現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
田渕 仁士弁護士

( たぶち ひとし ) 田渕 仁士

弁護士法人近畿フロンティア法律事務所篠山オフィス

離婚・男女問題

分野を変更する
【相談メモを無料で作成|初回相談30分無料】離婚事件の知識と経験に基づき、単なる法律問題の解決に留まらない依頼者の総合的な満足を目指します。【篠山市役所近く】
弁護士法人近畿フロンティア法律事務所篠山オフィス

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 当日相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

《総合的な満足を目指します》

弁護士登録以来、一貫して離婚問題を扱っており、事案ごとのポイントは把握しております。
また、「養育費・婚姻費用算定表の枠組みを超えた解決事例」や、一般的にとても困難と言われている「男性側の親権獲得案件」なども経験がございます。

離婚事件の知識と経験に基づき、単なる法律問題の解決に留まらない依頼者の総合的な満足を目指しサポートいたします。
相談されて見通しが分かるだけでも気持ちが楽になると思いますので、まずは、お気軽にご相談下さい。

《ご相談にあたって》

◎依頼者のお気持ちを尊重します

依頼者のお気持ちを否定せず、しっかりと傾聴することを心がけています。
事件処理の方針につきましては、依頼者のお気持ちを尊重し、無理に訴訟や法的手続を進めることはありません。

◎メリット・デメリットをきちんとお伝えします

相談や受任に際しては、ご依頼いただくメリットだけでなく、予想される法的問題点、時間・金銭の負担その他のリスクを必ずご説明いたします。

◎相談メモをお渡しします

相談内容の備忘のため、相談内容を簡潔に記載した「相談メモ」を無料で作成してお渡ししています。

◎チャット・メールツールで連絡可能です

受任後の依頼者の負担を軽減するために、スマートフォンで利用できるチャット、メールツールを導入し、依頼者との連絡や協議に活用しています。

《費用上の特徴》

当事務所は、薄利多売ではなく、依頼者1人1人のお悩みの対応に十分な時間と質を確保するため、適切な料金設定を行っています。

◎初回相談30分無料

こんなことを相談してよいのだろうか、弁護士の人柄なども見て決めたいとのご要望にお応えするため、初回30分の相談は無料にしております。

◎明瞭な費用算定

費用に関するトラブルを防止するため、ご依頼いただく場合には必ず委任契約書を取り交わし、弁護士費用を明確化しています。
交渉、訴訟等を依頼いただいた後は相談料は発生しませんのでご安心ください。

《ご相談例》

離婚するかどうか悩まれている段階から、離婚に向けた交渉、調停、訴訟、離婚後の面会、財産分与など解決に至るまで一貫して対応可能ですので安心してご相談下さい。

  • 相手方との離婚を考えているので、離婚に向けた流れを教えて欲しい。
  • 相手方による不貞行為や暴力はないが、すぐに離婚することはできるか。
  • 相手方に対して離婚協議中の生活費を請求することはできるか。
  • 不貞行為を行った配偶者と不倫相手に対して慰謝料を請求したい。
  • 親権の取得は母親が有利だと聞いたが本当か。
  • 配偶者が子供との面会を頻繁に求めてくるが合わせないと行けないか。
  • 別居中の配偶者が子供と面会させてくれない。何か方法はないか。
  • 離婚時に財産はどのように分けたらよいか。時間制限はあるか。
  • 離婚後に収入が減少したため、離婚時に合意した養育費の金額を変えたい。

《事務所について》

アクセス

篠山市役所から徒歩1分、神姫バス 春日神社前 停留所から徒歩3分。
※黄色い看板が目印です。
※事務所は2階ですので、階段を上がってインターホンを押してください。

事務所ホームページはこちら

https://kinkifrontier.jp/sasayamaoffice/

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,500円(税込)
※ご予約時に「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただくと、初回相談料(30分)は0円になります。2回目以降は、30分ごとに5,500円(税込)を申し受けます。
着手金 35万2,000円~(税込)
報酬金 33万円~(税込)
備考欄 手続によって費用が異なります。
料金はご状況に応じて柔軟に対応できることもありますので、お気軽にご相談下さい。
※依頼者の負担軽減と清算の煩わしさを解消するため、事件処理に要する実費(郵券、切手等)は2万円まで着手金に込みにしております(着手金先払いの場合)。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(3件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

