お気に入りに追加
宮崎 寛之弁護士

( みやざき ひろゆき ) 宮崎 寛之

弁護士法人リーガルプラス成田法律事務所

千葉県 成田市 花崎町800-6 丸喜ビル5階

離婚・男女問題

分野を変更する
【離婚・不貞の年間相談200件以上】【女性弁護士5名在籍】【プライバシー完備】
不倫による慰謝料請求に精通した事務所です♧
弁護士が間に入るので、相手と直接話さずに離婚の話を進められます。
弁護士法人リーガルプラス成田法律事務所
弁護士法人リーガルプラス成田法律事務所
弁護士法人リーガルプラス成田法律事務所

<東京・千葉・茨城>に7拠点。「地域のみなさま」のための法律事務所です。

離婚・男女問題の取扱分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 面会交流

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 休日相談可

※不貞慰謝料請求の相談料、初回相談料無料です。

【ご相談例】
・親権やお金の問題で折り合いがつかない。
・夫が浮気をしていることが発覚したので、慰謝料を請求したい。
・不倫相手に慰謝料を払わせたい。
・有利な条件で離婚をしたい。
・別居した後の生活費をどうすればいいか。
・離婚した場合、慰謝料がいくら取れるのか知りたい。
・配偶者からDVを受けていて、今すぐ離婚したいが、怖くて言えない。

【弁護士法人リーガルプラスの強み】
☑年間200件を超える相談対応(※平成30年当法人実績)
離婚トラブルをはじめ各種法律相談をお受けしております。
年間200件を超える相談対応があり、ケースに応じた法的サポートが可能です。

☑東京/千葉/茨城の駅前に「6拠点」
地域展開型の法律事務所だからできる「多種多様な事案解決」のノウハウを共有しております。

☑交渉はすべて弁護士が行います
弁護士が間に入るので、相手と直接話さずに離婚の話を進められます。
また、子どもの問題や金銭問題などについて、離婚条件の細かな調整ができます。離婚後に相手から約束を蒸し返されることを防ぎやすくなります。

☑プライバシー完備
完全個室、予約制にてご相談いただけます。
情報管理・プライバシーへの配慮は徹底的に行っておりますので、 安心してご来所ください。

【費用について】
初回相談時に、弁護士費用のお見積りもお伝えすることができます。
まずはお気軽にお問合せ下さい。

【まずは、カウンセリングから◎】
まずは、カウンセリングさせて頂き
依頼者様のご状況や今後の流れについてご説明いたします。
ご相談に来ていただいた上で、弁護士に依頼するか否かは判断いただけますと幸いです。

———————————————————-
■ 営業時間
 <東京法律事務所>
 平日9:30~18:00
 <千葉/市川/津田沼法律事務所>
 平日・土曜日9:30~18:00
 <かしま法律事務所>
 平日・土曜日9:30~18:00

■不貞慰謝料請求の特設ページ
 https://legalplus.jp/service/isharyou/lp

離婚・男女問題

解決事例をみる

宮崎弁護士への感謝の声

2

50代 男性

依頼 借金・債務整理 2014年8月に解決

毎月の支払いで苦しんでる中、過払い金請求をしていただきました。
全て弁護士の先生にお任せし、こちらは結果を待っているだけなのでとても楽でした。
事務所に伺った際もとても親切丁寧な対応で、安心できました。
途中経過も電話で連絡をしてもらい助かりました。
弁護士事務所は、敷居が高いイメージで敬遠していましたが、そんなイメージも今回の件で全くなくなりました。
生活も180度変わり、本当に感謝しております。

相談した出来事
過払い金
過払い金返金完了
解決方法
交渉・示談

50代 男性

依頼 離婚・男女問題 2013年4月に解決

同一人に一度同一事案で慰謝料請求し完了していました。しかし、一度目の示談内容で「二度と会わない」との約束がありましたが、それを履行しなかったため二度目の請求でした。
示談書に履行しない場合は慰謝料を追加支払いすると記載してもらったため、二度目の請求をすることができました。
しかしながら、本来、示談書に記載があっても裁判となった場合は歩が悪いものでしたが、親身に話を聞いていただき、適切な請求をしていただきました。

相談した出来事
妻の不倫により、相手男性に慰謝料の請求を依頼した。
相手男性に書面を送付したところ、慰謝料の支払いが行われ示談が成立した。
解決方法
交渉・示談

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 [離婚]
60分:12,000円[税抜]
延長30分ごと:6,000円

[不貞慰謝料請求]
初回相談無料
<内容>
・ベストな解決方法
・慰謝料などの試算
・あなたのご不安/疑問へのアドバイス
備考 ※その他、費用の詳細は下記サイトをご覧ください。
▼「離婚」問題
 https://legalplus.jp/fee/rikon_price/

▼「不貞/不倫」による慰謝料請求
 https://legalplus.jp/fee/isharyou_price/

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(1件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

夫の不倫が原因で離婚交渉・調停。ご依頼者様と弁護士で二人三脚で離婚調停が成立。[法人受任案件]

  • 不倫・浮気
  • 親権
  • 離婚請求
  • 面会交流

相談前

※本事例は当法人の解決事例です※
本件では、主にお子さまの「親権」と「慰謝料」が争いとなりました。

相談後

まず「親権」については、当初、ご夫婦ともに譲ろうとしませんでした。
しかし、お子様のご意見を尊重し、どのような解決がお子さまの幸せに繋がるのかを考え、ご依頼者様が親権者となり、夫との面会交流を積極的に認める形で解決しました。

