お気に入りに追加
原口 侑弁護士

( はらぐち たすく ) 原口 侑

現在営業中 09:00 - 18:00

交通事故

分野を変更する
◆弁護士費用特約利用可◆休日・夜間相談可◆交通事故は誰しもが巻き込まれる可能性のある問題です。被害に遭ってしまった場合には、なるべく早い段階でご相談ください。
弁護士法人はやて法律事務所
弁護士法人はやて法律事務所

交通事故の取扱分野

事件内容

  • 死亡事故
  • 物損事故
  • 人身事故

争点

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 後払いあり

佐賀県内の交通事故はお任せください
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━
交通事故では、被害者は加害者の自動車保険会社と交渉することが多くなりますが、当然ながら、交通事故損害賠償に関する一般の被害者と保険会社との知識格差は圧倒的であり、残念ながら、全ての交通事故被害者が正当な賠償額を受け取れているというわけではありません。そのため、交通事故被害者の方が正当な賠償額が得られるよう最善を尽くします。

◆交通事故Q&A◆
【Q】加害者の保険会社から賠償額の提案がありましたが、この金額が正当なものなのか不安です。

【A】保険会社の提示内容が常に正当であるとは言えないのが現状です。特に慰謝料に関しては、保険会社の提示水準が多くの事案で裁判基準の6割前後にとどまっているという指摘もあります。弁護士が介入することにより大幅な増額に至るケースもあります。

◆その他よくあるご相談例◆
「保険会社が急に治療費の支払いをやめてしまった。」
「症状固定後に障害が残った場合でも、お金はもらえるのか。」
「交通事故の治療のために仕事を休まざるを得ないが、その間の給料はどうなるのか。」etc...

佐賀県内をはじめ、福岡・長崎エリアでの交通事故に関してもお任せください。
これまでの経験と豊富な知識を生かして、サポートさせていただきます。


ーーーーーーーーーーーーーーーー
◆サポート体制
ーーーーーーーーーーーーーーーー
【1】当日・休日・夜間相談可
事前にご予約いただければ、当日や土日祝・夜間のご相談にも対応可能です。

【2】迅速なレスポンス
お問い合わせから1日以内に折り返しのご連絡をさせていただきます。

【3】駐車場無料です
駐車場はビル隣のコインパーキングをお使いください。料金は無料です。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
◆弁護士費用について
ーーーーーーーーーーーーーーーー
◎相談料:5,000円/30分(税別)
ご加入の自動車保険に弁護士費用特約が附帯されていれば、特約の範囲内で費用の負担なく、弁護士への相談・依頼が可能です。まずはお問い合わせください。
また、事案に応じ、後払いでの対応も可能です。


━・━・━・━・━・━・━・━・━・━
◆アクセス
JR佐賀駅より徒歩3分

◆事務所ホームページ
http://www.hayate-law.jp/main/

原口弁護士への感謝の声

1

30代 男性

相談 交通事故 2014年10月に相談

過去の事例を紹介していただきながら、裁判した場合のシュミレーションを行い裁判官がどのような判断をするか説明いただいたこと。
法律の解釈を本などで指し示しながら説明いただいたこと。
事故の現場をマップでテレビに映し出しながら、事故の原因や過失割合について分かりやすく説明いただいたこと。
同様の事故が発生した場合の対処方法の説明とアドバイスをいただいたこと。
丁寧な言葉で被害者である私を労るように話されたこと。

相談した出来事
車対自転車で交通事故にあった。こちら側は自転車だった。片側一車線の歩行者及び自転車用通路ではないとこを自転車で横断した際に事故にあった。
慰謝料の増額をもとめ弁護士に相談したが厳しいだろうと言われ諦めた。

交通事故の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 5,000円/30分(税別)
備考欄 ご加入の自動車保険に弁護士費用特約が附帯されていれば、特約の範囲内で費用の負担なく、弁護士への相談・依頼が可能です。また、事案に応じ、完全後払いでの対応も可能です。まずはお気軽にお問い合わせください。

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

交通事故の解決事例(4件)

