現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
大西 信幸弁護士

( おおにし のぶゆき ) 大西 信幸

弁護士法人ラポール綜合法律事務所

離婚・男女問題

分野を変更する
■離婚・男女問題で累計1,000件以上の相談実績■『図解イラスト&事例でよくわかる 離婚後のトリセツ』を執筆し出版しております。離婚のことならお任せください。
弁護士法人ラポール綜合法律事務所
弁護士法人ラポール綜合法律事務所
弁護士法人ラポール綜合法律事務所

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 分割払いあり
  • カード払いあり

離婚を考える多くのご夫婦にとって、冷静に相手と話し合うことは難しく、また大きなストレスを伴うものです。そのようなご負担を軽減するためにも、ぜひ弁護士にご相談ください。

様々な夫婦間トラブルの解決に携わってきたからこそ、ご相談者にあったベストな解決策をアドバイスできると考えています。私たち弁護士が、真摯に話を伺った上で、依頼者様のケースに応じた解決策を提示し、問題解決に向けて全力でサポートいたします。

このようなお困りはありませんか?

  • 離婚するかどうかも迷っている。
  • 悪質な婚約破棄にあった。
  • 離婚したいが、なにから始めていいかわからない。
  • 離婚するにはどんな方法があるのか。
  • 相手からのDVにどう対応したらいいか。
  • 財産分与請求を出来るだけ有利に行いたい。

もちろん上記以外のご相談でも何なりとご連絡くださいませ。

弁護士法人ラポール綜合法律事務所が選ばれる理由

不動産業者等の他業種と連携しあなたを全面サポート!

案件によっては税理士、司法書士、行政書士等の隣接士業や不動産業者等の他業種といった、各分野の専門家のサポートが必要となるケースがあります。
隣接士業や他業種とのネットワークを駆使し、ワンストップサービスを提供しております。

完全個室/プライバシーに配慮

相談室は完全個室のため、人目を気にせずご相談いただけます。
また、ご相談者様のプライバシーは徹底して守りますので安心してご相談にお越しください。

便利な立地で利用しやすい法律事務所

最寄りの3駅から徒歩圏内となっております。
京阪本線・地下鉄堺筋線「北浜駅」26番出口から徒歩3分、
地下鉄「南森町駅」2番出口から徒歩9分、
JR「大阪天満宮駅」2番出口から徒歩9分

『図解イラスト&事例でよくわかる 離婚後のトリセツ』を出版

『図解イラスト&事例でよくわかる 離婚後のトリセツ』というタイトルの書籍を、代表弁護士である大西 信幸が自身で執筆し、出版しました。
離婚に関する法律の知識や考えをわかりやすくまとめました。離婚後のトラブル回避策・対処法を詳しく解説しています。
離婚した方だけではなく、離婚を検討されている方や離婚をしたくない方もぜひ、手にとっていただければ幸いです。
https://note.com/kanzen/n/ne106da9c06f5

依頼者へ心がけていること

・常にご相談者様の目線でトラブルと向き合っております。
・ご相談者様が気兼ねなく、相談できる雰囲気/環境作りを心がけております。

▶︎費用について
事件を依頼する前に、「料金」について、事件の内容やご相談者様の経済状況などに留意して、協議し決定しております。

離婚専門ホームページ「離婚のミカタ」

https://rapport-law.com/lp/

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分5,500円(税込)
※法テラスご利用の場合は相談料無料
その他費用(着手金、報酬等) 案件ごとにご相談に応じます。
※仕事をお受けする際には明瞭な費用をお伝えしますので、まずはお気軽にお問合せ、ご相談くださいませ。
※ご参考までに以下のページもご確認ください
 https://rapport-law.com/lp/
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(3件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

生活費を全く渡さなかった別居中の夫に対し調停を申し立て、約3000万円の解決金の支払いを受けた事例。

  • 別居
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 生活費を入れない
依頼主 60代 女性

相談前

従前から夫との折り合いが悪く、離婚を考えていました。3人の子供全員が社会人となり、経済的に独立したことをきっかけに、離婚を決意し、夫に離婚の話を切り出したところ、夫から、「離婚には応じるが、金は一円たりとも支払わない。今後は生活費も渡さない。」等と主張されました。夫と別居しましたが、「夫と離婚はしたいけど、離婚後の生活費が不安でどうしたらいいかわからない。夫が、どこにどれだけ財産を持っているかもわからない。」と将来のことが不安な様子でした。

