現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
高村 欣光弁護士

( たかむら よしあき ) 高村 欣光

福岡リーガルクリニック法律事務所

現在営業中 09:00 - 24:00

遺産相続

分野を変更する
【初回相談無料&弁護士直通&電話相談無料】遺産分割協議・遺留分侵害額請求・遺言書作成などお任せください!ご依頼者のお気持ちに寄り添いながら丁寧に対応いたします。
福岡リーガルクリニック法律事務所
福岡リーガルクリニック法律事務所

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

豊富な経験をもとに丁寧にサポート

当事務所は、福岡大学の中にある事務所になります。
福岡大学が地域に密着している大学であることから、地元のご高齢者から相続問題についてのご相談をいただいており、相続問題について多数の取り扱い実績がございます。
また、当職は、相続案件だけでなく示談が必要な刑事事件にも注力していることもあり、交渉を要する案件に精通しております。
ご依頼者の方のお気持ちにも配慮し、ご納得いただける結果となるよう誠心誠意サポートいたします。

✔︎ご相談事例

  • 最近父が亡くなったが、そもそも相続についてどうしてよいのか全くわからない
  • 他の相続人から遺産分割協議書にサインを求める書類が急に届いた、どうすればよいか
  • 遺言書があり私が単独で相続したが、他の相続人が遺留分を請求してきそう
  • 遺言書の内容に納得がいかない
  • 他の相続人が亡くなった父親の預金通帳を見せてくれない
  • 相続財産の調査をしたい

※上記以外にもお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

<重点取り扱い案件>
遺産分割協議、遺留分侵害額請求(【請求する側】【請求された側】ともに対応しております)、遺言書作成、相続財産調査、相続人調査

費用について

✔︎初回相談無料

お金の心配をせずに気兼ねなくお話しいただけるよう、初回相談は無料としております。

✔︎柔軟なお支払い体制

お支払いにつきましては、分割払いなど柔軟に対応いたしますので、ご相談ください。

✔︎事前に費用説明

案件の難易度により弁護士の数も変わりますので、相談時に体制と費用のご説明をさせていただいております。

サポート体制

✔︎柔軟な面談日時

ご面談は可能な限り、当日・休日・夜間(〜24時)も柔軟にお受けしています。(※要予約)
日時調整させていただくので、まずはお気軽にお問い合わせください。

✔︎出張・オンライン相談可能

対面・電話相談以外にも、ご年配の方のために、遠隔地への出張相談を実施しております。
また、お体が悪い方にはオンラインでの相談も対応可能です。

✔︎ご依頼者の気持ちにも配慮

親族と紛争になる心苦しさに共感しつつ、ご納得いただける解決方法を一緒に模索します。

アクセス

【福大前】徒歩5分
福岡大学キャンパス内にございます。
福岡県福岡市城南区七隈8-19-1

確かな実績にもとづく「的確な判断」と「迅速な対応」によって、早期解決に尽力いたします。

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに6,000円(税込)
※ご予約時に「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただくと、初回相談料は0円になります(休日除く)。
着手金 11万円~(税込)
報酬金 16万5,000円~(税込)
備考欄 各料金は、事案の性質・難易度により異なりますので、相談時に体制と費用のご説明をさせていただいております。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続

特徴をみる

犯罪・刑事事件

分野を変更する
【初回相談60分無料&弁護士直通&電話相談無料】【当日/夜間/土日対応可】
窃盗/盗撮/痴漢/性犯罪/詐欺/傷害/暴行など様々な刑事トラブルはお任せください!
福岡リーガルクリニック法律事務所
福岡リーガルクリニック法律事務所

犯罪・刑事事件の詳細分野

タイプ

  • 被害者
  • 加害者

事件内容

  • 少年事件
  • 児童買春・児童ポルノ
  • 詐欺
  • 痴漢
  • 盗撮
  • 強制性交(強姦)・わいせつ
  • 暴行・傷害
  • 窃盗・万引き
  • 強盗
  • 横領
  • 交通犯罪
  • 覚せい剤・大麻・麻薬

