2020年02月21日 10時21分

暴力団に「みかじめ料」払ったらアウト? 都内キャバクラ経営者が逮捕されたワケ

暴力団に「みかじめ料」払ったらアウト? 都内キャバクラ経営者が逮捕されたワケ
画像はイメージです(makoto.h / PIXTA)

暴力団にみかじめ料を支払ったとして、東京・大田区のキャバクラ店を経営する男性が2月中旬、都暴力団排除条例違反の疑いで、警視庁組織犯罪対策3課に逮捕された。

報道によると、男性は2019年10月、経営する2つのキャバクラ店のみかじめ料として、稲川会系暴力団の幹部=逮捕=に現金10万円を支払った疑いが持たれている。

10年にわたって、1000万円以上を渡していたとみられる。毎日新聞などによると、警視庁は、男性が幹部をかばって証拠提出を拒んだため、関係が深いとみて逮捕に踏み切ったという。

都暴力団排除条例は2019年に改正されて、みかじめ料を支払った側も罰則の対象となっていた。支払った側の逮捕は、今回が初めてだそうだ。

●「暴力団側、みかじめ料を払う側に対する抑止効果がある」

ナイトビジネスの法律にくわしい若林翔弁護士は「今回の事件は、暴力団側、みかじめ料を払う側に対する抑止効果がある」と評価する。

風俗店や飲食店が集中して、暴力団が活発に活動していると認められる地域が「暴力団排除特別強化地域」と指定されている。

その地域で、キャバクラやホストクラブ、風俗店などの「特定営業者」が、暴力団員に対して、用心棒料・みかじめ料などの利益を提供することが禁止されたのだ。

つまり、摘発のあったキャバクラ店もその地域にあったというワケ。

違反した人は、「1年以下の懲役または50万円以下の罰金」となる。もし暴力団から、用心棒料・みかじめ料をもとめられた場合は、どう対応すればいいのだろうか。

「暴力団からの恐喝などの被害にあった場合には、速やかに各警察本部の組織犯罪対策の部署に相談してください」(若林弁護士)

・暴力団排除特別強化地域(警視庁のホームページ)
https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kurashi/anzen/tsuiho/haijo_seitei/haijo_q_a.files/bouhai_kyoukachiiki.pdf

取材協力弁護士

若林 翔弁護士
顧問弁護士として、風俗、キャバクラ、ホストクラブ等、ナイトビジネス経営者の健全化に助力している。また、店鋪のM&A、刑事事件対応、本番強要や盗撮などの客とのトラブル対応、労働問題等の女性キャストや男性従業員とのトラブル対応等、ナイトビジネスに関わる法務に精通している。
Youtube:『弁護士ばやし』チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC8IFJg5R_KxpRU5MIRcKatA

情報をお寄せください!

弁護士ドットコムニュースでは「LINE」で情報募集しています。働いていて疑問に思ったことや、法律に関するトラブルなど、弁護士ドットコムニュースの記者に取材してほしい社会問題はありますか。

以下からLINE友だち登録をして、ご連絡ください。

友だち追加

[弁護士ドットコムからのお知らせ] アルバイト、協力ライター募集中!

弁護士ドットコムニュース編集部では、編集補助アルバイトや協力ライター(業務委託)を募集しています。

詳細はこちらのページをご覧ください。
https://hrmos.co/pages/bengo4/jobs/0009608