相談後

弁護士は、生活費の支払い及び財産分与、年金分割等を求めるため、家庭裁判所に調停を申し立てました。申立てから数か月後、従前のままの生活費を支払う旨の調停が成立し、依頼者は当面の生活費に困らないことになりました。
その後も、調停は続き、弁護士は、裁判所を通じて、夫に全ての財産を開示させました。
調停開始から約半年が経ち、夫は依頼者の方に対し、解決金として約3000万円の支払いをする等の調停が成立し、依頼者は、離婚後の生活資金を得ることが出来ました。

大西 信幸弁護士からのコメント

大西 信幸弁護士

詳細は書けませんが、夫が経済的に妻を虐待していたケースでした。強気の交渉が功を奏し、約3000万円の解決金の支払いを受け、依頼者の方にも満足して頂けました。

離婚・男女問題の解決事例 2

暴力的な妻からの執拗な嫌がらせや給与以上の金銭要求をされていた男性が、弁護士に依頼した後、離婚ができ、平穏な生活を取り戻した事例。

  • 別居
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • DV・暴力
依頼主 40代 男性

相談前

従前から妻との喧嘩が絶えず、暴力を振るわれる等し、警察沙汰になることもあり、離婚を考えていました。妻と離婚についての話し合いをしても、妻が感情的になるだけで、まともな話し合いができず、やむなく別居することになりました。別居後、妻から、毎日のように給与以上の生活費を支払うよう電話やメールで要求をし続けられました。妻の執拗な連絡に耐えられず、無視をしていると、何度も勤務先に連絡を入れられ、誹謗中傷をされることもありました。妻の執拗な行動に耐えられなくなり、「妻の執拗な連絡を止めて欲しい。給与のほとんどを生活費として支払っていて、生活が大変。離婚もしたいけど、話し合いもできない。」等と当事務所に駆け込んでこられました。

相談後

弁護士は、妻に連絡を取り、執拗な連絡を取らないよう要求したところ、以降、妻からの連絡は止みました。その後、家庭裁判所に調停を申し立てました。申立てから数か月後、算定表に基づいた金額の生活費を支払う旨の調停が成立し、妻からの連絡も来なくなり、依頼者の方の生活は楽になりました。その後、妻に対し、解決金として、婚姻費用相当額を数年に渡り毎月支払っていく内容で離婚調停が成立し、依頼者の方は、無事、妻と離婚することができました。

大西 信幸弁護士からのコメント

大西 信幸弁護士

依頼者本人だけではなく、両親や職場にも様々な嫌がらせがあったケースでした。依頼者の方は、弁護士に依頼した後は連絡が止み、調停で離婚ができたときは、安堵の表情を浮かべていました。

離婚・男女問題の解決事例 3

離婚をかたくなに拒否をする妻と交渉をし、協議離婚が成立した事例。

  • 離婚請求
  • 性格の不一致
依頼主 50代 男性

相談前

従前から妻との性格の不一致があり、離婚を考えていました。妻と離婚についての話し合いをしても、妻は「生活に困るので離婚しない。」の一点張りで、離婚の話し合いに応じてくれません。依頼者は、「妻と離婚したい。但し、妻に対する愛情がなく、同居生活が苦痛なだけで、妻子の生活を困らせようとしているわけではない。妻子に対する経済的な援助はする。」等と弁護士に相談。

相談後

弁護士は、妻に連絡を取り、依頼者の要求事項を伝えます。約4箇月後、一時金の支払い及び毎月婚姻費用算定表を超える生活費を一定期間支払っていく等の内容で離婚の合意。合意内容を公正証書にして、協議離婚が成立します。

大西 信幸弁護士からのコメント

大西 信幸弁護士

依頼者が多少の金銭負担をしてもかまわないので、早期の離婚を望んでおられておられた事例です。交渉の結果、依頼者が望む形での協議離婚が成立し、依頼者も安心されていました。

労働問題

分野を変更する
■使用者側(企業側)の労働問題に特化■経営者のお悩みを解消■中小企業の法務部門を代行■従業員の解雇・休職・残業代請求、賃金トラブル等まずはご相談ください
弁護士法人ラポール綜合法律事務所
弁護士法人ラポール綜合法律事務所
弁護士法人ラポール綜合法律事務所