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料

□下記刑事相談専門ページをご覧ください。
https://keiji-pro.com/offices/297/

□ご依頼者様の「味方」として親身になって対応いたします
私は、弁護活動の中で、「なぜそうしてしまったのか」という“動機の分析”を、何度も話合う中でご本人様と一緒に考えていきます。
自分には何が足りなかったのか、二度と過ちを繰り返さないためにはどうすることが最善なのか、具体的にどういう行動をしていくのか、まずは何から取り組めそうか等一緒に考え、本当の解決を目指しましょう。

このような対話をしながら無事に事件を解決でき、「高村先生に依頼してよかったです」というお言葉をいただけた時はとても嬉しく、そのようなやりがいを感じながら、日々弁護活動に取り組んでおります。

□取り扱い問題
窃盗/盗撮/痴漢/性犯罪/詐欺/傷害/暴行/交通事故(加害者)に関する実績、ノウハウが豊富です

□対応の「迅速さ」が早期解決のカギです
事件を起こしてしまった際には、直ちに示談を検討しましょう。示談することで不起訴処分、早期の身柄解放を目指します。
※即駆けつけることも可能です。

□まずは無料で相談、診断
刑事弁護は『早期に』弁護士に仕事を依頼することで、見通しが明るくなるケースが多くあります。

「釈放・保釈してほしい」
「前科をつけたくない」
「執行猶予にしてほしい」
「示談にしたい」
「職場に知られたくない」
「無実を証明してほしい」
「逮捕されそうなので助けてほしい」
上記のようなお悩みをお持ちの、ご本人もしくは、そのご家族、会社の同僚の方など、是非お気軽にご相談くださいませ。

確かな実績にもとづく「的確な判断」と「迅速な対応」によって、早期解決に尽力致します。

犯罪・刑事事件の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回相談料60分無料です。2回目以降は30分6000円(税込)になります。
着手金 ・在宅事件   27.5万円~(税込)
・逮捕勾留事件 33万円~(税込)

在宅事件:ご本人様がご自宅にいながら取調べを受けている状態
逮捕勾留事件:ご本人様が捕まっている状態

※逮捕勾留事件は何度も面会に行く必要がありますので、料金は在宅事件より高くなります。
報酬金 【不起訴の場合】
・在宅事件   44万円(税込)
・逮捕勾留事件 44万円(税込)

【不起訴以外の場合】
・在宅事件   22万円~(税込)
・逮捕勾留事件 27.5万円~(税込)

※事案の難易度によって異なる場合がございます。(裁判員裁判対象事件、否認事件、重大事件、被害者が複数いる等)
接見費用 ご依頼いただいた場合接見費用はいただきません。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

犯罪・刑事事件の解決事例(4件)

分野を変更する

犯罪・刑事事件の解決事例 1

【スピード対応】わいせつ画像をネットにアップした被疑事件を不起訴処分に

  • 強制性交(強姦)・わいせつ
  • 加害者
依頼主 50代 男性

相談前

ある有名な会社の幹部の方が、突如、家宅捜索を受けました。
被疑事実は、わいせつ画像をネットにアップしたというもの。
その男性は、数ヶ月前にインターネット上に、女性とのわいせつな行為を写した写真をアップしていたのです。
この事実が会社に伝われば、会社を辞めざるを得なくなるかもしれません。
また仕事上、どうしても前科をつけるわけにはいきませんでした。
そこで、どうにか不起訴処分にしてもらいたいということで、起訴前の刑事弁護のご依頼を受けたのです。

相談後

ご依頼後、すぐに担当検察官に連絡をし、事情を説明しました。
そしてその後、男性や男性の妻、男性の子などから聞き取りをし、陳述書を作成するなど、実に5回以上もの意見書を提出しました。
また、贖罪寄付をするなど、出来る限りの反省を示しました。
そして、通常、罰金刑はまぬがれない「わいせつ電磁的記録記録媒体陳列違反」被疑事件ですが、最終的に不起訴処分となったのです。

