現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
増田 浩之弁護士

( ますだ ひろゆき ) 増田 浩之

弁護士法人ひいらぎ法律事務所

兵庫県 姫路市東延末3-50 姫路駅南マークビル3階

離婚・男女問題

分野を変更する
【兵庫・姫路で累計1900件超の離婚相談実績/女性初回相談無料/お客様の満足9割超/裁判官や調停委員の傾向を熟知/探偵を紹介/姫路駅近,無料P/最短即日相談可】
弁護士法人ひいらぎ法律事務所
弁護士法人ひいらぎ法律事務所
弁護士法人ひいらぎ法律事務所

お客様の問題にしっかり対応いたします。

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料

◆◆詳しくは当事務所の離婚ホームページをご覧下さい!◆◆
http://www.himeji-rikon.com/


<<当事務所が選ばれる5つの理由>>

(1) 兵庫・姫路で累計1900件超の離婚等相談実績
(2) 女性のための離婚相談に注力,女性初回相談無料
(3) お客様の満足9割超
(4) 姫路の裁判官や調停委員の傾向を熟知
(5) 探偵さんを紹介,1級FPが生活をフォロー


[連携体制]

司法書士様,行政書士様,探偵事務所様,税理士様,不動産会社様,夫婦問題カウンセラー様


<<こんな問題に対応します!>>

「離婚したい」
「不倫されてしまった」
「慰謝料を請求したい」
「住宅ローンはどうなるの?」
「養育費はどうなるの?」
「子どもとずっと一緒にいたい」
「DVを受けている」


◆◆詳しくは当事務所の離婚ホームページをご覧下さい!◆◆
https://www.himeji-rikon.com/


[注力案件]

・離婚問題の解決
・離婚に付随する問題の解決
(浮気調査,住宅ローン,税金・社会保険,不動産登記など)
・別居サポート
・ご離婚後の生活サポート


<<離婚問題に注力,親身な対応,知人等からの紹介>>

 当事務所は,子育て世代から熟年世代まで,女性の離婚問題に積極的に取り組んでいます。
 豊富な処方箋と親身な対応で,女性の離婚問題を解決に導きますので,まずはお気軽にお話を聞かせてください。
 1級FP・宅建取引士の資格を有する弁護士が在籍しており,生活全般のご相談が可能です。
 おかげさまで,好評をいただいており,知人等からの紹介でご相談に来られる方もいらっしゃいます。

 ★完全個室,秘密を厳守します
 ★1人で悩まずお気軽にご相談ください。


◎駅近!JR姫路駅南口徒歩7分
◎無料駐車場あり
◎完全個室,秘密厳守
◎最短で即日相談が可能
◎24時間受付(電話受付時間外はメールのみによる受付となります。)


◆◆詳しくは当事務所の離婚ホームページをご覧下さい!◆◆
https://www.himeji-rikon.com/

離婚・男女問題

解決事例をみる

増田弁護士への感謝の声

2

50代 女性

依頼 離婚・男女問題 2015年12月に解決

娘ができちゃった婚で籍を入れる直前に相手方の浮気が発覚しました。相手方は籍を入れるのをやめる方向で、話が進んでいたのですが当方は事を荒だてたくもなくどこに相談したら良いのかわからなったので、増田先生を頼ることにしました。
増田先生は当方の意図をしっかり聴き取ってくださった上で、今別れた場合と修復した場合(籍を入れた場合)のメリットとデメリットを図で書いてこと細かくこちらが理解できるまで丁寧に説明くださった。
なので、こちらの気持ちとしたいこと、できることとしてはいけないことを照らし合わせて関係の修復解決に向けての行動をタイミングを逃さず一番良い方法で行うことができ、現在は結婚し仲良く暮らしています。

相談した出来事
娘ができちゃった婚で籍を入れる前に浮気が発覚。相手の男性が弁護士を雇い籍を入れるのをやめる交渉をされた。こちら側は表に出ないように弁護士先生に作戦をお願いし実行したことで、元の鞘に収まって結婚しました。
解決方法
その他

20代 女性

依頼 離婚・男女問題 2015年8月に解決

婚約中の相手から婚約破棄をされたので、相談に乗ってもらいました。
私の思いや意見を親身に聞いてくれて、的確なアドバイスをしていただけました。
そのころ私は妊娠しており、婚約破棄と同時に胎児認知も進めて下さったので、安心して出産に望むことができました。
相手に言っていい事やダメな事も教えてくださりました。
増田先生がいなければ、今の私の生活は成り立っていないと感じます。
本当に優秀で優しくて感謝しかありません。

