現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
中原 卓也弁護士

( なかはら たくや ) 中原 卓也

中原和之法律事務所

現在営業中 00:00 - 24:00

遺産相続

分野を変更する
【25年以上の実績/初回相談無料】相続に関するあらゆる問題について、迅速な対応と納得の料金体系で安心してご依頼いただけます。お気軽にご相談を。

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

■当事務所の強み
①当事務所は、地元密着型の弁護士として、相続問題に25年以上携わってきており、相続問題全般の法的処理・人間関係の調整等に豊富な経験があります。
②事務所の体制として、フットワークの軽い若手弁護士(弁護士歴5年以内)と経験豊富なベテラン弁護士(弁護士歴30年以上)がチームを組んで事案処理に当たりますので、事案の迅速かつ適切な解決が可能となっております。
③地元密着型の特性をいかし、公認会計士・税理士・司法書士や不動産鑑定士、土地家屋調査士等の他士業と連携し、法的問題に限らない事案の総合的解決が可能です。
④これまで、当事務所で受任した相続関係の案件については、ほとんどすべての事案で依頼者様のご満足をいただいており、多くの方から、他事件の紹介をいただいてきました。
なお、さらに詳しくお知りになりたい方はこちらをご覧ください。

https://claim.nakahara-law.com/

■費用について
・お金の心配をせずに気兼ねなくお話しいただけるよう、初回相談は無料です。
・案件の難易度により費用も変わりますので、初回相談時に費用のご説明をさせていただいております。

▼重点取扱案件
遺産分割協議・遺言書作成・遺言執行・遺留分減殺請求・その他相続に関する訴訟など

▼よくあるご相談
・亡くなった父親の預金通帳を見せてくれない兄を信用できない
・相続手続の何から手を付けたらよいかがわからない
・戸籍等の手続書類をどう取り寄せたらよいかがわからない
・相続税がどのくらいかかるかがわからない
・被相続人の介護等を行ったことを考慮した遺産分割協議書を作成したい
・兄弟姉妹が被相続人からすでに多くの財産を取得していることが納得できない
・亡くなった父の債権者から、借金支払いの催促が来ているがどう対応すればよいかわからない
・遺留分の具体的な割合・請求方法を知りたい
・遺産のことで交渉するのがつらい
・家族の利害を適切に調整した遺言を作成したい、
・自分が亡くなった後、適切に遺産を相続人たちに配分してほしい など

お困りのことはどうぞご遠慮なくご相談ください。

▼事務所サポート
・相談時に見積りを作成し、総額費用を明確に提示いたします。
・事務所が神戸駅徒歩8分、高速神戸駅徒歩5分でアクセスが便利です。
・ご依頼者様の話をとことん聞き、法律以外の知識も駆使した上で、依頼者にとって総合的な最善の解決を模索いたします。
・面談は当日、休日・夜間も受け付けております。
・初回相談は無料で面談予約は24時間受け付けております。
※営業時間外はメールフォームにてお問い合わせください。

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回相談無料(60分)
二回目以降 1時間1万円
着手金 書類作成  5万円~
紛争受任 20万円~
報酬金 20万円~(税別)
備考 料金はご状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(3件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

約2000万円の相続債務を相続放棄により支払わずにすんだ事例

  • 相続放棄
依頼主 40代 男性

相談前

依頼者は、父親死亡後、父親に約2000万円の借金があることを知り、今後どうすればいかについて相談された。

相談後

依頼者が来所されたときには、既に一般的な相続放棄可能期間である3か月が経過しており、そのままでは相続放棄が認められない事案であった。
そこで、3か月以内に相続放棄が出来なかった事情を、裁判所に対し説得的に説明し、何とか相続放棄を認めてもらうことが出来た。

中原 卓也弁護士からのコメント

中原 卓也弁護士

相続放棄は一般に、被相続人の死亡後3か月以内と言われますが、実際には、3か月以内に手続をとることが困難である場合も多く、事案によっては3か月を超えても相続放棄をすることができる事例があります。
この判断は、法律の専門的な部分が多いため、まずは弁護士にご相談されるとよいかと思います。

遺産相続の解決事例 2

親の相続財産を独り占めしてしまった兄弟に対し、約4500万円を勝ち取った事例

  • 遺産分割
依頼主 60代 女性

相談前

依頼者から、親の相続財産を兄弟に独り占めされたので、取り返してほしいという相談を受けました。

相談後

相手方に対し、根拠を示して、約6000万円の支払い義務がある旨通知し、交渉しましたが、相手方が応じなかったため、やむを得ず訴訟を提起することにしました。
訴訟は、当方の有利に展開し、約4500万円で和解することができました。

中原 卓也弁護士からのコメント

中原 卓也弁護士

相続財産をいくらもらえる権利があるのかについては、一般の方では、なかなかわかりにくい問題ですし、相続財産を他の相続人に独り占めされた場合、どのような手続で相手方に請求するのかについても専門的知識が必要です。
早めの弁護士に相談することにより、最善の解決を模索することが可能でしょう。

遺産相続の解決事例 3

隠された遺産を調査の上、約600万円を勝ち取った事例

  • 遺産分割
  • 財産目録・調査

相談前

母親の遺産相続で、兄が母親の預金口座その他の遺産を開示してくれないとの相談がありました。

相談後

母親名義の各種預金口座を調べ、母親の生前、兄が母親の財産を使い込んでいることが発覚したため、持ち戻しを主張し、最終的に約600万円の遺産を獲得することができました。

