現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
井上 祐司弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。

広島県1

( いのうえ ゆうじ ) 井上 祐司

鳴戸法律事務所

離婚・男女問題

分野を変更する
■初回相談30分無料■ ◆土日/休日/夜間相談可◆
最小の負担で最善の結果を得られるよう解決までサポートします。
適切な面会交流権の実現にも力を入れています。
鳴戸法律事務所
鳴戸法律事務所
鳴戸法律事務所

■初回相談30分無料■ ◆土日/休日/夜間相談可◆

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 完全成功報酬あり

※費用に関しましては、案件ごとにご相談に応じます。まずは、お気軽にご相談ください。

【このようなご相談お任せください!】
・自分たちの収入,環境で慰謝料・養育費がいくらもらえるのか知りたい。
・子どもと面会させてほしいが,相手が難色を示している。
・離婚(別居)したいが,相手に全く応じてもらえない。
・交際相手から妊娠したと言われたが,どうしてよいか分からない。

近年は恋人間でのDV・不貞行為や,夫婦間でのモラルハラスメントや性格の不一致などを原因とした離婚などのご相談を受ける機会が増えてきています。
離婚に伴って,かならず問題となるのが,監護していない親と子の間の面会交流です。当事務所では,親子間の適切な面会交流の機会の確保にも力を入れています。

離婚・男女問題は結局のところ人と人の関係ですから,解決まで途方もない時間とエネルギーがかかるように思われるでしょう。
確かに,解決までに要する経済的・時間的負担は無視できないものですが,相談者の方が最小の負担で最善の結果を得られるよう,事件終結までサポートします。
お悩みを抱え込むことなく,まずはご相談ください。

【強み】
・感情をありのままお伝えいただくことは大切ですが,それが事件解決の妨げとならないよう,納得できるまで時間を掛けて方針を話し合うようにしています。
・相談時に,事件終了までにかかる費用を明確に示すようにしています。
・面会交流が問題となる場合には,出来る限り話しやすい状況をセットしてお子様のお気持ちも聞くようにしています。

【重点取扱案件】
・離婚をするにあたっての慰謝料請求
・夫・妻のどちらが親権を獲得するかの問題
・離婚が成立するまでの養育費の請求
・離婚と,それに伴う財産分与
・監護していない親と,子どもたちの間の面会交流の実現

【費用について】
・着手金・報酬金は日本弁護士連合会が適切として定めた料金を参考にしていますが、ご依頼者の経済状況に合わせて負担が少なくなるよう相談に応じております。
・ご相談は基本的に直接お会いしてお受けするようにしていますが,ごく簡単な内容のご相談については電話での回答も承ることがあります。

------------------------
【アクセス】
・紙屋町・基町駅から徒歩3分

離婚・男女問題

解決事例をみる

この分野の法律相談

【相談の背景】 妻から離婚調停を申立てられましたが、現在も親権について対立があり、離婚に合意しておりません。 【質問1】 調停中に妻が不倫をしているのですが、それでも親権は妻になるのでしょうか。 また、子供を留守番させ不倫をしているのですが、それでも親権は母親にいくものなのでしょうか。 ...

>子供を留守番させ不倫をしているのですが、それでも親権は母親にいくものなのでしょうか。  子どもの年齢が幼い場合には特にそうですが、法律上の配偶者以外の者と不貞行為があったことのみでは、親権者としての不適格事由として決定的意味を持つとはいえません。  ただし、子どもよりも不貞行為の相手方との関係を優先させ、親権者としての必要な育児を果たしていないというこ...

井上 祐司弁護士

【相談の背景】 6月に長きに渡る離婚調停が 成立しました。 先月の終わりに手紙にて 色々書き(財産分与のこと 面会交流のことなど)書き 返事をくださいと書きました きません。 調停調証に、別途子供の進学 病気などで特別出費を払う場合は 協議すると書いてあるので 小学校進学 〜万 中学校進...

状況がよく分からないのですが、財産分与・慰謝料・離婚後の面会交流のことを一切決めずに離婚のみ調停で成立させたのでしょうか。 離婚だけ先行して取り決めることは通常あまりないため、なぜそのようなことになったのか理由は不明ですが、少なくともこれから財産分与や面会交流の具体的内容を決めることを求めたいのであれば財産分与や面会交流の調停申立、慰謝料については別途...

