お気に入りに追加
三上 和秀弁護士

( みかみ かずひで ) 三上 和秀

交通事故

分野を変更する
◆駐車場あり◆むち打ち、頭部外傷、骨折、後遺障害、死亡、物損など交通事故の様々な問題について、質の高い事件処理を心掛けています。まずはご相談ください。
葵法律事務所
葵法律事務所

交通事故の取扱分野

事件内容

  • 死亡事故
  • 物損事故
  • 人身事故

争点

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償

対応体制

  • 当日相談可

お支払い方法

  • 完全成功報酬あり

豊富な知識と経験でサポートいたします
===================
◆今後の見通しを考慮した対応◆
顧問をしている保険会社の契約者様や、付き合いのある保険会社の契約者様から交通事故事件の相談や依頼を受けることが多く、適切な見通しを示すことが可能です。
事故態様に争いがある事案では、物理や車両の知識を駆使し、できる限りの証拠を集め、事故態様を明らかにします。

◆ケガや後遺症の案件もお任せを◆
むち打ち、頭部外傷、骨折等の事案以外にも、高次脳機能障害、脳脊髄液漏出症(低髄液圧症候群、脳脊髄液減少症)、CRPS(複合性局所疼痛症候群(RSDとカウザルギーを包括します。))等の新型後遺障害といわれる事案にも対応できます。


よくあるご相談の一例
===================
✔まだ痛みがあるのに、保険会社から治療費の支払いを打ち切ると言われている。
✔後遺障害の等級が妥当か知りたい。
✔保険会社から提示されている休業損害、慰謝料等の賠償額が妥当か知りたい。
✔保険会社から提示されている修理費、時価額、格落ち(評価損)、代車使用料、休車損等の物損の賠償額が妥当か知りたい。
✔過失割合を知りたい。

<特に力を入れている案件>
・むち打ち案件
・後遺障害案件
・死亡事故
・過失割合
・物損


相談環境を整えております
===================
◆駐車場を完備◆
当事務所では、敷地内に駐車場を設けております。車でも気兼ねなくご来所いただけます。

◆プライバシーに配慮◆
完全個室の相談室でお話をおうかがいしますので、周りの目を気にせず、安心してご相談いただけます。ご家族やご友人の同席も可能です。

◆当日相談可能◆
当日お急ぎのご相談にも対応しております。事前予約制となりますので、まずはお問い合わせください。


費用について
===================
▼相談料
30分5,000円(税別)としています。

▼着手金・報酬金
旧日本弁護士連合会弁護士報酬基準と同様です。
自動車保険契約に付帯した弁護士費用特約を利用できるようでしたら、多くのケースで費用は特約の限度額以内に収まりますので、特約の限度額を超えた分を負担していただくことは、ほとんどありません。


<アクセス>
弘前駅から徒歩19分

<ホームページ・ブログ>
https://hirosakilawyer.wixsite.com/aoilawoffice
https://ameblo.jp/aoilawoffice/

三上弁護士への感謝の声

1

40代 女性

相談 遺産相続 2011年5月に相談

当事者の子の立場で相続についての相談をした。
祖父の会社の債務について、祖母は相続放棄をしておらず債務も相続。同居する父に弁済義務はあるのか、どのような手続きや交渉の仕方がよいのか等を教示してもらった。
質問には的確な答えをしてくれ、弁護士委任せずに自分で交渉した方が費用面でもよいと言ってもらい、自分で交渉し解決できた。
その後の心配事についても相談にのってもらったが、費用はかからず、経済的にも助かった。

交通事故の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分5,000円(税別)
その他 弁護士費用はご相談に応じますので、お気軽にお問い合わせください。

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

交通事故の解決事例(3件)

分野を変更する

交通事故の解決事例 1

反射性交感神経性ジストロフィー(RSD)を発症した被害者の労働能力喪失率と労働能力喪失期間が争われた事例

  • 人身事故
依頼主 50代 女性

相談前

被害者が交通事故により反射性交感神経性ジストロフィー(RSD)を発症した事案で、加害者から、労働能力喪失率は後遺障害等級12級の14%とすること、労働能力喪失期間を67歳までの9年間に制限すること等の主張がされました。

