お気に入りに追加
土田 達磨弁護士

( つちだ たつま ) 土田 達磨

六花法律事務所

現在営業中 09:00 - 22:00

交通事故

分野を変更する
\交通事故ランキング全国1位獲得/【相談料・着手金無料】【オンライン相談可】保険会社での代理人経験を生かし、交通事故被害に遭われた方をサポートいたします
六花法律事務所
六花法律事務所
六花法律事務所

交通事故の詳細分野

事件内容

  • 死亡事故
  • 物損事故
  • 人身事故

争点

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

交通事故案件に特化!

後遺障害等級認定・慰謝料/損害賠償・過失割合・死亡事故など人身事故案件の解決実績が多数ございます。
交通事故案件のノウハウ・経験・法律知識・交渉力だけではなく、医療の分野についても適切な機関に確認・資料の手配などをしながら、着実に解決へ導きます。

交通事故案件を中心に活動

2013年に弁護士登録をして以来、年間約100件もの数多くの交通事故を取り扱ってきました。
3年ほど保険会社側の案件を中心に、その後は被害者側の案件を中心に取り扱ってきました。
どちらの立場の案件も経験が豊富にあることが強みです。
相手方がどのように対応してくるのか、保険会社ごとの特徴を踏まえて、先読みし、的確に対応いたします。
交通事故分野の弁護士ランキングで全国1位を獲得しております(2022.1.22~4.15)

押印する前に一度確認してください

例えば、賠償額や後遺障害等級の認定など難しい言葉が書かれていて、言われた通りに手続きを進めてしまう方も多くいらっしゃいます。
しかし、一度ご確認いただくことをおすすめいたします。
特に人身事故では、弁護士に依頼することで、賠償額が上がるケースが多く、保険会社とご自分でやり取りする手間も省けます。
書面に記載されていることは妥当なものなのか、確認・アドバイスいたします。

ご相談は何度でも無料

交通事故案件のご相談は何度でも無料としております。
初回相談はおよそ1時間くらいの場合が多いので、ご参考ください。
オンライン相談(zoomでのご案内)も受付しておりますので、ご希望の方はあらかじめお問い合わせください。
オンライン予約はこちら→https://calendly.com/rokka-law

安心のサポート体制

  • 当日/休日/夜間相談OK
  • 電話相談OK
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

よくあるご相談

下記のようなお悩み方はぜひご相談ください。
弁護士に相談することで、問題解決ができるかもしれません。

  • 相手方が無保険で対応をしてもらえなかった方
  • 交通事故で介護が必要になってしまった方
  • まだ治っていないのに、治療費の支払いを打ち切られてしまった方
  • 症状が残っているので、後遺障害認定の申請をしたい方
  • 保険会社から示談案が送られてきたが、納得いかない方
  • 交通事故で家族が亡くなり、損害賠償を求めたい方

ご相談者様からのお声

「相談の時から親切丁寧に教えて頂き安心してお任せする事ができました」といったお声をいただいております。

この分野の法律相談

【相談の背景】 もし物損事故の被害者の方が、事故の修理が行われる前に単独事故を起こして車を廃車にしてしまったり、別の人が同じ箇所にぶつけて更に傷を付けてしまった場合って加害者の賠償責任はどうなるのでしょうか? 例えば、Aさんが赤信号で停車していると、脇見運転をしていたBさんの車が、Aさんの車...

いずれの場合もBさんは自分の起こした事故で発生させた修理費用を賠償する責任を負うこととなります。理論上は、後で事故が起きたからといって賠償義務を免れるわけではありません。 ただし、Bさんに賠償の請求をする際に、どの修理費がBさんの事故によって生じたものかを証明しなければならないのは被害者であるAさんとなります。 AさんないしCさんが原因の後の事故...

土田 達磨弁護士

【相談の背景】 信号待ちをしていたら後から追突されました。 それから、整形外科へ6ヶ月程通院しましたがまだ、痛みが残っていたので近くの整骨院へ通いました。 後遺障害申請をしようと思っていますが 整骨院の請求もして良いのでしょうか? 病院だけの方が申請が通りやすいとか有るのでしょうか? アドバ...

お困りのことと思いますのでご回答させていただきます。 後遺障害は、病院で作成してもらった後遺障害診断書に記載された「症状固定日」を基準に認定されますので、この症状固定日の後に通院した接骨院の資料は、参考資料程度としか扱われません。 ですので、お答えとしては、 ①症状固定日より前に行った接骨院の資料は提出したほうがよい ②症状医固定日後の接骨院...

土田 達磨弁護士

【相談の背景】 知人が横断歩道で交通事故にあいました。 (相手側、車  知人、歩行者) 頭部を縫い、むち打ち状態で、現状歩行は車椅子か杖を使っています) このケースの場合、治療に関わる病院以外の移動には、 タクシー代は請求できますか? 相手側の保険会社からは、 払えないと回答があった様...

お困りのことと思いますのでご回答させていただきます。 タクシーの利用が必要かつ相当と言えれば、法的にはタクシー代が賠償として認められますが、これは怪我の状態や代替の通院手段等を詳しく聞かないとお答えは難しいです。 歩行は車椅子か杖を使用しているとのことなので、最終的に一定期間分のタクシー代が認められる可能性はあるかも知れません。 ただし、す...