相談した出来事
婚約中の不貞行為と婚約破棄、また妊娠中だったので認知をしてもらった。
解決方法
書類作成

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
法律相談 ★女性限定,初回無料相談実施中!★
(通常5000円/30分)

※弁護士が,ご予約ごとに,ご相談に乗るプランです。
バックアップ 10万円/3か月

※弁護士が,契約期間中必要に応じ,ご相談に乗るプランです。
離婚協議書作成 10万円/1通

※弁護士が,離婚協議書等の合意書の作成のみを行うプランです。
離婚協議代理 ・着手金:30万円
・報酬金:30万円~
※弁護士が,離婚に関してお客様を代理し手続きを進めるプランです。
具体的な弁護士費用は,上記基本金額に事件処理の負担,緊急性などを考慮して定まります。
不倫による慰謝料請求 ・着手金:8万円
・報酬金:経済的利益の10%
の簡易プランからご用意しております。

※弁護士が,不貞慰謝料請求に関してお客様を代理し手続きを進めるプランです。
その他 ★養育費や財産分与のみのプランもあります。お気軽にご相談ください。

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(3件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

たった2回の交渉で,感情交流が困難な夫から総額1000万円以上の財産分与,養育費を受け,協議離婚できた解決事例

  • 財産分与
  • 養育費
  • 別居
依頼主 40代 女性

相談前

Xさん(40代・女性・パート)は,高学歴・高収入だが感情理解が困難な感情交流が困難な夫Y(50代・男性・会社員)との生活に疲れ果て,別居前に当事務所を訪れました。

相談後

当事務所は,別居前からのフォローが必要と判断し,Xさんの依頼をお受けして別居のフォローを行いました。
そして,Xさんの別居後すぐに,Yに受任通知を行い,主にYの退職金の分与について交渉しました。
その結果,Xさんは,たった2回の来訪交渉を経て,総額1000万円以上の財産分与,養育費を受け,協議離婚することができました。

増田 浩之弁護士からのコメント

増田 浩之弁護士

Yは,他人の感情を理解することが困難であり,アスペルガーの疑いがあるとのことでした。当事務所は,Yが機械的な処理には理解を示すことを逆手に取って,感情に訴えることなく,ひたすら理論と計算により交渉した結果,十分な金額の財産分与と養育費を受け取ることに成功しました。
当事務所は,離婚事件の豊富なノウハウに照らし,アスペルガーの(疑いのある)ご主人との交渉についても,自信がありますので,お気軽にご相談ください(もちろん,アスペルガーの方を差別する趣旨ではありません。)。

離婚・男女問題

特徴をみる

離婚・男女問題の解決事例 2

たった1回の交渉でモラハラ夫から約1500万円の財産分与を受け協議離婚できた解決事例

  • 財産分与
  • 養育費
  • 別居
  • 離婚請求
  • モラハラ
依頼主 40代 女性

相談前

Xさん(40代・女性・専門職)は,夫であるY(50代・男性・会社員)が,長年にわたりXさんを束縛してきたことにたまりかね,すでにYと別居していましたが,Yが離婚を渋っていること,Yが夫婦の財産を管理していることから,離婚できるのか,離婚できるとして十分な財産分与を受けられるのか心配され,当事務所を訪れました。
Xさんは,お子さんの進学の関係等で,早く離婚したいとのご希望で,分与対象財産について長く争うことは避けたいところでした。

相談後

当事務所は,早期にYと話し合いの機会を設けました。
Yは,Xさんに対する愛着が強く,Xさんが弁護士に依頼したことに反発し,また不平不満を述べ立て,話し合いは難航しそうでした。
しかし,当事務所は,迷うことなく,離婚の条件に絞って根気強く説得しました。
その結果,そのたった1回の交渉で,養育費とともに,保険など約1500万円相当の財産分与を受けて離婚する合意をすることができました。
Xさんは,スピード解決にとても喜んでおられました。

増田 浩之弁護士からのコメント

増田 浩之弁護士

離婚専門でない事務所であれば,Yがすんなり離婚に応じないので,交渉による解決をあきらめ,調停を申し立て,紛争が泥沼化していたかもしれません。
この点,当事務所は,離婚案件の豊富なノウハウに照らし,Yは条件次第で離婚に応じるものと見抜き,離婚の条件に絞って交渉を続けた結果,そのたった1回の交渉で多額の財産分与を受けて離婚する合意を交わすことができました。

