現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
村山 雅信弁護士

( むらやま まさのぶ ) 村山 雅信

弁護士法人たいが法律事務所

現在営業中 09:30 - 22:00

交通事故

分野を変更する
治療計画からサポートさせていただきます。交通事故に遭われた方は、できるだけお早めにご相談ください。
弁護士法人たいが法律事務所
弁護士法人たいが法律事務所
弁護士法人たいが法律事務所

交通事故の詳細分野

事件内容

  • 死亡事故
  • 物損事故
  • 人身事故

争点

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり
  • カード払いあり

はじめに

交通事故に遭えば、保険会社が適切に対応してくれると考えておられませんか。残念ながら、そうではないケースがとても多いです(相手方保険会社は、あくまで相手方の味方です。)。
そのため、被害者は本来獲得できるはずの慰謝料、後遺症害等級を獲得できないケースが多数存在します。これを防ぐためにも交通事故に遭った場合は、まずは交通事故専門の弁護士に相談し、今後の治療計画(どの程度通院するのか、どのような治療を受けるのか)等の方針を考えるの必要があります。弁護士に早く相談したほうが、治療計画についても適切なアドバイスが得られ、その後の解決に有利に働く場合が多いです。
当事務所には保険会社側の代理人として経験を積んだ山本弁護士も在籍しております。
当事務所が一丸となって、適切な賠償金を獲得するためのお手伝いをさせていただければ幸いです。

弁護士が代理人となった場合の効果

●弁護士が一切の窓口となりますのでご依頼者様に相手方保険会社からの連絡は一切来なくなります。
●慰謝料の基準が弁護士基準となりますので、通常獲得できる慰謝料よりも高額の慰謝料を獲得できます。
●弁護士費用特約を利用すると、多くの事案で弁護士費用がかかることがありません。つまり、弁護士費用がかかることなく上記の効果を受けることができます。
●弁護士費用特約を利用しても、保険の等級が変わることはありません。

よくあるご相談

●過失割合について争いがある。
●通院期間について争いがある。
●相手方が無保険である。
●後遺障害申請の手続がわからない。
●後遺障害認定がされるかどうか不安である。
●慰謝料の金額が適正がどうか知りたい。
●保険会社が修理代金を支払ってくれない。
●保険会社の担当が高圧的で怖い。
●自転車同士の事故を起こしてしまった。

上記は、よくあるご相談内容です。
まずは依頼者様の置かれている状況を詳しく伺い、適切な方針を示させていただいております。

取り扱い案件

●慰謝料請求
●後遺障害等級認定申立
●入通院期間延長交渉
●過失割合についての交渉

事務所ホームページ(ご連絡いただく場合は、050-5824-2606にまでお問合せください。)

http://taigalaw.com/

※本ホームページからのお電話は、弁護士への直通電話となっております。場合によっては、弁護士が裁判期日中などにより電話に出られない場合がございます。
留守番電話につながった場合は、留守番電話にご相談内容を簡単にで結構ですので、残しておいて頂けると幸いです。非通知設定の方は、併せて電話番号も残して頂けると幸いです。
※なお、誠に申し訳ありませんがお電話でのご相談はお受けしておりませんので、ご了承ください。

この分野の法律相談

先日、人身事故を起こしてしまいました。 状況は以下の通りなのですが、刑事罰が不起訴としていただける可能性は先生方のご経験から どの程度あるとお考えになりますか。 自分勝手な質問で申し訳ありません。 不安で仕方なく、お力を貸しください。 ・事故は私の信号見落としによる車対車の 過失10割...

前科前歴がなければ、不起訴の可能性が高いです。嘆願書があれば、さらに可能性が高まります。

村山 雅信弁護士

今回事故の治療費のかさましを接骨院の先生に進められ保険会社にバレてしまいました すぐに調査費用等の約40万円を振り込んだのですが 接骨院の先生には自分から請求するように言われてしまい困っています 額が額なので半分は払ってもらいたいのですがそれとなく伝えたところ自分のところにも今までやってきた詐...

詐欺の共犯となりますので、調査費用の半分は求償権の行使として整骨院に請求可能です。 弱気にならず請求してみてください。

村山 雅信弁護士

似たような質問が多々ありますが 宜しくお願い致します。 追突事故の症状固定時期について教えて下さい。 事故日が昨年9月14日 症状固定が次回の診察 2月28日または3月1日の診察で 症状固定となりそうです。 後遺症申請には最低でも半年の通院が必要と 何かで見ましたが僕の場合、 厳密にいうと、3月15...

