現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
田上 裕輝弁護士

( たのうえ ゆうき ) 田上 裕輝

保田窪法律事務所

離婚・男女問題

分野を変更する
離婚したいが相手が応じない場合のほか、親権、養育費、慰謝料、財産分与など、離婚をめぐるあらゆる問題に親身に対応し、トラブル解決に全力を注ぎます。まずはご相談を。

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 分割払いあり
  • 後払いあり

離婚をめぐる問題はさまざまです。離婚するかしないかということ自体が問題となる場合もありますし、財産分与、別居中の生活費の支払い、慰謝料、さらにお子さんがいらっしゃる場合には親権や養育費も問題となります。手続も、自分たちだけで話し合いができなければ家庭裁判所の調停をし、それでも解決できないときには訴訟をするというように、段階をふんで進めていくことになります。

これらの問題に的確に対処するためには、予備知識をもっておくことが不可欠ですので、まずは法律相談をお受けになることをおすすめします。相談をしておくだけでも、知識をもっておくことで相手から言いくるめられることを防ぐことができます。さらに、自分たちだけでは話が先に進まないようなときには、弁護士を代理人として交渉をすることも一つの方法です。

手続の段階についても、話し合いがうまくいかないので調停を起こしたい場合、調停の途中で行き詰まった場合、調停で解決できなかったので裁判をせざるをえなくなった場合など、さまざまな状況が考えられますが、相談していただければ、その状況に応じてどのような手段をとることが妥当なのか、アドバイスを行います。その際、解決内容だけでなく、時間やコストも頭に入れながら、依頼者様と話し合いつつどのように進めていけばよいのかを決めていきますので、安心してご相談ください。

離婚事件の場合、特に、費用のご心配がある方が多くいらっしゃいますが、当事務所では、積極的に法テラスの民事法律扶助制度を利用していただいています。収入の少ない方でも、無料で法律相談を受けることができ、依頼される場合にも弁護士費用の立て替えを受けることができますので、安心して依頼していただけます。

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

離婚・男女問題

解決事例をみる

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分5500円(税込み)
着手金 経済的な利益の額に対し
300万円以下の部分:8.8%
300万円を超え3000万円以下の部分:5.5%
3000万円を超え3億円以下の部分:3.3%
3億円を超える部分:2.2%

金銭請求を伴わない場合 事案に応じ、調停22万円~、訴訟33万円~(調停に引き続いて訴訟を受任する場合、訴訟の着手金は減額できます。)
成功報酬金 経済的な利益の額に対し
300万円を超える部分:17.6%
300万円を超え3000万円以下の部分:11%
3000万円を超え3億円以下の部分:6.6%
3億円を超える部分:4.4%

金銭請求を伴わない場合 事案に応じ、22~33万円程度
備考 ※実費・交通費・日当を別途いただくことがあります。
※お支払いは個別にご相談させて頂きます。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(1件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

借金を隠していた夫と離婚を争った例

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 別居
  • 婚姻費用
  • 離婚請求
依頼主 40代 女性

相談前

依頼者の方は、夫が借金を隠して自分と結婚したことなどが原因で、夫と別居して子どもたちと生活しておられました。離婚したいが、夫が離婚に応じてくれないとして、相談にこられました。

相談後

別居中であったことから、婚姻費用の分担を求める調停と離婚を求める調停を起こし、別居中の婚姻費用は夫から支払いを受けられることになりました。離婚については調停では合意に至らなかったため、訴訟を起こし、最終的には、離婚するとともに、子どもの親権をとり、養育費の支払いも受けるという内容の裁判上の和解が成立して解決しました。

田上 裕輝弁護士からのコメント

田上 裕輝弁護士

別居している妻が生活費に困るという例は多いですが、本件のように、まずは婚姻費用の分担を求めることで、一応の生活費を得ることはできます(これは戸籍上の夫婦である以上当然支払わなければならないものです。)。その上で、事案に応じ、調停や裁判を通じて、離婚を成立させたり、お子さんの親権や養育費を獲得したり、財産分与を受けたりと、適切な解決を目指すことができます。この事例では、夫が離婚自体を争っていましたが、調停や裁判の手続を通じ、今さらもとに戻ることは不可能だということを丁寧に主張していったところ、相手が折れて離婚を認めてくれました。依頼者様とよく話し合い、粘り強く争ったことによって、このような和解を実現することができた事例です。

