2019年12月18日 10時34分

伊藤詩織さん勝訴 「性暴力被害」裁判、山口敬之さんに330万円賠償命令

出口絢 出口絢
伊藤詩織さん勝訴 「性暴力被害」裁判、山口敬之さんに330万円賠償命令
判決後、裁判所前で語る伊藤詩織さん(2019年12月18日、弁護士ドットコム撮影、東京都)

ジャーナリストの伊藤詩織さんが、元TBS記者のジャーナリスト・山口敬之さんから性暴力被害にあったとして、慰謝料など1100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が12月18日、東京地裁であり、鈴木昭洋裁判長は330万円の支払いを命じた。

伊藤さんは、山口さんから意思に反して性行為をされたと主張。一方で、山口さんは「同意があった」として性的暴行を否定しており、双方の意見は食い違っていた。

判決は、山口さんの供述について「不合理に変遷しており、信用性には重大な疑念がある」と指摘。伊藤さんの供述から、山口さんが合意のないまま性行為に及んだと認定した。

また、伊藤さんがおこなった記者会見などについて、山口さんは名誉毀損だとして慰謝料など1億3000万円と謝罪広告を求めて反訴していたが、「公共性および公益目的がある」として棄却した。

●伊藤さん「長かったです」

画像タイトル 東京地裁前では「勝訴」が掲げられた

伊藤さんは判決後、東京地裁前で報道陣の囲み取材に応じた。第一声で「正直どう感じていいのか分からない」と切り出し、「一つのピリオドをつけられた。でも今回のことがなかったことになるのではない。傷とどう向き合っていくか、これが終わりではない」と話した。

民事裁判を起こしたことについては、「刑事事件が不起訴となり、どのような証拠や証言があったのか、知ることができなかった。民事裁判ではあちらの言い分がしっかり聞けた」と意義を語った。

当初は硬い表情で報道陣の質問に答えていた伊藤さんだったが、カメラマンから「勝訴の垂れ幕を持って欲しい」とリクエストされると、「この字を見たら実感してきました。勝ったんですね」とほほえんだ。

「良い結果をみなさんにお届けすることができて、本当にうれしいです。ありがとうございました。長かったです」(伊藤さん)

情報をお寄せください!

弁護士ドットコムニュースでは「LINE」で情報募集しています。働いていて疑問に思ったことや、法律に関するトラブルなど、弁護士ドットコムニュースの記者に取材してほしい社会問題はありますか。

以下からLINE友だち登録をして、ご連絡ください。

友だち追加

[弁護士ドットコムからのお知らせ] アルバイト、協力ライター募集中!

弁護士ドットコムニュース編集部では、編集補助アルバイトや協力ライター(業務委託)を募集しています。

詳細はこちらのページをご覧ください。
https://hrmos.co/pages/bengo4/jobs/0009608