お気に入りに追加
田代 幸嗣弁護士

( たしろ こうじ ) 田代 幸嗣

弁護士法人平松剛法律事務所鹿児島事務所

現在営業中 00:00 - 24:00

交通事故

分野を変更する
◆初回相談・着手金無料あり◆弁護士特約利用可◆オンラインや電話相談・出張相談可能◆交通事故に遭われた方は、事故直後から弁護士に相談したほうが有利に進めることができます。※鹿児島駅徒歩2分※メール24時間受付
弁護士法人平松剛法律事務所鹿児島事務所
弁護士法人平松剛法律事務所鹿児島事務所
弁護士法人平松剛法律事務所鹿児島事務所

交通事故の詳細分野

事件内容

  • 死亡事故
  • 物損事故
  • 人身事故

争点

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

豊富な経験と実績

  • むち打ち症での慰謝料増額事案
  • 後遺障害等級認定が変更され賠償額が3.2倍増額できた事案
  • 保険会社の治療打ち切りを回避することができた事例

https://www.bengo4.com/kagoshima/a_46201/l_194795/#pro2_case

交通事故に遭われた方へ

ある日突然、交通事故に遭い、通院をしながら相手方の保険会社と交渉するのは、身体的にも、精神的にも大きな負担となります。当事務所では、事故直後からのご相談だけでなく、相手方との交渉が難航している場合や、保険会社が提示した金額に納得がいかない場合の交渉など幅広く対応おりますので、お気軽にご相談ください。

適正妥当な治療を受けられるようにサポートするほか、保険会社と粘り強く交渉し、経済的利益を少しでも多く獲得できるように尽力いたします。

当事務所のサポート体制

◆当日・休日・夜間相談についてはお問い合わせください。

◆電話相談可

状況によっては、お電話でのご相談も可能です。
まずは、ご連絡ください。

◆時間外(夜間・休日)のお問い合わせ

営業時間外にお問い合わせいただく際には、「メールでのお問い合わせ」からご連絡ください。

◆出張相談・オンライン相談に対応

ご高齢の方など、当事務所まで訪ねることが難しい方には、無料出張相談にも対応いたします。オンラインなどの柔軟な対応も行なっておりますのでご相談ください。

◆弁護士特約利用可

自動車保険に弁護士特約がついていらっしゃる方は、ご利用が可能ですので、ご相談までに加入されている任意保険の内容をご確認ください。

◆費用について

相談料は無料です。
まずは、お気軽にご相談ください。
状況に応じて、完全成功報酬制や後払い、着手金を無料にいたします。
柔軟に対応いたしますので、ご安心ください。

◆よくあるご相談の例

  • 主治医は通院を勧めているが、治療の打ち切りを言われた。
  • 保険会社とのやり取りに精神的な負担を感じる。
  • 後遺障害の申請を保険会社ではなく、弁護士にお願いしたい。
  • 保険会社から書類が届いたが、見てもらいたい。
  • そもそも弁護士に相談して良いものかが分からない。
  • 保険会社からの提示額が妥当なものか見てもらいたい。

重点取扱案件

  • 保険会社との示談交渉
  • 後遺障害等級認定の申請
  • 交通事故訴訟
  • 治療期間中のフォロー

交通事故の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 無料
着手金 無料
報酬金 ・保険会社の提示前(税込):21万円+回収額の11%
・保険会社の提示後(税込):21万円+回収額の22%
備考欄 弁護士特約利用可。回収額もしくは増加額が少ないときには、その半額のみを報酬金にさせていただくなど、お客さまにご負担がかからないように配慮。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

交通事故の解決事例(3件)

分野を変更する

交通事故の解決事例 1

むち打ち症での慰謝料増額事案

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故

相談前

軽微なむち打ちだったため,弁護士に相談してよいか迷ったが,
保険会社の態度に納得がいかなかったため,弁護士に相談することにした。

相談後

事故直後から受任し,治療経過についてサポート。
その後,約3か月半通院を続け,治療終了後,慰謝料について交渉。
36万円→55万円→60万円と増額することができた(加入前の約1.67倍)。

田代 幸嗣弁護士からのコメント

田代 幸嗣弁護士

軽微な事故であっても,弁護士の介入により慰謝料の増額は可能です。
迷われたら,一度相談されることをおすすめします。

交通事故の解決事例 2

異議申し立てにより,後遺障害等級認定が変更された事案。

  • 後遺障害等級認定
  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故

相談前

交通事故で骨折し,治療を終えたが,後遺症により神経的な痛みが残った。
相手保険会社を通じて,後遺障害等級の等級認定を申請してもらったが,「該当なし」の結果だった。
この結果が妥当なのか,判断に迷い,弁護士に相談することにした。

