現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
山口 恭平弁護士

( やまぐち きょうへい ) 山口 恭平

あい法律事務所

幸せになることを、諦めないでほしい

誰かを勇気づける仕事に就きたかった

私は小さい頃からサッカーが大好きで、「将来はプロのサッカー選手になる」と言って、毎日練習に明け暮れていました。

最初は自分も頑張れば必ずプロになれると信じていたんですが、中学生ぐらいになると、だんだんと現実を突きつけられるようになりました。

自分よりずっとサッカー歴の短い人が圧倒的な結果を出し続けたり、練習しても練習しても追いつけない相手に出会ったりして、「ああ、これがプロになっていくレベルなんだ」と悟りはじめたんです。

悔しいですけど、真剣にサッカーをやってきていたからこそ、「自分はプロにはなれない」とはっきり分かったんですよね。

そこで、将来は何になろうかと考え直しました。 仕事って、おそらく人生の中で一番多くの時間を割くものじゃないですか。

そう考えた時、サッカーでなくても、誰かを元気にしたり、勇気づけたりできる仕事に就きたいと思ったんです。それで最終的に「弁護士」という仕事を選びました。

価値観を押しつけず、事実を見る

私が、弁護士として活動する上で大事にしていることは、二つあります。

一つ目は、自分の価値観を押しつけないこと。

弁護士の仕事は、いつも依頼者の話を聞くことから始まります。 私も人間なので、話の内容によっては、ついつい「それはおかしい」とか「あまりにもかわいそうだ」と、気持ちが高ぶってしまうこともあります。

でも、私の中での常識や価値観が、その依頼者の常識や価値観に当てはまるとは限らないので、断定的な言い方をしないように気をつけています。

例えば、「配偶者に裏切られた」という事実一つに対しても、いろいろな捉え方があります。

「許せない、最後まで厳しく責任を追及したい」と激しく憤る人もいれば、「自分の何がいけなかったのだろうか」と落ち込んでしまう人もいる。 そのどちらも間違いではないですよね。

大事なのは、その依頼者の中にどんな感情が渦巻いているのかを弁護士がしっかり把握して、その人に合ったフォローをすることです。

二つ目は、できるだけ前向きな気持ちで話すこと。

法律事務所にいらっしゃる方は、さまざまな事情を抱えています。 「こんなこと話すこと自体が恥ずかしい」「軽蔑されたらどうしよう」…

不安な気持ちを抱える依頼者の方が多い中、弁護士まで険しい顔をしてしまっては、相談をすることがストレスになってしまうかもしれません。それでは本末転倒です。

また、依頼者だけでなく、相手方の代理人と話すときも前向きな気持ちを持って話すように心がけています。

時には、トラブルが複雑化していて、交渉が難航することもありますが、だからと言って、私は相手方の代理人と喧嘩をするために仕事をしているわけではありません。交渉や裁判は、お互いが納得して前を向くためのものであり、相手を苦しめるためや陥れるためにするものではないんです。

お互いの依頼者がより幸せになれるよう、工夫できるコミュニケーションがあれば、これからも積極的に取り入れていきたいですね。

Altに設定する説明文

円満解決にこだわりたい

「毎日が苦しい、どうしても離婚したい」

少し前に、夫からのDVに悩む女性が事務所を訪れました。 暴力から逃れるために別居をしたいが、経済的事情を考えるとなかなか踏み切れないとのこと。

毎日考えているうちに、悩み疲れ、途方にくれてしまったようでした。

「なんとかしてこの状況から抜け出してもらわなければいけない」と思いました。

離婚・男女問題を担当する時に、私がこだわっているキーワードは「円満」です。

双方の人生は別れてもずっと続いていきます。その後当事者同士に再度トラブルが起きないようにするには、できるだけ円満に別れることが大切です。

この離婚トラブルにおいても、ひとつひとつ納得してもらいながら丁寧に交渉し、当面の間の生活費の保障をしてもらうことで、離婚が成立しました。

「こんな生活を取り戻せるなんて思ってもみなかった。嬉しいです」

円満に解決できたことで、安心して新しい人生を踏み出していただくことができ、私もホッとしました。

昨今、配偶者や恋人からのDVに悩む人からのご相談は、特に増えています。

家庭内の問題は、被害者にとっては一番身近な問題でありながら、「家」という閉鎖的な空間の中で起こるため、なかなか外からは気づくことができません。被害者から声をあげていただかないと、初動はどんどん遅れてしまいます。

「弁護士に相談することで暴力がもっとひどくなったらどうしよう…」と不安な気持ちもあるかとお察しいたしますが、弁護士は、あなたの安全を確保することを第一に考えて動きます。どうか勇気を持って弁護士に連絡してみてください。