離婚・男女問題

特徴をみる

離婚・男女問題の解決事例 3

不倫した夫から900万円の財産分与を受けて離婚できた解決事例

  • 不倫・浮気
  • 財産分与
  • 慰謝料
  • 離婚請求
依頼主 50代 女性

相談前

Xさん(50代・女性・会社員)は,長年連れ添ってきた夫Y(50代・男性・会社員)とZ(年齢不詳・女性・職業不詳)との不倫メールを発見したため,Yを問い詰め,不倫を認めさせました。
しかし,財産分与などの離婚の条件について,当事者間で話をまとめることができず,当事務所を訪れました。
Yは,Zをかばい,XさんがZに対し慰謝料を請求するのを嫌がっているとのことでした。

相談後

当事務所は,Yと交渉において,Zに慰謝料を請求しない代わりにXに対し財産分与の点で相当の誠意を示すよう働きかけました。
これと並行して,本件では不動産登記や税金の問題も生じるため,当事務所と協力関係にある司法書士事務所様,税理士事務所様と相談しながら事件を処理しました。
Yとの交渉の結果,Xさんは,ご夫婦の住宅や生命保険を含め時価900万円近くの財産分与を受けて協議離婚することができました。
また,不動産登記や税金についても,司法書士事務所様や税理士事務所様との連携によりスムーズに処理することができました。
Xさんは,「自分一人では到底このような解決ができなかった」と,大変喜んでおられました。

増田 浩之弁護士からのコメント

増田 浩之弁護士

他士業との連携が取れていない事務所であれば,不動産登記や税金が絡むと,依頼者ご本人に処理してもらうことになるかもしれません。
この点,当事務所は,離婚に不動産の処理や税金の処理が絡むことが多いことを踏まえ,司法書士事務所様,税理士事務所様と協力関係を築いておりますので,そうした離婚に伴う問題が生じても安心です。

離婚・男女問題

特徴をみる

遺産相続

分野を変更する
【遺産相続の無料相談会を開催中!】【当日相談可/姫路駅南口徒歩7分/無料Pあり】当事務所は開所以来,家族問題に注力しており,きっとお役に立てることと思います。
弁護士法人ひいらぎ法律事務所
弁護士法人ひいらぎ法律事務所
弁護士法人ひいらぎ法律事務所

お客様の問題にしっかり対応いたします。

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料

当事務所は開所以来,家族問題に注力してきました。

<<遺産相続の無料相談会を開催中!>>

◆◆詳しくは,遺産相続サイトをご覧ください。◆◆
https://www.hiiragi-souzoku.com/

遺産相続の問題はご家庭の事情など複雑な背景が存在することもあります。
法的な処理は勿論のこと、円滑な解決のために丁寧なご対応を心がけています。

円満な解決は勿論のこと、トラブルを未然に防ぐことを目指します。
相続はご親族間という身近な関係だからこそ、長期化してしまうことも少なくありません。

将来のために遺言書を作成したい、遺産分割協議がまとまらない、遺留分を請求したいなど、相続に関してお困りの場合には、早目にご相談ください。

遺言書作成、遺産分割の協議・調停・審判などの各種法的な手続きのサポートはもちろんですが、今後の関係も踏まえて、円満な解決ができるように尽力いたします。

【特徴】
●当事務所は開所以来,家族問題に注力。
●依頼者の方や,時には相手方ともじっくりと話し合います。
●納得いただける解決を目指して十分な話し合いを行います。

【お取り扱い事例】
・親のお金をきょうだいに取り込まれた
・遺産相続の話ががなかなか進まない。
・遺留分を請求したい/された。

【重点取扱案件】
・遺産分割協議
・遺言書作成
・遺言執行
・遺留分侵害額請求

■アクセス
・JR「姫路」駅徒歩約7分
・無料Pあり

増田弁護士への感謝の声

2

50代 女性

依頼 離婚・男女問題 2015年12月に解決

娘ができちゃった婚で籍を入れる直前に相手方の浮気が発覚しました。相手方は籍を入れるのをやめる方向で、話が進んでいたのですが当方は事を荒だてたくもなくどこに相談したら良いのかわからなったので、増田先生を頼ることにしました。
増田先生は当方の意図をしっかり聴き取ってくださった上で、今別れた場合と修復した場合(籍を入れた場合)のメリットとデメリットを図で書いてこと細かくこちらが理解できるまで丁寧に説明くださった。
なので、こちらの気持ちとしたいこと、できることとしてはいけないことを照らし合わせて関係の修復解決に向けての行動をタイミングを逃さず一番良い方法で行うことができ、現在は結婚し仲良く暮らしています。

相談した出来事
娘ができちゃった婚で籍を入れる前に浮気が発覚。相手の男性が弁護士を雇い籍を入れるのをやめる交渉をされた。こちら側は表に出ないように弁護士先生に作戦をお願いし実行したことで、元の鞘に収まって結婚しました。
解決方法
その他