中原 卓也弁護士からのコメント

中原 卓也弁護士

遺産分割をめぐっての紛争は極めて多く、初めにきちんと遺産を調査できるかどうかが勝負の分かれ目となります。

遺産相続

特徴をみる

交通事故

分野を変更する
【25年以上の実績/初回相談・着手金完全無料】一般の方は保険会社の提示する金額が適切かどうかわかりません
不利な条件で泣き寝入りしなくて済むようサポートします

交通事故の詳細分野

事件内容

  • 死亡事故
  • 物損事故
  • 人身事故

争点

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

まずは、当事務所のHPをご覧ください↓
http://www.car-accident-lawyer-in-kobe.com/

■当事務所の強み
①当事務所は、地元密着型の弁護士として、交通事故に25年以上携わってきており、交通事故全般の法的処理に豊富な経験があります。
②事務所の体制として、フットワークの軽い若手弁護士(弁護士歴5年以内)と経験豊富なベテラン弁護士(弁護士歴30年以上)がチームを組んで事案処理に当たりますので、事案の迅速かつ適切な解決が可能となっております。
③地元密着型の特性をいかし、公認会計士・税理士・司法書士や不動産鑑定士、土地家屋調査士等の他士業と連携し、法的問題に限らない事案の総合的解決が可能です。
④これまで、当事務所で受任した交通事故の案件については、ほとんどすべての事案で依頼者様のご満足をいただいており、多くの方から、他事件の紹介をいただいてきました。

■費用について
・お金の心配をせずに気兼ねなくお話しいただけるよう、初回相談は無料です。
・お金の心配をせずにご依頼いただけるよう着手金は原則として無料としています。
・初回相談時に費用のご説明をさせていただいております。
・自動車保険に付帯されている弁護士費用特約を利用される場合は、原則として弁護士費用をご負担いただく必要はありません。

▼重点取扱案件
保険会社との示談交渉、後遺障害等級認定、損害賠償請求、自賠責保険金の請求、交通事故裁判など
詳しくは http://www.car-accident-lawyer-in-kobe.com/ をご覧ください。

▼よくあるご相談
・交通事故にあったが、今後、どのような手続でお金が支払われるのかわからない。
・怪我で仕事ができず生活に困っている。
・過失割合や保険会社の提示額が妥当か知りたい。
・後遺症が残ってしまい、事故前の給料をもらえなくなった。
・治療の打ち切りと示談を迫られているが、示談金に納得がいかないなど
お困りのことはどうぞご遠慮なくご相談ください。

▼事務所サポート
・相談時に見積りを作成し、総額費用を明確に提示いたします。
・事務所が神戸駅徒歩2分でアクセスが便利です。
・ご依頼者様の話をとことん聞き、法律以外の知識も駆使した上で、依頼者にとって総合的な最善の解決を模索いたします。
・初回相談は無料で面談予約は24時間受け付けています。
※営業時間外(夜11時~朝9時)はメールフォームにて問い合わせ可能です。
・面談は当日、休日・夜間も受け付けています。

交通事故の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回無料(2回目以降、1時間10000円)
着手金 0円~
報酬金 20万円~(税別)
備考 料金はご状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

交通事故の解決事例(3件)

分野を変更する

交通事故の解決事例 1

交渉段階で裁判基準の賠償金を獲得した事例

  • 後遺障害等級認定
依頼主 50代 男性

相談前

交通事故で頸椎捻挫をした事案で、既に14級の後遺症が出ている事例でしたが、相手方の任意保険会社からは、裁判基準のおよそ3分の1の金額の示談を提示されていました。

相談後

当職の名前で相手方保険会社と交渉し、適正な裁判基準の賠償額を理屈立てて説明したところ、相手方保険会社の了承を得て、ほぼ裁判で認められる額満額の示談金を得ることが出来ました。

中原 卓也弁護士からのコメント

中原 卓也弁護士

保険会社が提示する示談金は、裁判で認められるべき基準よりもかなり低い額であることが多いですが、一般の方には提示された金額が果たして正しいのかどうか、判別がつきません。
早めに弁護士に相談する必要があります。

交通事故の解決事例 2

適正な後遺症を獲得した事案

  • 後遺障害等級認定
  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 60代 女性

相談前

交通事故により、右腕及び頚椎を損傷した方が症状固定し、後遺障害の申請をするタイミングでご依頼がありました。

相談後

後遺障害等級を獲得するため、後遺症診断書の書き方につき、詳しくアドバイスしました。
それにより、後遺症が認められ、本来認められるべき等級を獲得することが出来ました。

中原 卓也弁護士からのコメント

中原 卓也弁護士

後遺障害等級の認定は、一部の特殊な後遺症以外、後遺障害診断書の記載のみで判断されてしまいます。
それゆえ、後遺障害診断書の書き方(医師にどのように書いてもらうか)ということが投球認定にとって非常に重要となってきます。
これらのノウハウは弁護士独自のものなので、お早めに弁護士に相談されるのがよいでしょう。

交通事故の解決事例 3

極めて高額の後遺症慰謝料を獲得した事例

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故

相談前

相談者はご高齢者で、自転車で横断歩道を渡っていたところを横から車に追突され、そのまま救急車で病院に運ばれました。

相談後

相談者は、骨折等の怪我はありませんでしたが、ご家族の話では、事故後、性格が怒りっぽくなったということでした。
そこで、主治医と何度も面談し、話し合ったところ、高次脳機能障害という脳昨日の障害がみつかり、その後遺症で約3000万円の慰謝料を獲得することができました。