井上 祐司弁護士

【相談の背景】 W不倫にて、先日慰謝料を支払い、示談が成立しました。 その相手とは別に未婚女性Aと関係を持っていたのですが、相手にバレて示談が終わったことも伝えました。 示談書には相手との連絡を取らない旨が記載されていたので、僕は連絡を取っていません。ですが、そのAが執拗に「まだ連絡とってる」...

示談をした相手との間で口外禁止条項を設けたのでなければ、相談者が心配することは特になく、相手に好きに確認させればよいのではないでしょうか。確認すること自体を止めることはできないと思います。

井上 祐司弁護士

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,000円(税別)
着手金 10万円~30万円(税別)
報酬金 得られた利益の5%~15%(税別)
備考欄 料金はご状況に応じて柔軟に対応いたします。お気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(3件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

慰謝料の金額を大幅に減額できた事例

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 男性

相談前

既婚者と関係を持ってしまい,相手方の配偶者から慰謝料の請求を受けた事例。相手方は本件が原因で離婚を選択したと主張し,500万円の慰謝料を請求されている状況でした。

相談後

これまでの相手方らの夫婦関係や相談者と不貞の相手方とのやりとりについて,LINEのトーク履歴や友人らに送ったメールの内容を精査すると,不貞行為以前に婚姻関係が破たんしている疑いが強い状況でした。そこでその旨を主張するとともに,もともと夫婦関係の不和により家庭内別居の状況にあり,離婚は不貞と関係ないと主張したところ,裁判官からは請求額の10分の1の和解金額が提示されました。

井上 祐司弁護士からのコメント

井上 祐司弁護士

結果として一審で和解は成立しなかったものの,控訴審で和解が成立し,大幅な慰謝料減額を得ることが出来ました。相談者の方がきちんとLINEのトーク履歴をバックアップしてくれていたことも大きかったと考えられます。もっとも,婚姻関係破綻の立証は予想よりもハードルが高いことを実感した事件でもありました。

離婚・男女問題の解決事例 2

3年の別居期間で和解による離婚が成立した事例

  • 離婚請求
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
依頼主 30代

相談前

相談者は,相手方と何年も性格の不一致で悩んでおられましたが,相手方からの暴言と暴力を契機に別居を決意され,離婚をしたいとのことで相談に来られました。

相談後

調停を申し立てるも,相手方に離婚意思は全くない状況でした。暴力については完全に否定され,提出した証拠についても決め手にはならない状況で,訴訟に移行するよりほかにありませんでした。
明確な離婚事由がない中,裁判官からは修復の見込みがないことが熱心に相手に説明され,結果として約3年の別居期間ではあったものの離婚に応じてもらうとともに勝訴的な和解に終わることが出来ました。

井上 祐司弁護士からのコメント

井上 祐司弁護士

いわゆる「婚姻を継続しがたい重大な事由」があるとして離婚が認められるためには,多くの判例で5年以上の別居期間を要求していますが,近年はその他の諸事情が認められることを理由に,3年半程度の別居期間でも認める判例がちらほら見られます。確実な離婚事由がない場合には,財産分与等について出来るだけ柔軟に対応することを前提に,早期の離婚が成立するよう,裁判官からの働きかけを期待した訴訟活動が必要になることもあります。

離婚・男女問題の解決事例 3

貞操権侵害による慰謝料の支払を得た事案

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 女性

相談前

相談者はまだ20台前半でしたが,妻子のある職場の男性から積極的に誘われる形で関係を持ってしまうこととなりました。交際中,離婚して相談者と結婚する旨の甘言がなされ,結果として妊娠し中絶も余儀なくされる等の経緯があり,どうしても許せないとの心情をお持ちでした。

相談後

相手方の男性からは慰謝料が発生する事案ではないとの回答がなされたため,相談者と協議の上,やむを得ず訴訟を提起することとなりました。裁判官からは早期に200万円の慰謝料を支払う旨の和解案の提示があり,相手方も結果としてこれに応じる意向であったため,この条件で和解することとしました。

井上 祐司弁護士からのコメント

井上 祐司弁護士

妻子ある男性との間での結婚の約束は公序良俗違反であり,女性から男性に対する貞操権侵害の主張は排斥されることがほとんどですが,交際に至った経緯いかんでは,情交関係を結んだ相手方の不法性が大きく,慰謝料の支払を命じられる場合もあります。ケースとして数は多くはないですが,本件は裁判官の訴訟指揮にも助けられたケースとなりました。