次に、「慰謝料」については、早期の離婚成立のために、夫の多額の借金があることを考慮し、ご依頼者様が譲歩する形で解決しました。

宮崎 寛之弁護士からのコメント

宮崎 寛之弁護士

現在、ご依頼者様は、お子様の成長を楽しみしながら、安心して生活されています。
本件では、ご依頼者様と弁護士で二人三脚で、調停手続きにて離婚を成立させることができました。

離婚・男女問題

特徴をみる

借金・債務整理

分野を変更する
【無料相談/分割支払い対応】【6000件超の解決実績】
・借金の過払いがあるか調べたい・自己破産をしたいなど、様々な借金トラブルをサポート。
【無料相談で、過払い金発生の有無をお調べできます◎】
弁護士法人リーガルプラス成田法律事務所
弁護士法人リーガルプラス成田法律事務所
弁護士法人リーガルプラス成田法律事務所

<東京・千葉・茨城>に7拠点。「地域のみなさま」のための法律事務所です。

借金・債務整理の取扱分野

依頼内容

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • 任意整理
  • 個人再生

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

【無料相談で分かること】
1.最適な解決方法
2.解決までの流れ
3.過払い金発生の有無
4.その他個別の疑問やご不安についてのご質問

【ご相談例】
・借金の過払いがあるか調べたい。
・会社や家族に知られたくないため、動けない。
・家族や職場に迷惑をかけたくない。
・借金の返済が滞っているが、自己破産は避けたい。
・自己破産をしたいが、自己破産のデメリットがわからないので一度相談したい。

【弁護士法人リーガルプラスの強み】
☑解決結果に満足95% (※平成29年度過払金依頼者アンケート)
多くの依頼者の皆さまより、喜びの声をいただいております。
→「非常に短期間で処理していただいて大変満足しております。次回も、もし何か必要な事があればぜひ御社にお願いしたいと思っております。」

☑解決実績5000件以上
鹿行地域・成田市を中心に解決実績が5,000件以上ございます。
過払い金の取り扱いについては6,000件を超えています。リーガルプラスに、安心して「過払い金」「借金問題」について、ご相談ください。

☑プライバシー完備
完全個室、予約制にてご相談いただけます。
情報管理・プライバシーへの配慮は徹底的に行っておりますので、 安心してご来所ください。

【費用について】
<過払い金>
・「0円」相談料/着手金/過払い金調査は”無料”。
・「完全成功報酬制」回収額からの後払いで安心。

<任意整理/自己破産/個人再生>
・「0円」相談料は無料。
・「弁護士費用の分割払い」も柔軟に対応いたします。

【まずは、カウンセリングから◎】
まずは、カウンセリングさせて頂き
依頼者様のご状況や今後の流れについて説明させて頂きます。
ご相談に来ていただいた上で、弁護士に依頼するか否かは判断いただけますと幸いです。

———————————————————-
■ 営業時間
 <東京法律事務所>
 平日9:30~18:00
 <千葉/市川/津田沼法律事務所>
 平日・土曜日9:30~18:00
 <かしま法律事務所>
 平日・土曜日9:30~18:00

借金・債務整理

解決事例をみる

宮崎弁護士への感謝の声

2

50代 男性

依頼 借金・債務整理 2014年8月に解決

毎月の支払いで苦しんでる中、過払い金請求をしていただきました。
全て弁護士の先生にお任せし、こちらは結果を待っているだけなのでとても楽でした。
事務所に伺った際もとても親切丁寧な対応で、安心できました。
途中経過も電話で連絡をしてもらい助かりました。
弁護士事務所は、敷居が高いイメージで敬遠していましたが、そんなイメージも今回の件で全くなくなりました。
生活も180度変わり、本当に感謝しております。

相談した出来事
過払い金
過払い金返金完了
解決方法
交渉・示談

50代 男性

依頼 離婚・男女問題 2013年4月に解決

同一人に一度同一事案で慰謝料請求し完了していました。しかし、一度目の示談内容で「二度と会わない」との約束がありましたが、それを履行しなかったため二度目の請求でした。
示談書に履行しない場合は慰謝料を追加支払いすると記載してもらったため、二度目の請求をすることができました。
しかしながら、本来、示談書に記載があっても裁判となった場合は歩が悪いものでしたが、親身に話を聞いていただき、適切な請求をしていただきました。

相談した出来事
妻の不倫により、相手男性に慰謝料の請求を依頼した。
相手男性に書面を送付したところ、慰謝料の支払いが行われ示談が成立した。
解決方法
交渉・示談

借金・債務整理の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回相談料:無料

まずはお気軽ご相談下さい。
自己破産(個人) 基本費用:240,000円 *1*2*3
個人再生(個人) 基本費用:400,000円 *1*4
住宅ローン条項:500,000円 *1*4
任意整理(1社ごと) 着手金:(1社あたり)9,800円 *1
減額報酬金:負債減少分の5% *1
過払金回収 着手金:無料 *5
報酬金(回収額からの成功報酬)
:(訴訟)回収額の25%
:(交渉)回収額の20%
注記補足説明 ※1 分割でのお支払いも可能です。詳しくは、相談・委任契約締結時にご説明いたします。
※2 事務手続き費用として20,000円が必要となります。着手金とは別途、一定の資産をお持ち方は300,000円~の裁判所への納付金が必要となります。
※3 複数人のご依頼で、ご夫婦や同居されている親子など多額の負債に至った事情が共通する方の場合、お1人あたり250,000円となります。
※4 茨城県の裁判所では申立て後、200,000円~再生委員費用(分割支払い)が必要となります。
※5 当事務所指定業者については訴訟終了まで着手金無料です。過払い金の回収が困難な業者は、着手金を要します。
【 ご案内 】 **********
現在、ご依頼中の弁護士が、業務継続が困難となった場合の「弁護士の切り替え」に対応しております。当事務所へのご依頼の切り替えの際には、弁護士費用のお支払いについてのご相談も承ります。
借金問題・過払い金についてのご相談は無料です。お気軽にお問合せください。
**********