中原 卓也弁護士からのコメント

中原 卓也弁護士

交通事故は、一見怪我がなくても、脳機能に障害が残ったり、持続的に強い痛みが続くような場合があり、その場合には、高額の慰謝料を獲得できる場合があります。

交通事故

特徴をみる

離婚・男女問題

分野を変更する
【25年以上の実績】不貞/DV/慰謝料請求/財産分与など離婚のあらゆる問題について、スムーズで有利な解決を目指し尽力します。まずはお気軽にご相談ください。

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

■当事務所の強み
①当事務所は、地元密着型の弁護士として、離婚を含む男女問題に25年以上携わってきており、男女問題全般の法的処理・人間関係の調整等に豊富な経験があります。
②事務所の体制として、フットワークの軽い若手弁護士(弁護士歴5年以内)と経験豊富なベテラン弁護士(弁護士歴30年以上)がチームを組んで事案処理に当たりますので、事案の迅速かつ適切な解決が可能となっております。
③地元密着型の特性をいかし、公認会計士・税理士・司法書士や不動産鑑定士、土地家屋調査士等の他士業と連携し、法的問題に限らない事案の総合的解決が可能です。
④これまで、当事務所では100件以上の男女問題の案件についてご相談を受けており、受任した場合、ほとんどすべての事案で依頼者様のご満足をいただいており、多くの方から、他事件の紹介をいただいてきました。

■費用について
・お金の心配をせずに気兼ねなくお話しいただけるよう、初回相談は無料です。
・着手金・報酬金は日本弁護士連合会が適切として定めた料金を基準に、ご依頼者の経済状況に合わせて相談に応じております。
・着手金を安くし、相手方から費用が回収できた場合は報酬金でディスカウント分を補うなど、利用しやすい費用体系にしています。

▼重点取扱案件
離婚調停(訴訟)、慰謝料請求、財産分与、養育費請求、親権問題、DVに関する相談など

▼よくあるご相談
・慰謝料・養育費を請求したい
・パートナーから暴力またはモラハラ被害を受けている
・離婚したいが、なかなか一歩を踏み出せない
・離婚した時の財産関係が分からない
・子どもと面会させてもらえない、など
お困りのことはどうぞご遠慮なくご相談ください。

▼事務所サポート
・相談時に見積りを作成し、総額費用を明確に提示いたします。
・事務所が神戸駅徒歩2分でアクセスが便利です。
・ご依頼者様の話をとことん聞き、法律以外の知識も駆使した上で、依頼者にとって総合的な最善の解決を模索いたします。
・面談は当日、休日・夜間も受け付けております。
・初回相談は無料で面談予約は24時間受け付けております。
※営業時間外はメールフォームにてお問い合わせ。

離婚・男女問題

解決事例をみる

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回相談無料(60分)
2回目以降 1時間1万円
着手金 20万円~(税別)
報酬金 20万円~(税別)
備考 料金はご状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(3件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

不貞が疑われ、損害賠償請求訴訟を提起されたが、速やかに勝訴した事例

依頼主 20代 女性

相談前

夫の不倫相手であると勘違いされ、妻の方から損害賠償請求訴訟をされた女性が依頼に来ました。

相談後

当該女性の訴訟代理人として、半年間かけて、理論的な主張・立証を展開し、全面勝訴を勝ち取ることが出来ました。

中原 卓也弁護士からのコメント

中原 卓也弁護士

あらぬ疑いをかけられ、訴訟をされても、きちんとした弁護士に相談し、適切に対応すれば怖いことはありません。

離婚・男女問題の解決事例 2

妻とその不倫相手に対し、慰謝料請求をし、200万円を勝ち取った事例

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 30代 男性

相談前

妻に不倫された夫側の代理人として活動した案件です。
妻とその不倫相手に対する権利を実現したいという強い気持ちをもって来所されました。
そこで、依頼者の権利を実現するため、妻とその不倫相手双方に対し損害賠償請求訴訟を提起することになりました。

相談後

依頼者と協力して、探偵による不倫相手の情報収集、やりとりの録音、携帯電話記録の探索等を駆使し、訴訟を有利に進められました。
300万円の請求をたてましたが、相手方の要望により、200万円で和解することになりました。

中原 卓也弁護士からのコメント

中原 卓也弁護士

訴訟を有利に進め、自分の権利を実現するためには、できる限り早期にご相談いただき、証拠集めから弁護士が関わっていくことが重要であるといえます。

離婚・男女問題の解決事例 3

離婚調停を通じ、総額1500万円を獲得した事例

  • 不倫・浮気
  • 財産分与
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
依頼主 40代 女性

相談前

相談者は40代の専業主婦であり、夫の不倫が発覚したことにより離婚する決意を固め、来所されました。

相談後

離婚調停は、約半年間かかり、結果、離婚が成立しましたが、その間に、慰謝料も含め、財産分与、婚姻費用をあわせると合計約1500万円を獲得することができ、依頼者の離婚後の経済的安定を確保することが出来ました。

中原 卓也弁護士からのコメント

中原 卓也弁護士

離婚をしてしまうのは、夫婦間の個人的な関係の問題であり、仕方のないことですが、その際の経済的側面については弁護士に早めに相談すると、良い結果が得られることが多いです。

離婚・男女問題

特徴をみる

債権回収

分野を変更する
【25年以上の実績】
企業活動には法的リスク回避のため、弁護士が必要不可欠です。

対応体制

  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

■当事務所の強み
当事務所は、これまで顧問会社、病院、一般社団法人の案件を数多く手掛け、その中でも債権回収については日々ご依頼いただき、多くの企業のご満足をいただいております。
その他、一般的な企業法務(労務管理、契約書作成及びチェック、その他法律相談、取引先や顧客との紛争)についても様々な企業からご依頼をいただいており、状況に合わせた柔軟な解決を目指し、より高レベルの問題解決を目指します。