3月15日前後に最後の通院をされたほうがいいですね。お医者さんには、最後の通院を3月中旬に入れてもらい旨頼みこむしかありません。その際には、後遺障害の関係でと言ったほうがよいかと考えます。

村山 雅信弁護士

交通事故の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 弁護士費用特約ありの場合、無料。弁護士費用特約なしの場合は、原則30分5500円(税込)。ただし、初回平日営業時間内かつ人身事故(被害者側)の場合のみ法律相談30分無料。
着手金 弁護士費用特約ありの場合は、保険会社の基準に従う。
弁護士費用特約なしの場合は、被害者側の場合のみ着手金無料。
被害者側であっても、過失割合に争いがある場合は、最低10万円(税別)から。
成功報酬 原則、旧報酬規定に従う。
着手金無料の場合は、交渉事案の報酬は、20万円(税別)+回収額の12%(税別)から
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

交通事故の解決事例(3件)

分野を変更する

交通事故の解決事例 1

弁護士介入により、損害賠償金が9倍に

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 20代

相談前

交渉段階で相手方保険会社から提示された金額は20万円あまりであり、回答を留保していたところ、相手方保険会社に債務不存在確認の訴え(20万円を超える支払義務がないという確認を求める訴え)を提起されました。

相談後

こちら側からは、こちら側の主張する通院期間が相当であること、後遺障害14級にあたること、過失割合が相手方主張よりも小さいことを主張しました。カルテや診断書を用いて細かく主張を組み立てた結果、180万円を超える損害賠償金を獲得できました。

村山 雅信弁護士からのコメント

村山 雅信弁護士

弁護士が介入することで、ご依頼者様も相手方保険会社のいいなりとならず、本来獲得できる適正な損害賠償金を獲得できました。

交通事故の解決事例 2

異議申立による等級獲得

  • 後遺障害等級認定
  • 人身事故
依頼主 30代 男性

相談前

相手方の加入する保険会社に後遺障害の申請を任せたところ、後遺障害は認められないとの結果がでた。

相談後

受任したのち、以下のことを行いました。
1 主治医にヒアリングを行い意見書の作成をお願いする。
2 カルテを取得する
3 相手方保険会社が未提出の物損の資料(破損車両の写真、物損の見積書)の取得

これらの資料をもとに意見書を作成し、再度異議申し立てを行ったところ後遺障害が認められるに至りました。

村山 雅信弁護士からのコメント

村山 雅信弁護士

相手方の加入する保険会社に後遺障害の申請を任せると一般的に後遺障害が出にくいといわれています。この事案も、事故の状態や通院状況からしても後遺障害が認められてしかるべき案件でした。そうであるにもかかわらず、後遺障害が認められなかったということは、相手方の加入する保険会社が顧問医師の意見書などを用いて、何とか後遺障害を通さないようにしたと考えられます。
後遺障害を審査する機関に適正に審査してもらうためには、相手方保険会社に後遺障害申請を任せず、自分サイドで申請を行いましょう。

交通事故の解決事例 3

過失割合が裁判により逆転

  • 過失割合
  • 人身事故
依頼主 20代 女性

相談前

双方の保険会社が共同で調査会社に依頼したところ、依頼者の過失が7、相手方が3とされました。

相談後

交渉ではらちが開かなかったため、大阪地裁で審理して頂きました。そうしたところ、依頼者の過失が3、相手方の過失が7という判断がなされ調査会社の報告とは全く異なる結果となりました。

村山 雅信弁護士からのコメント

村山 雅信弁護士

このように、調査会社の報告はあてにはなりませんので、鵜呑みにしないでください。
証拠のみかたによって、過失割合を適切な割合にすることが可能な場合もあります。

交通事故

特徴をみる

犯罪・刑事事件

分野を変更する
【即日接見・即日相談対応可能】刑事事件は時間との勝負です。当事務所は、複数の弁護士による迅速な弁護対応が可能です。
弁護士法人たいが法律事務所
弁護士法人たいが法律事務所
弁護士法人たいが法律事務所

犯罪・刑事事件の詳細分野

タイプ

  • 被害者
  • 加害者

事件内容

  • 少年事件
  • 児童買春・児童ポルノ
  • 詐欺
  • 痴漢
  • 盗撮
  • 強制性交(強姦)・わいせつ
  • 暴行・傷害
  • 窃盗・万引き
  • 強盗
  • 横領
  • 交通犯罪
  • 覚せい剤・大麻・麻薬

