現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
岬 宏美弁護士

( みさき ひろみ ) 岬 宏美

弁護士法人シヴィル法律事務所

離婚・男女問題

分野を変更する
◆堺東駅から徒歩1分◆女性弁護士による丁寧なサポート◆豊富な経験をもとに、離婚のあらゆる問題について、スピーディーかつ最善の解決を目指します。

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
寄り添いながら誠心誠意サポートします
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
離婚・男女問題では、問題の内容から、周囲の人になかなか相談できず、お一人で悩みを抱えている方が多くいらっしゃいます。
一人で思い悩むのは辛いことです。そんな方の気持ちが少しでも楽になるよう、少しでも前向きに新しいスタートができるよう、寄り添いながら納得の解決に向けてサポートいたします。

まずはお気軽にご相談ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
安心のサポート体制
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆女性弁護士による丁寧なサポート
お聞きになりたいことは何か(重点的に聞きたいことがあるのか、網羅的に知りたいのか)を的確に把握し、ニーズに沿った丁寧なサポートをいたします。疑問点や不安点なども、ご遠慮無くご質問ください。

◆休日相談や夜間相談も対応します
事前にご予約をいただければ、土日祝日や夜間相談(20時まで)も可能な限り対応いたします。

◆プライバシーにしっかり配慮
完全個室でのご相談となりますので、周りの目を気にせずにご相談いただけます。お子様やご家族の同席も可能です。

◆アクセス良好な事務所です
堺東駅北改札口から徒歩1分と非常に駅から近い事務所です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
このようなお悩みはお任せください
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
▼よくあるご相談の一例です。
『婚姻費用、養育費を請求したい。』
『離婚したいが経済面で離婚後の生活が不安だ。』
『パートナーが浮気をしている。』
『今ある住宅ローンはどうなるのか。』

▼特に力を入れている案件
・慰謝料請求
・財産分与
・養育費請求
・婚姻費用請求
・面会交流

離婚・男女問題

解決事例をみる

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分 5,500円(税込)
その他 弁護士費用はご相談に応じますので、お気軽にお問い合わせください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(3件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

離婚を拒否し夫名義の自宅から退去しない妻との離婚を成立させた事例

  • 別居
  • 婚姻費用
  • 離婚請求
  • 性格の不一致
依頼主 男性

相談前

妻と価値観や性格が合わず、妻に離婚を切り出したものの、全く取り合ってもらえないことから、ご相談に来られました。

相談後

離婚調停を申し立てましたが、妻は離婚しないの一点張りであり、また、不当に高額な婚姻費用を請求してきました。依頼者様が負担されている妻子の生活費等を詳細に計算し、妻の要求よりも減額した内容で婚姻費用分担調停を成立させることができました。
離婚調停は残念ながら不成立となりましたが、離婚訴訟を提起し、依頼者様名義の不動産から妻子が退去すること等を盛り込んだ和解条件で和解離婚を成立させることができました。

岬 宏美弁護士からのコメント

岬 宏美弁護士

相手方配偶者がご自身の名義の不動産に居住している場合、たとえ離婚判決が出たとしても、相手方配偶者が任意に不動産から退去しなければ、改めて明渡しの手続をとる必要があります。本件では、離婚も早期の不動産の明渡しも実現したいという依頼者様のご希望を実現することができました。

離婚・男女問題の解決事例 2

有責配偶者である妻が親権を獲得した事案

  • 不倫・浮気
  • 養育費
  • 親権
  • 別居
  • 慰謝料
  • 面会交流
依頼主 女性

相談前

夫に不貞が発覚した後、ある日、仕事から帰宅すると夫が子を連れて家を出てしまった方からのご相談です。
その後、話し合いによりお子様は一時ご相談者様が連れて帰ることになりましたが、またいつお子様を連れていかれるかわからず不安だとご相談に来られました。

相談後

子の奪い合いの紛争になるおそれが高い事案でしたので、離婚調停のほか、子の監護者指定の審判と仮処分を申し立てました。夫側も子の引渡しと監護者指定の審判と仮処分を申し立てましたが、審問の結果、同居中の監護は主にご依頼者様が行っており、ご依頼者様が引き続き監護することが望ましいこと、現状の監護状況に何ら問題がなく緊急性がないことから、仮処分については双方とも取り下げたうえ、離婚の問題とあわせて調停で話し合いを行うことになりました。そのうえで、離婚については、当方が慰謝料を支払うこと、親権者をご依頼者様とすること、面会交流の詳細な条件や養育費の額等を定め、調停離婚が成立しました。

岬 宏美弁護士からのコメント

岬 宏美弁護士

一方配偶者が子を連れて別居してしまった場合には、相手方の監護実績が積み上げられてしまう前に、速やかにお子様を戻すための手続をとる必要があります。本件はたまたま相手方の同意のもとお子様がご相談者様のもとに戻ってこられた事案でしたが、相手方の同意なく連れて帰ると、かえって不利な状況になるおそれがあります。適切な手続きを迅速に行い適法にお子様を連れ戻すため、速やかに弁護士にご相談ください。
また、不貞の事実があるからといって直ちに親権者・監護権者としての適格性を欠くことにはなりません。不貞があるからといって親権・監護権をあきらめることなく、弁護士にご相談ください。