労働問題の詳細分野

原因

  • パワハラ・セクハラ
  • 給料・残業代請求
  • 労働条件・人事異動
  • 不当解雇
  • 労災認定

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 分割払いあり
  • カード払いあり

※当事務所は、使用者(企業)側のサポートに特化しております。
※会社の規模、業種に関わらず、ご依頼お待ちしております。

労働問題において弁護士に相談するメリット

現代において、使用者(企業)側は様々な点に配慮を向けながら、雇用者との関係性を築く必要があります。
また、使用者側における労働問題は、大きな損害に発展し得るという特徴があります。
企業にとって大きな損害になり得る労働問題においては、労務管理への配慮とともに、早めの弁護士へ相談する事が重要となります。
当事務所では、法律に基づいて企業経営にも目を向けながら問題解決に努めます。

このようなお悩みはありませんか?

  • 残業をしないように指示していたにもかかわらず、従業員から多額の残業代請求を受けている
  • セクハラやパワハラを繰り返す問題社員を解雇したいが、どうすればよいか
  • 経費を使い込んだ従業員を解雇したら、解雇が無効であるとして裁判を起こされた
  • 従業員からパワハラがあるとの申告があった。どのように対応すべきか
  • コロナウイルスの影響もあり在宅勤務(テレワーク)を導入したので、就業規則の変更が必要になっている
  • 会社の売り上げを考慮し、人員整理を考えている

主な顧問先企業(一例)

医療関係(整形外科)、整骨院、建設業、不動産管理業、不動産仲介業、不動産賃貸業(アパート、マンション賃貸、コワーキング)、保育事業、介護事業、運送業、一級建築士事務所、登記・測量、小売事業、飲食業、広告代理店、宗教法人、投資顧問等

重点取り扱い分野

  • 雇用契約書の作成、採用時の手続き
  • 就業規則整備(作成・改訂)
  • 賃金規程整備(作成・改訂)
  • 労基署に指摘されない賃金体系の見直し
  • 36条協定(サブロク協定)の作成・提出
  • 労基署対応
  • 取引先との契約書のチェック
  • 各種助成金の申請サポート

便利な立地で利用しやすい法律事務所

最寄りの3駅から徒歩圏内となっております。
京阪本線・地下鉄堺筋線「北浜駅」26番出口から徒歩3分、
地下鉄「南森町駅」2番出口から徒歩9分、
JR「大阪天満宮駅」2番出口から徒歩9分

労働問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分5,500円(税込)
その他(着手金・報酬金等) 着手金、報酬金に関しては基本的に、旧日弁連報酬基準に従っております。
詳細は、相談時、弁護士にお問い合わせください。

※弁護士費用は事案ごとに異なりますので、ご相談時に弁護士にお問い合わせください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

労働問題

特徴をみる

企業法務・顧問弁護士

分野を変更する
■契約書の使い回し、していませんか?■日常業務の中に多くの法的リスクが潜んでいます。契約書チェックから顧問業務まで、私にお任せください!中小企業のミカタです
弁護士法人ラポール綜合法律事務所
弁護士法人ラポール綜合法律事務所
弁護士法人ラポール綜合法律事務所

企業法務・顧問弁護士の詳細分野

依頼内容

  • M&A・事業承継
  • 人事・労務
  • 知的財産・特許
  • 倒産・事業再生
  • 渉外法務

業種別

  • エンタテインメント
  • 医療・ヘルスケア
  • IT・通信
  • 金融
  • 人材・教育
  • 環境・エネルギー
  • 運送・貿易
  • 飲食・FC関連
  • 製造・販売
  • 不動産・建設

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 分割払いあり
  • カード払いあり

法的リスクを如何に回避するか、これが重要です

大阪で活躍なさっている企業の経営者、法務担当、広告担当のみなさん、日々の企業活動本当にご苦労様です。
コロナウイルスの影響を受け、ご苦労されていらっしゃることも多いと思います。
企業活動の日常には、多くの法的リスクが潜んでします。
例えば、雇用契約や取引先との業務委受託契約、売買契約や賃貸借契約など多くの契約を各方面と締結し、業務を行っていると思います。
「■■社と今度新たに契約を締結する予定だが、●●社との契約とほとんど同じ契約だから、契約書を使い回そう」と考えがちだと思いますが、契約書のチェックは非常に重要です。契約書を作成するときは、将来起こりうる事態を想定して、対策を盛り込む必要がありますので、是非法律の専門家である弁護士にご相談ください。

