現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
佐藤 大志弁護士

( さとう だいし ) 佐藤 大志

水戸翔合同法律事務所

現在営業中 00:00 - 24:00

医療問題

分野を変更する
【JR水戸駅近く】【休日/夜間相談可】【弁護士歴30年】医療過誤及びB型肝炎事件にお悩みの方へ。実績豊富な弁護士がサポートします!
水戸翔合同法律事務所
水戸翔合同法律事務所
水戸翔合同法律事務所

医療問題の詳細分野

依頼内容

  • 医療過誤
  • B型肝炎

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 分割払いあり

はじめまして。水戸翔合同法律事務所 所属弁護士 佐藤 大志です。

この度は、私の本ページを御覧いただき、誠に有難うございます。

医療の現場で発生するトラブルや事故については、不信や不満を抱えていても、専門性が高く、ご本人のみの力でこれらの問題を解決することは、非常に困難となるのが一般的です。
私は30年の弁護士生活の中で、非常に多くの医療トラブルのご相談を受け、交渉及び訴訟等の方法で医療紛争の解決を図ってまいりました。
この分野に重点的に取り組んできた経験と、身につけてきた医学的専門知識や複数の信頼できる協力医との関係等を生かし、依頼者の皆様に対して、真摯に解決のサポートに努めてまいります。

B型肝炎訴訟について

本問題については、いまだ救済のされない患者さんがたくさんおられます。当事務所としても、救済制度を知らない患者さんへお知らせすべく、関係機関と連携・協力しながら、救済措置を進めております。

B型肝炎感染による様々な症状でお悩みの方、症状はないけれど今後のことが心配という方、給付金を受け取れる可能性があります。お一人で悩まず、まずは当事務所の弁護士にご相談ください。

このようなご相談はお任せください

  • 重大な結果(死亡、後遺症)が生じたのに医師から納得のいく説明がされていない。
  • 医療の現場でトラブルがあった疑いがあるため、適切なアドバイスをしてほしい。
  • 家族や知人の死亡や後遺障害の発生の背景に医療ミスがあったかもしれない。
  • 必ずしも医師や病院を訴えたいわけではないが、もし過誤やミスがあったのであれば、これを認めて真摯に謝罪してほしい。

重点取扱案件

  • 医療過誤

  ① 医療ミスがあるかどうかの事前調査
  ② 病気の見落としや誤診、必要な治療を行なわなかったこと
  ③ 不要な治療の実施や手術等の施術上での不手際、手技上のミス
  ④ 適応のない手術等をおこなったこと
  ⑤ 事前の説明が不十分であったこと
  ⑥ 管理上の不手際(転落転倒、感染等)
  その他医療に関する様々なトラブル

  • B型肝炎訴訟

当事務所の対応方針

 メールや電話等,依頼者との連絡におけるレスポンスの速さや、丁寧な経過報告、方針説明は,事務所として特に力を入れています。

無料相談を実施しない理由

初回相談を無料で行う事務所が増えている昨今ですが、当事務所は医療過誤のご相談については初回相談料として1時間11,000円(税込)のご負担をお願いしております。
それは法的トラブルに真剣に悩んでいる依頼者の皆様への法的サービスの対応に対し、経験と知識をもって,的確な助言と示唆を行なうためです。
お住まいの地域で適切な弁護士が見つからなくて困っている方が当事務所にご相談にみえられた時には、全力でサポートを致します。
なお、B型肝炎訴訟に関するご相談は無料です。

アクセス

JR水戸駅より徒歩15分
その他の詳細な情報は下記の事務所ホームページより御確認下さい。
http://www.habataki-lo.jp/?page_id=120

医療問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 1時間11,000円(税込)
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

医療問題

特徴をみる

遺産相続

分野を変更する
【電話相談無料】遺産分割・相続放棄その他相続手続など、遺産相続に関する幅広いお悩みに対応いたします。生前対策(遺言書作成・贈与など)もお任せください。
水戸翔合同法律事務所
水戸翔合同法律事務所
水戸翔合同法律事務所

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 分割払いあり

はじめまして。水戸翔合同法律事務所 所属弁護士 佐藤 大志です。

この度は、私の本ページを御覧いただき、誠に有難うございます。

私はこれまで,遺言書作成(自筆及び公正証書),遺産分割協議交渉、調停及び審判,遺留分減殺請求交渉及び調停、訴訟,相続放棄申立,成年後見人選任申立、任意後見契約締結,未成年後見人選任申立等の家事事件をはじめ,推定相続人が被相続人の遺産を横領したことを原因とする損害賠償請求事件等,多くの親子間の民事的紛争にも携わってまいりました。これらの経験と知識を活かし,事案に即した的確な事件処理が可能です。

