現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
中田 佳孝弁護士

( なかた よしたか ) 中田 佳孝

平和台法律事務所

不動産・建築

分野を変更する
建築工事が進まない、建築された建物に瑕疵がある、建物明渡し請求を受けたなど、不動産に関する問題はお気軽にご相談ください。スピーディな解決に向け尽力いたします。

不動産・建築の詳細分野

賃貸トラブル

  • 賃料・家賃交渉
  • 建物明け渡し・立ち退き
  • 借地権

売買トラブル

  • 欠陥住宅
  • 任意売却

近隣トラブル

  • 騒音・振動
  • 土地の境界線

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり

【経験と実績】

弁護士登録以降、不動産・建築に関する問題について幅広い事件を取り扱ってきました。
専門的な知識が必要なケースも多く、解決に時間がかかることも多い問題ですが、お早めにご相談いただくことで、最適な解決策をご提案することが可能です。
他士業とも連携しスピーディな解決を目指しますので、お気軽にご相談ください。

【費用と特徴】

ご相談における的確なアドバイスをご提供するため、30分を超える相談料に関しては所定の相談料をいただいております。相談時間を有意義なものにするためにも時系列で事案を整理した説明資料や関連資料をご持参いただければ幸いです。

【重点取扱案件】

建築瑕疵、境界確定、建物明け渡し、賃料減額訴訟など

【よくあるご相談】

●購入した建物に欠陥がある。
●日照や騒音に関してご近所とトラブルになっている。
●建物が設計図通りに施行されていない。
※上記以外にもお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

【サポート体制】

新規のご相談者様には、事案に関する情報をとことんお聞きして、的確な事件の見通しをお示しいたします。法律の専門家として、ご相談者様に有利な点ばかりをご指摘するのでなく、リスクのある点はきちんと「●●の点でリスクがある。」とご指摘いたします。ご相談者が、当職からメリットとデメリット両方の適切な情報を得た上で、方針の決定ができるよう努めております。

【アクセス】

・福岡市地下空港線 赤坂駅から徒歩5分

不動産・建築

解決事例をみる

不動産・建築の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
法律相談費用 法律相談料:個人の方 30分 5,000円(税別)
      個人事業主・法人  30分 10,000円(税別)

※弁護士ドットコム経由のご相談者様は、初回相談料が30分間無料になります。
弁護士費用はご相談に応じますので、お気軽にお問い合わせください。
着手金 ■着手金
 対象となる不動産の時価相当額を元に算定致しますが、
 おおむね以下の様なイメージになります。
 ●交渉・調停の場合は15万7,500円(税込)~
 ●訴訟の場合は31万5,000円(税込)~
成功報酬 ■成功報酬
 得た経済的利益が300万円までは16%
 300万~3,000万円以下の部分は10%
 3,000万円以上の部分は6%
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

不動産・建築の解決事例(1件)

分野を変更する

不動産・建築の解決事例 1

騒音被害を理由に、迷惑行為を繰り返すクレーマー入居者の建物明渡しを早期実現しました。

  • 建物明け渡し・立ち退き
  • 騒音・振動

相談前

アパート・オーナー様からのご相談で、「隣室の騒音がひどい」と隣室入居者への過剰なクレームを継続する入居者に対して、賃貸借契約を解除し、アパートの明け渡しができないか?というご相談を受けました。

相談後

クレーマー入居者に対して、建物の明け渡しを求める交渉を行いましたが、交渉では明け渡しに応じませんでした。
 そのため、建物明渡請求訴訟の裁判を提起しました。訴状の中で、本件はオーナー様との信頼関係が破壊されたと評価でき、賃貸借契約の解除が認められる事案であることをしっかりと主張しました。このため、裁判手続の中で建物明け渡しを合意する和解が成立し、かなり早期の建物明け渡しを実現しました。

中田 佳孝弁護士からのコメント

中田 佳孝弁護士

一般的には、アパートの入居者は借地借家法に守られ、建物明け渡しは容易には認められません。しかし、今回の事案は解除が認められる程度にオーナー様との信頼関係が破壊されていると評価できる事案であり、建物明渡しを実現することができました。
 解除と建物明け渡しが認められるか否かの判断は、法的専門知識と関連する判例調査が必要です。まずは、弁護士に相談されることをお勧めいたします。

