現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
泉田 健司弁護士

( いずた けんじ ) 泉田 健司

現在営業中 09:00 - 18:00

交通事故

分野を変更する
交通事故賠償問題を重点的に取り扱っている事務所です。

交通事故の詳細分野

事件内容

  • 死亡事故
  • 物損事故
  • 人身事故

争点

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償

対応体制

  • 全国出張対応
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

当事務所は、大きく分けて4つの特徴がございます。

①経験豊富であること 
当事務所は、平成21年に開設以来、多数の交通事故被害者の依頼を受け、実績を積み重ねています。

②トータルサポートをすること
被害者は、事故をきっかけに右も左も分からない状態のまま、右往左往させられます。事故直後から、羅針盤として弁護士が必要なケースもたくさんあります。ですので、当事務所は、事故直後からためらわず受任いたします。

③分かりやすい料金体系
初回相談無料、着手金ゼロの完全報酬制で分かりやすい料金体系をとっています。

④地域密着
当事務所は、大阪府堺市に拠点があり、大阪南部の方のご依頼を多数引き受けています。

交通事故専用のHPはこちら⇒http://izuta-law.com/lp2/

この分野の法律相談

4月下旬に私の父親が自転車に乗っている時に車と接触事故を起こしました。 幸いに怪我は軽傷だったのですが、警察署での任意聴取で父親側が悪いと言われたそうです。 相手の弁護士から車の弁償金について連絡が来ましたが、 父親の収入では支払い出来ません。また、昨今の状況で生活保護受給の手続きを進めてお...

> ①生活保護受給の開始を進めていますが、事故が受給手続き前だったので >  支払う義務があるかどうか。 生活保護の受給によって、交通事故の損害賠償が免除になることはありません。受給開始の前後は関係ありません。 > ②生活保護受給開始について可否の結果が届いていないのですが、相手弁護士に手続きを進めている事を伝えるかどうか。 上記の通り、...

泉田 健司弁護士

個人事業主です。交通事故によりムチウチになり4ヶ月近く通院し仕事も休んでいました。その際の休業損害を請求したいのですが事故の2週間前に開業したばかりで事業主として収入が全くありません。証明するにはどのようなものが必要でしょうか?

仮に裁判の場合には、以前の職業や収入や現在の事業の内容や回復後の収入などを参考に、本来事故がなければどのくらい収入があったであろうかと考え、裁判官が「えいや」と決めることになると思います。通常、賃金センサスの何割という形で決めてくれます。 また、休業日数についても、症状の重さや実際の稼働状況に鑑み、裁判官が「えいや」と決めます。 したがって、裁判になった...

泉田 健司弁護士

親が不慮の事故で亡くなり、相続放棄をしました。 巻き添えで大けがされた方がおり、いろいろな方のアドバイスをもとに、父の入っていた個人賠償責任保険に、直接請求してもらうという相談を保険会社としていました。(もはや相続人ではないので、そのようなことをする必要は全くないのは承知ですが、なんとかして...

> 通常だと被害者の方と保険会社でどのようなやりとりをしていくのでしょうか。 被害者の方は保険会社に直接請求権があるならば、お書きになっているとおり、被害者の方と保険会社が直接やり取りをされます。 > 弁護士を立ててやり取りするのでしょうか。 保険会社は、直接請求を受けるとしても、様々な主張をするケースが考えられます。例えば、被害者の方にも...

泉田 健司弁護士

交通事故の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回無料
着手金 ゼロ(交通事故被害者の場合)
成功報酬 20万円+経済的利益の10パーセント(税別)

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

交通事故の解決事例(1件)

分野を変更する

交通事故の解決事例 1

後遺障害4級(脊椎損傷)、70代男性の事例で、妻と母の介護の実績を評価され、休業損害及び逸失利益が認められた事例

  • 後遺障害等級認定
  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 70代 男性

相談前

休業損害はゼロ、逸失利益についても自賠責の範囲内程度の提案しかなく、既払金をのぞく他約2000万円の提示額であった。

相談後

ご本人が妻と母の介護を行っていたことを主張し、家事従事者としての休業損害と逸失利益を請求した。裁判所は、家事従事者としての休業損害、逸失利益の一部を認めた和解案を提示し、既払金をのぞく他約3760万円で和解が成立した。