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理の解決事例(1件)

分野を変更する

借金・債務整理の解決事例 1

借りては返すという自転車操業状態から解放され、借金がゼロに。

  • 過払い金請求
依頼主 40代 男性

相談前

*弁護士法人リーガルプラスの解決事例です

(依頼前)
信販会社3社 :120万円
消費者金融4社:120万円
毎月の返済額 :25万円

妻と子供二人の四人家族。20年前からの病気の治療や失業で借金が増え、借りては返すという自転車操業状態に‥。
一時は自殺まで考えたが、悩んだ末に当事務所へ依頼。

相談後

(依頼後)
信販会社3社 :0円《取り戻した過払金で返済》
消費者金融4社:0円《過払金を200万円回収》
毎月の返済額 :0円《借金がゼロに》
*弁護士費用 :60万円(30万円を過払い金から清算 本人負担30万円)

宮崎 寛之弁護士からのコメント

宮崎 寛之弁護士

病気や失業をきっかけに消費者金融や信販会社数社から借金をすると、その高い利息で支払いに苦しみ、何年返し続けても借金が減らない、という事態になりがちです。
弁護士介入後の計算により、この方は借金がゼロになるだけでなく、過払い金の回収にも成功しています。
良い解決に導けて何よりです。

10年以上高い金利を支払い続けた場合は、過払い金を取り返せる場合も多くあります。
私どもでは過払い金があるかどうかのチェックも無料で実施しています。
お気軽にお問い合わせください。

借金・債務整理

特徴をみる

交通事故

分野を変更する
【交通事故に関するご相談年間500件以上】【解決までの道筋がわかる『無料相談』実施中】
顧問ドクター(医師)等、各門家と連携したサポートを提供。地域の被害者の方の心強い味方として、尽力いたします。
弁護士法人リーガルプラス成田法律事務所
弁護士法人リーガルプラス成田法律事務所
弁護士法人リーガルプラス成田法律事務所

<東京・千葉・茨城>に7拠点。「地域のみなさま」のための法律事務所です。

交通事故の取扱分野

事件内容

  • 死亡事故
  • 人身事故

争点

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

【ご相談例】
・適正な賠償金を獲得したい。
・保険会社と話したくない。
・すべて交渉を依頼したい。
・日々の治療に専念したい。
・後遺症の認定を受けたいがやり方がわからない。
・後遺障害の認定が決まったが、等級が妥当かどうか分からない。
・保険会社が急に治療費の支払いをやめてしまった。

【弁護士法人リーガルプラスの強み】
◆交通事故に関するご相談年間500件以上。
多種多様なケースを解決してきた実績がございます。
地域の被害者の方の心強い味方として、一生懸命『適正な賠償金』が得られるよう全力でサポートいたします。

◆顧問ドクター(医師)等、専各門家と連携したサポート
交通事故鑑定人/医師/柔道整復師などと連携し、
より強力な交通事故弁護活動ができる体制を整えております。
顧問ドクターには後遺障害等級獲得のためのカルテの精査、訴訟の際の意見書作成等のサポートを行っていただいています。

◆「後遺障害適正」無料診断サービス
症状固定後に行った後遺障害の等級認定について、等級が上がる可能性があるか等、総合的なアドバイスを提供。もちろん、ご依頼の際には、等級認定の手続きのサポートをいたします。

◆被害者目線で対応
リーガルプラスの代表弁護士も、交通事故による重度後遺障害を負った被害者の家族です。
被害者目線で「いかに適正な賠償金を獲得するか」を常に考え、被害者/ご家族の方に寄り添ったサポートをいたします。

【取り扱い案件】
・事故直後・治療中から解決までのトータルサポート
・示談交渉
・後遺障害認定・異議申立て
・死亡・重度後遺障害事案
・交通事故裁判 など

【まずは、カウンセリングから◎】
まずは、カウンセリングさせて頂き
依頼者様のご状況や今後の流れについて説明させて頂きます。
ご相談に来ていただいた上で、弁護士に依頼するか否かは判断いただけますと幸いです。

———————————————————-
■ 営業時間
 <東京法律事務所>
 平日9:30~18:00
 <千葉/市川/津田沼法律事務所>
 平日・土曜日9:30~18:00
 <かしま法律事務所>
 平日・土曜日9:30~18:00

宮崎弁護士への感謝の声

2

50代 男性

依頼 借金・債務整理 2014年8月に解決

毎月の支払いで苦しんでる中、過払い金請求をしていただきました。
全て弁護士の先生にお任せし、こちらは結果を待っているだけなのでとても楽でした。
事務所に伺った際もとても親切丁寧な対応で、安心できました。
途中経過も電話で連絡をしてもらい助かりました。
弁護士事務所は、敷居が高いイメージで敬遠していましたが、そんなイメージも今回の件で全くなくなりました。
生活も180度変わり、本当に感謝しております。

相談した出来事
過払い金
過払い金返金完了
解決方法
交渉・示談

50代 男性

依頼 離婚・男女問題 2013年4月に解決

同一人に一度同一事案で慰謝料請求し完了していました。しかし、一度目の示談内容で「二度と会わない」との約束がありましたが、それを履行しなかったため二度目の請求でした。
示談書に履行しない場合は慰謝料を追加支払いすると記載してもらったため、二度目の請求をすることができました。
しかしながら、本来、示談書に記載があっても裁判となった場合は歩が悪いものでしたが、親身に話を聞いていただき、適切な請求をしていただきました。