「人」が増えれば、「できること」が増える

最近、他業種の方と関わるセミナーや講演会に参加する機会が増え、他業種との人脈が、弁護士業に活きることが山ほどあると気づきました。

一番の効果は、依頼者により多くの選択肢を提示できるようになることです。

例えば、不動産関係の人脈があれば、「離婚によって一時的に経済的余裕がなくなっているので、家賃をできるだけ節約したい」と言う方に、要望に合う物件を紹介できるかもしれませんし、人材関係にコネクションがあれば「労働問題に悩んできたから、次の職場は不安なく働きたい」と言う方に、いい職場を紹介できるかもしれないですよね。

人脈が増えると、できることは必ず増える。

もちろん、弁護士として、最新の法律知識や社会の動向を常に学ぶ姿勢は大事なことですが、人と人との繋がりや信頼関係の築き方というものは、教科書だけ読んでいても身につきません。これからは、社会の中での人脈づくりにも、力をいれて取り組んでいきたいと考えています。

いろいろな業種の人と知恵を出し合った方が、法律の知識がより活きることも多いです。 これからも他業種の方と積極的に関わり、より質の高いサービスを提供していきたいです。

どこからでも、話せるところからお話しください

このページを、いつ誰がご覧になっているかは分かりませんが、きっと大変な苦悩を抱えていらっしゃることと思います。

あなたは今、何が一番不安ですか?心の中にはどんな感情がありますか?

きれいにまとめていただく必要はありませんので、ありのままのことを、話せるところから順番にお話しください。

あなたのお気持ちを一緒に整理しながら、考えられる解決方法をご提案いたします。

一日二日ですぐ答えは出ないかもしれませんが、 まずは不安な気持ちを、安心に変えられるような相談時間にできれば、と思っております。

辛いこともあると思いますが、いつか振り返ってみたときに「いろいろあったな」と懐かしく思えるよう、丁寧に向き合っていくことが大切です。

あまり気負わずに、楽な気持ちでご連絡ください。 いつでもお待ちしています。

Altに設定する説明文

取扱分野

  • 借金・債務整理 料金表あり/解決事例あり
    依頼内容
    • 自己破産
    • 過払い金請求
    • ヤミ金対応
    • 任意整理
    • 個人再生
  • 離婚・男女問題 料金表あり/解決事例あり
    原因
    • 不倫・浮気
    • 別居
    • 性格の不一致
    • DV・暴力
    • セックスレス
    • モラハラ
    • 生活費を入れない
    • 借金・浪費
    • 飲酒・アルコール中毒
    • 親族関係
    請求内容
    • 財産分与
    • 養育費
    • 親権
    • 婚姻費用
    • 慰謝料
    • 離婚請求
    • 離婚回避
    • 面会交流
  • 遺産相続 料金表あり/解決事例あり
    請求内容
    • 遺言
    • 相続放棄
    • 相続人調査
    • 遺産分割
    • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
    • 相続登記・名義変更
    • 成年後見
    • 財産目録・調査
  • 交通事故
    事件内容
    • 死亡事故
    • 物損事故
    • 人身事故
    争点
    • 後遺障害等級認定
    • 過失割合
    • 慰謝料・損害賠償

借金・債務整理

分野を変更する
【緊急!コロナ対応:初回相談60分無料。電話相談可。】【弁護士法人あい法律事務所】【所属弁護士3名】あなたの平穏な日常を全力で取り戻します。
あい法律事務所

借金・債務整理の詳細分野

依頼内容

  • 自己破産
  • 過払い金請求
  • ヤミ金対応
  • 任意整理
  • 個人再生

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

【このような悩みがある方は是非ご相談ください】
・「借金がいつまでたっても減らない」
・「自己破産をしようか迷っている」
・「サラ金の取立てを止めたい」
・「借金を減額して欲しい」
・「苦しい借金返済生活から抜け出したい」
・「借金返済が自転車操業で苦しい」
・「家や車を残して借金整理をしたい」

このような相談が、当事務所にも数多く寄せられています。実際にお困りの方は、ご相談ください。
一人で抱えておられる悩みや不安について、じっくりと親身にお伺いし、少しでも気持ちを軽くしていただけるように心がけております。

◆弁護士法人あい法律事務所の特徴◆
1.借金・債務整理の豊富な相談実績。
2.依頼者の利益を優先し、柔軟な解決方法を提示します。
3.事務所所属の弁護士の総合力で依頼者のご事情を親身にお伺いし、最適な解決方法を目指します。

◆弁護士法人あい法律事務所の方針◆
我々あい法律事務所は、トラブルに直面した方々の、当たり前の日常生活を守りたい、その先にある未来、幸せを守りたいと考えております。
当事務所は、依頼者の方のお話を親身に伺い、依頼者の立場に寄り添いつつ依頼者の意向を最大限尊重した解決方法を一緒に模索しながら、事件の解決に向けて最善の努力を尽くします。あい法律事務所では、皆さまの5年後、10年後の未来を見据えた解決策を提案いたします。