離婚・男女問題

特徴をみる

犯罪・刑事事件

分野を変更する
■初回30分まで無料■ ■土日休日夜間相談可■
捜査対象となった方のご家族,身体拘束されたご本人のパートナーとして不当な供述が引き出されないよう活動します。
鳴戸法律事務所
鳴戸法律事務所
鳴戸法律事務所

■初回相談30分無料■ ◆土日/休日/夜間相談可◆

犯罪・刑事事件の詳細分野

タイプ

  • 被害者
  • 加害者

事件内容

  • 少年事件
  • 児童買春・児童ポルノ
  • 詐欺
  • 痴漢
  • 盗撮
  • 強制性交(強姦)・わいせつ
  • 暴行・傷害
  • 窃盗・万引き
  • 強盗
  • 横領
  • 交通犯罪
  • 覚せい剤・大麻・麻薬

対応体制

  • 全国出張対応
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり

※費用に関しましては、案件・ご事情ごとにご相談に応じます。まずは、お気軽にご相談ください。

【このようなご相談お任せください!】
・突然,夫(妻)・親(子)が逮捕された。
・出来心で犯罪に及んでしまったが,前科・前歴をつけたくない。
・未成年者の息子(娘)が,犯罪に巻き込まれてしまい逮捕された。
・裁判員裁判を受けることになったが,裁判員にきちんと事情を理解してほしい。
・警察官に強い誘導的取調べを受けているが,事実は異なることを理解してほしい。

登録以降,一貫して刑事弁護には力を入れています。
今後の見通しや事案ごとに問題となるポイントを,スピーディに判断・提供するよう心がけています。

刑事事件では,結論について最初に甘い見通しを持つことは命取りになりかねません。
最悪の事態を考えた弁護活動をするよう常に心がけています。

捜査の対象となった方のご家族の方や,身体を拘束されたご本人を支えるパートナーとして,捜査官から不当な供述が引き出され,不本意な処分が下されないための活動に注力しています。
まずは,気軽にご連絡ください。

【重点取扱案件】
・勤務先での犯罪(窃盗・傷害・横領・背任など)
・少年事件
・冤罪事件
・重大事件(殺人・強盗など)
・薬物の使用事犯

【費用について】
・着手金・報酬金は日本弁護士連合会が適切として定めた料金を基準に、ご依頼者の経済状況に合わせて相談に応じております。
・要する費用を初期の段階で適切に見積します。
・ごく簡単な内容のご相談については,料金を請求せずお電話での相談も承っています。
------------------------
【アクセス】
・紙屋町・基町駅から徒歩3分

犯罪・刑事事件

解決事例をみる

この分野の法律相談

【相談の背景】 数年前に警察にお世話になりました。 任意同行、取り調べ、写真、誓約書などを書きました。 取り調べは1回だけで終わりました。 被害届がでていないことと今後何もなければ事件化はしないと担当の刑事さんが言っていたと担当弁護士から伺いました。 それから月日がたち時効をむかえました。 ...

既に事件当時成人しているという前提になりますが、検察庁に送致され検察官が略式起訴を含む起訴をし、略式命令を含む裁判がなされていれば前科となり、起訴猶予を含む不起訴であれば前科とはなりません。 前歴というのは法律上の概念ではありませんが、被疑者として警察や検察などの捜査機関による捜査の対象となったことを指す意味で用いられます。 不起訴は嫌疑がある場合の起訴...

井上 祐司弁護士

【相談の背景】 4年間ほど、一般人の女性のSNSアカウントを監視しておりました。私自身もSNSのアカウントを作り、誹謗中傷とまでは行きませんが、その方について投稿しておりました。1度ご本人から厳重注意を受け謝罪しましたが、また監視を繰り返してしまいました。現在相手の方とは話を進めており、弁護士を通さ...

内容が名誉棄損、プライバシーの侵害、ストーカー規制法所定の行為に該当するかは投稿内容や頻度を詳細に検討しなければ確答が難しいと思います。 弁護士に依頼せずに示談を進めること自体がおかしいとはまったく感じませんが、当事者間の判断で進めると、犯罪にも不法行為にも該当しないのに多額の賠償金を支払う合意をしてしまったり、示談書の条項が支離滅裂で意味がない示談書...

井上 祐司弁護士

【相談の背景】 高校生二年生の息子の話です。 先日警察から電話があり、2ヶ月前息子が一方的に暴力を振るい相手から被害届が出ています。 息子から折り返し警察に電話したところ、学校が夏休みになる1週間後に再度電話して警察に行く事になったようです。 警察は息子には話を聞かせて欲しいとしか言ってないよ...