相談した出来事
妻の不倫により、相手男性に慰謝料の請求を依頼した。
相手男性に書面を送付したところ、慰謝料の支払いが行われ示談が成立した。
解決方法
交渉・示談

交通事故の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
法律相談料 【0円】
※弁護士費用特約のご利用がない場合
依頼費用 【0円】
依頼時の費用は完全無料です。弁護士費用特約にも対応しています。
※弁護士費用特約のご利用がある場合は着手金が発生します。
成功報酬 事案によって異なります。
詳しくは下記をご確認ください。
http://legalplus.jp/kotsujiko/bengoshihiyou/
<ご案内> 現在ご依頼中の弁護士が、業務継続が困難となった場合の「弁護士の切り替え」に対応しております。当事務所へのご依頼の切り替えの際には、弁護士費用のお支払いについてのご相談も承ります。
『交通事故』についてのご相談は無料です。
お気軽にお問合せください。
▶ 電話 [通話無料] 0120-25-4895
  (受付 平日・土曜日 9:00~20:00)

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

交通事故の解決事例(4件)

分野を変更する

交通事故の解決事例 1

相手方保険会社はご依頼者の過失20%を主張してきたが、弁護士が詳細に調べ内容の矛盾を指摘、過失割合を当方の主張通りに示談することができた事案

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 50代

相談前

【事故態様】
渋滞中の車列の左側を原動機付自転車で走行していたところ、渋滞を回避して脇道に入ろうとした加害者運転の自動車が左折し、被害者の原動機付自転車の後輪部分に衝突した。

被害者は転倒し、右上腕骨近位端骨折や肘・膝の打撲などの怪我を負いました。怪我が重く、保険会社との交渉に不安が大きかったことなどから、ご来所されました。

相談後

【取得金額】相談前:約1391万円
【解決方法】示談交渉

約1年間の治療の結果、骨折部位は癒合したものの、肩関節の拘縮があり、可動域が大幅に制限されてしまいました。そのため、後遺障害の申請も当事務所が行い、結果として後遺障害10級の認定を受けました。

過失割合について、相手方はこちらの過失を20%と主張していました。アジャスターが実際の車両を確認し、事故の態様が、当方が相手方にぶつかっていったものだと判断していたためです。

しかし、相手方からの開示資料や刑事記録では、相手方主張の態様では説明のつかない傷であることがわかりました。

そこで、その事実を指摘したところ、相手方は、判断の誤りを認め、過失割合を当方の主張通りに修正しました。

【資料の検証により、過失割合を当方に10%有利に修正】
過失割合について、相手方はこちらの過失を20%と主張していました。原動機付自転車の前カゴが大きく凹んでいたため、この部分に加害者がぶつかったと判断し、左折した自動車に被害者が前方からぶつかっていったという態様だからということでした。

アジャスターが現物を見て判断したものでしたが、ご本人が事故態様が異なるとはっきりと主張されたため、相手方からの開示資料や、刑事記録を検討したところ、加害車両がぶつかったとされる傷の位置と、凹んだカゴの位置とは、明らかに高さが違うということがわかりました。

そこで、その事実を指摘したところ、相手方は、判断の誤りを認め、過失割合を当方の主張通りに修正しました。

宮崎 寛之弁護士からのコメント

宮崎 寛之弁護士

お怪我が重く、保険会社との交渉に不安があるといったことから、事故後1か月以内の時点で受任しました。

相手方は、当方の認識とは異なる事故態様を前提に過失割合の話をしていました。

結果として、当方の主張通りの過失割合を前提とした示談で成立させることができましたが、ご自身が体験された事実を法律的に構成するのは、一般の方には少し難しい部分もあると思います。

事実の説明がうまくできず、相手方保険会社との話がうまくいかない場合にも、ご相談にお越しください。

交通事故

特徴をみる

交通事故の解決事例 2

道路を横断中の衝突事故。基礎収入・過失加算の主張が反映され1000万円超増額できた事案

  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償
  • 死亡事故
依頼主 70代

相談前

【事故態様】
被害者が道路を横断中(横断歩道ではありませんでした)、加害者の運転の自動車と衝突。

事故発生後、相手方保険会社から示談金の提示がありましたが、その提示額が低額なのではないかと思い、当事務所にご相談・ご依頼されました。

相談後

【取得金額】相談前:約2000万円 → 相談後:約3400万円 (約1.7倍の増額)
【解決方法】裁判

交渉では慰謝料について増額がなされたものの、逸失利益等その他の項目では全く増額提案がなされなかったため、訴訟を提起しました。

高齢者の家事従業者の死亡逸失利益について、基礎収入が争われました。
被告は女性労働者平均の50パーセント相当額であると主張しましたが、90パーセント相当額で和解することができ、相手方主張の金額より約480万円多く獲得することができました。
また、過失割合につき、加害者が夜間による加算を主張したことに対し、日没後間もないことや、前照灯が下向きであったこと、被告が直前まで被害者に気付かなかったことを立証し、過失加算を防ぎました。
当方の主張が反映された和解案であり、3400万円で和解することができました。

【高齢者の死亡逸失利益について、家事従業者の基礎収入を高額で和解】
相手方は、被害者以外の家事従業者の存在を主張し、女性労働者平均賃金の50%を主張しました。

これに対し、当方は、他の家事従業者が、一日中、仕事や実家の家事をしていた事実を主張・立証しました。

その結果、裁判所に当方の主張が認められ、女性労働者平均賃金の90%相当額の和解案が提示されました。

【過失相殺について、過失割合を当方に有利に修正】
相手方は、本件事故発生日時が日没後であったことを理由として、過失割合の基本の基準より、被害者の過失を5%多く主張してきました。