離婚・男女問題

特徴をみる

遺産相続

分野を変更する
相続についてもめている場合はもちろん、「遺言を作成したい」「相続人が行方不明」「遺産の分け方がわからない」など、気になることがあればお気軽にご相談ください。

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 分割払いあり
  • 後払いあり

相続は、多くの人が人生の中で何度か経験する法律問題です。

当事務所では、「相続の方法についてのアドバイスがほしい」「書類の作りかたを教えてほしい」といった比較的簡単な相談から、「相続人と連絡がつかない」「誰が相続人か分からない」といった相続調査、遺言の作成、他の相続人ともめていることについての相談など、各種の相談をお受けします。ご自分が相続人であるという場合はもちろん、紛争の相手方やお金を貸した相手などが亡くなって相続が起きたという場合にも対処が必要な場合がありますので、気になることがあればご相談ください。

特に、借金を残して死亡したような場合の対処や、相続人同士がもめている事案の対応などについては、専門的な立場からのアドバイスの必要性が高い事案も多く見られます。相続人同士でもめている場合、自分たちだけは感情的になってしまいうまく話し合いが進まないことが多いですが、代理人を通すことで、冷静な解決を図ることができる場合があります。その他、多額の借金が残っているとか、そもそも財産がわからない場合などは、裁判所での手続をしたほうがよい場合もありますが、どのような手続を選択すればよいのかについて、専門的見地からのアドバイスをし、必要に応じて代理人として活動いたします。

一方、相続をめぐる紛争を防止するために遺言を書いておくことも有効です。しかし、せっかく遺言を書いても、内容によってはそれ自体が紛争のもとになったり、場合によっては無効とされたりすることもあります。そのため、専門家にご相談をされた上で作成されることをおすすめします。当事務所では、作成方法についての簡単なアドバイスから、作成のご依頼まで、ニーズに合わせて丁寧に対応いたします。

費用については、もめていても最終的にはある程度の相続金が入る見通しがある場合は費用を後払いにするなど、事案に応じて工夫して対応いたします。まずはご相談ください。

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分5500円(税込み)
着手金 経済的な利益の額に対し
300万円以下の部分:8.8%
300万円を超え3000万円以下の部分:5.5%
3000万円を超え3億円以下の部分:3.3%
3億円を超える部分:2.2%

※事情により後払い(相続手続が終了してからの支払い)も可能です。
成功報酬金 経済的な利益の額に対し
300万円以下の部分:17.6%
300万円を超え3000万円以下の部分:11%
3000万円を超え3億円以下の部分:6.6%
3億円を超える部分:4.4%
備考 ※実費・交通費・日当を別途いただくことがあります。
※お支払いは個別にご相談させて頂きます。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(1件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

会ったことのない相続人を調査し、相続を放棄してもらった例

  • 相続放棄
依頼主 60代 女性

相談前

被相続人(亡くなった方)のおい・めいにあたる相続人の方から、自分たちとは別の被相続人のおい・めいも相続人であるが、会ったこともなく、連絡もつかないため、遺産である預貯金をおろせない旨の相談がありました。

相談後

戸籍を調査し、相続人の方に連絡をとりました。もっぱら依頼者のほうが被相続人と親しく交流していたことから、できれば遺産をすべて譲ってほしいという方針で協議したところ、相手がこれに応じて裁判所で相続放棄の手続をしてくれたため、当方の依頼者様が遺産すべてを取得することができました。

田上 裕輝弁護士からのコメント

田上 裕輝弁護士

本事例は、相続人の調査から受任した例です。もちろんトラブルになったときにも弁護士に相談することが有効ですが、この事例のように調査が必要な場合も弁護士に相談するのが近道です。
相続人がわかったあとも、法律の専門家である弁護士が代理人として交渉することにより、適切に遺産を分割しやすくなりますし、弁護士が書面を作成したり裁判所で必要な手続をしたりするので、後々の紛争防止に大きく役立ちます。

遺産相続

特徴をみる

詐欺被害・消費者被害

分野を変更する
怪しい商法にだまされた、投資したお金を返してもらえない、投資した会社と連絡がつかなくなったなどでお困りの場合、ご相談ください。返金に成功する例が多数あります。