分野を変更する

交通事故の解決事例 1

【過失割合】追越妨害の主張を退けて当方の過失なしで解決した事例

  • 過失割合
依頼主 男性

相談前

自動車で交差点を右折しようと減速したところ、後続のバイクに追突された事案でした。バイク運転者が、相談者の自動車が急加速してバイクの追越しを妨害したことが原因であると主張し、争いとなりました。

相談後

交渉では解決しなかったため訴訟を提起した結果、相談者には過失がないという内容で裁判上の和解が成立しました。

原口 侑弁護士からのコメント

原口 侑弁護士

事故調査会社も過失割合を50:50とする意見書を作成している状況でしたが、相手方の追越妨害主張に基づいた場合に必要となる自動車の加速度を計算し、車両の性能上到底不可能な加速度でなければ、相手方の主張が成り立たないことを明らかにしたところ、裁判所が相談者無過失の心証を形成し、示談が成立しました。

交通事故

特徴をみる

交通事故の解決事例 2

【増額事例】症状固定前に治療費支払い打ち切りのあった事案で、相手方任意保険会社提示額から大幅に増額を認めさせた事例(後遺障害等級14級9号)

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 女性

相談前

自動車同士の交差点での出合い頭事故の事案。治療開始後約6か月で相手方任意保険会社による任意一括対応による治療費の支払いが打ち切られました。しばらく自費通院をしたあと、被害者請求で後遺障害等級14級9号が認められましたが、相手方任意保険会社からは、一括対応打ち切り前までの治療を前提に既払金(治療費及び被害者請求により受け取った自賠責保険金)を除き約150万円の支払いが提示されました。

相談後

後遺障害診断書記載の症状固定日を基準にして裁判基準による慰謝料や主婦休損が認められ、既払金を除き約400万円で示談しました。

原口 侑弁護士からのコメント

原口 侑弁護士

任意一括対応打ち切り後の治療費については、自賠責保険会社に対する被害者請求で回収しました。相手方任意保険会社からの提示額は、賠償対象期間を一括対応打ち切り時までに制限しているうえ、主婦休損及び慰謝料が裁判基準を大きく下回る基準で算定されているもので、正当とは言い難い内容でした。示談交渉は難航しましたが、保険会社に対して片面的拘束力を有するADR制度を利用し、最終的に2.5倍以上の増額を認めさせました。

交通事故

特徴をみる

交通事故の解決事例 3

【死亡】単身の無職女性の死亡事故につき、内縁者の存在を立証し、主婦基準の死亡慰謝料及び逸失利益が認められた事例

  • 慰謝料・損害賠償
依頼主 女性

相談前

事故で女性がお亡くなりになり、その相続人の方から、専門知識のある弁護士に保険会社との交渉を依頼したいとして相談を受けました。

相談後

住民票上は単身でしたが、内縁者の男性がおり、その方のために家事を行っていたことが認められ、死亡逸失利益約2200万円、死亡慰謝料2500万円(いずれも過失相殺前)が認められました。

原口 侑弁護士からのコメント

原口 侑弁護士

無職かつ単身者の場合、逸失利益は基本的に認められませんが、内縁の男性の存在を立証したことで、死亡逸失利益が認められました。また、死亡慰謝料についても配偶者基準で認めてもらうことができました。

交通事故

特徴をみる

交通事故の解決事例 4

【後遺障害】自賠責後遺障害非該当から異議申立の結果、後遺障害等級14級9号を獲得し、さらに通常の14級9号の水準を大きく超える労働能力喪失期間が認められた事例

  • 後遺障害等級認定
  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 男性

相談前

信号待ち停車中に後続車から追突された事案。約6か月通院後に症状固定し、頚部痛、背部痛、胸部痛等の症状が残存しましたが、事前認定の結果は、後遺障害非該当でした。

相談後

自賠責保険会社への異議申し立ての結果、背部痛、胸部痛等の症状について自賠責14級9号の認定となりました。その後訴訟提起し、労働能力喪失率5%、喪失期間20年で算定した逸失利益を認める等、通常の14級9号の水準を超える内容で裁判上の和解が成立しました。

原口 侑弁護士からのコメント

原口 侑弁護士

本件は、はっきりした画像所見はないものの胸椎に神経根の圧迫が疑われる事案でした。他覚所見が不足していたため12級13号の認定は得られませんでしたが、非該当から14級9号の認定を得ることに成功し、さらに労働能力喪失期間20年という14級9号の水準(通常5年程度)を大きく超える逸失利益を認めさせることができました。