お一人でお悩みを抱える前に、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

よく受け付けるご相談内容

  • 遺産分割協議書に押印を求められているが、納得できない
  • 兄が法定相続分通りに遺産を分割してくれない
  • 遺言書の内容に納得できないので、どうにかしてほしい
  • 自分だけが親の介護をし、兄弟は何もしなかったのに、取り分を主張してくるのが納得できない
  • 相続税のことも考えて、一番良い遺産分割方法を知りたい
  • 相続が始まったけど、そもそも何をしてどのような手続をすればよいのかわからない

重点取扱案件

・遺産分割協議
・遺言書作成及び遺言執行
・相続放棄
・遺留分減殺請求
・成年後見及び任意後見契約締結

当事務所の対応方針

 メールや電話等,依頼者との連絡におけるレスポンスの速さや、丁寧な経過報告、方針説明は,事務所として特に力を入れています。

無料相談を実施しない理由

 初回相談を無料で行う事務所が増えている昨今ですが、当事務所は初回相談料として1時間5,500円(税込)のご負担をお願いしております。
 それは法的トラブルに真剣に悩んでいる依頼者の皆様への法的サービスの対応に対し、経験と知識をもって,的確な助言と示唆を行なうためです。
 お住まいの地域で適切な弁護士が見つからなくて困っている方が当事務所にご相談にみえられた時には、全力でサポートを致します。

アクセス

JR水戸駅より徒歩15分
その他の詳細な情報は下記の事務所ホームページより御確認下さい。
http://www.habataki-lo.jp/?page_id=120

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 1時間5,500円(税込)
遺産分割交渉・調停・審判事件 ・着手金
分割請求遺産の経済的価値を基準として5%程度
・報酬金
同基準の11%~16.5%程度
但し、相続人確定のための調査が困難な事案については、別途事前調査費用が追加されます。同調査費用については、相続人の人数等によりますが、11万円から55万円程度 (相続人が30人を超えるような事案)が一般的です。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(3件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

遺留分請求に対し、約420万円減額した金額で合意解決をした事例

  • 遺言
依頼主 30代 男性

相談前

Aさんは、ご祖父様の遺言によってご祖父様の全財産を承継したところ、相続人から遺留分請求を受けたことから、適切妥当な金額での合意解決を求め、当事務所に交渉をご依頼されました。

相談後

遺留分の金額は、各遺産を金銭的に評価し、その総額を基に計算をします。
Aさんの件では、遺言者の遺産の中心が土地であったことから、土地の評価額(取引価格)が問題となりました。

遺留分請求者側からは、土地の取引価格を、固定資産評価額から7割で割り戻す方法を用いて計算して(土地の取引価格=固定資産税評価額÷0.7)、遺留分額を算定した意見が提示されました。
土地の評価においては、固定資産税評価額が取引価格の7割に相当するという考え方は一つの方法ではありますが、当事務所において不動産会社に対象土地の査定を依頼したところ、その査定額は、固定資産税評価額を下回る金額でした。
そこで、当職において、同査定額をふまえて遺留分額を計算し、交渉を行ったところ、請求者側の想定額を約420万円減額した金額での合意が成立するに至りました。

佐藤 大志弁護士からのコメント

佐藤 大志弁護士

本件では、土地の評価額が問題となると見込まれたことから、現地調査に向かったところ、対象となる土地は、土地内の傾斜が大きく、整備に費用を要することが想定される状態にありました。
そこで、当事務所において、市内の土地取引に明るいと考えられる、対象土地と同じ市内の不動産会社支店に査定を依頼しました。そして、査定の結果、適切な土地の評価額の元での合意に至ることができました。
遺産問題においては、対象財産の適切な評価が重要となるところ、本件は、地元不動産会社のご協力により、対象財産の実情を踏まえた適切な評価・交渉が奏功した事例といえます。

遺産相続の解決事例 2

相続人12人の遺産分割を交渉により解決した事例

  • 相続人調査
  • 遺産分割
依頼主 30代 男性

相談前

Aさんは、お父様の代で未了だったご祖父様の遺産分割について、相続人が多数人にわたることから、当事務所において遺産分割の交渉をご依頼されました。

相談後

当事務所に交渉をご依頼いただき、まず、当事務所から各相続人の方にお手紙をご送付し、相続についてのご希望をお尋ねいたしました。一定の時間は必要となりましたが、相続人全員からお返事をいただくことができました。そして、遺産となる財産は不動産だけであるところ、Aさん以外の相続人の方で、遺産の承継をご希望される方はいらっしゃらないことが判明しました。
そこで、Aさんが遺産である不動産を相続できるよう、各相続人のうちBさん以外の方に、相続持分をAさんに譲渡することを内容とする「相続分譲渡証書」をご作成いただき、最終的にBさんとAさんで遺産分割協議書を作成し、本件を解決いたしました。

