現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    

大型連休期間は休業の法律事務所が多くなります。 ご検討中の方はお早めにお問い合わせください。

お気に入りに追加
大寺 健太弁護士

( おおてら けんた ) 大寺 健太

川崎法律事務所

交通事故

分野を変更する
【初回相談60分無料】【休日/夜間相談可】今後の見通しについての説明をお聞きいただくだけで、ご安心いただける場合もあります。ご相談だけでもお気軽にどうぞ!

交通事故の詳細分野

事件内容

  • 死亡事故
  • 物損事故
  • 人身事故

争点

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償

対応体制

  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 完全成功報酬あり

◆ご相談者様の為に最善を尽くします◆
○丁寧にお話を伺います
丁寧にご相談者様のお話を伺い、できるだけご相談者様の希望に沿った解決を図れるよう尽力いたします。

○お気軽にご相談ください
弁護士に相談して法的な手続や今後の見通しについての説明をお聞きいただくだけでもご安心いただける場合もありますので、ご相談のみでもお気軽にお問合せください。

◆費用について◆
○初回相談は60分無料
お金の心配をせずに気兼ねなくお話しいただけるよう、初回相談は60分まで無料です。

○弁護士費用特約なら原則無料
自動車保険に付帯されている弁護士費用特約を利用される場合は、原則として弁護士費用をご負担いただく必要はありません。着手金及び報酬金については、委任契約締結時に明確にご説明します。

◆このような場合、弁護士にご相談ください◆
・保険会社から提示された示談金額が妥当かどうか分からない。
・交通事故について、自分の過失の有無や程度を知りたい。
・交通事故による怪我で仕事を続けることが難しくなった。
・交通事故を起こしてしまったが、どのような責任を負うのか分からない。

◆重点取り扱い案件◆
・示談交渉
・損害賠償請求
・交通事故裁判

◆アクセス◆
近鉄奈良駅から徒歩3分

◆ホームページ◆
http://www.kawasaki-law.net/

交通事故の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
着手金 得られた利益が300万円以下の場合 得られた利益の8%
得られた利益が300万円を超え3000万円以下の場合 得られた利益の5%
得られた利益が3000万円を超え3億円以下の場合 得られた利益の3%
得られた利益が3億円を超える場合 得られた利益の2%
成功報酬 得られた利益が300万円以下の場合 得られた利益の16%
得られた利益が300万円を超え3000万円以下の場合 得られた利益の10%
得られた利益が3000万円を超え3億円以下の場合 得られた利益の6%
得られた利益が3億円を超える場合 得られた利益の4%
備考欄 ※弁護士費用(着手金・成功報酬)は税別です。
※着手金の最低額は、上記基準にかかわらず10万円となります。ただし、事案によっては着手金をいただかず、事件終了時にご精算することもできます。
※事件処理に必要な資料収集の費用や、裁判所に納付する印紙、切手代などの実費は別途必要です。
※弁護士費用特約を利用する場合は、各弁護士費用特約の基準に基づいて、弁護士費用を定めます。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

交通事故の解決事例(1件)

分野を変更する

交通事故の解決事例 1

示談金を増額した事例

  • 慰謝料・損害賠償

相談前

交通事故の被害者の方から、保険会社より損害賠償金の提案を受けたものの、その内容が妥当かどうか分からないというご相談をお受けしました。
内容を検討すると、裁判になった場合の基準に比べて低い提案となっていましたので、私がご相談者から依頼を受け、代理人として保険会社と交渉しました。

相談後

保険会社に対して、裁判になった場合の基準と保険会社の提案との差額を指摘しました。その結果、保険会社から最初に提示を受けた金額の2倍近い金額で示談を成立させることができました。

大寺 健太弁護士からのコメント

大寺 健太弁護士

交通事故にあわれた場合、事故の相手方が加入している保険会社から、損害賠償額の提案があります。しかし、その損害賠償額は、裁判になった場合の基準に比べて低いことが多いです。また、過失割合も、事故の相手方に有利なものとなっていることがあります。

このような場合、弁護士が介入するだけで、裁判までしなくとも損害賠償金を増額することができることがあります。

私は、交通事故に関するご相談を、初回1時間まで無料にてお受けしております。ご相談だけで、代理人として交渉することの依頼まではしないという方もたくさんいらっしゃいますので、お気軽にご相談にお越しいただけますと幸いです。

交通事故

特徴をみる

離婚・男女問題

分野を変更する
【近鉄奈良駅から徒歩3分】【休日/夜間相談可】ご希望を丁寧に伺い、それを尊重した上でアドバイスを差し上げたり、事案の解決に臨んだりすることを心がけております。

