現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    

大型連休期間は休業の法律事務所が多くなります。 ご検討中の方はお早めにお問い合わせください。

お気に入りに追加
緒方 剛弁護士

( おがた つよし ) 緒方 剛

かなで法律事務所

現在営業中 09:00 - 17:00

借金・債務整理

分野を変更する
〈個人/法人不問〉破産管財人経験15年以上/全国倒産処理弁護士ネットワーク会員/破産・倒産回避/法律上の制度や処理方法に精通。是非一度お話をお聞かせください。
かなで法律事務所
かなで法律事務所

借金・債務整理の詳細分野

依頼内容

  • 自己破産
  • 個人再生

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可

お支払い方法

  • 分割払いあり
  • カード払いあり

単に破産申立や債務整理を行うだけでなく、裁判所より選任される破産管財人としても15年以上にわたって活動しており、その間多くの個人・事業者の皆様の倒産処理対応をさせていただいてきました。
また、全国倒産処理弁護士ネットワークの会員として全国の倒産事案の課題や問題点を研究して参りました。

その中には、破産ではなく再生や銀行との協議で倒産を回避できるような案件もございます。弁護士は、その経験や専門的知見により多様です。弁護士の選び方で、生き残れる会社も倒産してしまうこともあるのです。

借金自体は、事業上、もしくは生活上必要なものです。
これに対して、法律上は任意整理・民事再生・破産・清算など多様な制度を準備していますし、各手続を行うにあたってのスキームも多様です。これらについて十分に意識できている弁護士は残念ながら多くありません。すなわち、倒産処理は、弁護士という肩書だけあれば対応ができるものではなく、しっかりとした知識・経験が必要なものなのです。

◇ 万全のサポート体制
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
[1]今後の生活を見据えた対応
依頼者の皆様には、実績と信頼、確実かつスピーディーな対応でご満足いただいております。これからの長い人生を安心して過ごすために、今必要となる対応を確実にご提供させていただきます。

[2]18時までご相談可
営業時間は17時までですが、ご相談は18時まで対応させていただいております。
ご予約時に、ご希望の旨お伝えくださいませ。

[3]テレビ会議でのご相談可
Web上の会議システム(ZOOM)を使用してのご相談も対応させていただいております。
ご予約時に、ご希望の旨お伝えくださいませ。

◇ 借金のご相談はお任せください
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
当事務所では、これまで、個人、法人問わず、借金問題を解決をして参りました。通常の借金・債務整理の案件はもちろん、複雑な案件や法人の倒産問題なども得意としております。
ご依頼者と共に、お一人お一人に寄り添った解決を目指して参りますので、まずは一度お話をお聞かせください。

▽解決実績多数
・法人/事業者の破産申立
・法人/事業者の債務整理
・法人/事業者の民事再生申立
・時効援用

▽新型コロナウイルス関連のご相談
「これまでは、多少の遅れが生じるとしても何とか借金の支払いを継続して来れたものの、コロナウィルスの影響による大幅の売上の減少によって、資金繰りの目処がたたない。」など、新型コロナウイルス関連のご相談も承っております。安心してご相談ください。

◇ 事務所のご案内
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
▼ホームページ
http://kanade-lo.com/

▼電車でお越しの場合
JR小倉駅南口より徒歩11分
モノレール平和通駅より徒歩5分

▼自動車でお越しの場合
大手町・勝山インターチェンジから約1.8km。

※駐車場はございませんので、近隣のコインパーキングをご利用ください。

借金・債務整理

解決事例をみる

この分野の法律相談

破産管財人が手放した後の法人所有の建物について(崩れてきそうで怖い等)は、誰に苦情を言えば良いのでしょうか? 法人の登記簿にある元経営者に言えば良いのでしょうか?

