現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
花田 芳夫弁護士

( はなだ よしお ) 花田 芳夫

久留米さくら法律事務所

遺産相続

分野を変更する
【初回相談無料】◆家事調停委員経験あり◆相続人間でのトラブルを避けるためには、手続きに精通した弁護士にお任せください。将来を見据えたサポートを行います。
久留米さくら法律事務所
久留米さくら法律事務所
久留米さくら法律事務所

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

相続問題でお悩みの方へメッセージ

家事事件は最近法改正があったこともあり、手続に精通していないと対応が難しいことがあります。まずは弁護士にご相談ください。
特に相続は、関係する人が多く存在し、問題を複雑化させることもありますので、ご相談をいただいたからには、将来起こりうる事態を視野に入れて適切なご提案をいたします。

弁護士 花田の強み

【1】家事調停委員の経験あり

家庭裁判所で家事調停委員として相続や離婚といった家事事件の調停をサポートしてきましたので、その経験を生かし、できるだけ調停内での解決を目指します。

【2】ワンストップ対応が可能

当事務所では、司法書士や税理士とも連携しておりますので、相続登記や相続税の申告まで一貫してフォローすることが可能です。

【3】法律論だけでないアドバイスが可能

弁護士になる以前は、製造メーカーや流通業界で働いておりました。これまでの自分の社会経験からは、法律一辺倒での解決が必ずしも正しいとは思いません。それぞれの事案に応じた最適な解決方法があると考えておりますので、お話をじっくりと伺った上で最善のアドバイスをさせていただきます。

よくあるご相談例

  • 遺産分割協議を行っているが全く話し合いが進まない。
  • 実家の土地・建物を相続人の誰もが取得を希望しないので困っている。
  • 相続人が何人いて誰がどこに住んでいるのか分からない。
  • 被相続人が亡くなって3か月以上経過しているが相続の放棄をしたい。

■ 重点取り扱い案件

  • 遺産分割協議
  • 遺言書作成
  • 遺言執行
  • 家事調停の申立て
  • 特別縁故者に対する相続財産分与の申立て など

当事務所のサポート体制

■ 明確な費用体系

相談時に費用の目安を伝え、必要に応じて計算根拠を記載した見積書を作成してお渡ししております。見積をご確認いただいた上で、ご依頼するかどうかをご検討ください。

■ 出張相談にも対応

ご高齢の方で、移動が難しい場合には、出張相談に応じております。ご希望の際にはご予約時にお申し付けください。

■ 払い戻し手続き等にも対応

ご高齢の方であれば調停調書による金融機関での払戻手続きにも立ち会うことも可能です。ご不明な点はご遠慮なくお問い合わせください。

弁護士費用について

初回相談は無料です。
着手金は、簡易な事案で、示談交渉の場合11万円~(税込)、調停の場合22万円~(税込)ですが、遺産の価額や事案の難易度により変わりますので、相談時に費用のご説明をいたします。

当事務所について

■ ホームページ
https://kurume-sakura-law.com

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回無料
2回目以降は30分ごとに5,500円(税込)
着手金 11万円~(税込)
報酬金 11万円~(税込)
備考欄 料金は事案に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(3件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

被相続人の農業に長年従事した相続人の寄与分200万円が審判で認められた事例

  • 遺産分割

相談前

ご相談いただく前に弁護士等の法律家でない業者に遺産分割協議を依頼していたため、協議が数年間頓挫して放置されており、未解決のままになっていました。

相談後

遺産分割調停を申し立てたところ、調停では寄与分についての合意ができなかったため、寄与分を定める処分の審判を申し立てました。その結果、200万円の寄与分が認められました。

花田 芳夫弁護士からのコメント

花田 芳夫弁護士

遺産分割は弁護士等の法律家に依頼すべきです。「遺言・相談センター」等の名称の団体に依頼されても、そもそも弁護士法により禁止されている業務まではできませんし、特に費用が安いわけでもなく、おそらく納得できる解決は望めません。
また、実務で審判で寄与分が認められることはそれほど多くはありません。裁判官の中には「寄与分は今まで一度も認めたことはありません」と言われる方もいます。このようなことから、可能であれば、調停の中で合意しておくのが得策です。