交通事故

特徴をみる

離婚・男女問題

分野を変更する
◆女性スタッフも在籍◆当日相談可◆家族に関する問題は、非常に難しい問題でもあります。より良い解決とはどのようなものなのか一緒に考えていきましょう。
弁護士法人はやて法律事務所
弁護士法人はやて法律事務所

離婚・男女問題の取扱分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

より良い解決策を考えていきましょう
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━
私も結婚・子の誕生を経て、家族関係の難しさを改めて感じております。当事務所では、男女いずれからのご相談もお受けしております。夫婦とお子様にとって最善の結論となるよう、依頼者と十分に協議をしながらより良い解決を模索していきます。

◆よくあるご相談例◆
「子どもを抱えて離婚するのが不安だ。」
「離婚した場合、住宅ローンの支払いはどうなるのか。」
「別れた夫がいくら催促しても子供の養育費を払わない。」
「離婚を切り出されてしまった。」
「離婚後は子どもと面会できるか。」
「財産分与に納得できない。」etc...


◆重点取り扱い案件◆
離婚、養育費、婚姻費用、財産分与、離婚慰謝料、親権、面会交流等

離婚は結婚と同じく人生における大きな岐路となります。
そのような判断をされるのは依頼者ご自身ですが、少しでも良い形で再スタートを迎えられるようにサポートとしたいと考えております。子どものこと・お金のこと、そして精神面的なこといずれも納得いただけるよう一緒に考えていきましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
◆サポート体制
ーーーーーーーーーーーーーーーー
【1】当日・休日・夜間相談可
事前にご予約いただければ、当日や土日祝・夜間のご相談にも対応可能です。

【2】迅速なレスポンス
お問い合わせから1日以内に折り返しのご連絡をさせていただきます。

【3】駐車場無料です
駐車場はビル隣のコインパーキングをお使いください。料金は無料です。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
◆弁護士費用について
ーーーーーーーーーーーーーーーー
◎相談料:5,000円/30分(税別)
費用については、事前にきちんとご説明しますので、ご安心ください。


━・━・━・━・━・━・━・━・━・━
◆アクセス
JR佐賀駅より徒歩3分

◆事務所ホームページ
http://www.hayate-law.jp/main/

原口弁護士への感謝の声

1

30代 男性

相談 交通事故 2014年10月に相談

過去の事例を紹介していただきながら、裁判した場合のシュミレーションを行い裁判官がどのような判断をするか説明いただいたこと。
法律の解釈を本などで指し示しながら説明いただいたこと。
事故の現場をマップでテレビに映し出しながら、事故の原因や過失割合について分かりやすく説明いただいたこと。
同様の事故が発生した場合の対処方法の説明とアドバイスをいただいたこと。
丁寧な言葉で被害者である私を労るように話されたこと。

相談した出来事
車対自転車で交通事故にあった。こちら側は自転車だった。片側一車線の歩行者及び自転車用通路ではないとこを自転車で横断した際に事故にあった。
慰謝料の増額をもとめ弁護士に相談したが厳しいだろうと言われ諦めた。

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 5,000円/30分(税別)
その他 料金はご状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題

特徴をみる

労働問題

分野を変更する
【休日・夜間相談可】【労使問わず対応◎】労働問題は、労働者側にとっても使用者側にとっても重大な問題です。どちらの立場においても最善の解決を目指して尽力します。
弁護士法人はやて法律事務所
弁護士法人はやて法律事務所

労働問題の取扱分野

原因

  • パワハラ・セクハラ
  • 給料・残業代請求
  • 労働条件・人事異動
  • 不当解雇
  • 労災認定

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

労使問わずご相談ください!
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━
いわゆる「ブラック企業」の存在が社会問題化して久しいですが、現在も、守られるべき労働者の権利が侵害されているにもかかわらず労働者が泣き寝入りしているケースが多くあります。他方で、労働者の権利意識の拡大もあり、法律を遵守しているにもかかわらず、労働者とのトラブルに頭を抱えていらっしゃる経営者の方も少なくありません。当事務所では、労使双方を問わず労働問題の解決に尽力しています。

◆よくあるご相談例◆
「上司から退職するよう迫られている。」
「未払いの残業代を請求したい。」
「勤務中に怪我をしたが、会社が労災扱いしてくれない。」
「上司からパワハラを受け、鬱病と診断された。」
「問題社員を退職させたいが、どうしたらいいか。」
「会社の就業規則を整備したい。」etc...