どなたも,ご回答されないようですので,一般的なコメントをいたします。 破産後の法人の資産管理の問題は,非常に難しいですね。 今現在も従前の法人名義のままなのでしょうか。 一般には,抵当権などが付されておれば,管財人が手放しても銀行等が競売手続をして,第三者が買ってくれることが多いのですが。 法人は,破産手続により消滅します。 放棄後の残...

緒方 剛弁護士

一月前に実母が亡くなりました。父も他界しています。相続する財産はありません。平成10年の所得税の未納が100万円以上あります。あと、生前に事業をしていた時の借金が銀行に240万円あり、これは、保証人がおり、迷惑をかけてしまわないように、返済しました。それと、消費者金融に過払い金の請求をしていたようで...

回答します。 相続放棄をした場合,相続開始時から相続人ではないことになりますので, 過払金を受け取ると不当利得となります。 もっとも,税金については平成10年のものであれば(裁判手続などを経ていない限り),既に時効にて消滅しているはずですし, 銀行債務はないというのであれば, 放棄をする実益はなさそうに思います。 詳細なご事情は分かり...

緒方 剛弁護士

2006、3月に夫婦共に自己破産の免責を受けました。その時に司法書士の先生に情報機関の開示したものと、そこには載ってなかった隣の県にあるマンションのことを伝えました。そのマンションは平成10年に亡くなった主人の母の名義のマンションですが、団体信用保険に加入してなく相続放棄するはずが父親が息子である...

僭越ですが, まず,破産当時に所有する不動産を申立書に記載しなかったこと自体が最大の問題ですね。 司法書士の対応に憤りを感じます。 破産の際に,債権者として挙げなければ手続き上は債権者と認識されません。 司法書士の対応の問題なのでしょうか。 当然ながら,主債務者であるご主人の破産であれば,マンションも手放す方向となっていたでしょう。 ...

緒方 剛弁護士

借金・債務整理の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,000円
着手金 当事務所の報酬規定は、一般的な弁護士と同様に、旧弁護士報酬基準を準用しております。

・個人の破産申立 30万円(税別)
・小規模個人再生申立 35万円(税別)
・法人破産申立 50万円~(税別)
・民事再生申立 100万円~(税別)
・銀行交渉 10万円~(税別)
・時効援用の内容証明郵便による通知書面 5万円~(税別)

報酬金 0円~(民事再生事件の場合別途協議)
備考 事案によって必要な費用は異なります。お問い合わせ下さい。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理の解決事例(3件)

分野を変更する

借金・債務整理の解決事例 1

金属加工業を営んでこられた事業者様の倒産案件

依頼主 60代 男性

相談前

これまでの取引先からの発注が大幅に減少し、売上の見通しが立たないことから事業を継続することができないとして相談に来られました。

相談後

銀行債務の支払が困難というのみならず、売上確保自体が困難であったことから、やむなく破産手続を選択し、破産申立を行いました。代表者の方も連帯保証をしておられましたので、代表者としての個人破産も一緒に行うことといたしました。法人は破産によって清算し、代表者の方も裁判所の免責決定を得ることで、負債を全て解消しました。

緒方 剛弁護士からのコメント

緒方 剛弁護士

ありとあらゆる手段を用いて破綻を回避しようとしても、世情や時流によって倒産をせざるをえない場合もあります。そのような場合、会社を放置して逃げてしまえば一生にわたって債務者として生活をしなければなりません。適切な倒産手続を行えば、その後の人生は負債から全て解放され、安心して生活を行うことができます。どのような対応が最も適切か、その判断を適切に読むことが我々に必要とされている知識・経験かと思います。

借金・債務整理の解決事例 2

コンクリート製品事業者様の民事再生

  • 自己破産
依頼主 50代 男性

相談前

コンクリート製品の需要が大幅に減少した時期に、金融負債による圧迫で経営が困難となったことから、現状のままでは事業の継続可能性が乏しいとして相談に来られました。負債総額は11億円を超えており、中でも銀行借り入れの弁済が事業を強く圧迫している状況でした。

