お気に入りに追加
岬 宏美弁護士

( みさき ひろみ ) 岬 宏美

弁護士法人シヴィル法律事務所

離婚・男女問題

分野を変更する
◆堺東駅北西口から徒歩1分◆豊富な経験をもとに、離婚のあらゆる問題について、スピーディーかつ最善の解決を目指します。

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可

新しいスタートのためのお手伝いをいたします

安らぐ場所であるはずの家庭が、いつからか居心地の悪い場所になってしまった。
配偶者が帰ってくると思うと気が重くなる。
今、このページをご覧になられている方の中には、こういった悩みをお抱えの方もいらっしゃると思います。
そのような状態になってしまうと、離婚したいと思っても相手と話し合うこと自体ストレスになり、なかなか離婚を切り出せない、あるいは、離婚は切り出したものの、感情的な対立からうまく話し合いが進まない、という悪循環に陥ってしまいがちです。
その話し合い、弁護士に委ねてみませんか?

時間をかけて積み上げてきた結婚生活を解消するためには、子どものことや財産のことなど、多くの問題を解決する必要があります。
それらの問題解決のために相手との交渉や法的手続を自分で行うことは、想像以上に精神的に負担になるものです。
このような精神的負担を軽減するとともに、あなたの正当な利益を実現できるよう尽力いたします。

2015年に離婚事件を多数扱う事務所に所属して以降、男性、女性いずれの立場からも多数ご依頼をいただいてまいりました。
まずはお気軽にご相談ください。

このようなお悩みはお任せください

▼よくあるご相談の一例です。
『相手が離婚に応じてくれない。』
『離婚したいが別居後の生活が不安。』
『相手から離婚するなら1円も渡さないと言われた。』
『別居後、子に会わせてもらえない。』
『住宅ローンはどうなるのか。』
『パートナーが浮気をしている。』

▼特に力を入れている案件
・慰謝料請求
・財産分与
・養育費請求
・婚姻費用請求
・面会交流

安心のサポート体制

◆休日相談や夜間相談も対応します
事前にご予約をいただければ、土日祝日や平日夕方以降のご相談(最終受付19時)も可能な限り対応いたします。

◆プライバシーにしっかり配慮
完全個室でのご相談となりますので、周りの目を気にせずにご相談いただけます。

◆アクセス良好な事務所です
堺東駅北西口から徒歩1分、高島屋堺店の向かいのビルに入っている事務所です。

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分 5,500円(税込)
着手金 離婚調停事件の場合、33万円(税込)~
離婚協議事件や離婚訴訟事件の場合には異なります。詳しくはお問い合わせください。
報酬 22万円(税込)~
備考 料金は事案の内容や依頼者様の状況に応じて柔軟に対応いたします。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(3件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

妻子が住む家の住宅ローンの負担していることを考慮した婚姻費用が取り決められた事例

  • 別居
  • 婚姻費用
  • 離婚請求
  • 性格の不一致
依頼主 男性

相談前

妻と価値観や性格が合わず、妻に離婚を切り出したものの、全く取り合ってもらえないことから、ご相談に来られました。

相談後

離婚調停を申し立てたところ、妻から婚姻費用分担調停を申し立てられました。依頼者様が妻子の住む自宅の住宅ローンを負担していること等を主張し、妻の要求よりも減額した内容で婚姻費用分担調停を成立させることができました。
その後、離婚訴訟を提起し、妻から自宅の明渡しを受けること等を盛り込んだ和解条件で和解離婚を成立させることができました。

岬 宏美弁護士からのコメント

岬 宏美弁護士

婚姻費用については算定表を使って算定する方法が広く知られていますが、算定表で算出された額よりも増減額できる場合があります。相手方が主張する金額に疑問があるときには、ぜひ弁護士にご相談ください。

離婚・男女問題の解決事例 2

有責配偶者である妻が親権を獲得した事案

  • 不倫・浮気
  • 養育費
  • 親権
  • 慰謝料
  • 面会交流
依頼主 女性

相談前

夫にご自身の不貞が発覚した後、夫が子を連れて家を出てしまった方からのご相談です。
その後、お子様はご相談者様のもとに戻ってきましたが、またいつお子様を連れていかれるかわからず不安だとご相談に来られました。

