現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
下大澤 優弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。

離婚・男女問題17

宮城県3

( しもおおさわ ゆう ) 下大澤 優

定禅寺通り法律事務所

現在営業中 10:00 - 18:00

離婚・男女問題

分野を変更する
離婚手続には、精神的な負担・経済的な負担等、様々な負担が伴います。ご依頼者様の負担を極力減らしつつ、適切な解決を目指します。【ビデオ通話相談可】【初回相談無料】

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 当日相談可
  • 休日相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり

【案件への対応姿勢】
①これまで数多くの離婚事件を扱ってまいりましたので、事案に即したアドバイスが可能です。
②弁護士費用については、可能な限り明確にご提示いたします。
ご相談者がわかりやすい説明を心がけております。

●安心の費用設定
お気軽にご相談頂けるよう、初回のご相談は無料です。
また、ご依頼の際の費用については、明確にご説明いたします。
なお、費用については、ご依頼者様の経済状況を考慮し柔軟に対応いたします。

●重点取扱案件
・婚姻費用請求
・慰謝料請求
・財産分与
・養育費請求
・親権問題

●よくあるご相談
・離婚をする場合のメリット・デメリットについて知りたい。
・配偶者との別居を考えているが、別居後の生活費をどうすれば良いのか知りたい。
・配偶者が浮気をしているので慰謝料請求をしたい。
・財産分与の範囲を知りたい。
・住宅ローンの負担は離婚後どうなるのか知りたい。
・子どもの親権はどうなるのか知りたい。
・養育費がどのくらいもらえるか知りたい。
・離婚後、子どもとの面会はできるのか知りたい。
・離婚後の名字がどうなるのか知りたい。
・どのような証拠が必要なのか知りたいなど、このようなご相談はお任せください。

●弁護士に依頼するメリット
【1】交渉はすべて弁護士が行います
相手との交渉はすべて弁護士が引き受けます。
当事者同士で直接話をする必要はなく、交渉に同席していただく必要もありません。

【2】幅広い案件対応とフットワークの軽さ
ご要望に応じて、全国出張いたしますので、お電話にてお問い合わせください。
また、離婚問題は様々なトラブルが生じますので、子供の問題からこれからの生活に関するサポートまでお任せください。

【3】明確な解決ポイントなどをご説明いたします。
最初に、弁護士が対応した場合のメリットとデメリット、保険金の見込み額と弁護士費用といった相談者様が気になるポイントを、分かりやすく丁寧にお伝えすることを心がけています。

--------------------------------
【コロナ対策】
・アルコール消毒液等準備しておりますので、ご安心してご来所ください。
・来所いただいてのご相談の他、ビデオ通話(LINE,Skype,ZOOM)を利用した法律相談を実施いたします。
詳細はお電話かメールにてお問合せください。

【ニュース監修】
弁護士ドットコムニュースの監修を行なっております。
よろしければご覧ください。
https://www.bengo4.com/topics/lawyer/790/

--------------------------------
■アクセス
地下鉄南北線 勾当台公園駅から徒歩15分

離婚・男女問題

解決事例をみる

この分野の法律相談

【相談の背景】 当方男です。 調停離婚しました。 子供二人いますが、養育費は一人3万5千で、月七万です。 支払い期限は18歳の誕生月ですが、専門学校、大学進めば22歳までと文言を加えられました。 当方年収470万、相手方年収80万です。 【質問1】 よく考えてみると大学や専門学校いくに関わらず20歳まで...

 子が4年生大学に進学するなど、20歳を超えても経済的に未成熟である場合は、卒業年まで養育費を支払うことが相当とされることもあります。  この点に関して父母間の合意が整わない場合、父母の収入や学歴等を考慮し、裁判所が養育費支払終期の延長が妥当かを判断することになります。  他方で、父母間の合意が整った場合には、合意に基づいて養育費支払終期が決定されること...

下大澤 優弁護士

【相談の背景】 旦那からの生活費が入ってこない月が多く、クレジットカードの借金が増え、自己破産の手続中です。 借金と暴力で、今は子どもと実家のお世話になり、旦那とは別居中です。 破産手続が無事に終わったら離婚したい旨は伝えています。 そんな中、突然仕事を辞めたと報告を受けました。 【質...

