お気に入りに追加
式森 達郎弁護士

( しきもり たつろう ) 式森 達郎

法律事務所プリウス

現在営業中 09:00 - 19:00

労働問題

分野を変更する
【初回相談無料/弁護士ランキング上位獲得】経営者が抱える労働問題に迅速・適切に対処し企業活動をサポートします!【Web会議対応/南森町駅・大阪天満宮駅より徒歩5分】
法律事務所プリウス
法律事務所プリウス
法律事務所プリウス

労働問題の詳細分野

原因

  • パワハラ・セクハラ
  • 給料・残業代請求
  • 労働条件・人事異動
  • 不当解雇
  • 労災認定

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

“炎上”する前に適切な対応を!

近年ではSNSの普及にともない、企業と労働者の間で労働紛争が行われるというのではなく、労働者が一方的に社会に対して企業内の問題を告発するような事例が増加しています。
企業にとってはいわゆる“炎上”しやすい状態になったため、レピュテーションリスクは以前にもまして非常に高くなりました。
いまや労働問題は、企業と労働者だけの問題にとどまらず、企業の取引先や顧客との関係性にも大きな影響を及ぼす問題となっています。
適切に、迅速に収束させるためにも、問題が大きくなる前に、まずは弁護士にご相談ください。

適切な労使関係の構築をサポートします

企業にとって最大の問題のひとつが従業員との労働関係です。
労働問題が、経営に深刻なダメージを与える大きな金銭的負担を伴う場合も珍しくありません。
当事務所では、労働者側・企業側の双方の立場で労働問題を解決した実績が多数ございます。
適切な労働関係の構築と労働問題への対処を通じて、企業の活動をサポートいたしますので、安心してご相談ください。

▼具体的な取扱内容

特に力を入れている案件

  • 問題社員の退職勧奨・解雇
  • 従業員がハラスメント(パワハラ・セクハラ・マタハラなど)を行った時の対応
  • 残業代を請求された時の対応
  • 会社経営者側の労働審判の対応
  • 就業規則の変更・見直し

上記以外のご相談も幅広く受け付けております。まずは一度ご相談ください。

豊富な解決実績

解雇・雇い止め・残業代請求・配置転換・就業規則・未払賃金請求・降格・マタハラ・セクハラ・パワハラ・メンタルヘルス問題・従業員の引抜き・秘密保持契約違反・労災・社会保障費不払などの労働問題について、企業側・労働者側の双方の立場で幅広く取扱い・解決した実績があります。

↓詳細は解決事例をご覧ください↓
給料・残業代請求/労働条件・人事異動/労災認定/不当解雇
https://www.bengo4.com/osaka/a_27100/g_27127/l_339175/#pro5_case

▼充実のサポート体制

【1】当日・夜間・休日相談に対応(要予約)

出来るかぎり迅速に対応できるよう当日・土日祝日・夜間も柔軟に対応しています。
打ち合わせ等でお電話に出られない場合がありますので、メールでのお問い合わせが確実です。

【2】ラインでのご予約、オンライン面談の大歓迎

お仕事の関係でご来所が難しい方にもご相談頂けるようオンラインでのご相談も承っております。
ラインでの予約も大歓迎です。
@045gvvug
より友達に追加の上、ご連絡ください。

【3】コミュニケーションを大切にしています

依頼者様の不安を払拭し、ご意向に沿う解決となるよう、メール・電話・面談・Web会議等を利用して、密なコミュニケーションを心掛けています。
情報漏洩に配慮した個室にて、丁寧にお話をうかがった上で、誠心誠意対応させて頂きます。

【4】初回相談は30分間無料です

まずは安心してご相談頂けるよう、初回相談は30分間無料としております。
問題解決にかかる費用や対応方針については、初回相談時にわかりやすくご説明いたします。

▼事務所情報

アクセス

地下鉄「南森町」駅、JR東西線「大阪天満宮」駅より徒歩5分
※事情によって、出張法律相談も承ります。

事務所公式ホームページ

https://prius-law.com/labor/

この分野の法律相談

【相談の背景】 コンビニエンスストアを経営しております。 700円で1回引くことが出来る抽選券の 当たりくじが少ないと思っていましたら、従業員が抜き取っていました。 防犯カメラ確認しましたら、今回だけではないようです。 【質問1】 この場合、罪に問えますか? 罪に問わずとも、解雇にあたいします...

【質問1】 この場合、罪に問えますか? 罪に問わずとも、解雇にあたいしますでしょうか? >業務上横領罪に当たると思われます。 >その額や頻度が多い場合には,解雇できる可能性が高いでしょう。額が少額の場合には,争いになる可能性もありますが,横領の場合には比較的緩やかに解雇が認められることから,有効と判断される余地は十分にあると思われます。

式森 達郎弁護士

【相談の背景】 今月、時給アップによる契約更新のため、会社より、雇用契約書(10月11日に、令和3年10月1日付けの契約書を、手渡されました)に署名捺印の上、提出を求められています。しかし、10月13日に、今年12月末付けでの退職を、会社に申し入れしており、最高責任者との面談の結果、来年1月...