不動産・建築

特徴をみる

借金・債務整理

分野を変更する
【電話相談OK】【初回相談無料】【法テラス利用可】
ーあなたの借金を減額/免除!!ー
新型コロナウイルス被害、破産・個人再生申立て、資金操り問題、カードローン返済等。必要な手続を弁護士がトータルサポート。

借金・債務整理の詳細分野

依頼内容

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • ヤミ金対応
  • 任意整理
  • 個人再生

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

初回相談30分は、【相談料無料】にしております。

※新型コロナウイルスの影響での業績不振/資金繰り/借金返済に困っている企業様、個人事業主の方ご相談ください※

政府の支援策の活用、助成金の活用等も視野に入れ、弁護士が解決いたします。

【よくあるご相談】

  • カードローンを利用したが、返済できない。
  • クレジットカードの支払いができない。
  • クレジットカードのキャッシングを使いすぎてしまった。
  • 債権者から電話が何度もかかってくる。
  • 会社の休業が続き、莫大な借金を抱えてしまった。
  • 資金繰りに不安を感じている。
  • 自転車操業状態でどうしたら良いかわからない。
  • 会社の休業が続き、支払いができない。
  • 新型コロナウイルスにより業績が悪化している。
  • イベント/発売中止により、莫大な借金を抱えてしまった。

※上記以外にもお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

ご家族や従業員の皆さまのためにも、できるだけ早期の段階で弁護士に相談し、状況を分析した上で、適切な措置を取ることが大切です。
早急にご連絡ください。

【取り扱い案件】

法人・個人破産申立て/任意整理/個人再生申立て/会社更生/民事再生

【強み】

◆豊富な実績
過払い金請求、法人・個人破産申立て、任意整理、個人再生申立て等の借金問題の法的処理を一貫して取り扱っており、それぞれの事案に精通しております。

◆借金をゼロにすることも可能
弁護士に依頼することで、場合によっては借金をゼロにすることができます。

◆支払いを楽にできます
任意整理手続きを行えば、弁護士が債権者と交渉をして、利息のカットや長期分割弁済などの和解を成立させ、毎月の支払金額を大幅に減額することができます。

【法人のご相談について】

法人のご相談に関しましては、再建を図るのかそれとも破産/清算をするのか等、ケースに応じて最適な解決策へと導きます。

【サポート体制】

●お支払いについて
お支払い方法に関しては法テラスや分割払いなど柔軟に対応いたします。

●当日、休日、夜間対応可能
当日、休日、夜間(21時まで)のご相談も対応可能です。
また、メールでの予約は24時間受付しております。

【費用と特徴】

着手金・報酬等は日本弁護士連合会が適切として定めた料金を基準に、ご依頼者の経済状況に合わせて分割支払い等の相談にも応じております。

●個人破産はおよそ30万円~(税別)
任意整理は債権者数に応じて、7万円~(税別)を弁護士費用の一応の目安としております。

●借金問題の解決に必要な弁護士費用等の費用額を明確にお伝えするようにしております。
安心してご相談ください。

【アクセス】

・福岡市地下空港線 赤坂駅から徒歩5分

借金・債務整理

解決事例をみる

借金・債務整理の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,000円(税別)
※ご予約時に「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただくと、初回相談料は30分まで無料になります。
着手金 自己破産30万円(税別)、任意整理7万円~(税別)
報酬金 過払い金等の経済的利益がある場合のみ、その16%程度(税別)
備考欄 弁護士費用は状況に応じて、ご相談に柔軟に対応いたします。まずはご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理の解決事例(1件)

分野を変更する

借金・債務整理の解決事例 1

借金の内容を詳しく調査し、ご依頼者様に最も有利な法的手続で早期解決しました。

依頼主 50代 男性

相談前

リーマンショックのころに、事業資金と生活費の補填のために銀行や消費者金融数社から借金し、その後も返済を続けていたが、体調を崩されたことをきっかけに返済に困ってご相談に来られました。

相談後

借金の使途や、保有財産の有無等を相談時に丁寧にお聞ききし、自己破産の手続きが最もご依頼者様に有利であるとアドバイスしました。自己破産手続きのメリットデメリット、管財事件となった場合の追加の費用や期間等も丁寧にご説明した上で、自己破産申し立てを行い、その後裁判所からの免責決定を受けて、相談時にあった借金は全て返済しなくてよいことになりました。