これに対し、当方は、夜間であることによる過失の加算修正の趣旨にかんがみ、、日没後であってもただちに暗闇になるものではなく、歩行者の発見が困難であったという事情はないと主張・立証しました。また、被害者を発見することが可能であった地点や、加害者が衝突直前で初めて被害者を発見したことを主張・立証し、加害者に前方不注意の著しい過失があったことを主張しました。

その結果、裁判所は、日没後間がない時刻の事故と考える余地があること、前照灯が下向きであったこと、加害者が直前まで被害者に気付かなかったことを総合的に考慮し、夜間による過失加算をしない和解案を提示しました。

宮崎 寛之弁護士からのコメント

宮崎 寛之弁護士

本件は、被害者がお亡くなりになってしまった事件であるにもかかわらず、相手方保険会社からの提示額は、約2000万円でした。
過失相殺による減額を考えても、明らかに低い金額での提示でした。

いわゆる裁判基準では、交通死亡事故の場合、慰謝料の基準は2000万円~2800万円とされています。
そのため、相手方保険会社からの提案は、ほぼ慰謝料だけの金額にしかならず、ご遺族固有の慰謝料や、被害者の方が生きていれば受けられた経済的な利益(逸失利益)分の増額が一定程度可能であると判断しました。

事故により、大切な方の命が奪われてしまった悲しみの中交渉しなければならない負担感や、命を金銭的に評価することへの抵抗感は非常に大きいと思います。
しかし、相手方保険会社の提示する示談金額が、必ずしも被害者・ご遺族の方の損害を正しく評価したものとはいえません。
弁護士が代理人として活動することにより、示談交渉の負担は軽減できると思いますので、一度ご相談されてみてはいかがでしょうか。

交通事故

特徴をみる

交通事故の解決事例 3

右足関節の機能障害・右股関節の疼痛などにより約1100万円を獲得した事案

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 80代以上

相談前

【事故態様】
依頼者が信号のある横断歩道を歩行していたところ、左折してきた加害者運転の自動車と衝突。

ご依頼者は、当交通事故により、右足関節開放性脱臼骨折、右大腿骨頚部骨折等の怪我を負いました。
事故直後に受任し、後遺障害について被害者請求を行い、後遺障害等級併合10級の認定を受けました。

相談後

【取得金額】約1104万円
【解決方法】示談交渉

高齢主婦の後遺障害逸失利益について、家庭内での役割などを主張し、平均賃金をベースとした相当額の逸失利益を認めてもらうことができました。

ご高齢であったため、後遺障害逸失利益算定のための基礎収入と労働能力喪失期間が争いになりましたが、基礎収入は女子70歳以上平均賃金、喪失期間4年で示談をまとめることができました。

相手方は、慰謝料について裁判基準から一定程度の減額を譲りませんでした。
訴訟を提起し、慰謝料の満額獲得を目指すという方法も考えられましたが、訴訟移行時に認められる後遺障害逸失利益の水準や、ご依頼者が早期解決を希望されていたことなどから、交渉での解決となりました。

【高齢者の家事従業者の後遺障害逸失利益を高額で示談】
依頼者がご高齢の主婦であり、後遺障害逸失利益の基礎収入と労働能力喪失期間が争われました。
慰謝料部分を多少譲歩することで、こちらの逸失利益の提示額全額を認めてもらい、最終的に、約1100万円の賠償金を獲得できました。

宮崎 寛之弁護士からのコメント

宮崎 寛之弁護士

ご依頼者は、事故で入院中、ご家族の方経由で弊所をお知りになり、担当弁護士が病院を訪問して委任契約を締結しました。

入院中から、タイミングごとにその後の流れなどご説明し、比較的スムーズに後遺障害の申請、示談に至ることができました。

示談金額の決定においては、入通院状況を含め、事故後の対応がかなり影響してしまいます。
ご自身に不利な影響があることを知らないまま対応してしまっていることも多く見受けられますので、事故に遭われた場合には、治療を終えてからではなく、治療中の早い段階から、知識を得ておくことが重要です。

交通事故

特徴をみる

交通事故の解決事例 4

治療中の段階より弁護士が後遺障害診断書の作成など、固定症状まで丁寧にサポートし、示談交渉においても裁判基準に近い金額で比較的スムーズに解決できた事案

  • 後遺障害等級認定
  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 50代

相談前

【事故態様】
被害者がタクシーに乗車中、運転手が運転操作を誤り、中央分離帯に衝突。

被害者は硬膜下血腫や胸骨骨折などの傷害を負いましたが、脳外傷後の目立った後遺障害(高次脳機能障害)はなく、日常生活に復帰されました。

ただし、胸骨に変形が残り、それに伴う胸部痛みもありました。その他、後背部痛もあり、併合12級の認定を受けました。

ご依頼は、事故から半年ほど経ったころ、その後どう手続きが進んでいくのかよくわからず不安、ということでご来所され受任しました。

相談後

【取得金額】1,324万円
【解決方法】示談交渉

症状固定前から受任していたため、治療の進行や症状固定時期についてご相談しながら決めていくことができました。

また、後遺障害診断書の作成に関するアドバイス等を行い、結果として適切な後遺障害等級の認定を受けることができました。

最終的に、賠償金額は、実際に訴訟に至った際に認定されるであろう金額と遜色ない金額となりましたので、訴訟提起はせず、交渉によって解決となりました。

宮崎 寛之弁護士からのコメント

宮崎 寛之弁護士

後遺障害等級の認定は、基本的には書面審査であるため、症状等について後遺障害診断書にきちんと記載がされていなければなりません。

そのため、事前に症状について確認し、後遺障害診断書作成依頼時の診察時に伝えるべきことをお話して、後遺障害診断書を作成してもらいました。

結果として、後遺障害は、想定していた等級での認定となり、適切な賠償金獲得につながりました。

被害者の方は、痛みが強い部分のことは医師にお伝えになりますが、比較的痛みが弱い部分については伝え忘れたりしてしまいますので、そのような部分についても不足なく伝えることが必要です。

