現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
山際 悟郎弁護士

( やまぎわ ごろう ) 山際 悟郎

山際悟郎法律事務所

離婚・男女問題

分野を変更する
◆離婚男女問題に注力◆当日・夜間相談可(※要予約)◆弁護士歴10年以上)◆離婚請求/慰謝料/財産分与/婚姻費用・養育費/親権/面会交流などまずはお気軽にご連絡ください。
山際悟郎法律事務所
山際悟郎法律事務所

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可

【離婚男女問題に注力しています】
離婚問題に直面した場合、夫婦間の問題、子供の問題、財産の問題など解決しなければならない問題が沢山あります。
これらを当事者間でスムーズに進めていくことは難しいですし、負担も大きいです。

離婚問題でお悩みの方は、まずは当法律事務所までお問い合わせ下さい。
離婚事件を多数経験してきた弁護士がしっかりとあなたのお話しをお聴き致します。

【離婚男女問題に直面したら】
中には、離婚協議や離婚調停は弁護士に相談せずに自分一人の力で解決しようとし、裁判が必要となった段階で初めて弁護士に相談をしようと考えている方もいらっしゃいます。
私は、離婚を真剣に考え始めた初期の段階から弁護士に相談することをお勧めします。

離婚後の人生を考えたときには、できるだけ話し合いにより離婚(協議離婚や調停離婚)した方が望ましいからです。
裁判離婚となりますと、精神的にも経済的にも負担が大きくなってまります。
まずは一緒に現在の状況の整理や気持ちの整理をして、どうしていくことが最善なのか、法的な観点と今までの経験・実績からお伝えさせていただきます。

【重点取扱案件】
離婚に関する法律問題全般
(離婚請求/慰謝料/財産分与/婚姻費用・養育費/親権/面会交流など)

【よくあるご相談】
・夫/妻と離婚がしたいが、話が進まない
・夫/妻に浮気をされてしまい、慰謝料請求したい
・不倫をしてしまい、慰謝料請求されてしまった
・子供の親権を取得したい

【弁護士費用について】
初回相談は30分5,000円(税別)となっております。
ただし、初回相談は1時間を超える場合でも10,000円(税別)を上限とさせて頂いております。
※弁護士費用の負担が困難な方につきましては、日本司法支援センター(いわゆる法テラス)の法律援助(無料相談や代理援助)を利用することも可能です。

離婚・男女問題

解決事例をみる

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分5,500円(消費税10%込)です。
但し、初回相談に関しては時間を気にせず、ゆっくりと相談して頂きたいため、1時間を超える場合でも11,000円(消費税込)を上限とさせて頂いております。
着手金 交渉・調停の場合:22万円~44万円の範囲内(消費税込)
訴訟の場合:33万円から33万円の範囲内(消費税込)

※詳細はご相談時にご説明させていただきます。
※また、得られる経済的利益の額に応じ、当事務所の定める報酬基準規程によって算定された金額を加算することがあります。
成功報酬 22万円~66万円の範囲内(消費税込)

※詳細はご相談時にご説明させていただきます。
※また、得られた経済的利益の額に応じ、当事務所の定める報酬基準規程によって算定された金額を加算することがあります。
備考 上記の弁護士費用は税込価格です。
なお、弁護士費用は、依頼者の経済的資力、事案の複雑さ及び事件処理に要する手数等を考慮し、適正妥当な範囲で減額することが出来ますので、ご遠慮なくご相談下さい。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(2件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

山際悟郎法律事務所に依頼したことにより早期かつ妥当な内容で離婚を実現できた事例

  • 不倫・浮気
  • 財産分与
  • 養育費
  • 離婚請求
依頼主 30代 女性

相談前

相談者の女性(妻)は、夫の不貞行為が原因で離婚を決意し、自分でインターネット上の離婚サイトを調べながら夫と話し合おうとしましたが、夫は不貞の事実を認めず、子どもの養育費についても支払うお金がないと言い訳をするばかりで話し合いになりませんでした。相談者は弁護士に相談したいと思いましたが、インターネットで検索すると沢山の弁護士が表示され、どの弁護士に相談したら良いかわかりませんでした。そこで、離婚経験のある友人に、「離婚問題に詳しい弁護士を知っていたら紹介して欲しい。」と頼んだところ、山際悟郎弁護士を紹介されました。

