現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
島田 裕次弁護士

( しまだ ひろつぐ ) 島田 裕次

奈良あさひ法律事務所

離婚・男女問題

分野を変更する
【初回60分相談無料】奈良あさひ法律事務所は、原則として、離婚問題のみを取り扱う事務所です。※不貞慰謝料問題を含みます。
奈良あさひ法律事務所

詳しくはホームペーをご覧ください。https://nara-asahi.com/

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料

現在、離婚事件(不貞問題含む)のみを取り扱っています。

法律問題が複雑かつ多様化する中、リーガルサービスのクオリティ工場には取扱分野の限定が必要と判断し、当事務所では、原則として、離婚問題(不貞問題含む)のみを取り扱っています。

ご依頼者様の心を大切に、対応します

離婚は、他の法律問題にも増して、精神的につらくなる依頼者が多いように感じます。例えば、私自身子どもを持つ親として、親権争いのつらさは容易に想像できます。法律家として、少しでも依頼者の心情に寄り添いながら、新しい生活に向けた再スタートを切れるよう、お手伝いができればと思っています。

ー このようなご相談はお任せください。 ー

  • 別居しているが生活費が支払われない
  • 親権についてお互い合意できない
  • 離婚がしたい
  • 離婚にタイミングってあるの?
  • 離婚の手続きについて知りたい
  • 慰謝料ってどれくらいもらえるの?
  • 男は親権はとれない?
  • 専門性の高い仕事をしているが、それでも財産分与は半分?

ー 事務所の対応方針 ー

依頼者が安心できるよう、依頼があれば事前見積を実施しています。また、進捗状況を適宜報告し、依頼者とのコミュニケーションを心がけています。
熟年離婚や専門性の高い職業の離婚の場面など、依頼者の属性に応じたアドバイスを心がけています。

ー 充実のサポート体制 ー

● 柔軟な相談対応体制
様々な職業や生活リズムの方に出来るだけ対応できるよう当日・休日・夜間も柔軟に対応しています。また、新型コロナ対応として、オンライン相談も実施しています。

● 事務所内の新型コロナ対策実施
当事務所では、弁護士・スタッフのマスク着用の徹底、体調管理・検温の徹底、入所時の手指消毒のご案内、室内の換気対策、面談室はアクリルパーテーション、次亜塩素酸空間清浄機(Panasonic ziaino)など、衛生環境に配慮し対策を講じています。

ー 離婚問題(不貞慰謝料問題含む)については初回60分無料相談 ー

当事務所では、離婚相談(不貞慰謝料問題)については、初回60分まで無料とさせていただいております。

※奈良あさひ法律事務所の公式ホームページ(https://nara-asahi.com/)もご覧ください。

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回相談は60分無料
通常:5,500円(税込)/30分
着手金 離婚調停受任の場合 着手金30万円(税込33万円)
報酬金 離婚調停受任の場合 報酬金30万円(税込33万円)+経済的利益の11%(税込)
備考 詳しくは当事務所ホームページをご覧ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(3件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

W不倫慰謝料請求(文書の作成)

  • 不倫・浮気

相談前

<事案の概要>

相談者は自分の配偶者が別の男性と不倫していることを発見されました。

この方の場合、不倫相手の配偶者とも連絡を取り合い、自分である程度慰謝料請求を進めていらっしゃいました。

ただ、具体的に、相手に対してどのような文章を送ればよいのか、示談書をどう書けばよいのかというところは、自分で進めるのはには不安を感じていらっしゃいました。

※事件等の特定を避けるため、一部創作、事実に変更を加えていることがあります。

相談後

<結果等>

お話しをお伺いし、既にある程度、話を進められていたため、途中で弁護士が介入しても、あまり結果は変わらないと思われました。

そこで、ご相談者様からは送付文書の文案、示談書案を作成することを依頼いただきました。

そして、文案を作成し、ご提示し、ご意見を伺い、修正したものをお渡ししました。

途中、慰謝料請求に関する法律的アドバイスを差し上げながら、スムースに委任事務を終えることが出来ました。

島田 裕次弁護士からのコメント

島田 裕次弁護士

不倫の慰謝料請求に限らず、依頼者様がどの程度自分で解決されるかというのは、十人十色です。依頼者様が自分でされるところは、依頼者様にお任せし、できないところをご依頼いただくことが、費用対効果の面でも良いと思います。もちろん、自分でやるべきではないと考えたときは、その理由も併せて、アドバイスはさせていただきます。

