現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
庄司 智弥弁護士

( しょうじ ともや ) 庄司 智弥

築館法律事務所

企業法務・顧問弁護士

分野を変更する
【宮城県北エリアの地域密着型弁護士】【個人事業主、中小企業様からご依頼多数いただいております】
労務問題、残業代未払いへの対応、従業員のケガ、病気に関するトラブル等従業員にまつわるトラブルに注力しております。

企業法務・顧問弁護士の詳細分野

依頼内容

  • M&A・事業承継
  • 人事・労務
  • 倒産・事業再生

業種別

  • エンタテインメント
  • 医療・ヘルスケア
  • 金融
  • 人材・教育
  • 環境・エネルギー
  • 運送・貿易
  • 飲食・FC関連
  • 製造・販売
  • 不動産・建設

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 休日相談可

お支払い方法

  • 分割払いあり

このようなご相談をお受けしております

1.取引先との間のお困りごと
・代金の支払いをしてもらえない。
・きちんと納品したのに、クレームを付けられていて困っている。
・当社のせいで損害が発生したとして、賠償を求める文書が送られてきた。
2.従業員に関するお悩み
・従業員が横領をしている。
・従業員が、自分や上司の指示に従わないので、辞めさせたい。
・従業員が会社に損害を与えて退職してしまった。
・残業代をめぐってトラブルになっている。
3.経営に関するご相談
・会社名を特定できる状態でインターネットに過激な書き込みをされ、営業に支障が出ている。
・疎遠になった株主から株式を買い戻したい。
・自分の経営する会社の将来は長男に経営権を集中したい
・資金繰りが苦しくなってきたが、事業のいい部分だけでも残すことはできないか。
4.書類のチェック
・就業規則をチェックしたい。
・業務委託のための書類を作成したい。

メッセージ

取引に際してきちんとチェックできないまま契約をしてしまうと、思わぬ損害が発生する場合があります。
また、従業員の問題について初期対応を誤ってしまった場合にも、大きな打撃を受けることがあります。
あらかじめリスクに備えておきたいところですが、忙しい業務の合間を縫って対応することはなかなか簡単ではないと思います。
そのため、万が一トラブルが発生してしまったときには、「できるだけ早めに」「適切な」対応を行うことが大切です。
当事務所では、トラブルに巻き込まれてしまった中小企業様・個人事業主様の適切な対応をサポートいたします。

弁護士に依頼することのメリット

◎法的なチェックや対応を弁護士に任せることで、本業に集中できるようになります。
◎トラブルが発生してしまった場合でも、すぐに法的なアドバイスを受けられるため、心理的な負担を小さくすることができます。
◎相手方とこじれてしまう前に適切に対応できることで、スムーズな解決が期待できます。

【顧問先企業様の業種例】
・農業
・建設業
・食品加工業 など

対応地域

宮城県北部、岩手県一関市。
その他エリアの方からもご相談をいただいています。

ご相談いただく方に適した契約を

コロナ禍ではありますが、当事務所では、初回相談は面談とさせていただいています。
これは、当事務所の地域柄、トラブルの当事者双方からご相談が入る可能性があるためです。
また、会社・事業に関するご相談では、人間関係図等を確認しながらでないと、事実関係が正確に把握できないという問題もあります。そういう場合、お電話だけですと、お困りごととはピントがずれたアドバイスになってしまうかもしれません。
なお、事案によっては、顧問契約までは必要ないこともあります。そのような場合、顧問契約を無理にお勧めすることはいたしません。
ご依頼いただく方それぞれに適した助言を心がけていますので、お困りごとがございましたら、まずはご相談ください。

重点取扱案件

・パワハラ・セクハラ問題への対応
・懲戒、解雇、退職に関する手続
・給料、残業代、退職金に関するトラブル
・取引先からのクレーム対応
・契約書類チェック

【費用について】
顧問料 3万3000円〜(税込)
※会社の規模やご利用範囲に応じて、柔軟に対応いたします。
※リスクに備えて、弁護士による定期的なアドバイスをお勧めしております。

■公式HPはこちら■
http://lunashield-lawoffice.com/

企業法務・顧問弁護士

料金表をみる

企業法務・顧問弁護士の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
法律相談料 30分ごとに 5,500円(税込)
顧問料 3万3,000円〜(税込)
※会社の規模やご利用範囲に応じて、柔軟に対応いたします。
※リスクに備えて、弁護士による定期的なアドバイスをお勧めしております。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

企業法務・顧問弁護士

特徴をみる

離婚・男女問題

分野を変更する
「解決の糸口はきっと見つかります。」ご相談いただいた方の新しい生活の為に。離婚・男女問題を多数担当してきた弁護士が、トラブルの解決をお手伝い致します。