遺産相続の解決事例 2

遺産分割調停で寄与分が認められた事例

  • 遺産分割

相談前

約2億5000万円の遺産分割で、被相続人の財産管理及び療養看護をした相続人からご相談があり、協議がまとまらずに困っているとのことでした。

相談後

遺産分割調停を申し立てた後、療養看護を根拠付ける資料を提出して相当額の寄与分を主張し、最終的に1000万円の寄与分が認められて調停が成立しました。

花田 芳夫弁護士からのコメント

花田 芳夫弁護士

寄与分を定める処分の審判の申立ての準備をしておりましたが、相手方にも代理人弁護士が就いたので、同じ法律家の視点から当方の資料を検討してもらい、結果的に1000万円の寄与分を認めてもらうことで合意ができました。
遺産分割は、審判になると当事者にとって予想外の判断がなされることがあります。これは、それまで長い期間対応してきた調停委員の事件の見方と審判官の事件の見方が必ずしも一致していないからではないかと思います。
特に寄与分や特別受益の問題があれば争いになりやすいので、調停の申立前に弁護士にご相談されることをお勧めします。

遺産相続の解決事例 3

相続人がいないため、約700万円の遺産の帰属が問題になった事例

相談前

被相続人と兄弟のような付き合いがあり、療養看護を行っていた方が遺産の処分に困ってご相談に来られました。

相談後

特別縁故者に対する相続財産分与の審判の申立てをして、約700万円の遺産全部を受け取りました。

花田 芳夫弁護士からのコメント

花田 芳夫弁護士

相続人がいない場合、被相続人と生計を同じくしていた方や被相続人の療養看護に努めた方は、相続財産を受け取ることができる可能性があります。
ただし、家庭裁判所に申立てをしなければならず、必ずしも全額の分与が認められるわけではありませんので、申立前に弁護士にご相談されることをお勧めします。

医療問題

分野を変更する
【初回相談無料】◆患者側の医療事件に注力◆医療事故は専門性が高く、解決までに長い時間がかかることがあります。お困りの際には、お早めにご連絡ください。
久留米さくら法律事務所
久留米さくら法律事務所
久留米さくら法律事務所

医療問題の詳細分野

依頼内容

  • 医療過誤
  • B型肝炎

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

医療事故でお悩みの方へメッセージ

医療事故は専門性が高く、解決までに長い期間を要する事案もあります。
損害賠償請求時には医療機関側に損保会社が関与していることもあり、当時の担当医がその場で謝っていたとしても、必ずしも「過失」が認められるというものではありません。
まずはお早めにご相談ください。

弁護士 花田の強み

【1】15年以上患者側の医療事件に注力

司法修習時代に患者側の医療事件に取り組む指導担当弁護士から指導を受けた影響で、弁護士登録後は15年以上専ら患者側の医療事件に対応しています。

【2】協力医との連携体制が万全です

医療事件は協力医との連携が不可欠ですが、医療機関が有責か無責か(法的責任があるかどうか)は複数の協力医からの意見を聞いた上で判断しております。

【3】状況に応じ、複数名での対応

損害賠償請求訴訟を提起する場合、万全を期すために医療事件に詳しい弁護士2名で対応することがあります。報酬額は変わりませんので、安心してお任せください。

よくあるご相談例

  • 入院先の医療機関で急に容態が悪くなりそのまま死亡したが、医療機関からは納得がいく説明がなされない。
  • 手術を受けた直後に死亡しており、本当に必要な手術だったのか疑問がある。
  • 通院していたのに早期にがんを発見できず、ステージが進行してしまった、見落としがあったのではないか。

■ 重点取り扱い案件

医療事故全般を扱っております。
少しでも不安なことがあれば、ご遠慮なくご相談ください。

当事務所のサポート体制

■ 医療機関側の対応を十分に説明

医療事故は専門性が高く、「過失」があるかどうかを判断するのに長い期間を要する場合があることをまずお伝えしております。また、医療機関はなかなか簡単に「過失」を認めないケースが多いことをお話しし、その上で事件対応を進めていくかご検討いただいております。

■ 休日・夜間相談可

平日の日中にご相談へお越しいただくことが難しい方のために、休日や夜間(19時まで)のご相談に対応しております。ご希望の際には、ご予約時にお伝えください。

■ 費用を明確にしております

ご依頼いただく際に、費用についてのご不安をお持ちの方が多いかと思いますので、事前にご説明をしております。

弁護士費用について

初回相談は無料です。
調査事件の着手金は27万5,000円(税込)です。医療事件の場合、いきなり損害賠償請求をすることはあまりなく、まずは医療機関が有責か無責か(法的責任があるかどうか)の調査を行うことになります。この場合、医療機関に責任が認められないという結果になっても調査事件の着手金は返還いたしません。

医療機関が有責である可能性があり、損害賠償請求をするという段階になりましたら、あらためて請求金額を基準にした着手金のお話し合いをいたします。この場合、すでにいただいた調査事件の着手金を充当させて(引かせて)いただきます。