中田 佳孝弁護士からのコメント

中田 佳孝弁護士

ご相談時は、毎月の借金の返済で途方に暮れていたご依頼者様が、破産手続き終了時にとても明るい顔でお礼を言っていただけました。私も微力ながら人生の再出発をご支援できてよかったと思っています。

借金・債務整理

特徴をみる

インターネット問題

分野を変更する
【24時間メール受付】【相談30分無料・土日も可】ネット上の誹謗中傷犯人の特定・記事削除の実績多数あり。システムトラブル等でお困りの方もまずご相談下さい。

インターネット問題の詳細分野

誹謗中傷・風評被害

  • 削除請求
  • 発信者開示請求
  • 損害賠償請求
  • 刑事告訴

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり

【経験と実績】

  • インターネット上の誹謗中傷等の書き込みへの対策について

これまで、ツイッターや2ちゃんねる上で、匿名の誹謗中傷を書き込んだ発信者を特定するため、発信者情報(IPアドレス等)開示請求仮処分命令のご依頼を受けました。
このような仮処分が裁判所に認められた結果、最終的に発信者の特定に至った実績が多数ございます。 
特に、ツイッター等の海外プロバイダーに対する発信者情報開示仮処分が認容され、発信者特定まで至った実績を持つ、九州圏内では数少ない弁護士です。

  • システム開発のトラブル対応について

総合電機メーカーの日立製作所において、7年間のITコンサルタントとしての実務経験があり、「システム開発の勘所」を熟知しております。
このため、システム開発に関するトラブルに関して、どの点が紛争の争点となるか、事案を的確に把握することができます。

【費用と特徴】

ご相談者様には、的確なアドバイスをご提供しているため、30分を超える相談料に関しては所定の相談料をいただいております。
ご相談に際しては、事案を時系列で整理した資料や関連資料をご持参いただきますとよりご相談が有意義なものとなります。

インターネット上の誹謗中傷等の書き込みの削除や発信者情報の開示を求める事件では、私の過去の実績から翻訳費用や海外プロバイダの登記書類の取得費用など的確な実費費用の見積りをご提示いたします。
後日、ご依頼者様にご負担頂く実費費用が大幅に膨らむことがないよう配慮しております。
 
また、海外プロバイダー対する発信者情報開示等の仮処分では、英訳費用をご負担していただく必要があります。これまでの実績から、翻訳費用の大幅な低減を実現できますので、ご依頼者様のご負担を少なくすることが可能です。

【重点取扱案件】

  • インターネット上の誹謗中傷、名誉毀損、営業妨害等の匿名の書き込みの削除請求、発信者のIPアドレスの開示を求める仮処分等の法的対応
  • ホームページ制作から企業内の業務システムまで、システム開発契約に関する紛争の解決。※システム・ベンダー、ユーザー双方からのご依頼に対応いたします。

【よくあるご相談】

  • SNSやインターネット掲示板上で匿名の誹謗中傷、名誉毀損、プライバシー侵害にあたる書き込みをされたので、削除してほしい。または、書き込んだ人物を特定したい。損害賠償請求など法的責任を追及したい。
  • インターネット上に個人情報が流出したので削除してほしい。
  • 社内の業務システムの開発を依頼したが、「動かないシステム」を納品されたので、契約を解除して支払った開発代金を取り戻したい。(システムユーザー側)
  • 依頼を受けてシステム開発を依頼されたが、取引先が不当な理由をつけて開発代金を一切支払ってくれないので、開発代金の回収を行いたい(システムベンダー側)

【サポート体制】

これまで多くの実績があるため、SNSや掲示板上の書き込みの発信者特定を希望されるご相談者様には、相談時にIPアドレスの開示の仮処分申立てが認められるかどうか的確な見通しをご提示いたします。

ご相談者様には、事案に関する情報を十分にお聞きして、的確な見通しをお示しいたします。法律の専門家として、ご相談者様に有利な点だけを指摘するのでなく、リスクのある点は「●●の点でリスクがある。」とご指摘いたします。ご相談者が、当職からメリットとデメリット両方の適切な情報を得た上で、方針のご決定ができるよう努めております。

