現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
船本 夕里亜弁護士

( ふなもと ゆりあ ) 船本 夕里亜

弁護士法人リーガルジャパン

現在営業中 08:00 - 24:00

離婚・男女問題

分野を変更する
【24時間メール事前予約】【当日/夜間/土日対応可】
不貞/DV/慰謝料請求/財産分与/親権問題
お任せください!『スムーズ』で『有利』な解決を目指し尽力します。

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

※費用に関しましては、案件ごとにご相談に応じます。まずは、お気軽にご相談ください。

≪強み≫
不貞(浮気)に関する離婚事件に多数の実績・ノウハウがあります。

≪事案に応じたスムーズかつ有利な解決を目指します≫
「離婚問題、男女問題」は多種多様です。
つまり、最適な解決方法は、その方によって異なります。
離婚問題の解決に向けて動く際には、依頼者様にとっての「最適な解決」を定め、弁護士と共通認識を持ちながら動くことが重要なポイントになってきます。
そのため私は依頼者様との対話に力を入れております。
そして導き出された「最適な解決」を実現するために、これまで培った豊富な経験、ノウハウを駆使し尽力致します。

≪明朗な料金体系で確実・スピーディに対応いたします≫
離婚問題は、できる限り早い段階でご相談頂くことでご納得頂ける解決、迅速な解決が可能となります。
悩まずにお気軽にご相談ください。
どんなことでもご相談に応じます。

-------------------
≪メッセージ≫
法律は、人の生活のあらゆる場面で適用されるものですから、法的な悩みもひょんなことから発生します。私は、そんな時に弁護士として「わかりやすい」法的アドバイスをすることはもちろんですが、同時に一人の人間として依頼者と悩みを共有できる「親しみやすい」存在でありたいと思っております。
法的トラブルは、必ずしも思い通りの解決ができるとは限りません。だからこそ、その中で依頼者が納得し、今後の人生を前向きに考えていただけるような解決を図ることができる弁護士でありたいと思います。
「弁護士は理屈っぽくて話しづらそう。」「法律事務所って敷居が高そう。」そんなイメージを持たれている方もいらっしゃると思います。我々弁護士法人は、所員一同、依頼者にとって常にアクセスしやすい存在であることを目標にしております。お気軽にご相談下さい。

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
料金表 【相談料】
5,500円~ / 1時間(消費税込み)

【その他費用(着手金、報酬等)】
案件ごとにご相談に応じます。
※仕事をお受けする際には明瞭な費用をお伝えしますので、まずはお気軽にお問合せ、ご相談くださいませ。

【お支払スケジュールについて】
さまざまなご事情を抱えていらっしゃるご依頼者様ごとに、負担の少ない支払スケジュールをご案内させていただいております。
ご相談をいただく中で費用、スケジュールのご提案させていただきますので、まずはお気軽にお問合せ、ご相談くださいませ。

【 リーズナブルな料金設定 】
法律サービスの料金は「高額」というイメージをお持ちかもしれませんが、支払う費用に対して、得られるメリットが多額であることも事実です。
※依頼者様にとってメリットのない提案、サービス提供は行いません。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(3件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

夫の不倫相手を訴えたい。

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
  • 離婚回避
依頼主 30代 女性

相談前

夫が長年に渡り同じ女性と不倫をしていたことが発覚しました。夫に切り出したところ「お前とは昔から別れたいと思っていた。別れてくれ。」と言われ、相手の女性からは「既に婚姻関係が破綻していてから男女の関係になったので慰謝料は払わない。」と強気な姿勢を取られてしまいました。悪いのは二人のはずなのに私が我慢して夫と別れなければならないのかと不安に感じていました。

相談後

弁護士さんから、これまでの生活状況等からすれば婚姻関係は破綻していないので相手に慰謝料は請求できるし、夫から離婚を切り出されてもそれに応じる必要はないと言われました。結果、相手の女性には慰謝料を請求し、夫とは別れずに生活を支えてもらいながら、今後どうするかをゆっくり考えることにしました。同年代で離婚や男女問題の事件をたくさん経験している弁護士さんのようで、法律のこと以外にも親身になって相談に乗ってもらって、冷静に考えられるようになりました。

船本 夕里亜弁護士からのコメント

船本 夕里亜弁護士

離婚や男女問題は、冷静に考えているつもりでも、どうしても感情的になってしまうことがあります。そりゃそうですよね。本来ならば一晩飲み明かして語り尽くしても解決が出ないのが男女問題だと思います。しかし、法的な解決を図るためには、冷静になること(常に冷静な立場の人に相談できること)が大事かと思います。私たちの事務所では、離婚・男女問題については、法的なところはもちろん、その人の価値観や相手へのお気持ちなども十分に伺った上で、冷静ながらもお気持ちも反映した的確な方策を一緒に考えていく相談スタイルを貫いています。