あくまで一般論ですが、現時点で逮捕されていないことからすると、事情聴取後に逮捕に至る可能性は高くはないのではないかと想像します。 時間的余裕がある点については、中高生が当事者として関わる事件の場合、警察は極力学校行事を優先しますので、そのことが大きいのではないかと思います。ほかにも、先に被害者側の話を聞く必要があるという理由と、場合によっては学校側の関係者...

井上 祐司弁護士

犯罪・刑事事件の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分5,000円(税別)
ただし,極めて簡明な内容については,電話での無料相談にも応じています。
着手金/成功報酬 ■費用の目安
・事案簡明な起訴前弁護の着手金   15万円~
・事案複雑な起訴前弁護の着手金   30万円~
・起訴後の弁護活動         15万円~
*いずれも事件の複雑性や経済的なご事情を勘案し,ご相談に応じます。
備考 事件の内容やご状況に応じて捜査機関への出頭へのご同行などにも柔軟に対応してきました。お気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

犯罪・刑事事件の解決事例(3件)

分野を変更する

犯罪・刑事事件の解決事例 1

不起訴処分となった恐喝被疑事件

  • 加害者

相談前

依頼者の方は,知人に自分のペットが怪我をさせたことから賠償を受ける立場にあったところ,その知人に対して威圧的な言動によって畏怖させ治療費の請求をあきらめさせたとの内容での恐喝被疑事件で逮捕されました。

相談後

依頼者及びその奥様からの了解を得てLINEのトーク履歴やメッセージを検討し,犯行があったとされる現場にその日時に赴いたところ,被害者の述べる被害態様に多くの疑問点があることが判明しました。勾留の延長請求に対する準抗告をするとともに,被害者の言い分に不合理な点が多く含まれているため公判請求すべきではないという意見を資料とともに提出しました。勾留延長請求は却下され,依頼者の方は処分保留で釈放された後,不起訴処分になったとのことでした。

井上 祐司弁護士からのコメント

井上 祐司弁護士

無罪や嫌疑不十分となる事件の多くは,証拠が被害者の供述以外に乏しく,その供述の信用性が非常に低いという類型のものです。
この場合,弁護人が自発的に犯行再現を行い記録化するなど,能動的に動かなければ供述の矛盾点を突くことが難しいことも少なくありません。
また,検察官が漫然と勾留延長をし,裁判官が漫然と勾留延長を認めるのが現実である中,果たして十分な弁護活動が出来たか,日々の事件処理の中で振り返る必要があると思っています。

犯罪・刑事事件の解決事例 2

在宅となった公務執行妨害事件

  • 暴行・傷害
  • 加害者

相談前

依頼者の方のご家族が,泥酔した状態で施設職員及び臨場した警察官に暴行を働いたもので,直ちに現行犯逮捕されたものでした。

相談後

幸いにも依頼者の方もご家族も身元及び勤務先がしっかりしていたため,すぐに検察官に上申書を提出し,何とか勾留されずに在宅で捜査を行ってもらえることになりました。
暴行を受けた市民の方の怪我の程度が酷かったものの,直接本人を伴って謝罪にうかがい,何とか示談をしていただくことができました。警察官の方には当然ながら示談等に応じてもらうことは出来ませんでしたが,謝罪文を所轄署に届けるなどし,最終的には略式起訴で終わることが出来ました。

井上 祐司弁護士からのコメント

井上 祐司弁護士

この事件の影響で交通機関のダイヤに一部影響が出るなど,直接の被害者以外が受けた損害も大きく,そちらに対しても被害弁償が必要になりましたが,依頼者方の最終的な出費は予想よりもかなり抑えることが出来ました。

事件を起こすのはほんの一瞬でも,その後に負うべき責任の大きさが余りにも大きいことを体感した事件となりました。

犯罪・刑事事件の解決事例 3

再度の執行猶予が付された事例

  • 窃盗・万引き
  • 加害者
依頼主 男性

相談前

以前に万引き数件で懲役1年,執行猶予3年の猶予期間中であった依頼者の奥様からの相談。他人の管理する建造物に侵入の上,衣類を盗んだという内容で逮捕され,勾留されていました。