高村 欣光弁護士からのコメント

高村 欣光弁護士

とにかく、現状の男性の反省や、罰金刑を受けた場合の不利益などについて、詳細に説明し、検察官に理解してもらうことに努めました。
意見書の提出のみならず、検察官に直接電話をして話をしたことなども、不起訴処分という結果につながったのでしょう。

犯罪・刑事事件の解決事例 2

【粘りの交渉】少年院から出たばかりの成人男性の傷害事件ー懲役1年執行猶予5年付保護観察

  • 暴行・傷害
  • 加害者
依頼主 20代 男性

相談前

ある夜、ライブハウスに遊びに行っていた男性グループの中でトラブルが発生した。
被告人は、被害者を公衆トイレに連れ込み、顔面を複数回殴打し、さらに壁にその頭を打ち付け、またその身体を殴る・蹴るの暴行を加えた。
公衆トイレから出た後も、執拗に顔面・頭部・腕などを殴り、また頭部を灰皿で殴打するなどの暴行を加えた。
被告人はその後、逮捕・起訴された。

相談後

逮捕後、警察署に面会に行き、事情を聞くと、事実関係については全て誤りはなく、トラブルのきっかけも、被害者の遅刻という些細な出来事であることが判明。
そして被告人は、数ヶ月前に少年院を出てきたばかりであるという。しかも少年院は2回目であった。
被告人は本件事件当時、すでに20歳になっていたため、今回の手続きは今までとは異なり成人として裁判がなされることを説明。
当然、処分も刑法にのっとって行われる。
犯行態様が悪質であり、実に3時間にわたって暴行を行っていること、被害者の被害状況が深刻であること、少年院に2回行っており、今回の事件の数ヶ月前に少年院を出てきたばかりであることなどから、実刑になる可能性も十分にある事件であった。
しかし、親族の協力を得て今後は暴力行為を繰り返さないことを本人が誓っていたことから、その点を裁判所にアピール。
また、現在の勤め先の社長にも誓約書を書いてもらい、証拠提出。
結果、検察官からの懲役1年の請求に対し、判決は、懲役1年執行猶予5年付保護観察というギリギリの判決。
本当に、あとわずかで実刑でした。

高村 欣光弁護士からのコメント

高村 欣光弁護士

やってしまったことは、無かったことには出来ない。
このため、事実関係は全て争わず、現在の被告人の反省状況や、今、刑務所に入った場合のデメリット等を強調。
家族の協力が得られることなどもアピール。
これからの未来について、強くアピール出来たことが、執行猶予判決につながったと考えています。

犯罪・刑事事件の解決事例 3

盗撮事件の弁護活動の解決事例

  • 盗撮
  • 加害者
依頼主 30代 男性

相談前

Aさんは、複合商業施設のエスカレーターで女子高校生のスカート内部をスマホで盗撮していたところを見つかり、迷惑防止条例違反の容疑で現行犯逮捕されました。押収されたAさんのスマホから、他の盗撮画像データが何千点も見つかったこともあり、Aさんはそのまま勾留されました。
Aさんの奥さんからの相談で、弁護士がAさんの弁護を受任しました。

相談後

Aさんとの接見を通して、Aさんの盗撮の動機は、性的な嗜好というよりも、3人のお子さんの育児に追われる奥様とのコミュニケーション不足や、奥様から育児ノイローゼのイライラをぶつけられ続けていることのストレスを発散するためであったものと分かりました。
弁護士は、Aさんに、自分の動機の身勝手さや、盗撮をされた被害者の被害感情について、十分に考えてもらった上で、被害者への謝罪文を作成してもらうとともに、Aさんの奥さんにも、Aさんの動機を十分に理解してもらい、夫婦関係の改善とAさんの再犯防止に向けて努力することを誓う誓約書を作成してもらいました。
他方、弁護士は、被害者である女子高校生とその母親と面会し、Aさんの謝罪文やAさんの奥さんの誓約書を渡して、Aさんの反省の気持ちやAさん夫婦の再犯防止に向けた決意を伝えたところ、被害者母子は、Aさんの謝罪を受け入れて、示談に応じてくださるとともに、Aさんに対する寛大な処分を求める嘆願書の作成にも応じてくださりました。
これらの結果、Aさんは、不起訴で釈放されました。