交通事故

特徴をみる

遺産相続

分野を変更する
【着手金0円プランあり】【ご依頼者様からの満足度88%以上】遺言書作成/遺産分割/不動産相続などのお悩みは、リーガルプラスまで。税理士や司法書士と連携し、適切な解決を目指します。
弁護士法人リーガルプラス成田法律事務所
弁護士法人リーガルプラス成田法律事務所
弁護士法人リーガルプラス成田法律事務所

<東京・千葉・茨城>に7拠点。「地域のみなさま」のための法律事務所です。

遺産相続の取扱分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

【ご相談例】
・「遺産分割」の話し合いが進まない。
・「生前に贈与」を受けた相続人がいる。
・「相続財産」の全体を隠されているようだ。
・「相続税申告」があるがまとまらない。
・「代理で交渉」してほしい。相手と話したくない。
・「調停」をしたい。または、調停を起こされてしまった。
・他の相続人が財産を独り占めしている。
・他の相続人に「訴える」と言われた。

【弁護士法人リーガルプラスの強み】
☑ご依頼者様からの満足度88%以上
多くの依頼者の皆様より、喜びの声をいただいております。
https://www.legalplus-souzoku.net/voice/

☑相続に関する問い合わせ年間300件以上
年間総合相談実績は900件以上。
相続に関するお問合せは年間300件を超えております(平成29年度実績)。

☑税理士や司法書士と連携したサポート
よりよい解決のために、税理士や司法書士と連携し、相続トラブルをトータルで解決。
税理士を講師に招き所内勉強会を実施するなど、積極的に研鑽しています。

☑プライバシー完備
完全個室、予約制にてご相談いただけます。
情報管理・プライバシーへの配慮は徹底的に行っておりますので、 安心してご来所ください。

【着手金0円プランあり】
ご相談から、安心してご依頼いただけるよう「着手金無料プラン」もご用意。
弁護士費用についても「無料見積もり」を行っております。

【まずは、カウンセリングから◎】
まずは、カウンセリングさせて頂き
依頼者様のご状況や今後の流れについてご説明いたします。
ご相談に来ていただいた上で、弁護士に依頼するか否かは判断いただけますと幸いです。

———————————————————-
■ 営業時間
 <東京法律事務所>
 平日9:30~18:00
 <千葉/市川/津田沼法律事務所>
 平日・土曜日9:30~18:00
 <かしま法律事務所>
 平日・土曜日9:30~18:00

■ 公式相続サイト
https://www.legalplus-souzoku.net/

宮崎弁護士への感謝の声

2

50代 男性

依頼 借金・債務整理 2014年8月に解決

毎月の支払いで苦しんでる中、過払い金請求をしていただきました。
全て弁護士の先生にお任せし、こちらは結果を待っているだけなのでとても楽でした。
事務所に伺った際もとても親切丁寧な対応で、安心できました。
途中経過も電話で連絡をしてもらい助かりました。
弁護士事務所は、敷居が高いイメージで敬遠していましたが、そんなイメージも今回の件で全くなくなりました。
生活も180度変わり、本当に感謝しております。

相談した出来事
過払い金
過払い金返金完了
解決方法
交渉・示談

50代 男性

依頼 離婚・男女問題 2013年4月に解決

同一人に一度同一事案で慰謝料請求し完了していました。しかし、一度目の示談内容で「二度と会わない」との約束がありましたが、それを履行しなかったため二度目の請求でした。
示談書に履行しない場合は慰謝料を追加支払いすると記載してもらったため、二度目の請求をすることができました。
しかしながら、本来、示談書に記載があっても裁判となった場合は歩が悪いものでしたが、親身に話を聞いていただき、適切な請求をしていただきました。

相談した出来事
妻の不倫により、相手男性に慰謝料の請求を依頼した。
相手男性に書面を送付したところ、慰謝料の支払いが行われ示談が成立した。
解決方法
交渉・示談

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
法律相談料 初回相談料<無料>
着手金 ※着手金0円プランあり。
お気軽にご相談ください。
その他、費用の詳細はこちらをご覧ください。
http://www.legalplus-souzoku.net/cat328/

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(2件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

親の遺産の使い込みを指摘してきた他の相続人からの主張に対し、領収書を精査し支出を明らかにしたことで不当な使い込みがないことを証明、相手方が要求していた金額からの減額に成功し、和解した事案