【質問1】 この場合、退職日の確定(退職届の提出)の前に、契約更新(雇用契約書の提出)をしても、今年12月末又は来年1月末の退職に、影響はないでしょうか? >期間の定めがないのであれば,退職に影響は生じないでしょう。 >ただし,既に退職が決まっているという点や,新たな雇用契約書の件は,責任者に話をして,その上で,新たな雇用契約書を提出するか相談...

式森 達郎弁護士

【相談の背景】 退職時の職務手当について。小さい会社で総務の担当をしています。 有給休暇を取得し、月の途中で退職する社員の退職時精算の件ですが、基本給は日割りで支給します。通勤手当は通勤していないので0にします。 【質問1】 職務手当が45000円あるのですが、こちらは実質仕事をしていないので0...

【質問1】 職務手当が45000円あるのですが、こちらは実質仕事をしていないので0か、日割りか、満額支給しないといけないのか。皆勤手当は月の途中退職のため0円でも問題ないでしょうか。 >一般論となりますが,参考となれば幸いです。 >職務手当がどのような性質の対価であるのか,就業規則や給与規則等でご確認ください。毎月の状況に応じて変化するような手...

式森 達郎弁護士

労働問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回30分の相談は無料で承ります。
通常は30分ごとに5,500円(税込)
着手金 110,000円~(税込)
報酬金 経済的利益の額を基準に、以下で算定した額。
300万円以下の場合:17.6%
300万円を超え3,000万円以下の場合:11%+19.8万円
3,000万円を超え3億円以下の場合:6.6%+151.8万円
3億円を超える場合:4.4%+811.8万円
※上記は、全て税込表記です。
備考欄 料金は、ご状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

労働問題の解決事例(5件)

分野を変更する

労働問題の解決事例 1

もう辞めてやる!今までの残業代も支払って!

  • 給料・残業代請求

相談前

飲食店の店長からの相談です。
上長から,明日から出勤しなくていいと言われました。こんなことを言う会社には残りたいと思いませんが,今まで払ってもらってなかった残業代の支払いを請求したいです。
会社は,私が店長で管理職だし,管理職手当を支払っているから,残業代を支払わないと言っています。あと,タイムカード等での勤務時間管理はしていません。

相談後

ご依頼者は,管理職であることを理由に残業代の支払いを請求できるのか不安に思っていましたが,ご依頼者のシフトも上長から指示があり決定しているなど,「監督若しくは管理の地位にある者」(労基法第41条第2号)には当たらない可能性が高い旨をアドバイスしました。
また,タイムカードが無い点についても,月報や日報,店の定休日等から,ご依頼者が勤務していたであろう時間がわかる証拠を集めるようにアドバイスしました。
その後,会社に対する訴訟では,管理監督者には当たらず,残業していたことを前提として,スピーディーな和解を実現することができました。

式森 達郎弁護士からのコメント

式森 達郎弁護士

管理職は残業代が出ないと言われていますが,本当に残業代が出ない管理職にあたるかは,様々な事情で判断されます。また,会社はタイムカード等で客観的に勤務時間を把握するよう努める必要がありますが,タイムカードが無くても,日記や手帳のメモ,パソコンのログ,日報や月報等で残業の事実を立証できる可能性があります。
そのような勘所も含め,是非,弁護士にご相談ください。

労働問題の解決事例 2

「君,来週から〇〇支店ね!」

  • 労働条件・人事異動

相談前

正社員募集の求人票には,支店を限定した形での募集がされていましたが,会社から,別の支店への配置転換を命じられました。
支店を限定して募集されていたこと,生活環境から別支店への異動が困難であることを会社に伝えましたが,会社は,労働契約書に別支店への配置転換が可能であるとの記載があることを理由として,異動するように言ってきました。

相談後

別支店への異動は,求人票の記載と異なるため,配置転換が無効であると会社に請求することとしました。
その際,配置転換が無効であるため,異動日後も,異動前の支店に出社するようにご依頼者にお願いをしました。
そのため,会社では,既に異動の辞令が出ており,すぐに異動後の支店に出社するよう指示を受け,従わなかったご依頼者が,自宅待機命令を受けることとなりました。
このような,つらい立場をなるべく早く脱することができるように,労働審判の申立を速やかに行い,スピーディーに和解に繋げることができました。

式森 達郎弁護士からのコメント

式森 達郎弁護士

労働事件では,生活基盤を確保するために,速やかな解決が求められることが多いです。訴訟をするのか,その他の手続(仮処分や労働審判)を利用するのか,それぞれにメリットやデメリットがあります。
本相談では,つらい立場に立たされることはもちろんのこと,給与の支払いも滞ることとなり,生活基盤を早期に安定させるため,訴訟と比較して,相対的に早い解決が可能な労働審判という手続きを利用しました。
弁護士として,ご依頼者の意向と利益を考え,手続選択を行うことが重要であるといえます。