高村 欣光弁護士からのコメント

高村 欣光弁護士

刑事事件の解決においては、被疑者が犯行に至った動機を明らかにした上で、再犯を防止するための対策や環境を整備するとともに、現にその犯罪によって被害に遭った被害者の方への謝罪やその被害回復を行うことが重要となります。
本件は、この2点を重視した弁護活動が功を奏した、典型事例であると思います。

犯罪・刑事事件の解決事例 4

迷惑防止条例違反について不起訴処分を獲得した事例

  • 痴漢
  • 加害者

相談前

依頼者の方は,通勤電車内で被害女性の足に自身の股間を押し付けたという
迷惑防止条例違反の容疑で逮捕されましたが,勾留されずに釈放され,
その後,当事務所にご相談に来られました。

相談後

依頼者の方は,事実を認め,真摯に反省をしており,また,前科がつくと家族や仕事の関係でも大きな影響が出る可能性がありました。
一方で,被害女性は未成年であり,被害女性の心情を考えると容易に示談ができるとも思えず,さらに依頼者の方は,過去に類似の前歴があり,仮に今回被害女性の方との間で,示談が成立しなければ,起訴され,有罪となる可能性が高い事案でした。

そこで,すぐに検察官と連絡を取り,事情を説明した上で被害女性に対して謝罪をしたい旨伝えました。
その後,即,被害女性のご両親と面会をする機会を得て,ご両親に対して,本人の真摯な反省の態度を伝えることで,ご両親及び被害女性の本人の理解を得ることができ,相応の解決金を支払い,示談をすることができました。その結果,本件は不起訴処分となりました。

高村 欣光弁護士からのコメント

高村 欣光弁護士

依頼者の方も覚悟はされておりましたが,同じことは二度と繰り返さない旨の決意を固められていました。
依頼者本人から詳しく事情を聴取した上で,早急に動き,丁寧に説明をすることで得ることができた解決
であったと考えております。

離婚・男女問題

分野を変更する
【初回相談60分無料&弁護士直通&電話相談無料】【当日/夜間/土日対応可】
離婚/不貞・不倫/慰謝料請求/財産分与/親権問題などの男女間トラブルはお任せください!
福岡リーガルクリニック法律事務所
福岡リーガルクリニック法律事務所

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気

請求内容

  • 慰謝料

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料

≪強み≫
不貞(浮気)に関する離婚事件に多数の実績・ノウハウがあります。

≪事案に応じたスムーズかつ有利な解決を目指します≫
「離婚問題、男女問題」は多種多様です。
つまり、最適な解決方法は、その方によって異なります。
離婚問題の解決に向けて動く際には、依頼者様にとっての「最適な解決」を定め、弁護士と共通認識を持ちながら動くことが重要なポイントになってきます。
そのため私は依頼者様との対話に力を入れております。
そして導き出された「最適な解決」を実現するために、これまで培った豊富な経験、ノウハウを駆使し尽力致します。

≪明朗な料金体系で確実・スピーディに対応いたします≫
離婚問題は、できる限り早い段階でご相談頂くことでご納得頂ける解決、迅速な解決が可能となります。
悩まずにお気軽にご相談ください。
どんなことでもご相談に応じます。

≪電話相談は無料です≫
まずはお気軽にご相談ください。

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回相談60分無料。2回目以降30分6000円(税込)
その他費用 案件に応じて、柔軟にご相談に応じております。
依頼者様のご負担が少ない支払プランの提示を心がけておりますので、まずはお気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(4件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

夫の不貞に基づく不倫相手の女性に対して慰謝料請求

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 40代 女性

相談前

長年、夫が繰り返す不貞行為に悩まされ続けていた相談者。
定年後も不貞を続ける夫に対し、とうとう堪忍袋の緒が切れました。
離婚をするつもりはないものの、どうにか、夫の不貞を止めさせたい!

