お気に入りに追加
藤本 英子弁護士

( ふじもと えいこ ) 藤本 英子

玉藻総合法律事務所

離婚・男女問題

分野を変更する
【離婚特化し約20年の実績】【お金の問題に強み】離婚を「有利に進める」ため、戦略を立てご支援します。交渉・協議・調停・訴訟、お任せください。(お母さんである女性のご依頼者も多数)
玉藻総合法律事務所
玉藻総合法律事務所
玉藻総合法律事務所

完全個室を完備しております。リラックスできる環境でじっくりと話を伺います。

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可

お支払い方法

  • 分割払いあり

ご要望に合わせた方針と戦略

  • スピーディに、一日も早く離婚問題を終わらせたい。
  • これ以上、貴重な人生の時間を割きたくない、対応を誰かに任せたい。
  • 最大限の財産分与・養育費獲得を目指し、しっかり相手側と交渉したい。
  • 親権だけは、譲れない。

一言に離婚と言っても、ご要望や優先する事は、その方によって様々です。

ですから、「単に離婚が実現すればよい」とは考えていません。ご本人が何を大切な優先事項としているかを確認した上で、できるだけ有利に進めるためにどうすべきか、という視点を持ち、ご支援します。

相手方が会社経営者、医師、税理士などの社会的地位が高い場合、かつご本人は専業主婦(夫)というお立場である場合、自由になる目先のお金がなかったり、財産分与は非常に複雑化しやすい、という問題があります。

このようなケースにも対応しておりますので、ご相談いただければと思います。

考え抜くべきは、「離婚のその後」

ご依頼者には女性も多く、お子さんを持つ「お母さん」でもあります。ですから弁護士として、「離婚後の生活をいかに守るか」という点を、非常に重視します。

お母さん方はシングルマザーとなって以降、お子さんの生活と人生を守ろうと、本当に必死です。その状況下で、本来受けるべき金銭の支払い(例:養育費)が停止すればどうなるか。

多くの女性は、数回相手に要求します。しかしその交渉はあまりに大変で虚しく、諦めてしまうのです。離婚時に、極力未来のトラブルが回避できるよう手配しておく必要があります。

また離婚後も、「養育費の支払いが急に止まった」など有事の際に思い出し、頼りにしていただきたいと思います。

離婚は、準備と戦略を必要とします

例えば調停の場合、調停委員という第三者が夫婦間の問題を聞き出し、検討を進めることになります。

この時、「思いやこれまでの経緯を伝える」だけでは、あなたの思い描く決着を手にすることは難しくなります。調停や訴訟は、それなりの戦略・知恵・経験が必要となるシーンです。

離婚調停時に、「どのようなスタンスで、何を行うか」を事前にしっかりと検討し、シミュレーションすることで、その後の展開は変化します。

お金が争点となる離婚、お子さんのいる離婚に強み

長年、離婚のご相談に多く対応しています。お金が争点となる離婚も少なくありません。なかでも、お子さんを持つ方々におかれては、財産や今後のかかる費用(養育費・婚姻費用など)は決して妥協することのできないポイントです。

ご自身だけでなく、大事な子供の未来にも関わるのですから当然のことと言えます。
例えば以下のような解決においても強みを持ちます。

(お金の問題)

  • 慰謝料請求
  • 熟年離婚
  • 婚姻費用
  • 財産分与・財産調査
  • 養育費の増額交渉
  • 養育費不払いへの請求・強制執行など

(お子さんを含む問題)

  • 親権・監護権
  • 面会交流
  • 養育費
  • 離婚後の子どもの姓・戸籍

分かりやすく丁寧な対応に、ご定評をいただいています。

離婚を請求されている方も

これまで、多くの離婚請求をサポートしています。同様に、「請求されている」というお立場の方からもご相談をお受けしています。離婚請求される立場は、非常にお辛いものと思います。

一度ご相談ください。

HP

離婚専門サイト
https://tamamo-rikon.com

アクセス

JR高松駅から徒歩5分
2台分の駐車スペース有

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 離婚問題について 

*いずれも税別
初回のみ相談料 45分につき5,500円(税込)、延長の場合は15分につき2,750円(税込)

2回目以降の相談料 30分につき5,500円(税込)、延長の場合は15分につき2,750円(税込)


*法律相談終了時に、委任をお受けすることとなった場合は、当日および以後の相談料はいただきまぜん。
離婚交渉・離婚調停 着手金:33万円~(税込)
報酬金:33万円~(税込)
離婚訴訟 着手金:44万円~(税込)
報酬金:44万円~(税込)
備考 上記金額は、いずれも一応の目安を示したものであり、事案の難易度等に応じて増減する場合がございます。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(5件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