離婚・男女問題の解決事例 3

元妻の再婚を理由に中断した面会交流を再開できた事案

  • 面会交流
依頼主 男性

相談前

元妻との離婚後、お子様と良好に面会交流を実施していたものの、元妻が再婚し再婚相手とお子様が養子縁組をしたからという理由で一方的に面会交流を拒絶された方からのご相談です。

相談後

すぐに面会交流調停を申し立てました。
相手方は、自身が再婚したことを理由に当初面会交流に消極的でしたが、従前の面会交流は何ら問題なく行われており、お子様もご依頼者様との面会を希望している以上、面会を制限する理由はないとして、面会交流を再開させることができました。そのうえで、面会交流の諸条件を定めて調停を成立させることができました。

岬 宏美弁護士からのコメント

岬 宏美弁護士

子連れで再婚される方にとっては、再婚相手と子供との間の親子関係の形成が気になるあまり、実親との面会交流を拒絶してしまう例があります。しかし、子供にとっては、養親も実親もどちらも親です。面会交流は、実親が変わらず愛情を注いでいてくれていることをお子様が知ることができる重要な機会です。再婚を理由に面会交流を拒絶されても諦めず、まずは弁護士にご相談ください。

離婚・男女問題

特徴をみる

借金・債務整理

分野を変更する
◆堺東駅から徒歩1分◆女性弁護士による丁寧なサポート◆生活の再建のため、全力でサポートいたします。

借金・債務整理の詳細分野

依頼内容

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • 任意整理
  • 個人再生

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
新しいスタートへの第一歩をお手伝い
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
返済してもなかなか減らない借金、次の返済まで切り詰めた生活、借金があると常に不安を感じ、精神的にも余裕がなくなってしまいます。

そのような状況を一日でも早く打開し、生活の立て直しを図るために、まずはご相談にお越しください。
自己破産、個人再生、任意整理など、それぞれの案件に応じた適切な方法で、スムーズな解決を目指して全力でサポートいたします!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
安心のサポート体制
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆女性弁護士による丁寧なサポート
お聞きになりたいことは何か(重点的に聞きたいことがあるのか、網羅的に知りたいのか)を的確に把握し、ニーズに沿った丁寧なサポートをいたします。疑問点や不安点なども、ご遠慮無くご質問ください。

◆休日相談や夜間相談も対応します
事前にご予約をいただければ、土日祝日や夜間相談(20時まで)も可能な限り対応いたします。

◆プライバシーにしっかり配慮
完全個室でのご相談となりますので、周りの目を気にせずにご相談いただけます。お子様やご家族の同席も可能です。

◆アクセス良好な事務所です
堺東駅北改札口から徒歩1分と非常に駅から近い事務所です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
このようなお悩みはお任せください
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
▼よくあるご相談の一例です。
『生活費の不足を補填するつもりが、いつの間にか借金が膨らんでしまった。』
『離婚した元夫の住宅ローンの連帯保証人になったままになっていたが、元夫がローンを支払えなくなってしまった。』
『長く消費者金融から借り入れを続けてきたが、過払い金が出るのか。』

▼特に力を入れている案件
・過払い金請求
・個人破産申立
・債務整理
・個人再生

借金・債務整理

解決事例をみる

借金・債務整理の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分 5,500円(税込)
その他 弁護士費用はご相談に応じますので、お気軽にお問い合わせください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理の解決事例(1件)

分野を変更する

借金・債務整理の解決事例 1

夫婦で債務整理した事例

  • 自己破産
  • 個人再生
依頼主 50代

相談前

結婚当初の世帯収入が少なかった頃に、生活費が足りない時だけ借入れをしたことをきっかけに、徐々に借金が膨らみ、夫、妻ともに自転車操業状態に陥ってしまったご夫婦からの相談です。

相談後

夫の勤務先には退職金制度があり、ご相談の段階で退職金の額が高額になっていたため、自己破産ではなく個人再生を選択することになりました。また、妻については自己破産を申し立てました。

岬 宏美弁護士からのコメント

岬 宏美弁護士

退職金については、たとえ退職前であったとしても財産にあたります。そのため、退職金見込額が高額である方の場合、自己破産を選択するべきか、個人再生を選択するべきか、慎重に検討する必要があります。退職金制度のある会社にお勤めで債務整理をご検討中の方は、弁護士にご相談ください。

借金・債務整理

特徴をみる

遺産相続

分野を変更する
◆堺東駅から徒歩1分◆女性弁護士による丁寧なサポート◆遺産相続に関するあらゆる問題について、スピーディーかつ最善の解決を目指して尽力いたします。

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
なるべくお早めにご相談を
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「遺言書を作成したい」「遺産分割の話し合いがもめている」「相続をしたくない」など、相続問題といっても問題の内容は幅広く、また様々な手続き方法があります。
そのため、親族内の問題だからとご自身だけで解決しようとすると、解決までかなりの労力やお時間がかかってしまうことも珍しくありません。

