現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
鈴木 菜々子弁護士

( すずき ななこ ) 鈴木 菜々子

弁護士法人とびら法律事務所

現在営業中 09:30 - 20:00

離婚・男女問題

分野を変更する
[離婚相続に注力]
[3000件超の離婚相談実績]
[千葉駅3分] 
[初回無料相談60分] 
離婚、親権、財産分与、慰謝料、養育費、面会交流などお任せください。
弁護士法人とびら法律事務所
弁護士法人とびら法律事務所
弁護士法人とびら法律事務所

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料

◆このようなお悩みは弁護士へご相談下さい◆
・離婚したいのに相手が離婚を拒否しているケース
・親権に争いがあるケース
・離婚に争いはないが、財産分与、養育費、慰謝料等お金のことでもめているケース
・子どもに会わせてもらえないケース
・子どもを連れ去られたケース
・別居していて生活費をもらっていないケース
・相手から暴力を受けて離婚したいケース
・相手が不貞をして慰謝料をもらって離婚したいケース
・自分に新しい相手ができていまの配偶者とは離婚したいケース
・相手と別居しており離婚したいケース
・相手と別居し,離婚したいが,別居のタイミングや今後の進め方がわからないケース
・離婚はすぐできそうにないが,別居中どちらが子と一緒に住むか決めたいケース

 一度きりの人生、我慢したり、愛情のない相手と過ごすより、心から幸せを感じられる生き方をした方がいいのではないでしょうか。
 どんな状況でも、人は強く、必ず乗り越えられます。悩んでいるときは、それが無理なように思えても、必ず未来は開ける。法律家としてそのサポートをしていきたいと思います。
 
○依頼者の方の本心を聞くこと
○わかりやすくご説明すること
○目先のことだけでなくその方の人生を考えたアドバイスをすることを大切に心がけています。
 当事務所のお客さまの男女比は,ほぼ5:5です。
 目の前の依頼者のために動くのが弁護士です。性別に関わらず,ご相談ください。
 また,戸籍上の性別とは異なる性別の方のご相談も大歓迎です。

◆当事務所の特徴◆
《離婚・相続などの家族問題に特化した部が対応します。》
 当事務所は、離婚、相続を集中して取り扱う離婚相続部を設置しています。
 毎年500件を超えるご相談をお受けしており,家族問題解決のノウハウも蓄積されております。

 男性側で親権を取得したもの、DNA鑑定が問題となったもの、外国人との離婚、高額な財産分与等、難案件も多数あります。調停や訴訟だけでなく、協議離婚(裁判所を使わずに相手と話し合って離婚届を出す離婚)にも力を入れております。
1ヶ月でスピード解決した事件も複数あります。

《アットホームな雰囲気》
 温かい雰囲気の事務所です。話したいことが話せるため、ご自身の希望をしっかり伝えることができます。
 当事務所は弁護士も事務スタッフも温かい心で依頼者の方に接しています。所内でビジネスマナーの研修を実施したり,事務スタッフがメンタルケアの勉強をしたりしています。
 また、離婚相談票や離婚質問シートを活用し、大切なことを聞き漏らさないよう努めています。
 事務所の内装も木やパステルカラーを基本とし、相談室には事務机や事務椅子ではなく、木のテーブルや布地の柔らかい椅子をご用意しております。
 堅くなってしまって言いたいことが言えなかった、弁護士が高圧的で言いたいことが言えなかった等ということがありません。 

《柔軟な対応》
 電話受付時間が長く、ご依頼後はメールでのやりとりも可。土曜、平日夜も対応。
 お仕事をされている方には、大変ご好評いただいております。

 Web面談(zoom等)でもご相談を承っております。お気軽にお問い合わせ下さい。
 
-----------------
◆アクセス◆
 JR、京成、モノレール千葉駅から徒歩3分

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
法律相談料 初回無料(1時間程度)
二回目以降相談のみの場合30分5000円(税込5500円)
着手金 協議離婚30万円(税込33万円)
調停離婚34万円(税込37万4000円)
裁判離婚38万円(税込41万8000円)

※HPに詳細な料金表あり
成功報酬金 着手金と同額+経済的利益の13%(税込14.3%)

※HPに詳細な料金表あり
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(7件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

離婚拒否の夫を説得,財産分与も実現。

  • 財産分与
  • 離婚請求
  • DV・暴力
依頼主 60代 女性

相談前

定年退職後の熟年夫婦。夫の暴力が原因で,別居となった。妻は離婚を強く希望し,当事者同士で話し合いを重ねるも,合意に至らず。妻が弁護士に依頼。依頼者は,本音としては夫に慰謝料請求もしたかったが,夫の財産状況も鑑み,離婚してくれるのであれば,きちんと財産分与してくれるだけで良いという考えであった。