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 分割払いあり
  • カード払いあり

はじめに

私は、弁護士登録以来数多くの刑事事件、民事事件を担当してきました。
刑事事件は時間との勝負といっても過言ではなく、初動を誤ると取り返しのつかないことになります。時間が経てば経つほど被害者との示談は難しくなり、罪が重くなったり、身柄拘束の期間が延びてしまうこともあります。
そこで当事務所では、刑事事件に強い複数の弁護士によるサポート体制を弁護方針として組み込み、常に迅速なサポートを提供できるように心がけております。

また、犯罪の被害に遭われた方からのご相談も多数受けており、加害者との交渉や刑事告訴などの依頼もお受けしております。

逮捕されている場合はもちろんのこと、逮捕されていない場合でも、今後の事件の見通しや解決方法、不安や心配事など、なんでもお気軽にご相談ください。

よくあるご相談

・不起訴処分を目指したい。
・犯罪被害を受けたが相手に何を求めることができるのか知りたい。
・親兄弟子が逮捕されてしまった。
・警察署から呼び出しを受けたが、どうしたらいいか分からない。
・会社や家族に秘密に処理してほしい。
・被害者に謝罪したい。
・無罪を争いたい。
・執行猶予判決を得たい。
・犯罪被害を警察に申告したい(刑事告訴したい)
・親族が逮捕されてしまったが、家族は会えるのか。

重点取扱案件

・脅されているがどのように対応すればよいか(恐喝・威力業務妨害など)
・性犯罪の加害行為や被害
・暴力やそれに伴う怪我
・痴漢などのえん罪
・家族による犯罪行為

安心のサポート体制

費用の明確化

相談時に弁護士費用の最大額が分かるようにご説明いたしますので、安心してご相談ください。

ご要望を実現します

金銭だけでなく加害者が接近しないよう接近禁止の約束を取り付けるなど、依頼者のご要望を実現するよう努めます。

分からないことを残さない

ご相談いただいたからには、手続きなどで分からないことが残らないように丁寧にご説明いたします。少しでも疑問に感じたことは、お気軽にご質問ください。

刑事弁護専門サイト(ご連絡いただく場合は、050-5824-2606にまでお問合せください。)

https://keijijikentokka.com/index.html

※本ホームページからのお電話は、弁護士への直通電話となっております。場合は、弁護士が裁判期日中などにより電話に出られない場合がございます。
留守番電話につながった場合は、留守番電話にご相談内容を簡単にで結構ですので、残しておいて頂けると幸いです。非通知設定の方は、併せて電話番号も残して頂けると幸いです。
※なお、誠に申し訳ありませんがお電話でのご相談はお受けしておりませんので、ご了承ください。

犯罪・刑事事件

解決事例をみる

この分野の法律相談

会社の車にドライブレコーダーを付けているのですが私用で会社の車を乗っているのか 履歴を勝手に従業員が消します。消すなと言っても聞きません。 これは犯罪にはならないんでしょうか? 宜しくお願いします。

残念ながら犯罪にはなりません。しかし、職務命令違反ですから、文書でまず注意、それでも辞めないなら戒告と処分をしていく必要があるのではないでしょうか。

村山 雅信弁護士

相談させて下さい。昨日いつも利用している銀行ATMで自分が引き出した現金1万円だけを持ち帰ったはずが違う事を考えながらいたせいか、ATM の機械の上に前の利用者が置き忘れてた1万円を、自分が引き出した1万円と間違い一旦自宅に持ち帰ってきてしまいました。お財布を見ると自分で引き出した1万円、通帳入れを見...

女性もお金が戻っていますので、特段事をあらだてるとは思えません。お金も戻っていますので、銀行も警察も特に何もしないかと思います。特に警察は多忙ですので、このような事案はできるだけ相手にしたくないかと思います。

村山 雅信弁護士

今年の1月末からフェイスブックで日系アメリカ人の方とメール交換を始めました。 その方は、アメリカの軍人で将校だと言っていました。 戦地の様子や同僚とのパーティの写真等も送ってきました。 年齢が50代なので、ちかじか軍を除隊するからと除隊の会議の様子や除隊時に書類にサインをしている写真も送ってき...

