森 美穂弁護士 もり みほ

森 美穂弁護士

森法律事務所

愛知県名古屋市中区丸の内2-10-19市川ビル3階
分野を変更する

離婚・男女問題

【弁護士経験20年以上】【女性目線を大切に】
感情の整理のお手伝いをしながら、現状の整理をしながら再出発を応援します。
まずはお気軽にご相談ください。

離婚・男女問題の取扱分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

離婚・男女問題の特徴

  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

※法律相談の際に、具体的な事件を受任することになった場合には、相談料は発生しません。
まずは、ご連絡をください。

【よくあるご相談例】
————————————
・離婚したいと思っている。
・離婚した場合、住宅ローンの支払いはどうなるのか。
・離婚した場合、慰謝料がいくら取れるのか知りたい。
・不倫相手に慰謝料を払わせたい。
・有利な条件で離婚をしたい。
・妻から(夫から)突然離婚したいと申し入れがあった。
・夫婦の間で離婚することは合意しているが、条件を詰めることができない。
・離婚したら子供に会えなくなるのではないかと心配だ。
・子どもの戸籍はどうするべきか。
・自分と子どもの姓はどうするのか。
・別居した後の生活費をどうすればいいか。
・夫が浮気をしていることが発覚したので、慰謝料を請求したい。
・別居に伴い、夫に子どもを連れて行かれたので、取り戻したい。

【特に力を入れている案件】
———————————————
◆離婚(示談・調停・裁判)
◆婚姻費用分担請求
◆財産分与請求
◆離婚慰謝料請求
◆親権・養育費を巡る争い
◆子との面会交流 など

【離婚問題は当事務所にお任せください】
————————————————————-
これまでに多数の案件(男性側/女性側問わず)を取り扱って参りましたので、これまで培ってきた経験を生かした対応が可能です。

【強み】
・あなたの思いをしっかりと伺うことを大切にしています。
・調停、訴訟にせずに、示談交渉で解決することもございます。

——-——-——-
【アクセス】
地下鉄丸の内駅 2番出口(鶴舞線)徒歩3分
地下鉄丸の内駅 3番出口(桜通線)徒歩3分
地下鉄丸の内駅 4番出口(桜通線)徒歩3分

離婚・男女問題

料金表をみる

離婚・男女問題の料金表

項目 費用・内容説明
法律相談の費用 30分まで 5000円(消費税別)
離婚示談交渉・調停 着手金 30万円
報酬金 報酬金30万円+離婚給付部分に対する報酬金
(金額はいずれも消費税別)
離婚訴訟 着手金 着手金50万円
報酬金 報酬金50万円+離婚給付部分に対する報酬金
(金額はいずれも消費税別)
実費 事件により、着手金・報酬、手数料等とは別に実費をご負担いただくことがあります。
日当 日当とは、弁護士が遠方の裁判所に出張する場合の費用です。
場所によって金額が変動いたします。
備考 詳しくは事務所ホームページをご覧ください。
https://morilaw-aichi.com/legal-fees/indivisual-client/08
※電話での相談は行っていません。
※法律相談の際に、具体的な事件を受任することになった場合には、相談料は発生しません。

弁護士プロフィールページ内、料金表の消費税に関しまして、新税率(8%)と旧税率(5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題

特徴をみる

遺産相続

【弁護士経験20年以上】【相続手続のトータルサポートを提供】【遺言書の作成、遺産分割協議、遺留分減殺請求】ご意向を叶えるための遺言書作成、サポートいたします。まずは、ご相談ください。

遺産相続の取扱分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分減殺請求
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

遺産相続の特徴

  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

【このようなご相談お任せください!】
————————————————————-
・誰が相続人になるのかわからない
・遺言書の書き方がわからない
・親が亡くなったが、遺産をどのように分けるのかわからない
・父が遺産の全部を兄だけに渡すという遺言を残して亡くなったが、これは通るのか
・実家の土地・建物を兄弟で相続したことによりトラブルが発生してしまった。
・相続手続きをする時間がないので任せたい。
・被相続人と同居していた特定の相続人が、被相続人の預金を生前に使い込んでいたようだ。
・被相続人が亡くなる直前に、多額の預金が引き出された形跡がある。 等
お困りのことはどうぞご遠慮なくご相談ください。

【早めのご相談が大切】
————————————————————-
法律上のトラブルは 健康問題と同様 早期の対応が重要です。トラブルが起きたときに放っておけばおくほど、複雑化し事態は悪化します。
まだ傷口が小さいうちに、早めにご相談ください。

【遺産相続について】
今後どのように対処したらよいのか悩んでおられる方など、ご相談者の抱えておられる様々な問題について、弁護士がわかりやすく丁寧にアドバイスし、ご相談者をサポートします。