労務関係の問題は会社の存続を揺るがしかねない問題です

企業、経営者の中には人事・労務管理に対する意識があまり高くなく、適切な対応ができなかったため、損害賠償責任、未払賃金・付加金の支払い、労基署からの是正勧告等の制裁等、人的・経済的・社会的に過大な負担を強いられるケースがあります。
実際に私も、そのような企業や経営者を多く見てきました。
しかしこれらの問題は、弁護士に事前に相談し適切な対策をとれば、予防することが可能です。
また、人事・労務管理を適切に行っていれば、従業員の帰属意識向上、モチベーション向上、ひいては業績の向上にもつながっていくはずです。

こんなお悩みはありませんか?

  • 新たに業務委託契約を締結する予定だが、契約書の内容を確認して欲しい
  • 新型コロナウイルスの影響で解雇したい
  • 新型コロナウイルスの影響で賃金が支払える状況ではない
  • なんでも気軽に相談できる顧問弁護士がほしい
  • 残業代込みで給料を渡していたのに、突然、残業代を支払えと請求された
  • うつ病等のメンタルヘルス不調で休職している社員への対応が知りたい
  • パワハラだと訴えられてしまった
  • リモートワークを導入したので、就業規則を改訂したい
  • そろそろ引退を考えているが、親族に会社を譲りたいので相談したい
  • 事業再構築補助金を利用して新たな事業を展開しようと思っているので、顧問となってくれる弁護士を探している

主な顧問先企業(一例)

医療関係(整形外科)、整骨院、建設業、不動産管理業、不動産仲介業、不動産賃貸業(アパート、マンション賃貸、コワーキング)、保育事業、介護事業、運送業、一級建築士事務所、登記・測量、小売事業、飲食業、広告代理店、宗教法人、投資顧問等

取り扱い案件

  • 企業法律顧問業務
  • パワハラ/セクハラ問題への対応
  • 残業代請求への対応
  • 雇用契約書等の契約書作成及びチェック
  • 取引先等・従業員との間のトラブルに代理人として介入・紛争解決

など、業種・業態に合わせたご相談に対応いたしております。

便利な立地で利用しやすい法律事務所

最寄りの3駅から徒歩圏内となっております。
京阪本線・地下鉄堺筋線「北浜駅」26番出口から徒歩3分、
地下鉄「南森町駅」2番出口から徒歩9分、
JR「大阪天満宮駅」2番出口から徒歩9分

企業法務・顧問弁護士

料金表をみる

企業法務・顧問弁護士の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分5,500円(税込)
その他費用(着手金、報酬等) 着手金、報酬金に関しては基本的に、旧日弁連報酬基準に従っております。
詳細は、相談時、弁護士にお問い合わせください。

※弁護士費用は事案ごとに異なりますので、ご相談時に弁護士にお問い合わせください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

企業法務・顧問弁護士

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
弁護士法人ラポール綜合法律事務所
所在地
〒530-0047
大阪府 大阪市北区西天満1-2-5 大阪JAビル8階
最寄り駅
地下鉄谷町・堺筋線「南森町駅」 徒歩9分
地下鉄堺筋・京阪電車「北浜駅」 徒歩3分
交通アクセス
駐車場あり
受付時間
  • 平日09:30 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
メールでの受付は24時間可能です。
休日や夜間のご相談は、事前のご予約をいただければ対応可能です。
対応地域

関西

  • 大阪
  • 兵庫
  • 京都
  • 奈良
  • 滋賀
  • 和歌山
設備
  • 完全個室で相談
事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 離婚・男女問題
  • 労働
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 消費者被害
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 知的財産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪被害
  • インターネット
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 近隣トラブル

電話で問い合わせ
050-5280-0404

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

大西 信幸弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5280-0404
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:30 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
メールでの受付は24時間可能です。
休日や夜間のご相談は、事前のご予約をいただければ対応可能です。
交通アクセス
駐車場あり
設備
完全個室で相談