<1>【初回相談1時間無料相談を実施】
まずは現状をお伺いして、今後、行うべきことなどを丁寧にお伝えいたします。
※ご相談内容により有料相談(5,000円/30分(税別))となる場合がございます。
※2回目以降のご相談や初回1時間を超えるご相談につきましては、30分毎に5,000円(税別)の相談料を頂戴しております。

<2>【ご要望に沿った相談体制】
ご相談日時については、ご要望に沿えるよう出来るかぎり対応いたします。
事前にご予約いただいた場合、当日・休日・夜間もご相談をお受けしております。(※弁護士多忙なためご要望に添えないこともあります。)

<3>【明確・安心の弁護士費用】
お客様からご相談内容を伺い、弁護士費用のご提示をいたします。
ご相談内容によって弁護士費用は変わりますが、当事務所ではわかりやすい弁護士費用体系で、
事前に弁護士費用をお見積りし、ご提示させていただきます。

<4>【丁寧な説明】
実際にお会いして、じっくりお話しをお聞きしていきます。
お困り・お悩みの具体的な内容など、詳しくお聞かせください。
その際、大事な事はご自身で判断せずに全て私たち弁護士に話してください。

【重点取扱案件】
・個人破産申立
・個人再生申立
・任意整理
・過払金請求
など、借金問題全般のご相談を承っておりますので、お気軽にご相談ください。

≪まずはお気軽にご相談ください≫
まずは、現状の整理からお手伝いいたします。
具体的に動き出す前でも、お気軽にご相談ください。

借金・債務整理

解決事例をみる

借金・債務整理の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
過払金回収 完済業者に対する過払金回収
[着手金]
  0円
[報酬金]
 └ 交渉による回収の場合 回収額の20%
 └ 訴訟による回収の場合 回収額の25%
※金額は全て税別になります。
【任意整理】 [着手金]
 1社2万円 (但し、最低着手金は5万円になります。)
商工ローン業者は1社5万円、最低10万円
[報酬金]
 └ 着手金と同額+減額報酬金 10%
 └ 過払金報酬金 交渉で回収した場合 回収額の20%
 └ 過払金報酬金 訴訟で回収した場合 回収額の25%
※金額は全て税別になります。
【個人の方の破産事件】 [着手金]
 └ 30万円(同時廃止の場合)
 └ 40万円(少額管財事件の場合)
[報酬金]
 なし
※金額は全て税別になります。
【個人の方の再生事件】 [着手金]
 └ 40万円(住宅ローン特例なし)
 └ 50万円(住宅ローン特例あり)
[報酬金]
 なし
※金額は全て税別になります。
【法人または個人事業主の方の破産事件】 [着手金] 50万~
※負債額1000万円(住宅ローン除く)超えるごとに10万円追加
※債権者数10社超えるごとに10万円追加
[報酬金]
 なし
※金額は全て税別になります。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理の解決事例(3件)

分野を変更する

借金・債務整理の解決事例 1

【当事務所の取り扱い事例】破産・同時廃止

  • 自己破産
依頼主 40代 男性

相談前

相談時の状況:負債総額4000万円(うち住宅ローンが3500万円)。生活環境が変わり、住宅ローンの返済とその他のカードローンの返済に困窮し、破産を希望されて来所されました。その他の相談者の財産としては、実家の両親が暮らす不動産の共有持分があり、破産した場合の持分の処理が懸念点でした。

相談後

手続きの流れ:破産事件の場合、ご本人の財産状況によって事件処理の取り扱いが異なりますので、まずはご本人の財産を適切に評価し、申立前に持分相当額を金銭化した上で、有用の資として支出の相当性の認められる弁護士費用等に充当しました。破産申立時、財産の評価額や処理方法を裁判所に全て疎明して、同時廃止での事件処理を認めてもらい、免責決定を得ることができました。

山口 恭平弁護士からのコメント

山口 恭平弁護士

・解決に要した期間:半年
・弁護士費用の額及びどのように準備したか
40万円+消費税。前記不動産持ち分の売却金から準備しました。

借金・債務整理の解決事例 2

【当事務所の解決事例】個人再生(給与所得者等再生・住宅ローン特例付き)

  • 個人再生
依頼主 40代 男性

相談前

相談時の状況:自営業を営んでいた相談者は、経営が成り立たなくなり、事業廃止をすることになりましたが、住宅ローンを返済中のご自宅は、ご家族と今後も住み続けたいため、維持をご希望でした。そこで、会社員への転職活動をしつつ、個人再生(住宅ローン特例付き)の手続を検討することになりました。
・手続きの流れ:相談時点では、住宅ローン特例が使用できるか、事業財産の清算価値をどのように捉えるかといった点に問題がありましたが、裁判所に疎明を尽くした結果、再生計画の認可決定を得ることができました。

相談後

・手続きの流れ:相談時点では、住宅ローン特例が使用できるか、事業財産の清算価値をどのように捉えるかといった点に問題がありましたが、裁判所に疎明を尽くした結果、再生計画の認可決定を得ることができました。