相談後

執行猶予期間中の犯行であったため,一般論として実刑は免れない可能性が非常に高いことをまず説明しました。本人の反省の程度は深く,奥様とともに被害弁償にうかがったところ,幸いにも厳しい処罰感情をお持ちでなく,示談をしていただくことができました。本人が仕事のストレスで非常に不安定な状況にあったことがわかったため,職場の方に情状証人として立っていただき,本人からも深い反省の言葉を被告人質問で述べてもらいました。
結論は再度の執行猶予が付されることとなりました。

井上 祐司弁護士からのコメント

井上 祐司弁護士

再度の執行猶予はまず難しいと思っていましたが,やれるだけの弁護活動はすべて行うこととしました。結果については依頼者ご本人の深い反省や,奥様や勤務先の方をはじめとする周囲のサポート,被害者の方の寛大なお気持ちがあったうえでのことですが,裁判官からも本人の葛藤に深く踏み込んだ質問がなされ,温かな言葉をかけてもらえるなど,印象的な公判となりました。

犯罪・刑事事件

特徴をみる

労働問題

分野を変更する
■法テラス利用可能■ ■柔軟な相談体制■
職場でのトラブルには、早急に対応する必要があります。泣き寝入りする前に、一度当事務所にご相談ください。
鳴戸法律事務所
鳴戸法律事務所
鳴戸法律事務所

■初回相談30分無料■ ◆土日/休日/夜間相談可◆

労働問題の詳細分野

原因

  • パワハラ・セクハラ
  • 給料・残業代請求
  • 労働条件・人事異動
  • 不当解雇
  • 労災認定

対応体制

  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

※まずは、お気軽にご相談ください。

【このようなご相談はお任せください!】
・ある時期から未払いとなっている残業代を請求したい。
・突然名ばかりの管理職にされ、わずかな手当のみで残業代が支払われない状態が続いている。
・職場でのセクハラで慰謝料が請求できるか知りたい。
・わずかなミスを咎められ、懲戒解雇になったが納得できない。

残業代の請求や退職金が支払われるかどうか、モラハラやパワハラがない職場で働けるかどうかは、労働者の方の日々の生活を大きく左右する大問題です。
お一人で抱え込まず、まずはご相談ください。

【強み】
■労働問題の経験豊富です
賃金未払いや解雇に関するご相談はコンスタントにお受けしております。
それぞれの状況とこれまでの経験を生かして、ポイントを押さえたアドバイスはお任せください。

■一見難しいと思われる問題でも対応可能です!
未払い賃金の請求に関しては、タイムカードはないものの、ほかの集められる証拠を駆使して大部分の回収に成功したこともあります。
証拠がないから難しいかもと判断せずに、一度ご相談にお越しください。

【重点取扱案件】
・残業代請求
・不当な解雇・配置転換
・セクハラ・パワハラ行為

【当事務所の特徴】
・柔軟な対応体制
相談がしやすいよう、可能な限り夜間や休日のご希望に添えるようにしています。
事前にご連絡のうえ、ご来所ください。

・電話相談可
ご来所が難しい方のために、お電話での相談も承っております。
まずは一度お問い合わせください。

【費用について】
・初回相談に関しては、法テラスを利用することにより無料でお受けすることが出来る場合があります。まずはお問い合わせください。
・着手金・報酬金は日本弁護士連合会が適切として定めた料金を基準としながら、依頼者の方の経済状況や勝訴の見込に合わせて相談に応じております。
・受任時に可能な限り見通しを明らかにし、明朗な見積りを作成するよう心がけています。
------------------------
【アクセス】
・紙屋町・基町駅から徒歩3分

この分野の法律相談

【相談の背景】 人事部の者です。 当社社員が勤務中に器物損壊をしました。被害額は1万円程度です。 器物損壊までは確証があるのですが、同僚からの報告によるとビール一杯程度の飲酒をしたそうです。 【質問1】 器物損壊であれば訓告又は出勤停止が相当と考えております。ただ飲酒をしていた場合はさらに...

懲戒解雇を行う場面だとすると、これまでに非違行為があれば格別、実際に飲酒の事実が認められたとしても器物損壊行為で懲戒解雇という結論は、訴訟で支持されることは考えにくいように思います。

井上 祐司弁護士

【相談の背景】 簡易裁判所での労働裁判 会社が無断で降給を行った事に対し これを無効とし 降給開始から現在まで無断で降給のあった合計を求める裁判です 裁判が長引き、合計が簡易裁判所の上限である140万円を超えたため 会社への請求額を140万円に変更しました。 第1審勝訴。会社は控訴してくるものとみ...

