現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
横関 侑平弁護士

( よこぜき ゆうへい ) 横関 侑平

横関総合法律事務所

現在営業中 08:00 - 23:00

離婚・男女問題

分野を変更する
【離婚事件 多数取扱いあり】
【費用を抑えた協議離婚バックアップも可能】
【淀屋橋駅,北浜駅から徒歩8分】まずは,お電話でご相談ください。
横関総合法律事務所

裁判所の北門前にある法律事務所です。大小2つの相談スペースがございます。

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 全国出張対応
  • 当日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料

STEP①
 まずは,お電話にて,10分程度に限り,無料でご相談を承ります。
 その上で,必要があれば,当事務所にご来所いただきます。
【※なお,電話でのご相談のみで解決を得られそうであるにもかかわらず,無理にご来所いただくことは一切行っておりません。安心してお電話ください。】
 
STEP②
 ご来所いただいた場合の相談料は1万円/回(税別。時間制限は特に設けておりません。)となっております。
 相談に時間制限を特に設けていないのは,問題解決の指針を示すためには相談者様から,有用な情報を多く引き出すことが重要であり,時間を気にせず,お話ししやすい環境でお話ししていただくためです。
 事件としてご依頼いただくか否かにかかわらず,問題解決に向けた指針となるようアドバイスをさせていただきます。
 相談の結果,今後の見通しや,考えられるリスクなど,諸事情を考慮したうえで,当職が事件を受任させていただくべきであると判断した場合には,具体的な費用等について細かくご説明させていただきます。
【※場合によっては,費用を抑えた,協議離婚バックアップ方式で,関与させていただくことも可能です。ご相談ください。】

STEP③
 以上の流れを踏まえたうえで,実際に委任を受け事件が始まると,弁護士と依頼者様は,二人三脚で走っていくことになりますので,信頼関係が何より重要です。後悔のない弁護士選択をしてください。

【アクセス】

(電車の場合)
北浜駅から徒歩約8分
淀屋橋駅から徒歩約8分
南森町駅から徒歩約9分

(お車の場合)
ビルの隣(西側)等に有料駐車場が複数ございます。

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 事務所でのご相談は,お時間にかかわらず10,000円(税別)とさせていただきます。
離婚等の調停 着手金:金20万円~金30万円 (税別)
報酬金:金20万円~金30万円 (税別)
※事案の難易等により増減を考慮させていただきます。
※離婚調停と同時に他の調停も並行して申し立てるべき場 合もありますので,詳しくはご相談ください。
離婚等の訴訟 着手金:30万円~金50万円(税別)
報酬金:30万円~金50万円(税別)
※事案の難易等により増減を考慮させていただきます。
公正証書作成に関する代理 総額:金10万円~金15万円(税別)
※公正証書の原案作成および公証役場との折衝および公証 役場への同行費用をすべて含みます。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(5件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

夫の浮気,ギャンブル,借金による離婚と浮気相手女性への慰謝料請求

  • 不倫・浮気
  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 別居
  • 慰謝料
  • 借金・浪費
依頼主 女性

相談前

依頼者の女性は,夫の浮気や借金が原因で別居を開始しましたが,精神的に追い詰められており,今後,離婚に向かってどのように過ごしていくべきなのか分からず,ご自分の気持ちも整理ができていない状況でした。

相談後

まずは,婚姻費用(生活費)を確保するため,調停を申し立てました。そして,離婚に向けた話し合いをすべく,別途の調停も申し立てました。さらに,浮気相手の女性に対し,慰謝料を請求すべく交渉を開始しました。

夫との話し合いにより,依頼者は無事,お子様の親権を得ることができ,また,養育費はボーナス時の増額分も含めた妥当なものを得ることができました。財産分与についても,依頼者の希望通りの結果が得られました。

浮気相手への慰謝請求については,交渉が決裂したため,相手を被告として訴訟提起しました。複数回の期日を重ねた結果,相手から一定額の金銭を即時に支払う旨の和解を成立させることができました。