相談後

銀行の負債対応さえできれば、事業そのものの継続可能性は確保しうる状況でした。そこで、公認会計士の協力を得ながら、手続として民事再生の申立をすることとしました。各銀行との間で協定を整え、再生計画も無事に認可をされ、会社の負債は大幅に(約4億円)減少させ、その後は事業を継続しながら安定して弁済をすることができました。

緒方 剛弁護士からのコメント

緒方 剛弁護士

この事案では、一定の条件させ調えば民事再生による解決がしうる事案でした。事前の各種調整を行い、各事業所ごとに従業員説明会を行い、なんとか無事に申立に至った事案です。民事再生を申し立てると取引先も厳しい対応(現金取引のみなど)を求めてきます。そのような想定しうる課題を適切に検討し、不採算事業を分離するなど、しっかりとした事業再生の計画を立案することが民事再生を行う上で重要であると考えます。

借金・債務整理の解決事例 3

住宅ローンがある場合の多重債務

依頼主 40代 男性

相談前

相談者は、ちょっとしたきっかけから、多数のカードを使って500万円以上の借金をしてしまった方です。他方で、住宅ローンがまだ1,000万円以上も残っており、破産をしてしまうと自宅を失ってしまう状況でした。まだ、幼い子どもたちがいる中で、なんとか自宅だけは残したいとのご希望でした。

相談後

小規模個人再生手続を行いました。住宅ローンの支払いは従来通り継続させてもらい、残余のクレジットカードの負債のみ約100万円に減額をし、これを3年間で支払う再生計画といたしました。無事に裁判所にも再生計画を認めてもらい、減額されたカードローンをしっかりと支払うことができるようになりました。

緒方 剛弁護士からのコメント

緒方 剛弁護士

借金の処理では、どのような手段が最も適切か、その判断は容易ではありません。相談者の方から、ご希望や状況を丁寧に確認し、最も適切な処理を提案させていただきます。破産だけは回避したいとの思いをもたれておられる方も多いですので、そのようなご意向は最大限尊重して、方針を検討させていただくようにしております。

借金・債務整理

特徴をみる

企業法務・顧問弁護士

分野を変更する
〈クレーム対応もお任せ〉多種多様な業界に対応可/顧問実績多数/事業会社での勤務経験あり/日々発生する事業場の課題について、クライアント様と連携をさせていただくことにより貴社の発展を支えます。
かなで法律事務所
かなで法律事務所

企業法務・顧問弁護士の詳細分野

依頼内容

  • M&A・事業承継
  • 人事・労務
  • 知的財産・特許
  • 倒産・事業再生

業種別

  • エンタテインメント
  • 医療・ヘルスケア
  • IT・通信
  • 環境・エネルギー
  • 運送・貿易
  • 飲食・FC関連
  • 製造・販売
  • 不動産・建設

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可

お支払い方法

  • 分割払いあり
  • カード払いあり

これまでに、学校法人、保険会社、医療法人、建設業、産業廃棄物処理業、マンション管理業、食品加工・販売業、不動産仲介業、司法書士、スイミングクラブ、社会福祉法人、介護施設、美容室など規模も事業内容も多様な多くの事業者様の事件対応をさせていただいてきました。
私の対応を信頼していただき、顧問先となっていただいている会社様の多くございます。

予防法務、紛争対応、損害賠償請求、経営上の課題、従業員対応など、日々発生する事業場の課題について、クライアント様と連携をさせていただくことにより貴社の発展を支えます。

▷従業員の立場を理解した上での配慮
私は従来プログラマーとしても勤務経験があることから、従業員の立場も一定の理解をさせていただいております。
トラブルを回避するための就業規則の検討や、問題となる従業員への対応、いわゆるモンスタークレーマーへの対応などについては十分な経験がありますので、安心してご相談いただけます。
また、弁護士が窓口となることで、クレーム処理については従業員の皆様にすぐにご安心いただけます。

