現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
坂井 真吾弁護士

( さかい しんご ) 坂井 真吾

つばさ法律事務所

現在営業中 09:30 - 21:00

犯罪・刑事事件

分野を変更する
刑事事件では迅速かつ的確な対応が必要不可欠です。特に突然の任意同行や逮捕の際は速やかにご相談ください。事件の内容・性質を迅速に分析しつつ、強力に弁護いたします。
つばさ法律事務所
つばさ法律事務所
つばさ法律事務所

◆久留米市役所前バス停より徒歩5分程度◆

犯罪・刑事事件の詳細分野

タイプ

  • 被害者
  • 加害者

事件内容

  • 少年事件
  • 児童買春・児童ポルノ
  • 詐欺
  • 痴漢
  • 盗撮
  • 強制性交(強姦)・わいせつ
  • 暴行・傷害
  • 窃盗・万引き
  • 強盗
  • 横領
  • 交通犯罪
  • 覚せい剤・大麻・麻薬

対応体制

  • 全国出張対応
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 分割払いあり

私は刑事事件には特に力を入れて入れており、不起訴処分や保釈、執行猶予付きの判決等を勝ち取ることによって、早期にご本人の身柄を解放することに努めておりますが、犯罪を犯してしまった方をそのままの状態で社会に戻すつもりはありません。きちんと反省し、二度と犯罪に走らないよう、社会の中で更生していただくことが、ご本人やご家族、ひいては社会のためでもあると考えています。そのために、強い情熱をもって弁護活動に取り組んでいます。
まず、国家による冤罪を防ぐことは当然です。捜査機関による誤認逮捕や誤認勾留等に対しては全力で争います。
また、実際に犯罪を犯してしまった方であっても、闇雲に刑務所や少年院に隔離すれば良いというものではありません。そのような施設に隔離されてしまえば、ご本人の経歴に傷がつくだけでなく、大切なご家族や仕事をも失いかねず、その方の人生を狂わすことになります。そのため、逮捕後の勾留阻止、勾留取消、起訴猶予処分や起訴後の保釈、執行猶予付きの判決等によってご本人の身柄を解放し、一般社会に戻った上で二度と犯罪に走ることがないようご自分を見つめ直し、社会内で更生することが、ご本人やご家族のみならず社会にも貢献することになります。その思いで、刑事事件については強い情熱を持って取り組んでいます。犯罪を犯した方となるべく頻繁に面会し、心を開いて反省してもらうこと、ご家族やご友人等のサポートを最大限取り付けること、再犯を防ぐための客観的な資料を集めること等に工夫を凝らしています。

【強み】
・誤認逮捕、誤認勾留等に対して徹底的に争った結果、証拠不十分等による不起訴を勝ち取った経験あり。
・身柄解放(勾留阻止・勾留取消・起訴猶予処分や起訴後の保釈等の成功)及び一般的には実刑の可能性が高い事案につき、執行猶予付きの判決等を勝ち取った経験多数。
・やむを得ず実刑に付される場合であっても、相場よりも大きく減刑することに成功した経験多数。
 これらのためは、ただご本人に弁解や反省等をしていただくだけではなく、客観的な証拠や合理的な理由に基づき、被疑者への嫌疑自体が誤りであることや、逃亡や証拠隠滅等のおそれがないこと、今後二度と犯罪を繰り返さないこと等を、検察官や裁判所等に対して強く説得することが肝心です。
通常ではほとんど通らないような、ご本人に有利な処分を勝ち取れるよう全力で対処します。現実にも実績をあげてきたとそれなりに自負しておりますが、それは努力に結果がついてくるからだと考えております。

【取り扱い内容】
刑事弁護・少年事件(飲酒運転・薬物使用・窃盗・傷害等)

【これまでの依頼者に声】
国選・私選を問わず、これまでほぼ全ての方から(例え実刑は免れない場合であっても)「先生のように一所懸命にやってくれる弁護士に会ったのは初めてです。今度こそ立ち直ります」と、時には涙ながらに言っていただいてます。刑事弁護人としては大変有り難く思っております。

アクセス
西鉄バス久留米市役所前バス停より徒歩5分程度
※2台分の事務所専用駐車場が事務所所在のビルにあります。

犯罪・刑事事件

解決事例をみる

この分野の法律相談

今回は前回とは違って在宅処分にはならずに拘留されました。今日の事です。今被害者の歯医者さんに示談書を持って行ってみたら、警察の方から応対しないでくれと言われたから無理ですと言われました。前の質問では弁護士先生から10日拘留で罰金で釈放の可能性が高いと言われました。被害品はマンガ本数冊です。前回...