横関 侑平弁護士からのコメント

横関 侑平弁護士

婚姻費用の請求については迅速な対応が求められます(婚姻費用は,月日を遡って請求することができない,とされているからです)。
また,離婚調停と浮気相手への慰謝料請求訴訟が同時に進行し,事件が複雑化するケースもありますので,申立てのタイミングなど,よく作戦を立てて手続きをとっていくことが肝心であると思います。

離婚・男女問題の解決事例 2

DVを原因とする離婚

  • DV・暴力
依頼主 女性

相談前

依頼者は,夫から複数回殴られ怪我をしました。夫は,刑事事件の被疑者として捜査機関に身体を拘束されていました。

相談後

夫の釈放後,当職が夫と交渉した結果,親権や養育費等を決め,離婚の合意をすることができました。

また,夫は釈放されたとはいえ,刑事事件は終結していませんでしたので,「被害者参加」の手続き(被害者として刑事事件に参加する手続き)も検討しました。

横関 侑平弁護士からのコメント

横関 侑平弁護士

DVを受けて離婚するケースでは,①刑事事件に参加する「被害者参加」や,②新たに民事訴訟を起こすことなく,刑事事件の資料を用いて裁判所に損害賠償額の決定をしてもらう「損害賠償命令制度」も利用できる可能性があります。また,③相手から,今後も暴行や脅迫等を受ける可能性がある場合には,つきまとい等を禁止する「保護命令」を裁判所に出してもらうべき場合もあります。

離婚・男女問題の解決事例 3

配偶者の親族との不和を一つの理由とする離婚

  • 親権
  • 別居
  • 婚姻費用
  • 離婚請求
  • 親族関係
依頼主 女性

相談前

依頼者は,夫の親族の言動に深く傷ついてしまい,夫に対してもこの事態に適切な対処をしてくれなかったとして不信感を募らせていきました。
別居を開始した後,当事者どうしで離婚に向けた話し合いを続けてきましたが,まとまらないため相談に来られました。

相談後

婚姻費用を請求する調停と離婚調停を申し立てました。

婚姻費用については,調停申立てに先立ち,取り急ぎ,内容証明郵便にて支払いを請求しておいたため,もらい損ねる部分を少なくすることができました(婚姻費用は,月日を遡って請求することはできないとされているのです)。

他方,離婚については,裁判所の調査官による調査が実施される等,長期にわたり期日が開かれました。最終的には,訴訟内で和解による離婚が成立しました。また,無事,親権を得ることもできました。

横関 侑平弁護士からのコメント

横関 侑平弁護士

配偶者の両親やきょうだいとの不和は,それだけで直ちに離婚原因として認められるわけではありません。義母らとのトラブルがあったのにもかかわらず,夫が修復に努めなかった等、最終的には,”夫に問題があるため夫との婚姻継続が困難であること”に結び付けていかねばなりません。判決による離婚は,あくまで,民法上の離婚事由が存在するか否かという観点で判断されますから,離婚事由の存否が微妙であると思われる事例においては,和解による離婚を目指すべきでしょう。

離婚・男女問題の解決事例 4

家族への不信感や恐怖からの破綻

  • 別居
  • 離婚請求
依頼主 男性

相談前

依頼者の男性は,ご自身の仕事やお子様の教育等について悩んでおられました。依頼者と妻子との距離はどんどん開いていき,家庭内別居の状態を経て、最終的には実際に別居を開始されました。

相談後

離婚調停を申し立て,主に養育費や財産分与について話し合いを重ねました。

横関 侑平弁護士からのコメント

横関 侑平弁護士

離婚の手続きや条件交渉について尽力したことは勿論のことですが,特に本件では,依頼者様の心の声をしっかりと聴き,どこでどのように家族らとの溝が深まっていったのかを紐解くことが重要と判断しました。
これにより,依頼者ご自身が,要望や各離婚条件の優先順位等をしっかりと整理し確認することができましたので,無事に調停で離婚の合意をすることができました。

