現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
板垣 真吾弁護士

( いたがき しんご ) 板垣 真吾

茨城県内3拠点,9名の弁護士在籍,あなたにとってベストな解決案を提案します。

弁護士法人萩原総合法律事務所常総支所

遺産相続

分野を変更する
【初回相談無料】【年間相談件数200件以上】【県西最大事務所】遺産分割交渉・遺言書作成など、生前対策含め対応しております。まずはお気軽にご相談ください。
弁護士法人萩原総合法律事務所常総支所
弁護士法人萩原総合法律事務所常総支所
弁護士法人萩原総合法律事務所常総支所

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 女性スタッフ在籍

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

お気軽にご相談ください

相続問題では、慌てて行動してしまうと当事者同士の主張のぶつけ合いとなってしまい、収拾が付かなくなることが多いです。
そのため、相続問題が発生するまでは仲が良かった親族と疎遠になってしまう事も少なくありません。
そのような状況に陥る前に、相続の専門家である弁護士から客観的なアドバイスを受け、そして早期の問題解決を行われることをお勧め致します。

豊富な解決実績

  • 亡くなる直前に遺言書の作成をしたため、希望通りの相続を実現できた事例
  • 亡夫の兄弟姉妹との遺産分割交渉を行い,法定相続分以上の遺産を取得することができた事例

等、幅広い案件を担当し、最善の解決へと導いて参りました。
詳しくは下記URLよりご覧ください。
https://www.bengo4.com/ibaraki/a_08211/l_751539/#pro4_case

こんなお悩みございませんか?

  • 「亡くなった父親の遺産の内容について兄弟が教えてくれない…。」
  • 「相続人が多くて,やりとりが大変…。」
  • 「相続人の調べ方が分からない…。」
  • 「遺産分割がなかなか思うように進まない…。」
  • 「遺産分割協議に納得できないが押印を求められている…。」
  • 「残された遺言書の内容に納得ができない…。」

重点取扱案件

遺産分割交渉、遺言書作成、遺留分減殺請求

ポイント

  • 弁護士1年目から相続問題に携わってきた地元密着型の弁護士が全力サポート!
  • 依頼者の意思に沿った遺言書の作成!
  • 無料法律相談・分割払い・法テラス利用等、安心の料金設定!
  • 司法書士、税理士と連携し、難しい遺産分割案件にも対処可能!

無料相談実施中!

弁護士に相談するほどのことでもないと思っても、案外大きな問題であることもあります。実際大したことでなければそれはそれで良いことですので、お気軽にご相談下さい。

アクセス

J関東鉄道常総線「水海道」駅から徒歩5分
事務所敷地内に駐車場がありますので、お車でお越しの方もご安心ください。

ご不明な点や詳しい内容は、当事務所までお気軽にお問合せください。

萩原総合法律事務所が選ばれる3つの理由

1.茨城県内3拠点、迅速な相談対応!
2.9名の弁護士がしっかりサポート!
3.地域密着型の相談対応による、依頼者に寄り添うサポート体制!

事務所ウェブサイトでも,解決事例のご紹介や弁護士費用のご説明を掲載しております。また営業時間外でもウェブサイトのメールフォームより相談予約が可能ですのでぜひご参照ください。

事務所ホームページ
http://www.hagiwara-law.or.jp/
相続専門ページ
https://www.ibaraki-souzokuzaisan.com/

この分野の法律相談

【相談の背景】 母が母方 祖父 祖母から相続した土地 建物に重大な瑕疵が有ることが判明しました。物理的に修正出来るレベルの問題ではないので母が死亡した際は相続放棄をする予定です。父はすでに亡くなっており自分を含めた兄弟二人が相続者になります。二人とも相続放棄した場合、土地 建物に対する責任が...

相続放棄した場合、次順位の相続人や相続財産管理人に引き渡すまで、自分の物を管理するのと同じ注意をして管理する責任を負うとされます(民法940条1項)。 管理責任の内容ですが、国土交通省の通達等を前提とすると,「次順位の相続人や相続財産管理人に引き渡すまで,財産価値を損ねるようなことをしてはいけない」という程度の義務であり,第三者に対する義務ではないと解され...

板垣 真吾弁護士

【相談の背景】 私の祖父や実父や実父の兄の事ですが 祖父の借金の為に取られた宅地農地建物がありました。 そのうちの農地宅地は実父の兄が他人から売買して買い戻しました。 そして宅地に建物があり又違う他人から実父が買戻しています。 実父の兄さんは東京で結婚していましたが祖父は昭和27年に亡くなり実...

【質問1について】 固定資産税は土地の所有権者に課されるので、直接的には質問者様が支払う義務はないと考えられます。 先方もそれは分かっていると思うので、趣旨としては、「実際に利用しているのだから固定資産税分くらいの賃料を払ってほしい」ということかと思われます。 親同士の間で、無償で利用させる使用貸借の合意をしていたのであれば、少なくとも過去の分について...

板垣 真吾弁護士

【相談の背景】 当方=投稿者 当方母方の姉=伯母 伯母の夫が一昨年に亡くなり、その亡き夫名義の土地家屋がありましたが、伯母が家屋に引き続き一人で住んでいるようです。 伯母には子供もいません。 当方の母には、母を含め4人兄弟がいます。 【質問1】 伯母に名義変更していなくても、伯母は住む権利...

【質問1について】 名義変更をしなくても住む権利はあります。 伯母は、配偶者として夫の財産を相続するので(民法890条)、夫に親や兄弟姉妹がいるかどうかで持分割合は変わりますが、少なくとも土地家屋の全部または一部について所有権を有することになります。自分の物なので、基本的には死ぬまで住んでいられます。 名義(登記)は、権利を公示するものにすぎないので、...