20代 女性

依頼 離婚・男女問題 2015年8月に解決

婚約中の相手から婚約破棄をされたので、相談に乗ってもらいました。
私の思いや意見を親身に聞いてくれて、的確なアドバイスをしていただけました。
そのころ私は妊娠しており、婚約破棄と同時に胎児認知も進めて下さったので、安心して出産に望むことができました。
相手に言っていい事やダメな事も教えてくださりました。
増田先生がいなければ、今の私の生活は成り立っていないと感じます。
本当に優秀で優しくて感謝しかありません。

相談した出来事
婚約中の不貞行為と婚約破棄、また妊娠中だったので認知をしてもらった。
解決方法
書類作成

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
法律相談 初回無料/2回目以降は30分ごとに5000円(税別)
遺産分割協議書,遺言書の作成又はチェック 10-30万円
バックアップ 最初の1か月10万円,以後1か月ごとに10万円(税別)
交渉代理(簡易) 着手金 8万円
報酬金 10%
交渉代理(通常) 着手金 30万円
報酬金 経済的利益の所定割合(但し,最低額30万円)

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(3件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

父の株式等を取り込んだ兄から,仮処分を利用して,相続分の金銭を回収できた解決事例

  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 相続登記・名義変更
  • 財産目録・調査
依頼主 50代 女性

相談前

Xさん(50代,女性,無職)は,死亡した父の百箇日法要の際,兄(60代,男性,無職)に求められるまま,金融機関向けの相続書類に実印を押してしまいました。

その後,兄に相続の話を持ち掛けたところ,「跡取りは自分なので、全部自分が相続する。」などと言われ,取り合ってもらえませんでした。

Xさんは,多くの財産を分けてほしいとは思っていませんでしたが,相続人の1人である自分が全く財産をもらえないのはおかしいと思い,当事務所に相談に来られました。

相談後

父の遺産を調査したところ,父が証券会社を通じて保有していた株式等がY名義に変更されていることが分かりました。

Xさんは,Yの言われるままに,株式等をYに名義変更するとの書面に実印を押印させられていたことが判明しました。

ただ,遺産分割は済んでいないため,株式等は相続人の共有(準共有)なので,遺産分割の手続で解決できるはずでした。

もっとも,Yに対し,遺産分割を申し入れたところで,協議をしている間に株式等を処分されるおそれがありましたので,まずは株式等の処分を防ぐ必要がありました。

ところが,証券会社を通じて保有する株式等は,近時の法改正を経て,いわゆる振替社債等として電子的に管理されており,株式等の処分を防ぐ方法については,裁判例が見当たりませんでした。

そこで,当事務所は,十分な法律調査を経て,「振替社債等の仮処分」という手続を申し立てました。

その結果,裁判所は,前例が見当たらない申立てのため,苦慮したようでしたが,結局,若干の申立の修正を経て,仮処分命令が発令され,株式等の処分が禁止されました。

こうして,協議の間に株式等を処分される心配がなくなり,当事務所は,遺産分割協議の末,相続分に相当する金銭をYから取得することができました。

Xさんは,一時は遺産を全く相続できないのではないかと心配されていたので,相続分を回収できたと伝えると,大変ほっとした様子でした。

増田 浩之弁護士からのコメント

増田 浩之弁護士

証券会社を通じて保有される株式等について,仮処分の前例がないことから,保全措置を取らないまま,遺産分割協議を行う弁護士が多いかと思います。

しかし,それでは,完全にY名義となっている株式等をYに処分されてしまうおそれがあります。

当事務所は,十分な法律調査を踏まえ,前例のない振替社債等の仮処分を実現することで,相続分の回収を保全することができました。

遺産相続

特徴をみる

遺産相続の解決事例 2

母の遺産を取り込んだ兄から,遺産分割調停で相続分の金銭等を回収できた解決事例

  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 相続登記・名義変更
  • 財産目録・調査
依頼主 50代 女性

相談前

Xさん(50代,女性,会社員)は,死亡した母の百箇日法要が終わった頃,兄Y(60代,男性,無職)と母の遺産相続の話をしようとすると,兄が不機嫌になり,金融資産の開示にも応じませんでした。

後日,母の口座の取引履歴を調査したところ,母の生前から死後にかけて,母名義の口座から預貯金が50万円ないし100万円ずつ,多数回にわたり引き出され,残高がほぼゼロになっていることがわかりました。