今日勾留されたのであれば、今は示談できなくても、勾留満期(10日あるいは延長されて最大20日)までに示談できる可能性はあるかと思います。 ただ、そもそも警察が被害者に対して示談応対するなと強要することは出来ないでしょうから、被害者自身に示談する意思が無く、お客さんであることから、角を立てずに示談を断るための方便だったのかもしれません。 もっとも、結局示談でき...

坂井 真吾弁護士

先日ビルオーナーの友人から不用品処分を頼まれました。ほとんどの品を処分し終わったら、オーナーの知人と名乗る人物から「私が必要としている家具まで貴方に捨てられた。貴方が捨てたのは家具の一部だが、全体のセットとして全額を賠償して支払え!」と強く要求されました。 不当要求には応じられないと思い、証...

相手へ住所氏名と値段の根拠、私の過失の証明と賠償しなければならない理由を書面で出してくださいと伝えるべきでしょうか。 それとも請求内容が曖昧で不明瞭なため請求書として認められないから、支払いには応じられない旨を伝えるべきでしょうか? ↑ どちらでも構わないでしょうし、そもそも無視してもいいかと思いますが、相手を牽制する上では、前者の方がより効果的かと思いま...

坂井 真吾弁護士

今テレビで話題になっているニュースで犯人の名前と私の名前が類似しています...テレビで名前が挙がるたびに濁点が歩かないかの違いなのにとても胸が苦しくなります...どうしたらいいですか? 名前の漢字は違いますけど確認が必要なら身分証明書などおくります...解決方法をおしえてください...

偶然名前が似ているというだけでは、法的にはどうしようもないかと思いますので、お気の毒ですがあまりお気になさらないようにするべきではないでしょうか。

坂井 真吾弁護士

犯罪・刑事事件の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに 5,000円
※上記、別途消費税がかかります。
着手金/成功報酬 【1.起訴前及び起訴後の事案簡明な刑事事件】
<着手金>
20万円~50万円+消費税
<報酬金>
・不起訴 20万円~50万円+消費税
・起訴前、略式命令 50万円を超えない額+消費税
・起訴後、刑の執行猶予 20万円~50万円+消費税
・起訴後、求刑された刑が軽減された場合 50万円を超えない額+消費税

【2.起訴前及び起訴後の1.以外の事件及び再審事件】
<着手金>
それぞれ 20 万円から 50 万円の範囲内額の一定額以上
<報酬金>
・不起訴 20万円~50万円+消費税
・起訴、略式命令 それぞれ 20 万円から 50 万円の範囲内額の一定額以上 +消費税
・起訴後、無罪 50 万円を最低額とする一定額以上 +消費税
・起訴後、刑の執行猶予 20万円から 50万円の範囲内の一定額以上 +消費税
・起訴後、求刑された刑が軽減された場合 軽減の程度による相当額 +消費税
・起訴後、検察官上訴が棄却された場合 20万円から 50万円の範囲内の一定額以上 +消費税

【3.告訴・告発・検察審査の申立て・仮釈放・仮出獄・恩赦等の手続】
<着手金>1 件につき 10 万円以上 +消費税
<報酬金>依頼者との協議により受けることができる。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

犯罪・刑事事件の解決事例(1件)

分野を変更する

犯罪・刑事事件の解決事例 1

覚せい剤を再び使用してしまった男性を弁護した事案

  • 覚せい剤・大麻・麻薬
  • 加害者
依頼主 30代 男性

相談前

ご本人は過去にふとしたきっかけで覚せい剤を使用してしまい、逮捕・起訴されて執行猶予付きの判決が下りましたが、数年後に再び覚せい剤を使用してしまい、逮捕された事案です。