離婚・男女問題の解決事例 2

旦那が突然出て行ってしまいました。

  • 財産分与
  • 別居
  • 婚姻費用
依頼主 50代 女性

相談前

専業主婦の私をおいて、旦那が突然家を出ていってしまいました。その後旦那からは「離婚してくれ。」の一点張りで生活費も入れてくれません。そこまでの気持ちなら離婚に応じることも考えようとは思いますが、これから先の生活がとても不安でした。

相談後

弁護士さんから、「生活費は旦那さんの収入に応じて一定額もらえること」「将来の生活に関しては、現在の夫婦の財産を多くもらったり、月々一定額を入れてもらうことが可能なこと」「年金分割という制度がある」ということを言われ、離婚の交渉を前向きに進めようと思い始めました。

船本 夕里亜弁護士からのコメント

船本 夕里亜弁護士

特に専業主婦の方から、別居時及び離婚した後の生活の不安についてご相談を受けることがあります。法律はその辺も考慮して、別居時の生活費用の分担や離婚後の将来においても扶養的な財産の給付を認めています。もっとも、このあたりは相手が納得しないケースもあるため、家庭裁判所の調停(話し合い)や裁判を利用したほうが早く解決が図れるケースもあります。離婚問題はこじれると何年もかかることがありますので、特に別居時の生活費に関しては、早めにご相談頂いた方がいいかと思います。

離婚・男女問題の解決事例 3

ネットを信じなくてよかった。結論が違った親権問題。

  • 養育費
  • 親権
  • 面会交流
依頼主 40代 男性

相談前

妻から離婚の話があり、私も離婚には応じることにしました。金銭面等は折り合いが着いたのですが、2人の子どもの親権だけはお互い譲りません。妻は、「子どもは母親のもとにいることが優先される」と言われ、私もネットで調べたらそのようなことが記載されていました。親権は諦めるしかないかと考えていました。

相談後

弁護士さんに相談すると、「ネットの情報に振り回されないでください」とまず言われました。親権の判断にはいろいろな要素があってひとつの事情で決まることはないことや、私たちの現状を踏まえ、ここをこのように変えれば有利になるとか、ここではこのような対応をしたらいいとか具体的なアドバイスをいただきました。結果として、親権をこちらにしてもらえることになりました。ネットを見て決めつけなくて本当によかったです。

船本 夕里亜弁護士からのコメント

船本 夕里亜弁護士

離婚のご相談を受けていて感じることは、ある程度離婚に関する法的知識を既に勉強されている相談者が多いということです。もちろんそれは素晴らしいことですし、ネット等で書かれていることが完全な間違いかと言われればそうでもないと思います。ただ、法律問題は、杓子定規に正解で出てこないことの方が多く、離婚問題においては特にそのことが顕著だと思います。親権の問題も、一つの要素だけでなくいろいろな状況を総合判断して決まりますので、ネットの情報ではなく、二人の間に起こっている問題を踏まえてその事案に応じた方策や考え方をしていくことが必要なのです。あまり情報に振り回されずに、一度弁護士に相談してみることをおすすめします。決めつけていたものとは全く異なる意外な結論が待っているかもしれませんよ。

遺産相続

分野を変更する
【24時間メール予約受付中】【当日/夜間/土日対応可】
遺産相続に強い弁護士があなたの相続問題をトータルでサポートします。

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

※費用に関しましては、案件ごとにご相談に応じます。まずは、お気軽にご相談ください。

≪まずは相談、診断から≫
相続問題は早い段階で弁護士に相談することで、見通しが明るくなるケースが多くあります。
まずは、状況の診断から承ります。

≪相続問題は複雑、多種多様です≫
つまり、最適な解決方法は、その方によって異なります。
相続問題の解決に向けて動く際には、依頼者様にとっての「最適な解決」を定め、弁護士と共通認識を持ちながら動くことが重要なポイントになってきます。
そのため私は依頼者様との対話に力を入れております。
そして導き出された「最適な解決」を実現するために、これまで培った豊富な経験、ノウハウを駆使し尽力致します。

≪あなたに合った解決方法を見つけましょう≫
当事務所では、依頼者のお話を伺った上で問題解決のために採りうる方法、それぞれのメリット・デメリットをご説明し、最適なプランを提案いたします。