▷料金について
当事務所では、料金にて他事務所と競争をしておりません。
サービス品質と安心できる対応にて、皆様にご好評いただいております。
困難な事案であれ相談料は30分5,000円、長くとも60分10,000円(税別)にてご相談に応じます。

◇ 万全のサポート体制
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
[1]計画的にクレーマーを沈静化
クレーマー対応の場合はご依頼いただいた場合、即座に相手方へ連絡をとり、事業者様に対するクレームをシャットアウトいたします。その後、粘り強く相手方と交渉を行い、時間をかけて沈静化を図ります。

[2]進捗は逐一ご報告
進捗については郵便・メールやその他の手段で、担当者様に逐一報告をさせていただいております。

[3]18時までご相談可
営業時間は17時までですが、ご相談は18時まで対応させていただいております。

[4]テレビ会議でのご相談可
Web上の会議システム(ZOOM)を使用してのご相談も対応させていただいております。

◇ 会社のお悩みはお任せください
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
通常の企業法務はもちろん、問題従業員対応、事業再生・倒産処理を得意としております。
また、「施設のご利用者様から、従業員の対応についてクレームが寄せられている。これまで現場の責任者が対応してきたが、一向にクレームが治まる様子がないのでどうしたらよいか。」などのクレーマー案件も多数扱って参りました。
ご依頼者と共に、ご依頼者に寄り添った解決を目指して参りますので、まずは一度お話をお聞かせください。

▽事業再生・破産処理に強み
裁判所より選任される破産管財人としても15年以上にわたって活動しており、その間多くの倒産処理対応をさせていただいてきました。その中には、破産ではなく再生や銀行との協議で倒産を回避できるような案件もございます。
弁護士は、その経験や専門的知見により多様です。弁護士の選び方で、生き残れる会社も倒産してしまうこともあるのです。

◇ 事務所のご案内
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
▼ホームページ
http://kanade-lo.com/

▼電車でお越しの場合
JR小倉駅南口より徒歩11分
モノレール平和通駅より徒歩5分

▼自動車でお越しの場合
大手町・勝山インターチェンジから約1.8km。

※駐車場はございませんので、近隣のコインパーキングをご利用ください。

企業法務・顧問弁護士

解決事例をみる

この分野の法律相談

知人の会社の専務取締役に就任致しました。(登記もしてあります) 就任理由は、自分の名前や会社の名前がないので、 そこの会社の名前、役職をお借りしてビジネスをおこなうためです。 その知人の会社の業務はまったくおこないませんので、 役員報酬等、すべての報酬はいただきません。 もちろんすべての...

梅村先生のご回答にて正しいと思います。 補足ですが,株式会社,有限会社いずれであれ,出資者の責任についての限定をそれぞれしているだけです。 取締役は,特に責任の限度はありませんので,上述の責任は無制限に発生する可能性はあります。この責任は,知人や会社との合意で免れる性質のものではありませんので,合意書等の作成の必要性はありません(無意味)。 た...

緒方 剛弁護士

引っ越しの為ルームシェア(家主は相手)の部屋に荷物の整理に行きたいです。 マンションでルームシェア(六月の家賃は払い済み)していて、相手に急に嘘つき、信用できないと言われたので引っ越しすることにしました。 二日ほど戻らず、身の危険を感じたので身内と荷物をとりに戻ったのですが、強迫等されて避難...

どなたも回答をされないようですので, ご回答いたします。 ルームシェアは新しい居住形態なので,分析が難しいところがありますね。 債権的には,その場所を部分的に借りて居住する権利があるはずですので, あなた自身が立ち入るとしても,契約を解除していない限り, 刑事上の問題になることはありません。 契約書は,他に証拠がない場合に合意内容を確...