相談後

まず、覚せい剤の使用事案において、起訴猶予はさすがにほぼありません。その方も起訴されてしまいましたが、仕事や大切なご家族がいます。そこで、起訴後直ちに裁判所へ保釈を請求し、これが認められました(覚せい剤使用事案で、特に二度目ともなると保釈が通ることもなかなかありませんが)。次に、執行猶予付きの判決を勝ち取るため、保釈後直ちに仕事に復帰していただくとともに、専門医による治療を受けていただくことにしました。
その結果、地方裁判所で執行猶予付きの判決を勝ち取ることに成功しました(覚せい剤使用二回目で執行猶予がつくことは通常まずありませんが)。しかし、これを不服とした検察側が実刑を求めて高等裁判所に控訴。控訴審の判決が下りるまでの間も、仕事や治療を続けていただくとともに、日々の生活を振り返る日記をつけてもらい、同じ過ちを繰り返してしまったご自分に向き合ってもらいました。結果として控訴審でも執行猶予付きの判決を勝ち取ることができ、判決は確定しました。

坂井 真吾弁護士からのコメント

坂井 真吾弁護士

覚せい剤使用二回目ともなると、時折一部の芸能人が世間を騒がせているように、事情はどうあれ統計的にはほぼ間違いなく実刑ですので、何とか執行猶予付きの判決を勝ち取るため、熱心な弁護活動を行いました。その中心はご家族と同居してきちんと仕事を続けさせること、専門医による治療を行っていただくこと等でした(裁判において、ただ口で反省するだけなら誰でもできますから、客観的にも今度こそ繰り返さないよう、手段を尽くしていることの証明が必要です)。
特に覚せい剤は依存性が強く、ご本人の意思だけでは完全に縁を切ることが難しいため、ご家族や専門医の治療等による周囲の手助けが必要です。

犯罪・刑事事件

特徴をみる

交通事故

分野を変更する
休日・夜間相談可(原則、要事前予約)/ケースによっては着手金無料可等で、当該事件の先行きについても見通しながら、丁寧にご説明致します。
つばさ法律事務所
つばさ法律事務所
つばさ法律事務所

◆久留米市役所前バス停より徒歩5分程度◆

交通事故の詳細分野

事件内容

  • 死亡事故
  • 物損事故
  • 人身事故

争点

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償

対応体制

  • 全国出張対応
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 分割払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

交通事故に関するお悩みは、休日・夜間も相談可能な「つばさ法律事務所」にご相談ください。この分野は以前から取扱件数が多く、経験値も日々増加しております。交通事故(特に人身事故)の損害賠償では、保険会社の基準に基づく被害者への賠償額の提示は、弁護士介入後の交渉や裁判により認められる賠償額の基準と大きな差があるため、適切な額の損害賠償を勝ち取ることで、被害回復のお力になれればと考えています。
相談内容等に対して、相手方がどのような反論をしてくるか、それに対する有効な再反論は何かというように、当初から事件の先を見据えて戦略を立てるようにしています。そのことによって、ご相談者に無駄な経済的、時間的、精神的な負担をかけずに、適正かつ迅速な事件処理を可能としています。
当事務所は、裁判所、検察庁、弁護士会館、市役所等にいずれも徒歩5分以内程度のところにあり、2台分の事務所専用駐車場が、事務所所在のビルにありますのでお気軽にお立ち寄りください。

【取扱い内容】
人身事故(死亡)・人身事故(後遺障害等級認定あり)・人身事故(後遺障害等級認定なし)・物損事故

【これまでの相談者の声】
「とても丁寧に説明してくれて、わかりやすいし親近感が持てる」「一般的な見通し(事件の筋)を率直に説明した上で、複数の選択肢の中から最上と考えるものを提示してくれて、結果にも満足している」「今後も何かあったら相談したいし、知り合いにも自信を持って紹介できる」、等のお声をいただいております。

アクセス
西鉄バス久留米市役所前バス停より徒歩5分程度
※2台分の事務所専用駐車場駐車場が事務所所在のビルにあります。

この分野の法律相談

コンビニのオーナーをしています。 先日、駐車場の輪止めにお客様の車のフロントバンパーが擦って傷ついたといっていっています。警察官が立ち会いのもフロントバンパーと輪止めの間隔は7mmあります。防犯カメラを見る限りは勢いよく駐車場に入り輪留めギリギリに停車しています。相手は擦って音がしたと主張して...