インターネット問題

解決事例をみる

インターネット問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 個人の方30分ごとに5,000円(税別)
企業(個人事業主を含む)の方30分ごとに10,000円(税別)
※弁護士ドットコム経由のご相談者様は、初回相談料が30分間無料になります。
SNS等のインターネット上の(誹謗中傷、名誉棄損、プライバシー侵害にあたる)書き込みへの対応 着手金は以下のとおり、別途成功報酬が発生します。
①削除請求の場合  ・国内プロバイダのケース
    任意削除請求・・・・・1サイトあたり5万円
    削除請求仮処分・・・・1サイトあたり20万円

 ・海外プロバイダー(ツイッター、2ちゃんねる、FC2等)のケース
    削除請求仮処分・・・・1サイトあたり30万円

②書き込んだ者の特定(発信者情報開示請求)の場合
 ・国内プロバイダに対する任意の開示請求
   1サイトあたり10万円  
  開示請求仮処分・・・・1サイトあたり30万円~
  経由プロバイダ等に対する開示請求訴訟・・・30万円~
 ・海外プロバイダー(ツイッター、2ちゃんねる、FC2等)に対する開示請求仮処分・・・・1サイトあたり35万円~ 
③書き込んだ者に対する慰謝料等損害賠償請求
 ・上記②発信情報開示請求仮処分等を既に受任している場合・・・25万円
 ・ご依頼者が書き込んだ者を既に特定している場合・・・・・30万円
 ・ネットへの書き込みを理由に損害賠償請求を受けた(被告側)場合
       ・・・・下記の通常の訴訟対応費用に準じます。
仮処分申立の実費について ※裁判手続きである仮処分申立を行う場合には、海外プロバイダーの登記簿の取得や仮処分申立書の翻訳費用等の実費が上記の費用に加えて、別途発生します。また、仮処分が認められた場合には、担保として30万円ほどの供託が必要になります(後日返金されます。)
ソフトウェア開発契約に関するトラブルの交渉や訴訟の場合 着手金:経済的利益が300万円以下の場合 経済的利益×8%
報酬金:経済的利益が300万円以下の場合 獲得した経済的利益×16%
※上記の費用に加えて実費(印紙代・交通費・日当)が発生する場合がございます。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

インターネット問題

特徴をみる 解決事例をみる

インターネット問題の解決事例(3件)

分野を変更する

インターネット問題の解決事例 1

5ちゃんねる上に誹謗中傷を書き込んだ人物の特定と損害賠償を実現しました。

  • 発信者開示請求
  • 損害賠償請求
依頼主 50代

相談前

「2ちゃんねる(現5ちゃんねる)にいわれのない誹謗中傷を書き込んだ人物を特定してほしい。」というご依頼を受け、海外法人である2ちゃんねる運営主体に対して発信者情報(IPアドレス)開示請求仮処分を申立てました。

相談後

 フィリピン法人である2ちゃんねる運営主体に対する仮処分申立が認められ、2ちゃんねるから経由プロバイダのIPドレスが開示されました。そのIPアドレスに基づき、複数の経由プロバイダに対する発信者情報開示請求を行い、最終的に書き込んだ人物を特定に至りました。
 その後、書き込んだ人物に対する慰謝料等の損害賠償請求訴訟において、発信者特定に要した弁護士費用等を含む損害賠償額が裁判所によって認められました。

中田 佳孝弁護士からのコメント

中田 佳孝弁護士

 ご依頼者様は、書き込んだ人物を特定できたことで,いわれのなく傷つけられた名誉を回復できた点、特定に要した費用を含む損害賠償請求が認められた点を非常に喜んで頂けました。
 2ちゃんねるからIPアドレスが開示された後も、経由プロバイダ等との発信者情報開示請求の交渉は困難も大きかったですが、書き込んだ人物の特定ができ、大きな成果を上げることができました。

インターネット問題の解決事例 2

ツイッター(Twitter)上の誹謗中傷をツイートした人物の特定と全ツイートの削除に成功しました。

  • 削除請求
  • 発信者開示請求
  • 損害賠償請求

相談前

「ツイッター上で事実無根の信用毀損ツイートを繰り返している人物の特定と全ツイートを削除させてほしい。」とのご依頼を受け、米国ツイッター本社に対する発信者情報(IPアドレス)開示請求仮処分を申立てました。