山口 恭平弁護士からのコメント

山口 恭平弁護士

・解決に要した期間:1年
・弁護士費用の額及びどのように準備したか
50万円+消費税。月々の収入からお積み立て頂きました。

借金・債務整理の解決事例 3

【当事務所の解決事例】個人再生(住宅ローン特例付き・夫婦ペアローン)

  • 個人再生
依頼主 40代

相談前

・相談時の状況:ご主人の転職がきっかけで収入が下がった反面、子育て等の生活費が増えたことから、ご夫婦共にカードローンでの借り入れが増えてしまい、返済に困窮しご来所されました。
住宅の維持をご希望でしたが、いわゆる夫婦ペアローンとなっていたため、ご夫婦同時での個人再生申立を検討することになりました。

相談後

・手続きの流れ:住宅ローン特例付きの個人再生申立の準備にあたり、夫婦ペアローンであることから生じる特有の問題点に配慮した上、住宅ローン債権者との事前協議を綿密に行いました。その結果、ご夫婦共に再生計画の認可決定を得ることができました。

山口 恭平弁護士からのコメント

山口 恭平弁護士

・解決に要した期間:1年
・弁護士費用の額及びどのように準備したか
・40万円(税別)+少額管財予納金20万円。債権者から回収した過払い金から。

借金・債務整理

特徴をみる

離婚・男女問題

分野を変更する
【相談、解決実績多数・2019年(8月末時点)新規相談実績126件・問合せ件数162件】【家族問題特化弁護士】【離婚男女問題専門HPあり】【キッズルーム有】
あい法律事務所

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

毎月1回(土曜日)無料相談会実施 ※先着5名限定のためご予約はお早めにお願いいたします。
ご予約は、お電話またはLINEでお願いいたします。
詳しくは、専用ホームページをご覧ください。
http://rikon-takamatsu.com

◆離婚・男女問題は当事務所にお任せください
毎月15件以上の相談を承っており、今後の見通しなどスピーディな判断が可能です。

▲離婚・不倫の慰謝料請求サイトのご詳細はこちらへ
http://rikon-takamatsu.com

▲LINEからの相談予約はこちらへ
https://line.me/R/ti/p/@tfe9973n
【あい法律事務所 離婚 法律相談予約アカウント ID】tfe9973n

▲「離婚を考えている」というタイミングでご相談下さい。
 「ネットでいろいろと調べたけれど、本当のところはどうなのか知りたい。」
 「別居を考えている。でも、住むところの確保の仕方がわからない。住所をバレないようしておきたいけれど、どうしたらいいか分からない。」
 以上のような不安を抱えている方は、大勢おり、このような相談に来られる方もたくさんいます。このような方々は、相談だけで安心して帰られるということも少なくありません。
 アクションを起こした後で、後悔するよりも、躊躇せず、事前に相談しておくことをオススメします。

■話しやすい弁護士
相談者様の気持ちをおいてけぼりにはしません。「どうしても子どものアルバムは譲れない」「両親にも一言謝って欲しい」など、特別な想いがあっても、それを聞いてもらえなければ実現出来ません。話しやすい弁護士に相談することも、理想の解決のためには必要です。

●弁護士に相談すべき理由
「ただの離婚を弁護士に相談する必要があるの?」「行政書士や司法書士ではダメなの?」との疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。
実は、養育費や財産分与等、離婚問題は、個別的な事情を考慮すべき必要性が大きく、それらには、様々な難しい法律問題を含んでいます。仮に、弁護士に相談することなく、上記の条件について合意してしまった場合、後からこれを争うのは事前に相談していた場合より遥かに困難となります。したがって、既に、上記の条件について、自分たちだけで合意できそうな場合でも、一度、弁護士にご相談下さい。

また、弁護士以外の士業では、離婚にまつわる法律問題のすべてを扱うことができません。行政書士は法的評価を行う業務はできず、(認定)司法書士が法律上行うことのできる法律相談業務は、離婚問題全般をカバーできるものではありません。その為、行政書士や司法書士の場合、通常、弁護士であれば可能な解決策を取ることが出来ないケースがあります。
離婚協議においては,「もし離婚調停や離婚訴訟に発展すればどうなるのか」という見通しを踏まえて条件の交渉が行われるため,離婚調停や離婚訴訟に明るい弁護士に相談することが不可欠です。

★相談料 法律相談料:90分 5,000円(税別)
 当事務所では相談者様のお話を充分にお聞きするために90分5000円(税抜き)とさせていただいております。従いまして、当事務所に相談にいらっしゃいました折には、お時間を気になさらずにゆっくりと落ち着いてお話いただき、ご納得されるまで弁護士にご相談いただきたいと思います。

http://rikon-takamatsu.com

離婚・男女問題

解決事例をみる

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
初回相談料 初回相談料 90分 5,000円

市役所、法テラスや法律相談センターでの相談時間は30分程度しかなく、その時間内で、相談者様の想いを全て弁護士に説明することは難しいことと考えております。
そこで、当事務所では相談者様のお話を充分にお聞きするために90分5,000円とさせていただいております。
従いまして、当事務所に相談にいらっしゃいました折には、お時間を気になさらずにゆっくりと落ち着いてお話いただき、
ご納得されるまで弁護士にご相談いただきたいと思います。ご依頼を頂いた場合は相談料は無料とさせていただきます。