泉田 健司弁護士からのコメント

泉田 健司弁護士

高齢者の休業損害及び逸失利益について、裁判所は、就労の蓋然性がないとして、おおむね否定的な判断をしています。この事例では、ご本人が、妻と母を献身的に介護し、家事をこなしていたという事実を丁寧に主張・立証することによって、家事従事者との認定を受けられたやや特殊なケースです。このように弁護士の着眼点や主張によって、賠償額が大きく変わるケースもあります。

交通事故

特徴をみる

離婚・男女問題

分野を変更する
「離婚問題こそ弁護士の力量が問われます」

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

離婚問題は、どの弁護士も一定の取扱い経験があり、それなりの知識を有しています。しかし、後述の解決事例のように、弁護士でも落とし穴になりがちな点がたくさんあります。
当事務所は、開設以来多数の離婚問題に取り組んで参りました。その経験に裏打ちされた知識と、常に勉強を怠らない姿勢で、依頼者の最大利益の確保に取り組んでいます。

離婚・男女問題

解決事例をみる

この分野の法律相談

慰謝料請求事件の訴状なんですが、「住民票に記載されていた住所、訴状に記載されていた住所に送達を試みたところ、別の住所で、従業員が受領した」と、裁判所書記官から連絡が来ました。 ①被告は、会社の取締役ではないそうなのですが、従業員が従業員の訴状を、職場で受け取ることなど、あるのでしょうか? そ...

> ①被告は、会社の取締役ではないそうなのですが、従業員が従業員の訴状を、職場で受け取ることなど、あるのでしょうか? ちょっと考えにくいシチュエーションですね。だからこそ、裁判所は、調査するように言ってきているのです。 > ②訴状、裁判所からの連絡に記載された住所に、原告や原告関係者が、直接行くのは、いくら調査とは言え、止めた方が良いですよね...

泉田 健司弁護士

夫:公務員(不貞での有責配偶者)定年まで16年ほど 妻:専業主婦 子:1、3歳 別居から復縁するタイミングで夫の転勤が決まり復縁したとしても単身赴任で同居はしません。 毎月のローンの支払いは単身赴任手当てと夫が残りも支払いするとのことです。 その分生活費は婚費よりマイナス2万でとのことです。 現在...

> 1、その中で復縁後の約束事を決めてしまった方が良いのか 調停で決めたほうが良いと考えます。なぜなら、①調停委員が間に入ってくれる点、②万が一、婚姻費用に不払いが生じた場合、調停和解ならば強制執行に移るのが容易だからです。 > 2、公正証書、誓約書、覚書この効力の差について知りたいです。 誓約書と覚書は、名前の差だけで効力に差はありません...

泉田 健司弁護士

離婚して10年です。3人の子供がいます。離婚時に養育費の件を公正証書にしました。支払われないので、3度口座差し押さえしました。 元夫は再婚しており、再婚相手に私立大学に通う子供がいるみたいで、養子縁組をしてます。 色々元夫の事を調べたら、土地建物全て奥さんの名義。仕事もしておらず、奥さんが自営業...

> 仕事もしておらず、奥さんが自営業で、専従者扱いで月8万程度の登録?してるみたいなのですが、こんな状況でも差し押さえ出来ますか? 税金対策ということでしょうね。差押えても、給料をゼロとされてしまえば空振りとなってしまいます。 そもそもとして、10年前からずいぶんと事情が変わっていますので、差押えをするというよりも、元夫ときちんと話し合って、養育費を...