離婚を拒否していた相手方との離婚を調停申立によって実現した事案

  • 離婚請求
依頼主 40代 女性

相談前

相談者は離婚を望まれていましたが、相手方が離婚に応じず、円満な話し合いも難しいことから相談にお見えになりました。

相談後

弁護士が受任し、裁判所に離婚調停を申し立てることによって離婚を求めました。当初は離婚に否定的であった相手方も、裁判所を介した冷静な話し合いを重ねたことで徐々に態度が軟化し、数回の期日を経た後で最終的に調停離婚が成立しました。

田渕 仁士弁護士からのコメント

田渕 仁士弁護士

離婚事件では感情やプライドが邪魔をすることで当事者間の離婚協議が難航することは少なくありません。このような事案も、弁護士が交渉を行ったり、調停で冷静な話し合いをすることにより、双方の心理的軋轢や法的問題点を解消していけば、円満に離婚が成立する可能性もあります。また、離婚事件では、単に離婚するだけでなく、親権、財産分与、養育費、慰謝料、年金分割など取り決めるべきことが多岐に渡ります。離婚協議に問題を抱えておられる方、ご不安な方は、一度相談にお見えになることをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例 2

調停申立によって相手方提示の約2倍の養育費支払い合意を実現した事案

  • 養育費
依頼主 30代 女性

相談前

相談者は既に離婚されていましたが、相手方からの養育費の支払額にご不満をお持ちであったことから相談に見えられました。

相談後

想定される相手方の年収に比して現実に支払われている養育費の金額が低額であったため、受任の上、裁判所に養育費分担調停を申し立てました。その結果、最終的に、当初の養育費(3万円程度)の約2倍(6万円程度)の養育費を支払うとの内容で調停が成立しました。

田渕 仁士弁護士からのコメント

田渕 仁士弁護士

養育費(離婚後のお子さんの養育のための金銭)は、裁判所が公表する養育費算定表などの基準を参考に、当事者双方の収入額の相関関係によって決めるのが実務の扱いです。当事者間で養育費を取り決めた場合、裁判所の算定方法に照らして金額が少ない場合や強制執行による履行が確保されていない場合が少なくありません。全ての事案で養育費が上昇するわけではありませんが、養育費の金額(大小)や支払に関してご不満な場合は、一度相談されることをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例 3

相手方が面会交流を拒否する事案で面会交流を実現した事案

  • 面会交流
依頼主 40代 男性

相談前

相談に見えられた際、依頼者は相手方(妻)からお子さんとの面会交流を拒まれて、既に離婚訴訟が提起されている状況でした。相談者は最終的に離婚はやむを得ないと考えられていたものの、面会を拒絶されることには納得できないとして相談に見えられました。

相談後

受任して訴訟対応を行うと共に、相手方の面会に対する消極性は親権者を求める者として不適切であることなどを主張し、面会実現に向けて訴訟外でも交渉を行いました。その結果、訴訟中から月1回の面会交流を実現することができ、最終的には、月2回の面会交流を認めるとの内容で和解を成立させることができました。

田渕 仁士弁護士からのコメント

田渕 仁士弁護士

離婚事件では、当事者間の感情的対立や旧来的価値観などから、一方が他方に対して子供との面会を拒絶する事案は少なくありません。本来、面会交流は子の健全な成長のために、これを阻害する要因がない限りは原則として認められるべきものと考えられていますが、現実的には当事者間の対立によって実現が妨げられる場合も少なからずあります。面会交流によって築かれるお子さんとの関係性は依頼者の今後の人生においても大変重要なものですのでお子さんとの面会を望まれる方は、一度相談されることをお勧めします。

遺産相続

分野を変更する
【相談メモ無料で作成|初回相談30分無料】遺産相続問題の知識と経験に基づき、単なる法律問題の解決に留まらない依頼者の総合的な満足を目指します。【篠山市役所近く】
弁護士法人近畿フロンティア法律事務所篠山オフィス