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 休日相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 分割払いあり
  • 着手金無料あり

■新しい生活を始めるための、大切な第一歩をお手伝いしたい■

配偶者や交際相手は、それまでの生活の中で密接に関わってきた相手であるだけに、トラブルになってしまったときのつらさはとても大きなものになってしまいます。
そうしたつらさをお一人で抱えての生活は、先の見えないものとなってしまいがちです。
離婚や交際相手とのトラブルの解決は、新しい生活を始めるために、とても大切な一歩だと考えています。

■弁護士がお手伝いできること■

離婚や交際相手とのトラブルの解決は、多大なエネルギーを必要とすることでもあります。
弁護士にご相談いただければ、以下のようなお手伝いができます。

① 現在の状況の整理
お悩みの状況を伺い、問題点がどこにあるのか整理いたします。

② 解決方法の提案
問題点を解決するためにどのような法的手続が考えられるかご提案いたします。

③ 代理人として対応
(手続きに関して)
法的手続は、必ず弁護士に依頼しなければならないものではありません。
ご自身で手続をなさる方も多くいらっしゃいます。
そうした中で、弁護士にご依頼いただいた場合には、相手方、裁判所に対し、依頼者の希望・主張を適切に伝えます。

(相手方との打合せ、裁判に関して)
一方で、打合せの際には、相手方の主張、裁判所の見立てをふまえて、今後の見通しを検討し、新しい生活を始めるためにどのような解決が望ましいのかをご本人と一緒に考えます。
ご相談いただいた方の新しい未来の為に、弁護士がお手伝いできることがあれば幸いです。

■このようなご相談をお受けしております■

・配偶者からの暴言・暴力がひどく、耐えられない。どうしたらいいのかもわからない。
・突然離婚を切り出され、どう対応すればいいかわからない。
・離婚したいが、相手が応じてくれない。
・配偶者が突然家を出て行ってしまった。
・配偶者や不貞相手が不貞を認めない。
・親権を勝ち取れるか知りたい。
・浮気相手に慰謝料を請求したいが、どのくらい請求できるのか。
・財産分与の仕方がわからない。
・別居しているが、夫が生活費を入れてくれないので生活が苦しい。
・子どもと面会させてもらえない。 など

「物事をしっかり整理して見直す」お手伝いをさせて頂きたいと思っています。それだけで随分と気持ちが変わるものです。
少しでも迷われたら、ご相談にいらしてください。

■ご相談は面談を大切にしています■

初めてご相談いただく場合には、できる限り面談をお勧めします。
秘密事項をお話するのに、相手の表情や雰囲気が分からないまま音声だけでやりとりするよりも、互いにお顔を見てお話をした方が、納得も安心感も違うと思うからです。
また、相談内容によっては、人間関係図等を確認しながらでないと、事実関係が頭に入らないという事もあります。そういう場合、お電話ですと事実関係の理解に余分に時間を必要としてしまう可能性があります。
まずはお電話頂ければと思いますので、ご連絡ください。

■重点取扱案件■

・慰謝料請求
・財産分与
・養育費請求
・親権問題 
・DV問題対応 など

■公式HPはこちら■

http://lunashield-lawoffice.com/

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
法律相談料 30分ごとに 5,500円(税込)
着手金 交渉・調停の場合は22万円以上44万円以下。
訴訟の場合は33万円以上55万円以下。
交渉から引き続き調停をご依頼いただく場合、調停から引き続き訴訟をご依頼いただく場合は、それぞれ上記の額の2分の1となります。
報酬金 交渉・調停の場合は22万円以上44万円以下。
訴訟の場合は33万円以上55万円以下。
財産分与、慰謝料の請求を行った場合、上記金額に経済的利益の11%を加算させていただきます。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(3件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

今後の生活について相談した結果、離婚を決意された事例

  • 別居
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • モラハラ
依頼主 女性

相談前

依頼者の方は、夫から日常的に暴言を浴びせられていました。
どうしても耐えられず実家に戻ったものの、今後の生活が不安とのことで、当事務所に相談にいらっしゃいました。

相談後

最初の相談の際には、ご不安の内容を伺い、どのような対応方法が考えられるかをご説明しました。
その後、やはりご自身で対応することには不安がおありとのことで、弁護士が受任することになりました。
その後離婚調停の申立てからお手伝いし、一定の慰謝料を受領して無事離婚が成立しました。

庄司 智弥弁護士からのコメント

庄司 智弥弁護士

離婚を考えているとご相談にいらっしゃる方の中には、男女問わず、離婚を決意しているわけではない方も多くいらっしゃいます。
当事務所では、漠然とした不安の内容を整理するお手伝いから始めるようにしていますので、まずはご相談ください。