そこで,XさんがYと話をしたところ,「長男が家督継承するのが常識」などと言われ,取り合ってもらえませんでした。

また,すでに亡くなっている父名義の不動産も多数あり,父の遺産についても遺産分割する必要がありました。

Xさんは,Yが両親の介護をほとんど行わず,身勝手な言い分で両親の金銭を取り込んだYに一矢を報いたい,実家がなくならないようにしたいと考え,当事務所に相談に来られました。

相談後

当事務所は,遺産を調査した結果,Yが取り込んだ預貯金が多額なので,民事手続きを行うことも検討しました。

ただ,Xさんが話し合いでの解決を望んだことから,取り込まれた預貯金を含む遺産全体を分割するため,調停を申し立てました。

第1回期日において,当事務所は,Yに全遺産を取得させ,その代償金として,Xさんに相続分の金銭を支払わせるという調停案を提示しましたが,Yは,換価しにくい不動産を取得することに難色を示しました。

ただ,当事務所が現地調査したうえで,不動産業者に確認したところによると,Yが取得に難色を示している土地は,必ずしも換価が難しいわけではないことがわかりました。

そこで,当事務所は,Xさんの了解を得て,Yに対し,期日間に,その土地だけ現物で取得することとし,その他は金銭で受け取るとの調停条項案を提示してYを説得し,内諾を得ました。

その結果,第2回期日において,無事調停を成立させることができました。
Xさん側は,相続分の財産を回収することができ,大変喜んでおられました。

増田 浩之弁護士からのコメント

増田 浩之弁護士

一般的に,遺産を取り込んだ相続人は,やましい点があるため,弁護士が取り込みの事実を指摘すると,あっさり観念して分割に応じる傾向があります。

当事務所は,そうした心情を踏まえ,相手方の希望も一部取り込むことによって,無事調停を成立させることができました。

遺産相続

特徴をみる

遺産相続の解決事例 3

姉が取り込んだ両親の保険金等について,早期に取り戻すことができた解決事例

  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 相続登記・名義変更
  • 財産目録・調査
依頼主 50代 男性

相談前

Xさん(50代,男性,無職)は,父母が相次いで亡くなったため,姉Y(50代,女性,無職)との間で,遺産である保険金等を折半することを約束し,Yが相続人代表として多額の保険金等を受け取りました。

しかし,もともとXさんとYは仲が悪かったため,YはXのこれまでの態度をなじり,いっこうに保険金等を分けようとしませんでした。

そこで,Xさんは,自分ではどうすればよいかわからず,当事務所を訪れました。

相談後

Yが保険金等のほかにめぼしい資産を有していないことから,交渉により保険金等の支払を求めれば,それをきっかけとして,保険金等を隠され,訴訟を提起しても,保険金等を取りはぐれるおそれがありました。

そこで,当事務所は,Yに知られないように資料を集め,まずは保険金等が入金されたY名義の口座の預金について仮差押えを行いました。

そのうえで,Yに対し,本案訴訟の提起も辞さないとの姿勢で,任意の支払いを強く求めました。

これに対し,Yも弁護士を付け,保険金等の半金は支払うとしつつ,それ以外の遺産について,遺産分割協議を求めてきました。

Xさんは,田舎の不動産については,価値が低いばかりか管理が大変なので,不要でした。

そこで,当事務所は,交渉の結果,Yに遺産を取得させる代わりに,Xさんがその代償金として保険金等の半金を受け取るとの遺産分割協議を成立させることができました。

Xさんは,一時はどうなるかと思った保険金等を分けてもらえてほっとされたとのことです。

増田 浩之弁護士からのコメント

増田 浩之弁護士

遺産の取り込み事案では,交渉で分与を求めても,相手方の資力や態度によっては,分与を受けることができないおそれがあります。

そのような場合,仮差押えなどの手続を行うことになりますが,上手に行わないと,相手方にこちらの動きが察知されたり,仮差押えが認められなかったりするおそれがあります。

本件では,当事務所は,家事事件に関する豊富なノウハウを駆使し,仮差押とその後の遺産分割協議をスムーズに行うことができました。

遺産相続

特徴をみる

労働問題

分野を変更する
【企業・使用者側の労働問題に注力】【当日相談可/初回相談無料/姫路駅南口徒歩7分/無料Pあり】経営者の皆様,使用者側労働問題に注力する当事務所がお役に立ちます。
弁護士法人ひいらぎ法律事務所
弁護士法人ひいらぎ法律事務所
弁護士法人ひいらぎ法律事務所

お客様の問題にしっかり対応いたします。

労働問題の詳細分野

原因

  • パワハラ・セクハラ
  • 給料・残業代請求
  • 労働条件・人事異動
  • 不当解雇
  • 労災認定

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 当日相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料

