現在お使いのブラウザ(Internet Explorer)は、サポート対象外です。 ページが表示されないなど不具合が発生する場合は、 Microsoft Edgeで開くまたは推奨環境のブラウザでアクセスしてください。    
お気に入りに追加
藤尾 順司弁護士

( ふじお じゅんじ ) 藤尾 順司

赤坂協同法律事務所

現在営業中 09:00 - 19:00

遺産相続

分野を変更する
【初回相談1時間無料】【地下鉄天神駅徒歩5分】争族になる前にご連絡を!
赤坂協同法律事務所
赤坂協同法律事務所
赤坂協同法律事務所

遺産相続の詳細分野

請求内容

  • 遺言
  • 相続放棄
  • 相続人調査
  • 遺産分割
  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 相続登記・名義変更
  • 成年後見
  • 財産目録・調査

対応体制

  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり

◆遺産相続に関する問題は当事務所にお任せください
これまで、常に遺産相続事件を取り組んできました。これまで取り扱った件数はかなりの数に上ると思います。また、親しくしている税理士さん及び司法書士さんと協力して処理しています。

【費用について】
事件によって弁護士費用が異なりますので、予め、どのくらいになるかお示しします。その上で、ご希望もおうかがいしたうえで、話し合いによって決めさせていただいています。

【特に力を入れている案件】
遺産分割協議・遺産分割調停、遺言書作成・遺言執行・遺留分減殺請求・事業承継、信託契約

【このようなときはご相談ください】
・亡くなった父親(母親)の財産の内容を兄が教えてくれないので、相続からはずされるのではないかと不安である。
・兄(弟)が親の財産を勝手に使っているので、遺産分割しても、自分が財産をもらえないのではないかと心配である。
・兄から、遺産分割協議書に署名押印するよう強く迫られているが、納得できる内容ではないので、困っている。
・自分の死後、子供達の間で、遺産の争いが生じるのではないか、自分がしてきた事業の後継者が事業をきちんと引き継げるか心配。
・障害をもつ子供がいるが、自分たち夫婦の死後、遺産からお金がその子に渡されるようにしたいが、どうしたらいいか。
・兄弟が遺産分割の調停を起こしたので、自分も裁判所から呼出しを受けたが、どう対応していいかわからず困っている。 

※上記以外にもお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

◎安心のサポート体制
依頼者の方の言い分をよくお聞きし、ご意向に沿った解決に向け尽力いたします。
また、解決したときに弁護士報酬がどれくらいになるか心配をされることがないよう、受任時に弁護士委任契約書を作成しています。

遺産相続の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回相談料は無料です。
その他 料金はご状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

遺産相続の解決事例(3件)

分野を変更する

遺産相続の解決事例 1

跡継ぎの長兄が父に遺言書を書かせていたので、父の遺産全部が自分のものであると主張しました。相談者が遺産分割を要求しても、兄弟に土地を分けないと言っていたケースで、遺産分割調停にて解決したケース

  • 遺産分割
依頼主 60代 女性

相談前

父の自筆証書遺言書がありました。しかし、その中で母に相続させると書いてあったのですが、母が父よりも先に亡くなっていました。長兄は父が病気で意識もない状態であったにもかかわらず、父名義の山林を数千万円で売却し、その代金を長兄が使っていました。長兄に、遺産を分けてほしいと言っても、長兄は自分が跡継ぎだからと言って、話になりません。

相談後

父の入院中のカルテを取り寄せしましたら、山林の売却時期、相当に父の状態が悪く、とても売買契約ができる状態でないことが判明しました。そこで、遺産分割調停を起こしました。長兄は、他の兄弟を味方につけ、自分が取得すべき財産であると主張しました。当方は、山林の売買契約は無効なので、山林を返せと裁判をすると主張しました。その結果、長兄は、相談者の取得分の代わりのお金を身内から借入れして支払うということで調停が成立しました。

藤尾 順司弁護士からのコメント

藤尾 順司弁護士

最近、兄弟のうちの1人が遺産を独り占めしようとしたり、父母が亡くなる前から、自分の財産のように考えて、使い込んでしまうケースが非常に増えています。過去に使い込んだ分を引き出すのは非常に難しいのですが、調べていくと、いくらか見つかることがあります。