 やむを得ない事情(例えば、重度の病気など)で職を失い、無職の状態が続く場合には養育費請求は難しいです。  他方で、働くことができるのに特に理由なく無職でいる場合は、潜在的な稼働能力(「働いたとすればこのくらいの収入を得ることができるだろう」という仮定です)があることを前提に養育費を請求する余地があります。  強制執行を視野に入れた場合、相手方が無職のま...

下大澤 優弁護士

【相談の背景】 私の申し立てにより離婚調停中ですが、相手方が離婚に応じてくれません。 同時に婚姻費についても申し立てしておりそれについて審判が下ったのですが、相手方に不服申し立て(即時抗告というのでしょうか)されました。 今月末、離婚調停のあと、同じ家裁で婚姻費についての審判が行われる(裁判官...

 通常の審判に対する即時抗告がなされた場合には、家庭裁判所ではなく高等裁判所で審理が実施されます。  本件では再び家庭裁判所で審理が実施されるとのことなので、おそらく、「調停に代わる審判」に対する異議申立てがされた事案なのではないかと思われます。  「調停に代わる審判」とは、簡単にいえば、当事者間の合意(調停成立)に代えて、裁判所が妥当と考える解決条件を...

下大澤 優弁護士

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回のご相談は無料。
2回目以降のご相談は30分ごとに5,000円(税別)
着手金 示談交渉・・・10万円(税別)
調停・・・20万円(税別)
訴訟・・・30万円(税別)
報酬金 事件解決時の報酬
示談交渉・・・15万円(税別)+経済的利益の10%〜16%
調停・・・20万円(税別)+経済的利益の10%〜16%
訴訟・・・25万円(税別)+経済的利益の10%〜16%
備考欄 示談交渉に引き続き調停・訴訟を受任する場合は着手金を減額いたします。
また、料金はご状況に応じて柔軟に対応いたしますので、お気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(4件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

不貞慰謝料の減額事例

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 女性

相談前

配偶者のある男性と不貞関係をもってしまった女性からの相談です。
男性の妻(「相手方」とします)より,代理人弁護士を通じ300万円の不貞慰謝料請求がなされました。
詳しいお話をお聞きした上で,私が代理人として,相手方と慰謝料減額の交渉を行うこととなりました。

相談後

相手方代理人と交渉を行った後,最終的には,不貞慰謝料として70万円を支払うことにより解決するに至りました。
当初の請求額300万円から大幅な減額となり,かつ,協議による速やかな解決を果たすことができました。

下大澤 優弁護士からのコメント

下大澤 優弁護士

不貞を行った事実自体は争えないとしても,交渉を諦めるべきではありません。
適切な金額による解決を図るため,必要な主張は尽くすべきです。

離婚・男女問題の解決事例 2

不貞慰謝料500万円を回収した事案

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 女性

相談前

夫の不貞を認識した奥様からの相談です。
ご相談者様は,ご相談の時点で興信所の調査報告書を取得しており,不貞行為の立証の見込みが立つ事案でした。
詳細な事情をお聞きした上で,示談交渉手続を受任いたしました。

相談後

夫に対し,不貞慰謝料の支払い,及び,離婚を求める通知書を発送しました。
夫との交渉を経た後,不貞慰謝料として500万円を支払う合意が成立し,離婚協議書を作成しました。
離婚協議書の作成後,無事,期日までに慰謝料500万円の支払いを受けることができました。

下大澤 優弁護士からのコメント

下大澤 優弁護士

一般的には,500万円の不貞慰謝料が認容される事例は稀です。
本件では,訴訟に至った場合,不貞慰謝料500万円を認容する判決を得られる可能性は極めて低かったと思われます。
示談交渉手続による解決を選択したことが功を奏した一例です。

離婚・男女問題の解決事例 3

算定表基準よりも高額な婚姻費用の合意が成立した事案

  • 別居
  • 婚姻費用
依頼主 女性

相談前

ご相談者様は,夫と別居中の妻です。
ご相談者様は,養育の必要のある子1人と同居しておりました。
別居後,夫に対し婚姻費用の支払いを請求したものの,夫から支払いを拒否されている状況でした。

相談後

私が代理人として事件を受任し,婚姻費用分担調停を申立てることになりました。
調停期日の際,夫の正確な収入額が開示されました。
夫の収入額からすると,婚姻費用額は,月額16万円ほど(算定表基準)であり,ご相談者様の生活状況からすると若干不足が生じるものでした。
しかし,調停を重ねた結果,算定表基準を上回る月額20万円の婚姻費用を支払う旨の合意が成立しました。

