2019年04月04日 09時58分

自転車ルール破りの現実「スマホ片手に交差点を斜め横断」「3人で話しながら並走」

自転車ルール破りの現実「スマホ片手に交差点を斜め横断」「3人で話しながら並走」
斜め横断が横行する川崎市中心部の光景

自転車の交通ルール破りについて、ネット上でたびたび話題になります。

弁護士ドットコムニュース編集部でも先日、実際にどのようなルール違反行為が行われているのかを調査してみました。調査場所はJR川崎駅近くのチネチッタ通りに面した交差点。時間帯は夕方の17:00ー18:30です。

ウォッチしたところ、複数の道路が交差していることや、駅、駐輪場が近くにあることなども影響してか、信号が切り替わる間に毎回十数台の自転車が往来していました。

●斜め横断やイヤホンの使用、信号無視…「違反コンボ」の現実

違反の状況としては、交差点の斜め横断やイヤホンの使用、信号無視などが目立ちます。斜め横断中、車と接触しそうになっている自転車も散見されました。タバコを吸いながら自転車をこいでいる中年男性もいました。

また、電話をしながら走っている10代後半くらいの男性もいました。スマホを片手に交差点で停止し、信号を待っている間もスマホをいじり、通話を始めました。スマホを耳に当てたまま歩道をぐるぐると自転車で旋回し始めます。歩道の旋回には飽き足らず、青信号の方の横断歩道を往復していました。

他にも、スマホをいじりながら並走する中学生3人組や、イヤホンをしながらスマホをいじって歩道を走る「違反コンボ」の自転車もいました。

免許のいらない自転車は、ついルールがおろそかになってしまいます。そこで、何がダメなのか調べてみました。

●道交法、条例などに違反

まず、今回見かけた違法行為からピックアップしましょう。

「ラクだから」という理由で、交差点の斜め横断をしてしまう人もいるかもしれません。しかし、自転車の横断方法にはルールがあります。

交差点に自転車横断帯があれば、横断帯を走らなければなりません(道路交通法63条の7)。信号や横断帯がない交差点で右折するときは、2段階右折をすることになっています(同法34条)。

また、信号無視やイヤホン、スマホの使用は厳禁です(道路交通法7条、71条、神奈川県道路交通法施行細則11条(5))。歩行者の通行を妨げるような自転車の並走も禁止されています(道路交通法17条の2)。

タバコを吸いながらの運転は、自治体が禁止する「路上喫煙」にあたる場合があります。条例や罰則の内容は自治体によってちがいますが、調査をおこなった川崎市は「路上喫煙防止重点区域」で喫煙した場合の罰則を設けています(川崎市路上喫煙の防止に関する条例)。

●自転車は歩道を走ってはいけない

調査では、歩道を走る自転車を確認できました。問題視する声はネット上でも上がっています。

弁護士ドットコムにも「自転車を乗った人が歩道を猛スピードで走ってきて、とても怖い思いを毎日しています」という投稿がありました。一方で、車に乗る人からは「歩道のある道路で自転車が車道を走っていた場合、車を運転する身としては、とても邪魔なんですけれども、自転車が車道を走るのは違法なんですか?それとも適法なんです?」という投稿がありました。

自転車は歩道ではなく、車道を走らなければなりません。道路交通法17条は、歩道と車道の区別がある道路では、自転車は「車道を通行しなければならない」と規定しています。ただし、「普通自転車歩道通行可」の標識等があるとき、13歳未満の子供や70歳以上の高齢者、身体の不自由な人が運転しているとき、車道の幅が狭い場合や交通量が多いなどやむを得ないときは歩道を走っても良いとされています。

●歩行者にベルを鳴らしてはいけない

この他の違法行為についてもみていきましょう。その一つが、ベルの問題です。

ネット上では、歩行者にベルを鳴らす自転車の目撃情報がたくさんあります。

・歩道を歩いている小学生にチリンチリンと容赦なくベルを鳴らしながら走る高齢男性
・子供を乗せた女性をベルで煽る男性
・ベルを鳴らしまくり、無視すると「聞こえなかったのかしら?」と言う高齢女性

歩行者にベルを鳴らす行為は法律で禁止されています。道路交通法54条2項には、「車両等の運転者は、法令の規定により警音器を鳴らさなければならないこととされている場合を除き、警音器を鳴らしてはならない。ただし、危険を防止するためやむを得ないときは、この限りでない」と規定されています。

法令の規定によりベルを鳴らさなければならないのは、「警笛鳴らせ」の道路標識がある場所や「警笛区間」の見通しのきかない場所を通る場合です。それ以外の場合は、危険を防止するためやむを得ないときを除き、歩行者にベルを鳴らしてはいけません。

●自転車の逆走(右側通行)は禁止

さらに、自転車の右側通行(逆走)の問題もあります。

ネット上では、「路肩逆走自転車をよく見る」「雨の中自転車に子供乗っけて逆走してるお母さんいたけど」「この間逆走かつ、車道を自転車で走ってきたおばさんは恐怖だったわ」という投稿がありました。

道路交通法17条は、自転車が車道を走る場合は左側通行をしなければならないと規定しています。つまり、自転車の右側通行(逆走)は禁止です。

また、道路交通法53条は、進路変更の際には合図をしなければならないことを規定しています。もちろん、危険な状況にあるときにおこなう必要はないようですが、合図をしている自転車はどれぐらいいるのでしょうか。

(弁護士ドットコムニュース)

●情報をお寄せください!

