現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
藤内 健吉弁護士

( とうない けんきち ) 藤内 健吉

心斎橋中央法律事務所

借金・債務整理

分野を変更する
【弁護士直通電話対応/法人・事業者の破産・廃業支援・会社と連帯保証人の債務整理】経験の豊富さが強みです。安心してご相談ください。【心斎橋駅徒歩5分】
心斎橋中央法律事務所
心斎橋中央法律事務所
心斎橋中央法律事務所

借金・債務整理の詳細分野

依頼内容

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • ヤミ金対応
  • 任意整理
  • 個人再生

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 分割払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

事業者/法人様の債務問題は私にお任せください!

新型コロナウイルスの影響により、景況感の悪化を実感する日々となってしまいました。
買掛金・借入の支払ができないなど将来の資金繰りや返済の不安、事業の継続可能性の不安についても、ぜひご相談下さい。

私自身、事業会社の役員として経営にも関与しており、また弁護士としても様々な業態の事業ともかかわりを持ち、これまでも事業者・法人の方からのご相談を多く解決してきました。
コロナ前の事業の収支、資産と負債の状況等をうかがい、リスケで事業を立て直すことが出来ないか、事業を継続するための法的手段はないかなど、相談者の方の意向を最大限に尊重した方策を検討させていただきます。
相談者の方にとって最善の解決を得られるお手伝いをさせてください。
ご相談をお待ちしております。

ご相談例

  • 会社をたたむことになったので、破産の手続きや清算をお願いしたい。
  • コロナの影響により、客足が減り、経営が困難だ。
  • 自転車操業状態でどうしたら良いかわからない。
  • 会社の休業が続き、支払いができない。
  • 経営が悪化しているが、何とか事業を再生させたい。
  • 会社の資金繰りが厳しく、もうすぐ破産せざるを得ない。方々に迷惑をかけたくないがどうしたらよいか。
  • 破産申立手続に必要な書類を教えて欲しい。
  • 事業をこのまま継続できるのか、廃業すべきなのか迷っている
  • 破産する方法しか残っていないのか知りたい。
  • 経営が厳しいが事業は存続させたい。再生を適用できないか。

特徴

◎幅広い業種において、経営者様の再出発をサポートさせて頂いた実績があります。
◎再建が不可能な会社については、破産法に従って清算し、経営者様の再出発のサポートをいたします。手続きに必要となる書類作成、債権者/従業員等との交渉、すべて弁護士が対応させて頂きます。

重点取扱案件

  • 自己破産
  • 事業者破産
  • 個人再生
  • 事業再生
  • 私的整理
  • 金融機関との交渉・折衝(債務の交渉含む)
  • 資金繰り管理

◎事務所のサポート体制
お客様のご都合に合わせて、当日・休日・夜間相談もお受けしております。
遠方のご相談者様には、必要に応じて出張相談も対応いたします。
メールにて24時間予約受付を行っております。平日の日中ですとお電話が難しい方は、ぜひメールでのお問い合わせをご利用ください。
※返信は翌営業日以降、順次となります。

☞費用について
事案の難易や作業量に応じて、適切な費用設定を行います。

----------------------
■アクセス
大阪市営地下鉄心斎橋駅から徒歩5分

借金・債務整理

料金表をみる

借金・債務整理の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
その他 相談料:60分ごとに5000円(税別)
弁護士費用はご相談に応じますので、お気軽にお問い合わせください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理

特徴をみる

不動産・建築

分野を変更する
※弁護士直通電話対応/大家様・不動産オーナー様向け※【心斎橋駅徒歩5分】スポット案件から顧問契約まで対応しています。
心斎橋中央法律事務所
心斎橋中央法律事務所
心斎橋中央法律事務所

不動産・建築の詳細分野

賃貸トラブル

  • 賃料・家賃交渉
  • 建物明け渡し・立ち退き
  • 借地権

売買トラブル

  • 欠陥住宅
  • 任意売却

近隣トラブル

  • 騒音・振動
  • 土地の境界線

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 分割払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

※不動産オーナー様、不動産仲介業者様、不動産管理会社様など、不動産関連業を営まれている企業様のご相談に注力しております。

不動産経営に特化

ビルやマンションの経営に特化した、不動産オーナー様のための法務サポートを提供いたします。不動産に関する日々の法律相談はもちろん、賃料請求や不動産の事業承継、不動産管理など多種多様なご相談に応じます。