ん?と思えば大抵詐欺です。君子危うきに近寄らずですので、放置されることをお勧めいたします。

村山 雅信弁護士

犯罪・刑事事件の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分 5500円
着手金 原則40万円(税別)からとなります。
成功報酬 原則40万円(税別)からとなります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

犯罪・刑事事件の解決事例(2件)

分野を変更する

犯罪・刑事事件の解決事例 1

痴漢行為を犯したが不起訴処分

  • 痴漢
  • 加害者
依頼主 20代 男性

相談前

警察からは、罰金刑となるので示談する必要はないなどと言われ、弁護士に相談していない事案でした。

相談後

相談者は、罰金刑も前科となると知り急ぎ当事務所に相談に来られました。
当職は、即座に検察に連絡を入れて、被害者の連絡先を開示するよう交渉をし被害者の連絡先を入手しました。
当方は、被害者の方に誠心誠意謝罪の意を示し無事不起訴となりました。

村山 雅信弁護士からのコメント

村山 雅信弁護士

そのまま放置しておくと、罰金刑を科された上に民事訴訟で損害賠償を受けるという最悪な結果となりそうな事案でした。
むやみに警察のいうことを信用してはいけません。
気をつけてください。

犯罪・刑事事件の解決事例 2

傷害事件を不起訴処分に

  • 暴行・傷害
  • 加害者
依頼主 30代

相談前

加害者は、被害者複数に暴行を働き骨折をさせ、警察に逮捕され勾留されている事案でした。

相談後

被害者の方が複数いたこともあり交渉は難航しました。
しかし、接近禁止特約や示談後の補償についてもお約束させて頂き示談に応じて頂けました。

村山 雅信弁護士からのコメント

村山 雅信弁護士

逮捕されてからすぐに親族の方からご連絡を頂いたため即座に動くことができました。それでも、示談成立は、勾留満期で起訴がされる2日前でした。
できるだけ早期にご連絡いただいたことで、なんとか不起訴を獲得することができました。

犯罪・刑事事件

特徴をみる

借金・債務整理

分野を変更する
【督促•取立を停止させます】【事業者破産取扱有り】
借金を整理して、精神的・経済的に落ち込んだ状況から脱出しましょう。必要なお手伝いをさせてください。
弁護士法人たいが法律事務所
弁護士法人たいが法律事務所
弁護士法人たいが法律事務所

借金・債務整理の詳細分野

依頼内容

  • 自己破産
  • 個人再生

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 分割払いあり

はじめに

お金を借りたが、返せない、取り立てに遭っており精神的・経済的に苦しい。そんな思いを抱えた方もいらっしゃるかと思います。
破産は、全くお金がない人が行うものと考えがちですが、破産するためには裁判所へ収める費用や弁護士費用がかかります。したがって、全くお金がないと破産すらできなくなってしまいます。
弁護士費用を一括で支払うことが難しいという方には、弁護士費用を分割でお支払い頂きながら手続きを進めるなど工夫をさせていただいております。
生活の再建に向けたお手伝いができれば幸いです。

手続きの流れ

弁護士と契約すると、弁護士は最初に受任通知というものを各債権者に送ります。受任通知には、以後、直接の取り立てをやめるよう記載します。そうすると、一般的な債権者は債務者に連絡をしてこなくなります。
次に、裁判所に提出する書類を集めます。破産は、借金を免除してもらう手続きですから住民票や収入関係の書類など様々な書類を裁判所に提出する必要があります。
これらの書類が集まれば、裁判所に破産の申立を行います。
そして、裁判所から最終的に借金を免除するという「免責許可決定」を出してもらってはじめて生活の再建が可能となります。

破産に向けて注意すること

破産を進めるうえで、注意すべきことは多数あります。
以下に、代表的な禁止行為を列挙します。

・新たに借り入れをしない
・特定の者に返済しない
・財産を隠さない
・クレジットカードを使わない
・ギャンブルの一切をやめる
・投資の一切をやめる

よくあるご相談

・複数の消費者金融から借入れをしており、自転車操業状態である。
・連帯保証人になったところ、高額な支払請求を受けている。
・会社を経営していたが資金繰りが厳しくなり、会社の清算を検討している。
・個人事業主であるが、事業を廃止したい。
・債権者から頻繁に督促を受けており、精神的に追い込まれている。
・投資に失敗して返済することができない。

お問合せ先

ご連絡いただく場合は、050-5824-2606かメールにてご連絡ください。

※本ホームページからのお電話は、弁護士への直通電話となっております。場合によっては、弁護士が裁判期日中などにより電話に出られない場合がございます。
留守番電話につながった場合は、留守番電話にご相談内容を簡単にで結構ですので、残しておいて頂けると幸いです。非通知設定の方は、併せて電話番号も残して頂けると幸いです。
※なお、誠に申し訳ありませんがお電話でのご相談はお受けしておりませんので、ご了承ください。