◆重点取り扱い案件◆
解雇の可否(不当解雇)、残業代未払い、労災問題、退職金未払い、パワハラ、セクハラ等


日々の生活の中でも労働が占める割合は大きいものです。
これまでの経験と豊富な知識を生かして、サポートさせていただきます。
少しでも困っていること・疑問に思うことがあれば、お気兼ねなくご質問ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
◆サポート体制
ーーーーーーーーーーーーーーーー
【1】当日・休日・夜間相談可
事前にご予約いただければ、当日や土日祝・夜間のご相談にも対応可能です。

【2】迅速なレスポンス
お問い合わせから1日以内に折り返しのご連絡をさせていただきます。

【3】駐車場無料です
駐車場はビル隣のコインパーキングをお使いください。料金は無料です。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
◆弁護士費用について
ーーーーーーーーーーーーーーーー
◎相談料:5,000円/30分(税別)
費用については、事前にきちんとご説明しますので、ご安心ください。


━・━・━・━・━・━・━・━・━・━
◆アクセス
JR佐賀駅より徒歩3分

◆事務所ホームページ
http://www.hayate-law.jp/main/

原口弁護士への感謝の声

1

30代 男性

相談 交通事故 2014年10月に相談

過去の事例を紹介していただきながら、裁判した場合のシュミレーションを行い裁判官がどのような判断をするか説明いただいたこと。
法律の解釈を本などで指し示しながら説明いただいたこと。
事故の現場をマップでテレビに映し出しながら、事故の原因や過失割合について分かりやすく説明いただいたこと。
同様の事故が発生した場合の対処方法の説明とアドバイスをいただいたこと。
丁寧な言葉で被害者である私を労るように話されたこと。

相談した出来事
車対自転車で交通事故にあった。こちら側は自転車だった。片側一車線の歩行者及び自転車用通路ではないとこを自転車で横断した際に事故にあった。
慰謝料の増額をもとめ弁護士に相談したが厳しいだろうと言われ諦めた。

労働問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 5,000円/30分(税別)
その他 料金はご状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

労働問題の解決事例(1件)

分野を変更する

労働問題の解決事例 1

【退職金・未払い残業代請求】労働審判を申し立てて退職金及び未払残業代400万円の請求が認められた事案

  • 給料・残業代請求
  • 労働条件・人事異動
依頼主 女性

相談前

相談者は、20年以上務めた会社を健康上の理由で退職したところ、会社から就業規則の変更で退職金支給規定を削除したため、退職金は支払われない旨通告されました。
また、事情を聞いたところ、相談者には過去何年も残業代が支払われておらず、退職金及び未払残業代(時効完成前部分のみ)の合計額は約400万円でした。

相談後

会社を相手方として労働審判を申し立てました。最終的には、付加金を除く請求額のほぼ全額の400万円が支払われる内容で調停が成立しました。

原口 侑弁護士からのコメント

原口 侑弁護士

相手方会社は、就業規則の変更の正当性を主張するとともに、相談者が管理監督者にあたるとして退職金及び未払い残業代の支払い義務を争ってきましたが、就業規則の不利益変更、管理監督者いずれも要件を満たしていないことは明らかなケースでした。泣き寝入りせず、弁護士に相談したことによって、労働者の正当な権利が守られたといえます。

労働問題

特徴をみる

企業法務・顧問弁護士

分野を変更する
◆他士業と連携したサポート◆休日相談可◆トラブルを未然に防ぎ、健全な企業活動を送るためにも、顧問弁護士をご検討ください。困った時のかかりつけ医として尽力します。
弁護士法人はやて法律事務所
弁護士法人はやて法律事務所