相談後

ツィート内容の権利侵害の明白性(信用毀損)が認められ、ツイッターに対するIPアドレス開示の仮処分が認められました。
 その後、複数の経由プロバイダに対する発信者情報開示請求の交渉をおこなった結果、ツィートした人物の特定にいたりました。この人物に対してこれまでの仮処分命令との資料を示し、損害の賠償と全ツイートの削除を実現しました。

中田 佳孝弁護士からのコメント

中田 佳孝弁護士

ツイッターからのIPアドレス開示後も、経由プロバイダのログ保存期間が経過しており、ツィートした人物の特定が難しい状況にも直面しました。
 期間はかかりましたが、私の対策の結果、新しいIPアドレスの取得に成功し、最終的にツィートした人物の特定と全ツイート削除を実現できました。ご依頼者様のご要望を全て実現することができ、私自身も大きなやりがいを感じさせて頂きました。

インターネット問題の解決事例 3

【早期解決事例】2ちゃんねる上に誹謗中傷を書き込んだ犯人の特定と損害賠償を3ヶ月で実現しました。

  • 削除請求
  • 発信者開示請求
  • 損害賠償請求

相談前

 2ちゃんねる(2ch.sc)上に事実無根の誹謗中傷を匿名で書き込まれるという被害に遭われたご依頼者様からのご相談でした。
 ご相談の内容は、今回の誹謗中傷の犯人の特定が可能か否か、特定できた場合にご依頼者様の精神的苦痛に対する慰謝料請求が可能かを知りたいというものでした。

相談後

 ご相談では、書き込み内容を分析の上、裁判所に発信者情報開示が認められ、特定できる可能性が十分高いと判断しました。
 匿名の書き込み犯人が特定できれば、裁判例に基づき特定に要した弁護士費用等の全費用は損害額に含めて請求できることをご説明し、匿名投稿犯人の特定と、特定後の犯人に対する損害賠償請求をご依頼いただきました。
 ご依頼後、まず2ちゃんねる(2ch.sc)の運営主体であるシンガポール法人を相手方とする発信者情報開示請求仮処分申立てを東京地裁に行い、誹謗中傷記事の全削除と経由プロバイダを特定しました。その後、経由プロバイダに発信者情報開示請求を行い、ご依頼から約2ヶ月という極めて早期に匿名投稿者を特定しました。
 その後、約1ヶ月で特定された書き込み犯人と示談交渉を行い、書き込み犯人特定に要した全ての弁護士費用・実費とご依頼者様の精神的苦痛に対する慰謝料の支払を内容とする示談を成立させ、早期の解決を実現しました。

中田 佳孝弁護士からのコメント

中田 佳孝弁護士

 この解決事例では、ご依頼から約2ヶ月という極めて短期間で投稿者犯人の特定に至りました。また犯人特定後も、約1ヶ月でご依頼者が負担された投稿者の特定に要した全費用と、十分ご納得いただける慰謝料額の支払いを内容とする示談を成立させ、トータル約3ヶ月間で解決を図ることができました。
 ご依頼者様の精神的苦痛を早期に取り除き、またご依頼者様の金銭負担を0にすることが実現できましたので、ネット問題に注力する弁護士としてはよい解決が図れたと自負しております。

インターネット問題

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
平和台法律事務所
所在地
〒810-0042
福岡県 福岡市中央区赤坂1-16-13 上ノ橋ビル4階
最寄り駅
福岡市地下空港線 赤坂駅から徒歩5分
交通アクセス
駐車場あり
対応地域

中国

  • 広島
  • 山口

九州・沖縄

  • 福岡
  • 熊本
  • 沖縄
  • 鹿児島
  • 長崎
  • 佐賀
  • 大分
  • 宮崎
設備
  • 完全個室で相談
対応言語
  • 英語

電話で問い合わせ
050-5285-0965

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

中田 佳孝弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5285-0965
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 21:00
  • 土曜09:00 - 21:00
  • 日曜09:00 - 20:00
  • 祝日09:00 - 20:00
定休日
なし
備考
※メールフォームは24時間受付
◆初回相談無料◆お気軽にお問い合わせ下さいませ◆
◆事前予約があれば夜間/土日の対応も可◆
交通アクセス
駐車場あり
設備
完全個室で相談
対応言語
英語