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可

◆ご相談者様の為に最善を尽くします◆
○丁寧にお話を伺います
丁寧にご相談者様のお話を伺い、できるだけご相談者様の希望に沿った解決を図れるよう尽力いたします。

○お気軽にご相談ください
弁護士に相談して法的な手続や今後の見通しについての説明をお聞きいただくだけでもご安心いただける場合もありますので、ご相談のみでもお気軽にお問合せください。

◆費用について◆
○費用を聞いてからご依頼を検討でもOK
相談のみで事件のご依頼をされない方も多くいらっしゃいますので、費用の説明をお聞きいただいてからご依頼されるかどうかご検討いただいても全く差し支えありません。

○金額は明示します
着手金及び報酬金については、委任契約締結時に明確にご説明します。

◆このような場合、弁護士にご相談ください◆
・離婚したいが配偶者が同意してくれない。
・離婚をする際に決めなければならないことを知りたい。
・慰謝料や養育費を請求したい又は請求されている。
・子どもと面会させてもらえない。

◆重点取り扱い案件◆
・離婚
・慰謝料請求
・財産分与
・親権
・面会交流

◆アクセス◆
近鉄奈良駅から徒歩3分

◆ホームページ◆
http://www.kawasaki-law.net/

離婚・男女問題

解決事例をみる

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
離婚事件の弁護士費用 交渉・調停
着手金・成功報酬 それぞれ20万円~50万円

訴訟
着手金・成功報酬 それぞれ30万円~50万円
備考欄 ※着手金・成功報酬はいずれも税別です。
※着手金・成功報酬は、契約締結時に上記金額の範囲内で合意した金額とします。
※交渉・調停事件から訴訟事件へ移行する場合は、交渉・調停事件における着手金の2分の1の金額を、追加着手金としていただきます。但し、事案によってはいただかない場合もあります。
※財産分与・慰謝料など経済的利益を得た場合は、上記成功報酬に下記の「慰謝料請求事件の弁護士費用」に定める成功報酬に準じた金額を加算します。
※事件処理に関する資料の収集にかかる費用や裁判所に納付する印紙、切手代などの実費は別途必要です。
慰謝料請求事件の弁護士費用 着手金
得られた利益が300万円以下の部分 得られた利益の8%
得られた利益が300万円を超え3000万円以下の部分 得られた利益の5%
得られた利益が3000万円を超え3億円以下の部分 得られた利益の3%
得られた利益が3億円を超える部分 得られた利益の2%

成功報酬
得られた利益が300万円以下の部分 得られた利益の16%
得られた利益が300万円を超え3000万円以下の部分 得られた利益の10%
得られた利益が3000万円を超え3億円以下の部分 得られた利益の6%
得られた利益が3億円を超える部分 得られた利益の4%
備考欄 ※弁護士費用(着手金・成功報酬)は税別です。
※着手金は慰謝料請求事件のみをご依頼頂いた場合の金額です。離婚事件に附随して慰謝料請求事件をご依頼頂いた場合、着手金は不要です。
※着手金の最低額は、上記基準にかかわらず、20万円となります。但し、事案によっては減額することもあります。
※交渉のみをご依頼の場合、着手金は上記基準の3分の2の金額となります。この場合、着手金の最低額は15万円となります。但し、事案によっては減額することもあります。
※当初交渉のみをご依頼の場合で、引き続き調停・訴訟をご依頼頂く場合は、上記基準の2分の1の金額を追加着手金として頂きます。この場合、追加着手金の最低額は10万円となります。
※事件処理に関する資料の収集にかかる費用や裁判所に納付する印紙、切手代などの実費は別途必要です。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(1件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

慰謝料請求を退けた事例

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料

相談前

ご相談者は、訴訟を提起されたということで来所されました。訴訟の内容は、訴訟を起こした方の配偶者とご相談者とが不貞関係にあったので、それに対する慰謝料を請求するというものでした。
これに対し、ご相談者は、訴訟を起こした方の配偶者と友人ではあったものの、そもそもその方が結婚していることを知らなかったし、また男女関係もなかったということでした。

相談後

訴訟の件について正式にご依頼いただき、ご相談者のお話を裁判所においても主張しました。
訴訟では双方折り合いがつかず、原告と被告(ご相談者)双方の本人尋問まで行われましたが、最終的には、結婚関係にあることを知らなかったというこちらの主張が認められ、請求棄却という結果を得ることができました。

大寺 健太弁護士からのコメント

大寺 健太弁護士

不貞関係等を原因として慰謝料を請求する場合には、やはり証拠の有無がひとつの重要なポイントとなってきます。
慰謝料を請求したい、または慰謝料を請求されているという場合には、判決になった場合の見通しを踏まえて交渉・訴訟に臨む必要がありますので、まずは弁護士にご相談されることをお勧めいたします。