労働問題の解決事例 3

今日何時に帰れるんだろう・・・なんだか心が苦しいな。

  • 労災認定

相談前

ご相談者様は,長時間の時間外労働があり,うつ病を発症しており,医師からは休業を勧められていました。
そのような状況でも,その責任感から,勤務を継続したいと希望をお持ちでした。

相談後

病状に鑑みれば,会社やお客さんに迷惑をかけることになるかもしれないため,休業することを弁護士からも勧めました。
併せて,労災の申請を行い,日々の生活を安定させることを助言しました。
労災の申請については,うつ病発症の業務起因性が問題となることから,会社に対し,残業の事実が明らかとなるような資料の提出を求め,労災の認定を受けることができました。

式森 達郎弁護士からのコメント

式森 達郎弁護士

心理的負荷による精神障害については,労災の認定基準があり,どのような場合に業務起因性が認められるかは,一定程度明確となっています。
ただし,労災の申請をする場合には,申請人から積極的に業務起因性を基礎づける事実を資料と共に提出することが,早期の労災認定及び生活基盤の安定のために重要となります。
そのため,会社に対し,基礎づける事実についての資料を求めることが必要となります。
また,後日,会社に対し,労働契約上の安全配慮義務違反等を理由として,労災で賄われなかった休業損害等を賠償させるためにも,早期に資料の収集を行う必要があると思われます。

責任感のあるために,弁護士に相談したり,病院に行くことを躊躇うことがあると思いますが,まずはお気軽にご相談いただき,トータルな解決を目指していきましょう!

労働問題の解決事例 4

勝手に残業しないで。

  • 給料・残業代請求

相談前

企業からのご相談です。
ご相談の企業は,残業をする場合には,上長に対し,何時まで何をするのかを事前に申請し,事前に許可をもらって残業するという,事前承認制を採用していました。また,終業時間が予定よりも遅くなった場合には,次の営業日に,事後承認を経るよう従業員に求めていました。併せて,タイムカードによる出勤管理も実施していました。
ご相談は,企業を辞めた元従業員から,タイムカードを根拠に残業代の支払請求を受けたというもので,ご相談者としては,事前承認制を周知しており,事前承認申請があった残業代については全て支払っているため,追加での残業代請求には応じない姿勢でした。

相談後

残業の事前承認制は,無用の残業を避け,残業時間管理に要する労力を軽減するというメリットがあります。
他方で,タイムカードの打刻時間と,事前承認を受けた終業時間にズレが生じている場合,企業としては,労務管理として,従業員に対し,終業時にタイムカードを打刻すること,もし予定よりも終業時間が延びた場合には事後承認を得ること,終業予定時間からタイムカード打刻時間までの間にどのような業務を行っていたのか,などを聴取する必要があります。
ご相談のあった会社では,そのような確認作業を実施しておらず,本当に業務を遂行するために残業していたのか,漫然とタイムカードを打刻せず会社にいたのか,はっきりとわかりませんでした。
そのため,訴訟になれば長期化のリスクがあり,他方で解決金を支払って解決すれば他の従業員への波及(残業代請求に容易に応じる企業だという印象)があることを説明しました。それと同時に,相手方に対し,残業中に実施していた具体的な業務の内容を明らかにするよう求め,元従業員の上長や同僚に対し,聴き取り調査を実施し,可能な限り,本当に業務に従事していた時間を推計しました。
その後,企業側が早期の解決を望んだこともあり,推計した時間から,相手方請求額の約1/5程度の解決金で示談を成立させ,早期解決に繋げました。

式森 達郎弁護士からのコメント

式森 達郎弁護士

固定残業代や残業の事前承認制など,労務管理が比較的容易になるよう,企業側も様々な方法を活用しています。
しかしながら,固定残業代については就業規則等で残業代部分と基本給部分が明確に分離されているか,固定部分を超えた残業代を支払っているかなど有効になるためのハードルがあります。特に,固定残業代制度では,固定残業代と認められなければ,固定残業代部分も基本給に加え,残業代を計算することとなるので,請求される残業代の額が非常に高額となる場合もあります。
また,残業の事前承認制についても,上記のとおり,企業側は実際の労働時間とずれていないか(サービス残業をさせていないか)を把握する必要があります。

労務管理については,就業規則の見直しを含め,弁護士にご相談いただくことが今後の紛争の予防にあたっても重要となります。まずは,お気軽にご相談ください。

労働問題の解決事例 5

あらら・・・言っちゃった

  • 不当解雇

相談前

ご相談いただいたのは,メーカー系中小企業の営業部に勤務する方でした。
「ある日,突然,社長から呼び出され,営業成績が良くないから来月から来なくていいよって言われました。これって解雇ですか」というご相談をいただきました。
弁護士として受任して,相手方に対し,内容証明郵便で解雇理由を書面で明らかにするよう求めることもできますが,こちらが弁護士をたてれば,相手方も,顧問弁護士等に相談し,理論武装する可能性があります。
そのため,まずは,ご自身で社長に対し,「解雇か否か」「解雇の場合その理由は何か」「理由は書面で明らかにするように」「営業成績が悪いというのはどのような証拠で言っているのか」などを尋ねるように勧めました。その際のやり取りは録音するようにお願いしました。