借金・債務整理

解決事例をみる

この分野の法律相談

法務局に、登記されていないことの証明書を取ろうと思うのですが、 15年以上前に破産宣告して免責が下りましたが、法務局に残るのでしょうか? よろしくお願いします。

破産したかどうかは、法務局で登記されることはありませんので、大丈夫ですよ。

村山 雅信弁護士

3年ほど前に債務整理をして今も支払いを続けています。 今月・来月とどう計算しても支払いが滞りそうなのです。 滞ったら全額支払を言われると聞いたことがあるのですが、 事前に事情を説明して2.3か月待ってもらうことは可能なのでしょうか? また、直接先方に連絡をしてもいいものでしょうか? 債務整理の...

債務整理の際にどういった和解をしたのかにもよります。もし、一回でも遅れたら残金わ一括で支払うという和解をしていた場合は、待ってもらうのは厳しいかもしれません。そういった和解はなく、単にリスケージューリングしただけであれば、もしかしたら一カ月程度は待ってくれるかもしれません。 なお、債権者への連絡はご本人から直接できます。

村山 雅信弁護士

信用取引で証券会社に300万借金ができました。 返済計画を提出し、認められたので返済しています。 誓約書を書いたのですが、返済が滞り、不可能になったとき、 個人再生、自己破産はできるのでしょうか。 よろしくお願いいたします。

自己破産は可能です。個人再生の場合は、証券会社が再生計画に賛成してくれるか不透明です。証券会社以外にどれだけ借金があるのかによりますが、仮に証券会社への借金が大半であるなら個人再生の成否は証券会社次第となります。

村山 雅信弁護士

借金・債務整理の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 平日 30分5000円(税別)
手続費用 ・個人破産30万円(税別)~
・法人破産80万円(税別)〜
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理の解決事例(1件)

分野を変更する

借金・債務整理の解決事例 1

法人の破産申立が上手く行った例

  • 自己破産
依頼主 50代 男性

相談前

店舗を複数経営していましたが、自転車操業の状態であり、次の月の支払が難しい状況でした。

相談後

なんとか売掛金を確保して、破産申立に必要な資金を確保することができました。
そして、無事に法人を精算することができました。

村山 雅信弁護士からのコメント

村山 雅信弁護士

もう少し相談が遅ければ、売掛金も銀行にとられてしまい破産申立をするお金すらなくなっていました。勇気を持って相談に来ていただいたため、最悪の事態を免れることができました。

借金・債務整理

特徴をみる

労働問題

分野を変更する
会社側、労働者側双方からご相談を頂いております。労災申請等や退職に向けたお手続などはお任せください。助成金などの申請業務も開始致しました。
弁護士法人たいが法律事務所
弁護士法人たいが法律事務所
弁護士法人たいが法律事務所

労働問題の詳細分野

原因

  • パワハラ・セクハラ
  • 給料・残業代請求
  • 不当解雇
  • 労災認定

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 分割払いあり
  • カード払いあり

【会社側・労働者側双方の取扱経験豊富】
労働事件について、会社側労働者側双方の代理人を務めてきました。年間通しての取扱い件数も多く、近年は、労災、パワーハラスメント、残業代案件などの取扱いが増えております。どのような事実、証拠があるのかについて詳しくお話を伺い、ご相談者様のご意見・お気持ちを踏まえて今後の見通しや方針などをお伝えします。

【よくあるご相談】
●労災申請をしたいが、進め方がわからない。
●就業中に事故に遭ってしまった。
●残業代を支払ってくれない。
●退職金を規定どおり支払ってくれない。
●上司という優越的地位を利用してパワーハラスメントを行なってくる。
●退職手続を行いたいが、自分1人ではうまくできない。
●従業員との退職手続をどうすれば穏便に進められるか。
●労働者をどのように管理していけばよいか。
●不当に退職に追い込まれた。
●団体交渉の席に同席してもらいたい。
●助成金を申請してもらいたい。

といったご相談などが多いです。

会社や従業員がおかれている立場は様々であり、画一的に判断できるものではありません。その中で、労使双方にとって何が最善かご提案させていただきます。

【重点取り扱い案件】
●残業代請求
●不当解雇
●パワーハラスメント
●退職代行手続
●労働者の管理
●従業員等からの訴えに対する対応

【法律相談料】
30分ごとに5,000円(税別)
着手金・報酬金は日本弁護士連合会が適切として定めた料金を基準に、ご依頼者の経済状況に合わせて相談に応じております。相談時に、費用の見積もりをご提示できるようにしております。

