お気に入りに追加
三村 悠紀子弁護士

( みむら ゆきこ ) 三村 悠紀子

水戸翔合同法律事務所

現在営業中 00:00 - 24:00

離婚・男女問題

分野を変更する
【県内最大規模】【地域密着の女性弁護士】【駐車場有】不貞/DV/慰謝料請求/財産分与/親権問題など男女問題に関わるトラブルの解決に注力しています。
水戸翔合同法律事務所
水戸翔合同法律事務所
水戸翔合同法律事務所

マスク着用、換気、ついたての利用など、新型コロナウイルス感染対策を完備してます。

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 分割払いあり

ご挨拶

はじめまして。水戸翔合同法律事務所 所属弁護士 三村 悠紀子です。
この度は、本ページを御覧いただき、誠に有難うございます。

離婚したいが、相手方と直接話したくない、離婚をした場合、未成年者の子の親権はどうなるのか、財産分与はどのようになるのかといった相談をよく受けます。
私はこれまで多くの男女問題の相談を受けてまいりましたので、具体的な見通しをご説明の上、親身にサポートを行わせて頂きます。

相談者の方がトラブルを解決した後に再スタートする人生を描きながら、全力でお力添えいたします。まずはお気軽にご相談下さい。

このようなご相談は弁護士にお任せください

  • 性格の不一致があり、離婚を考えているが、相手がどうしても応じてくれない。
  • 離婚に向けた話合いを開始しているが、どのようなことを取り決めればいいのかがわからない。
  • 離婚をするに際し、どのように財産分与を進めればいいかわからない。
  • 妻又は夫が自宅を離れ、別居が開始をしたが、生活費を払ってくれない。
  • 不貞関係による慰謝料請求をしたい、または慰謝料請求をされた。
  • 突然夫または妻から離婚を求められた。
  • 子どもの親権をとりたい       

その他、お困りのことはどうぞご遠慮なくご相談ください。

重点取扱案件

  • 離婚(夫婦関係調整)
  • 財産分与請求
  • 親権、養育費、面会交流
  • 不倫、不貞慰謝料請求
  • 婚姻費用の問題
  • その他男女問題etc

ご予約の方法

法律相談のご予約はお電話,及びメールフォームよりご連絡ください。確認して弁護士より折り返しご連絡いたします。
※電話及びメールでの法律相談は承っておりませんので,予めご了承ください。

アクセス

  • JR水戸駅より徒歩15分です。
  • 事務所には駐車場もございます。

その他の詳細な情報は下記の事務所ホームページより御確認下さい。
http://www.habataki-lo.jp/?page_id=120

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分~1時間5,500円(税込)
着手金 交渉又は調停の場合は、22万~55万円(税込)
訴訟の場合は、33~66万円(税込)
慰謝料、財産分与、面会交流、子の引き渡しなどの請求内容から、金額を決定させていただきます。
成功報酬 着手金と同程度。
また、相手方慰謝料・財産分与等の経済的利益を得られた場合は、経済的利益の6.6~17.6%を加算させていただきます。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(1件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

解決金620万円にて和解成立した事案

  • 離婚請求
依頼主 60代 女性

相談前

Aさんは、婚姻期間約30年になる夫(相手方)との婚姻生活に耐えることができず、夫との離婚を決意されましたが、離婚をするために何をしたらよいかわからず、当事務所にご相談にいらっしゃいました。

相談後

1 方針決定
 離婚をする方法は、①協議離婚、②調停離婚、③裁判離婚の3つの方法があります。
 Aさんは、離婚のほか、財産分与と慰謝料請求を希望されていらっしゃったところ、相手方が交渉でこれら請求に応じることは困難と考えられたことから、①協議離婚の方針は困難であることが見込まれました。
 そこで、まずは②離婚調停を申し立てることになりました。
 そして、相手方にはAさんに対する暴力の過去があったことから、同居をしながら離婚調停を申し立てることはAさんの身が危ぶまれました。そこで、別居後に離婚調停を申し立てることになりました。

2 別居に向けた準備
⑴ 荷物の準備
 離婚調停を申し立てると、夫婦は調停上の対立当事者となります。そのため、別居後に自宅に荷物を取りに戻ることは困難が生じます。
 そこで、引っ越し後は一切自宅に戻らなくてもよいように、Aさんは、自分の荷物はすべて一度の引っ越しで移動できるように準備をなさいました。
⑵ 夫婦共有財産の確認
 財産分与においては、夫婦共有の財産として、誰の名義の、どのような財産が、どの程度の額(評価額)であるのか、を把握することが重要になります。
 Aさんは、別居前に、夫婦の共有財産を確認なさいました。