遺産相続の解決事例 2

遠方にある遺産について、遺留分減殺請求の裁判を起こして、遺留分を取り戻したケース

  • 遺留分侵害額請求(遺留分減殺請求)
  • 財産目録・調査
依頼主 30代 女性

相談前

祖母の遺産。祖母は遠方で生活していました。祖母はかなり前に亡くなっていたのですが、近くに住む叔父が知らせてくれなかったので最近まで知りませんでした。叔父に祖母の遺産のことを尋ねると、叔父は怒って、遺産などない、祖母の世話もしないで、遺産を言うのはおかしいと言って相手にしてくれませんでした。祖母は不動産と預貯金を持っていたので、遺産がないということはありえないのです。なんとか調べて、自分達の権利を取り返してほしい。

相談後

祖母の不動産と預貯金を調査しました。祖母が住んでいた自宅の登記をみると、叔父名義に変わっていました。預貯金もなくなっていました。叔父に対し、遺言書の写しの提出を求め、遺留分減殺請求の通知を出しました。叔父にも弁護士がつきましたが、少額の支払いで解決しようという姿勢しかしませんでした。そこで、遠方の裁判所でしたが、遺留分減殺請求訴訟を起こしました。その結果、遺留分に近い金額で和解し、解決しました。

藤尾 順司弁護士からのコメント

藤尾 順司弁護士

遠方の裁判所に裁判を起こすのは、審理が長引いた場合を考えると勇気がいります。ただ、調査によって証拠がそろったので、裁判を起こしました。裁判官が説得してくれましたので、解決になりました。

遺産相続の解決事例 3

長兄が、父の遺産は後継者である自分が受け継ぐべきもので、弟(相談者)には相続権を言う資格がないと主張して話し合いができなかったケース

  • 遺産分割
  • 財産目録・調査
依頼主 50代 男性

相談前

父は、先祖から受け継いだ不動産(自宅、貸家、農地、山林)と預貯金がありました。長兄は、父と暮らしていましたが、あまり働かず、金銭面で父に依存して暮らしてきました。父の死後、相談者(二男)が長兄に遺産分割の話し合いを求めたが、完全に無視して、話し合いに応じないということでした。

相談後

最初に、遺産分割協議の話し合いを求める書面を出しましたが、長兄は回答をしませんでした。そこで、預貯金を調査した上で、家庭裁判所に遺産分割の調停を申し立てました。長兄は、弟がこの数年父に接触しなかったことなどを理由にして、相続する資格がないと主張し、なかなか話し合いは進みませんでした。しかし、長兄が使い込んだ父の預貯金についても請求すると圧力をかけたところ、遺産を2分の1に分けることで調停が成立しました。

藤尾 順司弁護士からのコメント

藤尾 順司弁護士

長兄が父の跡継ぎと主張して、他の兄弟に遺産を分けようとしないケースや、父が亡くなる前から、遺産を使い込むケースが増えているように思います。まだ、親の遺産は兄弟が平等に分けるという民法の考えが定着してないのかもしれません。しかし、法的手続をとることで、もらえなかった兄弟も遺産の一部を取り戻すことは可能です。

遺産相続

特徴をみる

離婚・男女問題

分野を変更する
【初回相談1時間無料】【地下鉄天神駅徒歩5分】後悔なく新たな人生へ踏み出せるよう、サポートいたします。
赤坂協同法律事務所
赤坂協同法律事務所
赤坂協同法律事務所

離婚・男女問題の詳細分野

原因

  • 不倫・浮気
  • 別居
  • 性格の不一致
  • DV・暴力
  • セックスレス
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
  • 借金・浪費
  • 飲酒・アルコール中毒
  • 親族関係

請求内容

  • 財産分与
  • 養育費
  • 親権
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • 離婚回避
  • 面会交流

対応体制

  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり

◆離婚・男女問題は当事務所にお任せください
離婚事件はこれまでたくさん取り扱ってきました。その知識と経験を活かしたいと思います。 

【費用について】
相談者の状況に合わせて、弁護士費用を決めています。資力要件を満たしている方の場合、法テラスの法律扶助を使うことが多いです。

【特に力を入れている案件】
・離婚の交渉、調停、裁判
・子の親権者の問題、子の面会交流事件、養育費請求事件
・男女関係のトラブルによる慰謝料請求事件
・養子縁組の解消