相談後

当事務所がご依頼を受けた後、ただちに、相手方の女性に対して慰謝料請求をしました。
夫とも当事務所において面談をし、妻の苦悩や長年のつらかった気持ち等をお伝えしました。
その後、相手方の女性とは、慰謝料200万円で合意が成立。
今後は夫と会わないように、そして仮に夫と連絡を取った場合には、違約金として連絡1回につき30万円を支払う旨の違約金条項についても合意することが出来ました。
受任から合意書作成・慰謝料200万円の受領まで、わずか13日のスピード解決でした。

高村 欣光弁護士からのコメント

高村 欣光弁護士

依頼者にとっては、解決までの時間が重要です。
1年も2年もかかって解決するのと、わずか13日で解決するのとでは、負担が全く違います。
そのためにも、依頼を受けたら、出来る限り当日中に、通知書を発送します。
相手方からの反応があれば、ただちに応答します。
これが、依頼者の方のご満足につながるものと信じています。

離婚・男女問題の解決事例 2

長年、暴力的な夫に耐えていた妻がようやく離婚という再スタートを切れた事案

  • 別居
  • 離婚請求
  • DV・暴力
依頼主 70代 女性

相談前

夫は、長年妻(依頼者)に対して暴力的な言動をしていました。
妻は自分の言うことを聞いて当たり前。
妻が夫の気に入る食事を作り、夫の衣服を洗濯し、夫の希望どうりの受け答えをするのが、当然。
そう考えている夫でした。
依頼者は、長年耐えていましたが、子どもが高校生になったのを機に離婚を決意。
しかし、離婚を切り出す等、恐ろしくて考えられません。
きっと、夫にとっては自分の思い通りに動くはずの妻からの離婚申し出など、許せるものではないでしょう。
とにかく、暴力をふるわれることなく、高校1年生の子どもとともに、自宅を出て離婚したい。
これが依頼者の希望でした。

相談後

受任後、依頼者と詳細な打ち合わせをし、自宅を出る日を決めました。
そして依頼者が子どもと一緒に自宅を出る日、ちょうど弁護士からの手紙が届くようにして、夫に連絡を取ったのです。
もちろん、寝耳に水の夫は怒ります。
弁護士事務所にも何度も電話がかかってきました。
別居後は依頼者の実家などに決して行かないよう、夫を説得し続けました。
依頼者には当然、夫からの電話には出ないようにしてもらい、いざという時のために警察にも相談に行ってもらっていました。
結局、その後、夫が依頼者のもとへ行くことはなく、調停手続きへ。
そして無時、調停離婚が成立しました。

高村 欣光弁護士からのコメント

高村 欣光弁護士

長年、夫の暴力的行為に支配されていると、夫から逃れられないと思いがちです。
しかし、自分が本当に素直に生活できる場を、思い描いて下さい。
例え、離婚が困難な道でも、まず一歩を踏み出すことが大切です。
その一歩を支えるために弁護士がいますので、まずはご相談下さい。

離婚・男女問題の解決事例 3

子ども2人の親権を父親が得た事例

  • 不倫・浮気
  • 親権
  • 別居
依頼主 40代 男性

相談前

妻の浮気が原因で、子ども2人を連れて実家に戻っていた男性からの相談です。
すでに離婚裁判が行われていて、第一審の判決も出ていました。
第一審判決の内容は、子ども2人の親権者を母親とする、というもの。
今、子ども2人は父親である男性やその両親と一緒に暮らしており、生活も安定しているのに、妻を親権者とするのはおかしい!必ず親権をとりたい!というご相談でした。