離婚・男女問題の解決事例 5

夫のお金の遣い方を原因とする離婚

  • 別居
  • 離婚請求
  • 借金・浪費
依頼主 女性

相談前

依頼者は,他県で単身赴任中の夫の金遣いの荒さや,これまでの生活での言動に対する不満が募り,子らを連れて,遠隔地での別居を開始しました。

相談後

婚姻費用を請求する調停を申し立てましたが,手続きを進めるうちに,依頼者自身,離婚への決意が十分とはいえない状態であることが判明してきました。そこで,依頼者の同意のもと,婚姻費用の調停の中で,夫と依頼者が同席し,直接話し合う機会をもつことになりました(通常,調停は当事者双方が顔を合わせることがないようになっています)。

その結果,依頼者は,やはり離婚するしかないとの決意を固めました。そこで,当職は,裁判所の手続きによらず,交渉により離婚を進めていきました。

最終的に,協議により離婚の合意が成立したため,公証役場において公正証書を作成した上で,依頼者が離婚届を提出したことにより,無事,離婚することができました。

横関 侑平弁護士からのコメント

横関 侑平弁護士

協議による離婚においては,条件等を書面にしたうえで,公正証書として作成・保管してもらうべきです(特に,こちらが支払いを受ける側である場合)。さらに,離婚届を提出する必要があります。調停や訴訟による離婚の場合とは,必要な手続きが少し異なるので注意してください。

犯罪・刑事事件

分野を変更する
【多数の取扱いあり 身体解放・情状弁護・示談・控訴・少年】
【裁判所からスグ 徒歩10秒】
横関総合法律事務所

裁判所の北門前にある法律事務所です。大小2つの相談スペースがございます。

犯罪・刑事事件の詳細分野

タイプ

  • 被害者
  • 加害者

事件内容

  • 少年事件
  • 児童買春・児童ポルノ
  • 詐欺
  • 痴漢
  • 盗撮
  • 強制性交(強姦)・わいせつ
  • 暴行・傷害
  • 窃盗・万引き
  • 強盗
  • 横領
  • 交通犯罪
  • 覚せい剤・大麻・麻薬

対応体制

  • 全国出張対応
  • 当日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料

 私はこれまで,多数の刑事事件を取り扱ってきました。以下,簡単ではありますが,テーマごとにお話しいたします。

【接 見】
 ご本人が警察署などで拘束されている場合は,まず接見に行き,ご本人からお話をうかがいます。
 もちろん,くわしい事情を聞き取ることは一つの大きな目的です。
 しかし,身体を拘束されている方にとって,弁護士が接見に来てくれるということ自体,単純に「心強い」ものであり,拘束状態に耐える気力を持ち直してもらうことが期待できます。これも,接見の大事な目的なのです。

【示 談】
 また,被害者が存在し,ご本人も犯行を認めておられるような事件であれば,示談交渉も行うこともあるでしょう。その場合には,私はご本人とともに犯行を振り返り,ご本人の深い反省状況を被害者の方にお伝えするなどして,示談を目指します。あくまで,人間どうしの真心のこもった交渉となるよう心がけています。

【裁 判】
 事件が正式に起訴された場合,裁判所の法廷で裁判が開かれることになります。被告人となったご本人との打合せはもちろんのこと,場合によっては,証人として出廷するご家族の方や職場の方などとの打合せも必要になります。
 多くの方は,法廷の独特のムードに慣れておられませんが,当事務所では,必ず事前に丁寧な打合せをしておりますので,皆さんちゃんと乗り切っておられます。
 また,ご本人や証言者が言いたいと思っていることを,うまく引き出すような尋問(質問)を行うことも弁護人の腕の見せどころです。
 どうぞご安心ください。