泉田 健司弁護士

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分5000円(税別)
無料相談は実施しておりません。
着手金 30万円~50万円(税別)
成功報酬 20万円+経済的利益の10%(税別)

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(1件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

退職金の財産分与を行った事例

  • 財産分与
  • 別居
依頼主 50代 女性

相談前

婚姻期間が長い場合には、財産分与額が巨額になる場合もあります。しかし、いざ離婚ということになったとき、女性にとって正当な権利を実現するには大きな困難が伴うことがあります。この事例でも、夫は、法的に無意味な主張をいろいろ行い、妻の正当な権利を認めようとしていませんでした。

相談後

調停を申立て、夫の退職金の財産分与や年金分割など、正当な権利を実現しました。

泉田 健司弁護士からのコメント

泉田 健司弁護士

夫の退職金も財産分与の対象になることは、時に弁護士でも盲点になることがあります。このほか、弁護士でも盲点になりやすいのは、株式の財産分与です。財産分与の基準時は、基本的に別居時ですが、株のように評価が一様でないものについては、離婚時や処分時を基準にします。かつては、株価は下がりっぱなしでしたが、いまは株価も上向いていますので、きちんと評価の取り直しをすることで分与額が大幅に上がるなどということもありえます。
このように、離婚問題は、弁護士がきちんと主張するか否かで結論が変わるという側面もあるのです。
そのほか、弁護士でも盲点になりやすく当事者も迷いやすい点などを、私なりにブログにこつこつとまとめてきました。興味のある方は、是非立ち寄ってみてください。
弁護士泉田健司のブログ http://ameblo.jp/izuta-law/

離婚・男女問題

特徴をみる

借金・債務整理

分野を変更する
【堺東駅徒歩5分】電話相談無料!来所はもちろんオンラインでの相談も◎破産管財人としても活動している弁護士が、あなたを全力でサポート致します。

借金・債務整理の詳細分野

依頼内容

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • ヤミ金対応
  • 任意整理
  • 個人再生

対応体制

  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

借金は、人の心を消耗させ、正常な思考を奪います。
現在、コロナウイルスの影響で思わぬ事態になってしまった方も多いでしょう。
当事務所は、借金に苦しんでいる人がどうにか普通の生活に戻っていただくため、
お手伝いをさせていただきたいと思っています。

---------------------------------------
弊所ではご相談者様がもっと安心してご相談頂けるよう以下の体制をとっております。
---------------------------------------

①お電話でのご相談無料
②スマホからも◎オンラインでのご相談無料(zoom、チームス、スカイプ)
③もちろん来所での初回相談無料

全てのご相談は原則30分無料ですが、ご状況に応じて対応させて頂きます。
「こんなこと弁護士に相談してもいいのかわからない….」
そういったお悩みもまずはお電話にてお気軽にお問合せください。
また、正式にご依頼いただいた場合、依頼者様の生活を一番に考えて、
分割払いにも対応しておりますのでご相談下さい。

---------------------------------------
当弁護士の強み
---------------------------------------

破産事件に関して、申立てのみならず破産管財人※としても活動していますので、
※破産管財人とは、破産法の破産手続において、破産財団に属する財産の管理及び処分をする権利を有する者をいう。
裁判所が気にするポイントを押さえた申立てを心掛けておりますので、
スムーズに免責が受けられるようにすすることが可能です。
また、困難性がある案件で大手事務所に断られてしまったという人でも、
できる限り対応させていただいています。

---------------------------------------
よくあるご相談
---------------------------------------

・コロナの影響で事業の継続が難しい。
・自宅のローンの返済ができなくなった。
・転職等で給料が減って生活のために借り入れが膨らんでしまった。
・消費者金融からの借入金を投資に回したが、詐欺被害だったようだ。
・精神的な病気のために働けなくなり返済ができなくなった。
・年金暮らしだが、借金が多くて生活できない。

--------------------------------------
アクセス
--------------------------------------
南海高野線 堺東駅 徒歩5分

■堺市役所、裁判所(大阪地方裁判所堺支部)の南側の通りに面しています。当事務所は裁判所の南側のビル(材庄ビル)5階です。

◆電車でお越しのご相談者様
大阪市内からは、南海難波駅までお越しいただき、南海高野線にお乗換え下さい。
南海本線近隣にお住まいの方は、南海本線堺駅で下車いただき、南海本線堺駅と南海高野線堺東駅を結ぶシャトルバスにご乗車頂き、市役所前で下車ください。

◆お車でお越しのご相談者様
事務所には専用駐車場はございません。最寄に多数コインパーキングがございますのでお車でお越しの方はそちらをご利用ください。

--------------------------------------
当事務所HPはこちら
--------------------------------------
泉田法律事務所
https://izuta-law.com/

この分野の法律相談

2年半前、当時の主人のDVが原因で幼子3人と母子寮に逃げ込み離婚しました。 その際、婚姻期間自営業で働いていた主人が私のクレジットカードで仕事をしていた為、私の元に借金120万が残りました。 母子寮に期限があり、子供達は児童相談所に一時保護して頂き、私は生活基盤構築の為家を借りました。 その後、...