相談後

相談日には2名の弁護士(山際悟郎弁護士と米澤陽弁護士)が同席し、共同して相談者の相談に応じました。
相談の結果、相談者が夫に求めていた養育費は法律上請求できる養育費の標準額よりも低額であることがわかりました。また不貞問題については相談者が所持している証拠のみでも裁判で勝訴できる可能性が高いことがわかりました。
さらに相談者が請求をあきらめていた財産分与についても請求できる余地があることが判明し、相談者が知らなかった年金分割制度を知ることもできました。
相談者は、離婚協議を進める際のポイントや離婚調停手続などについて説明を受け、自分自身で手続を進める場合と当事務所に手続きを依頼した場合のメリット・デメリット(弁護士費用など)について丁寧に説明を受けました。
相談後、相談者は、離婚に関する一切を当事務所に依頼することになり、当事務所に所属する弁護士2名が相談者の代理人として夫と離婚条件について交渉を行いました。
その結果、適正な金額の養育費の取り決めをすることができ、かつ財産分与や慰謝料の支払いも受けることができました。
また、相手方から財産分与や慰謝料の支払を受けることができたため、弁護士費用を支払った後でも相談前と比べて手元のお金が大きく増えました。

山際 悟郎弁護士からのコメント

山際 悟郎弁護士

インターネットには様々な離婚に関する情報が載っていますが、不正確な情報も有ります。また、正しい情報が記載されていてもその情報を正確に理解できるとは限りません。
親などの家族や法律に詳しい知人に相談することもありますが、弁護士ではない知人のアドバイスが正しい保証はありません。情報が正確であったとしても、そのアドバイスがあなたの離婚問題にあてはまるか否かはわかりません。
離婚問題で検討すべき事項は、夫婦のおかれた環境、子どもの有無、収入や資産等の財産関係などに応じて千差万別です。また、相手がいることなので自分が望む解決を実現するためには相手との交渉が必要になります。相手との交渉や調停・裁判を有利に進めるためには証拠の収集や評価、調停や訴訟手続に関する専門的知識や交渉力も必要です。
ご紹介した事例では、弁護士(当事務所)に相談したことにより、相談者は自分の離婚問題を解決する上で必要な正しい法的知識を理解することができたと同時に、夫との交渉を当事務所に依頼することにより、自分で交渉するストレスや手間から解放されるとともにスピィーディーに話し合いをまとめることができ、結果的に相談者が満足できる解決結果を実現することができました。

離婚・男女問題の解決事例 2

夫との話し合いでまとまった離婚条件について公正証書の作成を依頼した事例

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
  • 離婚請求
依頼主 40代 女性

相談前

相談者の女性は、夫の不貞により離婚を決意し、夫と話し合いを行ったところ、夫も相談者が希望する慰謝料等の離婚条件に応じることになりました。慰謝料の支払いは分割払いであったため、相談者は公正証書の作成を希望し、公正証書の文案の作成を当事務所に依頼しました。

相談後

相談者が希望して夫と合意した離婚条件を法的に有効な公正証書にするための離婚条項案を作成しました。離婚条項の作成にあたっては分割払いの約束を怠ったときは残金の全額を一括で支払うとともに遅延損害金も支払うことを約束する文言を作成し、夫が将来分割払いの約束に反した場合のペナルティーを明記しました。ペナルティー条項を設けることにより支払いがより確実になります。
その他、相談者が気づいていなかった法的問題についても、弁護士から説明を受け、相談者は離婚条件やリスクについて十分に理解したうえで納得して離婚することができました。

山際 悟郎弁護士からのコメント

山際 悟郎弁護士

弁護士に相談するのは相手方との話し合いが成立せず、トラブルになった場合や、訴訟になってから相談するものだと思っている方が大勢います。
しかし、話し合いがまとまったときに話し合いの内容を文書にするなどして将来の紛争を予防するためにも弁護士は役に立つことができます。紛争予防の観点からみても、様々なトラブル事例の解決を経験している弁護士だからこそ、将来のリスクを見越してリスクを回避するための文書を作成することが可能になります。
権利や義務に関する文書を作成する場合には、まずは弁護士に相談されることをお勧めします。

離婚・男女問題

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
山際悟郎法律事務所
所在地
〒380-0813
長野県 長野市大字鶴賀緑町1393-3 富士火災長野ビル8階
最寄り駅
長野電鉄「市役所前駅」徒歩1分
JR「長野駅」徒歩10分
交通アクセス
駐車場近く
対応地域

北陸・甲信越

  • 長野
事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 不動産賃貸
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 消費者被害
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪被害
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 企業法務

電話で問い合わせ
050-5854-9576

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

山際 悟郎弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5854-9576

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 21:00
定休日
土,日,祝
備考
夜間は事前予約により対応可能
19時以降はお電話に出られない場合もございます。
交通アクセス
駐車場近く