■企業法務における弁護士の役割
当事務所は25年を超える実績の中で、顧問弁護士としてあらゆる業種業態の企業の問題解決に取り組んでおり、中でも債権の回収は強制執行、保全措置を含む専門的な知識が必要不可欠の分野であること、昨今の企業活動の停滞から企業間でのトラブルも増加傾向にあり、企業における弁護士の必要性は増加傾向にあるといえます。

■これまで具体的な相談内容
・取引先が代金を支払ってくれない。支払を請求したいが進め方が分からない。
・取引先の財産を差し押さえたいが、どのようにしたら良いか分からない。
・取引先が支払に応じてくれないので、弁護士を立てて請求したい。
・債権回収したいが、相手に財産があるか疑わしい。
・債権回収したいが相手が不合理な言い訳ばかりしている。

債権回収の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 法人法務は、継続的なお付き合いを通じた情報共有・信頼関係があってこそ、質の高いサービスを提供できます。
そのため、お客様には、基本的に顧問契約の締結をお願いしています。
ただし、初回のお客様の御相談は、無料にてお受けいたします。
着手金 スポットでのご依頼についても初回無料相談により事案を把握し、それに見合った金額をご提案致します。
成功報酬 スポットでのご依頼についても初回無料相談により事案を把握し、それに見合った金額をご提案します。
顧問料 【月額3万円(税抜)~】です。
契約期間は6か月で、6か月ごとに更新されます。
ご満足いただけない場合、最初の6か月で解約していただくことも可能です。
その他費用 御相談、書面作成、交渉などは、基本的にすべて顧問料の範囲内で対応させていただきます。
一部の交渉・裁判の場合は、案件によって業務量が大きく異なるため、個別に御相談の上、費用を決定させていただきます。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

債権回収の解決事例(3件)

分野を変更する

債権回収の解決事例 1

病院の未収金回収で効果を上げた事例

相談前

病院から相談があり、治療費の未収金の回収を継続的に依頼されました。

相談後

中には患者と連絡がつかず、回収不能の事例もありましたが、多くの事例で全額未払いの治療費をお支払いいただきました。

中原 卓也弁護士からのコメント

中原 卓也弁護士

債権回収は、粘り強く相手方に電話や手紙を送り、決してあきらめないことが肝心です。

債権回収の解決事例 2

貸金を全額回収した事例

相談前

相談者は、前に勤めていた会社に数百万円の貸し付けを行っているが、会社から返してもらえないということで相談に来られました。

相談後

会社関係者にそもそも連絡がつかない事案だったので、すぐに訴訟提起し、証拠判決を獲得、会社の取引先への債権を差し押さえて全額回収することができました。

中原 卓也弁護士からのコメント

中原 卓也弁護士

債権回収は、相手方が任意に支払わない場合の回収方法についても深い法的知識が要求されるため、弁護士の助力が不可欠な分野です。

債権回収の解決事例 3

相手方と交渉の上、約9割回収できた事例

相談前

相談者は工事請負業者であり、注文者が一切お金を支払わないということで、相談を受けました。

相談後

相手方と対面で交渉し、当方提示の金額の約9割で訴訟前に和解をすることができました。

中原 卓也弁護士からのコメント

中原 卓也弁護士

債権回収は裁判をせざるを得なくなると、時間と労力がかかるため、ある程度損切りをして早期解決をするのも賢い方法です。

債権回収

特徴をみる

労働問題

分野を変更する
【25年以上の実績】労働者・企業問わず、多くの分野で泣き寝入りしてしまうことで、当事者本来の権利を全うできない事案が多く見受けられます。お気軽にご相談ください。

労働問題の詳細分野

原因

  • パワハラ・セクハラ
  • 給料・残業代請求
  • 労働条件・人事異動
  • 不当解雇
  • 労災認定

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

■当事務所の強み
①当事務所は、地元密着型の弁護士として、労働問題に25年以上携わってきており、労働問題全般の法的処理に豊富な経験があります。
②事務所の体制として、フットワークの軽い若手弁護士(弁護士歴5年以内)と経験豊富なベテラン弁護士(弁護士歴30年以上)がチームを組んで事案処理に当たりますので、事案の迅速かつ適切な解決が可能となっております。
③当事務所は、労働者側だけでなく、会社側における労働案件についても、今まで数多く受任してきた経験があるため、双方の立場からものを考えることが可能であるため、労働者側・企業側問わず、どのように対処すべきかにつき、適切かつ迅速な判断が可能です。
④これまで、当事務所で受任した労働問題の案件については、ほとんどすべての事案で依頼者様のご満足をいただいており、多くの方から、他事件の紹介をいただいてきました。

■費用について
・お金の心配をせずに気兼ねなくお話しいただけるよう、初回相談は無料です。
・事件ご依頼時の着手金・報酬金は日本弁護士連合会が適切として定めた料金を基準に、ご依頼者の経済状況に合わせて相談に応じております。
・弁護士費用が不安な方でもご相談により柔軟な対応が可能です。

▼重点取扱案件
<労働者側>
残業代請求、不当解雇、退職金の不払い
<企業側>
残業代請求、問題社員に対する対応(配転・出向・転籍・各種懲戒処分)、就業規則の作成、変更、労働契約書の作成、労働組合対応