◆◆企業・使用者側の労働問題に注力!◆◆
当事務所は企業・使用者側の労働問題に注力する数少ない法律事務所です。
弁護士は経営法曹会議(使用者側弁護士の団体)の会員。
労務問題でお悩みの経営者の皆様のお役に立てることと思います。


◆◆このような問題に対応します!◆◆
・問題社員を解雇したい
・社内のパワハラ・うつ問題をなんとかしたい
・解雇した従業員から解雇無効と主張され困っている
・未払残業代を請求された
・労働審判を申し立てられたので,対応してほしい
・従業員から訴訟を起こされたので,対応してほしい
・従業員から労災と言われ困っている
・労基署の調査が入ることになり,対応をお願いしたい
・労務問題が起きないよう就業規則を作成したい,見直したい


◆◆リーズナブルな価格設定◆◆
現在,企業のお客様がお気軽にご相談いただけるよう,また,当事務所のサービスを十分ご理解いただけるよう,初回相談を『無料』とさせていただいております。
また,事件の着手金,報酬金につきましても,サービスに見合ったリーズナブルな価格設定を行っております。
さらに,顧問契約を締結いただきますと,顧問料に応じ,事件の着手金が割引となり,お得です。

決裁を容易にすべく,ご相談の際,事件処理方針とお見積もりを明確に提示させていただいております。


◆◆力をいれています!◆◆
・問題社員対策
・パワハラ・うつ対策
・解雇をめぐる対応
・未払残業代請求への対策
・労働審判への対応
・訴訟への対応
・労災への対応
・労基署対応
・就業規則整備


◆◆事務所へのアクセス◆◆
◎JR姫路駅南口徒歩7分
◎駅南大路沿い
◎無料駐車場完備

増田弁護士への感謝の声

2

50代 女性

依頼 離婚・男女問題 2015年12月に解決

娘ができちゃった婚で籍を入れる直前に相手方の浮気が発覚しました。相手方は籍を入れるのをやめる方向で、話が進んでいたのですが当方は事を荒だてたくもなくどこに相談したら良いのかわからなったので、増田先生を頼ることにしました。
増田先生は当方の意図をしっかり聴き取ってくださった上で、今別れた場合と修復した場合(籍を入れた場合)のメリットとデメリットを図で書いてこと細かくこちらが理解できるまで丁寧に説明くださった。
なので、こちらの気持ちとしたいこと、できることとしてはいけないことを照らし合わせて関係の修復解決に向けての行動をタイミングを逃さず一番良い方法で行うことができ、現在は結婚し仲良く暮らしています。

相談した出来事
娘ができちゃった婚で籍を入れる前に浮気が発覚。相手の男性が弁護士を雇い籍を入れるのをやめる交渉をされた。こちら側は表に出ないように弁護士先生に作戦をお願いし実行したことで、元の鞘に収まって結婚しました。
解決方法
その他

20代 女性

依頼 離婚・男女問題 2015年8月に解決

婚約中の相手から婚約破棄をされたので、相談に乗ってもらいました。
私の思いや意見を親身に聞いてくれて、的確なアドバイスをしていただけました。
そのころ私は妊娠しており、婚約破棄と同時に胎児認知も進めて下さったので、安心して出産に望むことができました。
相手に言っていい事やダメな事も教えてくださりました。
増田先生がいなければ、今の私の生活は成り立っていないと感じます。
本当に優秀で優しくて感謝しかありません。

相談した出来事
婚約中の不貞行為と婚約破棄、また妊娠中だったので認知をしてもらった。
解決方法
書類作成

労働問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
法律相談 初回無料/2回目以降は30分ごとに5000円(税別)
契約書作成 10万円~30万円(税別)
バックアップ 最初の1か月10万円,以後1か月ごとに10万円(税別)
各種代理 着手金5万円,報酬金20%(最低額10万円)(税別)から
顧問 月額3万円~(税別)
備考 顧問契約を締結いただくと,事件の着手金が割引になります。
ケースにより増減する場合がありますことをご了承ください。

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

労働問題の解決事例(3件)

分野を変更する

労働問題の解決事例 1

専門的能力やコミュニケーション能力が不足する専門職職員を,退職勧奨によりスムーズに退職させることができた解決事例

相談前

医療,福祉関係の事業を営むX法人は,数か月前に雇用した専門職職員Y(男性)が,専門的能力やコミュニケーション能力の不足により,再三にわたり業務に支障が生じたことから,このままではクライアントに迷惑がかかると思い,Yを退職させたいと考え,X法人の古くからの顧問弁護士に相談しました。
しかし,その顧問弁護士は,リスクを指摘するばかりで,有益なアドバイスが得られなかったことから,X法人は,何か良い方法はないかと,セカンドオピニオンを得るため,当事務所を訪れました。