板垣 真吾弁護士

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
法律相談料 ※ご予約時に「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただくと、初回相談無料となります。通常5,500円(税込)

円満な相続を実現するために、地元密着型の弁護士が全力サポートします。
その他費用 着手金・報酬金その他の費用については下記のホームページより詳細を御確認下さい。
https://www.ibaraki-souzokuzaisan.com/cost/
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(3件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

亡夫の兄弟姉妹との遺産分割交渉を行い,法定相続分以上の遺産を取得することができた事例

依頼主 80代以上 女性

相談前

依頼者は、亡夫死亡後、夫婦の財産がほとんど亡夫名義だったため、預貯金の払い戻しや自宅不動産の名義変更をしたいと希望しました。依頼者と亡夫との間には子どもがいらっしゃらず、相続人は依頼者と亡夫の兄弟姉妹でした。しかし、依頼者は、亡夫の兄弟姉妹とはあまり親しくなく、身体の具合も良くないため、ご自身での交渉は難しく、当職に依頼することにしました。

相談後

当職は、受任後、依頼者の亡夫の兄弟姉妹に連絡を取り、依頼者が亡夫の遺産を基に今後の生活を送っていかなければならず、遺産はその程度しか残っていないことを説明し、何度かやり取りをしたところ、ほとんどの相続人に納得していただき、依頼者は法定相続分以上の遺産を取得することができました。

板垣 真吾弁護士からのコメント

板垣 真吾弁護士

子どものいないご夫婦は、後に残される配偶者のために遺言を残すと本件のような苦労はなくなり、非常に有益です。

遺産相続の解決事例 2

死亡後3カ月以上が経過した後に相続放棄の申述が受理された事例

依頼主 30代 女性

相談前

依頼者は、幼い頃、父母が離婚し、母親と暮らしてきたため、父親と連絡を取ることはありませんでした。しかし、父親が1年前に死亡したこと及び父親に借金があったことを、法律相談の直前に父親の兄弟から知らされ、当職に相談に来ました。

相談後

依頼者が父親の死亡を知ったのが,法律相談の直前であったため、まだ相続放棄をすべき期間は経過していないと判断し、父親の兄弟から届いた手紙の日付を資料として添付し、家庭裁判所に相続放棄の申述を行いました。また、依頼者は、父親の借金の返済を行うと捉えられかねない書類を債権者に提出しようとしていたため、提出しないように指示しました。その結果,依頼者は父親の借金を相続せずに済みました。

板垣 真吾弁護士からのコメント

板垣 真吾弁護士

亡くなった方の死亡後3カ月以上が経過していても、事情によって相続放棄の申述が認められる事例は数多くありますので、諦めないことが大切です。

遺産相続の解決事例 3

亡くなる直前に遺言書の作成をしたため、希望通りの相続を実現できた事例

依頼主 60代 男性

相談前

依頼者は、妻と折り合いが悪く、子どもも依頼者側(父親)に付いた子どもと妻側(母親)に付いた子どもに分かれていました。依頼者には病気があり、依頼者側に付いた子どもだけが依頼者の世話をしてくれました。そこで、依頼者としては、自分の世話を良くしてくれた子どもに自分の遺産を残したいと考え、当職に相談に来ました。

相談後

当職は、依頼者の体調を考えると、早急に遺言書を作成した方が良いと考え、早急に文案を作成し、公証人に出張依頼をして、依頼者の病床で、公正証書遺言を作成することにしました。内容は、依頼者側に付き、依頼者の世話を良くしてくれた子どもに多額の遺産を残すという内容です。遺言書作成後まもなく依頼者はお亡くなりになりました。遺言書が残っていたため、依頼者が希望した通りの相続が実現できました。

板垣 真吾弁護士からのコメント

板垣 真吾弁護士

自分の死亡を前提とした遺言書を作成することは、多くの方にとって気が重い行動ですが、残される遺族のことを考えると実行していただくことをお勧めします。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
弁護士法人萩原総合法律事務所常総支所
所在地
〒303-0031
茨城県 常総市水海道山田町1120-2 田内ビル
最寄り駅
水海道駅から徒歩5分
交通アクセス
駐車場あり
受付時間
  • 平日09:00 - 17:30
定休日
土,日,祝
備考
※12:00〜13:00は受付時間外で留守番電話対応となっております。
※電話でのご相談は受け付けておりません。お電話でご予約をお取りいただいた上で,面談でのご相談となります。
※対応地域は、茨城県全域となります。
※営業時間外でもメール受付は対応しております。
※土日しか来所できない方のために、初回の方を対象に毎月最終日曜日に無料相談会を開催しています。
対応地域

関東

  • 茨城
設備
  • 完全個室で相談
  • 託児所・キッズルーム
事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 再編・倒産
  • 知的財産
  • 企業法務
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 消費者被害
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 知的財産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪被害
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 近隣トラブル

電話で問い合わせ
050-5265-1795

Webで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

弁護士法人萩原総合法律事務所常総支所へ問い合わせ

電話番号 050-5265-1795

※弁護士法人萩原総合法律事務所常総支所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

Webで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 17:30
定休日
土,日,祝
備考
※12:00〜13:00は受付時間外で留守番電話対応となっております。
※電話でのご相談は受け付けておりません。お電話でご予約をお取りいただいた上で,面談でのご相談となります。
※対応地域は、茨城県全域となります。
※営業時間外でもメール受付は対応しております。
※土日しか来所できない方のために、初回の方を対象に毎月最終日曜日に無料相談会を開催しています。
交通アクセス
駐車場あり
設備
完全個室で相談
託児所・キッズルーム