▼よくあるご相談
<労働者側>
・サービス残業が多く未払いの残業代を請求したい。
・突然解雇だと言われたが今後、会社に対しどう対応してよいかわからない。
・就業規則や労働契約書を見せてもらえない。
・もらえるはずの退職金がもらえない。または一部減額された。

<企業側>
・問題社員の取り扱いに困っている。
・労基署に虚偽の申告をするぞと脅されている。
・不当に高い残業代を請求された。
・労働組合に対する対応をお願いしたい。
・就業規則を新たに作成またはこれまでのものを見直したい。
・賃金体系を見直したい。

その他、お困りのことはどうぞご遠慮なくご相談ください。

▼事務所サポート
・相談時に見積りを作成し、総額費用を明確に提示いたします。
・事務所が神戸駅徒歩2分でアクセスが便利です。
・ご依頼者様の最終目標を見据えた、訴訟以外の柔軟な解決も目指します。
・面談は当日、休日・夜間も受け付けております。
・初回相談は無料で面談予約は24時間受け付けております。
※営業時間外はメールフォームにてお問い合わせ。

労働問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回相談無料(60分)
二回目以降1時間1万円
着手金 10万円~(税別)
報酬金 20万円~(税別)
備考 料金はご状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

労働問題の解決事例(4件)

分野を変更する

労働問題の解決事例 1

<労働者側>不当な懲戒解雇をされ、解決金約300万円を勝ち取った事例

  • 不当解雇
依頼主 30代 男性

相談前

依頼者は、勤続1年以内に、2日間欠勤しただけで懲戒解雇を言い渡され、今後どうすればよいかにつき相談を受けました。

相談後

労働審判により、懲戒解雇の無効と、懲戒解雇後、審判が終わるまでの賃金請求を行い、約300万円(依頼者の給料の約9箇月分)の解決金を得て退職し、無事次の会社にも就職することが出来ました。

中原 卓也弁護士からのコメント

中原 卓也弁護士

労働法上の解雇や休職命令等の有効性については、専門的知識を要するため、弁護士に相談しないとなかなか妥当な解決が見えてきません。
お早めに相談するのがよいです。

労働問題の解決事例 2

<労働者側>勤続2年間で250万円の残業代を勝ち取った事例

  • 給料・残業代請求
依頼主 40代 男性

相談前

依頼者は、相手方会社で働き始めた当初から、サービス残業をさせられており、退職する契機に、これまでの残業代を請求したいと相談されました。

相談後

労働審判で、相手方会社にタイムカードや就業規則の開示を請求し、それに基づいて約250万円の支払いが認められました。

中原 卓也弁護士からのコメント

中原 卓也弁護士

現在、我が国の労働関係法は、労働者に手厚い保護をもうけているため、弁護士に相談すれば、一人で会社に立ち向かうよりも満足のいく解決になることが多いです。

労働問題の解決事例 3

<企業側>約5000万円の残業代請求を、1350万円に抑えた事例

  • 給料・残業代請求
依頼主 30代 男性

相談前

依頼会社は、計5人から、一斉に、総額5000万円もの残業代請求訴訟を提起され、対応を依頼されました。

相談後

訴訟の中で、和解の話に持ち込み、総額1350万円で解決することが出来ました。
依頼会社には、今後、同様の訴訟が起こらないように賃金体系をどのように変更すればよいかというところまでアドバイスしました。

中原 卓也弁護士からのコメント

中原 卓也弁護士

現在の我が国の労働関係法は、労働者の保護に厚く、労働者への対応を間違えるとかなりのコストを覚悟しなければなりません。
起こされてしまった訴訟等に対して適切に対応することはもちろんですが、紛争をきっかけに、今後、二度と同じ問題が起こらないような対策を弁護士等の専門家に相談するべきです。

労働問題の解決事例 4

<企業側>法的紛争に発展することなく、問題社員に退職してもらった事例

依頼主 50代 男性

相談前

依頼会社の問題社員(無断で遅刻・欠勤を繰り返す。他の社員や取引先に迷惑をかける)に対する対応を依頼されました。

相談後

当該問題社員に対し、問題を起こす度に、段階的に注意書・警告書を提示し、何度も警告を与えた上で、解雇の意思表示をし、交渉の末、当該社員も納得の上で、退職してもらうことができました。

中原 卓也弁護士からのコメント

中原 卓也弁護士

問題社員をどのように取り扱うかについては、一つ間違うと法的紛争に発展し、会社が不利な状況に置かれてしまう危険性があります。
早めに弁護士に相談することで、全体像を見据えた段階的措置をとることができ、法的紛争にならずに問題を解決できる可能性が高まります。

労働問題

特徴をみる

不動産・建築

分野を変更する
【25年以上の実績】経験を生かしたスピーディな対応と納得の料金体系で安心してご依頼いただけるよう努めております。まずはお気軽にご相談ください。

不動産・建築の詳細分野

賃貸トラブル

  • 賃料・家賃交渉
  • 建物明け渡し・立ち退き
  • 借地権

売買トラブル

  • 欠陥住宅
  • 任意売却

近隣トラブル

  • 騒音・振動
  • 土地の境界線

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

■当事務所の強み
①当事務所は、地元密着型の弁護士として、不動産に関する問題に25年以上携わってきており、不動産に関する問題の法的処理に豊富な経験があります。特に当事務所は、不動産を管理・運営・売買・仲介する企業の顧問を複数手がけています。
②事務所の体制として、フットワークの軽い若手弁護士(弁護士歴5年以内)と経験豊富なベテラン弁護士(弁護士歴30年以上)がチームを組んで事案処理に当たりますので、事案の迅速かつ適切な解決が可能となっております。
③地元密着型の特性をいかし、公認会計士・税理士・司法書士や不動産鑑定士、土地家屋調査士等の他士業と連携し、法的問題に限らない事案の総合的解決が可能です。
④これまで、当事務所では100以上の不動産に関する案件についてご相談を受けており、受任した場合、ほとんどすべての事案で依頼者様のご満足をいただいており、多くの方から、他事件の紹介をいただいてきました。