相談後

双方が自分を子の監護者に指定するように求めて審判と仮処分の申し立てを行いましたが、同居中の監護は主にご依頼者様が行っており、ご依頼者様が引き続き監護することが望ましいこと、現状の監護状況に何ら問題がなく緊急性がないことから、離婚の問題とあわせて調停で話し合いを行うことになりました。最終的に、当方が慰謝料を支払うこと、親権者をご依頼者様とすること、面会交流の詳細な条件や養育費の額等を定め、調停離婚が成立しました。

岬 宏美弁護士からのコメント

岬 宏美弁護士

一方配偶者が子を連れて別居してしまった場合には、相手方の監護実績が積み上げられてしまう前に、速やかにお子様を戻すための手続をとる必要があります。しかし、相手方の同意なく連れて帰ると、かえって不利な結果になる場合もあります。適切な方法で迅速にお子様を連れ戻すため、速やかに弁護士にご相談ください。
また、不貞の事実があるからといって直ちに親権者・監護権者としての適格性を欠くことにはなりません。不貞があるからといって親権・監護権をあきらめることなく、弁護士にご相談ください。

離婚・男女問題の解決事例 3

元妻の再婚を理由に中断した面会交流を再開できた事案

  • 面会交流
依頼主 男性

相談前

元妻との離婚後、お子様と良好に面会交流を実施していたものの、元妻が再婚したという理由で一方的に面会交流を拒絶された方からのご相談です。

相談後

すぐに面会交流調停を申し立てました。
相手方は、自身が再婚したことを理由に当初面会交流に消極的でしたが、従前の面会交流は何ら問題なく行われており、お子様もご依頼者様との面会を希望している以上、面会を制限する理由はないとして、面会交流を再開させることができました。そのうえで、面会交流の諸条件を定めて調停を成立させることができました。

岬 宏美弁護士からのコメント

岬 宏美弁護士

子連れで再婚される方にとっては、再婚相手と子供との間の親子関係の形成が気になるあまり、実親との面会交流を拒絶してしまう例があります。しかし、子供にとっては、養親も実親もどちらも親です。面会交流は、実親が変わらず愛情を注いでいてくれていることをお子様が知ることができる重要な機会です。再婚を理由に面会交流を拒絶されても諦めず、まずは弁護士にご相談ください。

借金・債務整理

分野を変更する
◆堺東駅北西口から徒歩1分◆あなたに合った方法で生活再建のお手伝いをいたします

借金・債務整理の詳細分野

依頼内容

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • 任意整理
  • 個人再生

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 分割払いあり

生活再建に向けて全力でサポートいたします

毎月きちんと返しているのになかなか完済できない。
クレジットカード払いを繰り返していて手元に現金が残らない。
いつの間にか借金の返済のための借入れをしている。

このような状態に陥っていませんか?

お金の不安を抱えていると、いつもお金のことで頭がいっぱいになり、心が休まらない状態が続いてしまいます。
私は、これまで、自分が作った借金なのだから自分で何とかしなければならない、人には相談できない、という思いから、どんどん悪循環に陥っていった人をたくさん見てきました。

債務整理はあなたの生活を立て直すための手続です。
手続を進める中で、生活再建の見通しが立ち、表情が明るくなっていく依頼者様の様子を見ると、微力ながらお役に立てたのだなと嬉しく思います。

希望する手続が決まっている方も、どんな手続があるのかわからないがとにかく何とかしたいという方も、まずはお気軽にご相談ください。
自己破産、個人再生、任意整理など、あなたに合った方法をご提案し、生活再建のお手伝いをいたします。

安心のサポート体制

休日相談や夜間相談も対応

お仕事がお休みの日や、お仕事帰りにお越しいただけるよう、土日祝日や平日夕方以降のご相談(最終受付19時)も可能な限り対応いたします。
※休日相談、夜間相談は事前予約が必要です。