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 当日相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

《総合的な満足を目指します》

弁護士登録以来、一貫して相続分野の案件を扱っており、事案ごとのポイントは把握しております。
遺言書作成など相続発生前の対策から、遺産分割に関する交渉、調停、訴訟、相続放棄に関する手続など解決に至るまで一貫して対応可能ですので安心してご相談下さい。
また、必要に応じて、司法書士等の他士業とも連携し、適切な紛争解決に努めます。

単なる法律問題の解決に留まらない、依頼者の総合的な満足を目指しサポートいたします。
相談されて見通しが分かるだけでも気持ちが楽になると思いますので、まずは、お気軽にご相談下さい。

《ご相談にあたって》

◎依頼者のお気持ちを尊重します

依頼者のお気持ちを否定せず、しっかりと傾聴することを心がけています。
事件処理の方針につきましては、依頼者のお気持ちを尊重し、無理に訴訟や法的手続を進めることはありません。

◎メリット・デメリットをきちんとお伝えします

相談や受任に際しては、ご依頼いただくメリットだけでなく、予想される法的問題点、時間・金銭の負担その他のリスクを必ずご説明いたします。

◎相談メモをお渡しします

相談内容の備忘のため、相談内容を簡潔に記載した「相談メモ」を無料で作成してお渡ししています。

◎チャット・メールツールで連絡可能です

受任後の依頼者の負担を軽減するために、スマートフォンで利用できるチャット、メールツールを導入し、依頼者との連絡や協議に活用しています。

《費用上の特徴》

当事務所は、薄利多売ではなく、依頼者1人1人のお悩みの対応に十分な時間と質を確保するため、適切な料金設定を行っています。

◎初回相談30分無料

こんなことを相談してよいのだろうか、弁護士の人柄なども見て決めたいとのご要望にお応えするため、初回30分の相談は無料にしております。

◎明瞭な費用算定

費用に関するトラブルを防止するため、ご依頼いただく場合には必ず委任契約書を取り交わし、弁護士費用を明確化しています。
交渉、訴訟等を依頼いただいた後は相談料は発生しませんのでご安心ください。

《ご相談例》

  • 遺言書を作っておきたいが,法律的に有効な遺言書の作り方を教えて欲しい。
  • 公正証書遺言というものがあると聞いたが,作成をサポートして欲しい。
  • 兄妹が亡くなった父の預金通帳を見せてくれず,遺産分割が進まない。
  • 亡くなった父の通帳を確認したところ,兄弟がお金を使い込んでいた。
  • 父に前妻との子がいることが分かった。会ったこともなく,遺産分割協議が進まない。
  • 遺産の中に不動産があるがどのように分けるのがよいか。
  • 兄弟は亡父から多額の贈与を受けていた。法定相続分で遺産を分けることに納得がいかない。
  • 亡くなった父が,自分以外の兄弟に遺産を全て相続させるという遺言書を作成していた。自分がもらえる遺産は何もないのか。
  • 亡くなった父に多額の借金があることが分かった。借金を相続しない方法はないのか。

《事務所について》

アクセス

篠山市役所から徒歩1分、神姫バス 春日神社前 停留所から徒歩3分。
※黄色い看板が目印です。
※事務所は2階ですので、階段を上がってインターホンを押してください。

事務所ホームページはこちら

https://kinkifrontier.jp/sasayamaoffice/

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごと5,500円(税込)
※初回相談30分は無料です。
着手金・報酬金 24万2,000円~(税込)
備考欄 手続によって費用が異なります。料金はご状況に応じて分割払い等柔軟に対応できることもありますので、お気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(3件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

一部の親族に遺産を相続をさせたくないとのご要望を公正証書遺言の作成によって一部実現した事例

  • 遺言
依頼主 70代 男性

相談前

相談者は一人娘の夫となった人物と養子縁組(いわゆる壻養子)をされていましたが、娘さんとお婿さんの関係が悪化し、離婚に向けて話が進みました。養子縁組を解消するには離縁の手続を行う必要がありますが、お婿さんは離縁に応じず、このまま相談者が亡くなれば、遺産の半分がお婿さんに相続されてしまう状況でした。