【事務所ホームページ】
http://taigalaw.com/

※本ホームページからのお電話は、弁護士への直通電話となっております。場合は、弁護士が裁判期日中などにより電話に出られない場合がございます。
留守番電話につながった場合は、留守番電話にご相談内容を簡単にで結構ですので、残しておいて頂けると幸いです。非通知設定の方は、併せて電話番号も残して頂けると幸いです。
※なお、誠に申し訳ありませんがお電話でのご相談はお受けしておりませんので、ご了承ください。

この分野の法律相談

一か月前に内定を頂いたのですが、私の都合により、電話で内定を辞退しました。誓約書の提出は2月いっぱいでよいとのことだったので、まだ提出していません。電話では今までの時間を返せや、学生ではないのでその罪は大きいので、それに見合う損害賠償を払うべきだ言われました。また、4月1日からあなたの代わりに...

1について 請求をすることは自由です。ただ、ご質問者様の事情からすると、法的根拠は欠くのではないでしょうか。 2について 請求に理由がない旨の書面を郵送してください。

村山 雅信弁護士

パワハラや時間短縮申請の違反、強制労働などが原因で退職をしたのですが、 退職の相談をし、とりあえず冷静に話せるようにしばらく時間置いてから話そうと言われ、後日退職日などは社会保険などの兼ね合いがあるからそちらの都合のいい日を計算して自由に日付を決めていいから退職届けを出して欲しいと言われ、提...

詳しくは退職金規定等をみないといけませんが、お伺いした事情からすると退職金を請求できる可能性が高いのではないでしょうか。 まずは、お近くの弁護士を探してご相談されたほうが良いかと存じます。

村山 雅信弁護士

労働関係(不当解雇)の裁判の和解を試みる段階で、裁判官が人種差別から偏りのある提案を出してきたと考えられます(原告は外国人です)。 このような状況において、裁判所に担当の裁判官を変更していただくよう申請する手続きはございますでしょうか。

裁判官忌避の申立をすることができます。ただし、認められるか認められないかでいうと、認められる可能性は限りなく低いです。

村山 雅信弁護士

労働問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分ごとに5000円(税別)〜
着手金 示談交渉20万円(税別)から
訴訟40万円(税別)から
報酬金 示談交渉20万円(税別)から
訴訟40万円(税別)から
備考欄 料金のお支払はご状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

労働問題の解決事例(2件)

分野を変更する

労働問題の解決事例 1

派遣切りを回避できた事例

  • 不当解雇
依頼主 男性

相談前

勤務する会社から、来年の契約は打ち切るからと突然宣告され、来年からどのように生活すればいいのか途方に暮れておられました。

相談後

勤務先の担当者と弁護士が直接面談するなどして、条件を詰めていった結果、契約は更新されることとなり条件も従前どおりとなりました。

村山 雅信弁護士からのコメント

村山 雅信弁護士

本件については、派遣切りが違法といえる状況にあることを丁寧に会社に説明し、裁判となった場合のデメリットなどをできるだけ細かく説明しました。
あえてこちらが退職する場合の条件についても提示したうえ、どちらを選ぶのか考えていただいたところ、上述の結果となりました。

労働問題の解決事例 2

労災により高額賠償金を獲得した事案

  • 労災認定
依頼主 30代 男性

相談前

労災により入院中であり、今後の手続きがどのように進行していくのか、どの程度補償がなされるのか多大な不安を抱えておられました。

相談後

症状固定前から会社と打ち合わせを行うなど症状固定後の交渉がスムーズに行えるよう事案を進めました。症状固定後は、後遺障害等級の申請手続きなどの手続きを経て、賠償金額についても交渉で高額な金額を獲得することができました。

村山 雅信弁護士からのコメント

村山 雅信弁護士

ご依頼者様からも納得の金額を獲得することができました。ご納得いただける解決を得ることは難しい場合が多いのですが、この事案はこれが達成できた案件となります。

労働問題

特徴をみる

企業法務・顧問弁護士

分野を変更する
【予防法務専門弁護士】【個人から法人までご対応可】
単発のご依頼から顧問業務まで幅広く受任させて頂いております。ビジネスパートナーとして弁護士をご活用ください。
弁護士法人たいが法律事務所
弁護士法人たいが法律事務所
弁護士法人たいが法律事務所