相談後

夫に話し合いの申し入れをすると,夫も弁護士を選任。しかし,それでも夫は離婚を強く拒否し,やむなく離婚調停の申立て。調停でも夫は離婚を拒否。そこで,調停の期日間に,暴力を間近で見ていた当事者間の長女から夫に対し離婚を嘆願する手紙を代理人を通して送付。夫は,次の期日で離婚に応じることに。その後,夫は,財産分与の分与割合を2分の1にすることを渋っていたが,こちらが慰謝料を請求しないということで,最終的に2分の1で合意することができた。

鈴木 菜々子弁護士からのコメント

鈴木 菜々子弁護士

別居期間が比較的短く,証拠も乏しいため,裁判になった場合には,不利な事案だと考えていました。しかし,あきらめずに夫の心情に粘り強く働きかけ,最終的に離婚に合意してもらうことが出来ました。また,慰謝料を請求しないことは初めから伝えず,財産分与の交渉材料として慰謝料請求を取り下げることを使ったのは効果的だったと思います。

離婚・男女問題の解決事例 2

不貞慰謝料請求(交渉)のご依頼を受けてから1か月でのスピード解決。慰謝料金額も本人の希望に近いものを実現。

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 40代 男性

相談前

妻の不貞を知った直後,大きな精神的ショックを受けた男性からのご依頼。不貞相手の男性に対する交渉での慰謝料請求。ご依頼前に当事者同士で電話のやりとりがあった。不貞相手には家庭があり,妻には絶対に知られたくないと懇願していた。

相談後

ご依頼後すぐに,不貞相手に電話連絡で交渉を開始した。当初相手は,反省しているが慰謝料は支払えないの一点張り。具体的な金額の提示はなく,ひとまず相手も法律相談を受けることに。その後,相手から100万円との提案があるも,本人の希望額とは開きがあったため,拒否。次に,相手が出した金額は130万円だったが,170万円でなければ訴訟を提起するしかないことや,裁判になれば相手にも弁護士費用がかかり,話し合いで解決した方が相手にもメリットがあることを伝え,最終的には170万円の現金一括払いで合意。ご依頼を受けて1か月のスピード解決となった。

鈴木 菜々子弁護士からのコメント

鈴木 菜々子弁護士

不貞相手がそれなりの職業を持っており,家族に不貞の事実を絶対に知られたくないという希望があったため,裁判にされたくないという希望が強いと読みました。そのため,渋る相手にはある程度強気で交渉を実施でき,実際に功を奏しました。また,当初から手紙ではなく電話交渉を実施することで,早く問題解決して欲しいという依頼者のニーズにも応えられました。不貞の慰謝料請求をご検討の場合は,相手の属性によって回収可能性が変わって来るので,慎重に検討していただきたいと思います。

離婚・男女問題の解決事例 3

不貞相手から慰謝料150万円と謝罪文を獲得した事例

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 40代 女性

相談前

夫の不貞を知り,心身ともに大変疲労した状況。不貞の証拠はすべてそろえたが自身での対応が難しく,相談にいらっしゃる。

相談後

弁護士は不貞相手へ内容証明を送り,交渉を開始した。
まもなく不貞相手も代理人をつけたため,代理人間の交渉が始まる。
当所は金銭的な余裕がないとの理由から120万円を支払うとの回答が来るも,Nさんとしては納得できず。
Nさんが受けた精神的な苦痛を相手方代理人を通じて不貞相手へ何度も伝えたことにより,不貞相手から慰謝料150万円の支払ってもらえることになる。
さらに慰謝料請求の交渉では受け入れてもらえることが少ない,不貞相手からの謝罪文についても取り付けることができた。

鈴木 菜々子弁護士からのコメント

鈴木 菜々子弁護士

相手の支払い能力から,慰謝料の金額面で当初の目標は達成することはできませんでしたが,少しでもNさんの気持ちが軽くなるよう,慰謝料以外の部分の約束(転居の努力等)を取り付けました。また,一部分割払いとなったため,公正証書の作成もサポートさせていただきました。Nさん自身が冷静さを失うこともありましたが,丁寧にお話を聞き,こちらからのアドバイスはあくまで冷静にすることを心がけました。Nさんも落ち着きを取り戻してくださりました。

