1. 弁護士ドットコム
  2. 犯罪・刑事事件
  3. 大人気「コオロギせんべい」の注意点、「こっそり」食べさせたら“ギルティ”?
2020年06月05日 10時16分

大人気「コオロギせんべい」の注意点、「こっそり」食べさせたら“ギルティ”?

大人気「コオロギせんべい」の注意点、「こっそり」食べさせたら“ギルティ”?
コオロギせんべい(昆虫食に偏見のない編集部員が自発的に購入し、食べました)

ネットストアで数量限定発売された「無印良品」の「コオロギせんべい」が注文者のもとに届き始めた。

弁護士ドットコムニュース編集部も5月20日の予約開始日に注文して、届いたのは6月4日だ。大人気で、現在も商品ページには「ご好評につき現在品切れ」と表示されている。

●実際に食べてみると、えびせん

せんべいには、沖縄などに生息する「フタホシコオロギ」パウダーが使用されている。黒や茶褐色の粒々がコオロギパウダーだろうか。

口に運ぶと、薄い塩味とえびせんのような風味が広がった。後味で雑味も残らない。袋に「コオロギ」と書いていなければ、虫が使われていることには全く気づかないだろう。

ただ、味は大丈夫だと理解していても、どうしても「昆虫が嫌い」で食べることを受け付けない人もいる。

「悪用」の可能性は、発売が発表されたころすでに指摘されていた。「虫嫌いのヤツにこっそり食わせて『実はコオロギでしたー!www』みたいな悪意に使われる予感」(5月13日のツイッター投稿)

さて、虫嫌いの相手に「コオロギせんべい」を食べさせた場合、何か問題はあるのだろうか。コオロギの炒め料理を食べた経験を持つ渡邉優弁護士に聞いた。

●アレルギーの問題も

ーー虫を嫌いな人に商品を食べさせてから、「実はコオロギ入りのせんべい」と告げる行為に問題はありますか

民法上の不法行為に該当しうるといっていいでしょう。重要な点は、「食べさせる側がコオロギ入りのせんべいを美味しい」と思っている点ではなく、「食べる側が虫を嫌っている」という点です。

就業中や職場の暑気払いなどで行われると、ハラスメント行為として、食べさせた従業員が会社から懲戒処分を受けることもありえます。学校などにおいて生徒の間で行われれば、いじめに該当しうるでしょう。

ーーでは、商品の内容を理解している虫嫌いの相手に、無理やり食べさせる行為は?

脅迫や暴行によって、コオロギ入りのせんべいを無理やり食べさせる行為は、民事上の責任のみならず、強要罪(刑法223条1項)に該当し刑事上の責任を負う可能性もあります。

また、食用コオロギは甲殻類アレルギーを引き起こす可能性があります。無印良品も商品ページで「食用コオロギパウダーは、えびやカニなどの甲殻類と類似した成分が含まれています。えびやカニのアレルギーをお持ちの方はお控えください。」と注意しています。

商品裏面。アレルギーに対する注意の呼びかけが記載されている 商品裏面。アレルギーに対する注意の呼びかけが記載されている

甲殻類アレルギーなどを引き起こさせる行為は、傷害罪(刑法204条)に該当し、亡くなってしまった場合は傷害致死罪(刑法205条)に該当することもあります。

飲食店等が不注意によって、甲殻類アレルギーを持っている客にコオロギ入りのせんべいを提供し、甲殻類アレルギーなどを引き起こさせてしまった場合には、業務上過失致死傷罪(刑法211条1項前段)にあたりえます。

見た目ではコオロギが入っていることが分かりにくい商品のため、好意などで提供する場合でも事前にアレルギーの有無は確認したほうがいいでしょう。

取材協力弁護士

渡邉 優弁護士
交通事故・債務整理・相続・企業の法律問題、不動産に関わる問題に特化した法律事務所

情報をお寄せください!

弁護士ドットコムニュースでは「LINE」で情報募集しています。働いていて疑問に思ったことや、法律に関するトラブルなど、弁護士ドットコムニュースの記者に取材してほしい社会問題はありますか。

以下からLINE友だち登録をして、ご連絡ください。

友だち追加

[弁護士ドットコムからのお知らせ] アルバイト、協力ライター募集中!

弁護士ドットコムニュース編集部では、編集補助アルバイトや協力ライター(業務委託)を募集しています。

詳細はこちらのページをご覧ください。
https://hrmos.co/pages/bengo4/jobs/0009608