相談後

被害者の代理人として、医学的知見に基づいた訴訟活動を行った結果、裁判所から、労働能力喪失率は後遺障害等級9級の35%、労働能力喪失期間は平均余命の2分の1である15年と判断していただきました。

三上 和秀弁護士からのコメント

三上 和秀弁護士

新型後遺障害といわれる反射性交感神経性ジストロフィー(RSD)は、医学上の診断基準と賠償請求を認めるための基準が異なり、難しい問題を含んでいます。
訴訟で反射性交感神経性ジストロフィー(RSD)の発症の有無、労働能力喪失率、労働能力喪失期間等が争われた際には、被害者の事故前の状況、事故状況、治療内容、治療経過、後遺障害の内容、症状固定後の状況、後遺障害等級についての保険料率算出機構の意見等を詳細に検討し、医学的知見を踏まえた丁寧な主張、立証をする必要があります。

交通事故

特徴をみる

交通事故の解決事例 2

低髄液圧症候群発症の有無が争われた事例

  • 人身事故
依頼主 30代 女性

相談前

被害者から、特定の研究会の診断基準に基づき、交通事故により低髄液圧症候群を発症したとの主張がされました。

相談後

加害者の代理人として、学会において認められている診断基準に基づく訴訟活動を行った結果、裁判所から、低髄液圧症候群の発症を否定するとの判断をしていただきました。

三上 和秀弁護士からのコメント

三上 和秀弁護士

低髄液圧症候群(脳脊髄液漏出症、脳脊髄液減少症)の診断基準は複数あり、ある診断基準によっては発症が肯定され、他の診断基準によっては発症が否定されるということがあります。
低髄液圧症候群のような新型後遺障害といわれるものについては、被害者の代理人であるか加害者の代理人であるかにかかわらず、複数ある診断基準のうち、学会で認められた診断基準をもとに、被害者の治療経過を詳細に検討したうえで発症の有無を判断しなければなりません。

交通事故

特徴をみる

交通事故の解決事例 3

目撃者がおらず防犯カメラも設置されていない交差点における直進車同士の出会い頭事故で、対面信号機の信号の色について、被害者と加害者で食い違う事例

依頼主 30代 女性

相談前

被害者は交差点の対面信号機が青信号で交差点に進入したので交差道路を直進していた加害者の対面信号機は赤信号だったと主張し、加害者も交差点の対面信号機が青信号で交差点に進入したので交差道路を直進していた被害者の対面信号機は赤信号だったと主張し、信号の色が争点になりました。

相談後

被害者の代理人として、力学的観点を踏まえた訴訟活動を行った結果、裁判所から、被害者の対面信号機が青信号だったと判断していただきました。

三上 和秀弁護士からのコメント

三上 和秀弁護士

目撃者がおらず防犯カメラも設置されていない交差点における交通事故で、信号機の信号の色が争いになると、どちらの当事者の説明が正しいのかを判断することは難しいです。
そのような場合、事故発生場所の状況、事故状況、被害車と加害車の進行状況や損傷状況、信号サイクルの状況、被害者と加害者の事故状況についての説明内容等の検討に加え、物理的(力学的)観点から事故状況を推測することにより、信号の色を判断できることもあります。

交通事故

特徴をみる

離婚・男女問題

分野を変更する
◆駐車場あり◆離婚・男女問題は、手近に証拠が少ないことが多く、当事者や関係者の説明が重要ですので、何でもお話ください。
葵法律事務所
葵法律事務所

離婚・男女問題の取扱分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 当日相談可

豊富な知識と経験でサポートいたします
===================
離婚事件では、離婚原因が争いの論点になることが多々あります。
その場合、夫婦のどちらが不倫したのか、どちらが暴力を振るったのか、どちらにより大きな責任があるのか等の具体的事実を明らかにしなければなりません。
そのためには、詳細に事情を聴取するとともに、各方面から様々な証拠を収集して分析する必要があります。
私は、そのような業務を習熟しておりますので、安心してご相談ください。
ご依頼者のお悩みやご相談を時間をかけてじっくりお伺いし、信頼関係を築きながら一緒に問題の解決に取り組みます。