プライバシーにしっかり配慮

完全個室でのご相談となりますので、周りの目を気にせずにご相談いただけます。

アクセス良好

堺東駅北西口から徒歩1分、高島屋堺店の向かいのビルに入っている事務所です。

よくある質問(一例)

  • 自己破産をすると将来住宅ローンは組めなくなりますか。
  • 債務整理をすると職場に知られますか。
  • ギャンブルのための借金でも自己破産できますか。

借金・債務整理の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分 5,500円(税込)
着手金 自己破産事件、個人再生事件(個人):33万円~(税込)
自己破産事件、民事再生事件(小規模事業者):55万円~(税込)
任意整理:5万5000円~(税込)
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理の解決事例(2件)

分野を変更する

借金・債務整理の解決事例 1

夫婦で債務整理した事例

  • 自己破産
  • 個人再生

相談前

結婚当初の世帯収入が少なかった頃に、生活費が足りない時だけ借入れをしたことをきっかけに、徐々に借金が膨らみ、夫、妻ともに自転車操業状態に陥ってしまったご夫婦からの相談です。

相談後

夫の勤務先には退職金制度があり、ご相談の段階で退職金の額が高額になっていたため、自己破産ではなく個人再生を選択することになりました。また、妻については自己破産を申し立てました。

岬 宏美弁護士からのコメント

岬 宏美弁護士

退職金については、たとえ退職前であったとしても財産にあたります。そのため、退職金見込額が高額である方の場合、自己破産を選択するべきか、個人再生を選択するべきか、慎重に検討する必要があります。退職金制度のある会社にお勤めで債務整理をご検討中の方は、弁護士にご相談ください。

借金・債務整理の解決事例 2

管財事件として申し立てたものの配当見込みなしとして異時廃止となった事例

  • 自己破産

相談前

離婚に伴う転居等のため、借入れを始めた方からのご相談です。当初は転居費用と当面の生活費を賄うための借入れでしたが、徐々に自転車操業状態に陥りました。

相談後

勤務先に退職金制度が存在し、申立時点で支給見込額が一定程度あったことから、管財事件として自己破産の申立てをしました。
結果的には、配当見込みなしとして異時廃止となり、免責不許可事由も存在しないとして、免責決定を得ることができました。

岬 宏美弁護士からのコメント

岬 宏美弁護士

一定の退職金の支給が見込まれる場合、その額によっては管財事件として扱われます。もっとも、その場合でも、支給見込額全額が財産として評価されるわけではありません。詳しくはご相談時にお問合せ下さい。

遺産相続

分野を変更する
◆堺東駅から徒歩1分◆女性弁護士による丁寧なサポート◆遺産相続に関するあらゆる問題について、スピーディーかつ最善の解決を目指して尽力いたします。

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
なるべくお早めにご相談を
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「遺言書を作成したい」「遺産分割の話し合いがもめている」「相続をしたくない」など、相続問題といっても問題の内容は幅広く、また様々な手続き方法があります。
そのため、親族内の問題だからとご自身だけで解決しようとすると、解決までかなりの労力やお時間がかかってしまうことも珍しくありません。

弁護士にご依頼をいただきますと、冷静な話し合いが可能になるだけでなく、遺産の調査や複雑な手続きなども全てを任せることができ、スムーズな解決を図れます。

まずはなるべくお早めにご相談ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
安心のサポート体制
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆女性弁護士による丁寧なサポート
お聞きになりたいことは何か(重点的に聞きたいことがあるのか、網羅的に知りたいのか)を的確に把握し、ニーズに沿った丁寧なサポートをいたします。疑問点や不安点なども、ご遠慮無くご質問ください。

◆休日相談や夜間相談も対応します
事前にご予約をいただければ、土日祝日や夜間相談(20時まで)も可能な限り対応いたします。

◆プライバシーにしっかり配慮
完全個室でのご相談となりますので、周りの目を気にせずにご相談いただけます。お子様やご家族の同席も可能です。

◆アクセス良好な事務所です
堺東駅北改札口から徒歩1分と非常に駅から近い事務所です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
このようなお悩みはお任せください
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
▼よくあるご相談の一例です。
『亡くなった父の通帳を弟が隠してしまった。』
『幼いころに両親が離婚し疎遠になっていた父が亡くなったと連絡があった。』
『亡くなった母の通帳を管理していた姉が勝手に母の預金を引き出していた。』