当事務所について

■ ホームページ
https://kurume-sakura-law.com

医療問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回無料
2回目以降は1時間ごとに11,000円(税込)
着手金 27万5,000円~(税込。ただし、最初は調査事件として受任します)
報酬金 獲得金額の16.5%~(税込)
備考欄 医療事件は法テラス申込での受任はいたしかねます。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

医療問題の解決事例(3件)

分野を変更する

医療問題の解決事例 1

ウイルス性慢性肝炎の患者さんに対して、腫瘍マーカー検査やエコー検査を長期間怠ったため、肝細胞がんを発見できずに患者さんを死亡させた事例

  • 医療過誤

相談前

ウイルス性慢性肝炎で定期的に医療機関に通われていたのに、肝細胞がんを早期に発見できずに死亡されたため、ご遺族の方が相談にいらっしゃいました。

相談後

相手方医療機関に対して調査を行った後、協力医の意見を参考に有責であると判断し、示談交渉を行ったところ、医療機関が1,800万円を支払う内容の和解をして解決しました。

花田 芳夫弁護士からのコメント

花田 芳夫弁護士

医療過誤事件は特殊な分野ですから、必ず経験のある弁護士に相談・依頼されることが大切です。

医療問題の解決事例 2

入院中の患者さんの肺血栓塞栓症に対する適切な救命措置を怠ったために、患者さんを死亡させた事例

  • 医療過誤

相談前

入院先の医療機関で突如容体が悪化して亡くなったため、不審に思われたご遺族の方が相談にいらっしゃいました。

相談後

示談交渉では医療機関が責任を認めなかったため、損害賠償請求訴訟を提起したところ、医療機関が1,000万円を支払う内容の訴訟上の和解が成立しました。

花田 芳夫弁護士からのコメント

花田 芳夫弁護士

ご遺族が不審に思ってご相談に来られたため、医療機関の責任が明らかになりました。医療行為に疑問があれば、まずは経験のある弁護士に相談されることが大切です。

医療問題の解決事例 3

絞扼性イレウスの患者さんを麻痺性イレウスと診断して、外科的手術をせずに経過観察したため、消化管穿孔により汎発性化膿性腹膜炎及びその後の敗血症で死亡させた事例

  • 医療過誤

相談前

転院先の医療機関で容体が悪化して亡くなったため、ご遺族の方が納得されずに相談にいらっしゃいました。

相談後

訴え提起後、4,500万円の⽀払を命じる第⼀審判決が確定しました。

花田 芳夫弁護士からのコメント

花田 芳夫弁護士

医療行為に疑問があれば、経験のある弁護士に相談されることが大切です。まず調査を行って、医療機関に説明を求めたり、協力医の意見を参考にして有責か無責かを判断し、有責であると判断すれば、示談交渉や損害賠償請求訴訟を提起します。

交通事故

分野を変更する
【初回相談無料】◆弁護士費用特約利用可◆当事者が保険会社と交渉するには限界がありますので、経験豊富な当事務所へお任せください。全力でサポートいたします。
久留米さくら法律事務所
久留米さくら法律事務所
久留米さくら法律事務所

交通事故の詳細分野

事件内容

  • 死亡事故
  • 物損事故
  • 人身事故

争点

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり

交通事故でお悩みの方へメッセージ

保険会社が提示する示談金額が適切であったケースは残念ながらそう多くありません。当事者が保険会社と交渉するには限界があります。
不利な条件で示談に応じて泣き寝入りしなくて済むように、全力でサポートいたします。

弁護士 花田の強み

【1】継続的に事件対応

常時6〜7件の交通事故事案に対応しております。これまでの経験を生かして、状況に応じた最適な解決策をご提案いたします。

【2】特殊な案件にも対応可能

医療訴訟も取り扱っておりますので、整形外科医師の意見が必要な事案や、高次脳機能傷害の事案など、特殊な案件にも対応できます。

【3】症状固定前のアドバイスも可能です

交通事故においては、早い段階での対処の仕方で賠償額が変わってきます。スムーズに賠償を受けることができるように、症状固定前からアドバイスを行うことが可能です。

よくあるご相談例

  • 過失割合や保険会社の提示額が妥当かどうか知りたい。
  • 自賠責保険で認定された後遺障害等級に納得がいかない。
  • 保険会社から治療の打ち切りと示談を迫られているが、示談金に納得がいかない。

■ 重点取り扱い案件

  • 示談交渉
  • 損害賠償請求訴訟
  • 自賠責保険金の請求
  • 後遺障害等級認定
  • 後遺障害等級異議申立て

当事務所のサポート体制

■ 取り得る手段を丁寧に説明

事案に応じて、示談交渉では納得できる条件を引き出せないケースがあることや、訴訟になった場合は解決まで長い期間を要するケースがあること等をじっくり時間をかけてご説明しております。