夫の不貞行為が発覚し、当方の条件どおりで離婚が成立した事案。

  • 不倫・浮気
  • 財産分与
  • 養育費
  • 別居
  • 慰謝料
依頼主 30代

相談前

半年前から夫の不貞を疑っている妻からの相談。当初は、子どものためにも、別居や離婚はしない方が良いと考え我慢していたが、子どもの様子がおかしくなり、夫が不貞関係を続けることに、自身も精神的に耐えられなくなり、当事務所に相談。

相談後

当職から、こうした場合の選択肢について丁寧に説明したところ、ご相談者様からは、夫の不貞を明らかにして、離婚も検討したいとのお話でした。
そこで、離婚の際の条件交渉や万一夫が否定した場合を見据え、夫の不貞の証拠を取得することを提案、直ちに調査事務所に依頼、証拠取得後、子連れで別居開始、調停を申し立てた。
調停では、夫は当初、不貞を完全否定したが、当方より積極的な主張を行った結果、調停申立後6か月(4回目の期日)で、離婚が成立。親権と毎月の養育費に加え、慰謝料300万円と相当額の財産分与、年金分割(0.5)を獲得して離婚調停が成立。

藤本 英子弁護士からのコメント

藤本 英子弁護士

子どものために離婚はしたくないとの思いで、必死に耐えてきたご依頼者様でしたが、お子様が情緒不安定になったことで、離婚すべきか否か、大変悩んでおられました。
親であれば、できれば子どものためにも離婚したくないと思うのは当然のことだと思います。ただ、何がお子様のため(幸せ)になるかどうかは、それぞれの事案や状況ごとに、異なります。
ご依頼者様は、夫の不貞の証拠を取得し、別居を開始してから、驚くほど表情も穏やかになり、将来を前向きに考えられるように考え方も変化しました。母であるご依頼者様が笑顔を取り戻されたことで、お子様の情緒も安定したそうで、本当に良かったと思います。

離婚・男女問題の解決事例 2

親権争いの末、訴訟上の和解で親権を獲得した事案

  • 親権
依頼主 30代 女性

相談前

相談者は30代女性。夫婦喧嘩の末、夫が突然実家に帰り、離婚調停を申し立てた。調停段階では、2歳半の子の親権をめぐり、双方が激しく対立。
相談者は本人のみ、夫には代理人弁護士が就いた。
相談者はフルタイム勤務で、土日出勤も多かったため、別居中の子の監護は、夫とその両親が主として行っていた。
調査官調査の結果、親権者は夫が適任である旨の報告書が出され、調停は不成立で終了。その後、当事務所に相談、依頼。

相談後

初回相談時、既に離婚調停は不成立で終了し、夫側から離婚訴訟が提起されていたが、事案を詳細に検討し、ご依頼者様と何度も協議を重ね、訴訟においても、積極的に主張・立証を行った。その結果、和解により親権を獲得。毎月相当額の養育費も支払われることに成功した。

藤本 英子弁護士からのコメント

藤本 英子弁護士

調停段階で、親権について、ご依頼者様に不利な調査報告書が出され、半ば諦めかけているご様子でしたが、後悔だけはしたくないとの強い思いから、当職への依頼を決意。
当職において、事案や経緯等を徹底的に検討し、ご依頼者様と何度も協議を重ねるうちに、ご依頼者様の意識や生活状況に大きな変化が生じ、その結果、裁判官の心証を動かし、親権を獲得できた事案でした。
親権の争いは、互いに譲歩できないがゆえに、長期戦となりやすく、当事者双方にとって解決までの道のりは困難です。お子様と夫婦それぞれの人生を考え、できるだけ皆が納得して、新たな人生の一歩を踏み出せるようにとの思いでいます。

離婚・男女問題の解決事例 3

【不倫の示談・慰謝料減額交渉】約3週間でスピード解決した事例

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 30代 女性

相談前

W不倫が発覚し、ご依頼者は、相手男性の妻から、不貞の慰謝料300万円を請求されていました。

この金額を減額交渉したい、また極力早期に解決したいというご要望でした。

相談後

相手方代理人より、求償権放棄を条件にするのであれば、これに応じる旨の返答がありましたが、強い姿勢で交渉を続けた結果、最終的に当方提案どおり、150万円で示談が成立。