なるほど、できるだけご希望に沿うように考えてみたいと思いましたが、生活保護だからというよりも、月1万円の返済であれば、120万円を返そうと思えば、単純に120か月、10年かかります。 通常、任意整理の場合、長くとも6年程度の返済プランで交渉を行います。どんな事情であれ、10年も待ってくれる債権者はいません。 解決見込みがありませんから、債務整理で受ける弁...

泉田 健司弁護士

現在自己破産の依頼をお願いしている最中となります。 中小の消費者金融及び携帯電話会社へは受任通知が送られ返答も返ってきはじめている状況でございます。 いくつか不明点がありご質問させていただきたく書き込みをいたしました。 ①破産の手続き開始前と後の明確な切り分けはございますでしょうか? ...

①破産の手続き開始前と後の明確な切り分けはございますでしょうか? (受任通知を出したら手続き開始、相談して契約した時点で手続き開始等) 相談して契約した時点→弁護士との委任契約の成立 受任通知を出す→債権者に通知することにより、債権者から直接の連絡がとまり、志原も停止する。 裁判所に破産を申立て裁判所が開始決定を出す→裁判上の手続きの開始 ...

泉田 健司弁護士

昨年の4月にとある法律事務所に任意整理を依頼しましたが1社の消費者金融のみ和解出来ず今年の4月に破産に切り替えました。 最近担当弁護士から電話で聞いたのですが訴訟を起こされ判決を取られているということでした。 任意整理する時に相手方が僕の勤務先情報の開示を求めていたそうですが教えてないそ...

> 勤務先を知られていなければ今回の判決が給与差し押さえだとしてもあまり慌てなくて大丈夫なものでしょうか? 勤務先がわからないと給与の差し押えはできません。 > またすでに自己破産の受任通知が届いてても、また新たに訴訟を起こしてくるものでしょうか? > 個人的に大手の会社は費用対効果を考えて特に対抗策を打ってくることは無いのではと思っていますが...

泉田 健司弁護士

借金・債務整理の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回相談無料
着手金 破産・再生の場合30万円~、任意整理の場合一社当たり2万円
備考欄 病気やケガでご来所が困難な場合には、出張相談も致します。分割払いを希望の場合は、ご相談ください。

料金表の消費税に関しまして、新税率(10%)と旧税率(8%ないし5%)が混在している可能性があります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理

特徴をみる

所属事務所情報

所属事務所
泉田法律事務所
所在地
〒590-0079
大阪府 堺市堺区新町4-7 材庄ビル5階
最寄り駅
南海高野線 堺東駅(西口より徒歩5分)
交通アクセス
  • 駐車場近く
設備
  • 完全個室で相談
事務所URL
所属弁護士数
2 人

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 再編・倒産
  • 知的財産
  • 企業法務
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 医療
  • 消費者被害
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 税務訴訟
  • 国際・外国人問題
  • 知的財産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪被害
  • インターネット
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 行政事件
  • 近隣トラブル

電話で問い合わせ
050-5887-0835

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
土日及び夜間に法律相談御希望の方は事前にメール又はお電話にてお問合せ下さい。

対応地域

所属事務所情報

所属事務所
泉田法律事務所
所在地
大阪府 堺市堺区新町4-7 材庄ビル5階
最寄駅
南海高野線 堺東駅(西口より徒歩5分)
現在営業中 09:00 - 18:00

泉田法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5887-0835

※泉田法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
土日及び夜間に法律相談御希望の方は事前にメール又はお電話にてお問合せ下さい。

対応地域

事務所の対応体制
駐車場近く
完全個室で相談