相談後

後遺障害診断書に十分な記載がなされていなかったため,
主治医の新たな意見書を取得し,後遺障害等級の異議申し立てを行った。
そうしたところ,こちらが求めたとおり,12級13号の後遺障害等級が認定された。
弁護士介入前,保険会社からは250万円の賠償提案が来ていたが,等級獲得により,800万円で和解することとなった(介入前の3.2倍)。

田代 幸嗣弁護士からのコメント

田代 幸嗣弁護士

後遺障害の等級結果は,獲得できる賠償の金額に大きく影響します。
等級結果に疑問を持たれましたら,お気軽に弁護士にご相談ください。

交通事故の解決事例 3

保険会社の治療打ち切りを回避することができた事例。

  • 人身事故

相談前

交通事故で治療を続けていたが,通院3カ月で治療を打ち切りと言われてしまった。
まだ痛みがあり,医師も通った方がよいと言っているが,保険会社は「むち打ちでは通院は3か月しか認められない」と言って認めてくれない。

相談後

主治医の意見書をもとに,保険会社に治療延長の申し入れを行った。
その結果,保険会社が治療延長に応じ,相談者が満足する期間(約5カ月間),治療を続けることができた。

田代 幸嗣弁護士からのコメント

田代 幸嗣弁護士

保険会社は一定の期間で治療を打ち切ることがあります。
対応に疑問を持たれましたら,一度,弁護士にご相談ください。

借金・債務整理

分野を変更する
◆相談料無料◆オンラインや電話相談可◆解決実績多数◆借金は人に相談しにくいことだと思いますが、一人で抱え込まず、まずはお気軽にご相談ください。※鹿児島駅徒歩2分※メール24時間受付
弁護士法人平松剛法律事務所鹿児島事務所
弁護士法人平松剛法律事務所鹿児島事務所
弁護士法人平松剛法律事務所鹿児島事務所

借金・債務整理の詳細分野

依頼内容

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • ヤミ金対応
  • 任意整理
  • 個人再生

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

柔軟な対応でサポート

これまでに多数の貸金業者との交渉実績があり、業者の特性に応じた対応が可能です。
借金問題は、人には話しづらいことではありますが、自身だけでなくご家族の生活も脅かす重大な問題ですので、なるべくお早めにご相談ください。

任意整理から個人再生、自己破産まで幅広く対応しておりますので、ご依頼者様の状況やご希望等に応じた方針をご提案いたします。ご相談は個室で行いますので、人目を気にせずに相談が可能です。プライバシーに配慮しておりますので、ご安心ください。

豊富な解決実績!

  • 【自己破産】約1000万円の多重債務が免責された事例。
  • 【過払い金請求】借金がなくなり,200万円の過払い金が返還された事例。
  • 【個人再生】住宅を残しながら,借金の大幅な圧縮をすることができた。

https://www.bengo4.com/kagoshima/a_46201/l_194795/#pro1_case

当事務所のサポート体制

◆当日・休日・夜間相談についてはお問い合わせください。

◆24時間予約受付

当事務所では、24時間ご相談のご予約を受け付けております。
※営業時間外にお問い合わせいただく際には、「メールでのお問い合わせ」からご連絡ください。

◆柔軟な支払い方法

分割払いなど、ご依頼者様の経済状況によった報酬体系をご用意しております。
まずは、お気軽にご相談ください。

◆出張相談・オンライン相談に対応

ご高齢の方など、当事務所まで訪ねることが難しい方には、無料出張相談にも対応いたします。オンラインなどの柔軟な対応も行なっておりますのでご相談ください。

費用について

相談料は無料です。
まずは、お気軽にご相談ください。

よくあるご相談の例

  • 自己破産をしたいが、人に知られたくない。
  • 借金を整理したいが、自宅を手放したくはない。
  • 長期間返済しているが、なかなか借金が減らない。
  • 現在の借金の返済状況を一度弁護士に見てもらいたい。
  • 貸金業者から督促状や訴状が届いたが、どうすべきかわからない。

重点取扱案件

  • 過払い金請求
  • 個人破産
  • 個人再生
  • 任意整理
  • 時効援用

▼アクセス

鹿児島中央駅から徒歩2分

借金・債務整理の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 無料
着手金 無料
報酬金 ・過払金請求:21%(税込)~
・自己破産:33万円(税込)~
・個人再生:44万円(税込)~
備考欄 分割払いも相談可。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理の解決事例(3件)