【このようなときはご相談ください】
・パートナーからモラハラ被害、精神的虐待を受けている。
・別居しているが、配偶者から子どもと面会させてもらえない。
・配偶者からDV被害を受けている。
・自分には大きな落ち度はないのに、配偶者から一方的に離婚を迫られている。
・離婚したいが、証拠がないので、どうしたらいいか。

※上記以外にもお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。

◎安心のサポート体制
家族内の争いなので、事件において強いストレスを受けることになります。できるだけ、早くて良い解決を目指すため、事件に応じた的確な戦略を立て、それに従って事件処理を行うことにしています。いくら正論でも風下に立つような主張では、非常に苦しい闘いになるからです。

離婚・男女問題

解決事例をみる

離婚・男女問題の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回相談料は無料です。
その他 料金はご状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

離婚・男女問題の解決事例(3件)

分野を変更する

離婚・男女問題の解決事例 1

結婚後30年たち、子供も成人したが、夫が妻にわずかなお金しか渡さないなど経済的虐待を繰り返す上、妻を侮辱する行為を行ったケースの離婚裁判

  • 不倫・浮気
  • 財産分与
  • 別居
  • 婚姻費用
  • 慰謝料
  • 離婚請求
  • モラハラ
  • 生活費を入れない
依頼主 50代 女性

相談前

夫は、結婚当初から、暴君で、気に入らないことがあると、妻に暴言をはいたり、妻を侮辱する言動を行ってきました。子供が小学生のころ、夫は、子供のソフトボール大会で知り合った女性(子供の友人の母)と不倫をしたのですが、妻は子供のために我慢しました。夫は、お金に異常に細かく、収入と預貯金をすべて自分で管理し、妻がお金を使えないようにしたり、妻が買い物をすると、なぜ必要かを細かく追及するなど経済的虐待を行いました退職金も妻に渡しませんでした。その後も、夫は妻にお金を使いすぎると文句を言い続けたため、妻は思い切って、家を出て別居しました。

相談後

離婚の調停だけでなく、生活費確保のため、婚姻費用分担の調停を行って、夫から生活費の送金をしてもらうことになった。調停では、夫は離婚に応じないという強い姿勢であったため、離婚訴訟に切り替えた。夫は、和解すると言いだしたので、和解となった。しかし、夫は預貯金をほとんどもってなかったため、離婚のほか、若干の解決金と年金分割で和解成立した。

藤尾 順司弁護士からのコメント

藤尾 順司弁護士

長年、夫の精神的・経済的虐待に我慢できなくなって、離婚を要求したケース。夫が財産を持ってなかったため、あまり金銭はとれませんでしたが、比較的早く解決に至りました。もっと早く、離婚を決断していれば、より有利な解決ができたと思われます。

離婚・男女問題の解決事例 2

夫が職場で不倫して子供までつくりながら、妻に対して、自分と生活が合わない、愛情がもてなくなったとして、一刻も早く離婚届に判を押すよう強く迫ったケース

  • 不倫・浮気
  • 慰謝料
依頼主 20代 女性

相談前

いずれも20代で、学生時代から交際の末、結婚。その後、夫婦関係は良好でしたが、夫が職場で不倫し、妊娠させてしまいました。当初、夫は、その女性と別れると言っていたのですが、その後、妻と別れたいと言い出しました。不倫が原因ではなく、妻との生活が合わない、妻に愛情がもてなくなったことにあるとし、やり直すことは無理なので、妻が弁護士に頼むのは時間とお金の無駄であるとして、直ちに離婚に応じるよう強く迫ったというケースです。

相談後

離婚調停を申し立てて夫と話し合いを始めましたが、夫は譲歩する姿勢を示しめせんでした。ところが、夫は、離婚届を偽造して提出したため、調停は不成立となりました。そこで、偽造の離婚届の写しを入手して、夫に対し、慰謝料、謝罪等を要求し、応じなければ、警察に公正証書等原本不実記載罪等で告訴し、離婚無効の裁判を起こすと通知しました。夫は当方の要求に応じ、きちんと慰謝料を支払うことで解決しました。

