弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

2017年04月13日 16時23分

控訴棄却のろくでなし子さん即日上告「デコまん作り続ける」「まったく不満」

控訴棄却のろくでなし子さん即日上告「デコまん作り続ける」「まったく不満」
会見を開くろくでなし子さん

自分の女性器の3Dデータを提供したとして、芸術家のろくでなし子さん(本名:五十嵐恵)がわいせつ電磁的記録頒布などの罪に問われていた裁判の控訴審で、東京高裁は4月13日、一審判決を支持し、控訴を棄却した。ろくでなし子さん側は即日上告した。

判決後、ろくでなし子さんと弁護団が都内で会見を開いた。ろくでなし子さんは「もっと厳しい判決になると聞いていたので、ホッとしている」「女性器が『いやらしい』と見られていることが、おかしいと考えて作品を作っている。まったく不満だ」と述べた。一方で、無罪とされた女性器をかたどった作品「デコまん」は今後も作り続けるとした。

弁護団によると、控訴審判決は一審判決と結論は変わらないが、一審判決にくらべて「表現の自由」により配慮がなされているという。山口貴士弁護士は「デコまんについて、芸術性や思想性を検討するまでもなく『わいせつといえない』と判断された。この点については、検察官の論理が根本的に否定されている」と説明した。

ろくでなし子さんは今回の事件報道をきっかけで、英ロック歌手のマイク・スコットさんと結婚し、妊娠・出産した。ろくでなし子さんは「まさに世界を『股』にかけた婚活だった。無事出産もできて、自分がテーマにした『女性器』から生命が生まれて、とても象徴的だと思う」と振り返った。

一審判決は、3Dデータの提供については有罪(罰金40万円)としたが、女性器をかたどった作品を展示したことについては無罪としていた。裁判では、ろくでなし子さんの作品が「わいせつ」かどうかという点が争われていた。

(弁護士ドットコムニュース)

バナーの画像、書かれている内容は「あなたの体験を記事にしませんか?体験談募集」