訴状の請求の原因を見てみないと何とも言えませんが、請求原因において、一部請求であること、訴訟の結果によっては残部請求をする意向がある旨を記載していれば問題はないと思います。もっとも、通常は、降給分の未支給給与の算定に際して一部請求であることが分かることが通常だと思われますので、請求する余地はあると思います。不安であれば訴状と判決書をもって法律相談を受けられた...

井上 祐司弁護士

【相談の背景】 私の会社は深夜勤務や災害時の出勤もある事から事故のリスクを減らしたいという事からです。 実際、原付バイク利用者が交通規則を守る事が出来ていない場面(二段階右折など)があるという情報もあります。 【質問1】 会社の就業規則で原付バイクでの出退勤を禁止するのは法的に問題がありま...

居住地、出退勤時間、普通自動車の運転免許や所有の有無等によっては通勤手段を奪うことになりかねないため、例外を認めない一律全面禁止には慎重になるべきだと考えます。特にこれまで認めていた場合には、代替措置を講じないと無効と判断される可能性はあり得ます。 ただし、一般に会社の許可のないバイクでの通勤を禁止することには合理的理由があり、原則は禁止としつつ、特別な理...

井上 祐司弁護士

労働問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,000円(税別)
着手金 15万円~(税別・事案の内容により異なります)
報酬金 10万円~(税別・事案の内容により異なります)
備考欄 法テラスが利用できる場合、相談料が完全無料になる場合があります。
詳しくはお問い合わせください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

労働問題

特徴をみる

遺産相続

分野を変更する
◆土日/休日/夜間相談可◆
親族間の紛争は、解決まで時間とエネルギーがかかります。内容的に複雑で理解しにくい書類や手続も多いため、まずは弁護士にご相談ください。
鳴戸法律事務所
鳴戸法律事務所
鳴戸法律事務所

■初回相談30分無料■ ◆土日/休日/夜間相談可◆

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり

※費用に関しましては、案件ごとにご相談に応じます。まずは、お気軽にご相談ください。

【このようなご相談お任せください!】
・きょうだい間で遺産分割が必要になったが,亡き親の預金通帳が一部行方不明になっている。
・通帳から不明朗なお金の支出がなされている。
・遺産分割の対象になる財産の範囲がわからず困っている。
・遺言書を作成したい。

過疎地や高齢化が進む地域での相続問題等に関心があり,相続問題に関して継続的に取り組んでいます。

親族間の紛争は,解決まで時間とエネルギーがかかる事件です。
内容的に複雑で理解しにくい書類や手続も多いため,まずは弁護士にご相談ください。

【重点取扱案件】
・遺産分割協議・裁判
・遺言書作成
・遺留分減殺請求

【費用について】
・相談時に事件解決までの見積を作成し,要する費用を総額で明確に示すようにしています。
・着手金・報酬金は日本弁護士連合会が適切として定めた料金を基準にしますが,ご依頼者の経済状況に合わせて相談に応じております。

------------------------
【アクセス】
・紙屋町・基町駅から徒歩3分

この分野の法律相談

相談の背景 個人破産申請前に土地の名義変更すると債権者にとって不利益な財産処分になり、免責不許可事由事由に該当すると聞いていますが、配偶者に対しておしどり贈与による宅地の生前贈与は共有財産の単なる名義変更で免責不許可事由に当たらないとする考え方があるようです。 質問1 おしどり贈与による宅...

> 配偶者に対しておしどり贈与による宅地の生前贈与は共有財産の単なる名義変更で免責不許可事由に当たらないとする考え方があるようです。  たとえ税法上の優遇措置という理由があったとしても、その制度を装って財産を処分した場合には、免責不許可事由となりえたり、否認権の対象となりえる可能性があります。個別の事情によりますが、これは離婚の際の財産分与と全く同様と考え...

井上 祐司弁護士

恋人の事で相談なのですが彼氏は今親が亡くなり兄と住んでいるのですが兄が無職で今も兄の税金を払っていて親が亡くなり分割した遺産を持っているのに払いません 役所に電話して世帯主の兄の方に払ってもらえないかと相談したところ無理だと言われたそうなのですが兄に払わせる方法は無いでしょうか?

> 役所に電話して世帯主の兄の方に払ってもらえないかと相談したところ無理だと言われたそうなのですが  兄の税金というのが何を指すのかきちんと調べられた方がよいと思います。  住民税や所得税は個人にかかり,弟さんが支払うべきものがあるとすれば固定資産税か相続税かと思われますが,どういう根拠で弟さんの方に請求すべきと役所が考えるのか,そこが分からないと具体的...

