現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
弁護士ドットコム ニュース
  1. 弁護士ドットコム
  2. 離婚・男女問題
  3. 「息子が浮気したのは、嫁のせい」、姑が親権まで要求…マザコン夫との離婚の行方は?
2018年07月31日 09時59分

「息子が浮気したのは、嫁のせい」、姑が親権まで要求…マザコン夫との離婚の行方は?

「息子が浮気したのは、嫁のせい」、姑が親権まで要求…マザコン夫との離婚の行方は?
写真はイメージです(Fast&Slow / PIXTA)

夫の浮気が発覚し、姑に相談。すると姑は「浮気のきっかけを作った」と女性(妻)を非難した上、「離婚したくなければあれをすれ(しろ)、これをすれ(しろ)」と上から目線の説教を毎日してくる。そんな暮らしに耐えかねて離婚を考えている女性が、弁護士ドットコムに相談を寄せました。

相談者には小学生の娘と産まれたばかりの息子がおり、夫の両親と同居中。姑からの口出しがあまりに多く、「やめて欲しい」と伝えたそうです。すると夫は「母に謝れ」と味方になることもなかったそうです。さらに姑は「離婚するなら、娘を引き取るから」と主張してきました。

姑が親権者になることはあるのでしょうか。また、娘は夫(姑)のもとに、息子は相談者のもとに、など親権者がきょうだいでバラバラになることは認められてしまうのでしょうか。木下貴子弁護士に聞きました。

●「姑は親権者にはなれない」

姑が娘を引き取るという主張は法的に認められるのでしょうか。

「よく寄せられる質問ではあるのですが、姑は、親権者にはなりえません。あくまで親権者は、父か母か、です。そこで法的には、姑の気持ちを夫が代弁し、夫が親権者として引き取る、と希望することになります」

この相談者は子どもが2人います。子どもの親権がバラバラになることはあるのでしょうか。

「主張することは可能です。もっとも、裁判所は、原則として、兄弟の親権者を分けない方が子の福祉にとって良いと考えています。親権争いとなって、裁判官が親権者を決める場合は、親権者を分けることは、ほとんどありません」

相談者が親権を獲得するためには、どのようなことを主張するべきでしょうか。

「親権を獲得するために必要な主張は、分かりやすく言うと、自分と生活する方が子どもにとって幸せになる、ということ(裁判所では「子の福祉」と表現します)です。そのための判断要素は、現在の養育状況やこれまでの養育実績などです。

今回のケースでは、娘さんを主に養育してきたのがご相談者であること、どのように養育してきて、今娘さんとご相談者にどんな深い愛着関係があるのか具体的に説明すると良いでしょう。息子さんと娘さんの親権者を分けるべきでない、という主張をすることもよいでしょう」

(弁護士ドットコムニュース)

取材協力弁護士

木下 貴子弁護士
離婚・親権・養育費の分野で1000件以上の案件を扱う。「離婚後の親子関係の援助について」「養育費」をテーマに講演。離婚調停での「話し方」アドバイスブックはこれまでに2万人以上が利用している。著書「離婚調停は話し方で変わる」「離婚回避・夫婦関係修復につなげる話し方の技術」がAmazon法律部門他ランキング第1位獲得。
事務所URL:https://tajimi-law.com

[弁護士ドットコムからのお知らせ] アルバイト、協力ライター募集中!

弁護士ドットコムニュース編集部では、編集補助アルバイトや協力ライター(業務委託)を募集しています。

詳細はこちらのページをご覧ください。
https://hrmos.co/pages/bengo4/jobs/0009608

この記事へのコメント

真実提供者 40代 男性

建前でウソ書いたらダメだと思います。
親権は一方的に監護してる側です。

fuji 女性 50代

監護??
日本語がわからない方が何か妙なことを書いておられますが、親権はここに書かれている通り常日頃子供のことを第一に考え面倒を見て生活してきた親に与えられるものです。嫁いびりしかしない姑は無論そんな姑べったりであげく家庭も顧みず浮気をした最低な夫には与えられるわけないです。
相談者さん、負けないで子供と一緒に幸せになって下さい。

コメント内容を確認する
コメントの送信に失敗しました。

コメントの送信時にエラーが発生しました。
もう一度コメントを入力してください。

再読み込みする
匿名ユーザー

子供が望む方でいいんじゃない?

コメント内容を確認する
コメントの送信に失敗しました。

コメントの送信時にエラーが発生しました。
もう一度コメントを入力してください。

再読み込みする
コメント内容を確認する
コメントの送信に失敗しました。

コメントの送信時にエラーが発生しました。
もう一度コメントを入力してください。

再読み込みする

関連記事