相談後

当事務所がX法人から事情を詳しくお聞きすると,Yは,たしかに問題社員のようでしたが,解雇事由までは存在しませんでした。
そこで,X法人に,Yを解雇するのは得策ではなく,むしろ退職勧奨によりYに自発的に退職してもらうしかないとご説明しました。
ただ,いきなり弁護士が介入して退職勧奨すると,Yが身構えてしまい,かえって自発的な退職を妨げるおそれがありました。
そこで,当事務所は,あえてX法人の代理人として介入せず,X法人と顧問契約を締結させていただいたうえで,X法人の行う退職勧奨について,当事務所が逐一アドバイスさせていただくこととしました。
こうして,X法人は,Yとの話の進め方や書類の方式,Yの住居の処理に至るまで当事務所のアドバイスを受けつつ,Yに退職勧奨を行いました。
その結果,X法人は,最初のご相談から約2か月で,Yから退職合意書を取り付け,Yを自発的に退職させることに成功しました。
実は,Yは,前職では退職時にもめたようですが,本件ではスムーズに退職してもらうことができ,X法人の関係者は,ほっと胸をなでおろされたそうです。
その後も,当事務所は,顧問弁護士として,X法人から,労務に限らず,さまざまなご相談に乗っております。

増田 浩之弁護士からのコメント

増田 浩之弁護士

問題社員を解雇したいと考えている会社は多く,当事務所にも日々ご相談があります。
ただ,問題社員であるからといって,いきなり解雇してよいわけではなく,それでもなお解雇を強行すると,労働審判や訴訟で解雇の効力を争われ,紛争が泥沼化するおそれがあります。
そこで,解雇の代わりに退職勧奨を行うことになりますが,退職勧奨といえども,強引に行うと,パワハラを受けた,うつ病になったなどと,これまた従業員から争われるおそれがあります。
この点,当事務所は,労務問題に注力しており,上手な退職勧奨の方法を熟知しておりますので,退職勧奨に当たり,まずどのように相手に切り出し,相手のリアクションに応じどのように対応し,最終的にどのような書面を取り付ければよいかまで,具体的にアドバイスが可能です。
問題社員に辞めてもらいたいが,どのようにすればよいかわからない,という方は,お気軽に当事務所までご相談ください。

労働問題

特徴をみる

労働問題の解決事例 2

無断で長時間労働を行う問題社員の退職をめぐり泥沼化,労働審判でうつ病による高額な賠償請求を阻止して円満退職させた解決事例

  • 労災認定

相談前

金属加工を業とするX株式会社は,幹部クラスの従業員Y(40代,男性,妻子あり)が月100時間超の時間外,休日労働を行うようになったため,社長が見かねて残業を控えるよう指示しました。
しかし,Yは,社長の指示を聞かず,かえって,社長に対し,会社の人事について独自の要求を行うとともに,自身の要求が通らない場合の転職をほのめかすようになりました。
そしてついに,ある日,Yの横柄な態度にしびれを切らした社長がYに退職を求めたところ,二つ返事でYが退職意思を示したので,X社はその日をもってYを退職扱いとしました。
ところが,その後,Yは,労働者側の法律事務所に駆け込み,X社に対し,長時間労働によりうつ病になったなどとして慰謝料を求めるとともに,退職の無効を主張し,もし退職を望むのであれば1年分の年収相当額の解決金を支払うよう求めて,労働審判を申し立てました。
そこで,社長は,ご自身では手におえないと思い,顧問社労士さんに相談したところ,当事務所をご紹介いただき,ご依頼に至りました。
その後も,Yは,うつ病で稼働できなくなったなどとして労基署に対し労災の休業補償申請を行うとともに,労働審判でも就労できなくなったなどとして後遺障害を主張を始め,本件は泥沼化の様相を示し始めました。

相談後

当事務所の試算では,可能性は低いものの,もしYがうつ病の診断を受け続け,後遺障害が認められた場合は,労災保険により賄われる部分を除いても,X社に数千万円の賠償責任が認めれるおそれがありました。
そこで,当事務所は,Yの退職意思は一貫しており退職は有効であること,Yがうつ病などでなく,かりにうつ病であるとしても長時間労働が原因でないことを主張立証するため,Y側の分厚い書面に負けない質,量の書面を提出して,Y側を強くけん制しつつ,和解の余地を探りました。
そうしたところ,労働審判の期日において,Yの求める金額を百万円台まで大幅カットしつつ,Yの退職を確認する内容の調停を成立させることができました。