1.こちらに過失はあるのでしょうか? ↑ 記載の事情を見る限り、基本的には無いかと思われます。 2.相手の保険屋さんと防犯カメラを見て確認した方良いですか? ↑ 双方が事実確認することで見解を決めやすくなると思いますので、それがよいかと思われます。

坂井 真吾弁護士

交通事故裁判傍聴してきました、判決公判でしたが懲役十ヶ月執行猶予三年 判決言い渡した後に『これからは体調に気をつけて』若い被告人だったので不思議でした。 夕方ニュースでテンカンの意識障害で運転中信号待ちの車に追突した事故でした。 私の地域では車運転出来ないと生活出来ない田舎なのですが現在テン...

現在テンカンの他、睡眠導入薬とか服用している私も仮に事故したら罪重くなり起訴されたりしますか? ↑ テンカンや睡眠導入薬の影響で正常な運転が困難な状態となり人身事故を起こしてしまった場合、その可能性は高いでしょう。 (危険運転致死傷) 第二条 次に掲げる行為を行い、よって、人を負傷させた者は十五年以下の懲役に処し、人を死亡させた者は一年以上の有期懲役に...

坂井 真吾弁護士

1ヶ月くらい前に自転車同士の軽い事故に2回遭いました。 割合は別としてどちらも相手が悪いと言える事故です。 僕はいつも交通ルールを守って走行してるのに、車道を右側通行、傘さし、無灯火という事故だけでは済まされないと言える危険な運転をした相手がなんの処罰も受けることないどころか、僕は相手からの暴...

この場合、仕事を続けていればもらえるはずだった分のお金を相手の保険会社に請求したらもらえますか? 辞めた理由は、気分的になんか仕事もいやになった。です。けがなどの問題ではありません。 ↑ ご心中はお察し致しますが、保険会社が支払に応じるとは思えません。

坂井 真吾弁護士

交通事故の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに 5,000円
※上記、別途消費税がかかります。
着手金/成功報酬 経済的な利益の額が
・300万円以下の場合:
着手金 8% / 報酬 16%
・300万円超3,000万円以下の場合:
着手金 5%+9万円 / 報酬 10%+18万円
・3,000万円超3億円以下の場合:
着手金 3%+69万円 / 報酬 6%+138万円
・3億円超の場合:
着手金 2%+369万円 / 報酬 4%+738万円

※上記パーセンテージ(%)は経済的な利益の額に対する割合です。
※上記、別途消費税がかかります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

交通事故の解決事例(1件)

分野を変更する

交通事故の解決事例 1

バイク事故で加害者が行方をくらました為、任意保険会社から保険金を獲得できた事案

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 30代 男性

相談前

休暇中にバイクツーリングしていたところ、前方不注視の自動車に引っかけられて転倒し、長期の入通院の末、後遺障害等級11級の認定を受けました。加害者は被害者の請求を無視し、任意保険にも加入していなかったため、以前に別の弁護士が加害者に対して訴訟提起し、欠席判決のため通常の裁判基準を大幅に超える損害賠償請求権が確定しました。しかし、加害者は行方をくらまし、加害者からは全く賠償金を回収することができませんでした。そのため、被害者はご自身が加入していた任意保険会社に対して、保険の特約により、当該保険会社に損害の立て替え払いを求めましたが、当該保険会社は被害者に難癖を付けて支払いを渋ったため、当職が委任を受け、保険金の支払い請求訴訟を行いました。

相談後

当職も被害者の心情を汲んで、以前に別の弁護士が提起した欠席判決の認容額を基準に提訴しましたが、以前の加害者に対する請求認容額は、欠席判決のために通常の裁判基準を大幅に超えていたため、本訴訟の結果としては通常の裁判基準にやや増額した保険金を保険会社が支払う旨の和解が成立しました。

