弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

2018年03月16日 12時31分

辛淑玉さん、ジャーナリスト石井孝明さん提訴「ツイッターでスパイという印象与えた」

辛淑玉さん、ジャーナリスト石井孝明さん提訴「ツイッターでスパイという印象与えた」
提訴後に記者会見を開いた辛淑玉さん

ツイッター上で「工作員」や「スリーパーセル」といった言葉を使って、名誉を傷つけられたとして、市民団体「のりこえねっと」共同代表の辛淑玉(シン・スゴ)さんが3月16日、ジャーナリストの石井孝明さんを相手取り、慰謝料550万円の支払いを求める訴訟を東京地裁に起こした。

訴状などによると、石井さんはツイッター上で、「工作員」や「スリーパーセル」などの表現を使って、あたかも辛さんが、北朝鮮など外国政府から指示や資金提供を受けて、日本国内で違法な諜報活動をおこなうスパイやテロリストであるという印象を一般ユーザーに与えて、社会的評価を低下させたとしている。

提訴後、東京・霞が関の司法記者クラブで会見を開いた辛さんは「他国からお金をもらってテロ行為をしていることはまったくありえない」「彼が言っていることはデマだ。これ以上、デマを許すことはできない」と述べた。また、差別扇動にあたるとして、「この社会で一緒に生きている人すべてに対する恐怖だ」とうったえた。

●代理人「ヘイトスピーチの問題もあり、広く公益性のある訴訟だ」

在日コリアン3世の辛さんをめぐっては、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会が3月8日、東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)の情報番組「ニュース女子」で、辛さんの名誉を毀損する人権侵害が成立すると認めて、TOKYO MXに対して再発防止するよう勧告をおこなった。

代理人の神原元弁護士によると、この勧告が出て以降も、辛さんに対する誹謗中傷がツイッター上でおこなわれているという。石井さんがフォロワー9万人以上であることや、ジャーナリストで影響力も高いことから、今回の提訴に踏み切った。神原弁護士は会見で「ヘイトスピーチの問題もあり、広く公益性のある訴訟だ」と強調した。

●石井さん「理解に苦しむ」

一方、石井さんは「私はこの訴訟をいわゆるスラップ訴訟であると認識しています」「私には人権侵害の意図はなく、彼女の行動と発言を批判しました」「総連の裏金などの言及をしたとのことですが、訴訟提起の前に大半を自発的に削除しており、社会的影響はないと思われます。なぜツイッターという動きの速く、過去の検索をしない短文SNSで1年前の話を蒸し返すのか理解に苦しみます」とコメント。

さらに、スリーパーセルの言及については「一種の冗談であり、そもそも外国勢力を利用した沖縄独立を主張する話を批判した論評です。これ以外に記録はありません。これで訴訟を起こすのは理解に苦しみます」として、現段階では争う姿勢をみせている。ツイッター(@ishiitakaaki )やブログ(http://blog.livedoor.jp/ishiitakaaki3/archives/7759599.html)でも反論している。

(弁護士ドットコムニュース)

バナーの画像、書かれている内容は「あなたの体験を記事にしませんか?体験談募集」