現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
田島 侑介弁護士

( たじま ゆうすけ ) 田島 侑介

さち総合法律事務所

交通事故

分野を変更する
【電話相談OK】【相談無料】保険会社との示談交渉、後遺障害等級申請のサポートなど多数の解決実績があります。無料での相談が可能ですので、お気軽にお電話ください!
さち総合法律事務所
さち総合法律事務所
さち総合法律事務所

気軽にご相談ください!キッズスペースもありますのでお子様と一緒にご来所可能です。

交通事故の詳細分野

事件内容

  • 死亡事故
  • 物損事故
  • 人身事故

争点

  • 後遺障害等級認定
  • 過失割合
  • 慰謝料・損害賠償

対応体制

  • 全国出張対応
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

【多数の解決実績】

さち総合法律事務所は、特に交通事故に注力しており、これまで多数の解決実績があります。
保険会社との示談交渉、後遺障害等級申請のサポート、過失割合の争い、交通事故訴訟など数多くの案件を扱っておりますので、お気軽にご相談ください!

【示談金算定 無料サービスのご案内】

保険会社から賠償金額の案内が届いたら、すぐにご連絡ください。
弁護士(裁判)基準で適正な賠償額を無料で算定しお伝えします。

☑ 保険会社から提示された示談金は妥当なの?
☑ 保険会社から提示された示談金の計算根拠がわからない
☑ 主婦だから、休業損害は支払えないと言われた
☑ まだ痛みもあるのに、今後の治療費はもらえないの?

保険会社の対応について、このような「?」を思われたかたは、まずはご相談ください。
示談は一度成立してしまうと、特別な事情などがなければやり直すことはできませんし
保険会社は、提示金額や請求できる損害などについて丁寧に説明してくれるようなこともありません。

示談金額が高いか低いかだけではなく、最終的に示談内容を理解して、納得して解決することが
何よりも大切ですので、不安に思われたらまずはご相談ください。

保険会社の提示金額がどのように計算されているか、弁護士が計算するとどうなるかなど、
ご納得されるまで無料でご相談に応じますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

【安心の料金体系】
法律事務所に相談し、示談金は増額できるかもしれないけど、弁護士費用を考えると、
かえって「損」してしまうかもしれません。
と言われたことはありませんか?

安心してください!
さち総合法律事務所の料金体系は損をすることはありません。

■保険会社から賠償金額の提示がある場合の料金体系■
(弁護士費用特約をご利用されない場合)

着手金 無料
報酬金 増額できた金額の20%(税込22%)

(報酬金の算定例)
保険会社提示額が100万円、解決金額が150万円となった場合、
報酬金は増額できた金額50万円の20%=10万円(税込11万円)となります。

つまり!増額できなければ報酬金はいただきません。
また、増額できた金額を経済的利益としますので、弁護士報酬を支払ったら、
もともと保険会社から提示されていた金額よりも少額になってしまう
なんてこともありません。

示談交渉に自信があるさち総合法律事務所だからできるサービスです!!

交通事故の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 何度でも無料
着手金 ① ■保険会社との交渉(紛争処理センターの利用を含む)
 
 無料

着手金 ② ■後遺障害等級認定に対する異議申立
 
 5万円(税込5.5万円)

■訴訟
 
 10万円(税込11万円)
 
成功報酬 ① ■保険会社から賠償金額の提示がある場合
 
 増額できた金額の20%(税込22%)

(成功報酬の算定例)
 保険会社提示額が100万円、解決金額が150万円となった場合、成功報酬は増額できた金額50万円の20%=10万円(税込11万円)となります。

 
成功報酬 ② ■保険会社から賠償金額の提示がない場合(後遺障害等級認定の申請手続を含む)
 
 最終解決金額(自賠責保険金を含む)の10%+5万円(税込11%+5.5万円)
弁護士費用特約 弁護士費用特約のご利用が可能です。
実質、ご負担いただく弁護士費用はございませんが、料金については日本弁護士連合会規定に準じます。
 
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

交通事故の解決事例(3件)

分野を変更する

交通事故の解決事例 1

損害賠償金「224万円UP!」での示談解決

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 30代 女性

相談前

自動車を運転中に、信号待ちで停車していたところに突然、後続車が追突してきました。
治療を継続し、事前認定によって14級併合の後遺障害等級の認定を受け、保険会社と示談の話を進めていました。
ここまでは順調だったのですが、保険会社から提示された損害賠償額をみて、私のずっと続いて治らないこの痛みと、辛い思いはこれだけの金額にしかならないのか?と納得することができず、ご相談の電話をいただきました。