▼特に力を入れている案件
・遺産分割協議
・遺留分減殺請求
・遺言書作成
・相続放棄

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分 5,500円(税込)
その他 弁護士費用はご相談に応じますので、お気軽にお問い合わせください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(2件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

遺産分割協議をやり直し遺産を獲得した事例

  • 遺産分割

相談前

ご依頼者様は、被相続人が亡くなった後、他の相続人から多数の書面への署名押印を求められ、書面の内容をよく理解しないまま署名押印をしてしまいました。その後、税務署から相続税に関する書面が届き、不審に思ったため、ご相談に来られました。

相談後

調査の結果、ご依頼者様が署名押印の書類が遺産分割協議書であることが判明しました。そこで、他の相続人を相手に遺産分割協議無効確認訴訟を提起しました。
訴訟手続を進める中で、相続人のうちの1名がご依頼者様に遺産の内容や、書面の内容が遺産分割協議書であることを隠し、また、気づかれないように画策していたことが明らかになったため、遺産分割協議が無効であることを確認したうえで改めて遺産分割協議をやり直す形で和解が成立しました。

岬 宏美弁護士からのコメント

岬 宏美弁護士

相続に関する書類だとの認識を持ちながら書面に署名押印した場合、その書面が遺産分割協議書だった場合には、一般的には遺産分割協議の効力を覆すことはハードルが高いです。少しでも疑問点、不審点がある場合には、必ず署名押印する前に弁護士にご相談ください。
本件は相続人の1名の行動に重大な問題があり、それを裏付ける資料を収集することができたことから、遺産分割協議の効力を覆すことができました。資料収集などにもポイントがありますので、気になる方は弁護士にご相談ください。

遺産相続の解決事例 2

20年以上前に発生した相続について遺産分割調停が成立した事例

  • 遺産分割

相談前

被相続人(父)が亡くなった後、一度は遺産分割協議をしようとしたものの、きょうだいの仲が悪く、協議がまとまらないままとなってしまいました。その後、もう1名の相続人である兄が亡くなり、兄の相続人との間での協議はなおさら困難だということで、ご相談に来られました。

相談後

相続発生後かなりの時間が経ってしまっていたため、不動産以外の相続財産の調査は困難でした。そこで、やむなく不動産のみを遺産として遺産分割調停を申し立てました。この不動産には兄の相続人が居住していたため、兄の相続人が取得することを前提に代償金を支払ってもらうことで調停が成立しました。

岬 宏美弁護士からのコメント

岬 宏美弁護士

本件のように、遺産分割協議未了のまま放置され、相続人の代替わりが発生するケースでは、そもそも相続人の調査が困難であったり、相続人同士の関係が希薄であるがゆえに協議が難航することがあります。また、その間に相続財産に関する資料がなくなり、相続財産調査自体も困難になってしまいます。相続が発生したら、早い段階で遺産の整理をすることをお勧めします。相続財産の詳細がわからない場合でも、弁護士が相続財産調査のお手伝いをさせていただくことも可能です。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
弁護士法人シヴィル法律事務所
所在地
〒590-0075
大阪府 堺市堺区南花田口町2-3-20 三共堺東ビル3階
最寄り駅
堺東駅から徒歩1分
受付時間
  • 平日09:00 - 20:00
定休日
土,日,祝
備考
※事前予約いただければ営業時間外でのご相談も可能な限りお受けいたします。
※事務所の営業時間は9時〜17時ですので、17時以降は電話受付のみとなります。
対応地域

関西

  • 大阪
設備
  • 完全個室で相談

電話で問い合わせ
050-5350-8761

Webで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

岬 宏美弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5350-8761
Webで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 20:00
定休日
土,日,祝
備考
※事前予約いただければ営業時間外でのご相談も可能な限りお受けいたします。
※事務所の営業時間は9時〜17時ですので、17時以降は電話受付のみとなります。
設備
完全個室で相談