 駐車場近く
設備
  • 完全個室で相談
事務所URL
所属弁護士数
6 人
所員数
6 人

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 企業法務
取扱分野
  • 借金
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 知的財産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 犯罪被害
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 近隣トラブル

電話で問い合わせ
050-5258-6188

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 17:30
定休日
土,日,祝

対応地域

所属事務所情報

所属事務所
アステル法律事務所
所在地
熊本県 熊本市中央区花畑町1-1 大樹生命熊本ビル7階
最寄駅
熊本市電:熊本城・市役所前(徒歩1分)
バス:市役所前(徒歩1分)
現在営業中 09:00 - 17:30

アステル法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5258-6188

※アステル法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 17:30
定休日
土,日,祝

対応地域

事務所の対応体制
駐車場近く
完全個室で相談