離婚・男女問題の解決事例 2

連れ去られた子供との面会交流を実現した事例

  • 別居
  • 面会交流
依頼主 女性

相談前

依頼者の方は、夫が子どもを連れてどこかに行ってしまったと相談にいらっしゃいました。
また子どもは学校にも行っていないとのことで、非常に心配されていました。

相談後

弁護士が受任し、ただちに子どもの監護者の指定、引渡しを求める仮処分を申し立てました。
その結果、裁判所での審理を通じて、子どもの様子が判明し、面会交流が実現するに至りました。

庄司 智弥弁護士からのコメント

庄司 智弥弁護士

配偶者が子どもを連れていなくなってしまった、という事案については、男性からも女性からも、しばしば相談を受けます。
いなくなってしまった事情も様々ですが、事実状態が長く続かないように、すぐに法的手続をとる必要があります。
このような場合は、まずはご相談ください。

離婚・男女問題の解決事例 3

別れた相手から金品を要求されていた事例

相談前

依頼者様は、以前交際していた相手方から交際中に使った費用として多額の金品を請求されていました。
また何度も連絡が来て困ってしまい、相談にいらっしゃいました。

相談後

相手方の請求は、その連絡内容からすると、法律的には支払い義務がないように見受けられました。
弁護士が受任して裁判手続をとり、支払い義務がないことを確認する判決を経たことで、相手方からの請求はなくなりました。

庄司 智弥弁護士からのコメント

庄司 智弥弁護士

交際に伴うトラブルは様々な形で生じますし、その時期も様々です。
付き合いが深ければ深いほど、解決までの精神的な負担は大きいものです。
弁護士にご相談いただくことで、解決までの道筋が見えるようになりますので、まずはご相談ください。

交通事故

分野を変更する
宮城県北エリアの地域密着型弁護士が、専門用語も分かりやすく説明し適切な解決に導きます。
弁護士が介入することで賠償金が増額される場合が多いです。ご相談ください。

交通事故の詳細分野

事件内容

  • 死亡事故
  • 物損事故
  • 人身事故

争点

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 休日相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 着手金無料あり

■地域に根差した弁護士がサポート■

交通事故は迅速な対応が重要です。
一方で、あまりに遠方まで相談に出かけるのは困難だという方も少なくないと思います。
安心して治療に専念していただく為、宮城県北地域で活動する弁護士が法的にサポート致します。
まずはお気軽にご相談下さい。

■交通事故からのトラブル■

交通事故は誰もが巻き込まれる可能性のあるトラブルですが、いざというときにどのように対応したら良いのか分かりづらいものでもあります。

▼生活が大きく変わってしまう…
交通事故により生活が大きく変わってしまった方は少なくありません。
そして、新しい生活を始めようとしても、様々な対応に追われてしまうことも珍しくありません。

▼相手方とのトラブル…
相手方との間で認識が食い違い、主張が対立してしまい、どうしたら良いのか分からないと仰る方もいらっしゃいました。
専門用語の意味が分からないため、回答して良いのかどうかも分からないと仰る方もいらっしゃいました。

治療に専念する為にも、適切な補償を得る為にも、専門家への相談が不可欠です。まずはご相談にいらして下さい。

■弁護士がお手伝いできること■

交通事故トラブルの解決にむけては、対応の指針を見つけることが第一歩です。弁護士にご相談いただければ、以下のようなお手伝いができます。

①疑問点についての説明
用語の意味が分かるだけでも、安心し、気持ちが楽になることがあると思います。
まずはご相談にいらした方の疑問点を解消することからお力になりたいと考えています。

②解決方法の提案
トラブル解決のためにどのような法的手続が考えられるかご提案いたします。

③代理人として対応
相手方や保険会社との交渉はもちろん、事案の内容、依頼者の希望に即して【示談交渉】【交通事故紛争処理センターによる示談あっせん】【調停】【訴訟】等の手続きを行います。

■このようなご相談をお受けしております■

・交通事故にあったが、今後どのような手続きをすればよいかわからない。
・相手側(保険会社)から賠償金が適切な額なのかわからない。
・事故でむち打ちになったが、適正な後遺症認定と示談金を受け取りたい。
・事故の相手が無保険だった。
・愛着のある車が全損になったのに、賠償額が少額で納得がいかない。
・後遺障害の認定に不満がある。
・まだ治療中なのに保険会社から支払いを打ち切られた。
・事故で重度の後遺症が残ったので、後遺症の認定サポートと示談交渉をしてほしい。
・保険会社から示談書(免責証書)が届いてサインをしてほしいといわれているが、どうした方がいいのか聞きたい。
少しでも迷われたら、ご相談にいらしてください。