企業法務・顧問弁護士の取扱分野

依頼内容

  • M&A・事業承継
  • 人事・労務
  • 知的財産・特許
  • 倒産・事業再生
  • 渉外法務

業種別

  • エンタテインメント
  • 医療・ヘルスケア
  • IT・通信
  • 金融
  • 人材・教育
  • 環境・エネルギー
  • 運送・貿易
  • 飲食・FC関連
  • 製造・販売
  • 不動産・建設

対応体制

  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

経営のサポートはお任せください
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━
会社経営では法的なリスクを避けて通ることができません。
一見、些細なトラブルのようなものでも、対応を誤れば、会社の存続を危うくする事態にもなりかねません。これでは日々の営業努力が水の泡になってしまいます。当事務所は事業再生、事業再編等の経験を活かしながら、真に売上・利益を確保するための法的アドバイスを行っております。

◆よくあるご相談例◆
「新たな契約締結に際して不安がある。」
「取引先が契約内容を無視している。」
「クレームへの適切な対処方法を知りたい。」
「営業秘密の持ち出し防止策を講じておきたい。」
「当社が意匠権侵害をしたという請求書が届いた。」
「その他経営に際して気になる法律問題について聞いてみたい。」etc...

◆顧問契約のメリット◆
顧問弁護士のメリットは、顧問会社の実態を把握した弁護士がその業界で起こりうる紛争を念頭に、より確実なアドバイスを日頃から行えることです。
経営者様の良きパートナーとして円滑な会社経営をサポートをしていきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
◆サポート体制
ーーーーーーーーーーーーーーーー
【1】当日・休日・夜間相談可
事前にご予約いただければ、当日や土日祝・夜間のご相談にも対応可能です。

【2】迅速なレスポンス
お問い合わせから1日以内に折り返しのご連絡をさせていただきます。

【3】他士業と連携
税理士・司法書士・行政書士と連携しておりますので、付随する問題にもワンストップで対応可能です。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
◆弁護士費用について
ーーーーーーーーーーーーーーーー
◎相談料:5,000円/30分(税別)
費用については、事前にきちんとご説明しますので、ご安心ください。


━・━・━・━・━・━・━・━・━・━
◆アクセス
JR佐賀駅より徒歩3分

◆事務所ホームページ
http://www.hayate-law.jp/main/

企業法務・顧問弁護士

解決事例をみる

原口弁護士への感謝の声

1

30代 男性

相談 交通事故 2014年10月に相談

過去の事例を紹介していただきながら、裁判した場合のシュミレーションを行い裁判官がどのような判断をするか説明いただいたこと。
法律の解釈を本などで指し示しながら説明いただいたこと。
事故の現場をマップでテレビに映し出しながら、事故の原因や過失割合について分かりやすく説明いただいたこと。
同様の事故が発生した場合の対処方法の説明とアドバイスをいただいたこと。
丁寧な言葉で被害者である私を労るように話されたこと。

相談した出来事
車対自転車で交通事故にあった。こちら側は自転車だった。片側一車線の歩行者及び自転車用通路ではないとこを自転車で横断した際に事故にあった。
慰謝料の増額をもとめ弁護士に相談したが厳しいだろうと言われ諦めた。

企業法務・顧問弁護士の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 5,000円/30分(税別)
その他 料金はご状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

企業法務・顧問弁護士

特徴をみる 解決事例をみる

企業法務・顧問弁護士の解決事例(1件)

分野を変更する

企業法務・顧問弁護士の解決事例 1

【労災(会社側)】労災事故による損害賠償請求訴訟において、労働者が会社の指示に従っていなかったことが事故の原因であることを主張・立証し、労働者側に4割の過失が認められた事例

  • 製造・販売

相談前

工場内の事故で負傷し、障害(後遺障害等級12級9号)を負ったとして、約2000万円の損害賠償請求訴訟を提起された事案でした。

相談後

当該労働者が会社の指示に従っておらず、それが原因で事故が起きたことを丁寧に主張立証するとともに、損害費目一つ一つについて細かく反論を重ねた結果、労働者側に4割の過失が認められたほか、損害の一部についても否定されました。