下大澤 優弁護士からのコメント

下大澤 優弁護士

婚姻費用請求は,相手方の支払意思,経済状況に左右されるものではあります。
従って,当事者間の協議では上手く合意が成立しないことも珍しくはありません。
弁護士が介入した上で,しかるべき手続を経ることにより,適切な解決が得られる可能性が高くなる事件類型といえるでしょう。

離婚・男女問題の解決事例 4

不貞慰謝料の減額に成功した事例

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料

相談前

 ご依頼者様は,既婚者と不貞関係をもってしまい,不貞相手の配偶者から慰謝料請求をされる事態となってしまいました。
 相手方からの慰謝料請求額は300万円であり,ご依頼者様が支払いをすることが難しい金額であったため,当事務所にて慰謝料の減額交渉を受任することになりました。

相談後

 交渉の結果,相手方は,当初の請求額300万円を大幅に減額し,ご依頼者様が50万円を支払う内容の和解(訴訟前の和解)が成立いたしました。

下大澤 優弁護士からのコメント

下大澤 優弁護士

 本件では,幸いにも慰謝料額を大幅に減額することができました。
 慰謝料をどの程度減額できるかは事案ごとに様々であり,すべての事案で大幅な慰謝料減額が実現できるとは限りません。
 しかし,慰謝料減額の見込みや,減額幅の見通しをつけるためには,弁護士にご相談いただくことがベストです。

離婚・男女問題

特徴をみる

交通事故

分野を変更する
交通事故事件は、早めの対応が重要です。ご相談のみで解決できる問題もありますので、どうぞお気軽にご相談ください。【当日・休日・夜間相談可】【初回相談無料】

交通事故の詳細分野

事件内容

  • 死亡事故
  • 物損事故
  • 人身事故

争点

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償

対応体制

  • 全国出張対応
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料

【案件への対応姿勢】
①これまで交通事故事件を多数扱って参りましたので、今後の見通し等、スピーディな判断が可能です。
②弁護士費用については、可能な限り明確にご提示いたします。
ご相談者がわかりやすい説明を心がけております。

●安心の費用設定
お気軽にご相談頂けるよう、初回のご相談は無料です。
また、ご依頼の際の費用については、明確にご説明いたします。
なお、費用については、ご依頼者様の経済状況を考慮し柔軟に対応いたします。

●重点取扱案件
後遺障害等級認定・示談交渉・交通事故裁判

●よくあるご相談
・交通事故に遭い、治療のため仕事を休んでいる。当面の間の休業補償を請求したい。
・加害者側の保険会社から治療の打ち切りと示談を迫られているが、まだ痛みが残っている。
・後遺障害の等級について知りたい。
・適切な後遺障害の認定をもらうためにはどうすれば良いのか知りたい。
・後遺障害による収入の減少に対して補償はあるのか。
・妥当な慰謝料額について知りたい。
・加害者側の保険会社から示談の提案があったが、示談金の額が妥当なのか知りたい。
・妥当な過失割合が知りたいなど、このようなご相談はお任せください。

●弁護士に依頼するメリット
【1】交渉はすべて弁護士が行います
保険会社との交渉はすべて弁護士が引き受けます。
当事者同士で直接話をする必要はなく、交渉に同席していただく必要もありません。

【2】幅広い対応と豊富な解決実績
物損事故、軽微なむち打ち事故から後遺障害が残る重大事故、死亡事故まで、多数の解決実績があります。

【3】明確な解決ポイントなどをご説明いたします。
最初に、弁護士が対応した場合のメリットとデメリット、保険金の見込み額と弁護士費用といった相談者様が気になるポイントを、分かりやすく丁寧にお伝えすることを心がけています。

--------------------------------
【コロナ対策】
・アルコール消毒液等準備しておりますので、ご安心してご来所ください。
・来所いただいてのご相談の他、ビデオ通話(LINE,Skype,ZOOM)を利用した法律相談を実施いたします。
詳細はお電話かメールにてお問合せください。

【ニュース監修】
弁護士ドットコムニュースの監修を行なっております。
よろしければご覧ください。
https://www.bengo4.com/topics/lawyer/790/

--------------------------------
■アクセス
地下鉄南北線 勾当台公園駅から徒歩15分

この分野の法律相談

証拠提出の際に 甲第○号証 と記載しているようですが、 疎甲第○号証 として提出するものは何になるのでしょうか? 基本的な使い分けがわかってないので教えて下さい。

 「証明」ではなく「疎明」が求められる手続においては、「疎甲号証」として証拠を提出することになります。  「疎明」とは、「証明」のレベルよりも低く、ある事実の存在が「一応確からしい」との心証を裁判所に抱かせることを意味します。  通常の訴訟手続においては、事実を立証する際に「証明」のレベルが求められますが、迅速性を重視する手続(例えば、民自保全手続など)...

