• HOME
  • 債務整理に関する規程の延長を可決 日弁連・臨時総会

債務整理に関する規程の延長を可決 日弁連・臨時総会

債務整理に関する規程の延長を可決 日弁連・臨時総会

3月5日に開催された日本弁護士連合会の臨時総会で、「債務整理事件処理の規律を定める規程」の期限を5年間延長することが、賛成多数で可決された。

債務整理事件処理の規律を定める規程は、過払い金返還請求事件に対する弁護士報酬の基準や、債務整理事件の勧誘や受任、事務処理に関する弁護士の遵守事項などを定めたもの。債務整理事件の不適切な事件処理や、暴利行為と認定できる報酬による懲戒事例が散見され、弁護士会にも苦情が持ち込まれたことから、2011年に制定された。

規程は、いわゆる時限立法として制定され、2011年4月の施行から5年で効力が失われることになっていたが、2015年の臨時総会で、期限が5年間延長され、2021年3月末に失効することになっていた。

日弁連執行部はこの日の総会で、債務整理事件の現状について、「規程の延長後、過払い金返還請求事件は減少傾向にあるが、減少ペースは鈍化しており、依然として一定数の苦情相談が寄せられている」「新型コロナウイルス感染症の拡大の影響により、債務整理事件の増加が予想される」などと指摘。「規程を廃止すると弁護士職務基本規程などの一般的規程で規律することになるが、不適切事案の防止を全うすることは困難」と説明。

「一般的規程による対応が困難」と判断した背景には、「債務整理事件に関する違反事項などを、弁護士職務基本規程よりも具体的に定めており、不適切事案に対して高い防止効果が期待できる」(日弁連の担当者)との思いもあり、この日、さらに5年間の延長を提案した。

総会に出席した弁護士からは、「債務整理事件を大量に受任し、画一的に処理していると思われる事務所はなお存在している。規程の期限を延長しなければ、こうした事務所が債務者の利益を損なうような業務を展開するのは火を見るより明らか」などの意見が出た。

また反対意見として、債務整理事件の受任時のルールとして「債務者と自ら面談する」としていることについて、「遠方の弁護士に事件の委任を希望しても、面談のためだけに交通費を負担して事務所に行かない限り、委任することが妨げられるのであれば、債務者の弁護士選択の利益を不当に侵害する」という指摘もあった。

  • 記事URLをコピーしました

関連記事

  • 日弁連・臨時総会、初のオンライン中継 新型コロナ対応の会則改正案を可決

    日本弁護士連合会(日弁連)の臨時総会が3月5日、東京・霞が関の弁護士会館で開かれた。新型コロナウイルス感染症の拡大が続くなかで、代理人が行使できる議決権数を50から100に増やす議案や、書面による代理権行使を認める日弁連会則の改正案などが可決された。また、今回初めて、会場に来られない弁護士のために、各弁護士会が用意した会場へのオンライン中継も実施された。

    続きを見る
    日弁連・臨時総会、初のオンライン中継 新型コロナ対応の会則改正案を可決
  • 小規模弁護士会への助成制度の拡充を可決 日弁連・臨時総会

    3月5日に開催された日本弁護士連合会の臨時総会で、会員数が少ない弁護士会に助成金を支給する「小規模弁護士会助成制度」の拡充に関する議案が、賛成多数で可決された。

    続きを見る
    小規模弁護士会への助成制度の拡充を可決 日弁連・臨時総会

弁護士向け

限定コンテンツのご案内

弁護士ドットコムでは、会員弁護士のみがアクセス可能なマイページサービスページをご用意しています。

本サイト内で公開されている記事以外にも、マイページ限定のコンテンツや、法曹関係者向けにセレクションした共同通信社の記事など、無料で登録・閲覧できる記事を日々更新しております。また、実務や法曹関係の話題、弁護士同士が匿名で情報交換できる無料の掲示板サービス「コミュニティ」も好評です。情報のキャッチアップや、息抜きなどにご活用ください。ご興味がございましたら、下記から是非ご登録ください。