緒方 剛弁護士
医療法人の清算 2014年05月16日

医療法人を清算しようとする場合についてご相談です。 国に対する社会保険料、税金等を支払えないため、医療法人を清算したいのですが、この場合、破産しか方法はないものなのでしょうか? よろしくご教示いただきたくお願いいたします。

医療法人が支払に困難を来すことは,ままあることではあります。 問題は,滞納されている分が,税金等とのことですので, 一般的には,これを減縮していくことは困難かと思います。 再生手続などを行うとしても,これらの税金等は一般的に減額をなすことはできませんので(お願いをして分納をし,その間に私的債権について債務整理をするという手段もありうるかもしれま...

緒方 剛弁護士

企業法務・顧問弁護士の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,000円(税別)
着手金 10万円~(税別)
報酬金 0円~(税別)成果によります。
備考 当事務所報酬規定は、旧弁護士報酬基準を準用しております。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

企業法務・顧問弁護士

特徴をみる 解決事例をみる

企業法務・顧問弁護士の解決事例(3件)

分野を変更する

企業法務・顧問弁護士の解決事例 1

介護施設における転倒事故

  • 医療・ヘルスケア
依頼主 40代 男性

相談前

施設内にて入所者の方が転倒した事案がありました。転倒による骨折について治療費や慰謝料のみならず、近親の方の毎日の付添費用やそのためのタクシー代なども請求されている状況でした。一般的にみて、やや過大な請求で、また相手方に弁護士がついてあたかも正当な請求であるかのような書面の送付を受けていました。

相談後

慰謝料については示談相応な減額をしてもらい、付添費用やタクシー代についても一般的に見て相応な金額と回数に限定した内容にて、円満に示談解決をいたしました。

緒方 剛弁護士からのコメント

緒方 剛弁護士

交渉の中で、入所者の方が、引き続き施設にてお世話になっていることもあり、当方も相手方もいずれも円満な解決を求めていることが分かりました。そこで、適切な解決内容(適正な賠償額)にて提案をさせていただき、合意をすることができました。どのような点で、お相手が不満を抱えているかを把握し、相応な解決へと導けたことは良かったと思います。

企業法務・顧問弁護士の解決事例 2

通信販売商品による負傷

  • IT・通信
  • 製造・販売
依頼主 30代 男性

相談前

相談者様は家具等の通信販売を営んでいる事業者様です。相手方は自動車のメンテナンス等をする会社の経営者の方でした。相手方から通信販売にて販売した家具にて手のひらを負傷されたとの申出があり、慰謝料や休業損害(負傷者が営んでいる事業の事業上の休業)の請求を受けていました。負傷されたことは事実のようであるが、負傷によって事業の休業まですることはないのではないかと考えられておられました。

相談後

休業損害についての請求は、撤回され、負傷による治療費実費と慰謝料のみにて示談解決をしました。

緒方 剛弁護士からのコメント

緒方 剛弁護士

本件は、仮に訴訟となったらどのような結果が想定されるか、その見通しを見据えた上で、強気の示談交渉をさせていただいた事案です。相手方も経営者ですので、容易に引いてくれる相手ではありませんでしたが、丁寧に説明を尽くし、なんとか無事に円満な解決をさせていただきました。

企業法務・顧問弁護士の解決事例 3

契約社員が、精神疾患となり、長期にわたって症状が残存してしまった場合の対応

  • 人事・労務
依頼主 40代

相談前

一度は復職をさせ、少しずつ業務に戻ってもらおうと努力をしたものの、病状は再度悪化していったため、その後の対応に困惑をしてしまっていた。

相談後

一定の就業可能性の検討をし、従業員の方の病状にも配慮した上で、対応を責任者と一緒に協議しました。その後、事実として就業自体が無理である事情を丁寧に集積し、復職自体が不可能であると判断し、就業規則上の雇い止めの通知を行いました。最終的には従業員の方もご納得をいただきました。

緒方 剛弁護士からのコメント

緒方 剛弁護士

従業員が精神疾患となった場合の取り扱いは、非常にセンシティブな要素がございますので、対応については慎重に行う必要があります。可能な限り就業可能性を検討した上で、現実の就業能力がないことを丁寧に事情として整理しました。後に裁判を起こされたとしても万全な体制を整えた上で、辞職をしていただいた事案です。労働問題は、裁判となった場合の見通しを立てて行動を決定する必要が高い類型ですので、一定の経験や知識が求められます。