相談後

遺産はすべて娘さんに相続させたいとのご意向を受け、遺言書作成を受任し、公証役場で公正証書遺言を作成しました。離縁をしない限り、お婿さんには遺留分という法律で確保された一定割合の財産を取得できる権利が残されていますが、仮にお婿さんが遺留分を主張してきたとしても、お婿さんが取得する財産を遺言書作成前の半分に減らすことができました。

田渕 仁士弁護士からのコメント

田渕 仁士弁護士

ご自身の財産をどのようにご遺族に相続させるかを生前に決めておくためには遺言書の作成が有効です。しかし、ご自分で遺言書を作成される自筆証書遺言は、書き方を間違えると無効になる危険があり、本当に本人が書いたのかどうか、本人に書ける能力があったのかが死後に遺族間で争われることも少なくありません。このような危険を軽減するため、弊所では、公証役場の公証人によって作成してもらう公正証書遺言をお勧めしております。

遺産相続の解決事例 2

疎遠な親族との交渉によって遺産分割を実現した事例

  • 遺産分割
依頼主 60代 女性

相談前

相談者は亡くなった兄弟の相続手続のために金融機関に戸籍を提出したところ、全く知らない人物が共同相続人であることが判明しました。その人物は相談者の親の再婚前の子でした。その人物とは会ったこともなく、連絡先も分からないため、相続の手続が進まず、預貯金を下ろせなくなってしまいました。

相談後

相談者から遺産分割交渉を受任し、職務上請求によって調査したところ、相続人の住所が判明しました。相続人に連絡を取って交渉し、双方が納得できる形で遺産分割を行うことができました。これにより無事、金融機関から預貯金を出金することができました。

田渕 仁士弁護士からのコメント

田渕 仁士弁護士

預貯金の名義人が亡くなったことを金融機関が知ると、トラブル防止のために金融機関が口座を凍結し、入出金ができなくなってしまうことがあります。すべての相続人と遺産の分け方を合意する遺産分割協議が完了すれば、凍結は解除されます。今回の事例のように、弁護士にご依頼いただくことで、相続人の調査や相続人との交渉といった遺産分割の手続を円滑に行える可能性が高まります。

遺産相続の解決事例 3

相続放棄によって借金の相続を免れた事例

  • 相続放棄
依頼主 50代

相談前

相談者は金融機関からの請求によって疎遠であった親族の相続人になったことを知りました。このままでは借金を相続しなければならないのかと不安になり、相談に見えられました。

相談後

弁護士が裁判所で相続放棄の手続を行うことにより、相談者は借金の相続を免れることができました。裁判所が相続放棄を受理したことを示す相続放棄受理証明書のコピーを金融機関に送付することにより、金融機関からの請求は来なくなりました。

田渕 仁士弁護士からのコメント

田渕 仁士弁護士

本来は相続人であった配偶者や子の相続放棄により、思わぬ形で遠い親戚の相続人になってしまうことがあります。相続は、預貯金などのプラスの財産と借金などのマイナスの財産の両方を承継することですが、相続の開始を知ったときから3ヶ月以内に相続放棄の手続をすれば、相続人になることを免れることができます。注意が必要なのは、相続放棄の手続は、身内や金融機関に対して放棄すると宣言することでは足りず、家庭裁判所で行う必要があると言うことです。手続についてご不安な場合は早期にご相談されることをお勧めします。

交通事故

分野を変更する
【篠山市役所近く】事故直後の段階から交渉、調停、訴訟まで一貫して対応可能です。ただ問題を解決するだけでなく、依頼者の総合的な満足を目指して尽力します。
弁護士法人近畿フロンティア法律事務所篠山オフィス

交通事故の詳細分野

事件内容

  • 死亡事故
  • 物損事故
  • 人身事故

争点

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償

対応体制

  • 当日相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

《総合的な満足を目指します》

弁護士登録依頼、一貫して交通事故事件を扱っており、事案ごとのポイントは把握しております。
また、「被害者死亡事故の案件」、「非該当からの等級認定の案件」、「上位等級認定の案件」なども複数経験がございますので一度ご相談下さい。