離婚・男女問題

特徴をみる

借金・債務整理

分野を変更する
【相談は無料】【法テラス利用可】【休日/夜間相談可】丁寧にご相談者様のお話を伺い、できるだけご相談者様の希望に沿った解決を図れるよう尽力いたします。

借金・債務整理の詳細分野

依頼内容

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • ヤミ金対応
  • 任意整理
  • 個人再生

対応体制

  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料

◆ご相談者様の為に最善を尽くします◆
○丁寧にお話を伺います
丁寧にご相談者様のお話を伺い、できるだけご相談者様の希望に沿った解決を図れるよう尽力いたします。

○お気軽にご相談ください
弁護士に相談して法的な手続や今後の見通しについての説明をお聞きいただくだけでもご安心いただける場合もありますので、ご相談のみでもお気軽にお問合せください。

◆費用について◆
○相談は無料
お金の心配をせずに気兼ねなくお話しいただけるよう、相談は無料です。報酬を支払う金銭的余裕がない方は、民事法律扶助制度を利用できます。着手金及び報酬金については、委任契約締結時に明確にご説明します。

◆このような場合、弁護士にご相談ください◆
・生活のために消費者金融から借入をしたが、返済が苦しくなってきた。
・債権者からの返済の督促をとめたい。
・住宅ローンや自動車ローンの支払いが難しくなってきたが、どうすればよいか。
・友人や家族の保証人になったところ、保証債務を履行するよう請求を受けた。

◆重点取り扱い案件◆
・自己破産
・個人再生
・任意整理

◆アクセス◆
近鉄奈良駅から徒歩3分

◆ホームページ◆
http://www.kawasaki-law.net/

借金・債務整理

解決事例をみる

借金・債務整理の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 無料(要件をみたす方には、法テラスの法律相談援助をご利用いただきます。)
任意整理 ・着手金
債権者3社までは1社あたり4万円
債権者4社以上は1社あたり3万円(上限30万円)
・報酬金
過払金が発生しない場合 なし
過払金が発生した場合 債権者3社までは1社あたり4万円
債権者4社以上は1社あたり3万円(上限30万円)
個人再生 35万円
自己破産 個人・・30万円
事業者・・50万円〜
過払金請求 任意整理に準じる
備考欄 ※弁護士費用(着手金・成功報酬)は税別です。
※いずれについても、申立費用や訴訟提起にかかる印紙代などの実費は別途必要です。
※事案によっては、弁護士費用を分割払いにしたり、着手金を事件終了後にお支払いいただくことも可能です。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理の解決事例(1件)

分野を変更する

借金・債務整理の解決事例 1

ローンや消費者金融からの借入れ債務について、同時廃止手続により免責を受けた事例

  • 自己破産

相談前

車やリフォーム代金のローン、消費者金融からの借り入れについて、返済が困難になったというご相談をお受けしました。
債務の金額や財産状況、収入等についてお話を伺うと、確かに借金を返済することは困難だと思われましたので、ご依頼を受け、裁判所に対して破産手続開始を申立てることとしました。

相談後

ご依頼者にも御協力いただき、必要な資料をそろえた上で裁判所に対して破産手続開始を申立てました。そうしたところ、裁判所より、収入が少ないにもかかわらず車を購入したり、家のリフォームを行ったりしたことは浪費に該当しうるのではないかという指摘を受けました。
そこで、ご依頼者から事情をお聞きした上で、裁判所に対して、車の購入や家のリフォームは必要なものであり、また当時の収入に照らせば著しく過大な支出であるとまではいえないことを説明しました。
そうしたところ、同時廃止手続により、免責許可決定を受けることができました。

大寺 健太弁護士からのコメント

大寺 健太弁護士

法律上は、浪費が免責不許可事由、すなわち借金を免除しない理由とされています。しかし、最終的に免責を受けられない事例はそこまで多くはありませんし、浪費の内容や程度によっては、同時廃止手続(裁判所に出頭することのない書面審査です)によって免責を受けることができる場合もあります。
破産を申立てられるかどうか、申立てた場合にどのような手続になるのかはケースバイケースですので、借金などの債務を返済できずに困っているという方は、一度ご相談にお越しいただくことをお勧めしております。
私は、債務に関するご相談を初回無料にてお受けしておりますので、お気軽にお問合せ下さい。

借金・債務整理

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
川崎法律事務所
所在地
〒630-8266
奈良県 奈良市花芝町9-2 川崎ビル
最寄り駅
近鉄奈良駅から徒歩3分
交通アクセス
駐車場近く
対応地域

関西

  • 大阪
  • 京都
  • 奈良
設備
  • 完全個室で相談
事務所URL

電話で問い合わせ
050-5223-3816

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

大寺 健太弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5223-3816
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 17:00
定休日
土,日,祝
備考
受付時間内にご予約いただければ、夜間休日のご相談にも対応できる場合があります。
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談