ご相談例

  • 賃料の滞納が続いており、建物の明け渡しを請求したい。
  • マンション管理組合の顧問弁護士を探したい。
  • 売買契約でトラブルが起こった。
  • 不動産売買、不動産賃貸で、トラブルが発生している。
  • 不動産登記手続について、サポートしてほしい。
  • 問題のある入居者を退去させたい。
  • 売買契約でトラブルが起こった。
  • 不動産業者だが、仲介物件の仲介料が支払われず困っている。
  • 不動産の購入を検討しているが、法的リスクを教えてほしい。
  • 賃料の回収・明渡の請求をしたい。
  • 共有物件を処理したい。

特徴

◎スポット案件から顧問契約まで対応しています。
◎リスクを可能な限り最小にした、賃貸借契約書の作成を行います。
◎不動産経営/賃貸経営に関しても、弁護士としての視点から的確なアドバイスが可能です。

賃料回収について

賃料滞納の回収は時間が経過するほど、
滞納家賃額がふくらみ、回収が難しくなる可能性が高いです。
ぜひ、早期の段階で弁護士にご相談ください。

取り扱い案件

不動産の収去・明渡、共有物件の対応、不動産買収対応
賃料・管理費回収、建物明け渡し請求、不動産管理、借地・借家問題、マンションを巡る問題
天災による破損時の対応、不動産業者の労務トラブル、不動産関係の登記申請

事務所のサポート体制

  • お客様のご都合に合わせて、当日・休日・夜間相談もお受けしております。
  • 遠方のご相談者様には、必要に応じて出張相談も対応いたします。

【24時間予約受付】
心斎橋中央法律事務所では、メールにて24時間予約受付を行っております。平日の日中ですとお電話が難しい方は、ぜひメールでのお問い合わせをご利用ください。
※返信は翌営業日以降、順次となります。

☞費用について
事案の難易や作業量に応じて、適切な費用設定を行います。
少額の案件でも、費用倒れとならない費用設定により対応しています。
顧問契約の締結を前提とする場合は、それに応じて費用の割引対応をしています。

----------------------
■アクセス
大阪市営地下鉄心斎橋駅から徒歩5分

不動産・建築の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 60分ごとに5,000円(税別)
訴訟等着手金 ① 最低10万円、得られた利益に応じて別途成功報酬

② 賃料の1割(上限3万円)の顧問契約の締結を条件に、不動産の明渡案件については、基本的に賃料の2か月分(下限は10万円)を着手金とし、同額を成功報酬とします。ただし、強制執行の申立が必要となった場合は、別途5万円の手数料をいただきます。

③ 占有移転禁止の仮処分等の民事保全手続き、明渡執行等の民事執行手続き:別途(単独での依頼可)

④ 費用は事業の状況、事案の難易・予想される作業量を踏まえて、事前にご説明させていただきます。
備考欄 状況に応じた柔軟かつ納得のいく費用の取り決めを協議します。
見通しも含めた見積により、依頼の可否を判断していただきます。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

不動産・建築の解決事例(5件)

分野を変更する

不動産・建築の解決事例 1

賃料の滞納による退去請求

  • 建物明け渡し・立ち退き

相談前

住居物件において、賃料を滞納しているにもかかわらず、そのまま数か月以上も居住している個人の方に対して、退去を求めたいということで相談を受けました。①体調を崩して入院してしまった方、②電話連絡がつかなくなってしまった方

相談後

任意の交渉継続しても、時間がかかるだけに終わる可能性が高いので、直ちに訴訟を提起しました。①のように入院してしまった方を相手とする場合は、病院に訴状を送付してもらい、欠席判決を受けて、明渡の強制執行を行いました。強制執行においては、残置物が価値の無い物と評価してもらい、保管料はかかりませんでしたが、処分費用だけで30万円程度はかかりました。②については、諦めて、強制執行の申立後、ようやく諦めて引越をすることになり、ほとんどの物を搬出した結果、6万円程度の処分費用で済みました。