よくあるご相談の一例
===================
✔相手方が刑務所に入っていて、離婚に応じてくれない。
✔相手方からは私に問題があるので離婚すると言われている。しかし、夫婦関係が悪化したのは相手方の不倫だ。
✔肉体関係を持った人の配偶者から、慰謝料請求された。

<特に力を入れている案件>
・慰謝料請求
・財産分与
・親権問題

※男性・女性、訴える側・訴えられる側どちらの立場においても対応可能です。

相談環境を整えております
===================
◆駐車場を完備◆
当事務所では、敷地内に駐車場を設けております。車でも気兼ねなくご来所いただけます。

◆プライバシーに配慮◆
完全個室の相談室でお話をおうかがいしますので、周りの目を気にせず、安心してご相談いただけます。ご家族やご友人の同席も可能です。

◆当日相談可能◆
当日お急ぎのご相談にも対応しております。事前予約制となりますので、まずはお問い合わせください。


費用について
===================
▼相談料
30分5,000円(税別)としています。

▼着手金・報酬金
旧日本弁護士連合会弁護士報酬基準とご依頼者の経済状況に合わせて相談に応じております。


<アクセス>
弘前駅から徒歩19分

<ホームページ・ブログ>
https://hirosakilawyer.wixsite.com/aoilawoffice
https://ameblo.jp/aoilawoffice/

三上弁護士への感謝の声

1

40代 女性

相談 遺産相続 2011年5月に相談

当事者の子の立場で相続についての相談をした。
祖父の会社の債務について、祖母は相続放棄をしておらず債務も相続。同居する父に弁済義務はあるのか、どのような手続きや交渉の仕方がよいのか等を教示してもらった。
質問には的確な答えをしてくれ、弁護士委任せずに自分で交渉した方が費用面でもよいと言ってもらい、自分で交渉し解決できた。
その後の心配事についても相談にのってもらったが、費用はかからず、経済的にも助かった。

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分5,000円(税別)
その他 弁護士費用はご相談に応じますので、お気軽にお問い合わせください。

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題

特徴をみる

借金・債務整理

分野を変更する
◆駐車場あり◆破産を決断することは難しいと思いますが、破産事件は関係者が多く、公正かつ迅速に処理する必要がありますので、お早めにご相談ください。
葵法律事務所
葵法律事務所

借金・債務整理の取扱分野

依頼内容

  • 自己破産

対応体制

  • 当日相談可

豊富な知識と経験でサポートいたします
===================
◆破産管財人としての経験◆
破産管財人として、個人から大規模法人まで様々な破産事件を処理してきました。
特に否認権行使や役員責任の問題を扱うことが比較的多く、困難な事件を処理してきました。それらの経験を生かし適切にアドバイスします。


よくあるご相談の一例
===================
✔金融機関から借入を断られ、運転資金がなくなりそう。
✔連帯保証した会社が倒産し、保証債務の履行を請求されている。
✔税金を納付することができず、役所から資産を差し押さえるとの通知がきている。
✔抵当権や根抵当権を設定した不動産が競売にかけられた。

<特に力を入れている案件>
・法人の破産申立
・個人事業主の破産申立
・個人(非事業者)の破産申立


相談環境を整えております
===================
◆駐車場を完備◆
当事務所では、敷地内に駐車場を設けております。車でも気兼ねなくご来所いただけます。

◆プライバシーに配慮◆
完全個室の相談室でお話をおうかがいしますので、周りの目を気にせず、安心してご相談いただけます。ご家族やご友人の同席も可能です。

◆当日相談可能◆
当日お急ぎのご相談にも対応しております。事前予約制となりますので、まずはお問い合わせください。


費用について
===================
▼相談料
30分5,000円(税別)としています。

▼着手金・報酬金
旧日本弁護士連合会弁護士報酬基準と同様です。
弁護士費用は、事業者・非事業者の別、資産・負債の内容等をもとに、相談に応じております。


<アクセス>
弘前駅から徒歩19分

<ホームページ・ブログ>
https://hirosakilawyer.wixsite.com/aoilawoffice
https://ameblo.jp/aoilawoffice/