下大澤 優弁護士

先日、相談させていただいた妻が起こした追突事故の件でお聞きしたいことがあります。 免許更新忘れで無免許状態の方は、先日、警察署で聴取を受けました。対応した警察官は、故意では無いという内容で検察に送るとの事でした。 相手側の自動車修理費は確定しましたが、怪我の具合を以前説明されたときは全治...

 任意保険に加入されているのでしたら、今後の示談交渉は保険会社の担当者を窓口として行うことになります。  担当者から適宜報告を受けることはありますが、ご質問者様ご自身が直接交渉を行う必要はありません。    今後は、被害者の通院に要する各種費用、休業損害(高齢とのことなので、発生しないかもしれませんが)等を保険会社から直接払いし、治療の終了を待つことに...

下大澤 優弁護士

本人同士の訴訟について、訴訟中に当事者の一方が弁護士に代理を委任した場合、代理人弁護士は、訴訟相手方に委任状写しを送るのでしょうか? 裁判所に委任状原本を提出することは知っています。

 訴訟において、相手方へ委任状の写しを送付することはいたしません。  なお、委任状を確認したい場合は、訴訟記録の閲覧によって確認することができます。

下大澤 優弁護士

交通事故の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回のご相談は無料。
2回目以降のご相談は30分ごとに5,000円(税別)
着手金 示談交渉・・・10万円(税別)
調停・・・20万円(税別)
訴訟・・・30万円(税別)
報酬金 事件解決時の報酬
得られた経済的利益の額が300万円以下の場合:16%
得られた経済的利益の額が300 万円を超え3000万円以下の場合:10%+18 万円
得られた経済的利益の額が3000万円を超え3 億円以下の場合:6%+138 万円
得られた経済的利益の額が3億円を超える場合:4%+738万円
備考欄 示談交渉に引き続き調停・訴訟を受任する場合は着手金を減額いたします。
また、ご依頼者様ご自身の任意保険に弁護士特約が付加されている場合、弁護士費用の実質的なご負担なくご依頼頂けます。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

交通事故の解決事例(1件)

分野を変更する

交通事故の解決事例 1

交通事故損害賠償の増額事例

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 女性

相談前

ご依頼者様(専業主婦)は,原動機付自転車を運転中に,乗用車との衝突事故に遭われました。
ご依頼者様は,事故により,骨盤骨折等の傷害を負い,後遺障害等級12級該当の後遺障害(股関節の可動域制限)が残存しました。
事故加害者側の保険会社から受けた当初の示談金額は,約300万円程度でした。

相談後

ご依頼者様より示談交渉手続の依頼を受け,加害者側保険会社との交渉を開始しました。
およそ4か月にわたる交渉の結果,当初の提示額を約800万円増額する内容での示談が成立いたしました。

下大澤 優弁護士からのコメント

下大澤 優弁護士

保険会社が提示する示談金額が妥当とは限りません。
むしろ,当初に提示される示談金額は極めて低額となることが一般的です。
弁護士が介入することにより,適切な賠償を得ることができた一例です。

交通事故

特徴をみる

労働問題

分野を変更する
労働問題は、生活に直結する深刻なものです。ご依頼者様のご負担を極力軽減しつつ、適切な解決を目指します。【退職代行対応】【休日・夜間相談可】【初回相談無料】

労働問題の詳細分野

原因

  • パワハラ・セクハラ
  • 給料・残業代請求
  • 労働条件・人事異動
  • 不当解雇
  • 労災認定

対応体制

  • 全国出張対応
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料

【案件への対応姿勢】
①これまで労働問題を多数扱って参りましたので、今後の見通し等、スピーディな判断が可能です。
②「退職をしたいのに勤務先が認めてくれない」など,退職手続が難航している場合,弁護士が退職手続を代行することも可能です。
③弁護士費用については、可能な限り明確にご提示いたします。
ご相談者がわかりやすい説明を心がけております。