■費用について
・お金の心配をせずに気兼ねなくお話しいただけるよう、初回相談は無料です。
・着手金・報酬金は日本弁護士連合会が適切として定めた料金を基準に、ご依頼者の経済状況に合わせて相談に応じております。
・着手金を安くし、相手方から費用が回収できた場合は報酬金でディスカウント分を補うなど、利用しやすい費用体系にしています。

▼重点取扱案件
建築瑕疵、境界確定、土地建物明け渡し、賃料増額・減額訴訟、未払い賃料請求

▼よくあるご相談
・店子の賃料の滞納分を請求したい
・店子の賃料の滞納が続いており、建物明け渡しの請求をしたい
・設計図通りに施行されておらず、想定と異なる住環境になってしまった
・土地を売却したいが、土地の境界が不明確で隣人とトラブルを抱えており、膠着状態である
・不当な賃料増額(減額)請求を受けている
・店子が、勝手に部屋を改造している
・入居者が禁止されているペットを飼っている、など
お困りのことはどうぞご遠慮なくご相談ください。

▼事務所サポート
・相談時に見積りを作成し、総額費用を明確に提示いたします。
・事務所が神戸駅徒歩2分でアクセスが便利です。
・ご依頼者様の話をとことん聞き、法律以外の知識も駆使した上で、依頼者にとって総合的な最善の解決を模索いたします。
・面談は当日、休日・夜間も受け付けております。
・初回相談は無料で面談予約は24時間受け付けております。
※営業時間外はメールフォームにてお問い合わせ。

不動産・建築

解決事例をみる

不動産・建築の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回相談無料(60分) 
二回目以降 1時間1万円
着手金 10万円~(税別)
報酬金 20万円~(税別)
備考 料金はご状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

不動産・建築の解決事例(2件)

分野を変更する

不動産・建築の解決事例 1

賃料を支払わない賃借人を退去させた事例

  • 建物明け渡し・立ち退き
依頼主 50代 女性

相談前

住居用建物を所有している依頼者から、賃料を3か月滞納している賃借人の対応をお願いされました。

相談後

私から、相手方当事者に内容証明を送り、そこから交渉が始まりました。
結果として、裁判を経ることなく、交渉開始から約1か月半で賃借人に退去してもらうことが出来ました。
なお、未払い賃料については、連帯保証人(相手方の父親)から約8割回収することが出来ました。

中原 卓也弁護士からのコメント

中原 卓也弁護士

貸し建物所有の方にとって、賃借人とのトラブルは避けては通れないものだと思います。
速めに弁護士にご相談いただくことで、訴訟以外の解決策も提示することができ、最善の結果をもたらすことが可能です。

不動産・建築の解決事例 2

不当に高額な原状回復費用を相当程度に減額した事例

依頼主 40代 女性

相談前

依頼者が住宅用建物を退去する際、賃貸人から、原状回復費用約150万円という不当に高額な金額を請求されたとして、依頼者から対応をお願いされました。

相談後

相手方の賃貸人と交渉に入り、原状回復費用の内訳を明らかにさせた上で、知り合いの内装業者の協力も得て、どの程度の費用が妥当なものであるかを主張しました。
結果、裁判をすることなく、約30万円で合意しました。

中原 卓也弁護士からのコメント

中原 卓也弁護士

一般に賃借人は、賃貸人に比べ、借家に関する法律関係に疎いことが多く、賃貸人の過大な請求をそのまま鵜呑みにしてしまいがちです。
弁護士に早めに相談することで、本来あるべき権利を実現することが可能です。

不動産・建築

特徴をみる

企業法務・顧問弁護士

分野を変更する
【25年以上の実績】
企業活動には法的リスク回避のため、弁護士が必要不可欠です。

企業法務・顧問弁護士の詳細分野

依頼内容

  • M&A・事業承継
  • 人事・労務
  • 知的財産・特許
  • 倒産・事業再生
  • 渉外法務

業種別

  • エンタテインメント
  • 医療・ヘルスケア
  • IT・通信
  • 金融
  • 人材・教育
  • 環境・エネルギー
  • 運送・貿易
  • 飲食・FC関連
  • 製造・販売
  • 不動産・建設

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料

■当事務所の強み
当事務所は、これまで医療事故等の事件において病院側の弁護士として数多くの案件を手掛け、医療関連の訴訟では神戸でもトップクラスの実績を有しています(約20年前から、兵庫県医師会の共済特別事業員会特別委員、医事紛争対策特別事業委員会特別委員、医療安全対策事業委員会特別委員を歴任し、また。神戸市医師会の法律顧問を約15年務めています。)顧問先にも病院など医療法人や医療関係機関・団体・MS法人が数多くあり、医療事故事件のほか患者からのクレームへの対応、労使問題など、多くの医療関連の問題解決に専門的なノウハウを提供してきました。
また当事務所ではこれまで不動産に関する案件について多くのご相談を受けており、受任した場合にはほとんどすべての事案で依頼者様のご満足をいただいています。たとえば「店子(賃借人)の賃料の滞納分を請求したい」「建物明け渡しの請求をしたい」「店子が勝手に部屋を改造している」など、賃借人との紛争の解決にも多数の実績があります。
さらに、企業側に立っての労働問題の解決も得意分野です。就業規則の作成や変更、賃金規定の見直し、最近増えているのは残業代請求の問題。こうした案件において、状況に合わせた柔軟な解決を目指し、より高レベルの問題解決を目指します。
その他、製造業・飲食業・派遣会社等の幅広い分野の顧問弁護士として、日々、契約書その他規程の作成、労務管理、契約トラブル等に取り組んでいます。