藤内 健吉弁護士からのコメント

藤内 健吉弁護士

退去明渡を求める場合、強制執行の際に残置物がたくさんあると、多額の保管料、処分費用がかかってしまいます。賃料の滞納が生じた場合は、できるだけ早く督促を行い、交渉ができている段階で任意に明渡退去を求めるのが費用も最小限にすむことが多いです。最悪の場合も、執行官や執行業者と相談をしながら、できるだけ処分費用等がかからないように進めるべきです。

不動産・建築の解決事例 2

区分所有マンションの滞納管理費の回収

相談前

区分所有マンションにおいて、管理費・修繕積立金・駐車料金等の滞納が生じ、その回収について相談を受けました。

相談後

訴訟を提起して、分割払いの裁判上の和解を行い、滞納を解消していく場合が多くの解決方法です。判決をもらった後に、①マンション内の動産執行を行って、その際に就職先が分かって給料の差押により回収した事例、②解約されたにもかかわらず使用を続けいていた駐車場に止めていた自動車を差し押さえて、直ちに滞納分を回収した事例、③住宅ローンも完済していたことから不動産競売を申し立てて、直ちに滞納分を回収した事例などがあります。

藤内 健吉弁護士からのコメント

藤内 健吉弁護士

滞納が半年を超えてくると、支払うのも困難であるし、支払う意欲もなくす方もかなり多いです。早い段階から、具体的な回収のための協議を進めるべきですし、訴訟等に至った場合も優先的に支払わせる意思をもたせるよう対応を考えていく必要があります。

不動産・建築の解決事例 3

滞納した住宅ローン物件のリースバック

  • 任意売却

相談前

親子2人で居住していた自宅について、収入の減少により住宅ローンの支払が困難となり、破産も含めて、不動産の処理についても相談を受けました。

相談後

すでに20年近く住宅ローンを支払っていたものの、現在の不動産の価値は相当に低い状態になっており、単純に売却しても相当の残債務が残る状況でした。破産の覚悟は決めたものの、引越はしたくないという意向を持っていたので、売却後に賃貸借契約も締結してもらうことを条件に、仲介を依頼した結果、家賃と債権者の希望する売却価格の条件に合う買主が見つかり、破産にはなったものの、引越はせずにそのまま自宅に住み続けることができました。

藤内 健吉弁護士からのコメント

藤内 健吉弁護士

不動産に関連して、破産等他の法律問題が絡む事例はよくあります。不動産の売却チャンネルや不動産の市況など不動産流通の知識・経験があれば、よりよい解決を導くことができます。

不動産・建築の解決事例 4

テナントビルの購入に際しての法的調査

相談前

ある企業が多数のテナントが入るビルを購入するに際して、同ビルの所有法人とビルの権利関係等の調査を踏まえて、購入のスキームも検討するための調査の相談を受けました。

相談後

ビルのテナントの賃料の支払状況や契約内容から法的なリスクを洗い出し、ビルの価値算定に当たり、リスクも踏まえた価格決定がなされた。大きくは、ビル所有法人の株式を取得する方法とビルの所有権を取得するスキームが検討されたが、法人が第三者から訴訟を提起されており、訴訟の見通しも踏まえて、ビルの所有権を取得するスキームとすることが決定された。

藤内 健吉弁護士からのコメント

藤内 健吉弁護士

テナントが複数入っている等には、単に不動産の所有権を取得するだけでなく、法的な権利関係も承継することになります。仲介業者においても一定の調査を行い、権利関係を説明することになりますが、訴訟等の法的手続や民事法・商事法など多種の法律にも携わる知識経験も踏まえた弁護士に対して調査を依頼したほうがよい場合もあります。

不動産・建築の解決事例 5

多数の利害関係にいる区分マンションの購入

相談前

名義人ではないものの区分マンションの費用を負担してきた方が同区分マンションを売却したいという意向を有し、それを購入したいという意向を有する方からの相談でした。同区分マンションの名義人の方は債務を負っていたことから、仮差押もされている状況でした。

相談後

第1抵当権者との弁済金額の交渉、仮差押債権者との交渉と仮差押登記の抹消のための法的手続きを経て、名義人の方の了解を得て、売主・買主の価格条件が折り合い、売却に至りました。

藤内 健吉弁護士からのコメント

藤内 健吉弁護士

いろいろな経緯から、権利関係が複雑になってしまった物件について処理を相談されることは時々あります。不動産業者の方が諦めてしまっても、法律上の制度を利用することで取引が可能となる場合があります。