原口 侑弁護士からのコメント

原口 侑弁護士

労災事件においては、労働者側に大きな過失を認めるケースはあまり多くありませんが、本件では、主張立証を尽くして、4割の過失相殺が認められることになりました。

企業法務・顧問弁護士

特徴をみる

債権回収

分野を変更する
【当日相談可】【電話相談可】未回収金があるというのは、経営においても大きな不安要素となります。健全な経営を行うためにも、債権については、お早めにご相談ください。
弁護士法人はやて法律事務所
弁護士法人はやて法律事務所

対応体制

  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

迅速な解決を目指します
━・━・━・━・━・━・━・━・━・━
売掛金の確実な回収はビジネスの基本です。
その管理を怠っていると資金繰りに重大な支障を来しかねません。そして、回収のためには事前の準備が最も大切なことです。状況に応じて、内容証明郵便による請求、仮差し押さえ、訴訟、強制執行などの法的手続きを行なうことで、健全な企業経営をサポートいたします。

◆よくあるご相談例◆
「取引相手が売掛金を支払わないので適切な対応を知りたい。」
「取引相手の資産(在庫商品や売掛金)を担保に取る方法を知りたい。」
「取引先が経営危機にあるため緊急策を取りたい。」etc...

◆債権回収に関する一切のご相談をお任せください◆
債権に時効がありますので、迅速な対応が必要です。
対応スピード・フットワークの軽さでフォローしてまいりますので、安心してお任せください。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
◆サポート体制
ーーーーーーーーーーーーーーーー
【1】当日・休日・夜間相談可
事前にご予約いただければ、当日や土日祝・夜間のご相談にも対応可能です。

【2】迅速なレスポンス
お問い合わせから1日以内に折り返しのご連絡をさせていただきます。

【3】駐車場無料です
駐車場はビル隣のコインパーキングをお使いください。料金は無料です。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
◆弁護士費用について
ーーーーーーーーーーーーーーーー
◎相談料:5,000円/30分(税別)
費用については、事前にきちんとご説明しますので、ご安心ください。


━・━・━・━・━・━・━・━・━・━
◆アクセス
JR佐賀駅より徒歩3分

◆事務所ホームページ
http://www.hayate-law.jp/main/

原口弁護士への感謝の声

1

30代 男性

相談 交通事故 2014年10月に相談

過去の事例を紹介していただきながら、裁判した場合のシュミレーションを行い裁判官がどのような判断をするか説明いただいたこと。
法律の解釈を本などで指し示しながら説明いただいたこと。
事故の現場をマップでテレビに映し出しながら、事故の原因や過失割合について分かりやすく説明いただいたこと。
同様の事故が発生した場合の対処方法の説明とアドバイスをいただいたこと。
丁寧な言葉で被害者である私を労るように話されたこと。

相談した出来事
車対自転車で交通事故にあった。こちら側は自転車だった。片側一車線の歩行者及び自転車用通路ではないとこを自転車で横断した際に事故にあった。
慰謝料の増額をもとめ弁護士に相談したが厳しいだろうと言われ諦めた。

債権回収の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 5,000円/30分(税別)
その他 料金はご状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

債権回収

特徴をみる

所属事務所情報

所属事務所
弁護士法人はやて法律事務所
所在地
〒840-0801
佐賀県 佐賀市 駅前中央1-5-10 朝日生命佐賀駅前ビル5階
最寄り駅
JR佐賀駅より徒歩3分
交通アクセス
  • 駐車場近く
設備
  • 完全個室で相談
  • バリアフリー
事務所URL

電話で問い合わせ
050-5450-0312

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 20:00
  • 土日祝09:00 - 18:00
定休日
なし
備考
土日祝・夜間面談をご希望の方も、ご相談ください。

対応地域

所属事務所情報

所属事務所
弁護士法人はやて法律事務所
所在地
佐賀県 佐賀市 駅前中央1-5-10 朝日生命佐賀駅前ビル5階
最寄駅
JR佐賀駅より徒歩3分
現在営業中 09:00 - 18:00

原口 侑弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5450-0312
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 20:00
  • 土日祝09:00 - 18:00
定休日
なし
備考
土日祝・夜間面談をご希望の方も、ご相談ください。

対応地域

事務所の対応体制
駐車場近く
完全個室で相談
バリアフリー
「事務所建物入口から相談スペースまで車椅子で移動でき、トイレも車椅子のまま利用できる」を定義としています。