■企業法務における弁護士の役割
当事務所は25年を超える実績の中で、顧問弁護士としてあらゆる業種業態の企業の問題解決に取り組んできました。企業法務を手掛ける上で重要なのは、企業における問題が、取り返しのつかない状況になる前にその芽を摘む、予防法務的な切り口でのサポートです。
小さなトラブルの種が、やがて大きな問題となってダメージを負うことがないよう、日常的にリスク軽減に努めるのが顧問弁護士の重要な役割といえます。
企業間取引における契約書の作成やチェック、就業規則や賃金規定の明文化、売掛金の未回収を防ぐための予防的措置などを、顧問弁護士が日常的に講じていくことによってトラブルの顕在化を防ぎます。実は長いスパンで考えても、たとえば問題が深刻化したあとにスポットで弁護士に解決を依頼するよりも、かかるコスト(損失費用)は圧倒的に安く済むと言えるのです。

■重点取扱案件
労務管理(解雇その他懲戒処分・残業代請求・就業規則作成)、各種契約書作成、取引先とのトラブル、テナントとの紛争、債権回収その他

■よくあるご相談
・問題社員の勤務態度を改善させたい・解雇したい。
・労働基準監督署に是正勧告を受けているがその対応をどうすればよいか。
・社内できちんとした就業規則・賃金規程を作成または改訂したい。
・退職した社員から残業代請求をされている。
・自社所有のビルに入っている店子が賃料を支払わない。約束とは異なる物件の使用をしている。
・取引先との契約書を弁護士に作成してもらいたい。
・取引先が契約条項を守らない。

■事務所サポート
・相談時に見積りを作成し、総額費用を明確に提示いたします。
・事務所が神戸駅徒歩2分でアクセスが便利です。
・ご依頼者様の話をとことん聞き、法律以外の知識も駆使した上で、依頼者にとって総合的な最善の解決を模索いたします。
・面談は当日、休日・夜間も受け付けております。
・初回相談は無料で面談予約は24時間受け付けております。
※営業時間外はメールフォームにてお問い合わせください。

企業法務・顧問弁護士

解決事例をみる

企業法務・顧問弁護士の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回相談無料
2回目以降、1時間1万円
着手金 契約書その他各種書類作成:5万円~
紛争対応:20万円~
成功報酬 旧日本弁護士連合会報酬基準に準じ、各自ご相談させていただきます。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

企業法務・顧問弁護士

特徴をみる 解決事例をみる

企業法務・顧問弁護士の解決事例(3件)

分野を変更する

企業法務・顧問弁護士の解決事例 1

残業代の請求を最小限に抑えた事例

相談前

計5名の従業員から、いっせいに総額5,000万円もの残業代請求訴訟を提起されてしまい、対応に苦慮した経営者からのスポットでの依頼を受けました。

相談後

結果的に訴訟の中で和解の話に持ち込み、総額1,350万円の残業代支払いで解決することができました。

中原 卓也弁護士からのコメント

中原 卓也弁護士

依頼された会社には、今後同様の訴訟が起こらないよう、賃金体系の変更までをアドバイス。もし当初から賃金規則を整備しておけば、この1,350万円も支払わなくて済んだ事例でもありました。
わが国の労働関係法は、労働者にとって有利な内容で作られており、対応を間違えると相当なコストを覚悟しなければならない事態となり得ます。起こされてしまった訴訟等に対して適切に対応することはもちろんですが、それ以前に、問題を発生させないための予防策の整備を、弁護士などの専門家に早期に相談していくべきでしょう。

企業法務・顧問弁護士の解決事例 2

法的紛争に発展せずに問題社員を解雇できた事例

相談前

ある会社の経営者から、無断欠勤や遅刻を繰り返し、他の社員や取引先に迷惑をかける問題社員への対応(解雇)を依頼されました。

相談後

幾度かの交渉の末にその社員も納得の上で退職してもらうことができました。

中原 卓也弁護士からのコメント

中原 卓也弁護士

こうした社員をどう扱うかはデリケートな問題で、方法を間違ってしまうと法的紛争に発展し、会社側が不利な状況に置かれてしまう危険性があります。早めに弁護士に相談することで、全体像を見据えた段階的措置をとることができ、法的紛争を避けることにもつながります。その前提として、就業規則を定めて明文化しておくことは当然重要でしょう。

企業法務・顧問弁護士の解決事例 3

労働基準法違反を不起訴にした事例

相談前

給与未払いで、労働基準監督署に書類送検された企業から、相談があり、弁護活動を行いました。

相談後

当該企業自体及び代表取締役が書類送検されましたが、被害者(元従業員)との示談や、代表取締役の陳述書、弁護士の意見書その他各種書面を整備の上、検察庁に提出したところ不起訴になりました。

中原 卓也弁護士からのコメント

中原 卓也弁護士

企業の労務管理は落とし穴がたくさんあり、企業には労働関係法令の深い知識が必要となります。

企業法務・顧問弁護士

特徴をみる

借金・債務整理

分野を変更する
【25年以上の実績】借金問題に関するあらゆる問題について、スピーディな対応と納得の料金体系で安心してご依頼いただけるよう努めております。お気軽にご相談ください。