【重点取り扱い案件】
遺産相続事件(調停事件・示談交渉事件)、遺言書の作成、遺言の執行、遺留分減殺請求、相続放棄、その他家族をめぐる問題(成年後見・保佐・補助の手続申立、認知の請求など)


——-——-——-
【アクセス】
地下鉄丸の内駅 2番出口(鶴舞線)徒歩3分
地下鉄丸の内駅 3番出口(桜通線)徒歩3分
地下鉄丸の内駅 4番出口(桜通線)徒歩3分

遺産相続

料金表をみる

遺産相続の料金表

項目 費用・内容説明
法律相談の費用 30分まで 5000円(消費税別)
遺産分割事件 経済的利益の額により変動いたします。(金額はいずれも消費税別)
300万円以下の場合 着手金 8% 、報酬金 16%
300万円~3000万円 着手金 5%+9万円、報酬金 10%+18万円
3000万円〜3億円以下の場合 着手金 3%+69万円、報酬金 6% + 138万円
3億円を超える場合 着手金 2%+369万円 、報酬金 4% + 738万円
遺言書作成 手数料 10万円〜20万円(消費税別)
※公正証書にて作成する場合には、別途公証人手数料が発生いたします。
遺言執行 300万円以下の場合 30万円
300万円~3000万円 2% + 24万円
3000万円〜3億円以下の場合 1% + 54万円
3億円を超える場合 0.5% + 204万円
(金額はいずれも消費税別)
相続放棄 1人あたり10万円(消費税別)
日当 日当とは、弁護士が遠方の裁判所に出張する場合の費用です。
場所によって金額が変動いたします。
実費 事件により、着手金・報酬、手数料等とは別に実費をご負担いただくことがあります。
備考 詳しくは事務所ホームページをご覧ください。
https://morilaw-aichi.com/indivisual-client/inheritance
※電話での相談は行っていません。
※法律相談の際に、具体的な事件を受任することになった場合には、相談料は発生しません。

弁護士プロフィールページ内、料金表の消費税に関しまして、新税率(8%)と旧税率(5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続

特徴をみる

労働問題

【弁護士経験20年以上】◆使用者側に特化◆企業内における人事・労務(労働)問題でのトラブル(紛争)等。企業・会社(経営者)の代理人となり、紛争解決のために力を尽くします!

労働問題の取扱分野

原因

  • パワハラ・セクハラ
  • 給料・残業代請求
  • 労働条件・人事異動
  • 不当解雇
  • 労災認定

労働問題の特徴

  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

※利益相反予防のため、労働者からのご相談はお受けできません。

【メッセージ】
————————-
今日の企業には、法令遵守(コンプライアンス)を強く求められます。それは労働関係(労働法関係)においても同様です。
労働関係諸法令を遵守せず、コンプライアンスを軽視するような企業経営は、もはや社会からの信頼を得ることはできません。

今般、労働者の意識向上と「働きやすさ」を求める社会情勢の中、企業(経営者)は、新法や新制度を迅速かつ適切にフォローし、人事・労務管理に生かすよう十分な方策を講じる必要があります。
しかし、労働関係に関する問題は企業利益に目に見える形で直接関わらない(と考えがちである)ことから、その対応がつい後回しになってしまいます。

労働者の視点から考えると、今や労働者はインターネットなどを通じ、労働法によって自分の権利がどのようにして守られているのか、どうやって救済されるのか、その情報を簡単に入手できます。
労務問題が、労働紛争、労働事件に発展してしまうと、企業(会社・経営者)はその対応、解決のために相当な負担(時間的コスト、金銭的コスト)を強いられることになります。

また、悪質な労基法違反と認定されれば、刑事罰による制裁を受ける場合もあります。
そうなれば、長年にわたって苦労して築いてきた企業(会社・経営者)の信用は大きなダメージを受けることになります。

ですから、人事・労務問題(労働問題)においては、事前の紛争予防策がとても重要になります。

【特に力を入れている案件】
———————————————
使用者側(会社側・経営者側)の人事、労務問題(労働問題)、労働事件など

【強み】
————————-
◆経営者、担当者との細やかなコミュニケーションを大切にしております。
◆日常的にリスクマネジメントできる体制の整備をサポートいたします。
◆企業のコンプライアンスに関するトラブル全般に対応可能です。

【顧問契約のメリット】
◆企業コンプライアンスを実現できます。
◆継続して相談等を重ねることで信頼関係を築くことが可能です。
◆必要な時には「厳しいアドバイス」をいたします。
◆相談案件だけでなく、背景事情や関連問題を踏まえた広い観点からのアドバイスが可能です。
◆電話やメール、FAXを利用して気軽に相談することが可能です。
◆契約書のチェックや相手方との簡単な交渉なら顧問料の範囲で対応可能です。