≪まずはお気軽にご相談ください≫
まずは、現状の整理からお手伝いいたします。
具体的に動き出す前でも、お気軽にご相談ください。

-------------------
≪メッセージ≫
法律は、人の生活のあらゆる場面で適用されるものですから、法的な悩みもひょんなことから発生します。私は、そんな時に弁護士として「わかりやすい」法的アドバイスをすることはもちろんですが、同時に一人の人間として依頼者と悩みを共有できる「親しみやすい」存在でありたいと思っております。
法的トラブルは、必ずしも思い通りの解決ができるとは限りません。だからこそ、その中で依頼者が納得し、今後の人生を前向きに考えていただけるような解決を図ることができる弁護士でありたいと思います。
「弁護士は理屈っぽくて話しづらそう。」「法律事務所って敷居が高そう。」そんなイメージを持たれている方もいらっしゃると思います。我々弁護士法人は、所員一同、依頼者にとって常にアクセスしやすい存在であることを目標にしております。お気軽にご相談下さい。

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
料金表 【相談料】
5,500円~ / 1時間(消費税込み)

【その他費用(着手金、報酬等)】
案件ごとにご相談に応じます。
※仕事をお受けする際には明瞭な費用をお伝えしますので、まずはお気軽にお問合せ、ご相談くださいませ。

【お支払スケジュールについて】
さまざまなご事情を抱えていらっしゃるご依頼者様ごとに、負担の少ない支払スケジュールをご案内させていただいております。
ご相談をいただく中で費用、スケジュールのご提案させていただきますので、まずはお気軽にお問合せ、ご相談くださいませ。

【 リーズナブルな料金設定 】
法律サービスの料金は「高額」というイメージをお持ちかもしれませんが、支払う費用に対して、得られるメリットが多額であることも事実です。
※依頼者様にとってメリットのない提案、サービス提供は行いません。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(3件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

相続人が多すぎて誰が相続人かわからない

  • 相続人調査
依頼主 50代 女性

相談前

独り身だった叔母(父の妹)がなくなって、私が相続人の一人になった。葬儀等は私がしたが、父と叔母の兄弟は10人おり、その兄弟の多くの人とは生前から音信不通であったため、誰が相続人かわからなかった。また、一部の兄弟からは、親戚の中には、葬儀に呼ばれなかったことに腹を立てているものがいると言われて、今後どのように話し合いをしていいか分からない。

相談後

弁護士が依頼を受けたあと、戸籍等を取り寄せて相続人を確定。その後多くの相続人との交渉も行い、比較的早期に解決することができた。

船本 夕里亜弁護士からのコメント

船本 夕里亜弁護士

弁護士であれば戸籍に関する知識がありますので、スムーズに相続人を確定することができます。また、相続問題の場合はさまざまな感情が表面化して、なかなか当事者では話し合いができないところがありますが、その点の交渉に関しては多くの経験を積んだ弁護士が行うことで早期に解決することができます。コミュニケーションには自信があります。

遺産相続の解決事例 2

亡父の預金の不正な管理を問いただす。

  • 遺産分割
依頼主 60代 女性

相談前

先日父が亡くなり、相続人である母と兄と私で遺産分割することになりました。父にはある程度の預貯金が遺産としてあったはずでした。ところが、生前から父の財産を管理していた兄は、「分ける財産はない。」と言いはります。通帳を見ると確かに残高は無いようですが、納得がいきません。

相談後

預貯金の履歴を取り寄せ、兄が父の生前に不正な引き出しをしていることが判明しました。遺産分割調停において、兄にそのことを問いただし、結果的に不正な引き出し分を兄から返還してもらい遺産として分けることができました。

船本 夕里亜弁護士からのコメント

船本 夕里亜弁護士

遺産分割においては、原則として分割時に残存している財産のみが遺産として扱われます。しかし、生前本人の承諾なしに管理者が不正な引き出しをしていることが疑われるケースも多々あります。ケースによりますが、そのような場合でも引き出された金員を他の相続人に返還するように交渉することができます。

遺産相続の解決事例 3

遺言書作成で安心して老後生活を送れます。

  • 遺言
依頼主 80代以上 男性

相談前

自分の相続については、自分は関わるつもりがありませんでした。しかし、家に関しては今後は、妻に安心して生活してもらえるように、妻名義にしたいと考えています。遺言書を書こうと思いましたが、無効になる場合もあると聞き、どのように書くのが一番か悩んでいました。