相談後

とにかくすでに第一審の判決が出ていますので、不服がある以上、控訴をしなければなりません。
判決からすでに1週間が経過していたので、ただちに控訴状を裁判所に提出しました。
その上で、依頼者の方と、ゆっくりじっくり打ち合わせをし、第一審判決の問題点・疑問点をあぶり出し、控訴理由書を書きあげたのです。
そして控訴審では、第一審判決の問題点を強調し、また現在安定した生活を送っている子ども達の様子を分かりやすく説明しました。
第一審のときは行われていなかった母親と子ども達との面会交流も実施し、裁判所にアピール。
すると、再度の調査官調査に入ってもらえることになり、最終的には、子ども2人の親権者を父親である依頼者とする、との控訴審判決をもらうことが出来ました!!

高村 欣光弁護士からのコメント

高村 欣光弁護士

親権者争いは、熾烈です。
どのような主張をすべきか、どのような点を裁判所にアピールすべきか、よく依頼者の方と相談して行っていく必要があります。
本件でも依頼者の方と何度も打ち合わせをし、そして実際に子ども達の様子を見に自宅まで行き、その安定した実情を、リアルに裁判所にアピールできたことが、親権の獲得につながったと考えています。

離婚・男女問題の解決事例 4

一方的な主張を展開するモラハラ夫との養育費を主な争点とする離婚協議が合意に至った事例

  • 養育費
  • 別居
  • モラハラ
依頼主 30代 女性

相談前

元職場の上司(夫)と部下(依頼主)との関係で婚姻するも、家庭内での夫による暴力的な言葉、威圧的な態度等に耐えられず、離婚を決意して夫と別居。幼少の子どもが1人。
依頼主は、夫のモラハラ的態度による恐怖心等のため、夫に対して自分の希望を伝えることができず、離婚協議を全く進められない状況であった。



相談後

依頼主にとって最も懸念事項であった幼少の子どもの養育費について、夫は、養育費の金額等の算出根拠について自らの理屈に則った一方的な主張を展開し、交渉は難航した。
しかし、夫婦の経済状態・受けた教育水準等の資料をもとに何度も夫との交渉を重ね、最終的には、将来的に予想される進学等の一時的な出費も考慮された柔軟な条件での合意に至ることができた。

高村 欣光弁護士からのコメント

高村 欣光弁護士

女性が1人でモラハラ夫との離婚協議を行うことは非常に困難であり、それゆえ夫との間でまともな離婚協議を行うことができず、女性にとって不利な条件での離婚に応じてしまい、後で後悔される女性も少なくありません。
諦めてしまう前に、まずは一度弁護士にご相談いただければと思います。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
福岡リーガルクリニック法律事務所
所在地
〒814-0180
福岡県 福岡市城南区七隈8-19-1
最寄り駅
福大前
交通アクセス
駐車場あり
受付時間
  • 平日09:00 - 24:00
  • 土日祝09:00 - 24:00
定休日
なし
対応地域

関西

  • 京都

中国

  • 広島
  • 岡山
  • 山口

九州・沖縄

  • 福岡
  • 熊本
  • 沖縄
  • 鹿児島
  • 長崎
  • 佐賀
  • 大分
  • 宮崎
設備
  • 完全個室で相談
事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • インターネット
  • 犯罪・刑事事件
  • 行政事件
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 医療
  • 消費者被害
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 税務訴訟
  • 国際・外国人問題
  • 知的財産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪被害
  • インターネット
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 行政事件
  • 近隣トラブル

電話で問い合わせ
050-5451-8314

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

現在営業中 09:00 - 24:00

高村 欣光弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5451-8314
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 24:00
  • 土日祝09:00 - 24:00
定休日
なし
交通アクセス
駐車場あり
設備
完全個室で相談