  • 遺言
依頼主 60代

相談前

身の回りの世話をしていた親が亡くなり、他の相続人との間で紛争になりました。

自分に相続させるという遺言があったものの、遺言は判断能力がない状況でなされたもので無効、また、生前親の金を使い込んだといわれ、ご来所されました。

相談後

【解決方法】不当利得返還請求訴訟等

遺言の無効については、介護認定資料が残されているため、判断能力について有力な証拠になると考えました。

また、お金の使い込みに関しては、領収書類をかなり多く残されていたので、大部分の支出は説明ができると考えました。

相手方の主張が極端なものであったことから、訴訟でもある程度こちらの主張は認められる可能性が高いと判断し、交渉では少し強気の条件を提示しました。

交渉ではお互い条件を譲らなかったため、相手方に代理人弁護士が就任し、訴訟が提起されました。

どうしても交渉がまとまらない、という状況であれば、いっそ訴訟にしてしまった方が最終的な解決は早くなるということもあります。

相手方には遺留分があることから、もともといくらかは渡すつもりもあったため、訴訟の進行に伴って和解の話を進め、判決ではなく和解により解決をしました。

宮崎 寛之弁護士からのコメント

宮崎 寛之弁護士

お金の使い込みに関し、多くの領収書が保管されていましたので、1枚1枚整理し、支出を明らかにしました。

また、統計資料も使い、領収書が残っていない通常の生活費も算出し、当該期間の収入と比較したうえで、不当な使い込みがないことを立証しました。

遺言の内容もさほど複雑なものではなく、また、判断能力を欠くという積極的な証拠も存在しないことを主張・立証しました。

結果、相手方が当初要求していた金額からの減額に成功し、解決となりました。

遺産相続

特徴をみる

遺産相続の解決事例 2

当事者間で相続の話し合いを行っていたが、話が進まないため弁護士に依頼、遺産の調査を行い全容を把握した上で遺産分割調停を申し立て、短期の調停期日で合意が成立した事案

  • 遺産分割
  • 財産目録・調査
依頼主 50代

相談前

お父様がお亡くなりになった後、相続に関する話し合いを当事者間で行っていたものの、なかなか話が進まなかったため、ご自身での協議に限界を感じ、ご相談にお越しになりました。

合意直前まで進みながら突然連絡がつかなくなるなど、協議を継続することでスムーズに解決できるという見込みが立たなかったため、早々に遺産分割調停を申し立てることをお勧めしました。

また、依頼者の方は、お父様とは離れて暮らしていたため、お亡くなりになった時点での預貯金残高だけでなく、生前の預貯金の動きについても確認した方がよいとアドバイスしました。

相談後

受任後、最初に行ったのは遺産の調査です。相手方から目録は開示されていましたので、生前1年分の取引明細を取得しました。

すると、お亡くなりになる前の約2か月間に、複数の口座から2000万円近くの預貯金が引き出されていることが判明しました。

引き出された金額全額を遺産(現金)として計上し、遺産分割調停を申し立て、数度の調停期日を経て、合意が成立しました。

宮崎 寛之弁護士からのコメント

宮崎 寛之弁護士

お亡くなりになる直前の引き出された預貯金は、他の口座に移されているかもしれませんが、引き出された時点では「現金」として存在していたはずです。

そのため、現金として遺産に計上して遺産分割調停を申し立てたところ、相手方からは、相手方が立て替えた金員の精算であるという反論があり、その他寄与分の主張がありました。

相手方が立て替えたとの主張にも一定の合理性があり、また、お世話をされていた事実もあったため、ご依頼時から「法定相続分通りにきっちり分ける」ということはご希望ではありませんでした。

遺産額を当方の主張通りとし、その中から相手方に譲歩できる金額を考慮して、比較的短期の調停期日で解決することができました。

遺産相続

特徴をみる

労働問題

分野を変更する
【未払い残業代のサポートに特化】
【相談無料/着手金無料=0円で回収手続きスタート】タイムカードがない等、難易度の高い案件もOK。
リーガルプラスがあなたを強力にサポートします。
弁護士法人リーガルプラス成田法律事務所
弁護士法人リーガルプラス成田法律事務所
弁護士法人リーガルプラス成田法律事務所

<東京・千葉・茨城>に7拠点。「地域のみなさま」のための法律事務所です。

労働問題の取扱分野

原因

  • 給料・残業代請求
  • 労働条件・人事異動
  • 不当解雇
  • 労災認定

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

※初回のご相談は無料です。着手金無料=0円で回収手続きを始められます。

【ご相談例】
・未払いの残業代を請求したい。
・長年サービス残業を強いられてきたので、未払いの残業代を請求したい。
・タイムカードがないが、残業代請求をしたい。
・退勤の打刻後も働かされていた。
・残業代の計算の基礎となる賃金の計算方法を知っているか。
・どう始めたら良いのかわからない。
・交渉しているが、進まない。

【無料相談でわかる4つのこと♧】
1.残業代の可能性
残業代発生の可能性について弁護士が簡易的に診断いたします。

2.残業代の試算
あなたの残業代がいくら位なのか、試算いたします。

3.回収方法の説明
あなたにあった回収方法、見通しをアドバイスいたします。

4.疑問不安点に回答
今ある不安や心配を、具体的に丁寧にお答えします。

【弁護士法人リーガルプラスの強み】
☑未払い残業代をトータルサポート
「資料収集」「書類の作成」や「交渉の代理」など、残業代請求をトータルサポート。実際の回収まで、しっかり対応いたします。

☑難易度の高い案件にも対応可能です。
・「残業代を証明する証拠がない」
・「年俸制」「歩合給」などで働いている場合
・「営業手当」「固定残業代」が支給されている場合
・「管理監督者」として働いている場合 など

あらゆる残業代請求案件に関するノウハウや知識を、所内で共有しております。
あきらめないで。難易度の高い案件もお任せください。

【費用について】
・<完全成功報酬制> 回収額からの後払いで安心です。
・<着手金無料> 0円で回収手続きを始められます。
・<相談無料> 初回ご相談は無料です。

【まずは、カウンセリングから◎】
まずは、カウンセリングさせて頂き
依頼者様のご状況や今後の流れについてご説明いたします。
ご相談に来ていただいた上で、弁護士に依頼するか否かは判断いただけますと幸いです。