企業法務・顧問弁護士

特徴をみる

遺産相続

分野を変更する
〈ご自宅や入所施設への訪問サービスあり〉相続問題に注力して15年以上/税理士等と連携/終活支援/相談者様の終生にわたっての安心をお届けできるプランをご用意しております。
かなで法律事務所
かなで法律事務所

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可

お支払い方法

  • 分割払いあり
  • カード払いあり

私は、これまで街の弁護士として、相続問題に15年以上携わって参りました。
遺言書作成、遺留分減殺請求、時効取得、遺産分割調停、相続財産確認請求訴訟、相続財産管理人など、一般的な弁護士が対応する相続分野の案件はほぼ対応実績がございます。この中では、司法書士、税理士、不動産鑑定士の各専門家らとしっかりとタッグを組んで、各事案に最適な解決を行ってくることができました。

相続では、単に目の前の課題を検討するだけでなく、ご親族全体を含めたトータルな解決が必要です。当事務所では、複数の視点から、最適な解決を提案するための万全な準備を整えています。

◇ 万全のサポート体制
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
[1]今後の生活を見据えた解決
単に、依頼者のために最善を尽くすだけではなく、最善を尽くした上でバランスのとれた良い解決をすることで、クライアント様や相手方等の円滑な社会生活に貢献できるものと考えています。

[2]各専門家とタッグ
税理士・司法書士・不動産鑑定士・行政書士とも連携して、依頼者のために必要な手続全てに対応させていただくことが可能です。

[3] 訪問サービス
ご年配の方やお忙しい方のために、ご自宅や入所施設への訪問サービスもご準備しております。
安心・確実な将来への備えをさせていただくよう、万全の準備を整えております。

◇ 相続・終活のご相談はお任せください
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「年を重ねると遺言や終活など、何かしておかなければならないと考えているが、どのようなことをしておけばよいのか分からない」という方が多くいらっしゃいます。
当事務所では、これまで、ご依頼者と共に、ご依頼者に寄り添った解決方法にて、問題を解決をして参りました。お一人お一人に寄り添った解決を目指して参りますので、まずは一度お話をお聞かせください。

✔︎ 遺言書作成、信託契約書作成、事業承継

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
弁護士と考えるライフプランニング
~自分らしく生きるための終活~
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
当事務所では、単に「遺言」「調停手続」「相談料」と区々な分類ではなく、相談者様の終生にわたっての安心をお届けできるプランニングを提供させていただいております。

皆様の必要性に応じて3つのプランをご用意しており、どのプランを選択していただいても最適な方針をしっかりと立てることができます。
中でも、財産状況を全て整理した上で、提携する税理士に相続税対応をも含めてベストアドバイスをさせていただけるプランは高い評価をいただいております。是非ご利用ください。

*プランニング費用*
 7万円~20万円(税別)

◇ 事務所のご案内
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
▼ホームページ
http://kanade-lo.com/

▼電車でお越しの場合
JR小倉駅南口より徒歩11分
モノレール平和通駅より徒歩5分

▼自動車でお越しの場合
大手町・勝山インターチェンジから約1.8km。

※駐車場はございませんので、近隣のコインパーキングをご利用ください。

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5,000円(税別)
着手金 7万円~(税別)
報酬金 0円~(税別)
備考 当事務所では、ご相談者の皆様の資産状況やご家族の状況に応じて、様々なプランをご用意しております。お気軽にご相談下さい。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(3件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