分野を変更する

借金・債務整理の解決事例 1

【自己破産】約1000万円の多重債務が免責された事例。

  • 自己破産

相談前

生活費や子供の教育費などで多額のお金を借りていたが,収入が減り,支払いが滞るようになった。
現在は,借金で返済を続ける“自転車操業”状態となっており,生活が苦しい。

相談後

自己破産により,借金が免責され,生活再建を図ることができた。

田代 幸嗣弁護士からのコメント

田代 幸嗣弁護士

収入の変化などで返済が行き詰まる方は,多くいらっしゃいます。
返済に困られている方は,一度弁護士にご相談ください。
破産に抵抗を示される方もおられますが,その方に応じた方針をアドバイスいたします。

借金・債務整理の解決事例 2

【過払い金請求】借金がなくなり,200万円の過払い金が返還された事例。

  • 過払い金請求

相談前

長らく,複数の消費者金融からお金を借り,その後,借りては返すを繰り返している。
利息が高く,なかなか借金が減らないが,CMで過払い金という言葉をよく聞く。
自分も,その対象になるのか,一度調べてもらいたい。

相談後

消費者金融から取引履歴を取得したところ,長年,法定利率を超える金利で取引をしていることが分かった。
計算ソフトで引き直し計算を行ったところ,すでに借金はなくなっており,逆に,お金を払いすぎていることが分かった。
その後,払いすぎたお金を返すよう消費者金融と交渉し,最終的に,200万円の返金を受けることができた。

田代 幸嗣弁護士からのコメント

田代 幸嗣弁護士

古くから借金をしている方は,法律よりも高い利率で返済をしていた可能性があります。
長年借金に苦しんでいた方で,実際に調べた結果,借金が減額されたり,お金が返ってくることもあります。
相談・調査は無料でございますので,お気軽にご連絡ください。

借金・債務整理の解決事例 3

【個人再生】住宅を残しながら,借金の大幅な圧縮をすることができた。

  • 個人再生

相談前

借金で生活が苦しくなっているが,学校に通う子供がおり,家や車は残したい。
都合のよい話かもしれないが,資産を手放さずに,借金を減らすことはできないだろうか。

相談後

個人再生の申し立てを行い,結果的に,借金を約5分の1に圧縮でき,返済も3年計画で認めてもらうことができた。
住宅などの資産も手元に残すことができ,生活環境を大きく変えることなく,生活再建を図ることができた。

田代 幸嗣弁護士からのコメント

田代 幸嗣弁護士

個人再生は,借金を減縮し,3~5年間で,分割して返済をしていく制度です。
自己破産と違い,一定の収入がある方が,返済を継続していくことを前提にしています。
住宅ローン等でお困りの方は,個人再生により生活再建を図れるかもしれません。

労働問題

分野を変更する
◆当日・休日・夜間相談可◆相談料無料・電話相談可◆不当解雇、残業代問題、セクハラ等、豊富な経験と実績あり!労働問題でお困りの方は、お気軽にご相談ください。※鹿児島駅徒歩2分※メール24時間受付
弁護士法人平松剛法律事務所鹿児島事務所
弁護士法人平松剛法律事務所鹿児島事務所
弁護士法人平松剛法律事務所鹿児島事務所

労働問題の詳細分野

原因

  • パワハラ・セクハラ
  • 給料・残業代請求
  • 労働条件・人事異動
  • 不当解雇
  • 労災認定

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

豊富な経験と実績

  • 懲戒解雇が撤回され、200万円の解決金も得られた事例
  • 300万円の残業代が認められた事例
  • 解雇が撤回され,未払い残業代込みで,250万円の解決金を獲得

https://www.bengo4.com/kagoshima/a_46201/l_194795/#pro5_case

より良い解決を目指します!

労働問題は、生活の糧である給料を払ってくれる会社と対立する難しい問題です。声をあげたら、会社にいられなくなってしまうのではないかと不安に思い、泣き寝入りしてしまう人も少なくありません。

しかし、泣き寝入りする必要はありません!弁護士にご相談いただくことで、早期解決が可能です。少しでもおかしいと感じることがあれば、お気軽にご相談ください。より良い解決のために尽力いたします。

当事務所のサポート体制

◆当日・休日・夜間相談についてはお問い合わせください。

◆24時間予約受付

当事務所では、24時間ご相談のご予約を受け付けております。
※ 営業時間外にお問い合わせいただく際には、「メールでのお問い合わせ」からご連絡ください。

◆迅速な対応

労働審判手続きによる早期解決を心がけております。

費用について

相談料は無料です。
まずは、お気軽にご相談ください。
状況によっては、完全成功報酬制や着手金無料で対応することも可能です。

よくあるご相談の例

  • 残業をしているが残業代が一切出ない。
  • 管理職の立場にあるため残業が出ない。
  • 会社の一方的な都合で突然解雇を言い渡された。
  • 体に触られるなどのセクハラを受けて精神的に参っている。