詐欺被害・消費者被害の詳細分野

原因

  • 金融・投資詐欺
  • 訪問販売
  • ワンクリック詐欺・架空請求
  • 競馬・情報商材詐欺
  • ぼったくり被害
  • 霊感商法
  • 出会い系詐欺

対応体制

  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 分割払いあり
  • 後払いあり

「投資したお金が返ってこない」「株を買った会社と連絡がつかなくなった」「投資したのに約束どおり配当を受けられない」「聞いたこともない権利を買わされてしまったので返金してほしい」など、悪徳商法や投資にまつわる詐欺被害などにお困りの場合は、当事務所にご相談ください。

こういった詐欺や悪質な投資については、日々新たな手口が生み出されています。そして、だまされたと気づいたのは多額のお金を支払ったあとだった、ということがよくあります。中には、多額のお金を支払ったとたんに連絡がつかなくなるようなケースも見受けられます。

このようなケースでも、弁護士が介入すると支払ったお金が返ってくるケースも多くあり、ときには、何百万円という金額が返ってくる場合もあります。当事務所では、依頼者様に代わって、相手方の所在等を調査し、返金交渉を行なったり、必要に応じて裁判を起こすなどして、返金に努めます。

被害に遭ったために手元にお金がないという方もいらっしゃるかと思いますが、まずはご相談ください。費用については割引や後払い、分割払い等、個別に対応いたします。資力が要件を満たす場合には法テラスに立て替えてもらう民事法律扶助制度の利用も可能です。

詐欺被害・消費者被害

解決事例をみる

詐欺被害・消費者被害の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 30分5500円(税込み)
着手金 経済的な利益の額に対し
300万円以下の部分:8.8%
300万円を超え3000万円以下の部分:5.5%
3000万円を超え3億円以下の部分:3.3%
3億円を超える部分:2.2%
成功報酬金 経済的な利益の額に対し
300万円以下の部分:17.6%
300万円を超え3000万円以下の部分:11%
3000万円を超え3億円以下の部分:6.6%
3億円を超える部分:4.4%
備考 ※実費・交通費・日当を別途いただくことがあります。
※お支払いは個別にご相談させて頂きます。
文書作成料 事案、内容により
3万3000円~5万5000円
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

詐欺被害・消費者被害

特徴をみる 解決事例をみる

詐欺被害・消費者被害の解決事例(1件)

分野を変更する

詐欺被害・消費者被害の解決事例 1

「CO₂排出権」への投資で返金された例

  • 金融・投資詐欺
依頼主 40代 男性

相談前

依頼者様は、とある会社から勧誘を受け、CO2排出権というものに約200万円を投資したものの、やめたいのにやめさせてくれず、返金を受けられないなどとして、相談にこられました。

相談後

弁護士名で会社に返金を要求する文書を送付したところ、現在の残額であるとして、わずかな額のみが返金されました。納得がいかなかったため、訴訟をおこし、このような投資の違法性を主張したところ、支払った金額を全額返金するという内容の裁判上の和解が成立し、返金を受けることに成功しました。

田上 裕輝弁護士からのコメント

田上 裕輝弁護士

怪しい投資の場合、すぐに会社と連絡がつかなくなったり、また、連絡がついても言いくるめられて返金してくれなかったりすることが多いようです。このような場合、弁護士はその投資が適法なものなのか、専門的な知識をもとに判断し、連絡がつかない場合も相手の住所や居場所についての調査を行って、必要に応じて交渉や裁判を通じて返金を求めます。この事例のように全額返金に成功する例もありますし、そうでなくても一部でも返金される例が多数あります。悩んでいないでまずはご相談ください。

詐欺被害・消費者被害

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
保田窪法律事務所
所在地
〒862-0926
熊本県 熊本市中央区保田窪1-1-35 大田ビル301
最寄り駅
東海学園前駅
交通アクセス
駐車場あり
対応地域

九州・沖縄

  • 熊本
事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 消費者被害
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 医療
  • 消費者被害
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪被害
  • インターネット
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 行政事件
  • 近隣トラブル

電話で問い合わせ
050-5572-6073

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

田上 裕輝弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5572-6073

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 17:30
定休日
土,日,祝
交通アクセス
駐車場あり