現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
三木 憲明弁護士

( みき のりあき ) 三木 憲明

ニッチな分野もご相談いただいております。スポット案件も歓迎です。

いぶき法律事務所

現在営業中 09:00 - 18:00

みんなの法律相談回答一覧

ご質問の場合は、著作権法46条により、自由利用が可能(私的に楽しむためならなおさら自由)と解されます。つまり、撮影は自由だということです。 (公開の美術の著作物等の利用) 第四十六条 (前略)...

回答日 2014年07月24日 22:40
この回答がある質問
著作権

「代表も解任してくれない」ということは、その実質的オーナーは先に私が書いた理屈を知っているから、あえてあなたを解任しないということではないでしょうか(しかし、解任しないなら、会社からあなたへの役員報...

回答日 2014年07月24日 21:31
この回答がある質問
業務妨害

その実質的オーナーのしていることは、(ご指摘の口座が会社名義のものであるという前提で書きますが)会社財産を危うくする違法行為です。 あなたとしては、そのようなことにならないように万全を期す義務があ...

回答日 2014年07月24日 21:26
この回答がある質問
業務妨害

論理的には請求可能だと解されますが、問題は立証ですね。 現時点で立証材料として有用と考えられるのは、6か月前に近所の自転車屋に行ったときのやりとりを記録したものがないかですが、その自転車屋さんには...

回答日 2014年07月17日 18:15
この回答がある質問
民事紛争の解決手続き

インターネットオークション関係では、平成21年に著作権法改正がありまして、美術品に関する画像利用のルールが新設されました(著作権法47条の2)。 要するに、美術の著作物につき、ネット上で譲渡の申出...

回答日 2014年07月17日 07:41
この回答がある質問
通信販売・オークション

納期については、書面による定めがあれば万全ですが、なくとも立証可能な場合があります。わかりやすい例でいうと、オリンピックの競技会場であれば、オリンピックが開催されるまでに完成されていなければならない...

回答日 2014年07月16日 00:49
この回答がある質問
建築

契約書がなく、口約束のみということですが、建物(鉄骨倉庫)の仕様やせめて納期の約束を証明できる材料はありますか? おそらく仕様の合意を証明するのは至難と推測しますが、せめて納期の約束だけでも証明で...

回答日 2014年07月16日 00:18
この回答がある質問
建築

①開発委託契約書はありますか? ②その契約書には、MTGについての定めがありますか? ③どのような内容ですか? ④契約書がない場合、口頭でも構いませんが、MTGについて何らかの約束がありました...

回答日 2014年07月15日 23:58
この回答がある質問
他社との取引や契約

購入者であるChateauLatourさんが販売者(Aとします)に対価を支払っていても、Aが講師や予備校などの著作権者(Xとします)にきちんとした対価を払っていなければ、録音物は著作権侵害品です。

回答日 2014年07月14日 12:18
この回答がある質問
インターネット

他人の講義を無断で録音して販売する行為は、少なくとも口述権(著作権法24条)を侵害するものとして、そして通常は複製権侵害ともなり、違法と解されます。 こうした違法録音物の売買については、譲渡権(著...

回答日 2014年07月14日 01:27
この回答がある質問
インターネット

ご質問の場合は、投稿者に何らかの経済的負担が発生するものではないようですから、投稿者の中から抽選で1000円のギフト券をプレゼントするということ(景品表示法の「懸賞」に類似する行為)を行っても景品表...

回答日 2014年07月12日 09:22

chikitan22さん、とりあえず姉上ご夫妻とお話しされてみて、そのときは何かを「言い返す」ということではなく、「今日は聞きます。私の考えは後日まとめて改めてお伝えします。」と言ってみて下さい。 ...

回答日 2014年07月11日 21:23

「何も心配ない」と申し上げたのは、会社の債権者からchikitan22さん名義の不動産を差し押さえられる心配はないという意味です。 姉上ご夫妻への疑念については、何とも判断のしようがありませんが、...

回答日 2014年07月11日 10:29

お父上のお話のとおりであれば、何も心配することはないと思います。

回答日 2014年07月11日 10:00

お父上の会社の債務を連帯保証していないchikitan22さんが支払わなければならない法的根拠はありません。 ただ、chikitan22さんが贈与を受けたと考えていた不動産が実は会社や会社の連帯保...