相談後

相手方はワンマン社長で,従業員からしつこく解雇理由を尋ねられ,その上,書面を出すように求められたことに激昂しました。
そのやり取りの中で,「営業成績うんぬんもあるが,そもそも気に入らんねん」などと,ご相談者様を罵倒している様子が録音されていました。
このやり取りを根拠に,不当解雇であるとの内容証明を送付しました。その後,相手方にも代理人が就き,解雇の理由について様々な主張がされましたが,社長とのやり取りを反訳した書面を相手方代理人にお見せすると,早期の示談による解決を求めてきました。
ご相談者様も,このような会社で業務を継続する気はないとのことでしたので,1年分の給与相当額の解決金で会社都合退職するという内容で,早期の示談をすることができました。

式森 達郎弁護士からのコメント

式森 達郎弁護士

必ずしも,弁護士から内容証明を送ることがベストとは限りません。相手方の性格や態度によっては,まずは,ご相談者様が直接やり取りする方が,相手方が本当の事情を話してくれることもあります。
労働事件では,早急に証拠を集めることが必要となりますが,証拠の収集方法も含め,まずはお気軽にご相談ください。
また,企業側で従業員の解雇を検討している会社様においては,解雇を言い渡す前に専門家にご相談されることをお勧めいたします。

不動産・建築

分野を変更する
【初回相談料無料/法テラス利用可】!弁護士ランキング上位獲得!豊富な実績をもとに迅速な解決を図ります。【南森町駅より徒歩5分】
法律事務所プリウス
法律事務所プリウス
法律事務所プリウス

不動産・建築の詳細分野

賃貸トラブル

  • 賃料・家賃交渉
  • 建物明け渡し・立ち退き
  • 借地権

売買トラブル

  • 欠陥住宅
  • 任意売却

近隣トラブル

  • 騒音・振動
  • 土地の境界線

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり

不動産問題は私にお任せください!

迅速、丁寧に進めます
不動産・建築関係の問題を幅広く取り扱ってきたため、事案ごとに何をすべきか理解しており、被害が大きくなる前に食い止めるよう努めております。
特に、建物の明渡しは、早期に解決しなければ、新たな入居者を募集できず、キャッシュフローが悪くなってしまいます。
賃貸借契約が解除できるかも含め、あらゆる視点からベストな解決を図ります。お気軽にご連絡ください。

弁護士ランキング10位を獲得
弁護士として、ご依頼者様の「ありがとう」が何より嬉しいと感じています。
専門用語をなるべく控え、わかりやすく励まされるような回答を心がけております。

豊富な取扱い・解決実績

これまで、幅広い不動産・建築分野の事件を解決した実績があります。

<賃貸借のトラブルに関するもの>

  • 建物明渡請求
  • 賃料支払請求
  • 賃料増減額請求
  • 建物明渡時の原状回復費用支払請求

<マンション・建築問題に関するもの>

  • 建物の不具合等を理由とした損害賠償請求
  • 隣地建物の工事による損害を理由とした損害賠償請求
  • 建物の不具合等を理由とした損害賠償請求
  • 上階漏水を理由とした損害賠償請求
  • マンション管理費に関する問題
  • 建築請負費用支払請求・境界確定

▼具体的な取扱内容

特に力を入れている案件

  • 建物明渡請求・賃料支払請求
  • 賃料増減額請求
  • 不動産売却交渉
  • 建物の契約不適合を理由とする損害賠償請求

このようなときはご相談ください

  • 賃料滞納が続いており、建物の明け渡しを請求したい。
  • 不動産を売却したいが、共有となっている上、共有者に相続が発生しており、売却に向けて整理したい。
  • 景気動向から賃料が近隣の相場と比較して不相当になっており、賃料を増額又は減額したい。

上記以外のご相談も幅広く受け付けております。

▼充実のサポート体制

【1】当日・夜間・休日相談に対応(要予約)

出来るだけ迅速に対応できるよう当日・土日祝日・夜間も柔軟に対応しています。
打ち合わせ等でお電話に出られない場合がありますので、メールでのお問い合わせが確実です。
※メールは24時間受付。

【2】コミュニケーションを大切にしています

依頼者の不安を払拭し、ご意向に沿う解決となるよう、メール・電話・面談・Web会議等を利用して、密なコミュニケーションを心掛けています。
丁寧にお話をうかがった上で、誠心誠意対応させて頂きます。