坂井 真吾弁護士からのコメント

坂井 真吾弁護士

まず、前回は欠席判決だったため、加害者本人に対しては通常の裁判基準を大幅に超える請求権が確定しましたが、当該認容額をそのまま裁判所及び被害者加入の保険会社に認めさせることは不可能だったので、被害者に通常の裁判基準で認められ得る金額を丁寧に説明して納得していただきました。被告保険会社(当然弁護士がついています)に対しては裁判期日を重ねた結果、低額な任意保険の基準ではなく、通常認められる裁判基準にやや増額した保険金の支払いをのませる内容での和解が成立しました。結果として、妥当な解決が出来たと考えます。被害者からも、感謝のお声をいただきました。

交通事故

特徴をみる

離婚・男女問題

分野を変更する
休日・夜間相談可(要事前予約)/で親切、丁寧に対応致します。経済面のみではなく、時間的・精神的なコスト等も常に考慮した上で、真に最良の解決策を考えていきます。
つばさ法律事務所
つばさ法律事務所
つばさ法律事務所

◆久留米市役所前バス停より徒歩5分程度◆

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 全国出張対応
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

離婚に関する問題は休日・夜間相談対応可能な「つばさ法律事務所」にご相談下さい。結婚するのは比較的簡単ですが、離婚はただ離婚出来るかどうかという問題の他に、様々な問題点が生じて大変な労力を伴います。例えば、慰謝料、財産分与、年金分割等です。更に、未成年のお子様がいれば、お子様の親権や養育費等も問題となります。これら多くの法的問題をなるべく円満に解決するには、法的知識が重要になってきます。
そこで、法律の専門家として、離婚紛争につき、早期円満な解決及びご相談者及やお子様が人生を再出発するお力になれればと考え取り組んでいます。
日本では離婚のほとんどが当事者の協議により成立しており、弁護士に相談しようと思われる場合には、既に当事者だけでは解決が難しい程にこじれていることが多いです。特に子どもの親権を巡っては泥沼の争いになるケースが多々あります。そのような場合に、法律や財産面だけではなくお子様の福祉やご相談者の今後の生活などを長期的に考えつつ、大局的な視点からご相談者のお力になれるよう心がけています。

【強み】
私自身幼い頃に両親が離婚しており、離婚の大変さや子どもに与える影響を肌で感じています。ご相談者及びお子様の立場に立って、長期的視点から人生の再出発に最も利益となる解決方法を追求していきます。
離婚や男女問題については、通常の事件以上に、法的問題以前の相手方に対する強い憤り等の感情的問題が横たわっています。そのため、ご相談者のお話を良くお聞きして、最終的に重視する目標を見定め(離婚自体や親権を重視するのか・それとも財産権を重視するのか等)、目標達成のためご相談者のお力になれるよう心がけています。

【取扱い内容】
離婚・離婚に伴って生じる諸問題(親権や養育費及び慰謝料、財産分与、年金分割等)・婚約破棄等

【これまでの依頼者の声】
「先生のおかげで妥当な条件で無事に離婚することができ、人生の再出発をすることができます」等の感謝の声をいただいております。

アクセス
西鉄バス久留米市役所前バス停より徒歩5分程度
※2台分の事務所専用駐車場が事務所所在のビルにあります。

離婚・男女問題

解決事例をみる

この分野の法律相談

離婚後、親権争いをしました。しかし、親権は、父親にあると判断がくだされました。しかし、親権争い後、子供に対して暴言をはいたり、食事は、レトルトばかり、家のことは子供にさせるなど、食べさせたりしてるからいいだろうという態度で、休みの日は、夜でかけていき、子供達だけで過ごさせたりとすきかってな生...

離婚後、親権争いをしました。しかし、親権は、父親にあると判断がくだされました。 一度裁判できまったからと、泣き寝入りするしかないのでしょうか。 ↑ 再度親権者変更の調停・審判を申し立てることはできます。 やはり夫は親権者として不適格で、あなたの方が適格であると認められれば、親権者の変更が認められる可能性はあるでしょう、

坂井 真吾弁護士

民事の和解で甲乙たがいに口外しないと言う秘密条項をつけると、裁判所においても誰も裁判資料や和解調書を閲覧や謄写できなくなりますか?裁判資料の閲覧自体を、裁判所に禁止する条項を付けることはできますか?