離婚・男女問題の解決事例 2

一人で離婚調停をされ、途中から依頼された事例

  • 財産分与
  • 養育費
  • 婚姻費用
  • 親族関係
依頼主 男性

相談前

相談者は、相談に来られた時点で、既に調停を相手方として申し立てられ、実際に調停に行かれていました。

途中、申立人(他方配偶者)に弁護士がついたことが判り、その後の調停において、自分が不利益に扱われている

という風に感じておられました。

相談後

お話を伺い、離婚条件等について、十分な吟味なく、調停を成立されかかっていると判断しました。

そこで、まず、離婚について何が問題になっているのか、テーマごとに検討した上で、総合的な解決を図るべきだと考えました。

したがって、受任後は、それまで全く収集されていなかった財産に関する情報を集めました。

また、申立人の主張に対する法的な適否についても検討しました。

本件では、申立人の連れ子さんを依頼者が養子縁組している事案であったため、養育費の検討と離縁の検討が相互に影響する事案でした。

財産分与についても、マイナスの財産についての分与方法についても対立がありました。

このような状況の中、早期に終結させ、かつ、養子関係を離縁することが依頼者にとっては、総合的に最も重要なテーマであった

ため、その点について、調停委員の先生に説明し、他の条件については譲歩するという形で理解を求めました。

結果的には、当職が参加してからは2回目の調停で調停が成立し、早期解決が実現し、婚姻費用の負担がなくなりました。また、養子縁組についても離縁が成立しました。

島田 裕次弁護士からのコメント

島田 裕次弁護士

離婚調停は、様々なテーマが検討されます。婚姻費用の調停も併合され、養育費、親権、面会交流、財産分与、養子縁組の離縁なども検討されることがあります。このような離婚調停は、優先順位をつけて臨む必要があります。そして、金銭面でも総合的に考える視点が必要です。例えば、10万円の婚姻費用の額を1万円下げることにこだわるのであれば、1ヶ月離婚を早めた方が、総合的には負担は少なくなることが多いと思います。他方、財産が多額の場合、分与を時間をかけてでも行う方が、。総合的な得られる額が多くなるということもあります。

離婚・男女問題の解決事例 3

面会交流について複数回の可能性を認めた調停成立事例・潜在的稼働能力を前提に養育費を算定した事例

  • 養育費
  • 別居
  • 離婚請求
  • 面会交流
  • 性格の不一致

相談前

相談者の配偶者の方がある日、家を出て行かれ、別居となりました。

相手方は、離婚を希望されており、弁護士に離婚調停を委任されました。

相談者は当職に委任され、それぞれ代理人がついた状態で、離婚調停による解決を目指すこととなった事案です。

相談後

離婚調停では、相手方が当方の依頼者の日常生活の様々な点について、攻撃されていました。

ただ、離婚調停の申立書を見ると、最も重大な離婚理由には、性格の不一致が挙げられていました。

そこで、当職としては、本件事案は訴訟になった場合、離婚そのものが認められない可能性が高いのではないかという

感覚をいだきました。ただ、調停で離婚原因を基礎づける証拠が出てきたり、その証拠が出てくる可能性があると思える状況

であれば、裁判になっても離婚が認められる可能性が高まります。

私は、調停が続く中、相手の主張と証拠に注意していました。他方で、一貫して、離婚の理由はない旨を調停委員に伝え続けました。

離婚調停が一定程度進んでも相手方は、離婚原因の証拠を出してきませんでした。

そこで、我々は、離婚条件を定めるについて、一定程度有利な立場になったのではないかと思いました。
こちらはまず、婚姻費用相当分については離婚をすることの慰謝料相当分と考え、婚姻費用支払の必要性には理解をしつつ、慰謝料相当分として主張しました。また、相手は復職を示唆されていたため、潜在的稼働能力があることも主張しました。

この調停では、様々な条件について協議し、互いに譲歩をしましたが、最終的には面会交流の回数で対立が残りました。

結果としては、面会交流も1回ではなく、複数回の可能性も残した条件で、かつ、相手の収入も現時点では0円であるにもかかわらず、

一定程度の収入を前提とした(潜在的稼働能力を認めた)養育費の計算とすることができました。

島田 裕次弁護士からのコメント

島田 裕次弁護士

たしかに、裁判において、離婚を申出ている側の証言が重要な証拠として、離婚が認められることはあります。

しかし、交渉においては、相手側は、離婚出来ない可能性も考えることになり、今回のような状況では譲歩しやすくなります。

調停は交渉であり、相手がどう考えているかと言うことも推測しながら進めることは必要だと思います。

また、相互に譲歩することになりますが、譲れないところ、譲れるところを最初に整理しておくことが重要です。

なお、相手の代理人にもよるところがあります。今回の相手の代理人はバランスのとれた先生で、不当な面会交流の拒否などを

する方ではなかったため、調停自体が不必要な不信感が醸成されることなく進めることができたと思います。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
奈良あさひ法律事務所
所在地
〒634-0006
奈良県 橿原市新賀町237-1フクダ不動産八木ビル4階
最寄り駅
近鉄大和八木駅
交通アクセス
駐車場近く
受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
相談は事前予約制となっています。土曜日の相談は事前に予約いただいた場合には可能です。なお、土日祝日とは別に不定休で休みとなることがあります。
対応地域

東海

  • 三重

関西

  • 滋賀
  • 京都
  • 大阪
  • 兵庫
  • 奈良
  • 和歌山
事務所URL

電話で問い合わせ
050-5265-1717

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

島田 裕次弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5265-1717

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 18:00
定休日
土,日,祝
備考
相談は事前予約制となっています。土曜日の相談は事前に予約いただいた場合には可能です。なお、土日祝日とは別に不定休で休みとなることがあります。
交通アクセス
駐車場近く