【3】明るく相談しやすい事務所です

当事務所では、お越しいただく方に、少しでもリラックスしてご相談いただけるように、明るく親しみやすい空間づくりを心がけています。
プライベートに配慮した個室もご用意しております。

【4】料金も柔軟対応いたします

安心してご相談頂けるよう、初回相談は30分間無料としております。支払いにご不安がある方もどうぞご遠慮なくご相談ください。
収入などの条件があえば、法テラスの民事法律扶助制度(相談を無料にしたり、依頼費用を分割にできる制度)をご利用いただけます。

▼事務所情報

アクセス

地下鉄「南森町」駅、JR東西線「大阪天満宮」駅より徒歩5分
※事情によって、出張法律相談も承ります。

事務所公式ホームページ

https://prius-law.com/

この分野の法律相談

【相談の背景】 先日入居したばかりの、短期解約違約金について。 契約書に、「1年未満に解約する場合は、違約金として1ヶ月の賃料を支払うものとする。」 「また、賃貸発生日より6ヶ月間は解約不可とする。但し、6ヶ月間までの残存月分の賃料・固定費を支払うことで解約することが出来る」 と契約書に書かれて...

【質問1】 質問ですが、この場合、 1ヶ月目で退去を希望した場合、残存月分+1ヶ月分の賃料を支払うことは免れないでしょうか。 ご教授お願いします。 >賃貸借契約書の内容が明確ではなく一概には決めることができないものとなっています。 >ご相談者様としては,6か月分の中に違約金相当部分も含まれるのであるから,1か月分を加算して支払う必要...

式森 達郎弁護士

【相談の背景】 賃貸物件に入居しています。台所の流しのすぐ横に入居時からIHコンロが備え付けてありますが、先日故障しました。管理会社に申し出ますと、長年にわたって水がかかったからだろうということで、大家さんに聞いてみるから待てと言われています。そもそも物理的に水がかかるであろう場所に設置され...

【質問1】 元々備え付けの物品が通常使用・経年劣化で故障した場合、大家負担で修理してもらえないということがあるのでしょうか? >一般論となりますが,当該設備について家主が設置したものであり,重要事項説明書等にも記載がある設備であれば,貸主が修補する必要があるでしょう。 【質問2】 生活に直結する物品の故障によって食費がかさみ(常識的な...

式森 達郎弁護士

【相談の背景】 先週、賃貸で住まわせていただいている家の大家さんと不動産関係の営業の方が「退去」のお願いに来られました。 老朽化にともない取り壊したいから「6か月間の猶予・敷金返還・お礼金8万円」で合意書に判子を押してほしいと言われました。 あまりの突然のことですし、築は古いですが10年前に一...

【質問1】 知人や親族に聞くと立ち退き料で200万もらった話もある、インターネットにも書かれていると言われていますが、本当に可能な額なのでしょうか?個人的には過度な要求な気がしますが。 >過去の裁判例には,同様の賃料の建物について200万円程の立退料を認めた裁判例があります。 >賃貸人側の建替えの必要性や合理性と賃借人側の負担を総合的に考慮して...

式森 達郎弁護士

不動産・建築の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回30分の相談は無料で承ります。
通常は,30分ごとに5,500円(税込)
着手金 110,000円~(税込)
報酬金 経済的利益の額を基準に、以下で算定した額。
300万円以下の場合:17.6%
300万円を超え3,000万円以下の場合:11%+19.8万円
3,000万円を超え3億円以下の場合:6.6%+151.8万円
3億円を超える場合:4.4%+811.8万円
※上記は、全て税込表記です。
備考欄 料金は、ご状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

不動産・建築の解決事例(2件)

分野を変更する

不動産・建築の解決事例 1

まとめて払えばいいってもんじゃない

  • 建物明け渡し・立ち退き

相談前

マンションを賃貸している大家さんからの相談です。
賃料を断続的に滞納している賃借人がいます。2か月分の賃料を滞納することがあるのですが,こちらから連絡すれば,3か月後や6か月後にまとまったお金が入るので,その際に滞納分をまとめて払うとおっしゃり,ほぼその約束通り,滞納分を支払ってもらえます。
賃貸借契約を解約するためには,3か月の家賃の滞納が必要だと聞いています。断続的に滞納しているような場合でも賃貸借契約を解約することができますか。

相談後

ご相談者は,「賃貸借契約を解除するには3か月の賃料滞納」が必要と考えているようでした。しかしながら,賃貸借契約が解除できるかは信頼関係が破壊されているといえるかが重要であることを伝えました。
賃料の入金状況を取りまとめ,断続的に滞納があったことを証拠にし,建物明渡請求訴訟を提起の上,和解により早期に立ち退いていただくことができました。

式森 達郎弁護士からのコメント

式森 達郎弁護士

どのような場合に,信頼関係が破壊されていないと言えるかは,不払いの程度・金額,不払いに至った経緯,契約締結時の事情,過去の賃料支払状況等,催告の有無・内容,催告後あるいは解除の意思表示後の賃借人の対応等を総合的に斟酌して判断されることとなります。
賃借人に立ち退いてもらいたい場合に,賃貸借契約の解除が可能か,滞納期間だけで判断せず,総合的に証拠を収集することが必要です。