井上 祐司弁護士

弁護士と委任契約後、相手側への通知書などを作成してもらい始めましたが、 一般的には、どのくらいの期間、書面の作成日数は掛かるものでしょうか? 二、三週間以上はかかるものでしょうか? 連絡が無い場合、 こちらからの連絡は一ヶ月位は待ってから、状況を確認する方がよいでしょうか? 宜しくお願いし...

誰に何を請求するのか,金額はどのくらいか,裏付けがどの程度あるのか等によって変わります。 内容が相当複雑で判例や条文の根拠が微妙なものであればともかく,通常は請求意思を示す通知を作成するのに要する期間は2週間程度のことはしばしばありますが,1カ月以上を要することは珍しいといえます。そのため,1ヶ月程度たっても進捗の報告がなければ,問い合わせをしてみた方がよ...

井上 祐司弁護士

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,000円(税別)
着手金 10万円~50万円(税別/ご相談に応じます。)
報酬金 得られた利益の5%~20%(ご相談に応じます。)
備考欄 経済状況や難易度に応じて柔軟に対応しますので,お気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(1件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

相続に関するトラブル≪事例1≫

  • 遺産分割

相談前

長年夫と一緒に面倒を見てきた義母が他界したが,生前に自分たちに与えると故人から話があった預金通帳の残高の大半が引き出されており,その他にも多額の使途不明金があったことが判明した。
故人は複数の不動産での賃料収入があり,その他にも恩給や年金・出資証券等の少額の財産があった。他の共同相続人からは,預金は入院費として費消し,これらの少額の財産をいかに分割するかという協議を求められた。

相談後

調停からはじめたもののすぐに不調となり裁判へと移行した。
審理の中で,不自然な出金の経緯と不当利得の存在を可能な限り明らかにするとともに,寄与分の存在を具体的に主張し,相談者の希望におおむね沿う形で裁判上の和解が成立した。

井上 祐司弁護士からのコメント

井上 祐司弁護士

まず,分割の対象となるすべての遺産の範囲を明らかにすることが必要となります。その上で,預貯金を近親者の一人が管理する場合,不自然な出金があることは珍しくありませんが,そのうちどの部分を不当に利得しているといえるのか,立証に困ることも少なくありません。
本件の場合は,時間をかけて医療機関への照会等や入出金の金額・時期を一つ一つ入念に調べることで,相談者の方の希望に近づくことが出来ました。
分割方法についても,目先の利益にとらわれることなく,どのような分割方法がもっとも遺産を有効に活用できるか,慎重に考える必要があります。

遺産相続

特徴をみる

借金・債務整理

分野を変更する
■土日/休日/夜間相談可■
「借金をどうにかしたい」という具体的な問題解決以外にも、生活の再建の仕方をアドバイスできるようサポートいたします!
鳴戸法律事務所
鳴戸法律事務所
鳴戸法律事務所

■初回相談30分無料■ ◆土日/休日/夜間相談可◆

借金・債務整理の詳細分野

依頼内容

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • ヤミ金対応
  • 任意整理
  • 個人再生

対応体制

  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 完全成功報酬あり

※まずは、お気軽にご相談ください。

【このようなご相談お任せください!】
・消費者金融数社から借入をしたが,借入先が多く返済が滞っている。
・大昔に完済した借入もあるので,過払い金の回収で返済が出来るか知りたい。
・元夫・亡親の債務の保証人となってしまい,債務の返済が出来ずに生活に疲れ果ててしまった。

過払い金の請求はもちろん,過払い金が生じない場合の任意整理・個人再生等のご相談も継続的に扱っています。
いくつか考えられる解決方法がある場合,そのどれが将来の依頼者にとってよいか,納得できるまで相談時間を取るようにしています。

経済的に困窮している依頼者の方に,「借金をどうにかしたい」という具体的な問題解決以外にも,生活の再建の仕方をアドバイスできるようサポートします。
お悩みを抱え込まず,まずはご相談ください。

【重点取扱案件】
・債務整理
・自己破産申立
・過払い金請求

【費用について】
・お電話での簡単なご相談は無料です。
・着手金・報酬金は日本弁護士連合会が適切として定めた料金を参考にしていますが、ご依頼者の経済状況を優先して相談に応じております。

------------------------
【アクセス】
・紙屋町・基町駅から徒歩3分

借金・債務整理

解決事例をみる

この分野の法律相談

【相談の背景】 知り合いが債権回収会社に訴訟されて東京の簡易裁判から借金の一括返済と弁護士費用の請求が記された書類が郵送されています。 額は約28万5千円と弁護士費用18万位です。 【質問1】 直接債権回収業者に交渉して分割とか可能でしょうか? それか、ほかの方法とかありますでしょうか?