———————————————————-
■ 営業時間
 <東京法律事務所>
 平日9:30~18:00
 <千葉/市川/津田沼法律事務所>
 平日・土曜日9:30~18:00
 <かしま法律事務所>
 平日・土曜日9:30~18:00

宮崎弁護士への感謝の声

2

50代 男性

依頼 借金・債務整理 2014年8月に解決

毎月の支払いで苦しんでる中、過払い金請求をしていただきました。
全て弁護士の先生にお任せし、こちらは結果を待っているだけなのでとても楽でした。
事務所に伺った際もとても親切丁寧な対応で、安心できました。
途中経過も電話で連絡をしてもらい助かりました。
弁護士事務所は、敷居が高いイメージで敬遠していましたが、そんなイメージも今回の件で全くなくなりました。
生活も180度変わり、本当に感謝しております。

相談した出来事
過払い金
過払い金返金完了
解決方法
交渉・示談

50代 男性

依頼 離婚・男女問題 2013年4月に解決

同一人に一度同一事案で慰謝料請求し完了していました。しかし、一度目の示談内容で「二度と会わない」との約束がありましたが、それを履行しなかったため二度目の請求でした。
示談書に履行しない場合は慰謝料を追加支払いすると記載してもらったため、二度目の請求をすることができました。
しかしながら、本来、示談書に記載があっても裁判となった場合は歩が悪いものでしたが、親身に話を聞いていただき、適切な請求をしていただきました。

相談した出来事
妻の不倫により、相手男性に慰謝料の請求を依頼した。
相手男性に書面を送付したところ、慰謝料の支払いが行われ示談が成立した。
解決方法
交渉・示談

労働問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 <未払い残業代請求について>
初回相談料:無料

まずはお気軽ご相談下さい。
着手金 <未払い残業代請求について>
無料
成功報酬 <未払い残業代請求について>
●交渉による解決:回収額の18%
●労働審判による解決:回収額の24%
●訴訟による解決:回収額の30%
(別途消費税)
その他諸費用・実費 上記の弁護士費用のほか、移動を含む拘束時間が3時間以上の場合には日当が発生いたします。また、諸費用・実費(通信費、交通費、裁判の場合における印紙・郵券代)が必要となります。
<ご案内> 現在ご依頼中の弁護士が、業務継続が困難となった場合の「弁護士の切り替え」に対応しております。当事務所へのご依頼の切り替えの際には、弁護士費用のお支払いについてのご相談も承ります。
『未払い残業代』についてのご相談は無料です。
お気軽にお問合せください。
▶ 電話 [通話無料] 0120-13-4895
  (受付 平日・土曜日 9:00~20:00)

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

労働問題の解決事例(1件)

分野を変更する

労働問題の解決事例 1

管理監督者であることなどを理由に残業代が未払いになっていた会社に対し、就業規則や管理監督者の問題点を指摘して残業代を請求、約350万円で示談した事案

  • 給料・残業代請求
依頼主 40代

相談前

工場作業員の男性、早朝から夕方までの勤務であり、1日あたり約3時間、法定の8時間を超える労働をしていました。

他方、会社からは、残業代名目で支払われていたものはありませんでした。

相談後

勤務先からは、管理監督者であることや、就業規則上、ある手当を残業代とする旨規定されているなど主張してきました。

しかし、到底管理監督者と言えるような勤務状況ではなかったこと、残業代とする規定はあるものの、実際に算定しようとすると、具体的な算定が不可能な規定方法でした。

ある手当を「残業手当とする」旨の規定がなされていたとしても、その計算方法や具体的にどの程度の残業時間に対応するのかが明らかでなければ、有効な規定とはなりません。


就業規則の規定が有効とはいえず、また、実際に残業代についてはほとんど支払っていなかったという状況であると考えていたため、単純な計算結果に基づく請求となりました。

相手方代理人弁護士も、勤務先の取り扱い状況や、就業規則の規定を確認し、法的に効果的な反論が難しいということを理解していたと思われ、一応の反論はなされたものの、争点として正面から争わなければならないような反論ではありませんでした。

宮崎 寛之弁護士からのコメント

宮崎 寛之弁護士

正面から争うべき争点がほぼなかったことから、法的な争点に関するやり取りは多くなく、交渉のほとんどは金額のやり取りに終始しました。

当然、勤務先はできるだけ払いたくない、依頼者はできるだけもらいたい、という考えですので、勤務先の払える金額、依頼者が納得できる金額を交渉で詰めていき、最終的に合意することとなりました。

納得できない金額しか提示されないのであれば当然訴訟も選択肢となる事案でしたが、訴訟は時間がかかることや、依頼者にとってどこに不利な点があるかわからない、という側面もあることから、交渉での解決に至りました。

労働問題

特徴をみる

所属事務所情報

所属事務所
弁護士法人リーガルプラス成田法律事務所
所在地
〒286-0033
千葉県 成田市 花崎町800-6 丸喜ビル5階
最寄り駅
JR・京成成田駅
設備
  • 完全個室で相談
事務所URL
所属弁護士数
2 人

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 企業法務
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 企業法務

電話で問い合わせ
050-5289-1328

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

対応地域

所属事務所情報

所属事務所
弁護士法人リーガルプラス成田法律事務所
所在地
千葉県 成田市 花崎町800-6 丸喜ビル5階
最寄駅
JR・京成成田駅

弁護士法人リーガルプラス成田法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5289-1328

※弁護士法人リーガルプラス成田法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 20:00
  • 土曜09:00 - 20:00
定休日
日,祝
備考
土曜も可

対応地域

事務所の対応体制
完全個室で相談