●安心の費用設定
お気軽にご相談頂けるよう、初回のご相談は無料です。
ご依頼の際の費用については、明確にご説明いたします。
また、費用については、ご依頼者様の経済状況を考慮し柔軟に対応いたします。

●重点取扱案件
・退職代行
・残業代請求
・不当解雇
・パワハラ・セクハラ
・労働条件

●よくあるご相談
・未払いの残業代を請求したい。
・突然労働条件が変更され困っている。
・理由のない解雇を通告された。
・会社を辞めたいが、辞めさせてもらえない。
・上司や同僚からセクハラを受けている。
・上司からパワハラを受けている。
・会社から損害賠償請求をすると通告された。
・有給を取らせてもらえない。
・長時間の残業を強いられているなど、このようなご相談はお任せください。

●弁護士に依頼するメリット
【1】交渉はすべて弁護士が行います
相手方との交渉はすべて弁護士が引き受けます。
当事者同士で直接話をする必要はなく、交渉に同席していただく必要もありません。

【2】幅広い案件対応とフットワークの軽さ
ご要望に応じて、全国出張いたしますので、お電話にてお問い合わせください。
労働問題は、時効などが関係してくる場合もあり、迅速な対応が重要です。どのような問題でも、まずはお気軽にご相談ください。

【3】明確な解決ポイントなどをご説明いたします。
最初に、弁護士が対応した場合のメリットとデメリット、弁護士費用といった相談者様が気になるポイントを、分かりやすく丁寧にお伝えすることを心がけています。

--------------------------------
【コロナ対策】
・アルコール消毒液等準備しておりますので、ご安心してご来所ください。
・来所いただいてのご相談の他、ビデオ通話(LINE,Skype,ZOOM)を利用した法律相談を実施いたします。
詳細はお電話かメールにてお問合せください。

【ニュース監修】
弁護士ドットコムニュースの監修を行なっております。
よろしければご覧ください。
https://www.bengo4.com/topics/lawyer/790/

--------------------------------
■アクセス
地下鉄南北線 勾当台公園駅から徒歩15分

この分野の法律相談

【相談の背景】 友人が、有給消化後退職いたしますと退職届を出しました。退職後 退職認めますと返事が来ました。 その後 横領したと言われて 懲戒解雇通知が来ました。 【質問1】 退職を認めたあとでも 懲戒解雇にできるのでしょうか。

 懲戒解雇を行うにあたっては、使用者と労働者との雇用契約が存在することが前提となります。  懲戒解雇に先立ち退職が成立しているのであれば、既に雇用契約は解約されているわけですから、懲戒解雇を行う前提を欠くことになります。  したがって、本件で既に退職が成立しているのであるとすれば、懲戒解雇を行うことはできません。

下大澤 優弁護士

【相談の背景】 キャバクラで働いていて 妊娠発覚し何度も出血などもしていて働ける状態ではなかった為辞めると伝えた所 原則1ヶ月前に言って辞めるべき そう言われ 週末だけでも出勤してと言われたのですが タバコの臭い、ずっと同じ体制でお腹が張ってしまうのでこれ以上シフト出せないと言って無断欠勤し...

 妊娠による体調不良が原因で出勤をすることができないのであれば、即時退職をする旨を文書で(内容証明郵便が望ましいです)通知することをお勧めいたします。  法律上は退職するにあたって2週間の予告期間をおくことが必要ですが、「やむを得ない事由」がある場合には即時退職も可能です。  妊娠による体調不良は、「やむを得ない事由」に該当し得るものですから、これを理由...

下大澤 優弁護士

【相談の背景】 業務上のストレスにより適応障害になり 休業中です。 会社から借入があったのですが、毎月少しづつ返済していたのですが、鬱で休業となり返済が遅れてしまいました。 先日給料全額を返済残金と相殺すると連絡が来ました。 貸借契約書を確認すると、返済が遅れた場合には賃金と相殺する的な文...

 労働基準法24条1項は賃金の全額払いを規定しておりますので、借入金等を賃金から一方的に控除することは原則として違法です。  ただ、これには例外があり、賃金からの控除が労働者の自由な意思に基づくものと認めるに足りる合理的な理由が存在する場合には、控除も許容されます。  上記を前提に本件を検討すると、賃金のすべてを相殺することは、労働基準法24条1項に...