離婚・男女問題の解決事例 4

2人の不貞相手から合計300万円の慰謝料を3ヶ月で獲得した事例

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 50代 女性

相談前

長年連れ添ってきた夫に2人(Aさん・Bさん)の不貞相手がいることが発覚。
多数証拠もあり,夫も不貞相手2人も不貞については認める。
しかしながら,依頼者は,当初Aさん,Bさんとも直接連絡をとっていたが,スムーズに行かずに疲弊。当事務所に慰謝料請求をご依頼された。

相談後

鈴木弁護士は,Aさんにすぐ連絡した。300万円の慰謝料を請求。Aさんはすぐに代理人をつけて,交渉が開始された。Aさんは不貞の事実は認めるが,不貞行為が1度きりであることやAさん以外にも不貞相手がいることを理由に減額を主張。
Aさんと夫が話している不貞の事実は一致していたものの,それ以外の物的証拠はないため100万円の支払いにて示談することになる。Aさんとの解決までに1か月もかからなかった。

Bさんは,弁護士からの電話に出なかったため,内容証明を送ることに。しかし,住所が分からず,住所調査からはじめる。その後,Bさんとコンタクトが取れ,Bさん本人との交渉となった。こちらも不貞の事実は認めていたが,やはり300万円の支払いには難色を示した。しかしBさんは不貞期間も長く,証拠も多数残っていた。
Bさんに対し,複数の証拠があること,このまま裁判になった場合の見通し等をつたえ,一括払いを条件に200万を提示する。
それに対しBさんはこちらが持っている証拠をすべて破棄するのであれば,200万円を支払うと回答がある。
これに双方が同意し,Bさんとは200万円で示談することに。鈴木弁護士とBさんの間で示談書を取り交わした。

鈴木 菜々子弁護士からのコメント

鈴木 菜々子弁護士

慰謝料請求について直接相手とやり取りするのは,とてもストレスのあるものだと思います。弁護士に依頼することにより,そのようなストレスから解放されますし,早期の解決が見込めます。ぜひ弁護士に相談することをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例 5

不貞の証拠はなかったが慰謝料を獲得,20日間でスピード解決した事例

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 30代 女性

相談前

夫が不貞をし,証拠を見つけるも夫に証拠を捨てられてしまった。その後,ご本人が不貞相手と連絡を取った際,不貞相手は一旦は不貞行為を認めたものの,後に肉体関係はなかったという主張に転じ,話が進まなかった。

相談後

依頼者は,鈴木弁護士に不貞相手への慰謝料請求を依頼した。
鈴木弁護士は,依頼者から不貞相手の特徴や性格を詳細に聞き,この不貞相手に対しては内容証明を送るなどの行為は逆効果であると考え,電話にて交渉を始めた。
不貞相手は慰謝料を支払うことを認めたが,金額で争いとなった。

鈴木弁護士は,依頼者に,粘り強く交渉を行い慰謝料の金額をあげることと,早期の解決とどちらを希望するかを確認し,依頼者がとにかく早い解決をと希望したため,即示談書を取り交わした(公正証書による)。
弁護士が不貞相手の性格を考えて交渉を行ったこと,スピーディーに行動したことから早期解決となった事例である。

鈴木 菜々子弁護士からのコメント

鈴木 菜々子弁護士

証拠がなく,相手も肉体関係を否定している事案であったため,非常にやりずらい事案ではありました。しかし,証拠がないということは相手に悟られないようにし,相手の裁判をしてほしくないというニーズを逆手にとって,慰謝料を支払わせること成功しました。裁判になれば慰謝料が取れないということも考えられたので,交渉をしてよかった事案だと言えます。

離婚・男女問題の解決事例 6

不貞をした夫から,慰謝料,未払婚姻費用,養育費,学費の全額負担を獲得した事例

  • 不倫・浮気
  • 養育費
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
依頼主 40代 女性

相談前

夫が単身赴任中に不貞をし,不貞相手が夫の子を出産した。依頼者である妻は,不貞相手の子が産まれる直前にその事実を夫から知らされた。夫は単身赴任から帰ってくるも,不貞相手との関係を継続しており,不貞相手と産まれてくる子のためにマンションの購入など準備をしていた。夫の態度が煮え切らず,話がまとまりそうになかったため,弁護士に依頼。離婚調停と婚費調停を申し立てる。