重点取扱案件

  • 残業代請求
  • 不当解雇
  • セクハラ
  • 賃金未払い

アクセス

鹿児島中央駅から徒歩2分

労働問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 無料
着手金 ・Aパターン:33万円(税込)
・Bパターン:0円
報酬金 ・Aパターン:経済的利益の17%(税込)
・Bパターン:経済的利益の33%(税込)
備考欄 最低報酬額33万円(税込)。事件によっては着手金が増額される場合もあります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

労働問題の解決事例(3件)

分野を変更する

労働問題の解決事例 1

懲戒解雇が撤回され、200万円の解決金も得られた事例

  • 不当解雇
依頼主 40代 女性

相談前

Xさんは、サラリーマンとしてY社で10年もの間働いていました。
勤務態度は良好でしたが、とあることがきっかけで、Y社社長と仲のいい同僚のZさんに目をつけられました。
Xさんは、Zさんから会社内に悪い噂を流され、Y社で仕事をやり辛い環境に置かれてしまいました。
妻子のあるXさんは、それでも会社を辞めるわけにいかず、Y社で仕事を続けました。
しかし、Zさんは、嫌がらせに屈しないXさんに我慢できなくなり、Xさんが勤務態度不良であるとの嘘の話をY社社長に話しました。Zさんの話を真に受けた社長は、Xさんを呼び出し、すぐに懲戒解雇処分を下しました。

相談後

Xさんからの依頼を受け、Y社に内容証明郵便で通知書を送り、解雇の撤回と解決金の支払を求めました。
しかし、Y社側には代理人の弁護士が就きましたが、「Xさんに勤務態度不良であるのは明らか」との一点張りで、当方の求めには一切応じませんでした。Y社側が示した勤務態度不良の事実はXさんの見に覚えのないものばかりで、Xさんは本件懲戒解雇に納得することはできませんでした。

そこで、Xさんの代理人として裁判所に労働審判手続の申立をしました。
労働審判では、会社側から客観的な証拠は一切示されず(証拠は、Y社側の関係者の言い分が記載された「陳述書」のみ)、結果、第1回目の期日で、解雇は撤回され、Y社が200万円を支払うことで事件は解決しました。

田代 幸嗣弁護士からのコメント

田代 幸嗣弁護士

本事件でY社がXさんに下したのは、「懲戒解雇処分」でした。

懲戒解雇は、懲戒処分の中でも一番重い懲戒処分で、労働者に対する“死刑宣告”と言われています。
通常の解雇と異なり、一般的には、退職金が出ず、即日解雇も許されるとされています(就業規則などに別の定めがある場合を除きます)。懲戒解雇の経歴があるということは、その後の再就職も困難になることもあり、懲戒解雇は労働者にとって非常に厳しいものといえます。

ただ、裏を返せば、懲戒解雇がくつがえされるということは、これらの不利益を受ける理由がなくなり、労働者にとって大きな価値のあるものといえます。

労働者に多大な不利益を与える懲戒解雇は、裁判所でも厳格に判断され、重大な理由がない限りは無効となることが多いです。
本件のように、「勤務態度不良」を理由とする解雇は、通常の解雇でも会社側に損失を被るほどの悪質な場合や、相当回数の不良行為が認められるケースに限られるとされています。ましてや、本件では、Y社は懲戒解雇を行っており、それ以上の立証が求められます。

結果、Y社側は、懲戒解雇の理由を立証できず、結果的に解雇は無効となりました。
解雇は無効となりましたが、会社に戻りたくないXさんは復職は求めず、解決金を求めました。
そして、Y社がXさんに、解雇されてからの賃金に数カ月分の賃金を加えた、計200万円を払うことで解決となりました。

労働問題の解決事例 2

月80時間もの残業をしていた営業マンが残業代請求し、300万円の残業代が認められた事例

  • 給料・残業代請求
依頼主 40代 男性

相談前

Xさんは、母と暮らす40代の男性です。数百人の従業員がおり、複数の事業所を有するY社の営業マンとして入社しました。
Xさんが入社後、Y社の経営は次第に苦しくなり、本社から各営業担当者に対しては、「とにかく売上げの数字を上げろ」と強いプレッシャーがかけられました。他の従業員はY社の圧力に耐えられなくなり、退職していき、その結果、残ったXさんが役職者になりました。その後もXさんは営業の成績を上げるために月に80時間~100時間もの残業を行うようになりましが、役職者との理由で残業代は一切支払われませんでした。
長時間の残業と数字中心のY社の方針に耐えられなくなり、XさんはY社を退職しました。