下大澤 優弁護士

労働問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回のご相談は無料。2回目以降のご相談は30分ごとに5,000円(税別)
着手金 示談交渉・・・10万円(税別)
労働審判・・・20万円(税別)
訴訟・・・30万円(税別)
報酬金 事件解決時の報酬
示談交渉・・・経済的利益の10%〜20%
労働審判・・・経済的利益の10%〜20%
訴訟・・・経済的利益の10%〜20%
退職代行 勤務先からの退職手続を代行いたします。
具体的には,勤務先に対し,弁護士が代理人となり退職の意思表示を行い,法的に有効な退職を成立させます。
退職代行に関する手数料は,5万円(税別)です。
退職代行のみを受任範囲とする場合,手数料5万円のほか,弁護士費用は発生いたしません。
その他 示談交渉に引き続き労働審判・訴訟を受任する場合は着手金を減額いたします。
また,料金はご状況に応じて柔軟に対応いたしますので,お気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

労働問題の解決事例(2件)

分野を変更する

労働問題の解決事例 1

会社から発令された配転(転勤)命令を撤回させた事案

  • 労働条件・人事異動
依頼主 男性

相談前

ご依頼者様は,勤務先の会社から配転(転勤)命令を発令された方です。

配転命令を発令されたものの,諸般の事情から命令に応じることは困難であるとのことで,相談に来られました。

一通りご事情をうかがった結果,現実に配転(転勤)先に異動していない現段階で,速やかに手を打てば解決の余地があるとの結論に至り,会社との示談交渉を受任いたしました。

相談後

受任後,会社に対し,配転命令の有効性には疑義があること,及び,改めて配転の是非につき協議を行いたい旨を記載した通知書を送付しました。

通知書の発送からまもなく,会社から,「今回の配転命令は撤回する」旨の回答を頂きました。

これにより,ご依頼者様は配転先に異動することなく,従前の勤務地での勤務を継続できることになりました。

下大澤 優弁護士からのコメント

下大澤 優弁護士

本件が円満に解決した要因は,配転先への異動が実現していない段階で措置を講じることができた点にあります。

現実に異動が完了していた場合には,会社も容易には配転命令の撤回に応じないことが予想され,この場合,配転命令の有効性を争うためには,訴訟等,相応の負担が生じる手段を選択せざるを得ない状況になっていたかもしれません。

労働問題の解決事例 2

未払残業代として200万円の支払を受ける旨の合意が成立した事案

  • 給料・残業代請求

相談前

依頼者(「Aさん」とします)は,相談時点で既に勤務先を退職しておりました。
Aさんは,在職期間中に膨大な残業を行っていたため,未払残業代が請求できるのではないかとの考えのもと,弊所への相談を希望されました。

相談後

相談の結果,未払残業代の請求が可能であるとの結論に至りました。
その後,詳細な未払残業代を計算し,労働審判の申立を行いました。
労働審判の結果,使用者から未払残業代200万円の支払いを受ける内容の和解が成立しました。

下大澤 優弁護士からのコメント

下大澤 優弁護士

Aさんは,退職後間もなく相談に来られたため,未払残業代の消滅時効の成立を防ぐことができました。
このように,未払残業代の請求にあたっては,極力お早めに行動をとっていただくことが重要となります。

労働問題

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
定禅寺通り法律事務所
所在地
〒980-0821
宮城県 仙台市青葉区春日町4-28 SUUT101
最寄り駅
地下鉄南北線 勾当台公園駅から徒歩15分
交通アクセス
駐車場近く
受付時間
  • 平日10:00 - 18:00
  • 土日祝10:00 - 18:00
定休日
なし
備考
事務所の営業時間は10:00-18:00です。
ただし,事前予約の上,土日祝・夜間の対応も可能です。
お気軽に問い合わせください。
対応地域

全国

事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 労働
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 医療
  • 消費者被害
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 税務訴訟
  • 国際・外国人問題
  • 知的財産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪被害
  • インターネット
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 行政事件
  • 近隣トラブル

電話で問い合わせ
050-5285-4328

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

現在営業中 10:00 - 18:00

定禅寺通り法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5285-4328

※定禅寺通り法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日10:00 - 18:00
  • 土日祝10:00 - 18:00
定休日
なし
備考
事務所の営業時間は10:00-18:00です。
ただし,事前予約の上,土日祝・夜間の対応も可能です。
お気軽に問い合わせください。
交通アクセス
駐車場近く