相談後

依頼者としては,子にかかる教育費(学費)だけは絶対に確保したいとの希望があった。この点については,夫も口では合意したものの,実際の金額で争いになった。
夫が不貞相手との間に生まれた子を認知していたため,養育費の金額の争いも激しくなった。鈴木弁護士は過去の判例を元に,適正な養育費を算定し,毎月の養育費に加えて,子の学費の全額負担を求めた。
最終的には,毎月の養育費を少し下げることで,学費の全額負担の合意を取り付け,養育費全体とした金額では依頼者が得をする形になった。学費については進学先が明確であったため,金額を特定し,万が一に備え,将来の強制執行も可能な形にした。

さらに,慰謝料及びそれとは別に未払いであった100万円を超える婚姻費用についても支払ってもらうことを合意ができた。

鈴木 菜々子弁護士からのコメント

鈴木 菜々子弁護士

算定表上の養育費は,通常の教育費は含んだ金額になっていますので,実際にかかる教育費の全額を相手に支払ってもらうのは難しいケースが多いです。しかし,このケースでは,月々の養育費に加え,子の学費(専門学校費)の全額負担を取り付けることができました。これに加え,慰謝料等の合意もできたので,経済的利益はかなり大きなものになったと思います。お子さんの今後が一番の気がかりという,ご依頼者様の不安を解消することができ,ご依頼者様の満足度も非常に高かったケースです。

離婚・男女問題の解決事例 7

不貞を認めず慰謝料の支払を拒否し,財産分与でも争いのあった夫から,高額の財産分与と解決金100万円を獲得して離婚した事例

  • 不倫・浮気
  • 財産分与
  • 別居
  • 慰謝料
  • 生活費を入れない
依頼主 60代 女性

相談前

依頼者は,約40年の婚姻生活を送っていたところ,夫に突然離婚を言い渡される。
依頼者は,これまで献身的に夫の家族の面倒もみてきていた。
夫は退職時期が近づいており,これからようやく落ち着いた夫婦生活が送れると思っていたところであったが,夫には依頼者の他に交際している女性がいることがわかったのである。
不貞の証拠は既につかんでいた依頼者だが(ただし,証拠は別居後のものであった)それとなく夫に聞くと怒鳴られ,話し合いもできず,生活費も支払われない状態で大変困っていた。 自分ではどうしようもできなくなり,当事務所にご相談に来られ,ご依頼に至った。

相談後

夫は不貞を否認し,依頼者が満足できるお金の支払いもしない態度であったので,弁護士は離婚調停を申し立てた。争点となったのが,財産分与と慰謝料の金額であった。
夫は,財産分与についてはある程度はやむを得ないという姿勢であったが,慰謝料については一切支払わないという態度であった。
夫の強硬な態度に,依頼者も精神的に負けそうになることもあったが,その都度鈴木弁護士が話を聞き,調停では弁護士がリードして依頼者の主張を伝え,毎回事前に書面や証拠を提出した。
調停委員は,夫の強硬さからか調停をうまく進めることができず,毎回同じ話の繰り返しになったりしたため,鈴木弁護士が調停の争点を整理する形で調停を進めた。
結果,財産分与については,退職金や自宅の評価額などもすべて依頼者の希望するものが採用され,依頼者の納得のいく高額な金額となった。慰謝料については,調停が長期化したことから相手も折れ,あくまで解決金という名目ではあったが100万円を超える金額で,離婚成立となった。

鈴木 菜々子弁護士からのコメント

鈴木 菜々子弁護士

財産分与については,対象財産が複数ありましたが,適切な資料の提示と主張をし,年金給付型の退職金も含め,取りこぼしなく財産分与の対象にすることができました。
慰謝料については,不貞の証拠はあったものの,別居後にものであったため弱いものでした。裁判で慰謝料を請求するという選択肢もありましたが,ご依頼者様の心労もあり,良く話し合ったうえで,相手が合意しそうな解決金の金額を提示することによって,何とか折り合いをつけることができました。ご依頼者様と一緒に感情や悩みを共有しながら進めていき,最終的にはご依頼者様も納得されたうえで,事件を終えることができた事案です。

遺産相続

分野を変更する
[家族問題に注力]
[初回相談60分無料]
[司法書士・税理士とも連携]
遺産分割、遺言書作成、相続放棄など遺産相続のあらゆる問題に対応。平日夜、土曜も相談可
弁護士法人とびら法律事務所
弁護士法人とびら法律事務所
弁護士法人とびら法律事務所