【えん罪】
 私はかつて,ご本人が被疑事実を否認しているような事件を複数取り扱いました。その主張を認めてもらうことができた事件もあれば,そうでなかった事件もありました。
 あなたが今,捜査段階(=まだ起訴・不起訴が決まっていない段階)におられ,被疑事実を否認しているのであれば,まずは不起訴を目指すべきです。なぜなら,ひとたび起訴されてしまえば,有罪となる確率は99パーセントを超えるからです。
 ただし,不起訴も,犯罪の性質や行為態様などによって難易度が変わってきます。ずっと黙秘を貫いていれば必ず不起訴になるというわけでは決してありません。(なお,犯行を認めているケースであっても,反省したり,示談をしたりすれば必ず不起訴になるというわけでは決してありません。)
 後々のことをよく考えて,弁護人としっかりコミュニケーションをとり,慎重に最良の選択肢を探るようにしましょう。

【控訴審】
 また,第一審の判決に不服があるような場合もあるでしょう。刑事事件の控訴審は,基本的には,
 ゛第一審判決までに出された資料に基づいて,第一審判決の妥当性を審査する” というものです(これを,法律用語で「事後審」といいます)。ですので,控訴審で,新たな事実や証拠を提出しようとしても,第一審ほど簡単には認めてもらえない場合があるのです(つまり,刑事事件における控訴審は,単なる゛第2ラウンド”や゛延長戦”ではないのです)。
 私は,刑事控訴審の以上のような特殊性に対し,実務的にも学問的にも強い関心を寄せています。

★刑事事件は,誰にとっても,自分の人生を大きく左右するかもしれない大きな出来事です。一緒に頑張ります。

【アクセス】
★大阪高等裁判所・地方裁判所の北門の目の前です。
(電車の場合 )
北浜駅から徒歩約8分
淀屋橋駅から徒歩約8分
南森町駅から徒歩約9分
(お車の場合)
ビルの隣(西側)等に有料駐車場が複数ございます。

犯罪・刑事事件の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 ●1万円(税別)/回(時間の制限は特に設けておりません。)
●ただし,初回の電話によるご相談は10分間程度に限り,無料で承ります。
着手金と報酬金 【着手金】
簡易事案:30万円~(税別)
通常事案:50万円~(税別)
複雑事案,裁判員対象事件:100万円~(税別)

【報酬金】
 結果(不起訴,略式処分,求刑よりも減軽された判決,無罪等)により,30万円~100万円程度です。
※具体的な金額は契約時に明示させていただきます。
その他諸費用 以上に加え,
・遠方の接見や出張になる場合の日当
・送料や交通費等の諸経費
が発生する場合もありますが,詳細な事情を伺った上で決めさせていただきますので,ご安心下さい。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

犯罪・刑事事件の解決事例(6件)

分野を変更する

犯罪・刑事事件の解決事例 1

一審判決破棄(複数件の強盗罪等)

  • 強盗
  • 加害者
依頼主 男性

相談前

 1審判決で,3年8か月の懲役刑の判決を受けた段階で,ご相談を受けました。
 裁判までの記録を検討したところ,1審判決の時点では,被害者4名のうち,2名と示談を成立させることができていませんでした。

相談後

 受任後,私は,被害者2名と,交渉を開始し,最終的には2名ともに示談に応じていただくことができました。また,依頼者自身にも自分を見つめ直し反省することを促しました。
 以上の成果を控訴審で示した結果,1審判決は破棄され,刑期は短縮されました。

横関 侑平弁護士からのコメント

横関 侑平弁護士

 アクリル板越しの接見ですが,向こう側にいる依頼者に対して,弁護士として全人格をもって対話し,ぶつかっていくことが大事だと思います。信頼関係はその先に見えてくるものです。私が「弁護人」である以前に「人」であるのと同様,「被疑者・被告人」も人格をもった「人」です。それを意識した弁護活動を心がけています。