【ご相談例】
———————————————
・(元)従業員から残業代を請求された
・労働基準監督署(労基署)から是正勧告を受けた。
・(元)従業員からの労働審判、仮処分などの裁判手続の申立てがなされた。
・企業外ユニオンから団体交渉(団交)の申入れを受けた。
・(元)労働者が労働局にあっせん申請をした。
・労働委員会に(個別)あっせんの申立てがなされた。
・労働委員会に不当労働行為救済の申立などがなされた

——-——-——-
【アクセス】
地下鉄丸の内駅 2番出口(鶴舞線)徒歩3分
地下鉄丸の内駅 3番出口(桜通線)徒歩3分
地下鉄丸の内駅 4番出口(桜通線)徒歩3分

労働問題

料金表をみる

労働問題の料金表

項目 費用・内容説明
顧問料 月額 5万円〜(消費税別)
※企業の規模・事業内容や相談内容、頻度等に照らして相当な額を協議のうえ決定させていただきます。
備考 詳しくは事務所ホームページをご覧ください。
https://morilaw-aichi.com/corporate-client/labor
※電話での相談は行っていません。
※法律相談の際に、具体的な事件を受任することになった場合には、相談料は発生しません。

弁護士プロフィールページ内、料金表の消費税に関しまして、新税率(8%)と旧税率(5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

労働問題

特徴をみる

企業法務・顧問弁護士

【弁護士経験20年以上】
会社の破産/倒産などの債務整理、それに伴う売掛金の回収も行います。
「知り合いの弁護士に相談しづらい」といったこともご相談にお越しください。

企業法務・顧問弁護士の取扱分野

依頼内容

  • M&A・事業承継
  • 人事・労務
  • 知的財産・特許
  • 倒産・事業再生
  • 渉外法務

業種別

  • エンタテインメント
  • 医療・ヘルスケア
  • IT・通信
  • 金融
  • 人材・教育
  • 環境・エネルギー
  • 運送・貿易
  • 飲食・FC関連
  • 製造・販売
  • 不動産・建設

企業法務・顧問弁護士の特徴

  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

【メッセージ】
————————-
倒産の局面においては、経営者には、迅速にかつ適切に判断することが求められます。
倒産せざるを得ない場合、再生手続を選ぶにせよ、破産手続を選ぶにせよ、その決断が遅れると、従業員、債権者など多くの関係者により多くの迷惑をかけることになっていきます。

また、倒産手続には費用も必要ですから、決断ができないまま、漫然と事業を続けたがために、いよいよ資金が完全に底をつき倒産手続に必要な費用すら用意できないという事態に至ることもよくあるのです。
その場合は、当然、経営者自身やその親族などの関係者の経済的再生もまた、より困難なものになります。

倒産の可能性があるのなら、倒産手続の選択・判断をいつ・どのようにすべきか、準備はどうするのか、手続において従業員や債権者の債権はどうなるのか、保証人はどうなるのか、そして費用はいくらかかるのか等、倒産をめぐる諸問題について、できるだけ早期に倒産実務に詳しい弁護士に相談する必要があります。
少なくとも、誤解に基づき誤った判断を行うことは避けなければなりません。

経営者の方は、まずは身近な顧問税理士や顧問弁護士に相談されることが多いと思いますが、税理士は倒産処理の専門家ではありません。
また、顧問弁護士が倒産実務に精通しているとは限りません。
倒産処理においては、会社の実情を把握したうえで、基本的方針の決定、従業員に対する対応、財産の保全、リース物件の処理など多岐にわたる問題について、迅速かつ的確に対応する必要があります。

【特に力を入れている案件】
———————————————
倒産処理事件
人事・労務事件
売掛金などの債権の回収

【ご相談例】
———————————————
・会社が倒産しそうだ。なんとか倒産を回避できないのか。
・倒産せざるを得ない状況になってしまったが、従業員や取引先へ迷惑はかけたくない。
・破産する場合,従業員の社会保険や失業保険でどういう手続をとるのか知りたい
・会社の経営が危うい。回収できていない売掛金があるので、それを回収してほしい。
・本業の売上が下がってきていて、このままだと先が不安だ。
・会社の倒産はしかたないが、経営者の私は私の家族が破産するのは避けたい。
・従業員より残業代の請求をされたが、どのように対応すればよいのか。
※普段お世話になっている弁護士へ相談しづらいことでも、ぜひご相談に起こしください。

【顧問契約のメリット】
◆企業コンプライアンスを実現できます。
◆継続して相談等を重ねることで信頼関係を築くことが可能です。
◆必要な時には「厳しいアドバイス」をいたします。
◆相談案件だけでなく、背景事情や関連問題を踏まえた広い観点からのアドバイスが可能です。
◆電話やメール、FAXを利用して気軽に相談することが可能です。
◆契約書のチェックや相手方との簡単な交渉なら顧問料の範囲で対応可能です。