藤尾 順司弁護士からのコメント

藤尾 順司弁護士

夫が焦ったのか、離婚届を偽造して市役所に提出するという驚くべき手段に出ました。これは明らかに違法ですので、これを追及したところ、いっきに解決に至りました。妻には落ち度がなかったケースなので気の毒でしたが、相手のミスを攻撃したのが早い解決につながったものと思います。

離婚・男女問題の解決事例 3

子供を虐待、夫のお金も勝手に使う、勝手に実家に戻って帰ってこないなど問題があるのに、離婚に応じない妻と離婚

  • 養育費
  • 親権
  • 別居
  • 離婚請求
  • DV・暴力
  • 借金・浪費
依頼主 40代 男性

相談前

妻は、子供の世話をしないばかりか、子供に暴力もふるっていました。妻は、昼間、外に出て回り、夫のお金を勝手に使い尽くし、しかも子供名義の預金にまで手を出していました。夫側から妻に離婚を申し出ましたが、妻は子供の親権を主張して話し合いになりませんでした。夫は、子供を妻に渡したくないと主張。

相談後

離婚調停を起こし、話し合いをした結果、①離婚、②子供の親権者は夫、③妻は養育費を支払うこと、④妻と子供との面会交流、という内容で調停成立し、離婚となりました。

藤尾 順司弁護士からのコメント

藤尾 順司弁護士

妻の方が、子供に対し、虐待をしていたほか、浪費するなど、一方的に妻に非があるという珍しいケースでした。調査官が子供たちから、母親の問題を聴き取ってくれたので、妻もこれ以上争うことができませんでした。

離婚・男女問題

特徴をみる

借金・債務整理

分野を変更する
【初回相談1時間無料】 【地下鉄天神駅徒歩5分】精神的に追い詰められている状態から、まずは解放されましょう。親身になってサポートいたします。
赤坂協同法律事務所
赤坂協同法律事務所
赤坂協同法律事務所

対応体制

  • 夜間相談可
  • 電話相談可

お支払い方法

  • 法テラス利用可
  • 初回相談無料
  • 分割払いあり
  • 後払いあり

◆借金問題・債務整理に関する問題は当事務所にお任せください
これまで借金問題の案件をいくつも担当しました。今までの経験で得た知識を活かしたいと思います。

【費用について】
案件の難易度によりかかる費用が異なりますので、受任時に弁護士委任契約書を作成して、費用が明確になるようにしています。
弁護士費用については、相談の方のご希望をお聞きした上で、柔軟に決めるようにしています。

【特に力を入れている案件】
・過払い金請求
・法人・個人破産申立
・債務整理
・個人再生
など、借金問題全般のご相談を承っておりますので、お気軽にご相談ください。

【このようなときはご相談ください】
・借りては返すという自転車操業状態でどうしたら良いかわからない
・借金の返済が難しくなってきたが、破産はしたくない。どうしたらいいか。
・消費者金融数社から借り入れを続けているが、利息が高く借金が減らない状態。過払金の回収ができるか知りたい
・借金が生活をひっ迫させており、取り立ても厳しい
・奨学金の返済が厳しくなってきたが、どうしたらよいか。
・自分でやっている事業が上手くいかなくなってきたが、どうしたらよいか。

※上記以外にもお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。
◎安心のサポート体制
依頼者の方の言い分をよくお聞きし、ご意向に沿った解決に向け尽力いたします。
また、解決したときに弁護士報酬がどれくらいになるか心配をされることがないよう、受任時に弁護士委任契約書を作成しています。

借金・債務整理

解決事例をみる

借金・債務整理の料金表

分野を変更する
項目 費用・内容説明
相談料 初回相談料は無料です。
その他 料金はご状況に応じて柔軟に対応しますので、お気軽にご相談ください。
個別料金に関しましては、直接弁護士にご確認をいただくことをお勧めします。

借金・債務整理の解決事例(3件)

分野を変更する

借金・債務整理の解決事例 1

雑貨店のオーナーの家族の破産

  • 自己破産
依頼主 50代 男性

相談前

妻の母所有の土地に建物を建てて、法人で雑貨店を経営。しかし、経営不振のため、資金がなくなり、廃業を決意。債務が4000万円近くありました。できたら、建物を親族に買い取ってもらって、残したい。