不動産・建築の解決事例 2

ゴミ出しルールを守らないと・・・

  • 建物明け渡し・立ち退き

相談前

相談者はテナントビルのオーナーです。
入居中のテナントのうち,1店舗が,ゴミ出しのルールを守らず,回収できないゴミを出したり,不用品を共用部で保管するなど,ゴミ出しルールを守っていないため,他の店舗から苦情が寄せられているとのご相談でした。
ご相談者様としては,賃貸借契約を解除したいとのご意向でしたが,ルール違反に対する注意は,口頭による注意のみで,書面等で是正を促すなどの措置はとっていませんでした。

相談後

そこで,弁護士から内容証明郵便を送ると,ゴミ出しルールを守るようになるかもしれないことから,ご相談者様において,ルール違反を認めた場合には,書面で是正を促すようお願いしました。
相手方は,書面で是正を促しても,ルール違反を繰り返し,3度目のルール違反で,弁護士から内容証明郵便を送付し,賃貸借契約を解除しました。
その後,相手方にも代理人が就き,早期に明け渡しを前提とする示談を成立させることができました。

式森 達郎弁護士からのコメント

式森 達郎弁護士

ゴミ出しルールを含め,共用部が汚れていると,次の入居者が見つかりにくかったり,他の入居者もゴミ出しルールを守らなくなるなど,様々な影響が生じます。
共用部分への荷物の放置なども同様です。
何度も注意しているにもかかわらず改善しない場合には賃貸借契約を解除することが可能ですので,是非弁護士にご相談ください。

離婚・男女問題

分野を変更する
【初回相談料無料/弁護士ランキング上位獲得】悩める方の力になるため、できることは何でもします!あなたの「ありがとう」が何よりの励みです。【南森町駅より徒歩3分】
法律事務所プリウス
法律事務所プリウス
法律事務所プリウス

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

丁寧に、全力でサポートします

「弁護士」と聞いて浮かぶのはどんなイメージでしょうか。「堅くて難しい」印象ではありませんでしょうか。
私は大学、総務省での経験を経て、現在大阪で弁護士として活動しています。誰よりも身近で頼れる、弁護士らしくない弁護士を目指しています。
皆様のさまざまな悩みや不安を解消して、一人ひとりが幸せになれるように、法律面はもちろん心に寄り添ってサポートします。

様々なご事情で苦しまれている方を見てまいりました。
お困りの方へ。どうかお気軽にご相談にいらしてください。
大人だって思いっきり泣きたい時があります。涙の後には前を向けるよう、全力で応援します。

離婚問題は私にお任せください!

著作が2冊(いずれも共著)あります
下記の執筆経験から、あまり見かけない財産に関する財産分与でも、適切に対応できます。

  • 「財産分与実務処理マニュアル」(新日本法規出版)
  • 「不定慰謝料の算定事例集」(新日本法規出版)

弁護士ランキング10位を獲得
弁護士として、ご依頼者様の「ありがとう」が何より嬉しいと感じています。
専門用語をなるべく控え、わかりやすく励まされるような回答を心がけております。

▼具体的な取扱内容

特に力を入れている案件

  • 財産分与
  • 慰謝料請求
  • 婚姻費用又は養育費請求
  • 面会交流

このようなときはご相談ください

  • 離婚したいけれども、同居しており、どうやって進めればいいのかわからない。
  • 相手方が出してきた以外にも、財産があると思うが、どうやって調べたらいいかわからない。
  • 相手方から多額の慰謝料請求を受けている。
  • 自宅の住宅ローンが残っているが、財産分与の際にはどのように考慮されるのか。
  • パートナーからDV・モラハラ被害を受けている。

上記以外のご相談も幅広く受け付けております。

▼充実のサポート体制

【1】当日・夜間・休日相談に対応(要予約)

出来るだけ迅速に対応できるよう当日・土日祝日・夜間も柔軟に対応しています。
打ち合わせ等でお電話に出られない場合がありますので、メールでのお問い合わせが確実です。
※メールは24時間受付。

【2】コミュニケーションを大切にしています

依頼者の不安を払拭し、ご意向に沿う解決となるよう、メール・電話・面談・Web会議等を利用して、密なコミュニケーションを心掛けています。
丁寧にお話をうかがった上で、誠心誠意対応させて頂きます。

【3】明るく相談しやすい事務所です

当事務所では、お越しいただく方に、少しでもリラックスしてご相談いただけるように、明るく親しみやすい空間づくりを心がけています。
プライベートに配慮した個室もご用意しております。