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料

◆このようなお悩みは弁護士へご相談下さい◆
・遺言書がないのに、長男が勝手に遺産分割の話を進めていて、納得がいかない
・遺言書の内容が偽造された疑いがある
・実家の土地・建物を兄弟で相続したことでトラブルが発生してしまった
・亡くなった父の預金通帳を、父と同居していた長女が見せてくれず、信用できない
・長年連れ添った夫が亡くなった後に、愛人の子どもがいることが発覚した
・先妻の子どもと後妻が揉めて遺産分割協議がまとまらない
・子どもがいない夫婦の夫が亡くなって、妻と夫の親族で遺産分割協議をしているが感情的になり前に進めない
・不動産をどう分けるかがネックになっている
・遺産を多く渡してやりたい子どもと、あまり渡してやりたくない子どもがいる
・遺言書の内容が不公平で納得がいかないので遺留分をもらいたい

※上記以外にもお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

家族の問題は、感情が絡み合い、紛争が長期化しやすいです。
最終的には、昔あった些細な点を掘り起こしての熾烈な紛争になります。
しかし、家族で争うのはとても辛いことです。
当事務所は、これまで夫婦や親子の感情的な争いを解決してきたノウハウから、できるだけ早期に解決するという視点を大事にし、依頼者様が穏やかな日常を送るサポートをしていきたいと考えています。

◆当事務所の特徴◆
《アットホームな雰囲気》
 温かい雰囲気の事務所です。話したいことが話せるため、ご自身の希望をしっかり伝えることができます。
 当事務所は弁護士も事務スタッフも温かい心で依頼者の方に接しています。所内でビジネスマナーの研修を実施したり,事務スタッフがメンタルケアの勉強をしたりしています。
 また、相談票や質問シートを活用し、大切なことを聞き漏らさないよう努めています。
 事務所の内装も木やパステルカラーを基本とし、相談室には事務机や事務椅子ではなく、木のテーブルや布地の柔らかい椅子をご用意しております。
 堅くなってしまって言いたいことが言えなかった、弁護士が高圧的で言いたいことが言えなかった等ということがありません。 

《柔軟な対応》
 電話受付時間が長く、ご依頼後はメールでのやりとりも可。土曜、平日夜も対応。
 お仕事をされている方には、大変ご好評いただいております。

 Web面談(zoom等)でご相談を承っております。お気軽にお問い合わせ下さい。
 
-----------------
◆アクセス◆
 JR、京成、モノレール千葉駅から徒歩3分

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相続法律相談 ・初回無料(60分程度)
・2回目以降,5000円/30分(税込5500円)
※ご相談は,当事務所にお越しいただいてのご相談になります。
遺言書作成 公正証書遺言  20万円(税込22万円)
※別途,実費(戸籍取得費用,公証役場に支払う手数料など)がかかります。
遺産分割 【着手金】
(協議) 30万円(税込33万円)
(調停) 35万円(税込38万5000円)

【報酬金】
(協議)
①経済的利益が300万円以下
→30万円(税込33万円)

②経済的利益が300万円超3000万円以下
→経済的利益の10%(税込11%)

③経済的利益が3000万円超
→300万円(税込330万円)+経済的利益の5%(税込5.5%)
        
(調停)
①経済的利益が300万円以下
→30万円(税込33万円)

②経済的利益が300万円超3000万円以下
→経済的利益の10%(税込11%)

③経済的利益が3000万円超
→300万円(税込330万円)+経済的利益の5%(税込5.5%)

※上記すべて,別途実費及び消費税がかかります。
バックアップ相続相談プラン 定期的に同じ弁護士に面談,メール,電話でご相談できるプラン。
5万円/3か月(税込5万5000円)
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
弁護士法人とびら法律事務所
所在地
〒260-0028
千葉県 千葉市中央区新町3-7 高山ビル7階
最寄り駅
「千葉駅」徒歩3分
交通アクセス
駐車場近く
受付時間
  • 平日09:30 - 20:00
  • 土曜09:30 - 18:00
定休日
日,祝
備考
年末年始、夏季(お盆)は定休日
対応地域

関東

  • 東京
  • 神奈川
  • 埼玉
  • 千葉
設備
  • 完全個室で相談
  • 託児所・キッズルーム
事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 離婚・男女問題
  • 国際・外国人問題
取扱分野
  • 離婚・男女問題
  • 国際・外国人問題

電話で問い合わせ
050-5284-9268

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

現在営業中 09:30 - 20:00

弁護士法人とびら法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5284-9268

※弁護士法人とびら法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:30 - 20:00
  • 土曜09:30 - 18:00
定休日
日,祝
備考
年末年始、夏季(お盆)は定休日
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談
託児所・キッズルーム