相談後

遺言書には、大きく自筆で簡単に書けるものと、公証役場で作成できるものと2種類あることを知りました。弁護士さんに私の気持ちを十分に反映できる有効な遺言書の書き方を教えてもらい、遺言書を作成しました。これで安心して老後の生活を送れます。

船本 夕里亜弁護士からのコメント

船本 夕里亜弁護士

遺言書というと何かトラブルがある場合に作成するものという認識を持っていらっしゃる方も多いかと思いますが、本当は事前にトラブルを回避するためのものです。上記2種類の他にも、病気等で書く事ができない場合でもできる遺言書もありますので諦めずにご相談してください。

労働問題

分野を変更する
【24時間メール事前予約】【当日/夜間/土日対応可】残業代請求/不当解雇/配置転換・出向命令/パワハラ・セクハラ/ わかりやすい立地で来経験を生かしたスピーディな対応と納得の料金体系で安心してご依頼いただけるよう努めております。

労働問題の詳細分野

原因

  • パワハラ・セクハラ
  • 給料・残業代請求
  • 労働条件・人事異動
  • 不当解雇
  • 労災認定

対応体制

  • 全国出張対応
  • 24時間予約受付
  • 女性スタッフ在籍
  • 当日相談可
  • 休日相談可
  • 夜間相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 分割払いあり
  • 後払いあり
  • 着手金無料あり
  • 完全成功報酬あり

※ 費用に関しましては、案件ごとにご相談に応じます。まずは、お気軽にご相談ください。

【このようなご相談お任せください!】
・未払いの残業代を請求したい。
・不当に解雇された。
・退職勧奨を受けどうしたらいいか迷っている。
・子会社に出向することを強いられている。
・上司・部下の関係を悪用したセクハラを受けている。

【重点取扱案件】

残業代請求、不当解雇・配置転換・出向命令、パワハラ・セクハラ

<当事務所の特徴>

■労務管理分野の相談について、積極的に応じています。
■使用者、被用者双方の立場で労働審判の経験があり、被用者側の対応等を予想した上での対策を練ることができます。

<費用について>

・十分な時間と質を確保するため、相談料は1時間5,000円としています。
・着手金・報酬金は日本弁護士連合会が適切として定めた料金を基準に、ご依頼者の経済状況に合わせて相談に応じております。
・事案によっては、完全成功報酬の料金体系とし、相手方から費用が回収できた場合のみ報酬を頂くとすることも可能ですので、お気軽にご相談ください。
・ご依頼いただいた後は、何時間ご相談いただいても追加の着手金は発生いたしません。
・分割払い、法テラスの利用など柔軟に対応させていただきますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

労働問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 5,500円~/1時間(消費税込み)
着手金/報酬金 弁護士費用はご相談に応じますので、お気軽にお問い合わせください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

労働問題の解決事例(3件)

分野を変更する

労働問題の解決事例 1

証拠がなくても残業代を支払ってもらった。

  • 給料・残業代請求
依頼主 40代 男性

相談前

転職を機に、これまで未払だった残業代を請求しようとしたが、会社は全く取り合ってくれず「そもそも勝手に残業したんでしょ」と言われてしまいました。確かにいわゆるサービス残業という形で、証拠等はありませんので、残業代の請求は諦めていました。

相談後

出勤カード等がなくても就業規則や残業時に家族に宛てたメール等を根拠に会社と交渉し、一定程度の残業代を得ることができました。会社側も弁護士が窓口になったことでかなり態度がかわり、スムーズに解決することができてびっくりしました。

船本 夕里亜弁護士からのコメント

船本 夕里亜弁護士

残業代の請求を諦めてしまう方の理由でもっとも多いのは、「サービス残業なので証拠がない」というものだと思います。確かに「サービス残業」は残業の事実を客観的に証明する書類等が存在しないので、その事実を証明するには、一筋縄ではありません。しかし、同僚の証言や就業規則の規定、さらには日常生活でのメール等からも残業の事実を窺い知ることはできます。また、未払残業代は、最終的には遅延損害金だけでなく付加金というものも請求できることがあるため、会社にとっては、未払残業代が認められることは大きなリスクになります。その意味で、客観的な証拠がなくても、強気に交渉にでれば会社側は意外と柔軟な対応をとってくれることもあります。とにかく諦めずに一度相談して頂ければと思います。

労働問題の解決事例 2

理不尽な理由での解雇

  • 不当解雇
依頼主 50代 男性

相談前

20年間勤めてきた会社から解雇されました。過去にあった業務上のミスが理由でした。納得できませんでしたが、ミスのことを言われると何も言い返すことができませんでした。あてにしていた退職金も貰えず、今後どうやって家族を養っていけばいいか途方にくれていました