相談後

ご相談の電話をいただいた翌日に、弁護士(裁判所)基準での算定結果を報告。
金額が増える可能性が十分にあったため、ご依頼されることになりました。

保険会社との交渉の結果、示談金が224万0194円増額し解決となりました。

【解決内容】
治 療 期 間 通院期間221日 実通院日数114日
後 遺 障 害 併合14級認定

(前)…保険会社提示額
(後)…最終解決示談額
(増)…増額金額

治療費     (前)¥1,132,452  (後)¥1,132,452  (増)0
通院交通費   (前)¥35,610   (後)¥41,019   (増)¥5,409
雑費      (前)¥0      (後)¥5,400    (増)¥5,400
休業補償    (前)¥342,000   (後)¥1,324,127  (増)¥982,127
入通院慰謝料  (前)¥729,100   (後)¥934,000   (増)¥204,900
逸失利益    (前)¥423,812   (後)¥766,170   (増)¥342,358
後遺障害慰謝料 (前)¥400,000   (後)¥1,100,000  (増)¥700,000
損害合計    (前)¥3,062,974  (後)¥5,303,168  (増)¥2,240,194
既払額      -¥1,132,452
総損害合計   (前)¥1,930,522  (後)¥4,170,716   (増)¥2,240,194

田島 侑介弁護士からのコメント

田島 侑介弁護士

この事案は、依頼者が、主婦、いわゆる家事従事者であったため、
保険会社の提示は、自賠責保険基準の日額5700円をベースとした示談提示でした。

主婦は、サラリーマンのように、会社から給料が支給されているわけではありませんが、主婦も立派なお仕事、年収として換算すると353万9300円になります。
(賃金センサス平成25年参照)

これをもとに算定すると、353万9300円÷365日≒9697円となり、
保険会社提示の5700円と比較すると、約4000円も高額になるのです。

また、後遺障害については、ただ、金額の交渉をするだけではなく、
被害者がどれだけの辛い症状を負っていて今後、どのような不利益などが発生する
可能性があるか、一般的なことだけでなく、被害者の性別や年齢、家族構成に基づいた
日常生活への影響なども考慮して合理的な主張を行いました。

交通事故の解決事例 2

損害賠償金「107万円UP!」での示談解決

  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 40代 女性

相談前

Jさんは、バイクを運転中していて交差点にさしかかったところで、
交差点の右方から左折してきた車が、センターラインをオーバーして曲がってきたため、衝突によって転倒し、受傷してしまいました。

治療を継続し、後遺障害等級の認定を受け、保険会社と示談の話を進めていましたが、保険会社側に代理人として弁護士が就任し、弁護士から提示された損害賠償額が妥当なのかどうか、また、弁護士とでは交渉が難しいと感じられ、お電話にてご相談をいただきました。

※さち総合法律事務所では、このような示談金の賠償額が適正額の無料算定を電話のみのご相談でも対応しています。
実際、Jさんは、電話にてご相談をお受けし、ご依頼いただくこととなり、契約手続なども郵送で行い、その後の打合せも電話で行いました。

相談後

弁護士が介入し、以下のとおり、示談金が107万2703円増額し、示談することになりました。

【解決内容】
治 療 期 間 通院期間230日 実通院日数184日
後 遺 障 害 14級9号認定

(前)…保険会社提示額
(後)…最終解決示談額
(増)…増額金額

治療費     (前)¥1,228,184  (後)¥1,228,184  (増)0
通院交通費   (前)¥19,707   (後)¥19,707   (増)0
雑費      (前)¥0      (後)¥20,970   (増)¥20,970
休業補償    (前)¥495,900   (後)¥1,254,805  (増)¥758,905
入通院慰謝料  (前)¥800,000   (後)¥1,012,000  (増)¥212,000
逸失利益    (前)¥766,152   (後)¥766,170   (増)¥18
後遺障害慰謝料 (前)¥900,000   (後)¥1,100,000  (増)¥200,000
損害合計    (前)¥4,209,943  (後)¥5,401,836  (増)¥1,191,893
過失割合    10%
既払額      -¥1,978,184
総損害合計   (前)¥1,810,765  (後)¥2,883,468   (増)¥1,072,703