交通事故事件の知識と経験に基づき、単なる法律問題の解決に留まらない依頼者の総合的な満足を目指しサポートいたします。
相談されて見通しが分かるだけでも気持ちが楽になると思いますので、まずは、お気軽にご相談下さい。

《ご相談にあたって》

◎依頼者のお気持ちを尊重します

依頼者のお気持ちを否定せず、しっかりと傾聴することを心がけています。
事件処理の方針につきましては、依頼者のお気持ちを尊重し、無理に訴訟や法的手続を進めることはありません。

◎メリット・デメリットをきちんとお伝えします

相談や受任に際しては、ご依頼いただくメリットだけでなく、予想される法的問題点、時間・金銭の負担その他のリスクを必ずご説明いたします。

◎相談メモをお渡しします

相談内容の備忘のため、相談内容を簡潔に記載した「相談メモ」を無料で作成してお渡ししています。

◎チャット・メールツールで連絡可能です

受任後の依頼者の負担を軽減するために、スマートフォンで利用できるチャット、メールツールを導入し、依頼者との連絡や協議に活用しています。

《費用上の特徴》

当事務所は、薄利多売ではなく、依頼者1人1人のお悩みの対応に十分な時間と質を確保するため、適切な料金設定を行っています。

◎初回相談30分無料

こんなことを相談してよいのだろうか、弁護士の人柄なども見て決めたいとのご要望にお応えするため、初回30分の相談は無料にしております。
なお、自動車保険の弁護士費用特約にご加入の場合、弁護士費用は保険から支弁されますので、原則として費用をご負担いただく必要はありません。

◎明瞭な費用算定

費用に関するトラブルを防止するため、ご依頼いただく場合には必ず委任契約書を取り交わし、弁護士費用を明確化しています。
交渉、訴訟等を依頼いただいた後は相談料は発生しませんのでご安心ください。

《ご相談例》

事故直後の段階から、示談交渉(人損,物損)、損害賠償請求、後遺障害等級認定、自賠責保険の請求、和解あっ旋申立て、交通事故裁判など一貫して対応可能ですので安心してご相談下さい。

  • 保険会社から示談金の提示があったが妥当な金額なのか知りたい。
  • 保険会社から提示された金額に納得がいかない。
  • 保険会社から一方的に治療の打ち切りを打診されたが従わないといけないか。
  • 後遺症が残ったのに等級は付かなかった。あきらめないといけないか。
  • 保険会社が提案してきた過失割合が法的な妥当なものなのか知りたい。
  • 保険会社からしつこく電話がかかってきて煩わしいので対応をお任せしたい。
  • 保険会社の示談を断った場合、今後どうなるのか知りたい。
  • 賠償金の請求に時間制限があるときいたが、教えて欲しい。

《事務所について》

アクセス

篠山市役所から徒歩1分、神姫バス 春日神社前 停留所から徒歩3分。
※黄色い看板が目印です。
※事務所は2階ですので、階段を上がってインターホンを押してください。

事務所ホームページはこちら

https://kinkifrontier.jp/sasayamaoffice/

交通事故の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,500円(税込)
※ご予約時に「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただくと、初回相談料(30分)は0円になります。2回目以降は、30分ごとに5,500円(税込)を申し受けます。
着手金 24万円~(税込)
報酬金 11万円~(税込)
備考欄 料金はご状況に応じて柔軟に対応します。
自動車保険の弁護士費用特約にご加入の場合、自己負担なくご依頼いただける場合がございますので、お気軽にご相談下さい。
※依頼者の負担軽減と清算の煩わしさを解消するため、事件処理に要する実費(郵券、切手等)は2万円まで着手金に込みにしております(着手金先払いの場合)。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

交通事故の解決事例(3件)