相談後

会社があげた理由では解雇は認められない。と助言を受けました。その上で、解雇を無効として会社と交渉することになりました。交渉は弁護士さんにまかせ私は就職活動に集中。結果として、会社から退職金相当額を受領して合意退職しました。幸運にも再就職先も見つかり、なんとか家族を養っていくことができそうです。

船本 夕里亜弁護士からのコメント

船本 夕里亜弁護士

会社から被用者者を解雇するには、それなりの理由が必要です。会社の財務状況に特に問題なければ、いわゆる懲戒解雇に当たるような事由が存在しないかぎり、業務上のミスのみで解雇ということはありえません。会社が理由もなく辞めさせたいのであればそれなりの条件を飲ませることができると思います。また、解雇を無効として職場に戻るのであればいいですが、そうでない場合には、現実的には、再就職先探しが一番重要になるかと思います。会社との交渉を弁護士に任せて頂ければ、交渉にかかる無駄な労力や精神的ストレスを軽減し、就職活動に専念することができます。

労働問題の解決事例 3

社内に残りながらの交渉

  • パワハラ・セクハラ
  • 労働条件・人事異動
依頼主 30代 女性

相談前

同じ部署の上司から、「お前は使えない」等日々罵られ、皆の前でも「給料泥棒」などと言われました。日々の勤務でストレスがたまり、会社を退職することも考えました。でも、どうしてもやりたいと選んだ仕事だったので、会社には残りたいと思っていました。

相談後

会社は辞めたくないという私の気持ちを一番に考えながら会社と交渉してもらい、結果として、部署を移動させてもらうことで問題が解決しました。元上司との関係は完全に改善されたとはいえませんが、それでもなんとか会社を辞めずにすみました。感情に任せて簡単に辞めなくてよかったと思いました。

船本 夕里亜弁護士からのコメント

船本 夕里亜弁護士

パワハラ等に限らず、会社に在籍しながら労使に関する紛争を起こすことは、社内での立場が悪くなるという部分があって、気が引けるものだと思います。ただ、だからといって会社を辞めたりする必要はありません。もちろん、組織ぐるみで事実を隠蔽するような会社もまだまだありますが、最近は社会の風潮から労使問題について理解を示す会社も増えているように感じます。辞めるほど腹をくくるのであれば、一度会社に交渉することをおすすめします。我慢せずにきちんと問題点を指摘することで、社内の雰囲気がよくなることもあるようです。弁護士に依頼すると、なんでもかんでも強く主張され、結果として余計ギスギスしてしまうことがあるというイメージをお持ちかもしれませんが、常に依頼者の気持ちや意向を一番に、柔軟な交渉ができるように日々努めています。一人で思い悩む前に一度相談に来てもらって、どのように交渉していけばいいか一緒に考えていきましょう。

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
弁護士法人リーガルジャパン
所在地
〒730-0031
広島県 広島市中区紙屋町1-3-2 銀泉広島ビル5階
最寄り駅
・本通駅電停:徒歩1分
・広島バスセンター:徒歩3分
交通アクセス
駐車場近く
受付時間
  • 平日08:00 - 24:00
  • 土日祝08:00 - 24:00
定休日
なし
備考
【24時間メール予約受付中】
【原則電話受付9:00〜17:30】※時間外対応相談可
(弁護士の状況に応じて、営業時間内に折り返しいたします。)
※依頼者の都合によっては、平日18時以降や休日対応も可。
◆不通の場合は翌営業日に折り返しの対応をさせて頂きます◆
対応地域

中国

  • 広島
  • 山口
設備
  • 完全個室で相談
事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 不動産・建築
  • 近隣トラブル
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 医療
  • 消費者被害
  • 不動産賃貸
  • 不動産契約
  • 再編・倒産
  • 税務訴訟
  • 知的財産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪被害
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 行政事件
  • 近隣トラブル

電話で問い合わせ
050-5827-3419

Webで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

現在営業中 08:00 - 24:00

船本 夕里亜弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5827-3419
Webで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日08:00 - 24:00
  • 土日祝08:00 - 24:00
定休日
なし
備考
【24時間メール予約受付中】
【原則電話受付9:00〜17:30】※時間外対応相談可
(弁護士の状況に応じて、営業時間内に折り返しいたします。)
※依頼者の都合によっては、平日18時以降や休日対応も可。
◆不通の場合は翌営業日に折り返しの対応をさせて頂きます◆
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談