増田 浩之弁護士からのコメント

増田 浩之弁護士

労働審判は,裁判所において,わずか3回までの期日で,調停ないし審判により紛争を解決する手続です。
企業側が,紛争の長期化による風評被害等を恐れるあまり,安易に調停による早期解決を求めると,足元を見られ,高額の支払いを求められる羽目になります。つまり,紛争の早期解決と企業責任の最小化は,両立しにくいのが現状です。
この点,当事務所は,労働審判においても,安易に調停による早期解決を求めず,訴訟段階と同じレベルの質,量の反論を行うことにより,企業側に不利な情勢をしっかり押し返したうえで,調停による解決を目指しますので,企業のコスト最小化と紛争の早期解決を両立させることが期待できます。
本件においても,事案の筋をしっかり見極め,十分な質,量の反論を行うことで,X社のコストを最小化しつつ,紛争の早期解決を図ることができました。

労働問題

特徴をみる

労働問題の解決事例 3

退職した従業員が駆け込んだユニオンからの団体交渉申入れに対応し泥沼化を防いだ解決事例

  • 不当解雇

相談前

土木関係の設計・施工を業とするX株式会社は,退職したY(60代・男性・無職)が急きょ加入したユニオン(労働組合)から突然団体交渉の申入れを受けました。申入書の内容は,解雇予告手当や退職金の支払いを求めるものでした。X社は,どのように対応すればよいかわからず,信用金庫,司法書士さんのご紹介により,当事務所を訪れました。

相談後

当事務所は,日程や場所決めの段階から団体交渉の主導権を握り,さらに,団体交渉においても,退職は解雇ではなく合意解約であること,退職金規程がなく退職金は発生しないことなどをしっかり主張しました。
それでも,Yの要求額は高く,交渉決裂のおそれがありました。
ただ,X社に不利な事情もあることから,実際に交渉が決裂していまうと,Yが労働者側弁護士を付け労働審判を申し立てるなどの事態が想定され,そうなると,X社に重い負担が生じるおそれがありました。
そこで,当事務所は,粘り強く交渉しつつも,交渉決裂の寸前でできる限り有利に合意したいと考えました。
その結果,当事務所は,3回目の交渉において,狙い通り,交渉決裂の寸前で低額での合意を取り付け,労働審判などの泥沼化を防ぐことができました。

増田 浩之弁護士からのコメント

増田 浩之弁護士

使用者側は,労働組合からの団体交渉の申入れに対し,誠実に対応する法的義務がありますが,労働組合の要求に応じる義務まではありません。
とはいえ,もし会社の担当者だけで対応すれば,労働問題に詳しい労働組合に圧倒され,飲む必要のない要求を飲んでしまうおそれがあります。
本件においては,当事務所が介入することにより,X社は,団体交渉には誠実に対応しつつ,X社の主張すべき点をしっかり主張することができました。
そのうえで,当事務所のアドバイスのとおり,交渉決裂寸前まで粘ることにより,X社は,負担を最小限に食い止めることができました。

労働問題

特徴をみる

所属事務所情報

所属事務所
弁護士法人ひいらぎ法律事務所
所在地
〒670-0965
兵庫県 姫路市東延末3-50 姫路駅南マークビル3階
最寄り駅
JR姫路駅
交通アクセス
  • 駐車場あり
設備
  • 完全個室で相談
  • バリアフリー
事務所URL
所属弁護士数
3 人
所員数
6 人

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 企業法務
取扱分野
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 不動産・建築
  • 企業法務

電話で問い合わせ
050-5289-2014

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

対応地域

所属事務所情報

所属事務所
弁護士法人ひいらぎ法律事務所
所在地
兵庫県 姫路市東延末3-50 姫路駅南マークビル3階
最寄駅
JR姫路駅

弁護士法人ひいらぎ法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5289-2014

※弁護士法人ひいらぎ法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
【24時間受付中!】上記時間以外でも,メールやお電話にて24時間受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

対応地域

経歴・資格
不動産鑑定士・宅建
不動産鑑定士または宅地建物取引主任者のどちらかの資格を保有している弁護士です。
一級FP・CFP
一級ファイナンシャルプランナー(FP)技能士またはCFPのどちらかの資格を保有している弁護士です。
事務所の対応体制
駐車場あり
完全個室で相談
バリアフリー
「事務所建物入口から相談スペースまで車椅子で移動でき、トイレも車椅子のまま利用できる」を定義としています。