■ご相談は面談を大切にしています■

初めてご相談いただく場合には、できる限り面談をお勧めします。
秘密事項をお話するのに、相手の表情や雰囲気が分からないまま音声だけでやりとりするよりも、互いにお顔を見てお話をした方が、納得も安心感も違うと思うからです。
また、相談内容によっては、人間関係図等を確認しながらでないと、事実関係が頭に入らないという事もあります。そういう場合、お電話ですと事実関係の理解に余分に時間を必要としてしまう可能性があります。
まずはお電話頂ければと思いますので、ご連絡下さい。

■重点取扱案件■

・賠償金増額の示談交渉
・後遺障害等級の認定サポート
・示談書(免責証書)の無料査定
・交通事故裁判 など

■公式HP■

http://lunashield-lawoffice.com/

交通事故の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
法律相談料 初回相談30分無料
二回目以降30分ごとに 5,500円(税込)
着手金/報酬金 経済的な利益の額が
・300万円以下の場合:着手金 8.8% / 報酬 11%
・300万円超3,000万円以下の場合:着手金 5.5%+9.9万円 / 報酬 11%
・3,000万円超3億円以下の場合:着手金 3.3%+75.9万円 / 報酬 6.6%+132万円
・3億円超の場合:着手金 2.2%+405.9万円 / 報酬 4.4%+792万円

※上記パーセンテージ(%)は経済的な利益の額に対する割合です。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

交通事故の解決事例(2件)

分野を変更する

交通事故の解決事例 1

「え? 示談金ってこれだけしかもらえないの?」

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故

相談前

自転車で横断歩道を横断中に、左折車両にはねられてしまった方からのご依頼でした。
肋骨にひびが入る怪我を負いましたが、相手方の保険会社から提示された慰謝料額が少なく、弁護士相談にいらっしゃいました。

相談後

弁護士が代理人として交渉した結果、慰謝料額が2倍以上に増加しました。
その他、仕事を休まざるを得なかったことによる休業損害も満額受領することができました。

庄司 智弥弁護士からのコメント

庄司 智弥弁護士

一般に、最初に相手方の保険会社から提示される慰謝料の金額は、裁判で認められる慰謝料の金額よりも大幅に低いものです。
弁護士が受任した場合、裁判基準で慰謝料を請求するため、交渉だけでも慰謝料額が増額される例が多々あります。
お困りの方は、まずはご相談ください。

交通事故の解決事例 2

「怪我が軽いから病院に行かなかったわけではないのに・・・」

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故

相談前

依頼者の方は交通事故で怪我をしておりましたが、ご家庭の事情でなかなか病院に行けないでいました。
すると相手方の保険会社からは怪我は軽かったのだろうと言われてしまったため、今後の対応について相談されたいと、当事務所にいらっしゃいました。

相談後

弁護士が受任し、法的手続をとりました。
手続の中で、依頼者様が病院に行けなかった家庭的事情をまとめ、通院日数が少ないのは、怪我が軽かったためではなく、家庭の事情によることを詳細に説明しました。
その結果、全面的に主張が認められ、和解金も3倍以上にアップしました。

庄司 智弥弁護士からのコメント

庄司 智弥弁護士

相手方は、こちらの怪我の状況や、その怪我が生活にどのような影響を及ぼしているかについて、十分に理解できないことが多いものです。
そのため、怪我や生活の状況などを資料を基にまとめていくことが重要で、今回のケースはその成果が表れたと考えられます。
少しでもお悩みの方は、まずはご相談ください。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
築館法律事務所
所在地
〒987-2216
宮城県 栗原市築館伊豆1-4-22 2階
交通アクセス
駐車場近く
受付時間
  • 平日09:00 - 17:00
定休日
土,日,祝
備考
<営業時間>
平日 9:00~17:00
第2・第4土曜日9:00~13:00

<折り返しのお電話について>
営業時間以外のお電話に関しては、
ご相談の予約受付のみ行なっております。
弁護士からのご連絡は翌営業日以降となりますのでご了承下さい。
対応地域

北海道・東北

  • 宮城
  • 岩手
  • 山形
  • 秋田
設備
  • 完全個室で相談

所属事務所の取扱分野

取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 医療
  • 消費者被害
  • 不動産賃貸
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築

電話で問い合わせ
050-5887-0870

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

庄司 智弥弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5887-0870
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 17:00
定休日
土,日,祝
備考
<営業時間>
平日 9:00~17:00
第2・第4土曜日9:00~13:00

<折り返しのお電話について>
営業時間以外のお電話に関しては、
ご相談の予約受付のみ行なっております。
弁護士からのご連絡は翌営業日以降となりますのでご了承下さい。
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談