企業法務・顧問弁護士の詳細分野

依頼内容

  • M&A・事業承継
  • 人事・労務
  • 知的財産・特許
  • 倒産・事業再生
  • 渉外法務

業種別

  • エンタテインメント
  • 医療・ヘルスケア
  • IT・通信
  • 金融
  • 人材・教育
  • 環境・エネルギー
  • 運送・貿易
  • 飲食・FC関連
  • 製造・販売
  • 不動産・建設

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 分割払いあり
  • カード払いあり

予防法務の専門家として

事業主は、法的リスクを極力低減させることにより経営に集中することができます。
リスクを予防すること、万が一リスクが顕在化したとしてもこれを早急に収めるためにも事業主の状況を理解し、かつ、いつでも相談できる弁護士を確保しておくことは、事業活動をする上で費用対効果が高いといえます。
この案件に弁護士が必要なのかと思われることもあるかと存じますが、どんな些細なことでもご相談ください。
法的リスクのみならず、御社の業種・経営方針も踏まえた助言等をさせていただけるよう心掛けております。

よくあるご相談内容

・クレーム対応を任せたい
・脅されているので対応してほしい
・契約書の内容を見てほしい
・従業員を解雇したいがどのような手続きを踏めばよいか
・労災に関して労基署とのやり取りを任せたい
・従業員の労務管理を行っていきたいがどのような整備をしていくべきか
・賃料の増額請求を行いたい
・墓石を撤去したいがどのような手続きが必要か
・整骨院を経営しているが保険会社から保険金詐欺を疑われている
・助成金を申請してほしい
・就業規則等を整備してほしい

などが、よくあるご相談です。

弁護士費用について

・顧問契約の費用
顧問契約の費用ですが、法人様の場合、経営体力やご依頼される業務量に応じまして概ね月額3万円(税別)から月額5万円(税別)の範囲で顧問契約を結ばせていただいております。

顧問契約のメリットは、
①相談料が原則無料となり、優先的に対応を受けることが可能になること
②弁護士との直通のホットライン(携帯電話、ライン、チャットなど)ができますのでいつでも相談が可能となり経営判断に至る時間が大幅にカットされること
③御社のことを理解しておりますので、逐一ご説明頂く手間が省かれること
④事件を依頼する場合に割引を受けられ弁護士費用を抑えることができること
⑤いつでも相談できるという安心感を得られること
⑥弁護士から定期的な連絡があること
⑦助成金の申請などのサポートを受けられること

などです。

・単発のご依頼
単発の事案のみご依頼いただくことも可能です。
その場合の費用ですが、
着手金(着手金とは、これから弁護士が事件に関与するにあたり発生する人件費とお考え下さい)は、最低20万円(税別)から、報酬(人件費の後払い的な性格や成功報酬的要素が含まれるものです)も、最低20万円(税別)からとなります。

顧問先業種

・動物病院
・ペットサロン
・寺社仏閣
・不動産会社
・各種工務店、建設会社
・インターネット関連会社
・警備会社
・保育園
・ソフトウェア開発会社
・運送会社
・整骨院

など

寺院様からのご依頼

私は、曹洞宗大阪宗務所の顧問弁護士業務を行っているため寺院様を取り巻く諸問題に通じております。他宗派の顧問先寺院もございますので、安心してご相談ください。

→ご寺院様専用サイト
【お寺弁護士.com 】
https://oterabengoshi.com/

※本ホームページからのお電話は、弁護士への直通電話となっております。場合は、弁護士が裁判期日中などにより電話に出られない場合がございます。
留守番電話につながった場合は、留守番電話にご相談内容を簡単にで結構ですので、残しておいて頂けると幸いです。非通知設定の方は、併せて電話番号も残して頂けると幸いです。
※なお、誠に申し訳ありませんがお電話でのご相談はお受けしておりませんので、ご了承ください。

企業法務・顧問弁護士

解決事例をみる

この分野の法律相談

コンサルティングを行なっていた方から、内容証明を弁護士から送られてきました。 コンサルティングと合わせて、業務委託の契約を約束した内容だったのですが、契約期間半年の中で業務スタートが4ヶ月目からとなりました(ただ、ここについては本人の承諾あり。エビデンスあり) ただ本人は業務委託の仕事を...