民事の和解で甲乙たがいに口外しないと言う秘密条項をつけると、裁判所においても誰も裁判資料や和解調書を閲覧や謄写できなくなりますか?裁判資料の閲覧自体を、裁判所に禁止する条項を付けることはできますか? ↑ 和解条項は当事者である甲と乙を拘束するに過ぎませんから、前者のようなことにはなりませんし、後者のようなことは出来ません。

坂井 真吾弁護士

私は、相手と論争になると、論理的に淡々と自分の主張を相手に伝える傾向があります。 相手が、立場的に明らかに弱い場合には、そのようなことは控えるのですが、対等な立場や、相手の方が立場的に強い場合には、相手の論理の矛盾点を突き詰め、回答を要求します。 このようなとき、だいたい相手は、言い返すすべ...

このような私の主張の仕方は「言葉の暴力」に当たるのでしょうか? ↑ そもそも言葉の暴力というものの定義自体がはっきりしませんが、法的に敢えて言い換えるなら脅迫でしょうか。 そうだとして、あなたは淡々と理詰めで議論しているだけで、論破された相手が一方的に逆ギレしているだけなのでしょうから、言葉の暴力には当たらないと思います。

坂井 真吾弁護士

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに 5,000円
※上記、別途消費税がかかります。
着手金/成功報酬 経済的な利益の額が
・300万円以下の場合:
着手金 8% / 報酬 16%
・300万円超3,000万円以下の場合:
着手金 5%+9万円 / 報酬 10%+18万円
・3,000万円超3億円以下の場合:
着手金 3%+69万円 / 報酬 6%+138万円
・3億円超の場合:
着手金 2%+369万円 / 報酬 4%+738万円

※上記パーセンテージ(%)は経済的な利益の額に対する割合です。
※上記、別途消費税がかかります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(1件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

妻からの過大な養育費及び不当な慰謝料請求問題

  • 養育費
  • 親権
  • 慰謝料
依頼主 20代 男性

相談前

若くして結婚されましたが、年下の妻及び義母(妻の母)から一挙手一投足に至るまで執拗な干渉を受けたことで、うつ病を発症されました。妻との仲も険悪になり、妻は子どもを連れて実家に帰り、男性に対して離婚調停を申し立てました。その際、妻側から男性の収入に照らして過大な養育費及び理由のない慰謝料を請求されたため、調停全体が不調に終わり、その後妻が離婚訴訟を起こした事案です。

相談後

ご相談者の収入が低かったため、法テラスの法律援助制度を使って受任しました。ご依頼者も離婚及び子どもの親権を妻に譲ることには同意しましたが、ご依頼者の収入に照らして養育費の請求が過大だったこと、第二子の堕胎を強要した事実はないのにこれを強要されたとして慰謝料の請求をされたことから、当職がそのことを争った結果、養育費の額を大幅に減額し、慰謝料の請求はしないという内容の和解が成立しました。

坂井 真吾弁護士からのコメント

坂井 真吾弁護士

親権者でない親が親権者に支払うべき養育費は、離婚する当事者双方の収入を基準に、一定の相場に基づき算定されます。本件では、もともと男性の収入が低く、妻等の過干渉によるうつ病で仕事も休まざるを得なくなったこと等を証明し、妻の請求する養育費を大幅に減額させることに成功しました。また、堕胎を強要した事実の証明は妻側がしなければなりませんが、妻の主張・立証する事実に対して反論を与え、事実無根の証明を阻止したことで、慰謝料の請求も取り下げさせることに成功しました。

離婚・男女問題

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
つばさ法律事務所
所在地
〒830-0018
福岡県 久留米市通町1ー13 野口ビル2階
最寄り駅
久留米駅
受付時間
  • 平日09:30 - 21:00
定休日
土,日,祝
備考
土日祝日及び平日の時間外も、事前にご予約いただければ、可能な限りご相談に応じます。
対応地域

九州・沖縄

  • 福岡
  • 熊本
  • 佐賀

電話で問い合わせ
050-5257-4024

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

現在営業中 09:30 - 21:00

つばさ法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5257-4024

※つばさ法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:30 - 21:00
定休日
土,日,祝
備考
土日祝日及び平日の時間外も、事前にご予約いただければ、可能な限りご相談に応じます。