田島 侑介弁護士からのコメント

田島 侑介弁護士

Jさんからご相談を受け、保険会社側の弁護士から提示された金額を確認した時は
弁護士が介入していることもあってか、一般的な保険会社の提示より、やや高い金額の提示をしてくれていると思いました。
ただ、まだまだ弁護士の基準では上昇が見込めたため交渉を開始しました。

ご依頼いただいてから弁護士基準にて算定し、通知書を保険会社側弁護士に提示したところ、こちらの要求どおり、弁護士(裁判所)基準の満額で、全てを支払うとすぐに回答があり、スピード解決になりました。

この事案は、依頼者が、主婦、いわゆる家事従事者であったため、保険会社側の弁護士の提示は、自賠責保険基準の日額5700円をベースとした示談提示でした。
主婦は、サラリーマンのように、会社から給料が支給されているわけではありませんが、主婦も立派なお仕事、年収として換算すると353万9300円になります。
(賃金センサス平成25年参照)

これをもとに算定すると、353万9300円÷365日≒9697円となり、
保険会社側弁護士が提示した5700円と比較すると、約4000円も高額になるのです。

また、後遺障害については、ただ、金額の交渉をするだけではなく、被害者がどれだけの辛い症状を負っていて今後、どのような不利益などが発生する可能性があるか、一般的なことだけでなく、被害者の性別や年齢、家族構成に基づいた日常生活への影響なども考慮して合理的な主張を行いました。

交通事故の解決事例 3

損害賠償金「1000万円超UP!」での示談解決

  • 後遺障害等級認定
  • 慰謝料・損害賠償
  • 人身事故
依頼主 20代 女性

相談前

Sさんは、自転車を運転中に、交差点内で自動車と接触し受傷してしまいました。

治療を継続し、後遺障害等級の認定を受け、保険会社と示談の話を進めていましたが、
保険会社から提示された損害賠償額に納得ができず、ご相談にいらっしゃいました。

相談後

弁護士が介入し、以下のとおり、示談金が1019万9066円大幅に増額し、示談することになりました。

【解決内容】
治 療 期 間 入院期間95日 通院期間1172日 実通院日数22日
後 遺 障 害 併合11級認定

(前)…保険会社提示額
(後)…最終解決示談額
(増)…増額金額

治療費     (前)¥3,502,140  (後)¥3,502,140   (増)0
通院交通費   (前)¥108,960   (後)¥115,880   (増)¥6,920
雑費      (前)¥204,863   (後)¥323,953   (増)¥119,090
休業補償    (前)¥1,077,300  (後)¥1,077,300  (増)0
入通院慰謝料  (前)¥1,081,012  (後)¥1,887,334  (増)¥806,322
逸失利益    (前)¥1,960,000  (後)¥8,376,734  (増)¥6,416,734
後遺障害慰謝料 (前)¥1,350,000  (後)¥4,200,000  (増)¥2,850,000
損害合計    (前)¥9,284,275  (後)¥19,483,341  (増)¥10,199,066
既払額      -¥4,413,705
総損害合計   (前)¥4,870,570   (後)¥15,069,636  (増)¥10,199,066

田島 侑介弁護士からのコメント

田島 侑介弁護士

示談交渉は示談金の増額を請求しますが、ただ、金額の交渉をするだけではなく、被害者がどれだけの辛い症状を負っていて今後、どのような不利益などが発生する可能性があるかをきちんと主張して交渉することがポイントです。

一般的な損害賠償論だけではなく、被害者の性別や年齢、職業なども考慮して合理的な主張を行い、保険会社を説得して示談締結に至りました。

交通事故

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
さち総合法律事務所
所在地
〒730-0012
広島県 広島市中区上八丁堀3-12 新興ビル6階
最寄り駅
・広島電鉄白島線「縮景園前駅」徒歩1分
・「広島駅」南口徒歩15分

交通アクセス
駐車場近く
対応地域

中国

  • 広島
  • 岡山
  • 山口
  • 島根
  • 鳥取

四国

  • 香川
  • 愛媛
設備
  • 完全個室で相談
  • 託児所・キッズルーム
事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 交通事故
  • 相続
取扱分野
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 消費者被害
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 知的財産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪被害
  • インターネット
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 近隣トラブル

電話で問い合わせ
050-5257-8054

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

さち総合法律事務所へ問い合わせ

電話番号 050-5257-8054

※さち総合法律事務所では、ご相談内容に応じて、最適な弁護士が担当します。

メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日10:00 - 19:00
定休日
土,日,祝
備考
事前予約にて営業時間外の夜間・土日祝日・出張相談可能
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談
託児所・キッズルーム