大変なことになっていますね。 案件を紹介しなかったことについては、証拠もあるようですのでこちらに落ち度があると思えません。 したがって、返さなくてもいいのではないでしょうか。

村山 雅信弁護士

昨日、担当したお客様からクレームを受けました。 内容は、携帯電話の契約に関してです。 1.お店のルール上コンプライアンスに関するためアドレス帳や写真のデータ移行がスタッフ側ではできないことを事前に伝えています。 2.お名義の方のスマホでも必要なパスワードを忘れていてログインができていないとの申...

単なるクレーマーであると考えられます。 損害賠償をしてその請求が認められる可能性は、限りなくゼロに近いと考えます。

村山 雅信弁護士

ビジネスパートナー(某企業所属)から、ビジネスになるかもしれないということでとある、メイクスタジオ経営者と会いました。内容を要約すると、これから展開したいコスメのセールスを請け負ってくれないかとのこと、販売先はメディカル系という希望でした。話しているうちにコスメの説明および体験会のようなもの...

全くそのような行為を受けるいわれはありません。 あまりに酷いようですので、弁護士を入れるなどして業務妨害あたるので電話してこないように警告する書面を送付差し上げる等の手段を用いたほうがよいかもしれません。

村山 雅信弁護士

企業法務・顧問弁護士の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分毎に5000円(税別)
着手金 交渉20万円(税別)〜
訴訟40万円(税別)〜
成功報酬 20万円(税別)〜
顧問料 会社の場合は、概ね月額3万円(税別)から月額5万円(税別)のプランまで、御社の希望に合わせてカスタマイズさせて頂きます。
個人事業主の場合は、月額2万円(税別)からとなります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

企業法務・顧問弁護士

特徴をみる 解決事例をみる

企業法務・顧問弁護士の解決事例(2件)

分野を変更する

企業法務・顧問弁護士の解決事例 1

業務を怠る従業員を解雇

  • 人事・労務
依頼主 50代

相談前

怠慢な従業員を解雇したが、元従業員からは解雇は無効だなどと述べてきており争いになりそうな状況でした。

相談後

お話をお伺いすると、解雇要件に当てはまるか微妙な案件でした。そこで、元従業員にお会いして解雇予告手当などをお渡しして退職合意書にサインしていただけるよう取り計らったところ、合意していただけました。

村山 雅信弁護士からのコメント

村山 雅信弁護士

従業員を解雇することは本当に大変です。きちんとした手順を踏まないと、仮地位仮処分などを提起され、働いていなかった期間についても給与の支払義務を負うことなどもありえます。
慎重に進めるためにも、弁護士に相談することをお勧め致します。

企業法務・顧問弁護士の解決事例 2

賃貸借関係の整備について

依頼主 60代 男性

相談前

貸家、貸地を有しているものの先代の昭和50年代からほとんど賃料が上昇しておらず、固定資産税の支払いで賃料がほとんどなくなるという状況でした。

相談後

一軒ずつ貸主とともに借主宅を訪れてご説明を行い、平均2割程度の賃料増額に同意頂きました。

村山 雅信弁護士からのコメント

村山 雅信弁護士

まずは、賃料増額の交渉の準備のために何故今増額が必要なのか理論的に説明することが必要です。その為に弁護士を伴い説明に訪れるということは、理論武装する上で有用かと考えます。

企業法務・顧問弁護士

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
弁護士法人たいが法律事務所
所在地
〒573-0032
大阪府 枚方市岡東町17-31 枚方松葉ビル302
最寄り駅
京阪枚方市駅から徒歩5分
交通アクセス
駐車場近く
受付時間
  • 平日09:30 - 22:00
  • 土日祝11:00 - 20:00
定休日
なし
備考
都合により電話に出られないことがありますが、その際は留守番電話に氏名及びご連絡内容を残して頂けると幸いです。(070)の番号から折り返しさせていただきますので、よろしくお願い致します。
対応地域

全国

設備
  • 完全個室で相談
  • 託児所・キッズルーム
事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 労働
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪被害
  • 犯罪・刑事事件
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 労働
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪被害
  • 犯罪・刑事事件

電話で問い合わせ
050-5223-3806

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

現在営業中 09:30 - 22:00

村山 雅信弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5223-3806
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:30 - 22:00
  • 土日祝11:00 - 20:00
定休日
なし
備考
都合により電話に出られないことがありますが、その際は留守番電話に氏名及びご連絡内容を残して頂けると幸いです。(070)の番号から折り返しさせていただきますので、よろしくお願い致します。
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談
託児所・キッズルーム