※すべて税抜価格
2回目以降の相談着手金 30分 5,000円
60分 6,500円
90分 9,000円

※すべて税抜価格
着手金 協議 30万円
調停 37万円
訴訟 47万円

※協議から調停に移行した場合、差額の7万円のみ追加となります。
※調停から訴訟に移行した場合、差額の10万円のみ追加となります。

※すべて税抜価格
報酬金 共通 30万円

以下のケースにおいては、着手金と報酬金が加算となります。

■親権に争いがある場合(監護者)
追加着手金 5万円 追加報酬金 5万円

■親権に争いがある場合(非監護者)
追加着手金 30万円 追加報酬金 60万円

■養育費について 大学進学費用を請求する場合
追加着手金 5万円 追加報酬金 5万円

■面会交流の交渉を伴う場合
協議 追加着手金 5万円 追加報酬金 5万円
協議 追加着手金 5万円 追加報酬金 5-20万円
審判 追加着手金 10万円
抗告審 追加着手金 10万円

■財産分与に争いがある場合
財産分与対象財産の1%

■慰謝料/解決金に争いがある場合
獲得金額の12%

■婚姻費用の交渉を伴う場合
協議 追加着手金 5万円 追加報酬金 5-15万円
調停 追加着手金 5万円 追加報酬金 5-15万円
審判 追加着手金 10万円 追加報酬金 5-15万円
抗告審 追加着手金10万円 追加報酬金 5-15万円

※すべて税抜価格
協議書作成 離婚協議書作成:10万円~

※離婚協議書の内容及び分量により、作成料が20万円までの範囲で増額する可能性があります。

※公正証書を作成する場合には、弁護士費用の他に公正役場での公正証書作成料金がかかります。
実費(調停の場合) 丸亀家裁 1期日につき 1,500円の交通費
観音寺  1期日につき 2,500円の交通費
西条支部 1期日につき 6,000円の交通費

※その他裁判所 1期日につき その都度かかる交通費をご負担ください
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(9件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

協議離婚/慰謝料/財産分与/早期解決

  • 不倫・浮気
  • 財産分与
  • 養育費
  • 別居
  • 慰謝料

相談前

夫の浮気で別居中だった奥様からの相談です。

相談後

ご相談者様は「親権がとれれば、お金にはこだわら」と仰っていましたが、お子様の将来のことも考えて、親権だけなく財産分与・慰謝料を請求すべきであることをお伝えし、適正な額を獲得しました。また、夫の性格上、養育費の支払いに懸念がありましたので公正証書を作成いたしました。

山口 恭平弁護士からのコメント

山口 恭平弁護士

「早期解決」に加え「離婚後の生活にとってお金が大切であること」や「和解に実効性を持たせること」などご相談者様の利益を総合的に考慮し、奥様の思いを丁寧にお聞きした上で解決への道筋を提案させていただきました。

離婚・男女問題の解決事例 2

不貞慰謝料/早期解決/示談

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 30代 女性

相談前

相手方から夫と不貞行為を働いたとして200万円の請求をされ、今後どうなるのか不安で相談に来られました。

相談後

相談者様の不安に一つずつ丁寧にお答えし、最終的には、相手方ともよく話し合い、相手方の意をを汲んだ謝罪文を差し入れることで、60万円の支払いをもって解決することができました。

山口 恭平弁護士からのコメント

山口 恭平弁護士

精神的な苦痛を慰謝する手段は、「金銭の支払いだけではない」ということの1例ではないかと思います。

離婚・男女問題の解決事例 3

離婚/親権/養育費/慰謝料/財産分与/DV

  • 養育費
  • 親権
  • 慰謝料
  • DV・暴力
依頼主 男性

相談前

相談者様は、「離婚の調停をしているが、話がなかなか進まず困っている。離婚原因が私のDVにあるので、調停委員さんがあまり話をきいてくれないような気がする。」との悩みをお持ちでした。

相談後

相談者様の悩みを解消するため、調停の途中から代理人として動くことになりました。相談者様の話したいことを整理して調停委員に丁寧に説明いたしました。代理人として動いてから4回目の調停で、離婚が成立しました。希望していた長男さんの親権を獲得し、養育費の支払いや慰謝料の支払いは相談者様の経済事情的に支払い可能な範囲、という内容で合意することができました。