【4】料金も柔軟対応いたします

安心してご相談頂けるよう、初回相談は30分間無料としております。支払いにご不安がある方もどうぞご遠慮なくご相談ください。
収入などの条件があえば、法テラスの民事法律扶助制度(相談を無料にしたり、依頼費用を分割にできる制度)をご利用いただけます。

▼事務所情報

アクセス

地下鉄「南森町」駅、JR東西線「大阪天満宮」駅より徒歩5分
※事情によって、出張法律相談も承ります。

事務所公式ホームページ

https://prius-law.com/

この分野の法律相談

【相談の背景】 現在、離婚に向けて別居し調停中です。 いま私(妻)と息子(6歳)旦那の扶養に入ってますが、離婚しても親権に関わらず、子は旦那の扶養に入れれると知りました。 そこで、疑問が出てきたので 知識のお力添えを頂きたく、質問させて頂きます。 【質問1】 私は旦那の扶養を抜けたあと 職場の社...

【質問1】 私は旦那の扶養を抜けたあと 職場の社会保険に加入予定です。 社会保険には子の扶養を入れられますか? またその場合、私は子の扶養をしているので扶養控除が受けられますか? >同居のお子さんであれば,特に問題なく扶養控除を受けることが可能です。 >また,通常,社会保険についても扶養親族と認められることとなるでしょう。 ...

式森 達郎弁護士

【相談の背景】 資格喪失証明書についてです。 4月末に調停離婚しました。 5月初めに離婚届を提出。 これまで再三あちらに資格喪失証明書を送付するようお願いしておりましまが無視されており、最近勇気を出して連絡してみました。 私としましては、資格喪失日は離婚調停成立日だと思っていたのですぐに送って...

離婚調停後の離婚届は,調停により離婚が成立しており,それを確認的に届け出るというものです。 このような考え方からすれば,離婚調停成立日が資格喪失日になるでしょう。

式森 達郎弁護士

【相談の背景】 先日、父が大病で入院致しました。 長期治療になりそうです。 万が一のことも踏まえ事前にご相談させてください。 父には80代の母(私からだと祖母)3歳上の姉(叔母)もおります。 祖父は30年前に亡くなり 父の実家は祖父から父の名義に変更になりました。 現在もその家に祖母が一人で生活...

【質問1】 万が一で父が亡くなることになると 現在父の名義がどうなるのでしょうか? 配偶者の母になるのかそれとも実子の長女である私になるのでしょうか?また、私は婚姻しておりますが夫は私の姓になってもらっております >法定相続人がお父様の遺産をどのように分割するかを話し合って決めるのが原則です。 >法定相続人は,ご相談の事案ではお母様...

式森 達郎弁護士

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回30分の相談は無料で承ります。
通常は30分ごとに5,500円(税込)
着手金 110,000円~(税込)
報酬金 経済的利益の額を基準に、以下で算定した額。
300万円以下の場合:17.6%
300万円を超え3,000万円以下の場合:11%+19.8万円
3,000万円を超え3億円以下の場合:6.6%+151.8万円
3億円を超える場合:4.4%+811.8万円
※上記は、全て税込表記です。
備考欄 料金は、ご状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(3件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

そんな収入でその生活おかしくない!?

  • 養育費
  • 婚姻費用
依頼主 女性

相談前

夫との離婚を検討する女性からの相談です。ご相談者は,幼児を連れて別居を開始しました。実家の援助と公的援助で,何とか生計を維持していたものの,夫から婚姻費用の支払いがありませんでした。
ご相談者としては,幼児をかかえ,今後の生活のためにもなるべく多くの婚姻費用又は養育費の支払いを受けたいと考えていたものの,夫は自営業で,事業主としての支出と,個人としての支出が,明確に分かれておらず,確定申告書での収入は非常に少ないため,確定申告書上の収入額を基礎とすれば,養育費等の額はご相談者の納得できる額とはなっておりませんでした。
そこで,ご相談者からウェブサイトを通じてご依頼いただき,離婚調停を申立て,調停において,相手方の実質的な収入を明らかにするよう求めました。

相談後

ご依頼者から伺った事情では,相手方は,事業に係る経費として,自宅賃貸マンションの賃料や友人との会食費,ご依頼者へのプレゼント代や事業とは関連性のないハイブランド品の購入費などを計上しているとのことでした。
確定申告書は青色申告だったため,帳簿類の開示を求めましたが,一部の費用以外は私的な経費であるか明確になりませんでした。
そのため,開示を受けた通帳類の支出から,本来必要であるにもかかわらず引き落とされていない支出等を洗い出し,実質的に支出していた生活費を推計することで,ご依頼者の利益になる内容での調停を成立させることができました。