——-——-——-
【アクセス】
地下鉄丸の内駅 2番出口(鶴舞線)徒歩3分
地下鉄丸の内駅 3番出口(桜通線)徒歩3分
地下鉄丸の内駅 4番出口(桜通線)徒歩3分

企業法務・顧問弁護士

料金表をみる

企業法務・顧問弁護士の料金表

項目 費用・内容説明
法律相談の費用 30分まで 5000円(消費税別)
顧問料 月額 5万円〜(消費税別)
※企業の規模・事業内容や相談内容、頻度等に照らして相当な額を協議のうえ決定させていただきます。
会社の自己破産 着手金 50万円〜
予納金・郵券代 金額は事件の種類・内容によって裁判所が定めます。
会社の民事再生 着手金 100万円〜
●月額報酬
民事再生手続開始後、手続終了までの間の執務の対価として、協議により着手金・報酬金とは別に月額報酬を決めさせていただくことがあります。
●報酬金
民事再生手続を経た結果、得られた経済的利益を総合的に考慮し、協議により報酬金を決めさせていただきます
●予納金・郵券代
金額は事件の種類・内容によって裁判所が定めます。
●不動産鑑定費用
不動産の評価が必要な場合に発生します。
●公認会計士費用
財産評定・再生計画作成にあたって公認会計士に事務処理を依頼する場合に発生します。
●その他実費詳しくは「実費」をご参照ください。
(金額はいずれも消費税別)
会社の任意整理 着手金 50万円〜(消費税別)
支払督促事件 経済的利益の額により変動いたします。(金額はいずれも消費税別)300万円以下の場合 着手金 2% 、報酬金 8%
300万円~3000万円 着手金 1%+3万円、報酬金 10%+9万円
3000万円〜3億円以下の場合 着手金 0.5%+18万円、報酬金 3%+69万円
※着手金の最低金額は5万円
(金額はいずれも消費税別)
執行費用 督促手続の結果に基づき、金銭等の具体的な回収を行うために民事執行事件を受任する場合には、督促手続の着手金・報酬金とは別に、民事執行事件の着手金としてお支払いいただくことになります。
日当 日当とは、弁護士が遠方の裁判所に出張する場合の費用です。
場所によって金額が変動いたします。
保全命令申立事件(仮差押・仮処分) 経済的利益の額により変動いたします。(金額はいずれも消費税別)300万円以下の場合 4%
300万円~3000万円 2.5% + 4万5千円
3000万円を超え3億円以下の場合 1.5% + 34万5千円
3億円を超える場合 1% + 184万5千円
※報酬金別途
実費 事件により、着手金・報酬、手数料等とは別に実費をご負担いただくことがあります。
備考 詳しくは事務所ホームページをご覧ください。
倒産について: https://morilaw-aichi.com/corporate-client/bankruptcy
企業法務について:https://morilaw-aichi.com/corporate-client/corporate-law
※電話での相談は行っていません。
※法律相談の際に、具体的な事件を受任することになった場合には、相談料は発生しません。

弁護士プロフィールページ内、料金表の消費税に関しまして、新税率(8%)と旧税率(5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

企業法務・顧問弁護士

特徴をみる

所属事務所情報

所属事務所
森法律事務所
所在地
〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内2-10-19市川ビル3階
最寄り駅
丸の内駅

電話で問い合わせ
050-5355-9507

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

受付時間
受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
・メールでのお問い合わせは24時間対応しております。
・誠に申し訳ありませんが,メールでの法律相談はお受けしておりません。
・メールにて面談日時のご予約を承っておりますので,ご希望の日時をご連絡ください。
・受付時間外はメールでお問い合わせ頂くか,留守番電話にお名前とご連絡先をお残し頂ければこちらから折り返しご連絡させて頂きます。
・事前にご予約頂ければ受付時間外の面談も可能です。
対応地域
所属事務所情報
所属事務所
森法律事務所
所在地
愛知県名古屋市中区丸の内2-10-19市川ビル3階
最寄駅
丸の内駅
森 美穂弁護士へ問い合わせ
電話番号 050-5355-9507
メールで問い合わせ
お気に入りに追加
受付時間
受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
・メールでのお問い合わせは24時間対応しております。
・誠に申し訳ありませんが,メールでの法律相談はお受けしておりません。
・メールにて面談日時のご予約を承っておりますので,ご希望の日時をご連絡ください。
・受付時間外はメールでお問い合わせ頂くか,留守番電話にお名前とご連絡先をお残し頂ければこちらから折り返しご連絡させて頂きます。
・事前にご予約頂ければ受付時間外の面談も可能です。
対応地域
経歴・資格
事業会社勤務経験