山口 恭平弁護士からのコメント

山口 恭平弁護士

調停の期日は、長いようで話したいことを話すには短いものです。気持ちを整理して話すべきことをまとめるためにも代理人を活用してもらえたらと思います。

離婚・男女問題の解決事例 4

結婚から1年未満で夫婦生活に不安を感じた女性からの相談

  • 離婚請求
依頼主 30代 女性

相談前

無料離婚相談がきっかけで当事務所に来所されました。相談者様は、ご主人の気分を害するとすぐに実家に帰ってしまう態度に悩み、これでは、夫婦生活が成り立たない。このまま夫婦を続ける自信がない。と疲労困憊といった様子でした。
相談者様は、今では、ご主人と話すことさえ精神的に負担が重く、電話がかかってきても電話に出れないとおっしゃっておりました。

相談後

そこで、相談者様の代理人として協議の代理をすることといたしました。面談後、離婚の意向、その理由を記載した手紙と一緒に離婚協議書と離婚届けをご主人へ送付し、ご主人と複数回の協議を実施しました。無事に、ご主人の合意を得ることが出来ましたので、離婚成立となりました。離婚後の手続として、相談者様が管理していたご主人名義の通帳の返却などをいたしました。

山口 恭平弁護士からのコメント

山口 恭平弁護士

結婚期間が短く、お子さんもいらっしゃらなかったので、離婚の合意を得られるかという点が争点となりましたが、ご主人側の言い分も丁寧に聴き取った上で状況説明したことで、早期に離婚の合意を得ることが出来ました。相談者様の一番のご希望も早期の離婚でしたので、早期解決となり、相談者様も喜んでおられました。

解決までに要した期間:54日
弁護士費用:32万4000円(消費税込み)

離婚・男女問題の解決事例 5

不貞相手のご主人から慰謝料請求をされた方の相談

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 40代 男性

相談前

(受任前)
依頼者様は、不貞相手の夫から慰謝料を請求する旨、記載された手紙を受け取られました。
その手紙には、相手方の妻(不貞相手)と不貞関係を継続していたことに対する慰謝料200万円を求める内容であり、20日以内に振り込まなければ訴訟を起こすと書いてありました。
依頼者様は、金額が妥当なものなのか、職場に連絡されたりしないか、不安であると、相談に来られました。
弁護士は、依頼者様の状況に鑑みると、200万円は高額に過ぎること、弁護士を窓口に設定することで職場への連絡は防止することができる旨、アドバイスした。相談者様は、交渉を弁護士に依頼されました。

相談後

(受任後)
弁護士は、相手方へ「不貞については認める。深く反省している。しかし不貞関係が3か月弱と短く、関係は3回だったことと、離婚に至ってないということで慰謝料の妥当額は50万円。2週間以内に意向をお聞きしたい」という内容の受任通知を送付。その後、示談交渉の末、相手方は50万円での和解に応じ、和解契約書を締結し、終結いたしました。

山口 恭平弁護士からのコメント

山口 恭平弁護士

不貞慰謝料の金額は、個別の状況によって0から300万円以上まで多種多様です。
インターネット上の情報を見るだけでは、実際に妥当な金額を知ることは難しいこともあるかと思います。
今回の依頼者様は、まさに、そのような方でした。

解決に要した期間:24日
弁護士費用:32万4000円(消費税込み)

離婚・男女問題の解決事例 6

離婚は合意できたけれど条件面で当事者間の協議では話がまとまらなくなってしまった方からの相談

  • DV・暴力
依頼主 30代 女性

相談前

Line@経由にて相談を希望しご来所されました。
依頼者様とご主人は、ともに離婚意思を有しているが、依頼者様の結婚前の借金200万円を、結婚後にご主人が返済したという事情があり、その返還を夫に求められており、話がまとまらなくなってしまった、というご相談でした。

相談後

弁護士は、離婚裁判になった場合に、財産分与として、返済に充てた金額を返還しなければならないことはないとアドバイスし、相談者様に代わって、ご主人と協議をすることになりました。
ご主人との協議の結果、依頼者様からご主人に対して、解決金10万円を支払うことで、離婚することの合意を得ることができました。離婚協議書、離婚届の取り交わしをして、終結となりました。

山口 恭平弁護士からのコメント

山口 恭平弁護士

相談者様も借金の返済をしてくれたことには感謝しておられましたが、同居中に暴行や心ない言葉をぶつけられたことに対する不満もありました。早期解決というご希望もあったことで、現在払える金額ということで10万円を解決金として支払うことで、ご主人側の理解をなんとか得ることが出来ました。

解決に要した期間:44日
弁護士費用:32万4000円(消費税込み)

離婚・男女問題の解決事例 7

不貞相手の女性に慰謝料請求をしたい方からの相談

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 30代 女性

相談前

4,5年前に別れたはずの浮気相手と関係継続していることが発覚した。浮気相手に対して、慰謝料請求をしたい。とのことで相談に来られました。
裁判になった場合の慰謝料の見通し(不貞関係は4,5年間継続していたわけではなく、最近復活したと思われ、性交渉があるかどうかまでは明らかではありませんでした。)を伝え、代理人として、浮気相手と交渉を開始することとなりました。