式森 達郎弁護士からのコメント

式森 達郎弁護士

家庭裁判所から養育費算定表が出されており,婚姻費用や養育費は,同算定表を基準に算定される場合が多数です。
しかしながら,算定表は,あくまで一般的な支出を類型的に処理したものであり,特別の事情があれば算定表より高額又は定額となる場合もあります。
本件のように,相手方が自営業者である場合,確定申告書記載の収入が,実収入であることが強く推認されます(確定申告で嘘はつかないだろうという経験則があるため)。
しかしながら,自営業者の場合には個人の支出と事業支出が未分離である場合も多く,算定表において,自営業者について会社員よりも高額の養育費が設定されているとはいえ,生活実態とかけ離れている場合もあり得ます。
今後の生活を安定させるためにも,適切な養育費等の支払いを求めることは重要になります。お気軽にご相談ください。

離婚・男女問題の解決事例 2

結婚できなのは知ってたよ!でも,いきなりお別れなんて・・・

  • 慰謝料

相談前

10年続いた内縁関係を解消するについて,相手方に慰謝料の請求と,荷物の引取りをしたいとご相談にいらっしゃいました。
ただ,内縁関係というためには,同居や経済的同一性の事実が重要になりますが,週末のみ一緒に過ごし,収入はそれぞれで別にやりくりしているとのことでした。
内縁関係の調整にあたり,家事調停を利用することとしました。

相談後

内縁関係と認められるか否かについて,争われるかと思いましたが,相手方も一方的に内縁関係を解消したことについて申し訳ないと思う気持ちがあったようで,内縁関係があったことを前提として慰謝料額の話し合いとなりました。
また,荷物の引取りに際しては,物品の特定が必要となりますが,長年の関係性から多数の物品が相手方宅にあるため,弁護士立会のもと直接引き取ることにより,双方が納得できる解決が可能となりました。

式森 達郎弁護士からのコメント

式森 達郎弁護士

当事者同士の話し合いでは解決が難しい問題でも,弁護士が第三者的な立場として参画することにより,スムーズに解決するできることもあります。
まずはお気軽にご相談ください。

離婚・男女問題の解決事例 3

あなたに尽くして30年。もう疲れました。

  • 離婚請求
  • 性格の不一致
  • モラハラ

相談前

ご相談者は,相手方と結婚して30年余りになる方でした。
既に,子ども2人は独立し,相手方が会社を定年退職したことで,夫婦で生活していました。
ご相談者様は,個人で事業をしており,それなりの収入がありましたが,相手方は定年後,趣味で出かけたりはするものの,家にいて,家事もろくにしてくれませんでした。
夫婦になって30年で,お互い働いているのに家事はご相談者様おひとりで負担し,定年退職後も仕事をするという約束も守られず,ご相談者様と親しい人について酷い言葉を言うなど,これ以上一緒にはいられないと思い,離婚を決意しました。
弁護士として,まずは別居することを勧め,離婚の調停を申し立てることとしました。

相談後

離婚調停を申し立てたものの,相手方は,離婚に応じないの一点張りでした。
今後,別居期間が延びれば,いずれは婚姻関係が破綻しているとして,離婚せざるを得なくなります。そのため,離婚したくないと主張している当事者でも,有利な条件を提示することで,離婚に応じることはよくあります。
しかしながら,今回の事案では,相手方に全く譲歩の余地がなく,調停は不調となり,離婚訴訟を提起することとなりました。
離婚訴訟では,当方から,財産分与を不要とする有利な内容の提示を行いましたが,逆に多額の現金を要求されました。この点,裁判所も法定の離婚原因があると言えるかは微妙だが,多額の現金を要求した点は今後離婚原因を判断する事情になり得るため,調書に残すこととなりました。また,別居時点での財産分与額についても,調書に残し,別居期間を延ばし,再度離婚訴訟を提起することとしました。

式森 達郎弁護士からのコメント

式森 達郎弁護士

今回の事例は,長い時間を要したものの,離婚という解決につながらなかった事例です。
例え別居期間が短くても,別居期間が延びればいずれは離婚できることになるうえ,調停や裁判には一定の期間が必要となるため,手続内で相手方が離婚に応じることが多いです。そのため,別居期間が短いことで諦めるのではなく,まずは離婚の意思があることを明確にさせるとともに,財産分与を確定させる(別居期間が長くなればその分だけ証拠が散逸する可能性があるので)ことが重要と思われます。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
法律事務所プリウス
所在地
〒530-0047
大阪府 大阪市北区西天満5-1-9 大和地所南森町ビル4階
最寄り駅
地下鉄「南森町」駅、JR東西線「大阪天満宮」駅より徒歩5分
交通アクセス
駐車場近く
受付時間
  • 平日09:00 - 19:00
定休日
土,日,祝
備考
・定休日や午後7時以降のご相談についても、対応いたします。(要予約)
・メールでのお問い合わせが確実です。
対応地域

全国

事務所URL

電話で問い合わせ
050-5815-2556

Webで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

現在営業中 09:00 - 19:00

式森 達郎弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5815-2556
Webで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 19:00
定休日
土,日,祝
備考
・定休日や午後7時以降のご相談についても、対応いたします。(要予約)
・メールでのお問い合わせが確実です。
交通アクセス
駐車場近く