回答日 2014年07月11日 09:32

薬事法の44条~48条には毒薬及び劇薬に特有の保管等に関する義務が法定されていますが、予防薬(具体的にどのような薬か分かりませんが…)についてはそのような義務は及びません。 このように、ご質問の場...

回答日 2014年07月11日 09:20
この回答がある質問
窃盗・万引き

みっちょんさんの感覚がふつうです。 対応が必要な相手をその隣人と考えずに、自治会であるとか他の隣人であるとか、要するに健全な地域の方々との関係を大切にして、いざというときにはその方々に味方になって...

回答日 2014年07月10日 10:58
この回答がある質問
騒音・振動

確かに相手の主張も一理あります。 しかし、あくまで私見ですが、もし訴訟になってもみっちょんさんが敗訴する可能性は低いと思います。裁判所は、もちろん条例等のデシベル規制は尊重しますが、そのことだけで...

回答日 2014年07月10日 09:13
この回答がある質問
騒音・振動

民法235条の目隠し請求権は「境界線から1メートル未満の距離において他人の宅地を見通すことのできる窓又は縁側(ベランダを含む)」について認められるものですから、境界線から1.5mとなると、請求権とい...

回答日 2014年07月10日 09:04
この回答がある質問
土地の境界線

そうですね、ただ「立証責任」の概念はamamori さんが思っているほど硬直的なものではありませんので、そのあたりのことも含めて弁護士に具体的に相談されたほうがいいでしょうね。

回答日 2014年07月09日 13:52

最初のご質問から事実関係が変遷しているように思えます(特約条項にある文言として、引渡から「1年」が「2年」になっている)が、そこは措くとして、無効と解すべき特約は瑕疵担保責任の存続期間を引渡時からの...

回答日 2014年07月09日 10:42

ご質問のケースでは、不法行為のほかに瑕疵担保責任もなお問える余地があるのではないかと考えます。 まず、瑕疵担保責任の存続期間を引渡後1年に短縮する旨の特約は、あなたが事業の一環として本件建物を買っ...

回答日 2014年07月09日 09:25

それはケースバイケースですね。 先に書いたとおり、アーカイブも様々ですし、そこでのルール(規約等)もさらにいろいろなバリエーションがあるため、一概にはいえません。 また、これも先に書いたように、...

回答日 2014年07月09日 00:41

先ほどの回答で貼ったリンクが誤っていました。 正しくは http://www.cric.or.jp/qa/multimedia/ です。 このQ12を見て下さい。 失礼しました。

回答日 2014年07月09日 00:01
この回答がある質問
インターネット

なるほど、ようやく追いつきました(失礼しました)。 「弁護士ドットコムで出た質問者の質問あるいはこれに対する弁護士の回答をそのまま複製する行為は著作権侵害か」と問われれば、原則としてYESとなりま...

回答日 2014年07月08日 23:18

結論としては、リンクを貼る行為は問題なしです。 他方、いわゆる埋め込み等で自己のページと他者(著作権者)のページとの区別がはっきりせず、混同が生じるおそれがある場合は、著作権侵害とされる場合があり...

回答日 2014年07月08日 22:59
この回答がある質問
インターネット

最初の質問というのは次の質問ですね。 「ウェブ上の記事や書き込みをウェブアーカイブへ保存する行為が、著作権侵害であるとして民事や刑事で争われていたような例はありますか?」 記事や書き込みがどのよ...

回答日 2014年07月08日 17:49

確かに「黙示の許諾」については慎重に考えるべきでしょうね。 http://www.bunka.go.jp/publish/bunkachou_geppou/2013_03/series_09/se...

回答日 2014年07月08日 11:01

ご質問の場合、厳密に言うと、①あなたがした工事に欠陥=瑕疵がある場合、②あなたがした工事に欠陥=瑕疵がない場合を区別して考える必要があります。 ①の場合はあなたが瑕疵担保責任としての補修ないし損害...

回答日 2014年07月08日 09:45
この回答がある質問
企業法務

1 - 29 件を表示/全 29 件

現在営業中 09:00 - 18:00

三木 憲明弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5816-7843
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談