相談後

相手方は、早々に弁護士を選任し、弁護士との協議となりました。
当初は、7,80万円しか支払えないとの主張でしたが、協議を重ね、相手方の支払能力、裁判になった場合の見通し、訴訟提起の精神的経済的負担などを考慮して当方も譲歩し、慰謝料150万円を一括で支払ってもらうということで、合意に至りました。

山口 恭平弁護士からのコメント

山口 恭平弁護士

依頼者様の慰謝料額に対する想いと訴訟の見通し、相手方の支払能力との間で葛藤が生じることは頻繁に起こります。依頼者様の気持ちは弁護士としても十分理解できますので、時間をかけてお気持ちを聞きさせていただきました。依頼者様に譲歩が必要とお話しをするときはいつも心苦しく思います。

解決に要した期間:74日
弁護士費用:着手金0円
      報酬金41万400円(消費税込み)

離婚・男女問題の解決事例 8

子どもを連れて別居された男性からの相談

  • 別居
  • 面会交流
依頼主 30代 男性

相談前

奥さんが子どもを連れて出ていってしまった。子どもを取り返したい。子どもと会いたい。ということで相談に来られました。
弁護士は、調停審判となると奥さんの方が有利であるということを伝えた。依頼者様は、それでもかまわないので、取りうる限りの手続をとって欲しいということで、弁護士に依頼をしました。

相談後

弁護士は①子の監護者指定②子の引渡し③面会交流の調停、④①②の仮処分を求める申立をしました。相手方は、弁護士を選任し、離婚調停、婚姻費用分担調停を申し立てて来ました。
相手方の同居中の生活態度等から相手方の監護下では、子の健全な成長が阻害されると主張し、試行的面会交流を実施し、父子間の交流観察をした。抗告審まで争ったが、子の監護者は奥さんと指定された。
離婚調停は、子の親権者を巡り対立したため、不調となり、離婚訴訟へと移行した。奥さん側が子の監護者と指定されたことを受けて、親権をあきらめ、離婚訴訟は和解のかたちで終結、離婚となった。

山口 恭平弁護士からのコメント

山口 恭平弁護士

2年近くにわたって、依頼者様と一緒に子どもの将来を思い奮闘したが、子の監護、親権を勝ち取ることはできなかった。

同居中、仕事に行き、子どもと接している時間が奥さんと比べて圧倒的に少ない男性側が親権をとることは相当困難である。子どもを失いたくなければ、どんな奥さんでも結婚した以上は仲良くせよとは、男性には酷な話であると痛感する案件であった。
依頼者様から定期的に面会交流が実施てきていると報告を受け、なおかつ、ここまで戦うことができたので満足ですと言ってくれていることが唯一の救いです。

解決に要した期間:725日

離婚・男女問題の解決事例 9

夫が浮気をしていたことが発覚したので離婚と慰謝料請求をしたい。

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 30代 女性

相談前

夫が浮気(2人の女性と)をしていたことが分かったショックで精神的な不調をきたし、体重も激減してしまった。夫とは、もう一緒に生活していける気がしない。なにをどうしたらいいか分からない。
離婚となった場合に、どんなことを話し合わなければならないか(慰謝料や財産分与だけではなく、ご主人が相談者の携帯電話の利用料を支払っている状況の解消など)、について、時間をかけて説明いたしました。
ご主人との協議、不貞相手への慰謝料請求に加えて、種々の手続きについてもサポートしますので、心身の回復に努めてください、ということで依頼いただくことになりました。

相談後

まず、ご主人の方に一定期間、実家に帰ってもらい、その間に、依頼者様が別居の準備を整えるということで、ご主人と協議をいたしました。
別居となってから、ご主人との離婚条件(主に慰謝料)についての協議を始めました。並行して、浮気相手への慰謝料請求も開始いたしました。

協議の結果、特殊な事情もあり、依頼者様は、ご主人、浮気相手(2名)の3人から合計で1000万円以上の慰謝料を取得することが出来ました。

山口 恭平弁護士からのコメント

山口 恭平弁護士

解決に要した期間:およそ90日
弁護士費用:150万8000円(消費税込み)

離婚・男女問題

特徴をみる

遺産相続

分野を変更する
【初回相談無料】【士業との強固な連携】「遺言があるが内容に納得できない」、「不自然な預金の引き出しがある」など、相続時に納得できない点、不自然な点があればご相談ください。
あい法律事務所