犯罪・刑事事件の解決事例 2

少年の保護観察期間中の再犯→試験観察→保護観察

  • 少年事件
  • 加害者
依頼主 10代 男性

相談前

 少年は,傷害行為により保護観察を受けていましたが,その期間中に,再度,違法行為をするに至ってしまいました。

相談後

 私は,鑑別所で過ごす少年と,何度も面会を重ね,再度の違法行為に至った理由や背景事情などを丹念に聞き取りました。最終的には,家庭裁判所の審判において,「試験観察に付し,もう一度だけチャンスを与える」ことを決定してもらうことができました。試験観察期間経過後,再度の審判においては,無事,保護観察の処分となりました。

横関 侑平弁護士からのコメント

横関 侑平弁護士

 私は,もちろん,少年の心の内のすべてを理解することはできていないでしょうし,私の解釈が,間違っている部分もあったかも知れません。しかし,とにかく,少年との信頼関係を築かないことには,何も始まらないとの信念から,丁寧に心のキャッチボールを繰り返しました。
 事件後は,少年やご両親からも感謝のお言葉をいただくことができました。私は,今も,彼に明るい未来が開けることを祈ってやみません。

犯罪・刑事事件の解決事例 3

勾留取消→執行猶予(傷害罪)

  • 暴行・傷害
  • 加害者
依頼主 男性

相談前

20代男性の傷害事件。酒を飲んでいた状態での犯行。傷害結果も軽いものではなかった。身柄は拘束され,当職は複数回の接見を重ねた。

相談後

被害者の方と示談を成立させた。その上で,本人が猛省しており,被害者も示談に応じてくれたこと,本人の親族が監督を誓っていること等を裁判官に対し強く主張し,勾留取消を認めてもらった。
公判当日,本人はスーツ姿で自宅から出廷し,落ち着いて公判に臨んだ。
犯行態様や傷害結果は決して軽いものではなかったが,何とか執行猶予判決をもらうことができた。

横関 侑平弁護士からのコメント

横関 侑平弁護士

勾留取消を認めてもらうことは,一般的にハードルの高いことです。
なお,勾留取消とは別に,保釈金を準備して身柄拘束を解くことを求める「保釈」制度もあります。
状況に応じて選択していくべきでしょう。

犯罪・刑事事件の解決事例 4

一審判決破棄(恐喝罪等)

  • 加害者

相談前

一審判決で実刑判決を受けていた。

相談後

本人は,控訴中に反省を深め,少しでも示談をしたいとの気持ちになった。そこで当職は,複数の被害者らと示談を行い,控訴審で主張した結果,一審判決の実刑期間を短縮することができた。

横関 侑平弁護士からのコメント

横関 侑平弁護士

控訴審では,一審判決後に新たな示談が成立した場合,一審判決が短縮される可能性があります。一審段階では間に合わなかった示談があったり,一審段階では無かった謝罪の気持ちが芽生えたりした場合には,必ず弁護士に相談してください。

犯罪・刑事事件の解決事例 5

勾留請求却下→不起訴(強制わいせつ未遂)

  • 強制性交(強姦)・わいせつ
  • 加害者

相談前

依頼者は強制わいせつ未遂の嫌疑で,早朝突然,逮捕された。ご家族は突然のことに驚き,どうしてよいか分からない状態であった。

相談後

すぐさま警察署へ接見に行き,事情を聴いた。依頼者自身,まったく身に覚えがない事件であった上,動機や本人の生活状況に照らしてもえん罪の可能性が十分にあると判断した。
そこで,何としても身体拘束を続けさせないようにするため,大急ぎで意見書を作成し,検察官や裁判官に提出した。その上で電話で事情を説明する機会ももらった。その結果,検察からの勾留請求は却下され,依頼者は無事,家に帰ることができた。
それ以降は,家から警察署へ赴いて取調べを受けることになった。取り調べの度に,「違うことは違う,黙秘すべきことは黙秘する」これを何度も打ち合わせた。
長い戦いであったが,不起訴処分を得ることができた。

横関 侑平弁護士からのコメント

横関 侑平弁護士

本件で,仮に,勾留が認められ身体拘束期間が長く続いていたとしたら,もしかすると事実と異なる自白をしてしまい,起訴され有罪が確定していたかもしれません。「身体拘束」は,それだけ異常な状況下に身を置かれるということなのです。