佐藤 大志弁護士からのコメント

佐藤 大志弁護士

相続人多数の遺産分割においては、①各相続人の方の希望の確認・整理、②遺産分割解決の書類作成方法、が重要になります。
 本件では、①については、各相続人の方のご協力により、ご希望の集約を円滑に行うことができました。
 ②に関しましては、本件では、上記のように、各相続人の方に個別的に相続分譲渡証書又は遺産分割協議書という書類にご署名押印いただく方針を採用しました。相続人が12人と多数人ですので、全員で連名の遺産分割協議書を作成して12人全体での一斉解決を図るとなると、全員にご署名いただくまでにお時間が必要となり、解決まで多大な時間を要することが見込まれました。そこで、今回は、個別的に「相続分譲渡証書」をご作成いただくことにより、最終的にはAさんとBさんによる遺産分割によってAさんが不動産を承継するという解決を見据えつつ、各相続人の皆様のタイミングに合わせて書面作成をしていただくことにより、円滑な解決を図ることができた事案でした。

遺産相続の解決事例 3

不在者財産管理人選任を申立て、遺産分割を解決した事例

  • 遺言
  • 遺産分割
依頼主 60代 男性

相談前

Aさんは、自身が叔母様の相続人となることから、叔母の相続人の調査を開始したところ、①相続人が複数人にわたり、戸籍調査においては各市町村から戸籍が必要な理由の説明を求められたうえ、②相続人のうち1名は住民票が職権削除されており、所在がわからない方がいらっしゃったことから、当事務所に相続人調査と遺産分割のご依頼をされました。

相談後

当事務所において戸籍取得による相続人調査を開始したところ、Aさん以外に7人相続人がいることが判明しました。
そして、うち1名(以下「Bさん」とお呼びします)は、当事務所において住民票や戸籍を調査し、各住所宛にお手紙をご送付いたしましたが、お手紙はすべて宛所不明として戻ってくることとなり、現在の所在を調査することはかないませんでした。
 そこで、Bさんが所在不明の状態において遺産分割手続きを進めるべく、不在者財産管理人選任を申立てて、裁判所よりBさんについて不在者財産管理人を選任していただき、同不在者財産管理人を相手方として、遺産分割調停を申し立てました。調停のなかでは、概要、「遺産はすべてAさんその他2名が相続し、Bさんが帰来した場合には、AさんがBさんに対して金〇円(Bさんの相続分相当額)を支払う」との内容の当方より遺産分割調停案を提示し、同案のとおりの調停が成立しました。

佐藤 大志弁護士からのコメント

佐藤 大志弁護士

1 相続人調査について
相続手続きにおいては、相続人の調査が必要となりますが、相続人調査は、戸籍を読み解きながらその戸籍と続く戸籍を改めて請求することを繰り返す方法で進めるほかなく、多大な労力と時間が必要になるうえ、戸籍筆頭者との関係性が遠ければ遠いほど、戸籍を取得するにはなぜその戸籍が必要なのかなどの説明が必要になります。
本件は、そのような煩雑な相続人調査をAさんからお引き受けすることができた事案でした。
2 相続人に不在者を含む場合の遺産分割
 遺言がない相続においては、相続人全員による遺産分割が必要です。そのため、相続人に不在者がいる場合には、同不在者の代わりに不在者財産管理人に遺産分割に参加していただくことになります。
3 帰来時弁済型の遺産分割
 不在者財産管理人は、遺産分割において、不在者に不利な内容で遺産分割を進めることはできませんので、本件でも、Bさんは出生日からご健在である可能性が低いことは見込まれつつも、Bさんに対して相続分相当額の財産を得られる内容とすべきというお話になりました。そこで、Bさんに相続分相当額の財産を承継いただきつつ、Bさんがご不在の状況においては、同財産をAさんが保有できるよう、いわゆる「帰来時弁済型の遺産分割条項」の案を提示し、調停を成立させることができました。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
水戸翔合同法律事務所
所在地
〒310-0062
茨城県 水戸市大町3-1-24 はばたきビル
最寄り駅
水戸駅
受付時間
  • 平日00:00 - 24:00
  • 土日祝00:00 - 24:00
定休日
なし
備考
【メールのみ24時間受付】
※17時20分以降,土日祝日のお問い合わせはメールでお願いいたします。
【電話受付時間】
平日09:40 - 17:20
対応地域

北海道・東北

  • 福島

関東

  • 茨城
  • 栃木
  • 群馬
  • 埼玉
  • 千葉
  • 東京
  • 神奈川

電話で問い合わせ
050-5223-4989

Webで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

現在営業中 00:00 - 24:00

佐藤 大志弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5223-4989
Webで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日00:00 - 24:00
  • 土日祝00:00 - 24:00
定休日
なし
備考
【メールのみ24時間受付】
※17時20分以降,土日祝日のお問い合わせはメールでお願いいたします。
【電話受付時間】
平日09:40 - 17:20