判決が既に確定しているのであれば直接交渉するほかありませんが、まだ第1回期日が来ていない、または判決まで至っていないのであれば、裁判上で和解するという方法はあります。 ただし、訴状を見なければ請求の根拠が分からず、支払う必要がある金銭かどうかの確認ができません。訴状を持参して、直接の法律相談を受けられた方が良いと思います。

井上 祐司弁護士

【相談の背景】 連帯保証人・保証人にで一括請求が来た場合。 連帯保証人・保証人は10年前に自己破産してます。 連帯保証人ー72万円 保証人ー75万円 合計ー147万円 【質問1】 この場合任意整理できますか?

債権者がどの金融機関か分からないと何とも言えませんが、分割での支払に柔軟に応じる意向のある債権者であれば、個別和解が出来る可能性はあります。 なお、100万円以下の債権額での破産に関しては、通常は裁判所は破産手続開始について慎重になりますが、生活保護やこれに準じるような経済状況の場合には破産も十分に考えられますので、参考にしてください。

井上 祐司弁護士

【相談の背景】 自己破産について、 土地が自分名義で1ヵ所あります。 原則として手放さなければならないとお聞きしましたが、 手放なさくても良い場合もあると知人には聞きました。 そのような場合はあるのでしょうか。 【質問1】 また、残す方法は何かないでしょうか。

不動産は、破産者が手元に残せる自由財産に含まれることはありませんので、原則換価の対象となりますが、不動産が山林や用悪水路、墓地等で換価価値がない場合、破産管財人が選ばれても放棄されることが多く、その場合は結論として手元に残せます。 こうした場合、そのことを明らかにする資料を申立時に提出すれば、管財事件とならない可能性も考えられます。 また、不動産の時価相...

井上 祐司弁護士

借金・債務整理の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,000円(税別)
着手金/成功報酬 ご相談に応じますのでお気軽にご相談ください。
備考 料金は,原則として可能な方は司法支援センター(法テラス)を利用し,ご負担が少なくなる方法を採用しています。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理の解決事例(1件)

分野を変更する

借金・債務整理の解決事例 1

小規模個人再生を選択した事案

  • 個人再生

相談前

8社から概ね400万円弱の借入を抱えた方で,住宅ローンの返済中だったものの弁護士から自己破産を奨められたとのことで,セカンドオピニオンとして来所した。

相談後

検討の結果,どうしても家を残したいという希望を強くおもちであったため,小規模個人再生による再生手続を申し立てることにした。家族の方の家計管理に問題があったため,その点も併せてアドバイスをすることとした。当初,裁判官から返済を危ぶむ意見はあったものの,結果として計画は無事認可され,返済も順調に行われている。

井上 祐司弁護士からのコメント

井上 祐司弁護士

自己破産に比べると再生手続は用意すべき書類が多く手続もやや煩雑となりますが,どうしても家を残すべき必要性がある場合には一つの手続として検討することになるでしょう。

借金・債務整理

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
鳴戸法律事務所
所在地
〒730-0051
広島県 広島市中区大手町2-2-11 鳴戸ビル4階
最寄り駅
広電本通駅から徒歩5分
交通アクセス
駐車場あり
対応地域

関西

  • 兵庫

中国

  • 広島
  • 山口

四国

  • 高知

九州・沖縄

  • 福岡
設備
  • 完全個室で相談

電話で問い合わせ
050-5280-9676

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

井上 祐司弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5280-9676
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 月曜09:00 - 19:00
  • 火曜09:00 - 19:00
  • 水曜09:00 - 18:00
  • 木曜09:00 - 19:00
  • 金曜09:00 - 19:00
  • 土曜09:00 - 17:00
定休日
日,祝
備考
事前に連絡があれば平日は21:00まで,土・日・祝日もご要望に応じて対応可能です。
土曜日は月によっては定休日となっている可能性がありますので,あらかじめ平日にお問い合わせください。
交通アクセス
駐車場あり
設備
完全個室で相談