借金・債務整理の詳細分野

依頼内容

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • ヤミ金対応
  • 任意整理
  • 個人再生

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料

■当事務所の強み
①当事務所は、地元密着型の弁護士として、借金問題に25年以上携わってきており、借金問題全般の法的処理に豊富な経験があります。
②事務所の体制として、フットワークの軽い若手弁護士(弁護士歴5年以内)と経験豊富なベテラン弁護士(弁護士歴30年以上)がチームを組んで事案処理に当たりますので、事案の迅速かつ適切な解決が可能となっております。
③地元密着型の特性をいかし、公認会計士・税理士・司法書士や不動産鑑定士、土地家屋調査士等の他士業と連携し、法的問題に限らない事案の総合的解決が可能です。
④当事務所で受任した借金問題に関する案件については、ほとんどすべての事案で依頼者様のご満足をいただいており、多くの方から、他事件の紹介をいただいてきました。

■費用について
・お金の心配をせずに気兼ねなくお話しいただけるよう、初回相談は無料です。
・事件を正式に依頼された場合の着手金・報酬金は日本弁護士連合会が適切として定めた料金を基準に、ご依頼者の経済状況に合わせて相談に応じております。
・案件の難易度により費用も変わりますので、初回相談時に費用のご説明をさせていただいております。

▼重点取扱案件
過払い金請求、法人・個人破産申立、債務整理、個人再生など

▼よくあるご相談
・借りては返すという自転車操業状態でどうしたら良いかわからない
・連帯保証した友人が倒産し、保証債務を負わされた
・闇金からの借入れに手を付けてしまい、執拗な取り立てに悩まされている
・消費者金融数社から借り入れを続けているが、利息が高く借金が減らない状態でどうしてよいかわからない
・自己破産したいので手続きをお願いしたい
・住宅ローンの返済方法を変えたい、など
お困りのことはどうぞご遠慮なくご相談ください。

▼事務所サポート
・相談時に見積りを作成し、総額費用を明確に提示いたします。
・事務所が神戸駅徒歩2分でアクセスが便利です。
・ご依頼者様の話をとことん聞き、法律以外の知識も駆使した上で、依頼者にとって総合的な最善の解決を模索いたします。
・面談は当日、休日・夜間も受け付けております。
・初回相談は無料で面談予約は24時間受け付けております。
※営業時間外はメールフォームにてお問い合わせ。

借金・債務整理

解決事例をみる

借金・債務整理の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回相談無料(60分) 
2回目以降 1時間1万円
着手金 10万円~(税別)
報酬金 20万円~(税別)
備考 料金はご状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理の解決事例(2件)

分野を変更する

借金・債務整理の解決事例 1

約700万円の債務を、自己破産により免責した事例

  • 自己破産
依頼主 40代 男性

相談前

依頼者は、月額収入が約15万円で、これまで10年間かけて、約700万円の借金を、銀行等から作ってしまっていたため、今後どうすればよいかという相談があった。

相談後

依頼者は、持ち家の他、処分が困難な財産をもっていなかったので、自己破産手続により免責を受けてはどうかと勧め、自己破産手続を委任された。
借金の明細をみると、一部遊興費に使っていることが判明したが、裁判所に誠実に対応することで何とか免責決定を獲得することが出来た。

中原 卓也弁護士からのコメント

中原 卓也弁護士

一般の方にとって「自己破産」という手続は、印象が悪く、なかなか一歩が踏み出せないかもしれませんが、意外とデメリットが少なく、今までの自分の債務を整理するのには有効な手続の一つです。
弁護士に早めに相談し、手続のメリット・デメリットについて詳細に聞くのがよいでしょう。

借金・債務整理の解決事例 2

約200万円の債務を、任意整理により整理した事例

  • 任意整理
依頼主 50代 男性

相談前

依頼者は、失業等により、生活困難のため、金融機関から約200万円の借金をしていたため、その解決を依頼された。

相談後

依頼後、依頼者の仕事が決まり、月額15万円ほどの安定収入を確保することが可能となったので、各債権者(合計3社)と交渉し、月額4万円の支払いで約4年間支払うことで合意に至った。

中原 卓也弁護士からのコメント

中原 卓也弁護士

任意整理は、不動産などの財産を有し、それらの財産を手放したくないが、借金がかさんでしまっているという人に有用な手続です。
各債権者との交渉を弁護士に任せた方が、スムーズに問題が解決できることが多いでしょう。

借金・債務整理

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
中原和之法律事務所
所在地
〒650-0017
兵庫県 神戸市中央区楠町6-2-4 ハーバースカイビル7階701
最寄り駅
高速神戸駅から徒歩3分、大倉山駅から徒歩5分、神戸駅から徒歩8分
交通アクセス
駐車場近く
受付時間
  • 平日00:00 - 24:00
  • 土日祝00:00 - 24:00
定休日
なし
備考
事務所の営業時間は9:00-17:30です。営業時間外はメールでのお問い合わせの方がつながりやすいです。
対応地域

関西

  • 大阪
  • 兵庫
  • 京都

中国

  • 岡山
設備
  • 完全個室で相談

電話で問い合わせ
050-5827-3453

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

現在営業中 00:00 - 24:00

中原和之法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5827-3453

※中原和之法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日00:00 - 24:00
  • 土日祝00:00 - 24:00
定休日
なし
備考
事務所の営業時間は9:00-17:30です。営業時間外はメールでのお問い合わせの方がつながりやすいです。
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談