3 離婚調停不成立、婚姻費用分担請求調停成立
 離婚調停においては、財産分与・慰謝料の金額に折り合いがつかず、不調停となってしましました。
 しかし、同時に申し立てた婚姻費用分担請求調停においては、相手方からAさんに毎月一定の金額をお支払いいただくことに決まりました。

4 離婚裁判
 裁判においては、財産分与、慰謝料が争点となりました。
 Aさんが事前にご確認くださったことにより、夫婦共有財産が把握できていたため、適切な財産開示を行うことができ、結果、620万円の金額にて和解をすることができました。


三村 悠紀子弁護士からのコメント

三村 悠紀子弁護士

本件は、①離婚を決意してすぐのご相談であったため適切な行動をとることができたこと、②事前の財産調査が奏功したこと、③婚姻費用分担請求調停を申し立てたこと、により、適切な和解解決を得ることができた事例でした。

1 ①離婚を決意してすぐのご相談であったため適切な行動をとることができた
 Aさんは、離婚を決意してすぐご相談にご来所くださいました。
 そのため、Aさんにとって適切な離婚に向けた方針をご相談することや(別居をしてから離婚調停を申し立てる方針)、別居前の注意事項などについてご助力をさせていただくこと(荷物の準備、夫婦共有財産の確認)ができました。
 これにより、大きなトラブルを避け、情報上も優位な状況で裁判・調停を進めることができました。

2 ②事前の財産調査が奏功したこと
 離婚調停・離婚裁判における財産分与の議論においては、原則として、(1)お互いが保有財産を任意開示し、(2)任意開示がされないが保有すると考えられる財産について、裁判所が許可する場合に、財産を管理する会社(銀行など)に調査を求めることによって、夫婦共有財産を把握します。
 本件では、Aさんが事前に夫婦共有財産をご確認くださったことにより、(1)のステップにおいて、相手方がすべての財産を開示しているのか否かを判別し、開示されていないものについて指摘をすることができました。

3 ③婚姻費用分担請求調停を申し立てたこと
 夫婦は、離婚が成立するまでお互いに扶養義務を負いますので、お互いの収入に応じた生活費(婚姻費用)の支払が義務付けられます。
 本件では、相手方の方が月収が大きかったため、Aさんの婚姻費用分担請求により、相手方より、毎月一定の婚姻費用が支払われるとの内容の調停が成立しました。
 このような調停の成立により、(1)Aさんは毎月の生活費を確保できる、(2)相手方は離婚成立まで婚姻費用を支払う義務を負うため、離婚成立を急ぐ方向に意思がよる、との効果が生じます。
 離婚をご検討される際には、婚姻費用分担請求調停の申し立ても合わせてご検討ください。

労働問題

分野を変更する
【初回相談無料】【労働者側のご相談に注力】【休日/夜間相談可】残業代請求/不当解雇/労災事故など、泣き寝入りする必要はありません。まずは一度ご相談ください。
水戸翔合同法律事務所
水戸翔合同法律事務所
水戸翔合同法律事務所

マスク着用、換気、ついたての利用など、新型コロナウイルス感染対策を完備してます。

労働問題の詳細分野

原因

  • パワハラ・セクハラ
  • 給料・残業代請求
  • 労働条件・人事異動
  • 不当解雇
  • 労災認定

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

はじめまして。水戸翔合同法律事務所 所属弁護士 三村 悠紀子です。

この度は、本ページを御覧いただき、誠に有難うございます。

労働問題は、毎日の生活に直結する問題です。
それにも関わらず、内定取り消しから、セクハラやパワハラ、育児・介護休暇の取得や解雇、さらには過労死・自殺、また、近時マスコミ等で大きく報道されるように、派遣労働者の雇い止めの問題は、増加・深刻の一途を辿っています。

当事務所は、労働者の方々の正当な権利を擁護すべく、労働問題に対して積極的に取り組んでまいりました。
そのノウハウを活かし、あなたの肩の荷を少しでも軽くすためのサポートに尽力いたします。

まずはお気軽にご相談ください。

安心してお任せいただけるサポート体制

【1】労働問題の初回相談は無料
当事務所は初回相談料として1時間5,500円(税込)のご負担をお願いしておりますが,労働者側の労働問題については,初回無料相談を実施しております。
お気軽にご相談ください(その他,借金,交通事故分野についても初回無料相談を実施しております)。