犯罪・刑事事件の解決事例 6

一審判決破棄(窃盗罪)

  • 窃盗・万引き
  • 加害者
依頼主 男性

相談前

依頼者の方は,前刑の執行猶予期間中に,別の犯罪を犯してしまいました。

相談後

 私たち(依頼者のご家族や職場の方々)は,控訴裁判所に対し,依頼者が第一審判決以降,仕事や普段の生活の中で更生に向けていかに努力しているかということや,依頼者の周囲の人々がどれだけ支えてくれているかということを,できる限り訴えました。
 その結果,再度の執行猶予を得ることはできませんでしたが,第一審判決は破棄され,刑期は短縮されました。

横関 侑平弁護士からのコメント

横関 侑平弁護士

 いわゆる「再度の執行猶予」とは,前回の事件の執行猶予期間中に今回の事件の判決を迎え,再び執行猶予をもらうことを言いますが,これは,非常にハードルが高いものです。
 それでも,諦めることなく,ありのままの現在の自分の姿(反省,更生など)を,目いっぱい示すことが大事だと思います。これは,控訴審の結果のためにも,また,依頼者ご自身のためにも大事なことなのだと思います。

借金・債務整理

分野を変更する
【自己破産案件取扱多数 お気軽にご相談ください。】
横関総合法律事務所

裁判所の北門前にある法律事務所です。大小2つの相談スペースがございます。

対応体制

  • 全国出張対応
  • 当日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料

STEP①
 まずは,10分間程度無料の電話相談をご利用ください。ご依頼いただくか否かにかかわらず,問題解決に向けた指針を示せるよう,ご相談させていただきます。

STEP②
 問題解決の指針を示すためには,とにかく相談者様から,有用な情報を多く引き出すことが重要です。場合によっては,ご来所いただき,より詳しいご相談をさせていただきます。お話ししやすい環境で,お待ちしております。

STEP③
 今後の見通しや,考えられるリスクなど,諸事情を考慮したうえで,当職が事件を受任させていただくべきであると判断した場合には,具体的な費用等について細かくご説明させていただきます。

STEP④
 以上の流れを踏まえたうえで,実際に委任していただくか否かをお決めください。事件が始まると,弁護士と依頼者様は,二人三脚で走っていくことになりますので,信頼関係が何より重要です。

【アクセス】
(電車の場合 )
北浜駅から徒歩5分
淀屋橋駅から徒歩5分
南森町駅から徒歩8分
(お車の場合)
ビルの隣(西側)に有料駐車場がございます。

借金・債務整理

料金表をみる

借金・債務整理の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回電話相談…10分間程度まで,無料です。
事務所での面談…1回11,000円
着手金 例)非事業者の自己破産…30万円(税別)~
ケースにより様々ですので,事案により具体的にご提示させていただきます。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
横関総合法律事務所
所在地
〒530-0047
大阪府 大阪市北区西天満4-6-4 R-IIビル5階
最寄り駅
淀屋橋(大江橋)駅
受付時間
  • 平日08:00 - 23:00
  • 土曜08:00 - 23:00
定休日
日,祝
備考
事前にご連絡頂ければ平日夜間の相談も対応させていただきます。お問い合わせください。
対応地域

関西

  • 大阪
  • 兵庫
  • 奈良
  • 滋賀
  • 和歌山

中国

  • 岡山
設備
  • 完全個室で相談
  • バリアフリー

電話で問い合わせ
050-5827-6795

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

現在営業中 08:00 - 23:00

横関 侑平弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5827-6795
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日08:00 - 23:00
  • 土曜08:00 - 23:00
定休日
日,祝
備考
事前にご連絡頂ければ平日夜間の相談も対応させていただきます。お問い合わせください。
設備
完全個室で相談
バリアフリー
「事務所建物入口から相談スペースまで車椅子で移動でき、トイレも車椅子のまま利用できる」を定義としています。