借金・債務整理

解決事例をみる

三上弁護士への感謝の声

1

40代 女性

相談 遺産相続 2011年5月に相談

当事者の子の立場で相続についての相談をした。
祖父の会社の債務について、祖母は相続放棄をしておらず債務も相続。同居する父に弁済義務はあるのか、どのような手続きや交渉の仕方がよいのか等を教示してもらった。
質問には的確な答えをしてくれ、弁護士委任せずに自分で交渉した方が費用面でもよいと言ってもらい、自分で交渉し解決できた。
その後の心配事についても相談にのってもらったが、費用はかからず、経済的にも助かった。

借金・債務整理の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分 5,000円(税別)
その他 弁護士費用はご相談に応じますので、お気軽にお問い合わせください。

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理の解決事例(2件)

分野を変更する

借金・債務整理の解決事例 1

破産手続を開始することにより、給料に対する差押えが取り消された事例

  • 自己破産
依頼主 40代 男性

相談前

相談者から、ある債権者が相談者の給料を差押えする手続をとったため、給料が差押えられてしまい、他の債権者に借金を返済することができなくなったとの相談がありました。

相談後

迅速に破産申立てをし、裁判所から破産手続開始決定を出していただき、給料に対する差押えを取り消すことができました。

三上 和秀弁護士からのコメント

三上 和秀弁護士

給料を差押えられた場合、破産手続開始決定が出されると、破産法42条2項により、給料に対する債権差押命令を失効させることができます。
具体的には、破産手続開始決定後、破産管財人から差押えの取消しの上申をしていただくと、給料に対する債権差押命令は取り消されます。

借金・債務整理

特徴をみる

借金・債務整理の解決事例 2

破産手続開始決定が出されたことにより、税金や社会保険料に基づく差押えが回避された事例

  • 自己破産

相談前

税金や社会保険料を滞納している会社の代表取締役から、会社の破産申立てをしたいとの相談がありました。
回収予定日がまだ先の売掛金がそれなりに残っているのですが、このままでは税務署や年金事務所から差押えをされかねないとのことでした。

相談後

迅速に破産申立てをし、税務署や年金事務所が売掛金を差押える前に裁判所から破産手続開始決定を出していただき、破産管財人が売掛金を回収することができた結果、税金や社会保険料以外に、産業廃棄物の処理費用や未払い給料等が支払われました。

三上 和秀弁護士からのコメント

三上 和秀弁護士

金融機関が破産手続開始決定前に強制執行手続をとって資産が差し押さえられても、破産手続開始決定が出されると、破産法42条2項により、強制執行手続を失効させることができます。解決事例1を参照してください。
これに対し、税務署や年金事務所などが破産手続開始決定前に税金や社会保険料などに基づいて差押えをすると、破産法43条2項により、税務署や年金事務所などが行った差押えを失効させることができず、破産管財人が管財業務を進めるための費用が不足し、産業廃棄物の処理ができず、未払い給料を支払うことができなくなったりします。そのようなことにならないように、税務署や年金事務所等の課税庁が差押えをする危険性がある場合には、迅速に破産申立てをする必要があります。

借金・債務整理

特徴をみる

所属事務所情報

所属事務所
葵法律事務所
所在地
〒036-8356
青森県 弘前市大字下白銀町15-7
最寄り駅
弘前駅から徒歩19分
交通アクセス
  • 駐車場あり
設備
  • 完全個室で相談
事務所URL

電話で問い合わせ
050-5352-9972

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

対応地域

所属事務所情報

所属事務所
葵法律事務所
所在地
青森県 弘前市大字下白銀町15-7
最寄駅
弘前駅から徒歩19分

三上 和秀弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5352-9972

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 17:00
定休日
土,日,祝
備考
事務所の営業時間は9:00 - 17:00です。

対応地域

事務所の対応体制
駐車場あり
完全個室で相談