父名義の不動産の売却

  • 相続人調査
  • 相続登記・名義変更
  • 財産目録・調査
依頼主 40代 女性

相談前

亡くなった父名義の不動産があり、これを売ってくれないかと言われている。しかし、相続人の一人(兄)が全く対応をしてくれず、名義変更ができない。

相談後

相談者の方とその母が長期間にわたって管理をされてこられていたことから、時効取得をしたものとして所有権確認訴訟を行い、当方勝訴の判決を裁判所に出してもらった。判決をベースとして司法書士により所有権移転登記をすることにより、無事に売却ができた。

緒方 剛弁護士からのコメント

緒方 剛弁護士

不動産の時効取得は、争われれば容易ではないケースも多くありますが、このご相談者の方の場合は、相続人の一人は引きこもりとの情報がありました。このため、積極的には争われないと判断し、裁判所を利用して、登記をする方針とした事案です。

遺産相続の解決事例 2

ご本人が入院している場合の事業の承継(遺言)

依頼主 70代 男性

相談前

相談者の方は、会社経営をしてこられた方です。会社の株式を適切に残して、事業をご子息にしっかりと引き継いでほしいとのご要望をお持ちでしたが、入院中でしたのでどのように対処してよいか分からないとのことでした。

相談後

ご親族(奥様)を通じて、ご本人のご意向をお聞きしました。そして、具体的な株式の配分や他の財産との調整を行い、遺言の文案を作成しました。その後、公証人にお願いをして、相談者の方が入院されておられる病院に訪問をしていただき、公正証書作りをしてもらいました。

緒方 剛弁護士からのコメント

緒方 剛弁護士

単に、遺言を作成するだけでなく、事業のあり方や親族関係も含めて円滑な調整をするべき案件と理解しました。また、入院中であるとの事情を踏まえて、私と公証人と証人とで入院中の病院に訪問し、しっかりとした形で公正証書遺言を作成できた事案です。

遺産相続の解決事例 3

多数相続人間における遺産相続

  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 財産目録・調査
依頼主 50代 男性

相談前

お亡くなりになった方(被相続人)のご兄弟姉妹の一部には既にお亡くなりになられている事案でした。このため、ご兄弟とそのお子様たちの多数の相続人との間で、遺産分割協議をさせていただく必要がありました。もっとも、当事者があまりにも多いことからどのように対応してよいか困惑されておられる状態でした。

相談後

全ての相続人の方々にご意向を確認し、当方の意見との調整を試みました。他方で、多少なりとも相続ができるならと積極的に争われる相続人(被相続人とほとんど会ったことがない人)もおられ、合意による解決は困難でした。そこで、遺産分割調停手続を利用し、当方の立場にも相応の配慮をいただきながらも、全体として適切な内容にて遺産分割調停を成立させることができました。

緒方 剛弁護士からのコメント

緒方 剛弁護士

多数の相続人がおられる場合に、合意を取り付けることは容易ではありません。しかし、他の相続人の方々を味方に付けていき、粘り強く調停手続にて協議を進めることで、ご依頼者様の利益に十分かなった内容の調停を成立させることができました。

遺産相続

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
かなで法律事務所
所在地
〒802-0004
福岡県 北九州市小倉北区鍛治町2-1-1 クルーズ勝山通ビル3階
最寄り駅
モノレール平和通駅から徒歩5分
交通アクセス
駐車場近く
受付時間
  • 平日09:00 - 17:00
定休日
土,日,祝
備考
メールフォームよるお問い合わせは24時間受け付けております。
対応地域

中国

  • 山口

九州・沖縄

  • 福岡
  • 大分
設備
  • 完全個室で相談
  • バリアフリー
事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 交通事故
  • 労働
  • 再編・倒産
  • 企業法務
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 医療
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 知的財産
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 近隣トラブル

電話で問い合わせ
050-5259-1904

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

現在営業中 09:00 - 17:00

かなで法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5259-1904

※かなで法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 17:00
定休日
土,日,祝
備考
メールフォームよるお問い合わせは24時間受け付けております。
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談
バリアフリー
「事務所建物入口から相談スペースまで車椅子で移動でき、トイレも車椅子のまま利用できる」を定義としています。