【2】ご都合に合わせた相談日時を設定
お仕事やご家庭の都合も考慮して、ご相談のお時間帯を設定させていただきます。事前予約制となりますので、まずはご希望の日時をお問い合わせください。

【3】丁寧でスピーディな説明とレスポンス
メールや電話等、依頼者との連絡におけるレスポンスの速さや、丁寧な経過報告、方針説明は、事務所として特に力を入れております。

【4】無料駐車場をご用意しております
当事務所では、車でも安心してご来所いただけるように、無料駐車場を5台分ご用意しております。

このようなお悩みを解決してきました

下記のようなお悩みはもちろん、その他様々な労働問題をサポートしてまいりました。

  • 業務中に怪我をした。会社に損害賠償を請求したい。
  • ある日突然、正当な理由もないのに解雇を言い渡されてしまった。
  • 会社でセクハラ、パワハラを受けています。どうすればよいのでしょうか。
  • サービス残業が常態化していますが、未払いの残業代を会社に請求したい。

特に力を入れている案件

  • セクハラ
  • パワハラ
  • 残業代請求
  • 賃金・退職金の未払い
  • 解雇(退職の強要)
  • 雇い止め
  • 採用取り消し
  • 無理な人事異動、急な労働
  • 条件の引き下げ
  • 社内いじめ など

ご予約の方法

法律相談のご予約はお電話,及びメールフォームよりご連絡ください。確認して弁護士より折り返しご連絡いたします。
※電話及びメールでの法律相談は承っておりませんので,予めご了承ください。

アクセス

  • JR水戸駅より徒歩15分です。
  • 事務所には駐車場もございます。

その他の詳細な情報は下記の事務所ホームページより御確認下さい。
http://www.habataki-lo.jp/?page_id=120

労働問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 1時間5,500円(税込)
*労働者側の労働問題については、初回無料相談を実施しております。
着手金 経済的利益を基準とし、最大8.8%
最低着手金11万円(税込)
成功報酬 経済的利益を基準とし、最大17.6%
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

労働問題の解決事例(1件)

分野を変更する

労働問題の解決事例 1

【県内初事例】県立高校教諭の懲戒免職の取消

  • 労働条件・人事異動
  • 不当解雇
依頼主 50代 男性

相談前

 依頼者は、県立高校の教諭でしたが、ある夜にお酒を飲んで眠り、翌朝に車を運転したところ、警察に酒気帯び運転で検挙されたため、これを理由として勤務先の高校から懲戒免職を受けてしまったということで相談にいらっしゃいました。
 懲戒免職と同時に、退職手当不支給の決定もされたため、このままでは人生設計が狂ってしまうという深刻な相談でした。

相談後

 代理人として、懲戒免職の取消しを求めて県人事委員会に審査請求をしたところ、懲戒免職の取消しという裁決を勝ち取り、依頼者は無事に復職することができました。
 裁決では、飲酒から運転までに約9時間が経過しており、アルコール濃度も酒気帯び運転の中で最も低い数値であったことなどから、本人の不注意の程度は重大ではないと判断されました。また、部活動指導に熱心で生徒からも慕われていたという事実も認められましたので、ご本人にも、支援をいただいた生徒や保護者の皆さまにもとても喜んでいただけました。

三村 悠紀子弁護士からのコメント

三村 悠紀子弁護士

 取消請求先の県においては、県立校の教諭について、裁決で飲酒運転による懲戒免職が取り消されたのは初の事例とのことです。
 もちろん飲酒運転は許されることではありませんが、その程度も事情も様々なので、一律に懲戒免職とされてきたこれまでの扱いに一石を投じることができたのではないかと思います。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
水戸翔合同法律事務所
所在地
〒310-0062
茨城県 水戸市大町3-1-24 はばたきビル
最寄り駅
水戸駅
受付時間
  • 平日00:00 - 24:00
  • 土日祝00:00 - 24:00
定休日
なし
備考
【メールのみ24時間受付】
※17時20分以降,土日祝日のお問い合わせはメールでお願いいたします。
【電話受付時間】
平日09:40 - 17:20
対応地域

北海道・東北

  • 福島

関東

  • 茨城
  • 栃木
  • 群馬
  • 埼玉
  • 千葉
  • 東京
  • 神奈川

電話で問い合わせ
050-5223-5013

Webで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

現在営業中 00:00 - 24:00

三村 悠紀子弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5223-5013
Webで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日00:00 - 24:00
  • 土日祝00:00 - 24:00
定休日
なし
備考
【メールのみ24時間受付】
※17時20分以降,土日祝日のお問い合わせはメールでお願いいたします。
【電話受付時間】
平日09:40 - 17:20