弁護士ドットコムニュースでは「LINE」で情報募集しています。働いていて疑問に思ったことや、法律に関するトラブルなど、弁護士ドットコムニュースの記者に取材してほしい社会問題はありますか。

以下からLINE友だち登録をして、ご連絡ください。

友だち追加

[弁護士ドットコムからのお知らせ] 編集スタッフを募集中です!

弁護士ドットコムニュース編集部では、取材・編集スタッフを募集しています。取材・編集経験者、法律の知識を持った方(編集経験は問いません)を歓迎します。アルバイトも募集中です。

詳細はこちらのページをご覧ください。
https://hrmos.co/pages/bengo4/jobs/0009608

この記事へのコメント

自転車大嫌い 50代 女性

吉祥寺に住んでいます。自転車マナー悪いです。信号を守らない自転車が8割以上。横断歩道を青信号でもこわごわ渡らなければ命の危険があります。飲食、タバコ、携帯しながらは1日に何台も見ます。スーツケースを引きながら片手運転も2回見ました。杖を手に持ちながら自転車に乗る老人→知人は骨折させられ逃げられました。私も逆走よそ見の男子高校生に大怪我させられました。家裁に送致して過失割合100対0で勝ちましたが賠償金を貰えても元の体に戻れない。加害者に末代まで祟りたい気分です。人気がある街とはいうけど、ここにいたらチャリカスに殺されそう。早く出て行きたいです。

コメント内容を確認する
コメントの送信に失敗しました。

コメントの送信時にエラーが発生しました。
もう一度コメントを入力してください。

再読み込みする
なし 60代以上 男性

 重要な、法や、公然とやる弁護士と裁判官、国が企んだ菅や美濃加茂市長裁判の明らかな裁判における不正犯罪を教えない弁護士ドットコムがなにを企んでいるんだよ。信用できるわけがない。これも何か法を作るために証拠づくりだろ。車道に自転車をするなら、車のサイズを小さくしろ。右折左折ができるよう自転車を追い越すとききをつける、10km以上の差でおいこさない。砂利や段差で危険、歩道との段差、ブロックが危険、路肩を水平に。並走道路ではぶつかってもケガのない20㎞に車速を押さえるていんあんを。1.8mの2輪車道路を確保。自転車と歩行者は通常ぶつかってもあまりけがはしない。ぶつからない。乗ってみればわかる。嘘をつかないことだ
右折など今の制度では自殺しに行くようなもの。あまりに車優先

匿名 男性 30代

もう少し勉強しろ車優先自転車も軽車両

コメント内容を確認する
コメントの送信に失敗しました。

コメントの送信時にエラーが発生しました。
もう一度コメントを入力してください。

再読み込みする
なし 男性

よく女と子供の自転車が大型トラックなどの後輪に巻き込まれる死亡事故がある。大型トラック後輪、歩道交差点より歩道の50~70センチ外側を通るよう法改正

コメント内容を確認する
コメントの送信に失敗しました。

コメントの送信時にエラーが発生しました。
もう一度コメントを入力してください。

再読み込みする
40代 男性

それでも車道で車対自転車の事故が起きるよりいいじゃない。
自転車に車道走らせるルールはやっぱり危険。今からでもいいからただちに改めるべきだ。
歩行者と自転車の事故の方が圧倒的に危険は少ない。

匿名ユーザー 男性 20代

ある程度の速度があれば、自転車対歩行者であっても十分危険だから、あなたの主張は限定的過ぎる。
一番いいのは自転車専用道をつくることだが、そうでなくとも、自転車が車道を走るなら、路側帯付近を走ることになるから、歩道を走るより危険はずっと少なくなる。
ながらスマホとかやってたら論外やけど。

コメント内容を確認する
コメントの送信に失敗しました。

コメントの送信時にエラーが発生しました。
もう一度コメントを入力してください。

再読み込みする
コメント内容を確認する
コメントの送信に失敗しました。

コメントの送信時にエラーが発生しました。
もう一度コメントを入力してください。

再読み込みする
バナーの画像、書かれている内容は「あなたの体験を記事にしませんか?体験談募集」