相談後

退職後、Xさんから残業代請求のご依頼をされ、Y会社に対しては、残業代を支払うよう内容証明郵便で書面を送りました。
しかし、Y社は、Xさんが管理職の立場にあったとして残業代の請求に一切応じませんでした。担当弁護士は、交渉では埒が明かないと考え、その後、労働審判の申立を行いました。
労働審判では、Y社の主張は認められず、300万円の審判が下されました。Y社側は、審判の内容に納得がいかないとして、異議を申し立てましたが、訴訟でも裁判官の判断は覆らず、早々に300万円での和解が成立しました。

田代 幸嗣弁護士からのコメント

田代 幸嗣弁護士

① 残業の証拠
残業代請求をするためには、残業をしたことを証明しなければなりません。タイムカードは、残業立証のための重要な証拠ですが、タイムカードが存在しない会社が多いのも実情で、Y社にもタイムカードはありませんでした。
タイムカードで管理されていない場合には、何かしらの方法で残業時間を立証しなければなりません。Xさんの場合、会社から送ったメールが重要な証拠になりました。会社から送ったメールは、その送信時刻までは会社にいた証拠になり、その時刻まで会社で残業を行っていたことを推測させます。Xさんの事件では在職中に保存していたメールを印刷し、その時刻を元に残業代を計算しました。
本件では、結果的に、概ねその計算で算出した残業代が認められました。

② 管理監督者の反論
本件では、Y社から「Xさんが管理職であった。」との反論が出ました。これは、Xさんが在職中、役職に就いていたために、労働基準法41条2号の管理監督者に該当するとの主張です。この管理監督者に該当すれば、会社は深夜の割増分を除いて残業代を一切支払わなくてよいことになります。
しかし、この管理監督者というためには、単に、役職に就いていたというだけでは足りず、「経営者と一体的立場にあった」という高いハードルを立証しなければなりません。その点、世間でいういわゆる「管理職」とは全く異なる概念と言っていいでしょう。
結局、本件でも、会社側はXさんが管理監督者であることを立証できず、主張は排斥されました。

労働問題の解決事例 3

【解雇・残業代請求】勤務態度不良で解雇⇒解雇が撤回され,未払い残業代込みで,250万円の解決金を獲得

  • 給料・残業代請求
  • 不当解雇

相談前

配送業の会社で長年真面目に勤務してきたが,勤務先から突然「勤務態度不良」などと言われ,解雇された。解雇理由に全く身に覚えがなく,納得がいかない。
今回の解雇により,会社との関係も崩れたため,復職することは考えていないが,これまでのサービス残業について残業代も請求したい。

相談後

会社に解雇の撤回と未払い残業代を請求するも,交渉決裂。
その後,労働審判手続の申立てを行い,最終的には,「解雇の撤回」・「会社都合での退職」・「解雇期間中の賃金の支払い」,「未払い残業代の支払い」などを前提に,250万円の解決金を会社が支払うことで和解となった。

田代 幸嗣弁護士からのコメント

田代 幸嗣弁護士

解雇は,会社の一方的な判断で行われますが,きちんとした理由がなければ法律上は無効です。
解雇の理由に納得がいかないという方は,一度,弁護士に相談されることをお勧めいたします。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
弁護士法人平松剛法律事務所鹿児島事務所
所在地
〒890-0053
鹿児島県 鹿児島市中央町18-1 南国センタービル3階
最寄り駅
鹿児島中央駅から徒歩2分
受付時間
  • 平日00:00 - 24:00
  • 土日祝00:00 - 24:00
定休日
なし
備考
メール予約・お問い合わせは24時間受付。
電話受付時間:9:00-18:00
時間外の電話のお問合せは、受付しておりませんのでメールフォームからお問合せください。
対応地域

九州・沖縄

  • 福岡
  • 熊本
  • 宮崎
  • 鹿児島
設備
  • 完全個室で相談

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 労働
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪被害
  • 犯罪・刑事事件
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 労働
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪被害
  • 犯罪・刑事事件

電話で問い合わせ
050-5349-6899

Webで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

現在営業中 00:00 - 24:00

田代 幸嗣弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5349-6899
Webで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日00:00 - 24:00
  • 土日祝00:00 - 24:00
定休日
なし
備考
メール予約・お問い合わせは24時間受付。
電話受付時間:9:00-18:00
時間外の電話のお問合せは、受付しておりませんのでメールフォームからお問合せください。
設備
完全個室で相談