弁護士にご依頼をいただきますと、冷静な話し合いが可能になるだけでなく、遺産の調査や複雑な手続きなども全てを任せることができ、スムーズな解決を図れます。

まずはなるべくお早めにご相談ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
安心のサポート体制
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆女性弁護士による丁寧なサポート
お聞きになりたいことは何か(重点的に聞きたいことがあるのか、網羅的に知りたいのか)を的確に把握し、ニーズに沿った丁寧なサポートをいたします。疑問点や不安点なども、ご遠慮無くご質問ください。

◆休日相談や夜間相談も対応します
事前にご予約をいただければ、土日祝日や夜間相談(20時まで)も可能な限り対応いたします。

◆プライバシーにしっかり配慮
完全個室でのご相談となりますので、周りの目を気にせずにご相談いただけます。お子様やご家族の同席も可能です。

◆アクセス良好な事務所です
堺東駅北改札口から徒歩1分と非常に駅から近い事務所です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
このようなお悩みはお任せください
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
▼よくあるご相談の一例です。
『亡くなった父の通帳を弟が隠してしまった。』
『幼いころに両親が離婚し疎遠になっていた父が亡くなったと連絡があった。』
『亡くなった母の通帳を管理していた姉が勝手に母の預金を引き出していた。』

▼特に力を入れている案件
・遺産分割協議
・遺留分減殺請求
・遺言書作成
・相続放棄

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分 5,500円(税込)
その他 弁護士費用はご相談に応じますので、お気軽にお問い合わせください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(2件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

遺産分割協議をやり直し遺産を獲得した事例

  • 遺産分割

相談前

ご依頼者様は、被相続人が亡くなった後、他の相続人から多数の書面への署名押印を求められ、書面の内容をよく理解しないまま署名押印をしてしまいました。その後、税務署から相続税に関する書面が届き、不審に思ったため、ご相談に来られました。

相談後

調査の結果、ご依頼者様が署名押印の書類が遺産分割協議書であることが判明しました。そこで、他の相続人を相手に遺産分割協議無効確認訴訟を提起しました。
訴訟手続を進める中で、相続人のうちの1名がご依頼者様に遺産の内容や、書面の内容が遺産分割協議書であることを隠し、また、気づかれないように画策していたことが明らかになったため、遺産分割協議が無効であることを確認したうえで改めて遺産分割協議をやり直す形で和解が成立しました。

岬 宏美弁護士からのコメント

岬 宏美弁護士

相続に関する書類だとの認識を持ちながら書面に署名押印した場合、その書面が遺産分割協議書だった場合には、一般的には遺産分割協議の効力を覆すことはハードルが高いです。少しでも疑問点、不審点がある場合には、必ず署名押印する前に弁護士にご相談ください。
本件は相続人の1名の行動に重大な問題があり、それを裏付ける資料を収集することができたことから、遺産分割協議の効力を覆すことができました。資料収集などにもポイントがありますので、気になる方は弁護士にご相談ください。

遺産相続の解決事例 2

20年以上前に発生した相続について遺産分割調停が成立した事例

  • 遺産分割

相談前

被相続人(父)が亡くなった後、一度は遺産分割協議をしようとしたものの、きょうだいの仲が悪く、協議がまとまらないままとなってしまいました。その後、もう1名の相続人である兄が亡くなり、兄の相続人との間での協議はなおさら困難だということで、ご相談に来られました。

相談後

相続発生後かなりの時間が経ってしまっていたため、不動産以外の相続財産の調査は困難でした。そこで、やむなく不動産のみを遺産として遺産分割調停を申し立てました。この不動産には兄の相続人が居住していたため、兄の相続人が取得することを前提に代償金を支払ってもらうことで調停が成立しました。

岬 宏美弁護士からのコメント

岬 宏美弁護士

本件のように、遺産分割協議未了のまま放置され、相続人の代替わりが発生するケースでは、そもそも相続人の調査が困難であったり、相続人同士の関係が希薄であるがゆえに協議が難航することがあります。また、その間に相続財産に関する資料がなくなり、相続財産調査自体も困難になってしまいます。相続が発生したら、早い段階で遺産の整理をすることをお勧めします。相続財産の詳細がわからない場合でも、弁護士が相続財産調査のお手伝いをさせていただくことも可能です。

遺産相続

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
弁護士法人シヴィル法律事務所
所在地
〒590-0075
大阪府 堺市堺区南花田口町2-3-20 三共堺東ビル3階
最寄り駅
堺東駅から徒歩1分
対応地域

関西

  • 大阪
設備
  • 完全個室で相談

電話で問い合わせ
050-5350-8761

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

岬 宏美弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5350-8761
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 20:00
定休日
土,日,祝
備考
※事前予約いただければ営業時間外でのご相談も可能な限りお受けいたします。
※事務所の営業時間は9時〜17時ですので、17時以降は電話受付のみとなります。
設備
完全個室で相談