土田 達磨弁護士

交通事故の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 交通事故のご相談は何度でも無料
着手金 交通事故は無料
報酬金  賠償金の11%+19.8万円
備考 交通事故は相談料も着手金も無料です。お気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

交通事故の解決事例(3件)

分野を変更する

交通事故の解決事例 1

後遺障害「非該当」の残存障害が異議申立により「12級」の後遺障害と認定された事例

  • 後遺障害等級認定
  • 慰謝料・損害賠償
依頼主 60代 女性

相談前

事故後、右肩の動きが悪くなり、半年以上経った後も完全には治りませんでした。
そこで、保険会社を通じて後遺障害の申請をしましたが結果は「非該当」で、保険会社からは後遺障害がないことを前提に約100万円の賠償案が提示されました。
私としては、右肩に症状が残っているのに、そのことを考慮しないで決められた金額に納得ができず、弁護士に依頼することにしました。

相談後

弁護士に主治医と協議してもらい、主治医から後遺障害を裏付ける画像資料や意見書を出してもらって、後遺障害の異議申立をしてもらいました。その際、弁護士は、私の車の損傷写真や修理見積書などの追加資料も提出しました。
その結果、自賠責保険から12級の後遺障害が認められ、総額で850万円もの賠償を受けることができました。

土田 達磨弁護士からのコメント

土田 達磨弁護士

弁護士が的確な資料を集めて後遺障害の手続を行うことで、妥当な後遺障害が認められる可能性が高くなります。
後遺障害が認められると賠償額が一気に高額なものとなりますので、後遺障害が認められるか不安なときや既に出された認定結果に疑問があるときは弁護士にご相談されることをオススメします。

交通事故の解決事例 2

治療期間の延長と慰謝料の大幅な増額が認められた事例

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 20代 女性

相談前

事故で怪我をしたので通院を始めましたが、3か月経ったころに保険会社に治療費の支払いを打ち切られ、20万円の慰謝料を払うという賠償案が提示されました。
保険会社が言っているのであればそんなものなのかとも思いましたが、額が少ない気がしたので、念のため弁護士に査定をお願いしました。

相談後

治療期間については、弁護士に、車の損害の大きさ、今の症状や痛みの強さなどを主張してもらい、治療期間の延長を認めさせることができました。(約3か月→約6か月)。
また、弁護士が査定したところ、保険会社の提示額が裁判所基準で算定した額よりも低いことがわかったため、治療終了後、弁護士に相当な金額を請求してもらったところ、慰謝料の額が当初よりも大幅に増額しました(約20万円→約90万円)。

土田 達磨弁護士からのコメント

土田 達磨弁護士

保険会社から早期に治療を打ち切られた場合、弁護士がきちんとした根拠に基づいて治療期間の延長を求めることで、保険会社から延長を認めてもらえることがあります。
また、保険会社が算定した慰謝料の額は、ほとんどの場合、裁判所の基準で算定した適正な額よりも低額ですので、弁護士が間に入って請求することで増額できる場合が多いです。
怪我の賠償については、保険会社の提案を受諾する前に必ず一度弁護士の査定を受けることをオススメします。

交通事故の解決事例 3

事故態様の主張が全く異なるケースで依頼者の主張通りの過失割合が認められた事例

  • 過失割合
  • 物損事故
  • 人身事故
依頼主 40代 男性

相談前

バイクで直進していたら、隣の車線の車が進路変更して私のバイクにぶつかりました。
ところがしばらく経った後、相手の人は、私の車が進路変更して相手の人の車に衝突したなどと言い出しました。
ドライブレコーダーもなく、話がまとまらなかったため、弁護士に交渉を依頼しました。

相談後

弁護士に依頼し、警察の図面を取り寄せて検討してもらったところ、「衝突した場所と停止した場所の距離が開きすぎている」「道路の形状からしてこちらが進路変更する理由がない」等のこちらの主張を裏付ける材料がいくつか見つかりました。
また、各車両の傷の位置を弁護士に確認してもらったところ、私のバイクの傷の位置が右後ろあたりであるのに対し、相手の車の傷の位置は左前輪あたりで、私が進路変更したと考えるには無理がありました。
これらを根拠に弁護士が交渉したところ、最終的には当方の言い分通りの事故状況を認めさせることができました。

土田 達磨弁護士からのコメント

土田 達磨弁護士

相手方が全く違う事故態様を主張している場合でも、警察が作成した事故状況図(物件事故報告書、実況見分調書)や各車両の傷の位置や形状等を詳細に検討することで、正確な事故状況を証明できる場合があります。
事故態様に争いがある場合も、まずは交通事故に詳しい弁護士にご相談ください。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
六花法律事務所
所在地
〒460-0002
愛知県 名古屋市中区丸の内2-17-30 ie桜通伏見ビルディング8B
最寄り駅
丸の内駅
受付時間
  • 平日09:00 - 22:00
  • 土日祝10:00 - 22:00
定休日
なし
備考
営業時間は平日 9:30〜19:00ですが、上記受付時間であれば電話受付をいたします。

ご対応できなかったお電話は、翌営業日に弁護士からご連絡させていただきます。

交通事故被害は相談料・着手金無料です。

夜間・土日のご相談やZOOMでのオンライン相談も可能です。

◎WEB予約も受け付けております
https://calendly.com/rokka-law
対応地域

全国

電話で問い合わせ
050-5834-8001

Webで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

現在営業中 09:00 - 22:00

土田 達磨弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5834-8001
Webで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 22:00
  • 土日祝10:00 - 22:00
定休日
なし
備考
営業時間は平日 9:30〜19:00ですが、上記受付時間であれば電話受付をいたします。

ご対応できなかったお電話は、翌営業日に弁護士からご連絡させていただきます。

交通事故被害は相談料・着手金無料です。

夜間・土日のご相談やZOOMでのオンライン相談も可能です。

◎WEB予約も受け付けております
https://calendly.com/rokka-law