最終的に150万円の大幅減額に成功しました。

交渉開始から示談成立まで、約3週間のスピード解決となりました。

藤本 英子弁護士からのコメント

藤本 英子弁護士

離婚や、それに伴う問題解決・交渉に20年の実績がございます。

ご依頼者の味方として、ご支援します。

離婚・男女問題の解決事例 4

相手方の子どもに対する身体的、言葉の暴力により離婚した事例

  • 親権
  • 婚姻費用
  • 離婚請求
  • DV・暴力
依頼主 40代 女性

相談前

妻側である女性が、ご依頼者です。お子さんが1人おられました。

夫は、子どもが幼少の頃から子どもに対し暴言・暴力を行っていました。

妻に対しても精神的な暴力があり、それまで子どものためと思い耐えてきましたが、成長するにつれ子どもが情緒不安定になってきたことから、離婚を決意し、依頼となりました。

相談後

妻は別居を予定していましたので、別居後すぐに離婚と婚姻費用分担の各調停を申立て、夫にもその旨通知しました。

調停申立後、夫側にも代理人が就任しました。離婚自体に争いはありませんでしたが、夫側は親権を主張してきました。

しかし、夫は長年子どもへの暴言・暴力を繰り返していましたので、妻は、万一の場合に備え保管していた証拠写真や音声などを提出し、調査官調査の結果、妻が親権者となることで調停が成立しました。

また、夫と子どもとの面会交流については、子どもの心身の状態を考慮し、第三者機関を利用した試行面会から始めました。

藤本 英子弁護士からのコメント

藤本 英子弁護士

離婚や、それに伴う問題解決・交渉に20年の実績がございます。
ご依頼者の味方として、ご支援します。

離婚・男女問題の解決事例 5

父親が親権を獲得した事例

  • 親権
依頼主 40代 男性

相談前

妻の浪費が原因で、夫婦間で離婚の協議をした際、子どもの親権者は夫とすることで合意が成立し、妻は単身家を出て別居を開始しました。

しかし、その後突然、妻から、離婚に加え、子の監護者指定・子の引渡しの各調停の申立てがあり、当方に依頼となりました。

相談後

子の監護者指定・子の引渡しの各調停及び審判への対応、離婚調停及び離婚訴訟への対応を積極的に行いました。

妻側にも代理人が就き、子の監護者指定・子の引渡しについては、調停期日を重ねましたが不成立となり、審判に移行しました。

審判では、夫による子の監護養育状況に何ら問題はなく、また調停外で妻からの面会交流の要望に応じていることも評価され、妻側の申立て却下の審判が出されました。

離婚については、互いに親権について一歩も譲らず調停は不成立となり、直ちに妻側から訴訟提起がなされました。
訴訟では、主に親権、養育費、財産分与等について争われましたが、最終的には、親権者を夫とし、妻から夫へ養育費を支払い、財産分与はなしとの内容で訴訟上の和解が成立しました。

藤本 英子弁護士からのコメント

藤本 英子弁護士

子の監護者指定・子の引渡しの事案は、とにかく時間との勝負となります。

本件では、夫の子に対する熱い思いを積極的に主張することに加え、当事者間で夫が子どもの親権者となる合意が成立していた経緯や、別居後の夫による単独監護の状況等について、丁寧かつ説得的に主張・立証したことが良い結果に繋がりました。

離婚や、それに伴う問題解決・交渉に20年の実績がございます。
ご依頼者の味方として、ご支援します。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
玉藻総合法律事務所
所在地
〒760-0022
香川県 高松市西内町7-14
最寄り駅
JR高松駅より徒歩5分
ことでん高松築港駅および片原町駅より徒歩8分
交通アクセス
駐車場あり
受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
●18:00以降もメールにてお受けしております。
LINEによる相談予約も始めました。

※業務時間外のメールもしくはLINEでのお問い合わせにつきましては、翌営業日以降に順次連絡いたします。お急ぎの方は、お電話にてお問合せください。
対応地域

関東

  • 東京

東海

  • 岐阜
  • 愛知

関西

  • 京都
  • 大阪
  • 兵庫
  • 奈良

中国

  • 岡山

四国

  • 徳島
  • 香川
  • 愛媛
  • 高知
設備
  • 完全個室で相談
  • バリアフリー
事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 不動産・建築
  • 企業法務
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 消費者被害
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 行政事件

電話で問い合わせ
050-5852-7873

Webで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

藤本 英子弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5852-7873
Webで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
●18:00以降もメールにてお受けしております。
LINEによる相談予約も始めました。

※業務時間外のメールもしくはLINEでのお問い合わせにつきましては、翌営業日以降に順次連絡いたします。お急ぎの方は、お電話にてお問合せください。
交通アクセス
駐車場あり
設備
完全個室で相談
バリアフリー
「事務所建物入口から相談スペースまで車椅子で移動でき、トイレも車椅子のまま利用できる」を定義としています。