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

相続専門ホームページ
https://trust-shikoku.jp

◆相続に関する問題は当事務所にお任せください
司法書士、税理士、不動産鑑定士などの他士業と連携し、ワンストップで対応が可能です。

【費用について】
着手金・報酬金は旧日本弁護士連合会の報酬規程を参考にした当事務所の報酬規程に準じて、案件の難易度に応じて決定いたします。

【特に力を入れている案件】
遺産分割協議、遺留分減殺請求、遺言書作成(遺言執行者)、家族信託、事業承継など

《このようなときはご相談ください》
・自分の財産を同居して面倒を看てくれている子やその孫に譲りたいが、遺留分や相続税等について気になる。
・亡くなった父親の預金通帳を見せてくれない兄を信用できない。
・遺産が思ったよりも少ない。同居の兄が生前に贈与を受けたかもしれず、預金等を調査し、特別受益を主張したい。
・全ての遺産を兄に譲るとの遺言が存在するが、遺留分を請求したい。

※上記以外にもお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

◎安心のサポート体制
遺産相続を巡る紛争に子らを巻き込まないように生前の相続対策に力を入れています。

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
その他 法律相談料:初回60分まで無料
弁護士費用の詳細につきましては相続専門ホームページをご覧ください。
https://trust-shikoku.jp
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(3件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

被相続人(父)の前妻の子がいることが発覚したという方からの相談

  • 遺産分割
依頼主 60代 男性

相談前

依頼者様のお父様は、自筆証書遺言を残しておられました。しかし、その遺言には不備があり遺言としては無効でした。
その遺言に書かれた内容からすると、亡くなったときの奥様とその奥様との子ども(依頼者を含む)に相続させたいという気持ちをお持ちであることが分かりました。
そこで、この遺言の内容を可能な限り実現するために前妻のお子さんと交渉をしてみましょうということでご依頼いただきました。

相談後

弁護士が、複数回、前妻のお子さんの自宅に伺い、亡くなったお父さんの残した遺言は、無効ではあるものの、想いは読み取れるますので、お父さんの想いを尊重していただけないかと、お話しさせていただきました。その結果、それに了承し、「相続分の放棄」というかたちで協力いただけました。

これを踏まえて、依頼者と奥様とご兄弟との間で遺産分割協議を実施し協議書を作成することもサポートさせていただきました。

税理士とも連携して、スムーズに納税の申告をすることも出来ました。

山口 恭平弁護士からのコメント

山口 恭平弁護士

弁護士費用:50万円(消費税込み)

遺産相続の解決事例 2

娘たちが揉めないように公正証書遺言の作成と、実際に私が死んだ後の相続手続きを娘たちに代わってして欲しいとの相談

  • 遺言
依頼主 80代以上 女性

相談前

娘さんと一緒に、テレビを見て遺言を残しておきたいと思い、相談に来られたとのことでした。

相談後

まず、依頼者様は、ご自分の年齢から早急に遺言を作成したいとのことでしたので、1月以内に公正証書遺言を作成するためのスケジュールを策定いたしました。
2回目の来所時には、提携税理士も同席して相続税についての見通しについても、打ち合わせを致しました。
その後、遺言案についてすり合わせをして、公証役場にて公正証書遺言作成となりました。遺言執行者として、当弁護士法人を指定いたしました。
無事に、1月以内に公正証書遺言を作成することが出来ました。

山口 恭平弁護士からのコメント

山口 恭平弁護士

遺言には、「付言事項」として、どういった想いで遺言を残したかを記載することができます。その記載内容をどうするかという点については、入念に打ち合わせをさせていただきました。

弁護士費用:16万2000円(消費税込み)
公正証書作成費用:8万円(証人2名の日当を含む)

遺産相続の解決事例 3

兄弟の相続についての相続放棄

  • 相続放棄
依頼主 60代 男性

相談前

兄弟の相続が発生し、妻、子どもが相続放棄をしたため、自分のところに債権者から連絡が来たので、相続放棄の手続きをして欲しい。とのことでした。

相談後

ご依頼から1か月で相続放棄の手続きを完了し、債権者への連絡を完了いたしました。

山口 恭平弁護士からのコメント

山口 恭平弁護士

弁護士費用:5万4千円(消費税込み)

遺産相続

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
あい法律事務所
所在地
〒760-0018
香川県 高松市天神前10-5 高松セントラルスカイビルディング2階
最寄り駅
琴電瓦町駅から徒歩10分
交通アクセス
駐車場あり
対応地域

中国

  • 岡山

四国

  • 香川
  • 愛媛
  • 徳島
  • 高知
設備
  • 完全個室で相談
  • バリアフリー
事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 医療
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 医療
  • 消費者被害
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 税務訴訟
  • 知的財産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪被害
  • インターネット
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 行政事件
  • 近隣トラブル

電話で問い合わせ
050-5286-9563

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

山口 恭平弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5286-9563
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 19:00
定休日
土,日,祝
備考
夜間・休日も対応致しますので、まずはお問い合わせください。
夜間休日のお問い合わせはLINEをご利用下さい。
LINEID @tfe9973n
交通アクセス
駐車場あり
設備
完全個室で相談
バリアフリー
「事務所建物入口から相談スペースまで車椅子で移動でき、トイレも車椅子のまま利用できる」を定義としています。