■ 休日・夜間相談可

平日の日中にご相談へお越しいただくことが難しい方のために、休日や夜間(20時まで)のご相談に対応しております。ご希望の際には、ご予約時にお伝えください。

■ 費用を明確にしております

ご依頼いただく際に、費用についてのご不安をお持ちの方が多いかと思いますので、事前にご説明をしております。

弁護士費用について

初回相談は無料です。
着手金の支払が困難な場合は後払いにも対応しております。
自動車保険に付帯されている弁護士費用特約を利用される場合は、原則として弁護士費用をご負担いただく必要はありません。

当事務所について

■ ホームページ
https://kurume-sakura-law.com

交通事故の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回無料
2回目以降は30分ごとに5,500円(税込)
着手金 11万円~(税込)
報酬金 11万円~(税込)
備考欄 ご本人やご家族の自動車保険の弁護士費用特約を利用できます。
料金は事案に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

交通事故の解決事例(3件)

分野を変更する

交通事故の解決事例 1

事前認定で、別表第二併合5級と認定された、高次脳機能障害の後遺症が残存する主婦の後遺症の程度が争われた事例

  • 後遺障害等級認定
  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故

相談前

重大な人身事故で重篤な後遺症が残ってしまい、ご家族がどう対応したらいいのか分からないということで、相談にいらっしゃいました。

相談後

事前認定が行われましたがご本人の状態からは納得できる等級ではなかったので、異議申立てをしました。並行して損害賠償請求訴訟を提起し、当事者尋問の後、裁判所から3級相当の後遺障害を基準とした和解案が提示されたため、9,800万円を支払う内容の訴訟上の和解が成立しました。

花田 芳夫弁護士からのコメント

花田 芳夫弁護士

自賠責保険の後遺症の認定はその後の損害賠償請求に大きな影響を与えますので、交通事故に遭われましたら、お早めに弁護士に相談されることをお勧めします。当事務所では、必要があれば症状固定前から関与して診察に弁護士が同席することもあります。

交通事故の解決事例 2

横断歩道上の死亡事故において、歩行者に過失があると争われた事例

  • 過失割合
  • 死亡事故
  • 人身事故

相談前

突然の交通事故でご家族を亡くされて、手続が分からないとおっしゃるご遺族からのご相談がありました。

相談後

示談交渉を試みたところ、相手方保険会社が過失割合を争うので、損害賠償請求訴訟を提起しました。その後、裁判所から過失割合を10 : 0とした和解案が提示されて、6,600万円を支払う内容の訴訟上の和解が成立しました。

花田 芳夫弁護士からのコメント

花田 芳夫弁護士

加害者側の損保会社は、被害者やご遺族のお気持ちとは関係なく、少しでも賠償額を減らすためにあらゆる主張をしてきます。お早めに弁護士に相談・依頼される方が精神的にも無用なご負担をなくすことができます。

交通事故の解決事例 3

後遺障害等級12級7号の自営業者の休業損害及び逸失利益が争われた事例

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故

相談前

加害者側の損保会社の対応が悪いということでご相談がありました。

相談後

示談交渉では全く解決できそうにないため、自賠責保険に224万円を被害者請求し、損害賠償請求訴訟を提起後、裁判所が休業損害及び逸失利益を含めた和解案を提示し、1,800万円を支払う内容の訴訟上の和解が成立しました。

花田 芳夫弁護士からのコメント

花田 芳夫弁護士

加害者側の損保会社は、被害者が自営業者である場合、休業損害や逸失利益をなかなか認めません。ご本人で交渉するのは限界がありますので、弁護士に依頼される方が最終的に利益となるケースが少なくありません。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
久留米さくら法律事務所
所在地
〒830-0023
福岡県 久留米市中央町35-18 エムコムビル3階西
最寄り駅
JR久留米駅から徒歩12分
交通アクセス
駐車場あり
受付時間
  • 平日09:00 - 17:30
定休日
土,日,祝
備考
事務所の営業時間は9:00-17:30です。
ご相談内容によっては営業時間外や土休日にも対応します。
https://kurume-sakura-law.com
対応地域

九州・沖縄

  • 福岡
  • 佐賀
設備
  • 完全個室で相談
事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 医療
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 医療
  • 消費者被害
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪被害
  • インターネット
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 企業法務

電話で問い合わせ
050-5831-6031

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

花田 芳夫弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5831-6031
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 17:30
定休日
土,日,祝
備考
事務所の営業時間は9:00-17:30です。
ご相談内容によっては営業時間外や土休日にも対応します。
https://kurume-sakura-law.com
交通アクセス
駐車場あり
設備
完全個室で相談