分野を変更する

交通事故の解決事例 1

弁護士の交渉により、賠償金額が保険会社の提示額から4倍強に上昇した案件

  • 人身事故
依頼主 50代 女性

相談前

相談者は交通事故により頸椎捻挫の傷害を負われました。しかし、治療終了後に保険会社から提示された金額(20万円弱)に納得がいかず、相談にお見えになりました。

相談後

弁護士が交渉を受任し、さらに公益財団法人交通事故紛争処理センターへの和解あっ旋の申立を行って対応した結果、最終的な賠償金額は、当初の4倍強(80万円弱)に上昇しました

田渕 仁士弁護士からのコメント

田渕 仁士弁護士

弁護士が交渉を受任した場合、弁護士は、民事訴訟を起こした際に参照される裁判所基準に基づいて賠償額を算定し、保険会社等と交渉します。これに対し、保険会社は弁護士介入前の時点では、裁判基準よりも低い社内基準に基づいて低い金額の提示をしてくることがあります。保険会社からの提示額に対して疑問を感じられた場合には、一度、弁護士に相談されることをお勧めします。

交通事故の解決事例 2

当初非該当から後遺障害等級14級9号が認定され、賠償金が200万円程度上昇した案件

  • 後遺障害等級認定
依頼主 50代 男性

相談前

相談者は症状固定後、後遺障害非該当の認定を受けておられました。この状態で認定を受けられる可能性があるのか知りたいとのことで相談にお見えになりました。

相談後

後遺障害等級の認定について、挑戦する価値があると判断し、保険会社との交渉及び後遺障害の認定を求める異議申立てを受任して対応しました。同時に、症状固定後の通院などについて助言しました。医師の意見書、症状固定後の通院に関する資料などを収集し、改めて異議申立てを行った結果、14級9号に該当するとの認定を受けることができました。その結果、後遺障害に関係する部分だけで最終的な賠償金が200万円程度上昇しました。

田渕 仁士弁護士からのコメント

田渕 仁士弁護士

症状固定時に痛みが残存していたとしても客観的な証拠がない場合、後遺障害等級の認定を受けることは決して簡単ではありません。しかし、弁護士のサポートによって異議申立てを行えば、全てではありませんが今回の事例のように認定が覆されることもあります。等級認定の有無が賠償額に与える影響も少なくありません。交通事故で怪我を負われ、痛みが残存している方は、一度相談にお見えになることをお勧めします。

交通事故の解決事例 3

保険会社が50:50を主張していた過失割合が、相談者:相手方=20:80との勝訴的和解によって解決した事例

  • 過失割合
  • 死亡事故
  • 物損事故
依頼主 40代 男性

相談前

四輪車同士の衝突事故の過失割合に関し、相談者は相手方保険会社から50:50の提示を受けておられました。依頼者はこの提示の妥当性に疑問を感じられ、相談に見えられました。

相談後

弁護士が受任して交渉を重ねるも進展が見られなかったことから、訴訟を提起し、主張・立証を重ねました。その結果、裁判では主要部分で概ねこちらの主張が認められ、過失割合について、相談者:相手方=20:80との内容の勝訴的和解で事案を解決することができました。

田渕 仁士弁護士からのコメント

田渕 仁士弁護士

全ての事案ではありませんが、相手方保険会社が提示してくる過失割合に実務的、法律的な根拠が欠けている場合もあります。物損事故であっても、過失割合による最終的な賠償金額への影響は小さくありませんので、疑問を感じられた場合には、一度、弁護士に相談されることをお勧めします。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
弁護士法人近畿フロンティア法律事務所篠山オフィス
所在地
〒669-2332
兵庫県 篠山市北新町39-4
最寄り駅
JR西日本・福知山線 篠山口駅
交通アクセス
駐車場近く
受付時間
  • 平日09:00 - 17:00
定休日
土,日,祝
備考
事務所の営業時間は 9:00 - 17:00です。
対応地域

関西

  • 大阪
  • 兵庫
  • 京都
事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 不動産・建築
  • 企業法務
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 医療
  • 消費者被害
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 知的財産
  • インターネット
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 行政事件
  • 近隣トラブル

電話で問い合わせ
050-5828-8281

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

田渕 仁士弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5828-8281
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 17:00
定休日
土,日,祝
備考
事務所の営業時間は 9:00 - 17:00です。
交通アクセス
駐車場近く