相談後

法人と代表者について破産申立。その前に親族に建物のみ買い取ってもらいました。その結果、住まいを失うことにはなりませんでした。

藤尾 順司弁護士からのコメント

藤尾 順司弁護士

依頼者及び家族がとても誠実な方でした。そのため、債権者も協力をしてもらえうまくいきました。事業者の破産は、事業の継続の見込みがなくなったら、それ以上、引っ張らずに、早めに相談していただく方がよい解決になると思います。

借金・債務整理の解決事例 2

定職についている女性で、子供の協力を得て個人再生申立をして解決した事例

  • 個人再生
依頼主 50代 女性

相談前

相談者は、福祉関係の仕事をしていました。子供が3人いますが、いずれも成人していて、収入を得ています。債務は5件で280万円。夫もいましたが、夫婦関係が悪く、家庭内別居状態で、家計も別になっていました。

相談後

子供たちに生活費を家計に入れてもらうことにして、安定的に収入が増やしたうえで、個人再生申立を行いました。その結果、1ヶ月あたり、2万8000円弱の返済で3年間返済するという再生計画をたてましたところ、認可されました。

藤尾 順司弁護士からのコメント

藤尾 順司弁護士

相談者はまじめな方でした。家族の協力が得られたので、個人再生がうまくいったと思います。

借金・債務整理の解決事例 3

子供4名、さらに妻が妊娠中というケースで、夫が個人再生申立をして、マイホームを残したケース

  • 個人再生
依頼主 40代 男性

相談前

夫は、中古住宅を購入し、住宅ローンを組んでいました。債務は、妻との共稼ぎでしたが、妻が出産のため収入がなくなりました。子供は4名いました。子供が多いため無理をしてでも住宅を残したいという強い希望でした。住宅ローンは返済が滞っていました。その他の債務も400万円ほどありました。

相談後

個人再生申立と住宅資金特別条項の適用を申請することにしました。妻が産休、育休中で、その間の収入が不足するため、夫には、通常の仕事のほか、アルバイトを半年ほどしてもらいました。その結果、住宅ローンの返済が正常化し、その他の債務は毎月2万8000円に収まりました。

藤尾 順司弁護士からのコメント

藤尾 順司弁護士

夫婦ともに、住宅を残したい、そのためにアルバイトもするという強い意志をお持ちでした。個人再生申立に一生懸命になられましたので、うまくいったと思います。

借金・債務整理

特徴をみる

所属事務所情報

地図を印刷する
所属事務所
赤坂協同法律事務所
所在地
〒810-0001
福岡県 福岡市中央区天神1-13-6 西鉄天神ビル6階
最寄り駅
地下鉄天神駅 1番出口から 徒歩1分
交通アクセス
駐車場近く
受付時間
  • 平日09:00 - 19:00
定休日
土,日,祝
対応地域

関西

  • 兵庫

中国

  • 広島
  • 岡山
  • 山口

九州・沖縄

  • 福岡
  • 熊本
  • 沖縄
  • 鹿児島
  • 長崎
  • 佐賀
  • 大分
設備
  • 完全個室で相談
対応言語
  • 英語
事務所URL

所属事務所の取扱分野

注力分野
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
取扱分野
  • 借金
  • 交通事故
  • 離婚・男女問題
  • 相続
  • 労働
  • 債権回収
  • 医療
  • 消費者被害
  • 不動産賃貸
  • 再編・倒産
  • 知的財産
  • 逮捕・刑事弁護
  • 少年事件
  • 犯罪被害
  • 犯罪・刑事事件
  • 不動産・建築
  • 企業法務
  • 近隣トラブル

電話で問い合わせ
050-5286-5400

メールで問い合わせ

※お問い合わせの際は「弁護士ドットコムを見た」とお伝えいただければ幸いです。

現在営業中 09:00 - 19:00

藤尾 順司弁護士へ問い合わせ

電話番号 050-5286-5400
メールで問い合わせ

受付時間

受付時間
  • 平日09:00 - 19:00
定休日
土,日,祝
交通アクセス
駐車場近く
設備
完全個室で相談
対応言語
英語