労働問題

分野を変更する
弁護士直通/中小企業のメーカーの取締役として経営者の立場からもお答えします。会社のビジネスモデル、業界状況、組織体制など現状を踏まえて、最適な問題解決を。
心斎橋中央法律事務所
心斎橋中央法律事務所
心斎橋中央法律事務所

労働問題の詳細分野

原因

  • パワハラ・セクハラ
  • 給料・残業代請求
  • 労働条件・人事異動
  • 不当解雇
  • 労災認定

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 分割払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

※主に使用者側の労働問題として、残業代請求、解雇等の事案を取り組むほか、中小企業のメーカーの取締役として経営者の立場からも労働問題に接しております。
※会社の規模、業種に関わらず、ご依頼お待ちしております。

メッセージ

年々、人事労務に関するご相談が増えています。
未払い残業代請求の問題や解雇問題、パワハラやセクハラといったハラスメント問題など、多様なトラブルに対して、企業も迅速な対応が求められています。
大きなトラブルとなってしまう前に、労働条件の整備や契約書の見直しなど一つひとつアドバイスいたします。

ご相談例

  • 従業員から解雇無効を主張されている。
  • パワハラ、セクハラだと訴えられた。
  • 従業員が労働基準監督署に相談したり、労災の申請がされたりして、労働基準監督署の調査の連絡がきた。
  • 契約書や就業規則をチェックしたい。
  • 会社内で起きたトラブルを解決できる弁護士が欲しい。
  • 残業代の請求をされた。
  • 従業員が突然会社に来なくなった。どうしたらよいか。
  • 従業員が工事中に事故で大けがをして会社に莫大な損害賠償を請求してきた。
  • 採用した従業員の能力が、会社の求めている基準に達していないので、解雇したい

重点取扱案件

パワハラ、メンタルヘルス等の問題、使用者側における解雇、配置転換、
就業規則の作成及びチェック、労働基準監督署の対応

強み

◎会社のビジネスモデル、業界状況、組織体制など会社の現状を踏まえて、最適な問題解決を図ります。
◎密に連絡を取り合いながら、リスクに強い会社づくりをお手伝いします。
◎さまざまな事業分野において、多数の会社の顧問経験がございます。

特徴

●ご自分で交渉するのは多くの困難を伴いますが、弁護士が代理することで交渉/手続きを全てお任せいただけます。
●些細なことでも心に迷いがある場合はお気軽にご相談ください。簡単なご質問はお電話でのご相談も承っております。

【24時間予約受付】
心斎橋中央法律事務所では、メールにて24時間予約受付を行っております。平日の日中ですとお電話が難しい方は、ぜひメールでのお問い合わせをご利用ください。
※返信は翌営業日以降、順次となります。

☞費用について
個別の相談から、訴訟等の法的手続きまで、事案の難易や問題となる事項の経済的利益に応じて、適切な費用設定を行います。
また、顧問等の継続的にご依頼をいただけるような場合には、それに応じた割引もさせていただきます。

----------------------
■アクセス
大阪市営地下鉄心斎橋駅から徒歩5分

労働問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
その他 相談料:60分ごとに5000円(税別)
弁護士費用はご相談に応じますので、お気軽にお問い合わせください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

労働問題

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
心斎橋中央法律事務所
所在地
〒542-0081
大阪府 大阪市中央区南船場4-7-6 心斎橋中央ビル2階
最寄り駅
大阪市営地下鉄心斎橋駅から徒歩5分
交通アクセス
駐車場近く
受付時間
  • 平日09:00 - 20:00
定休日
土,日,祝
備考
メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しておりますので、ぜひお気軽にご利用下さいませ。
対応地域

全国

設備
  • 完全個室で相談
事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 労働
  • 債権回収
  • インターネット
  • 不動産・建築
  • 企業法務
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 医療
  • 消費者被害
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 知的財産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪被害
  • インターネット
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 近隣トラブル

電話で問い合わせ
050-5283-6904

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

藤内 健吉弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5283-6904
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 20:00
定休日
土,日,祝
備考
メールフォームからのお問い合わせは24時間受付しておりますので、ぜひお気軽にご利用下さいませ。
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談